1. Cast a Radio 「ダイの大冒険」を語る
  2. 「ダイの大冒険」を語る #072...
2022-04-14 2:00:02

「ダイの大冒険」を語る #072.8 旧劇場版3本の率直な感想

1991〜1992年にかけて公開された旧劇場版3本について、今回初めて視聴したので、率直な感想を話しました。次回からは本編再開が楽しみです。 【Show Notes】 U-NEXT Hulu ドラゴンクエスト ダイの大冒 […]
00:08
Speaker 2
Cast a Radio 「ダイの大冒険」を語る 第72.8回
というわけで始まりました、「ダイの大冒険」についてのみ語るマニアックなポッドキャスト
Cast a Radio 第72.8回です。
語るのは私、まさきと
どうも、おだじんでーす。
はい、今週もこの2人でお届けしてまいります。
ということで、この何回かにわたって72.何回というこの回を進めてたんですけど、この番組。
これは皆さんご存知の通り、73話が東映さんの不正サーバーアクセス事件の影響で公開がなかなかできなかったというところで、
我々も73に行かずに足踏みをしてたんですが、前回この番組でもお話しした通り、
もう公式からね、普通にというか、73話無事放送できるという風なアナウンスが出ておりましたので、
我々のポッドキャストもこの足踏みナンバーは今回で終わりです。
やっとね、73に進めるということで。
Speaker 1
うん、よかったですね。
進む前にこの足踏み企画、最後のね。
最後のね。
Speaker 2
最後の足踏み企画を我々今回はですね、いろいろ考えまして、
せっかくなのでね、なんかやってみようということで、ある企画を今日はやることになっております。
はい、ということで、さっさと発表しますと、
91年版大の大冒険アニメ劇場版3本を見てみた感想を言うの回です。
イェーイ。
はい、ということで、皆さんね、これを聞いて、この番組を聞いてくださっている皆さんはもう、
大の大冒険のアニメが2回作られてるとか、もう当然全部知ってると思うんですけど、
ただその91年に作られて、まあそのアニメ自体は1年ぐらいで打ち切りになっちゃったわけですけど、
なんと、その1年ぐらいなのに劇場版が3本もあるんですよね。
驚きですね。
なんで3本もあるのかよくわかんないんですけど、まああれか。
あの、春の漫画祭りとかいうやつか。
そうですそうです。
ですね。
Speaker 1
あの、ジャンプ作品3作品ぐらいと同時上映みたいなやつですね。
Speaker 2
あの、それこそ90年代とかに、ジャンプ系で映画を見に劇場に足を運んだ方は多分記憶にあると思うんですけど、
3つぐらいの作品がね、同時に上映されてましたからね。
そうです。今回の1作目の劇場版は、ドラゴンボールZとびっきりの最強対最強と、
マジカルタルルートくん燃えろ!友情の魔法大戦と同時上映された作品っていうのに書いてありました。
なるほど。そうだったのか。なるほど。
はい。
03:00
Speaker 2
はいはいはい。あれですね。小田尋さんはこれリアルタイム見に行きました?
いやいやいや、もう全く見てないですね。
Speaker 1
あの、いやそれこそだからです。91年版のテレビシリーズでやってたアニメはリアルタイムでね、見て、
Speaker 2
なんでこんなとこで終わんだよみたいな感じのね、見てましたけど、劇場版はね、私全く見てなかったもので、
今回本当、こんな作品あったの?っていうレベルでした。初めて見たので。
はいはい。そうっすよね。僕も全くもって今回初めて見まして、
で、あれなんですよね、今プライムビデオとかには実はこの91年アニメの方も今は見放題からなくなってるし、
Speaker 1
多分このアニメも、劇場版もなくなってますよね。
Speaker 2
そうですね。
Speaker 1
だからサービスによって今見れると見れないが分かれてると思うんですけど、小田尋さんは何で見たんでしたっけ?
僕はですね、ユーネクストで見ました。ユーネクストは今もう91年版のテレビシリーズも劇場版3部作もですね、
Speaker 2
全部見ることができる、見放題で見ることができるようになってるので、もしあの、
ご契約されてる方がいればですね、ユーネクストを見ていただけると、今回我々が紹介する劇場版見れます。
Speaker 1
はい。
Speaker 2
まさきさんは何で見たんでしょうか?
Speaker 1
僕はHuluで見ました。Huluも全く同じように91年の方がありますので、
91年版のアニメと劇場版全版のかな。
我々はいつもね、2020年版の最新のテレビアニメを見る時に使ってるAmazonプライムさんでは残念ながら、
91年版は今見放題では見れない状態ということなんで。
そうですね。あの、前にkaiさんがゲストで出ていただいた時にはkaiさんはHuluで見てるよっておっしゃってたんで。
おっしゃってましたね。
Huluそういう意味ではちょうどいいかもしれないですね。ユーネクストにもあるのかな?
ユーネクストもね、最新のやつも、はい。
20年版。
見放題で見ることができるようになってます。
なので今言ったこの2つのどっちかに入ってる方とか、
Speaker 2
まあ試しに1ヶ月ぐらい入ってみるかとかいう方は見ることができますというまずところになったんですけど、
早速じゃあ、その3つの作品について話をしていきたいんですけど、
Speaker 1
一応ねこれ、ちゃんとあの、ちゃんとっていうか、
Speaker 2
事実情報を一応もう1回確認。
まあと言ってもね、Wikipediaを見てる時点で手抜きだなと思われるかもしれないですけど、
まあまあそこは置いといてですね。
まあWikipediaだいたいあってるんでいいんですよ。
えっと、その91年の映画っていうのは、これWikipediaに書いてあるんですけど、
91年7月20日に公開ということで、
これあれですね、さっき僕ちょっと適当なこと言ってたのはテレビシリーズより前にやってたってことですね。
Speaker 1
えっとそうですね、ユーネクストのですね、その劇場版1作目の作品紹介のページを見ると、
06:02
Speaker 1
大の大冒険はここから始まったテレビシリーズに先駆けて制作された91年制作の劇場版。
原作漫画とは異なるオリジナルストーリーが展開されるため、
本作単体で見ても新鮮な気持ちで楽しめる。
Speaker 2
ドラゴンクエストらしさ満点の音楽も作品を盛り上げる。
Speaker 1
こんな感じで紹介されてますね。
その文章誰が書いたんすかね。
ユーネクストの社員さんか誰かなんすかね。
どうでしょうね。
Speaker 2
なんかHuluにはそんな解説なかったような気が。
あ、そうなんですね。
あ、わかんないです。
ちょっと今Huluの…
Speaker 1
じゃあここでは便宜上その91年の最初の映画を無印劇場版と言いましょうか。
Speaker 2
無印劇場版ではそんな説明はないですね。
まあいいか。
というところで。
本編とは繋がらない作品、オリジナル作品みたいな感じに作られてるんですよね。
そうですね。
1作目はね。
Speaker 1
それが91年版、これが無印ですね。
続いて2作目がタイトル大の大冒険立ち上がれアヴァンの使徒。
Speaker 2
これは92年3月7日と書いてあるので、これは旧アニメが始まってる途中ですよね。
Speaker 1
そうですね。
Speaker 2
これもユーネクストの方の紹介の文章を読み上げさせていただくと。
どうぞ。
Speaker 1
テレビアニメ18話と、ここで言ってるテレビアニメは91年版のアニメですね。
Speaker 2
テレビアニメ18話と19話の間を埋める物語を描く必見作。
大の大冒険劇場版第2作目。
死んだはずのアヴァン先生がなぜか大達の前に現れるという衝撃の展開。
そこから2点3点する状況から目が離せない定番のドラクエ音楽の数々にも心が躍る。
っていうこんな感じで紹介されてます。
はいはいはい。また今回もなんか一生懸命文章書いてますね。
Speaker 1
ちゃんとね、紹介されてますよこれ。
すごいですね。なんかやっつけじゃないですね。素晴らしいですね。
ちゃんと紹介されてます。
フールにはないな。
まあいいや。で、今のが2つ目で。で、3つ目がですね、タイトル。
Speaker 2
ドラゴンクエスト第2の大冒険。ぶち破れ!神聖六大将軍となっておりまして。
Speaker 1
神聖は新しく生まれるですね。神聖ってことですね。の六大将軍なんですけど。
Speaker 2
これは公開92年7月なので、まあ最初に我々言ってたその映画フェア的なのを言うと夏休みってことですよね。92年の。
そうですね。
の夏休み映画ということなんですけど。
じゃあこれ。
Speaker 1
これもユーネクストの解説読みますと。
Speaker 2
これはですね、91年版のそのテレビアニメの37話と38話の間を描くオリジナルストーリーの第2の大冒険劇場版第3作。
09:06
Speaker 2
本作の敵はオリジナルキャラクターとなる六大将軍とハドラーの陰武者。
オリジナルながら本編キャラにも負けない個性を持っていて、大達との戦いも盛り上がるという感じで紹介されてます。
ということで、まあだから今話してもらってわかる通り1作目はテレビアニメに先駆けてるから全然別世界的な話になってて、
2と3に関してはアニメシリーズの時系列にちゃんと合わせて作られたってことですね。
そうですね。2作目の立ち上がれアヴァンの使徒は、これはロモスでクロコダインを撃破した後にパプニカに渡る手前のとこですね。
クロコダイン撃破からパプニカに移動する間の隙間を埋めるストーリーになっていて、
神聖六大将軍の方はフレイザードを倒した後の話っていう感じですね。
そうですね。時系列的にはそういう形になってて、単純に今の話で言うと、
Speaker 1
うまいことアニメの方への中にタイミングが合うように公開してすごいなっていうのはちょっと思うんですけど、
これあれですよね。変な話というか、今現実で起きちゃってる不正サーバーアクセス事件みたいなことがあったらこの劇場版やばいっすよね。
公開できる…まあできるはできるか。こことここの間にあったんですよ。でもちょっと苦しいですよね。
なかなか想定したくない状況ですね。
Speaker 2
ですよね。まあっていうか、今それが現実には起きちゃってるんで本当に大変なことだなって今、今回のこの92年の映画のこの作りを見てて、
ふと、はい、現実の今を思ったりもしたんですけど。
ということでね。
Speaker 1
そういう感じなんですけど、ちょっと感想をね、作品の感想を言ってきたいんですけど。
Speaker 2
今回一応、ぶっちゃけ映画面白いのか面白くないのかっていうのをわかりやすく伝えるためにですね、
それぞれの2人とも3本の映画を独自にっていうか別々に見たんで、それを10点満点で映画のレビュー点数をつけてみようというのをちょっと考えております。
なので、まああれですね、よくレビューサイトとかで10点満点とかでつけると思うんですけど、
まあそれ単純に映画として、あくまで1個人の意見なんで、別にその何かにどうこうという話ではなく、
まあ私はこう思いましたというだけの話なんですけど、まあそれを一応つけてみようかなと。
まあそしたらちょっとわかりやすいかなと思ったんですが。
12:01
Speaker 2
最初にじゃあその3作品のその点数をまず紹介しますか。
全部言っちゃう?
