1. 楽しいラジオ「ドングリFM」
  2. 1035 #ヨルチル キッチンカー..
2023-12-21 11:44

1035 #ヨルチル キッチンカー公開収録の思い出

次回は上京ボーイズが出ます!


ヨルチル 〜金曜夜に集まってCHILLする〜

https://kukutana.info/yoruchill/

Summary

池袋で行われているキッチンカーの公開収録は楽しく盛り上がっています。リスナーさんや特徴的な来場者の皆さんが参加しています。キッチンカー公開収録の思い出を振り返り、運営側や会場の人々と交流することができ、感慨深いです。次回の収録場所として渋谷を考える中で、キッチンカーの周辺に集まる人々とのコミュニケーションについて話し合っています。

キッチンカー公開収録の思い出
Speaker 1
おはようございます。ナツメグです。
Speaker 2
アルミです。
Speaker 1
あなたはとても言い訳が悪いです。
Speaker 2
あの、私はやみやがりです。
Speaker 1
ああ。
Speaker 2
私はとても風邪をひきました。
Speaker 1
ああ。
Speaker 2
今日、私はとても風邪をひきました。
私はとても風邪をひきました。
私は人と話すのも久しぶりです。
Speaker 1
どうなっていたのですか?
Speaker 2
私は3日間、風邪で寝ていました。
Speaker 1
風邪とは熱?
うーん。細かく言いますと、鼻水がたくさん出て、喉が痛い。
Speaker 2
うん。
というのが、初日の夕方ぐらいに来て、
ああ、これ風邪ひいてるなと思って寝て、
翌日起きたら、もうね、めっちゃ熱れてたね。
Speaker 1
うーん。
Speaker 2
で、3日ぐらい寝てたかな。この土日は寝てたね、本当ね。
Speaker 1
あれじゃないの?寒い中、キッチンカーでたどされて。
Speaker 2
フフフ。その影響は絶対あると思うよ。
Speaker 1
フフフフフフフフフフ。
Speaker 2
ナツメさんは、あれで退職さなかった?
Speaker 1
ま、若干今、喉痛いよね。
フフフフフフフフフ。
Speaker 2
そんなあれ、爪痕残した?
Speaker 1
フフフフフフフフ。
ま、結構効いたよな、あれね。
うん。何かと言いますと、
Speaker 2
うん。
Speaker 1
えーっと、あれはいつだ?11月の中旬ぐらい?上旬ぐらい?
Speaker 2
中旬かな?17かな?
Speaker 1
に、池袋で、僕とナルミさん、キッチンカーで立って、いらっしゃいませってやってきました。
Speaker 2
うん。どうでした?
Speaker 1
どうでした?まずあれですね、いや楽しかったですよ。楽しかったですし、
もうちょっと詳しく説明すると、場所が、
池袋の、まあ駅前っちゃ駅前ぐらい。
うん。
駅からとこ、2、3分ぐらいのところに、ナルミさんのことをスポンサードしている、
なんかよく分かんない会社さんがありまして。
Speaker 2
フフフフ。そうですね。
Speaker 1
はい。で、そこが、キッチンカーとは何ぞやと言うと、ハイエースみたいなのでっかい版で、
Speaker 2
うん。
Speaker 1
主にケバブとか売ってそうなイメージ。
Speaker 2
うんうん。
Speaker 1
六本木あたりで違法に、違法かどうかは知らんけど。
Speaker 2
合法なんじゃないですか、あれは。
Speaker 1
で、そのキッチンカーを所有しているので、それの中で僕たちが、どうもーってポッドキャストをやると。
うん。
で、そのついでに、ビールとかも販売する企画をやってきました。
Speaker 2
やってきましたねー。
Speaker 1
で、ナルミさんは、2週に渡って立ってたの?
特徴的な来場者
Speaker 2
