1. 雑談72%
  2. 第9回目、「バーでの出会いは..
Oku
Oku
Host

連休を取ったコヤノが偶然入ったバーで出会った雑談。


お便りはここまで

Googleフォーム:https://forms.gle/kZ1Ah2rgaN8AXTqB9

メールアドレス:ikinari.curry.tokyo@gmail.com

質問箱:https://peing.net/ja/ikinari_curry

Twitter:https://twitter.com/zatsudan_72

インスタ:https://www.instagram.com/ikinari_curry

00:00
第九回目ですね。
もう九回になりましたか。
そろそろ告知してもいいんじゃないですか。
そうですね。一応うまくなってんのかな。
なんか聞いてる感じになってるよ。あと俺の編集が慣れてきてるから。
確かにそれはあるかもね。
なんか多分大丈夫。割とね、ちゃんと聞いてんの。息のうるさい方とかを。
だからもうその話の内容じゃなくてね。
結構耳障りなわけ。耳で聞いてると息吸う音とかが。
だから片方を切ってもちょっと聞こえるわけ。マイクが二つあるから。
だけどそれが逆になんかちょっと自然な感じになるから。
一個切っても大丈夫なの。
なんかすごい編集の人になってるね。
そうちゃんとやってんの俺。電車の中でピッピーって切って。
それ以外もう切るのやめたから。楽ちんなの編集が。実時間ぐらいで終わるから。
そんな早くなってるのね。
昔は全部聞いて1秒ぐらいの間全部切ったからめちゃくちゃ大変だったんだけど。
そういう感じなわけですよ。
すごいね。
慣れてすごいね。
聞いてる側は変わってるのはわかるんだけど、具体的などうしてるかはあんまわかんないね。
何も変わってないに等しいからね。
元データと比較しながら聞いてないから。
そんなことはしてないでしょ。俺だけしかそんなことしてないから。そんな感じですね。
ということで、いきなりカレーの雑談72%始まりました。
始まりましたね。
今日は2日酔いじゃないですね。
今日2日酔いじゃないんですよ。昨日ぐっすり寝ましたからね。
さっきまでめちゃくちゃビデオ会議したっていうね。
ちょっとお仕事だね。一応働いてるんでね。
なるほど。俺も働いてるけどな。働いてねえやまだ。働いてて一応金をもらってるわけだから。
これから本格的に働くだろうから、なるべく働かないでいてもらいたいけど。
で、バーの話があるの?それとも何の話をするんだっけ?
いきなりバーの話で恥ずかしいけどね。
まあいいし全然。今回2日酔いじゃないんですけど、たびたび2日酔いになってしまうんですよね。
そんなにならなくない?2日酔い。
なんかでも週に1回ぐらいになってて、こんな酒弱かったなと思いながら。
病気を疑ったほうがいいんじゃない?
病気かもしれない。最近の何か仮説はハイボールが悪いんじゃないかっていう気がしてるんですけど。
まあ、飲みすぎてんだったんじゃない?そういうわけじゃないの。
でもこの前2日酔いになった日も4杯…いや5杯ぐらいですよ。
食べないの?食べないと俺はダメだけど。
その日はもうガッツリ食べて銭湯行った後に飲んだんですよね。
どうなんだろうねそれ。いいけど大丈夫そうじゃない?
大丈夫だと思って。その日はちょっと普段と違う酔い方をして、緊張で酔っ払ったんですよね。
緊張。あんまないね君は緊張するなんて。
ちょっと僕、会社の夕休か夏休み的な感じでちょっと今週は頭を休んですよね。月火曜日とか。
03:09
日曜日にゆっくり、こんな時だからあんま出かけずゆっくりして、久しぶりに近くの銭湯。
銭湯もあんまり混んでなければ今そんな大丈夫かなっていう感じでちょっとフラッと銭湯行きまして。
その上がりにちょっと思ったより外もちょうど今散歩しやすい空気というか。
で、日曜の夜ですよ。普通はもう月曜明日やだなみたいになったり、明日早く寝なきゃなってなるけど。