先に。どうします?
Speaker 1
1個ずつでいいんじゃない?
1個ずついきます?
はいはい。
Speaker 2
じゃあまずはい、大の大冒険91年無印からですね、無印劇場版の点数を言いたいと思うんですけど、
じゃあ僕言いますね。
どうぞ。
はい、6点。
おー。
はい。
私はですね、9点つけました。
はい。じゃあちょっとなんで6点か9点かみたいな話をしようかと思うんですけど。
そうですね。
ちなみにあのー、もう我々の番組あの聞いていただいてる方はご存知の通りネタバレ前提で喋る番組なので、
今回もここからの話は劇場版のその中身に触れちゃいますので、
全力で触れるので。
Speaker 1
はい。もしまだ劇場版、91年、90年の劇場版をご覧になってなくて、
いやいやちょっと初見でまず見てから、
あーそうですね。
Speaker 2
我々の話を楽しみたいっていう方は、ちょっと一旦止めていただいて、
劇場版をご覧になってから聞いていただけたらなと思います。
確かに。僕もいつもは、いやもうこの番組全員読んでる人しかいないんだからネタバレとかいいですよとか言うんですけど、
この劇場版に関しては僕らも見てなかったんで。
見てないんでしょうみんな。
見てない人、でもこれもほんとあれですよね。
なんかこのネットストリーミング時代だから見やすくなりましたよね。
Speaker 1
いやなりましたよね。
Speaker 2
これ10年前とかだからめっちゃ大変だったと思う。
VHSとか借りてくるわけでしょ、たぶんね。
めんどくさいしね。
大変ですよほんと。
Speaker 1
嫌ですよね。ほんとだから。
Speaker 2
ストリーミングサービス時代のおかげで見れてありがたいなっていう感じなんですけど。
まあまあ事前にしてもそういうわけなので中身の話するんで。
ネタバレ前提でやります。
Speaker 1
気になる方はHuluとかUNEXTとかで。
Speaker 2
ちなみにそうそうそうあれですよ。
先にちょっと見ようかなって今ちょっと思い始めた人に対しての朗報としては、
劇場版ですね、これ1作目は30分で、2作目が41分で、3作目も39分ということで、
我々のポッドキャストを聞くよりもよっぽど短い時間で1作見れますので。
3つ合わせても110分だから2時間で済むんで。
そう、なのでね、なんか劇場版2時間見るの大変みたいに思ってた方はね、
Speaker 1
全然30分とか40分で終わっちゃうのは番組なんで。
Speaker 2
3つで2時間以内で終わります。
ぜひ良かったらね。
全然気軽に見れますよね。
見てほしいな。
それはすごい良かった。
僕らもこれ2時間3本だったら1週間の間に見れた自信がないんで。
僕、移動中に見ましたもん。
3つ合わせて2時間以内っていう大変、我々にも優しい作りになってますけど。
ぜひ見てない方はぜひ見ていただけたら嬉しいなと思います。
15:01
Speaker 1
でもなんか今聞いた点数だけ聞いた人は6と9ならもう見てみようかなと思うかもしれないですよね。
Speaker 2
そうですね、じゃあちょっとね、1作目いきましょう。
1作目の感想いきましょうか。
話の筋。
一応話の筋を紹介しておきます。
超軽く言うと。
僕じゃあユーネクストのとこに書いてあるストーリーっていうとこ読みましょうか。
Speaker 1
ほんと?結構書いてありますよ。最後まで書いてあります。どのくらい書いてある?
Speaker 2
最後までは書いてはないですけど、大体書いてあるので紹介すると。
じゃあお願いします。
勇者が魔王を倒してから15年。
ある日、ボンスターたちが暮らすデルムリン島に住んでいた唯一の人間、ダイの前にパプニーカ王国からやってきたレオナたちが現れる。
神聖な儀式を行うという彼女を洞窟へ案内するが島の様子がいつもとは違っていて…。
Speaker 1
っていうとこまで書いてあるんですけど。
ここで終わり?
ここで終わりで、やっぱね、今回の1作目の劇場はね、ここまで聞くと、
え、なんか、原作と一緒じゃないの?みたいな感じに聞こえるんですけど、
Speaker 2
こっからがね、すごかった。
Speaker 1
こっからすごいっすよね。
こっからほんとすごかった。
Speaker 2
あの、なんていうの、いろんなものを混ぜて別の世界線を生み出しあったっていう感じ?
いやもうね、すごかったね。
すごいっすよね。ちょっとごめんなさい。すごいだけだと聞いてる人何がなんだかわかんないんで。
軽く言ってくと、本編というか漫画とかアニメ版だと、最初は偽有者がやってきてゴメちゃん盗みに来るのが一番最初じゃないですか。
Speaker 1
そうですね。
Speaker 2
でもそうではなく、レオナの儀式編的なところが今回の主題なんですよね。
そうですね。
ただ、原作だと、テムジンとバロンっていうね、ちょっと悪巧みをしてるパプニカ側の二人組が、レオナ姫を儀式の事故と称して暗殺しようみたいな、
そういう作戦で、それがダイのドラゴンの猛暑の覚醒とかにもなり、レオナを助けてみたいな、そういう話が原作なんですけど。
どこ行ったっていう、どこ行ったそれっていうね。
まず驚きなのがね、テムジンいいやつなんですよね。
そうそう。
もうこれ超面白くて。
あ、あれでもね、テムジンって書いてなかったですね、エンドロール見たら。
Speaker 1
あ、そうなんだ、あそこまで見てなかった。
Speaker 2
レオナの側近みたいな書かれ方してましたね、確か。
でも顔完全にテムジンでしたね。
顔完全にキャラテムジンでしたね。
だから悪くならないテムジンなんですよね。
そう、いいテムジンが見れるっていうね。
単にレオナの部下っていうだけ。
いいテムジンっていうか貴重な。
このね、いいテムジン見たいっていうだけで見ていただいてもいいと思います。
18:03
Speaker 2
確かに。そうなんですよね。
話を進めていくと、儀式。あれ、儀式しに来たんだっけ。違う、モンスター倒しに来たんだっけ。
Speaker 1
一応なんか儀式っていう風に、ストーリーには書いてありますけどね、このユーネクストのね。
でもなんか、始まっていきなりびっくりするのが、島のモンスターたちにレオナがすごい攻撃的なんですよね。
そうそうそう。
そんな、え?みたいな。
Speaker 2
そう、なんかね、全体的になんか、モンスターは悪である、昔人間を襲った悪いやつらだから、
Speaker 1
モンスターを倒すべき対象であるみたいなのをすごいレオナが擦り込まれてる感じがする。
Speaker 2
そうなんですよね。めっちゃなんか洗脳されてるレオナって感じなんですよね。
すぐナイフ抜いてましたからね。
そうそう。めっちゃすぐなんか武器振り回すし、怖いっすよね。
ギラーとかね、撃ちそうになったら台が止めるみたいなとかね。
ね。なんか結構ギョッとしますよね、このレオナ。
Speaker 1
レオナってギラー使えたっけと思って。
Speaker 2
それもね、確かに。それもうーんって思うけど。
だいたいレオナって100度ですよね、なんか攻撃呪文を使うときてね。
確かに。常に100度ですよね。
そう。あれね、なんかちょっとギラーいけんのかみたいなね、思いましたね。
とかね、あるんですけど。
まあそう、それで話としては、いずれにしても台がモンスター、いやいやこれみんな俺の友達だからって言って、
ああそうなの、じゃあいいわみたいな感じになって、なんで島の奥に行くんでしたっけ、2人で。
いや多分なんかその儀式的な話だったんじゃない、その辺ねちょっとね、なんか色々ちょっとね戸惑っててね。
Speaker 1
ちょっとちゃんと聞けてないんですけど、多分なんかそのなんかでお島の奥の方に。
Speaker 2
まあ2人で行くんですよね。
Speaker 1
あのね、あれだ、あの儀式、これユーネクストのストーリー間違ってんじゃないかな。
あのね、確か案内してよって言われて、案内するんですよ台が、あのレオナのこと。
レオナのことで、島の奥の方にその案内されてどんどん行くと、途中でなんかすごい地響きみたいなのがしてきて、
Speaker 2
であのお化けキノコかなんかのところで、なんかお化けキノコがうーってなってて、
どうしたお化けキノコとかって言ったら、魔王の力で覚醒して襲いかかってくるみたいな。
そうなんすよね。
急にそういうシーンになってくるんですよね。
そうそう、原作読者の方としては、要するに本来だとレオナの儀式編は結局悪かったのは人間だっていう話で、
バロンとテムジンを引っ捕らえて終わって、そっからアヴァンがやってきて、
ハドラー、復活したハドラーも島にやってきてって順番なんですけど、
この30分の映画にハドラーをムリクリ出すために、デルムリン島の中にハドラーが封印されてるって設定なんですよね。
21:05
Speaker 2
そう。
あれびっくりしたよね。
邪神の像って確か言ってると思うんですけど、
ハドラーが15年前に破れた後に、邪神の像に魂かなんかを封じ込めて、
ここになんか祀られてあるみたいな、えー!みたいな。
っていうかさ、第そんなところにいてよかったの?ってかブラスとかもそうだけど、
なんでみんなハドラーが封じられてる島にいるの?とかね。
てかそもそも誰がここをデルムリン島にハドラー封じ込めたんだよみたいな。
Speaker 1
あれアヴァンっていう名前出てこないんでしたっけ?今回の91年劇場版の封印して。
アヴァンっていう名前はね。
出てこなかった気がするな。
Speaker 2
覚えてない気がするな。
勇者には倒されたってはずですよね。
まあいずれにしても、島の奥に行くと封印されたハドラーがいて、
あ、思い出した思い出した。
そんで、15年経ったちょうど満月の日だから蘇れるとか言い出すんですよね。
それでね、なんかその封印されてる邪神のなんかその像的なのが埋め込まれてるというのかな。
そういう洞窟の中に2人が入ってって、そこでなんかモンスターに囲まれてみたいになって。
で、あのモンスターたちは原作でもある通りハドラーの邪気の影響で目が赤くなって、
ブラスー爺ちゃんがあのドス黒い血が駆け巡っている勇者的なやつは。
あのセリフありましたね。
Speaker 1
ありましたね。あれは原作から引っ張ってきたやつがあって、
Speaker 2
それでモンスターたちはもう完全にハドラーのあれに飲み込まれちゃって、
ダイとかレオナに襲いかかるみたいな感じになっちゃうんですよね。
そう、あのね、ドラゴンが1匹いて、
あ、そうそう。
ドラゴンがね、結構強いんですよ。
強いんですよね。
でね、でもそのドラゴンの頭の上にレオナがまたがって乗っかって、
Speaker 1
角を掴んで、ドラゴンの頭の上で乗りこなしてるシーンがあって。
はいはいはいはい。
なんか、え、レオナすごくね?みたいな。
いや、それはね、あるあるある。
Speaker 2
レオナめちゃくちゃ運動能力高いの。
すげえ結構高いとこから振り落とされて、地面に叩きつけられたのにもかかわらず、
そのあと結構ピンピンして、ダイとか言いながら助けに行こうするみたいなさ。
そうなんですよね。
そのダメージどこ行ったみたいな。
はいはい。そうなんですよね。
Speaker 1
結構ね、なんか、なんだろう、めちゃくちゃな感じで、
Speaker 2
そのモンスターたちと戦うんですけど、いやもうね、まだ全然ジョノクチなんですよ、そこ。
うん、そうそう。
もうね、これこっからのやつはね、ちょっとね、
Speaker 1
あんまネタバレせずにみんなに見てもらいたいなって思うんですけど。
でも大丈夫、どこまで行っても僕らのコンテンツ、声だけだから、
24:02
Speaker 1
声だけで聞くのと、あの映像で見るのは全然多分インパクト違うんで大丈夫だと思います。
なんか、そのなんか流れの、戦ってる流れの中で、なんか、あの、ハドラーが復活するんですよね。
そうなんですよね。はい。
もうここがね、もうね、衝撃でしたよ。
Speaker 2
僕、9点つけたのは、もうね、そこの衝撃の凄さです、単純に。
そこ?