そうなんすよ。その、僕と夏目さんがね、出た前の週も参加してきたんですけど、2週に渡って。で、その前の週はね、結構小雨降ってたんすよね。
Speaker 1
なんか噂によると、誰もいない虚空に向かって、ポッドキャストやってたって聞いたけど。
Speaker 2
そうそうそう。結構虚空でしたよね。
そもそも雨降ってるからね、なんか、慌ただしい感じですかね、その。
Speaker 1
はいはい。
Speaker 2
前を通り過ぎる人も。さっそくさと駅に行かなきゃっていう雰囲気じゃないですか。寒いからね。
Speaker 1
で、何人か熱烈なリスナーさんがちょっとフード被りながら、傘さしながら聞いてるみたいな。
Speaker 2
うん。
Speaker 1
申し訳ねーな。
Speaker 2
うん。17日は晴れて結構、なかなかね、快適というか。
うん。
晴れてるだけで、だいぶ変わるなーって感じでしたね。
Speaker 1
あれ、詳しく僕聞いてないし、これ前後するかもなんですけど、あそこの音源って公開されるんですか?
Speaker 2
されます。
Speaker 1
いつか。
するかもね。これと前後するかもね。
Speaker 2
いつかするかもね。そうね。どっちが先かわかんないけどね。
Speaker 1
アフタートークとかも配信される?
うん。
なるほどなるほど。じゃあ、まあ、もしこっちが先だったら、じゃあ、先なり後なりだったら、まあ、リンク貼って聞けるようにはしておくので、ぜひ、興味ある人は聞いてみてくださいと。
どうでした?なるみさん。感想としては。
Speaker 2
いやー、なんかね、思ったよりあったかい空間でしたね。僕ら、その、やる前はさ、いや、そんな池袋で、路上で、知らん人の前でやるの大変だよねみたいな話をしたけど、
うん。
結構、あのー、なんか、リスナーさん来てくれてさ、割と温かく迎えてくれて、ちょっと嬉しかったですね。
Speaker 1
沖縄から来ましたって人いましたね。
Speaker 2
沖縄から来た人いたね。このためにね、わざわざ。
Speaker 1
まあ、このためじゃないけどね。
Speaker 2
まあ、他にも用事あったと思うんすけど。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
とか、割と、なんか、ツイッターとかで、何、いつも感想くれる人とか、お便りくれる人とかね、なんか、割といろんな人来てて、嬉しいなって思いましたけどね。
Speaker 1
ね、あえてやっぱ人の顔が見えるのはいいっすね。
Speaker 2
うん。
Speaker 1
僕、面白かったのはあれかな。
なんか、すごい綺麗めな女性2人が来て。
うん。
会社の先輩が聞いてます。お前じゃねえの、お前、お前じゃねえのかーいっつって。
Speaker 2
あったな、あれね。
Speaker 1
お前じゃねえのかーいっていう。
Speaker 2
会社の先輩からめっちゃ勧められてきました。このTシャツにサインしてくださいっていう。
Speaker 1
ね。
Speaker 2
誰のTシャツなんだこれはっていう。
Speaker 1
あったなー。
いや、でもね、あの、面白半分で言いましたけど、まあ、本人もちゃんと聞いてるって言ってましたね。
Speaker 2
うん、まあ、そうね。
Speaker 1
そうそうそう。
Speaker 2
そういう割と、微妙な距離感の人もあれ、来てくれたりして。
Speaker 1
うん。
僕、面白かったのがあれですよ。なるみさんが、あの男の人って大の大冒険の人じゃない?
うんうん。
で、や、まあ、まさきさんっていうね、あの、
はいはい。
昔僕がゲストに出た、あの、大の大冒険のポッドキャストの人なんですけど、まあ、そうじゃないって。
いや、わかんねえなーっつってなるみさんがね、あの、ちょっと大の大冒険の質問してみたら、ほんと、本物かどうかわかるかなーっつって。
いや、
Speaker 2
うん。
Speaker 1