休みだし、なんかちょっとこうフラッとそのまま夜散歩するかと思って。
で、近くのその銭湯の近くのコンビニが結構なんかあのセブンイレブンだけどビールがめちゃくちゃあるとこで。
たまにあるじゃない?
フランチャイズ的ななんかねオーナーがね。
なんか軽井沢ビールとか20種ぐらいあった。
なんかいいじゃないと思って。
ちょっとそこで缶ビール開けて軽く音楽聴きながら飲みながら散歩をしてた。
で、ちょっと駅の近くもあれなんで普段全然行かない住宅街を歩いたのよ。
駅から離れた。だいぶ駅と駅からも離れてしかもそこってもう全然お店もあんまないのかな。
だから普段全く行ったことがない。
しかも坂の上とか山の上の方ね。
行きたくないね。
行きたくない。
ランニングでも行かないしチャリでも一番行きづらいから。
そうだね。
どうかもなんかこうフラーっと歩いてたら見つけちゃうんですよね。
君はすごいね。才能があるんじゃない?
才能があるのかもしれない。
なんかまあバーだけどなんだろうな。
でもちょっとバーもいくつかいわゆるオーセンティックっていうなんでしょう?
大人のバーみたいなウイスキー飲んでるみたいなとこから
もうちょっと明るいバーとかいろいろあるんだけどそこはなんかね
結構音楽とか流してる感じだったね。
中は全然見えないんだけど。
なんかちょっとこう看板とかも明るい感じで。
ちょっとねだから中は見えなくてあれだけどでもなんか要はなんだろうな。
そのピシッと決めてなく風呂上がりみたいな人間がまあ入っても大丈夫かなみたいな。
オーセンティックなバーなんてね風呂上がりに行ったらもう追い出されちゃうからね。
ジャケットの人じゃハオレンみたいなね。
であって、まあでもやっぱちょっと怖いから。
ネットで調べたりするんだけど全然なんか情報は出てこないのよね。
ほう。
全く。
でちょっとなんかタベログもなくてあんのかないのかぐらい。
えー珍しいねそんなの。
そうなんだよ。でなんかホームページ見つけたと思ったら
なんかめちゃくちゃマスター店長がベイビーメタル好きなのかな。
06:04
おーなんか斜め上を行って。
メタル系?アイドル?
ベイビーメタルちょっと微妙だよね。あれをメタルと言うとメタルの人は怒られるし。
まあなんかあれだよね。でもまあ全然好きだけどそんな詳しくもないし。
割と悪が強いのかなとか。
まあまあ可能性はあるね。
でもなんかこう昔ちょっと店で音楽イベントやりましたみたいなの見たら
結構いろんな本当民族音楽とかも流してて。
クンビアっていう音楽があるんだよ。
なんなんじゃいそれは。
南アフリカかちょっとアフリカのとことか忘れてるけど。
まあ本当あのどっかの民族音楽があって。
たまたま知り合いがクンビアのバンドをやってたから。
え、君なんなの?
音楽の後輩がクンビアのバンドやってたんで。
クンビア?と思って。結構コアな感じじゃない?と思って。
クンビアなら一応そんな聞いてないけど聞いたこともあるし。
いけると思って。ガラッと開けて入ってみたら。
意外と普通に常連さん何人か入って。
女性の方とかちょっと白髪の結構おじさんの方から若い男性の人まで4人ぐらい。
普通にカウンターで。
あ、なんか思ったより明るいなと思って。
そんな暗いココアイバーでもなく。
で音楽もガンガンなんかディープパープルっていう70年代?もっと前かな。
ガリガニのカードロックみたいなの流したりとかしてて。
そこでねクラシックとかだったらちょっとこう。
そりゃねちょっと。
まあ意外と入りやすいとこだなと思って。
でまあちょっとビールを頂いて飲んでたらそこでですよ。
みんながやっぱこうテネットの話をしてるのね。
あー今流行りのね。
今流行りの。
今流行りのねって言ってるけど。
まあ今流行りのね。
まあ公開したばっかだからね。
でやっぱちょっとそのどうだったとか。
あれ見ました?
見てない。
でもなんかこうかなり話題にはなってるじゃないですか。