そこ。
そうなんですよね。
あの、電車で移動してる途中で見てたんですけど。
Speaker 1
はいはいはい。
思わず、ちょっとあの、電車の中だったんですけど、
そう、「え?」って声で。
やばいっすよね、まあなんかね。
ちょっとね、時間軸戻すと、復活の前からハドラー結構よくわかんないこと言って、なんかね、
Speaker 2
血を捧げようってやたら連呼するんですよ。
そうそう、言ってる言ってる。
だからその、レオナの血を捧げようみたいなこと言うんすけど、
Speaker 1
ダイの大冒険世界に血を捧げることで、なんかメリットがあるっていう設定あったかなみたいな。
Speaker 2
人間の血を捧げようみたいなね。
そうそう。
そのあの、封印状態のハドラーがやったり言って、モンスターがそれに支配されて、
あの、目が赤くなってこう、ダイとレオナにやってくるんですけど。
なんかゾンビものなのかな、これみたいな。
もうよくわかんない感じだったし。
Speaker 1
だからあれですよ、見てるともうその途中から、もう、え、ハドラー島にいるの?みたいなのから始まって、
え、ハドラーこの壁の中にいるの?ってなって、
Speaker 2
え、ハドラー、え、ちょっと待って、あのハドラーここに閉じ込められ、封印されてるの?
え、ハドラーどういう状態で出てくるの?ってなって、
Speaker 1
なんか散々その、いつも見てるあのハドラーを、
Speaker 2
ハドラーがどう出てくるかっていうのを、もうなんか10分、15分ぐらい多分、
待ち望んだ、結果出てきたハドラーが、えーっていう。
もう、なんてあのね、言葉で説明しにくいんですけど、なんかね、まずデカさがね、30メートルぐらいあるんですよね。
あるある、あったあった。
台の数十倍の大きさで、え、手が8本ぐらいあったっけ?
えっとね、ありましたね。ありました。手がね、何本、何本だね。
アッシュラみたいな感じ?
うん、ありましたよ。
なんかあの、完全にドラクエの敵でいうと、名称忘れましたけど、なんとかアーマーみたいな感じなんですよね。
あー。
超巨大な、デビルアーマーみたいな感じか。
Speaker 1
さらに、なんかあの、だいたい最後の方に出てくるボスキャラ?
Speaker 2
はいはいはい。
裏ボスみたいな感じのイメージのビジュアルだったなと思いましたけど。
あー、そうっすね、そうっすね。
何だっけ、あの。
まあでもなんか、デビルアーマーとかの巨大版みたいなのが近いのかな?
なんか、えーっと、何だっけ、あの、ダークドレアムとか、あれもちょっと違うな。
27:02
Speaker 2
完全に鎧って感じなんですよね。
鎧に包まれてる感じの、なんか巨大石像みたいな感じですよね。
あー、そうね、えーっとね、そう、もうなんか、何だろう、とりあえずね、ハドラーじゃない。
ハドラーじゃない、もう僕らが言ったのそれ、ハドラーじゃない。
ハドラーじゃないんだけどハドラーなんですよ。
ハドラーってことになってるんですよね。
Speaker 1
そう。でね、どう考えても、この最初の、まだアバンから何にも教わってもない鎧が、
Speaker 2
そう、そう、そう。
紋章の力一応覚醒するとはいえ、倒せる敵じゃないだろうっていうレベル感の敵ですよね、これ。
Speaker 1
やばいっすよね。
Speaker 2
て、ていうか、まあアバンなのか誰か知らないけど、かつての人間の勇者、どうやってこれ倒したのっていう。
なんか。
Speaker 1
紋章じゃないデカさですよね。
Speaker 2
目が弱点だ、みたいなね、映像がありますけど。
Speaker 1
そうそう、その弱点もあって、なんか、僕見てて何を思ったかっていうと、あれこれ、漫画版でいうとこの最後の龍魔神大VS鬼眼王バーンじゃんみたいな。
わかる、わかる。
Speaker 2
思いましたよね。
サイズ感的には鬼眼のバーンですよね。
Speaker 1
本当、サイズ感はね、皆さん鬼眼王バーンを想像していただくといい感じだと思います。
Speaker 2
で、しかも目が弱点とか言ってるしね。
Speaker 1
そう。でね、もうね、なんか突如大のドラゴンの紋章出てきてね、最後倒しに行くんですけど、パプニカのナイフを構えてバギクロス使うんすよ。
使いますね、そうそう。
Speaker 2
で、バギクロスの呪文でできたトップに、なんかこう、上昇経路に乗って飛び上がって、
Speaker 1
20m、30mくらいの高さにあるハドラーの弱点の頭に、えいって言ってパプニカのナイフを突き刺してとどめ刺すっていう。
Speaker 2
鬼眼かな、鬼眼にね、そうそう、おだしさんも今言った、僕もバギクロスで飛ぶところが衝撃受けましたね。
そんな使い方あったん、バギクロスって。
Speaker 1
真空呪文ってさ、これ切れちゃうんじゃないの?
Speaker 2
そうそう、バギクロスで飛ぶっていう、何ですかね、大の大冒険の漫画本編も確かに呪文、
例えばそれこそ、バギで大が船のブレーキかけるとか、いろんな応用はしてますけど、まさか飛ぶとはみたいな。
Speaker 1
あのね、バーロンのキラーマシンか、キラーマシンアイテムのバギクロス使うシーンがね、最初からありますから、
Speaker 2
それは違和感はないんですけど、なんかね、バギクロースってやってね、ふわーって飛んでいくんですよ。
飛ぶんですよね。
もうね、ちょっとね、いろいろすごい、ほんとこのシーンは。
で、ハドラーがびっくりするくらいあっけなくやられるんですよね。
30:03
Speaker 2
やられるんですよ。
ブザーってなって。
え、じゃあもうこれで大の大冒険終わっちゃうじゃん、みたいな。
そう、ほんとすごいんですよね。
ね、結構びっくりする、これ。
Speaker 1
そう、で、まあその巨大ハドラーが倒されると、みんなそのモンスターたちの邪気も抜けて、
Speaker 2
まあ、またね、大の友達に戻るんですけど、で、最後ね、レオナとその良い手無人とかが島を去る前に、
なんかあの、スライム、ゴメちゃんじゃないんですよ。
ただのスライムがいきなりなんかレオナの肩に乗って、
乗ってた、乗ってた。ちょっとレオナビクってなるみたいなね。
ビクってなって、そうだ、最初に言ってたように、レオナがやっぱモンスター恐怖症みたいなのが最後まで抜けてないっていう。
そうそうそう。
っていうところがあって。
あとさ、あの、パプニカのナイフがさ、ちょっと原作とデザイン違いましたよね。
デザインも違うし、金色なんですよね。
そう、金色でしたよね。色も違いましたね。
Speaker 1
それ思った思った。
Speaker 2
そう、なんかね、いろいろ、いろいろ違って、なんかね、でもね、一番違うのはハドラ。
ハドラやばいね。
マジでね、このハドラはほんとに一回見てほしい。ほんとに見てほしい。
これはね、見る価値ありますね。
Speaker 1
ね。絶対これはね、見る価値ある。もう、みなさんぜひ見てほしい。
Speaker 2
あと、じゃあ、おだじさんが9点って言ってたのはね、やっぱこのハドラのインパクトがすごすぎたから9点ってこと?