失礼だったらどうしようとか言って、なんか。
Speaker 2
大の大冒険の人でしたね。
Speaker 1
人でしたね。うん。
Speaker 2
みたいな、いろんな方が来てくれて、なかなか盛り上がったんじゃないでしょうか。
Speaker 1
ねえ、楽しかった、楽しかった。
リスナーさんと運営の人の境目
Speaker 2
ああいう場所もなかなかいいですね。
Speaker 1
ねえ、初めてやったけどめっちゃいいですね。これ、ほんとに公開されるんすよね。なるみさんの編集待ちなの?誰かが編集する?
Speaker 2
あのね、音源もらったので、この後公開すんじゃないですか?これの後にしよっか、じゃあ順番的に。
Speaker 1
まあ、それはお任せしますが、あれだね。面白かったのは、僕がおはモーニングって言ったら、会場が、もう、ドッカンドッカンなりましたね。
Speaker 2
そうそうそうそう。えぇ?って思ったけどね、俺もね。
Speaker 1
はははははは。
Speaker 2
どんな人が来てんの?って思って。
Speaker 1
素晴らしい。いや、もう、坂村ゆきに感謝だわ。
Speaker 2
いや、全然、おいその人のこと知らないんだけど。
Speaker 1
はははは。
Speaker 2
いや、でもまあ、リスナーさんが見える場所ってなかなか貴重でね。
Speaker 1
ねえ、いいっすね。
Speaker 2
いや、面白いっすね。
Speaker 1
いや、面白かったなあ。なんか、あの、いや、博多の、あの、公開収録に、なんか、全く聞いたことないですけど、連れてこられましたっていう彼氏だか旦那だかがいたじゃないですか。
Speaker 2
うんうんうんうん。
Speaker 1
友達だったかが。
Speaker 2
いたね。うん。
Speaker 1
あの人、今回もいて、あの、聞いたことないけど。
今回も。
Speaker 2
今回も。
え、もう連れてこられたよね。
Speaker 1
はははははは。
Speaker 2
どんだけ泣かされて生きてるんだっていう。
Speaker 1
いいなあ。なんか、あの人、漫画のキャラでいそうでいいんだよなあ。
Speaker 2
うんうん。
Speaker 1
あの、連れてこられました。
Speaker 2
ああ、すごいいいキャラしてんすよ、あの人ね。
Speaker 1
うん。そう。で、連れてきた方は、こう、どんぐりのこと好きでね。
Speaker 2
そうですね。
Speaker 1
なんか、面白かったですよね。この、会社で使ってる、作ってるやつなのかな。これよかったら、つって差し入れで、ああ、すごい、ありがとうございます、これなんなんですかって。
えーっと、なんか、洗剤?いや、洗濯?いや、まあ、みたいな。
なんだよ。
Speaker 2
手にかけてもいいですよ、みたいに言われて。
Speaker 1
だから、なんなんだよって。
Speaker 2
そうそうそう。成分がわかんないから、使えないんだよ、なんか怖くて。まだ発売前なんですって言ってて。
だから、なんなんだよって。
製品ページはないって言われて。
Speaker 1
だから、なんなんだよって。あれ、面白かったなあ。
Speaker 2
面白かった。
Speaker 1
何をもらったんだよ、僕らは。
Speaker 2
やっぱね、来る人のキャラが濃すぎてさ、謎の自社製品持ってきて、説明がわからんっていう人もいるしさ。
Speaker 1
あなたがわからんかったら、わからんのよ、誰も。
そうそうそう。
わかる人連れてきてください。
Speaker 2
発売してから持ってきてくれよって言うね、せめてね。ランディングページもないのかよ。
Speaker 1
ないんだよね。
Speaker 2
消毒液かなあ、なんなんすかね、みたいに言われてね。
Speaker 1
いや、こっちもわかんないですよ。
Speaker 2