初見殺しらしいよ。
あ、あれ一回じゃダメなんだ。
一回見るとまあ訳わかんないって。
まあでも多分そういう、あの監督もねそういう映画の人だし。
まあ余計今回やっぱ難しいというか。
だから要は感想戦みたいのが流行るわけじゃない。
どうだったみたいな。
で来た人も今日見てきたよみたいな感じで言ってて。
見てないから。
全然入れねえと思って。
見てたら最高のチャンスじゃない。
そんな知らない人とでもう同じ映画の感想とかでね。
簡単な共通項が見つかってるからね。
話したんだけど。
でなんかそこの人たちみんな見てんだよ。
もうマスターも含めて。
俺だけなの見てない人は。
全然入れなくて。
もう帰りゃよかったじゃん。
いやもうでもまあまあでも音楽はよかったし。
でなんか結構レコードもいろいろあって。
例えばなんかギンナンボイズって知ってる?
ギンナンボイズは知ってます。
あれのこうなんかジャケットのなんかね飾ってあって。
09:04
俺だと思ったらそのマスターがPCとかでも音楽流してるのよ。
そこにこうジャケット。
あのギンナンボイズのライブのシールとか。
しかもゲストで入りましたみたいな。
え?
てかなんかこの人なんか業界の人なのかなみたいなちょっと思って。
ああまあまあ。
まあでもなんかこの場所なんか駅からも離れてるし。
うん。
だから知り合いがあれで来ましたとかまあ変な話じゃないし。
まあまあ確かにね。
しかもDJもやられてる声から。
まあそうだよなみたいな思って。
まあでもそういういろんな音楽聴いて飲んでたらまた違うお客さんが一人来て。
はい。
男の人が隣に。
でいやテネット見てきたよみたいな。
テネットなのよ。
入れねえなと思って。
まあでもあと一杯飲み寄ったらいくかみたいな。
うん。
ちょうどね今度ねキングオブコントテレビやった。
だからその2日後?
次の日だったのかな?
ああうん。
え?あれ?日曜だ。
日曜じゃないあれ?違う。
土曜日だよね。
土曜日やったんだっけ?
土曜日土曜日。
なんか覚えてねえや。
多分ね土曜日。
まだ見てないんだけど俺。
あ、そっか。
優勝したのとかは知ってるよ。
はいはいはい。
ですけどまだ見てない。
珍しくリアルタイムで見たのよ。
はい。
でだから次の日だったから。
うん。
だから誰とも会ってなかったから。
うん。
もうキングコントの話は。
キングオブコントか。
キングオブのコント話はもううわっしたいと思って。
うん。
追おうと思ったんだけど。
うん。
もうテネットに入れなかったから。
うん。
入れるじゃん。
入れるね。
今度は。
うん。
であれ良かったですねみたいな入ると思ったら。
うん。
お客さんたちが。
いやーやっぱまあ空気会談欲しかったよねみたいな話とかしてて。
うんうんうん。
ねえモグラ君とかね結構昔から結構世話とかしててみたいな話が始まって。
なんだ空気が変わったぞ。
あれ俺これ入れないやつだよ。
なんでだよ。
なんかね。
うん。
もう業界の方なのかわかんないけど。
うん。
何の人たちか知らないけど。
ねえ。
そんな昔空気会談と同行してた話なんかされたら。
うん。
いや昨日良かったですねとか言えないじゃん。
言えない。
でもこれもダメだと思って。
うん。
ああなんかちょっともうこれはまあ良いお店だけど。
うん。
ちょっともう静かに帰ろうかなと思ったんですよ。
うん。
そうしたら隣のそのまあ後から来た男の人が。
うん。
まあタバコ吸ってて。
うん。
あごめんタバコ大丈夫ですかみたいな煙が。
ああうんうんうん。
で僕もまあ普段吸わないんだけどたまに吸ったりするしまあ全然平気なんでああ大丈夫ですよみたいな感じから。
なんか一人で飲んでても酔っ払っちゃいますよねみたいに言ってくれて。
いいじゃないか。
ああ確かに初めてのお店なんですよ。
うん。
ちょっと緊張しちゃうから。
なんかね一人で考え事してると酒も進むし。
うん。
そうなんですよみたいな。
ああそうなんですねみたいな。