もうね、いやだからそれこそ、このね、大野大冒険好きでこのポッドキャストを聞いてくれてるみなさんで、
劇場版、旧作のね、劇場版を見たことない人たちにも、とにかくこのハドラは見てほしいって思って。
なるほどね。
そういう意味でのこの9点ですね。
Speaker 1
僕は6点ってしたのは、さっきいろいろ話してきた通り、いろいろ原作の流れを無視して、むちゃくちゃやなって思う部分はありつつも、
Speaker 2
でもやっぱ30分でまとめなきゃいけないっていう中で、大野大冒険の原作の明らかになってる情報をうまいこと組み合わせて、
全然別の世界線を作り出したっていうのはすごいなって思った。
Speaker 1
あと見てて別に飽きはしなかったんで、
Speaker 2
仮作というか、なんかよくできた別世界線物語として楽しく見ましたっていう感想です。
おっしゃる通り、僕もね、ハドラのインポイントばっかり今言いましたけど、
1作目はね、結構集中して見てられたんですよね。
うんうんうん、わかりますね。
面白かった、そういう意味でいうと。
オリジナルすぎて次何が出てくるんだろうみたいなのもありましたけど。
Speaker 1
なんかね、面白かったですね。
Speaker 2
これを1本目に見たっていうのもあるかもしれないですけどね、もしかしたら。
ここからちょっと聞いてる方は話の展開を想像できてるかも。
33:01
Speaker 2
まあじゃあ次行きましょう。
行きましょう。
Speaker 1
92年春休み公開、立ち上がれアバンの使徒。
じゃあちょっとこれあらすじ読んでもらえますか。
これはユーネクストのサイトに書いてあるストーリーをちょっと読ませていただくと、
船でパプニーカ王国へと渡るためソフィア港へと到着したダイタチ。
Speaker 2
しかし彼らを狙う魔物が現れ町を襲い、町の人々からはダイタチのせいだと責められることに、
それでも自分たちの船を守ろうと戦う中、
彼らの前に死んだはずのアバン先生が姿を現した。
そうですね。
Speaker 1
えーと、まあこれは、まあそっかそっかだから、
Speaker 2
船を平たく言うと、船を手に入れるまでに何があったのかっていうところをね、
原作にない部分を描いた話で、
まあまあなんかこの設定というかタイミングはまあなるほど悪くないなとちょっと思ったんです。
あー待てよ、これ何点か先に言おうか。
あ、そうですね。
忘れてた。
じゃあ僕から言いましょうね。
僕はね、まあ5点ですね。
僕も5点です。
あー2人とも5点ですね、はいはい。
5点です。
Speaker 1
で、まあまあじゃあえーとどんな話かというと、
Speaker 2
そうですね、だから船がないとパプニカに行けないよっていう話でローソーの紹介でいくんですけど、
Speaker 1
まあ船がもう全部壊されちゃってるんですよね。
あ、違うんだ。壊されちゃってるんじゃない。
Speaker 2
いきなり巨大メドウサボールっていう謎の敵が出てくるんだよね。
Speaker 1
あれね、でかすぎね。
Speaker 2
めちゃくちゃでかいんだよな、これが。
Speaker 1
あんなでかくないでしょ、メドウサボールっていう。
Speaker 2
なんかでもあれはあれでしょ、巨大メドウサボールだからあれはザボエラじゃないけど誰か作ったんでしょ、あれはスペシャルで。
おそらくね。
まあだからそこはいいですよ、そこはいいと思うんですけど、なんかすげえ火とか吐くんですけど。
まあまあそこはいいんですけど。
で、まあその巨大メドウサボール。
火が壊されちゃうんですね。
そうそう、火を吐きまくったせいで港にあった船が全部壊されちゃって、
Speaker 2
で、なんかどうしようかなと思って酒場に行くと、酒場にいる船乗りたち、人間たちがめちゃくちゃダイたちに敵向き出しで、
お前ら早く帰れ、もう出てけみたいな感じで、お前らが来たから船が壊されたんだってダイたちにブチギレるんですよね。
で、あのポップとマームが早く出ましょうみたいなこと言うんだけどダイが、いやでも俺には船が必要なんだってめちゃくちゃ正論吐いて、
Speaker 1
で、人間たち、まあその漁師たちなのかな、船壊されて、漁師なのか船員なのかわかんないけどめっちゃブチギレててダイたちに襲いかかってくるんですけど、
Speaker 2
そこで、その酒場に行った奥の方にいた風格あるおじさんが銀貨をピンって投げて、これで払うからもうお前ら早く出てきなみたいな感じで場を収めてくれるんですよね。
うん。
で、ダイたちは失礼しましたみたいな感じでお店を出て街の中歩いてたら、結構走ってる途中にさっきのおじさんが進行方向にいきなりスッて出てきて、どうやってテレポートしたのかなって感じだったんですけど。
36:09
Speaker 2
いやーそうなんですよね。
あれびっくりしましたよね。
うん、あとね。
ダイたちは迷ってたのかな。
この船長がパプニカ行くときのロモスの船の船長っていうのが、こんなにかっこいい人だったっけみたいな。
Speaker 1
まあ、原作だとぶっちゃけちょいやくなんで、ほんとに少ししか出てこなくて。
で、僕ら2020年版アニメだとなんかかっこよくなったな、このネルソンとか言ってたんですけど。
この立ち上がれアバンの船みたいなのが。
そうそう、すごいんですよね。めっちゃ風格あるし。
で、ダイに対してあれ、なんか言うんですよね。なんだっけ。何を言うんだっけダイに。
もう一回出てきたときに。
で、なんか、やっぱお前真の勇者だなみたいな。
なんでさっさと店から出ようとしなかったんだみたいなときに、
いや、どうしても俺には船が、あ、違うか。
Speaker 2
船がなかったらどうするんだって質問されて、だったら泳いでもプニカに行くって言って。
Speaker 1
その答えに、うん、こいつはガッツがあるなって、本物だっつって、
Speaker 2
うん、お前は勇者だっつって、ついてきなさいみたいな感じで、
Speaker 1
あの、町からだいぶ離れた灯台に連れてくんですよね、そのネルソンがね。
Speaker 2
で、連れてくと、何があんのって思ったら中に秘密の船の建造場があって、
あれすごいよね。
そこであの船を作ってるんですよね。
めっちゃ船でかいの作ってましたよね、あれね。
うんうん。
Speaker 1
こんな、え、こんなとこでこんな風にして特別に作られた船だったの、あの船ってちょっとね驚きました、これは。
Speaker 2
そうそうそう。
まあ、ていうか、大の大冒険世界ってそんな技術あったんだっけっていうのもちょっと思ったんですけど、
Speaker 1
なんかだってすごい現代っぽい船のドックみたいなのが、しかもなぜか灯台の中にあるとかね、よくわかんないですけど。
Speaker 2
あ、やばい、ちょっと今話の順序飛ばしてた。
その手前にあの夢のシーンを忘れてた。
あー、ありましたね。夢のシーンの方が先にありましたね。
夢のシーンが先ですね。
Speaker 1
そうそう、今のその、えーとなんだ、酒場で切れられる事件の前に一泊してるんですよね、確かね。
Speaker 2
そう、たぶんだから一応時間的に言うと、だからそのロモスでクロコダインを倒して、
Speaker 1
まあそのたぶん倒した後に、まあ一晩たぶん泊まって、次の日に行きましょうみたいになるっていうたぶん流れだと思うんですけどね。
Speaker 2
そこの一晩クロコダイン倒した後の泊まって休んでるところで、
なんか変なね蛇が出てきて、
あーそうそうそう。
ポップとマームの寝てるところで、
Speaker 1
枕元にね。
変な仕掛けをしてくというか。
そうそう、なんかね、蛇ってもうモンスターじゃなくて本当に普通のなんか悪い蛇みたいな、
39:03
Speaker 2
あの50センチぐらいの蛇が出てきて、で、
Speaker 1
なんかね、あの蛇すごいんですよね。なんか壁をシュッて通り抜けるんですよね。
どんな力か知らないけど。
しかもさ、ストーリーの後の方で分かるんですけど、
Speaker 2
アバンの印をすり替えるっていうことまでやってくんですよね。
そうそうそう、あの蛇すごいんですよね。
Speaker 1
かなり高性能ですよね、あれね。
そうそう、で、ポップとマームとダイは3人別々の部屋にいて、
ダイは起きて修行してるんですけど、
ポップとマームはぐっすり寝てて、枕元に蛇が来るんですけど、
まずマームのね、ところに行って、
あれ、マームに夢を見せるのかな?じゃなくて、見てる夢を覗き込むんだっけ?
Speaker 2
そう、たぶんね、夢を覗き込んで、夢の中からそのアバンに関する情報を入手してたみたいな話だったと思うんですね。
そう、後で分かるんですけど、なんかその蛇が後で出てくる今回の映画版のボスの手先なのか一部なのか分かんないんですけど、
Speaker 1
なんかそんなやつで、で、夢を、マームの夢をまずそいつが覗くんですけど、
Speaker 2
夢の中でなんだっけ、マームが攻撃呪文の契約をアバンの指導でしようとするんだけどできなくて、
泣いちゃうんですけど、そしたらアバンがどっからか傷ついた小鹿を連れてきて、
直してあげなさいとか言って、で、でほ意味をマームがかけるんですけど。
なんか、あの、なんかね、夢のシーンがアバンとの思い出を2人が夢として見てて、
で、その夢の中から得た情報でアバンになりすまして、
こう、あの、まあね、ポップとマームをこう味方に裏切らせるっていうね。
みたいな作戦を取るんですよね。
っていう話なんですよね。で、しかもそのアバンの印をそのすり替えてて、
そうそうそう。
洗脳するみたいなね。
そうですね。なんか洗脳力の高いアイテムみたいなのにすり替えるってなかなか高度なことをするんですけど。
Speaker 1
で、で、そう、マームの夢そんな感じで。
Speaker 2
ポップの夢が結構面白くて、なんか夢の中で女の子にチヤホヤされてて、
え、魔法見せてーって言われて、どうやらこの世界魔法できると思ってるっぽいんですけど。
で、あの、手からメラを出して、もっとすごいのやってって言われて、
え、よし、とか言ってメラミを、覚えたてのメラミを出すと、
Speaker 1
あの、自分の周りが火で包まれちゃうんですよね。
そう、あのマジカルブースターをさ、わざわざなんかアバンの枕元からさ、
アバンの枕元からさ、盗むってかこっそり借りるんですよね。
Speaker 2
そうそう、だから一応マジカルブースターが魔力増幅できるから、
ね、よりその女の子にいいとこ見せようと思って、そっと持ち出してメラミをやるんだが、
コントロールしきれなくて、ポップ、火に包まれちゃうんですよね。
42:01
Speaker 1
で、僕、このシーン見ながら、あ、ダイヤのナインだと思いながら、
一人で爆笑してたんですけど、まさかこんな早くダイヤのナインやってたんだっていう。
ダイヤナインね。
そうそう、で、あの、いや、でももう火が制御しきれなくなっちゃって、
いやーどうしようってなった時に、アバンがさっと駆けつけて、
ん?ヒャダルコかなんか出すんでしたっけ?