わからんっていう。
Speaker 1
いや、面白かったなあ。
Speaker 2
いろんな人がいたなあ。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
どうでした?夏目さんは。楽しかった?
Speaker 1
いや、楽しかったですね。あと、なんだろうな。僕、リスナーさんと運営の人の境目がよくわからんのですよ。
キッチンカー収録の思い出
Speaker 1
話しかけて、みんな一通り話しかけてくれるけど。嬉しかったのは、たぶん運営側の人たちだと思うんですけど。
うん。
運営側の人たちが、みんないい人で、僕のことを知ってくれてて、結構いろいろとフレンドリーに話しかけてくれて、あんなにフレンドリーに話しかけてもらったこと、僕ないんじゃないかな。保育園以来かもしれない。
Speaker 2
どんな寂しい人生を送ってきてるんだっけ。
Speaker 1
嬉しかったですね、あれは。
Speaker 2
謎のキッチンカーの会社の人に。
Speaker 1
そうそうそうそう。
Speaker 2
数十年ぶりに優しくされてる。
でも、キッチンカーの会社の人のわけわかんない距離感の詰め方もいいですよね。
Speaker 1
うん。僕は心地よかったですよ。
Speaker 2
なんかね、ガンガンどんぐりレスナーさんの方とも仲良くなったみたいでさ。
Speaker 1
そうそうそう。ああ、いいのがいいんすよ。うん。
Speaker 2
ね。いやー、面白かったなあ。
Speaker 1
うん、よかった。なんか僕、何人かに、すみません、今日は帰らないでくださいねって言われて、別にどういうキャラだと思われてるんだ、僕は。なんかもう。
Speaker 2
ほっとくと帰るって思われてるんだろうね。
Speaker 1
ね。全然もうちゃんと、普通にあの、慈悲で、何、炭酸水がないから買ってこいって言われて、僕は買いに行ってましたよ。
Speaker 2
途中でね、炭酸水切れちゃったからね。
Speaker 1
そう。で、買いに行ったりしてましたね。
だから全然僕、普通に運営してましたよ。
Speaker 2
またああいうのやりたいなあ。
Speaker 1
やりたい。リスナーさんの声が、顔が見えるのはいいっすね。
Speaker 2
うん。まあ年に一回くらいやれるといいっすね、ああいう。
うん。
キッチンカーは意外とよかったね。
Speaker 1
なんか前、え、じゃあ、終わった後に、次は渋谷のホゲホゲっていう場所がありましてみたいなこと言ってたんすけど。
ああ。
いやー、池袋も大概だったけど、まだまあまあ言うてそんなに人通らなかったじゃないですか、そこは。
うん。
渋谷の人通るとこでやりたかねえよなとは思いながら。
Speaker 2
渋谷のどの辺なんだろうね、分かんないけど。
Speaker 1
なんかNHKの方のどうしたこうしたって言ってましたよね。
うーん。
ここでなるみさんが、100万シェアを10人ぐらいがするぐらい、なるみさんは動画撮られました。すごい人いる、なんかいるっつって。キッチンカーのなるみさん、動画撮られました。
うん。
さて何をした。
Speaker 2
何それ、何その、何その大喜利は。
Speaker 1
なんか例えばDJポリスとかありますよね、あの。
Speaker 2
はいはいはい。
Speaker 1
何、自分たちの、なんだろ、固いように見えて、で、フォーマット決まってる列並んでくださいみたいなのを。
うん。
アップテンポで言うことにより。
Speaker 2
はいはい。ちょっと面白いみたいな。
Speaker 1
ちょっと面白いみたいな。
Speaker 2
DJポリスさん、DJポリスさんの以前にもう人がめちゃくちゃ来てるんじゃないか、説があるよねでも。
Speaker 1
うん。でもまあまあ人がたくさんいるところで、何をしたら。
すかねえ。