ヒャダルコが消してましたね。
で、それを消して、で、どうすんのかと思ったら、なんと、ポップを、
あの、そのなんだ、マジカルブースター盗んだとか、
あの、見栄を張って持てようとしたとかを叱るんじゃなくてですね、
あの、そのマジカルブースターあげましょうみたいな、あなたにあげますつって、
で、魔法は人のために使うものですよみたいな、なんかすごい悟りを、あ、悟すんですよね。
いやーアバンかっこいいなーみたいなところがあるわけですけど。
このシーンはね、えっと、ポップファン多いじゃないですか。
Speaker 2
はいはい。
大野大冒険は。
Speaker 1
まあそうですね。
Speaker 2
ポップ好きな人にとってみたらですね、たぶんこの、いわゆるアバンとポップ、
Speaker 1
この修行初期の頃、まだあのポップがいつものあの緑の服を着てないような状態で、
子供の頃のポップの様子を見ることのできるという非常に貴重なシーンなんじゃないかなと思いますね。
原作でもあんまりそういうシーンって描かれてないはずなので。
Speaker 2
まあ確かにそうですよね。
Speaker 1
ポップファンの方々はぜひ、あの若かりし頃のポップの修行シーンが見れるっていう。
まあね、まあただこの映画が、まあオリジナル原作そのものじゃないから、
まあ描き方がどうなんだっていう部分をもしかしたら思うかもしれないので、
Speaker 2
まあそこはね、ちょっと置いといて。
Speaker 1
まあまあまあただこういう、でもな、公式が映像化してるんだからある意味これも、
Speaker 2
正史みたいな、正しい歴史、正史みたいな部分もないとは言えないんですけど、
まあまあいいや、という感じで、夢の中でアバンとの思い出があって、
その今回のボスの蛇がそれを覗き見て、
アバンにこれぐらいアバンのこと好きでこういうエピソードがあったんだっていうのを情報をね、
そっと持ち帰るっていうのがあるんですけど、
Speaker 1
で、その後でさっきのそのネルソンに出会って、東大に行って船を、
あ、作ってるところを見せてもらって、で、これが君たちの船だよって話で、
Speaker 2
あ、やった船手に入るじゃんっていうことになるんですけど、
なんかあの、そこで急にこう霧が出てくるんですよね。
Speaker 1
あと、その前にね、ハドラーとザボエラのシーンがあるんですか。
あるある、そうだ、ハドラーとザボエラの会話が挟まる、そうそう、挟まってた。
あ、来たと思って。
はいはい、そうですね。
45:00
Speaker 1
そうそう、で、今回の敵もなんかザボエラの部下かなんかなんだっけ。
そうそうそうそう、ヨーバシさんでしたよね、確かね。
Speaker 2
そうそう。で、えーと、まあそれで霧が出てきて、なんか大量のメドーサボールが出てきて、
で、えーと、3人はそのメドーサボールを撃退するみたいなことになるんだけど、
ここで急に鎧の男が出てきて、あれなんですよね、ポップとマームに。
黒い鎧がね。
黒い鎧の男が出てきて、ポップとマームそれぞれに話して、で、声がもうアヴァンなんですよね。
明らかにアヴァンの声っていうね。
そうそう、完全にアヴァンで、ここね、結構なんか演出いいなと思ったのは、なんかすごい、
その霧がかかっててモンスターのいるとこに出てきた怪しい黒い男がアヴァンの声って、
もう不気味でしかないんですけど、音楽が明るいんですよね、ここね。
なんか、あのドラクエ音楽の明るいやつが流れることでより不気味なんですよね、ここ。
Speaker 1
なんか、これが結構僕の中では、なんか音楽の使い方結構上手いなと思ったんですよ。
あとさ、なんかあの、鎧が結構ガッツリ鎧でさ、
Speaker 2
あ、そうそうそうそう。
Speaker 1
全然顔が見えないんですよね。
そうそうそう。
目ぐらいしか見えなくて。
うん、そうなんですよ。
で、この鎧の男が今回のボスであるとこのゲム・マド・ベル・ドー作。
幻の夢の間の道ね、ゲム・マド・ベル・ドー作なんですけど。
で、まあだからさっき言った通り、ポップとマームは夢を覗かれてるんで、
その声の主をアヴァンだと完全に信じ込んじゃうんですけど、
ダイは夜通し訓練してて、蛇に夢を見られなかったので、
いや、こんねがアヴァン先生なわけねえだろっていうことを超正しいこと言うんですけど。
Speaker 2
で、画面を割るんだよね。
そうそう。で、まず先にあれなんですよね。
ダイがちゃんと合理的なことを言って、顔を見たのかって二人に言って、
いや、顔は見てないけど声がって言うから。
あ、そうだそうだ。
で、ダイが剣で顔の鎧を叩き割ると、
Speaker 1
なんとおでこに今の一撃で傷を受けたアヴァンの顔が出てきて、
ダイが、うわーってなるんですよね。やべえ、顔までアヴァンじゃんみたいな。
そう。でねえ、
うん、はい。
Speaker 2
あの、ここのね、アヴァンのセリフがね、結構ね、衝撃のセリフで、
なんて言ってたっけ。
Speaker 1
なんか、大魔王バーンに助けてもらったみたいななんか、
Speaker 2
そうそうそう。
Speaker 1
セリフをね、言うんですよ。でねえ、みんながね、えーってなるシーンが入るんですよ。
Speaker 2
はいはいはい。
もうなんか、あの、なんだろう、バーンに助けられたってどういうことやねんみたいな。
うん、ですよね。てか、普通に考えておかしいだろって思って、
まあまあダイは結局だからずっとね、おかしいおかしいって言ってるんですけども、
48:02
Speaker 2
二人が完全にもう、
洗脳されちゃってるからね。
ほぼ洗脳されちゃってて、おいおいおいおいっていう感じで、
なんかもうね、このダイの孤独さすごいっすよね。
大事な仲間二人がもう完全にこのニセアヴァン側についちゃって、
しかもなんか、もう、ダイを殺しなさいとか言ったら、
二人ともちょっとずつこっちに向かってくるとか、結構怖いっすよね、あれね。
いやー、怖い怖い。
ね。
怖いね。
なんだっけね、で。
Speaker 1
そう、あの、だんだんね、追い詰められていくそのね、ダイに戦うんですけど、
あのね、アヴァンストラッシュ撃ち合うんすよね。
あー、はいはいはい。
アヴァンとダイが。
ニセアヴァンとですよね。
ニセアヴァンとダイが。
あの、まだこのベルドースさんがニセアヴァンの顔の状態でね。
まだのままね。
Speaker 2
そうそうそう。
Speaker 1
アロータイプ撃ち合うんですよね。
ここちょっと思ったのはね、
いや、あのー、アヴァン、本家アヴァンのアヴァンストラッシュに、
Speaker 2
まだ極めてないダイのアヴァンストラッシュぶつけて、
なんか、あ、互角なの?みたいな飛び方するんですよね。
ですよね。
この辺のちょっとね、感じがどうなんだろうなーみたいな。
え、どういうこと?どうなんだろうって。
いやなんか、ニセアヴァンがアヴァンストラッシュ極めてる状態のアヴァンストラッシュ放ってくれてないとおかしいなみたいなね。
え、え、え、え、だってそれはベルドーさんの芝居なんだからむしろ撃てる方がおかしくないですか。
あー。
ま、完全な真似ごとストラッシュじゃないですか。
これただの。
まあそうか。
そうですよ。普通に振ったただの陶器券なのかどうかさらよくわからないものですよ。
むしろ。
むしろよく撃てたなみたいな。
そう、むしろよく撃ててるし、未完成とはいえダイのストラッシュとほぼ互角ぐらいって、え、おかしくない?逆にっていう話ですよ。
そうか。
Speaker 1
で、まあそれで打ち合いをした後に、なんかね、ここの後のポップがマジどうしようもない感じなんですけど、ダイをマジで攻撃しようとするんですよね。
でね、マームが気づくんですよね。
そうそうそう。
やっぱりおかしいわみたいな。
Speaker 2
そうそう、いくらアヴァンの先生が弟子に殺し合いなんて言うかみたいな話をするんですけど。
Speaker 1
でもあの、すり替えられてるアヴァンの印の力で、
もう完全に洗脳モードに入っちゃうんですけど。
されちゃうんだけど、
ここがすごいんだよね。
ここがね。
ゴメちゃんの大活躍です。
ゴメパワーですよ。
あの、ゴメちゃんが非常事態を察知して、ポップとマームの顔にベシンベシンって当たると、
Speaker 2
違う違う違う、あれね。
あれでしたよ。
Speaker 1
アヴァンの印、偽アヴァンの印をね、奪い取ってましたよ。
あ、そうだっけ。
ゴメちゃんが。
加えてってことか。
加えて、取り去って、支配から逃れた感じだった。
51:05
Speaker 1
そうだそうだ。
Speaker 2
僕はあれてっきりゴメちゃんの聖なる力でって思ったんだけど、違うのかあれ。
印を、偽の印を剥ぎ取ったってことか。
そうそうそうそう。
僕、やっぱあれ神の力パワー、神の涙パワーだと思ってたんですけど、そうとも言い切れないってことか。
ちょっと入ってるかもしんないけど、もしかしたら。
割に変えてました。
Speaker 1
でもまあ、でも、なんかでも、その、あの偽の印外した瞬間も完全に正気に戻ってましたよね。
すぐ正気に戻って、なんかちょっとダンスの方がいいなみたいなね。
まあだから、あの印、偽の印でまあだいぶ操られてたんだなっていう話だったと思うんですけどね。
Speaker 2
そうそう。で、まあ、その後ベル・ドーサがもう、なんだ、偽アバンの芝居通じねえなってことで正体を現して、
Speaker 1
で、まあその印すり替えたとか、夢んで済んだとかも全部ご丁寧にネタバラシをしてくれて。
説明をね。
はい。で、からの、さあじゃあこいつは何で戦うのかなと思って出てくるのが岩石重火呪文でゴールですよ。
これなかなかの呪文でしたよね。
オリジナル、劇場版オリジナル呪文なんですけど。
あの、なんだ、岩石を、なんだ、集めて、なんかね、あのポケモンのイワークみたいなやつを作るんですよ。
ああ、イワーク、イワーク。ハガネールとかイワークのね、タイプのね、あれね。
Speaker 2
なんか形としてはね、エイみたいな、魚のエイみたいな感じなんですけど。
わかるわかる。
まあ雰囲気はイワークみたいな感じのやつを作り出して、そのイワークみたいなのに乗って襲いかかってくるんですよね。
そう、でね、なんかこのシーンね、僕見ててね、ずっと気になったのがね、なんでダイしか戦わないんだろうっていうね。
確かに。
ずっとダイだけが戦って、ポップとマアム何もしないんですよね、ここ。
Speaker 1
めっちゃ傍観してましたね、そういえば。
Speaker 2
そうなんですよ。
Speaker 1
してたな。
これね、なぜポップとマアムは戦わないんだって。
Speaker 2
で、ダイがひとしきりやられたところで、なんかポップがやっと出てきて、メラゾーマ使うんですよね。
ああ、そうだそうだ。
Speaker 1
一緒にやれよ、みたいなね。
やれよ、みたいな感じはありましたよね。
そう、で、まあその状態なんですけど、まあやっぱ力的にはそのレゴウールのやつ、乗ってるやつにやっぱ追い込まれるんですけどもね。
これ劇場版やっぱ一作目と同じなんですけど、困ったら紋章発動なんですよね。
Speaker 2
もうね、困ったら紋章発動、パワーアップ。
Speaker 1
で、ドラゴニックオーラの未完成タイプのアローストラッシュで結局一撃でやられるっていう。
そうなんですよね。
Speaker 2
まあ、オッチとかこの戦いはまあ適当だなっていう感じはしましたね。
そう、なんかね、もうなんでしょうね。
こう、バトルモノってこういうことか、みたいな感じになる感じでしたね。
バトルまでのこの、ベルドーサのギミックとか仕掛けがずいぶん細かかったんだけどとかね。
54:06
Speaker 2
アバントの会話とかそこら辺がなかなか面白いんですけど、そこまでにどうも尺を使いすぎて、最後はもうストラッシュではい終わりみたいな感じで終わって。
で、ベルドーサが倒されて無事にあの船がね、頭から清水流す船が手に入って。
ちゃんとそのシーンに繋がってましたよね。
繋がってましたね。で、マーマンが船にやってくるんだけど、清水であっちっちってなって、海に逃げ返るみたいな原作にあるところにこううまく繋がるって終わるって感じなんですよね。
そう、そうなんですよ。話なんですけど。
Speaker 1
だから5点付けた理由は、なんかそこにね、ちゃんとうまくその時間軸的に、うまくちゃんとこう原作で描いてないところをうまく埋め込むように繋げたなっていう印象?
Speaker 2
はいはい。
Speaker 1
そこがね、結構良かったっていうのと、あとそのアバンをちょっとこう、なんですかね、悪者に見せてポップとマーマンを操ってみたいな、そこら辺のね、なんかこうアプローチも割と僕は見てて結構いいなと思って見てたんですけど、
Speaker 2
やっぱなんかね、ちょっとね、さっきまさきさんが言った通りで、結果的に困ったら紋章を発動してストラッシュで解決みたいな、ミトコウモンが陰謀出して終わるみたいな感じ?
Speaker 1
いや、ほんとそれなのよ。もうミトコウモン陰謀ね、劇場版大紋章なんですよ。完全にそうなんですよ。
Speaker 2
結構、だからね、ちょっとね、飽きちゃう感じ?
うんうん。
Speaker 1
そうなんですよね。
だから、うん。
僕はですね、だから、なんて言ったらいいんだろうな、その劇場版で本編に影響出るぐらい強い敵とか出しちゃうとは、なんか本編の繋がりと良くないっていう中で、その強さじゃなくてその死んだはずのアバンのフリをするみたいな、なんかその狡猾さっていう部分で出してきたっていう攻め口、物語の攻め口はまあいいなと思うんですけど、
いかにせんその最後の方の適当さが気になりましたね。
Speaker 2
えーみたいな。それで終わんの?みたいな。
うーん。
Speaker 1
っていうところはありましたね。
なかなかね、ちょっとこう、大変な大冒険の前半って、正直なんか、あんまりこう、なんていうのかな、バトル要素以外で描くの難しかったんだろうな、みたいな印象ですかね。
57:00
Speaker 2
あの、まさにね、かいさんがゲストに出たときおっしゃってた、そのドラゴンの紋章とドラゴンの騎士が中核的な話に絡んでくるまでが結構しんどい話っていうのが多分通じる話でね。
いやそれ言うとね、だから3作目がね、もっと辛いんだよ。
あーじゃあ、じゃあ2作目の話一旦ここで終わりでいいですか。
じゃあ終わりにしようか。
じゃあ3作目。
じゃあ3作目、92年夏アニメ、ぶち破れ神聖六大将軍なんですけど、あーじゃあちょっとあらすじ読んでもらっていいですか。
Speaker 1
わかりました、これもちょっとね、ユーネクストのサイトから紹介させてもらいますけども、
ハドラーの陰武者ゴーマ軍師ガルバスは神聖六大将軍を結成し、ダイを倒すことを決意。
Speaker 2
一方、滞在中の街を襲っていたモンスターと戦っていたダイたちだったが、マームが魂を抜かれてしまった。
彼女を救うには1日以内に魂を取り戻す必要があり。
Speaker 1
という感じ。
Speaker 2
それぐらいでわかりました。
はいはい。
Speaker 1
まあじゃあ早速、10点満点レビューの点数を言うところから始めたいんですけど、
僕の点数はですね、2点です。
Speaker 2
僕も2点ですよ。
Speaker 1
かぶった。
意見一致しますね。
2点っすね、これは。
2点っすねー。
もうね、もうもうね。
もうツッコミの頃しかなかった。
やばいよね。
やばいこれは。
これはもうやばい。
これはね、あの、なんだこの劇場版3つあるし、無印の1作目はいい意味で見てほしいって最初、さっき言ったんすけど、
これはもう悪い意味で見てほしい。
そうねー。
Speaker 2
完全に悪い。
そうね、これはねー。
やばい。
これはちょっとねー。
なんでこれ作っちゃったんだろうっていう。
Speaker 1
どうした、どうしたスタッフみたいな感じの。
やばいっすよね。
てか、え、三条先生、これ絶対絡んでないでしょっていう。
いや、それよそれ。
それよそれ、ほんとに。
Speaker 2
やばいっすよね。
俺もね、思いましたよ、これは。
これ、まあ間違えた、一応、なんでしょう。
Speaker 1
聞いてる方は見てないかもしれないけど、見ないかもしれないって言って、
でも、あの。
Speaker 2
いや、見てほしい。
まあ見てほしいけどね。
見てほしい。
みんなのこの話を聞いていただいた上で見て、ああそうかってなっても全然いいと思います。
あの、逆に初見で見ないともったいないって感じも別にないんで。
あの、もうどっちでもいいと思うんですけど。
まあ一応これ、さっきおだれさんが言ってくれた通り、タイミングとしてはフレイザードを倒して、
まあ要するに3人の軍団長に勝って、ハドラーが、うわー、6人の軍団長が3人になっちゃったよーっつって焦ってるところから始まるんですよね。
Speaker 1
そう、でダイタチはパプニカのその町の復興というんですかね、こうちょっと手伝うようなシーンから確か入ってましたよね。
Speaker 2
あ、でもとりあえず最初いきなりハドラーがどうしようどうしようって言ったところにガルバスが出てきますよね。
Speaker 1
あ、そっちはさっきか。ガルバスはそうだ、先に出てきてましたね。
1:00:00
Speaker 2
ガルバスが出てくる。
Speaker 1
まずよくわかんない。お前は裏の、裏の陰武者なのに表に出てきてはいかんみたいな。
Speaker 2
え、そんなやついたの?みたいな。
ハドラーのどうやら陰武者っていう設定なんですけど、そのハドラーさんがご丁寧にね説明ゼリフでガルバスのことを説明してくれるんですけど、
急になんか陰武者って要するに主君より全然立場下のはずなのに、急にもうガルバスがハドラーに反抗し始めるんですよね。
ならん、出てきてはならんとか言ってんのにね。めっちゃ出てきるじゃんみたいな。
そんな口を俺に聞くな、みたいなことガルバスが急に言い出して、で、なんかもう大尉を打ち取って俺が真軍司令になるみたいなこと言い出して、めちゃくちゃ自信家なんすよね、ガルバス。
で、ハドラーがもうめっちゃ狼狽してて、なんという大それたこと、みたいなこと言ってて、もうハドラーの小物ぶりもすごいし、ガルバスの謎の自信家ぶりもすごいしで、
このハドラーとガルバスのシーンの最後が笑えるんですけど、ハドラーがあいつはつまり俺と違って卑怯なことをやるん違いないみたいなこと言うんすけど、
Speaker 1
待って待って、お前が言うのかみたいな。
いや、成長後のハドラーならわかる。この時点のハドラーはだいぶセコいからね、まだ。
全然セコいからね。お前が言うな予感がまずすごいんですけど。