まあものすんごい即興ラップしたら、動画撮られると思いますよ。
Speaker 2
やべえ、全然即にシェアもされないだろ、そんなの。
いやいや。
誰だこれってなるでしょ。
Speaker 1
誰だこれってなる。
Speaker 2
うん。
Speaker 1
ヘヨーってやりだしたら。
Speaker 2
うん。
まあ30人くらいがいいんじゃないの、あのキッチンカーの周辺にいる人っていうのは。
Speaker 1
うん、いや、そう、僕もそれがいいと思ってるけど、だから渋谷なんかでやったらそうじゃなくなっちゃうじゃん。
Speaker 2
そんな人来るのかな。
Speaker 1
来るっつうか、通り道だからね。
Speaker 2
うん。なんかあの池袋のときもさ、なんだっけ、中国かなんかの観光客の観光バスが、あのほんとキッチンカーの裏手にちょうどね、乗り降りする場所あるらしくてさ。
へえ。
で、観光客の方々が降りてきて、これは何のイベントだっつって見に来てさ。
Speaker 1
へえ、初日?
うん。
Speaker 2
あの大いな試合だったときね。
Speaker 1
へえ、知らなかった?ほん。
Speaker 2
でね、あのバス街路さんみたいな人がチラッとこっち見てきたんだよね。チラッチラッと見てきて、うん、これはあなたたち関係ないようだみたいな感じで消えて去ってったからね。
Speaker 1
へえ、知らなかった?それさ、え、なるみ、僕ら喋ってるとき?
Speaker 2
そうそうそう。
Speaker 1
そこなるみさん気づいたんだったらなんかうまいことさ。
Speaker 2
いやいや、もう言語通じてないでしょ、たぶんあれは。
何?
Speaker 1
だからなんかね。
Speaker 2
中国っぽい人だったの?
あのバス街路さんが視界にすごい入ってたよ。
Speaker 1
あ、そうなんだ、知らなかった。
うん。
Speaker 2
だからちょうど巨大なバスの降り場だったらしい。
Speaker 1
へえ。
ちゅうつうじみわじゃおどっぐりえふむみたいなことをさ。
いや、全然わかんないんだけど。
Speaker 2
ふふふふ。
らしいね。
Speaker 1
面白かった。
うん。
いやいや、企画してくださったみなさん、ありがとうございます。呼んでくださったみなさん、ありがとうございます。
Speaker 2
ね、いい場所でしたね。
うん。
ぜひまた出たいっすね、ああいうのもね。
Speaker 1
うん、なんか僕が印象的だったのは、お客さんもだけど運営の人たちがやっぱり、うん、いい人たちが多くて、僕は結構気持ちよく楽しくできましたけどね。
Speaker 2
うん。
渋谷での収録場所の考察
Speaker 2
いや、ほんとそうだね。
ああいうの、自分でやるなんて、ああいうの無理だね、さすがにね。
Speaker 1
無理。だって。
Speaker 2
あんな規模のものをね。
Speaker 1
いや、そう、ああいうのはね、自分たちでやるのめちゃくちゃ大変だけど、誰かがやってくれて乗っかるのは結構好きですね。
うん。
やりたいんだけど、自分たちはさすがにできないんだよね。
Speaker 2
いや、あれすっげえ大変だよ。あの、キッチンカーのやつも、レジとかさ、決算とかさ、全部やってもらってるじゃん。
うん。
だからすごい楽なんだよね。
うん。
場所とかね。
Speaker 1
楽しかった。来てくださったみなさん、運営のみなさん、本当にありがとうございます。
Speaker 2
うん。ありがとうございます。
Speaker 1
どっかにね、動画が、動画じゃないや、音声が上がってると思うので。
うん。
ぜひぜひ聞いてみてもらえると嬉しいです。僕がもう、ドッカンドッカン笑わせてたのが。危うくね、池袋が交通規制かかって。
お、なんだなんだ。
Speaker 2
ぜひ聞いてみてください。この後に、じゃあ公開しようかな。
11:44

Comments

Scroll