というわけで、いきなりハドラーとガルバスの仲間割れっていうところから始まるんですけど。
Speaker 2
その後、場面が変わって、パプニカの町復興中のシーンになって、人間たちもみんな働いてた。
なぜかここ急に絵が綺麗だったんでびっくりしたんですけど、それ置いといて、みんなで働いてるんですけど、なぜかアヴァンの使徒とか三賢者もなぜか働いてるんですよね、普通に。
そうそう、なんか運んでましたよね。
働いてるんだけど全く意味がわかんないのは、古代エジプトのピラミッド作るときに石運んでた車みたいな、ちょっと違うけど、
貸車じゃなくて普通に車輪のついたやつに木材だか石材だかを乗せて、台たちも含めてみんなで引いてるんですけど、
Speaker 1
ポップがなぜか石材の上に乗って、はいみんな頑張って頑張ってみたいな謎のポジションにいるんですよね。
大分調子良いですよね、適当な感じですよね。
Speaker 2
そうそう、めちゃくちゃ適当で、で、ポップも手伝えよとか言って、まあいいじゃんいいじゃんみたいな感じなんですけど、急にね、みんなが引っ張ってる紐が解けて、
Speaker 1
ポップがその石材が乗ってる車ごと坂道を逆走してドカーンってなって、っていうところで、かつその引っ張ってたみんなもその引っ張り張力みたいなので倒れるんですけど、
なぜかそこにマトリフがいて、マリンとエイミが倒れた下にマトリフがいて、完全にその状態で2人の胸を揉んでるっていう、もう絶対今や描けないシーンっていうか、何これみたいなシーンが入るんですよね。
1:03:13
Speaker 1
なんかね、わざわざ劇場版作ってこれ入れるっていう感じよね。
っていう感じなんですよね。もうよくわかんなくて。で、その後、働いた後の飯はうまいなみたいな飯をみんなで食ってるシーンがあるんですけど、
Speaker 2
エイミかな、のテーブルの下にで犬が足をペロッて舐めて、もうマトリフさんやめてくださいとか言うんだけど、マトリフ全然違うところにいて、
謎のとばっちりっていうか、やってないのにやったことにされてるんですけど、このシーンもマジで。
もういらないよね。
いらないシーンが入るんですけど。
Speaker 1
って思ったら急に街の上に変なクモがみたいな話があって、ちょっと待ってちょっと待って、このシーンからの急に六大将軍現れちゃうの?みたいなね。
そうそう。
びっくりな展開の速さで。
めちゃくちゃなんですよ。で、ワイバーンね、ドラゴンモンスターのワイバーンに乗ったガルダンリーもどきみたいなやつが。
潮流将軍ベグロム。
潮流将軍ベグロムが出てくる。
Speaker 2
これ言いづらいんだよ、名前が。
ベグロムね、言いづらいんだけど。
全員ね、名前がね、ちょっともう覚えれない。
で、あとあれか。
潮流将軍ベグロムが出て、百獣将軍ザングレイ。
Speaker 1
そうそうそう。
なんかね、地面から出てくるんですよね、急に。
出てくる出てくる。
で、あとね、その後ね、魔影将軍ダブルドーラっていうのがね、なぜか海から出てくるんですよね。
Speaker 2
出てくる出てくる。
で、さらにね、表演将軍ブレイガン。
なんかね、普通に建物の中から建物を壊して出てくる。
Speaker 1
そうそうそう。
どこにいたお前みたいなね。
そう。
しかもね、あとね。
Speaker 2
表演将軍はね、そのままじゃねえかみたいなバラの。
確かに。
フレイザードとかはねえじゃねえかって。
確かに。
なんか、そうね、元が将軍だったからさ、そのキャッチコピー変わってないじゃんっていうね。
表演将軍、フレイザードもそうでしたよね、みたいなね。
まあまあ、そこはまあいいとしてさ、そこはいいんだけど、とりあえずむちゃくちゃな感じでこう4人出てきて。
で、あれか、今回のガルバスも一応そこに出てくるのか。
で、新生6大軍団長だとか言って、そしたらダイがすぐパッて計算して、2人いないみたいなことを言って。
賢いなみたいな感じで。
そう、やねえ。
Speaker 1
そしたらアッてみたいな。城が攻められてるみたいな。
あとね、ここね、ダイが戦いに行くんだけどね、ポップと一緒に。
1:06:05
Speaker 1
全然装備してないんですよね。
あ、そうそう。
なんかパプニカルナイフ腰には持ってるけど、なんか剣とか持ってないし、鎧も着てないしみたいな状態で、
なんか、お前そんな軽装で行っていいのかよ、みたいな状態ですね。
まあまあ、でもそれはあれなんじゃない、飯食ってたからしょうがないっていう話なのかな。
まあね、そうなんだと思うけど、
でもね、このなんか軍団長クラス4人も来てるところに、そんな感じで行って戦えるのかみたいな。
Speaker 2
まあでもこれね、後でわかるんだけど、軍団長クラスかっていうのには大いに疑問がつくんだよね、これ。
まあまあね。
まあいいんだけどね。
で、結局そのえっと、残り2人の方にマハムとかもいるんだよね。
ヨーマ将軍。
メネロっていう。
メネロ。
女、初めて出てくる女っぽい、女に見えるね、敵将軍と。
Speaker 1
もう一人だとフシ将軍、デスカール。
アンデッドですね。
そうそうそう。
で、この2人がマハムとレオナのところにやってくるって。
Speaker 2
そうそうそう。で、サンケンジャーがメラミ3発放つけどダメで、兵士たちも茨の鞭かなんかにやられちゃって、
よくわかんないのがマハムがハンマースペアを投擲するっていう。
投げるんだよね、投げちゃダメだよっていう。
そういう武器じゃねえだろっていう。
Speaker 1
フレイザード5だからマ弾丸がないから遠距離攻撃ができないっていうのはまあまあまあ確かになって部分あるんですけど。
で、あのマハムが無知にやられて、からのなんかあのなんだっけ。
デスカールがね。
デスカールのなんだっけ。
奪魂の呪法でしょ。
奪魂の呪法、そうそうそう。
あの、豪奪の奪に魂と書いて、あの奪魂の呪法っていう。
まあ平たく言っちゃうと、生きてる状態なんだけど魂は抜き取るみたいな。
あの、あれですよね、悠々白書とかに出てくるやつね。
っていう状態になるんですけど。
Speaker 2
これでもね、あれなんだよね。
魂を持ってっちゃうわけですよ。
これ魂を持ってくじゃないですか。
Speaker 1
はいはい。
Speaker 2
で、なんかその魂を持ってくのが目的ってなっててさ、行くんだけどさ、
いやなんかこのノリでやってたら普通にただ倒せばよかったんじゃねーみたいなさ。
あ、でも一応ダイをおびき寄せる餌ってことでしょ。
うん、ではね、言ってるけど、
いやなんか6人勢揃いでさ戦いに来てんだからさ、普通に戦っても倒せたんじゃねーかみたいなね。
まあでも一応ほら、前振りはあってハドラーが総攻撃しても破れたから、
で、ガルバスは一応狡猾だから万全を期するっていう一応設定なんだと思うんで。
まあそこはあんまり気にならないですけど。
すげーあれですよね、この後ほら、なんか撤退しようとした時に、
Speaker 1
俺は倒すぜーみたいなベグロムがさ、戦いに来たらさ、
1:09:00
Speaker 1
ダイチさんでドラゴン猛殺にされてさ。
乗ってるワイバーンが瞬殺されるっていう。
俺あそこもうベグロム速攻死んだと思ってるんだけどさ。
僕もそうなんですよ。
ベグロムが来てびっくりしたんだよね。
ベグロムが一撃でワイバーンごと死んだと思ったら、
Speaker 2
まあ後でわかるんですけどベグロムはね、やられてなかったっていう話なんですけど。
まあびっくりしたよねでもね。
そうそうで、とりあえず一旦それでマームの魂が取られて敵が撤収して、
で、敵側の方では反省会っていうかベグロムがね、
Speaker 1
ガルバスからね。
怒られるっていうね。
怒られて罰を受けてなんかビリビリ交戦みたいなのを受けてね。
すいませんガルバス様ーみたいな。
すいませんちょっとあんなやつにやられるのはプライドが許さなくてーとか言ったら、
そのプライドのせいでハドラー破れたんだみたいなことを言って。
で、自分の計画を実行すればいいんだっていう完全な独裁型マネジメントをね、
あのガルバスがね、やってて。
俺がねその、あとね驚いたのがね、そのガルバスがね、
Speaker 2
なんか命育み森の精霊たちよみたいな。
森の緑の精霊たちよ、たらくんたらうとか言って。
暗黒魔術とか言ってさ、地形が変わっちゃうみたいなさ、凄技を披露してさ。
凄いんですよね、なんか要するに緑で平和な森が急にダンジョンみたいな感じで。
凄いよねあれ。あれマジどんだけの魔力だよみたいな。
あの魔力ヤバいっすよね。
ヤバいっすよねー。
バーン様でもできないんじゃないみたいななんか。
ほんとなんかバーン並みですよあれは。
暗黒魔術って何ですよね。
Speaker 1
なんだよっていう。
そうそうそう。
そんな設定なかったぞっていう。
Speaker 2
暗黒陶器でもね。暗黒陶器でもね、暗黒魔術ってなんだよっていうね。
このオリジナルの暗黒魔術っていう謎のが出てきて。
で、さらにその後出てくる、何だっけな、ちょっと僕記憶正しいか分かんないですけど。
暗黒陶器正規決壊魔術とか言ってた気がするんですよね。
そうそう、デスカールがなんかが出てきて、正規を頼むみたいな感じで、
なんかね、あたり一面を覆うんですよね、正規でね。
あれも凄いっすよね。
でもなんか、僕の記憶正しいかな。暗黒陶器って言ってた気がして。
暗黒陶器なの?魔術なの?どっちなの?みたいな。
あれ?暗黒正規じゃないの?
暗黒正規か、ごめんなさい、だから暗黒正規決壊魔術かな。
そうかもしれない、ごめんなさい、暗黒陶器じゃないか。
でもいずれにしてもね、何なのこれはっていう感じで。
いや、暗黒陶器って言ってんな。
言ってるっぽい、今聞いてる。
暗黒陶器正規何たらって言ってるな。
暗黒陶器正規決壊魔術って言ってますよね。
意味がわかんないですよ、もうさ。
Speaker 1
暗黒陶器なのか、正規なのか、魔術なのか、もうむちゃくちゃなんですよ、これ。
1:12:05
Speaker 1
っていうので、まあまあとりあえずね、正規が張り巡らされて、要するに大を待ち受ける。
Speaker 2
暗黒陶器正規決壊魔術って言ってる。
でしょ?そう言ってるでしょ?だからもう意味がわかんないですよ、もう。
わかんないわかんない。
全く意味わかんなくて、まあまあいずれにしてもね、待ち受ける罠が、罠というかね、ゾーンが作られて、
Speaker 1
で、今度は大たちのアヴァンの首都側の隠れてる小屋みたいなところになるんですけど、
Speaker 2
ベホマンをレオナがね、マームにかけるんだけど効果がないとか言って、
まあそれは魂抜かれてるしなみたいな、そりゃそうだろみたいなのがあるんですけど。
Speaker 1
なんかやっぱ、さっきも言ったんですけど、大の大冒険世界の魂ってちゃんと定義されてないよねって僕すごい思ってて、
なんかこんないきなり劇場版で魂とか言っちゃっていいの?ってすごい思ってたんですよ。
いやそうね。あとさ、なんかもう24時間以内に戻さないと死んじゃうみたいなとかさ。
あれなんですよ、その後ね、マトリフが急に出てきて、これは何なのかっていうときに、
Speaker 2
この脱魂の呪法だってマトリフが教えてくれるんですけど、
24時間以内ってマトリフが教えてくれるんですけど、なんで知ってんの?みたいな。
Speaker 1
あと、そもそもその都合のいい24時間って何この設定?みたいな。
Speaker 2
あ、てか、あとこの世界24時間だったの?とかね、いろいろ疑問はつきないんですけど、
Speaker 1
しかもなんか究極の呪文とか言ってるけど。
Speaker 2
そうそう、究極の呪文って言ってたよね。
Speaker 1
なんでそんなすごいのさ、デスカハルできちゃうの?みたいな。
Speaker 2
そうそうそう。
もう訳がわからんすよ、っていう感じで。
まあまあいずれにしてもね、もうご都合なんで、もうじゃあ早くマームを魂取り返しに行かなきゃって話になるわけですけど。
ってなってからのさ、使い魔の持ってくるやつですよ。
あれ爆笑しちゃった、なんかね。
Speaker 1
みんながこう、アジトにいるんですけど、アジトの窓がパリーンって割れて、なんか敵のちっちゃい使い魔がやってくるんですけど、
こいつが両目がピカーって光ったら、壁にプロジェクター的に放映して、カルマスのメッセージがそこで流されるんですけど、
何このプロジェクターになるモンスター?って。
ヤバいっすよね。
Speaker 2
あれ爆笑しちゃって、もうこれ何?みたいな。
Speaker 1
あんな便利なモンスターいたらさ、鏡通信時報とかもうやめて、全部このプロジェクターモンスターにしろよっていう。
これすごいよね。
これびっくりした。っていうかさ、このアイディアだけはすげえなってちょっと思ったんですけど。
でもこっからがまた超展開で、なんかそのモンスターが加えてて、でそのガルバスが動画を流すんですけど、
Speaker 2
その動画に神魔水。
神魔水。神魔水。
Speaker 1
あれさ、神って真実の神でいいのかな?新しい。
1:15:01
Speaker 1
何でしょうね。
Speaker 2
ちょっと音の響きは分かんないですけど、神魔水。
神魔水。多分魔法の魔で水。
Speaker 1
魔の水ですよね。神が新しいなのか真実の神か分かんないですけど。
まあまあじゃあ真実の神としか分かんないけど。
Speaker 2
謎の神魔水。
Speaker 1
神魔水っていうのを飲めって言ってて、でこれを飲めばさっき言ったその正気を立ち巡らせたとこに入れるって言うんですけど、
うん?みたいな。
Speaker 2
なんでガルバスがそれを?みたいなね。
Speaker 1
そうそう。で、しかも一人一人だけだとか言って、で一人分しかないとか言って、
その使い魔が口からペッてこう水の入ったボトルを落としてくるんですけど、
なんかもうこれよく分かんなくて、何その都合のいい設定っていうのもそうだし、
なんかね何が一番よく分からんって大達みんなそれ真に受けてもうこれ飲むしかないみたいになってるんですよね。
そうでさ、おかしいのはさ、コップに注いでさ、
マトリフもさ、もうそれ何の疑いもなく飲むしかないっていう。
そう、誰が飲むんだみたいな話になってて。
Speaker 2
いや、お前そこに対しての見識は何か発動しねえのかよ。
そうそうそう。で、いや、99%これおかしいだろって思ったら今度あのね、ガルバスたちの様子が映って、
あの水はどうなんですかって言ったら、もちろんそんなただで敵に潮を送るかみたいな感じで毒が入ってるみたいなことガルバスが言って、
恐ろしいみたいな感じで。
メネロが恐ろしいお方って言ってるんですけど、もうさ、何この茶番みたいな感じで。
からの、からのですよ。
まさかの神話水に毒がみたいな感じですね。
まさかじゃねえだろみたいな。
何言ってんだよみたいな。
Speaker 1
もうだから敵は敵でむちゃくちゃだし、なんで大達はそれを、しかも毒だと思ってないんですよね。
もう飲まなきゃダメだと思い込んでて。
そうなんですよ。
で、じゃあまあただその誰が飲むんだっていう話にこう行くんですけど、レオナが私が行きますとか言って、
いやいや、君が行っても倒せんやろみたいな、いやマームには助けてもらったんでみたいな。
謎ですよね。
私が助けないとみたいな。
そしたらポップが急に出てきて、いやもう俺はマームのためなら死んでもいいんだってこう急にかっこいいこと言うんですけど、
ここからのダイがポップの腹にズシンってパンチ入れて気絶させるっていう。
これ何っていう。
で、ここで言うダイのセリフが酷くて、この戦いは絶対負けられないんだって言ってても、ポップのこと1ミリも信用してないじゃんっていう。
ちょっとね、酷いよね。
酷い。で、これで死ますよ、グイって飲むんですけど。
Speaker 2
もうまあさっき言った通り全く疑いもせずグイって飲んで。
Speaker 1
からのですよ、どうやってその森に行くのかと思ったら、馬。馬。馬なんすよ、馬。
ダイの大冒険史上たぶん初めてですよね、馬に乗るって。
1:18:02
Speaker 2
初めてじゃないのはあれなんですよ、ベンガーナンに、まあまあ順番で言うと後かもしんないんだけど、ベンガーナンのレパートリー行くときに馬車には乗ってるんですけど。
乗りますね。
まあなんかそれはいいんですけど、ガチで馬に乗るんすよ、乗馬なんすよ。
Speaker 1
あとさ、新麻水飲み干した後グラス叩きつけて割ってなかったっけ。
Speaker 2
割ってた割ってた、これいるみたいな。
で、そっからの飛び出して馬で駆けてくっていう。
Speaker 1
で、なんで急に大馬乗ってんの?みたいな。
で、ていうか、なんかもっといい移動手段ないの?みたいな。
Speaker 2
なんかね。
Speaker 1
もういろいろわけがわかんなくて。
で、大馬行ったっていう後で、ポップがね、目が覚めて。
ポップ目覚めての。
Speaker 2
ポップも、ポップが急車に行かんすよね。
Speaker 1
なんと馬1頭じゃなくて10頭ぐらいいて。
Speaker 2
で、ポップがなんか馬1頭、よしよしいい子だみたいな感じで、よし行こうかなってなったら、
急車の出口にレオナが立って立ってて、抜けがけはダメよみたいな感じで。
2人で馬乗るんすけど。
なんだろう。
でも、新麻水飲みに関して君たち信じてたんじゃないの?みたいな。
Speaker 1
ね、もう馬乗ったとこで森入れんの?とか、もういろいろわけがわかんないですけど。
Speaker 2
まあまあいいや。
それで、台はいずれにしても。
突っ込みどころがとりあえず多いんでね。
突っ込みどころすぎて耐えらんないですけど。
とりあえず、その麻の森まで行って、
もうお前は行けないんだよ、この先つって。
Speaker 1
自分で降りて、森の中を進んでいくんですけど、
途中であれか、敵が続々と出てくるんすよ。
そうそう、出てくるんすね。
誰から出てくるんだっけ。
あのー、クロコダインもどき。
Speaker 2
ザングレイだ。百獣将軍ザングレイ。
Speaker 1
氷炎将軍が確か出てくるんですよ。
で、決戦の場所へ追い込めみたいなセリフになって、
で、崖みたいなとこから落とされる感じなんですよね。
で、決戦の地の底みたいなとこに落とされるんですけど。
なんか漂うところにダイが落とされて、
ガルバスが。
とか、てか全部いるんですよね。
で、神魔水のネタバレがされて、
ダイが神魔水あれは嘘だったのか、みたいな感じになるんですよね。
そしたら、まあ要するに答えとしては、
正気の効き目を倍増させる薬だから、
Speaker 2
まあ要するによりね、正気のダメージを受けやすくなるっていうことに加えて。
飲まなきゃよかったーみたいな。
そうそう、マジで飲む意味なかったじゃんっていう話で。
かつもう7対1なんですよね。
だからもう、ガルバスとしてはすごい合理的なことやってるんですよ。
一人だけ連れてこさせ、かつ神魔水飲ませて、
より弱らせておいて、で、7対1っていう、
1:21:01
Speaker 2
まああの、比列さで言えば完璧なんですけど、
ダイたちがもう間に受けすぎっていう。
Speaker 1
むちゃくちゃだろうっていう。
で、まあこう7対1で始まるんですけど、
で、もういきなりやってくるベグロム、
バイハザンで瞬殺。
ちょっと、えぇー。
秒殺でしたよね。
ひどい。
Speaker 2
これね、すごいよね。
本編、原作1話、1話ってか、1話じゃない、
アヴァンが来た時の最初のガーゴイル並みの瞬殺でしたよね。
Speaker 1
これを見た瞬間、神聖6大将軍はマジで全員弱いっていうことがほぼわかったんですけど、
Speaker 2
もう一撃、バイハザンで斜めに斬られて、
ビャーみたいな。
Speaker 1
そう。で、終わりっていう感じなんですけど、
Speaker 2
で、この後がね、まあまあボコられるの。
でもいずれにしても、ベグロムはすげー弱かったっぽいんだよ。
でも6対1で勝ち目ないなって思ったら、
ね、レオナとポップがやってくるんですけど、
そう。
Speaker 1
ここがもうまたさ、笑っちゃってさ、
マスクつけてんの。もうさ。
Speaker 2
まあ今我々コロ…。
Speaker 1
それでいいの?みたいなね。
コロナ禍っていうのもあるんだけどさ、
なんかこう、アニメでマスクつけてると思うさ。