うん。
なんでこんなお店見つけてみたいな。
ああ。
いいね。
12:00
確かにあんまり初見の人が一人でやっぱ来ないんだって。
場所からね。
まあそれはね。
ちょっと駅から離れて。
うんうん。
ああ確かにはい。
なんて言ったりね。
うんうん。
話をして。
うん。
音楽好きなんだみたいな。
うん。
まあ昔まあドラムとかもやっててねみたいな。
ああそうなの?みたいな。
そのまあもう一人その話しかけてくれた男性の奥の女性の方が。
うん。
えドラムやってんじゃんって言って。
おお。
その男性の人と。
うん。
壁の銀男ボーイズの。
うん。
ジャケットを指差して。
うん。
ねえドラムやってんじゃんみたいな。
え?
え?
あれ?みたいな。
うん。
僕風呂上がり。
普段いつもコンタクトとか。
うん。
メガネさ風呂上がり。
裸眼で。
ああああああ。
ああああああ。
銀男ボーイズの。
うん。
ドラムの村井さんみたいな。
ハハハハハハハ。
なんてかなん。
メガネを持ってってなかったの?
うん。
えなんでそんなんでさ。
バーに行こうとしたの君。
いえいえでも。
その。
ちょちょっとは見えるよ。
いやただでさ薄暗いのにさ。
そうだよ。
さらに見えないわけでしょ?
まあでも。
うん。
まあまあまあ日曜の夜だしって思って。
まあまあ。
行ったのよ。
だから常に勝負服でいろみたいな話でしょ?
常に万全の状態でバーに臨んだ方がなんか出会いがあって出会いがあったわけでしょ?
まあまあそうだよ。
でもだからそういう気で行ってもないしさ。
もう風呂上がりになってさ髪もボサボサというか帽子があってさ。
まあまあね。
だからさ。
うん。
びっくりしちゃったよね。
えそれはさなんていうのあの。
見えてたら分かってた?
でもこれもうむずいとこで。
うん。
なんかね言われたら分かるけど。
うん。
まずそんなとこにいると思わないじゃない?
まあ思わないね。
見れただったら分かるかな?
そう。
あーそれもあるかもしんない。
し結構もうバンド抜けてというか。
あそうなの?
あ今はね一応ギナーボイスソロなんだよ。
あそうなんだ。
そう他元メンバーという形で。
もう分からんそれはけどそうなんだ。
だからまあまあ最近は出てるわけじゃないし。
まあ確かにね。
だからあれだけど。
でもなんか。
でなんかその知ってるバンドのぐらいならまだあるじゃない?
まあまああるというか。
あってもいいじゃない?
ギナーボイスなんて青春のど真ん中だから。
まあね。
高校時代の。
俺は聞いてなかったけど。
なんかキミリラみたいな音楽が好きな人は。
まあまあ特に男子高生とかね。
男子高校生のもう夢みたいな。
バンドのドラムの人?
もうそっから酒がもう酔っ払う酔っ払う。
はいはいはい。
びっくりしちゃって。
そりゃそうだよ。
でちょっと途中で近くにコンビニあるのまあ散歩してたから。
ちょっとコンビニでタバコ買ってきていいですか?つって。
僕普段タバコなんて買わないけど。
もう。
人からしかもらわないタバコでしょ?
15:00
もらいタバコでちょっとぐらいで。
月1本ほんと吸うことがあるかぐらいなんだけど。
もうなんかその人の前で携帯見るのも違うし。
でも話し続けるのもちょっと恥ずかしいじゃない。
でももうタバコだと思って。
タバコ買ってきて。
めちゃくちゃタバコ吸って。
もう酒も飲みながらまあまあお話もしつつ。
そりゃギンナーボイスのゲストのさなんていうのステッカーあるよね。
だからもういろいろがあってんが言って。
でなんかさっきキングコブコントの話してましたねみたいな。
ああそうなんだよねみたいな。
結構空気階段とかジャルジャルも昔よくなんかあれで一緒になってとか。
へえ。
そうなんすねみたいな。
そうなんすねだよほんと。
すごいなって。
でもなんかそういう時ちょっとなんかさファンデス感出すのもさあれだけどさ。
でも透かすのも違うしさ。
どうするのが正解なんだろうね。なんかフワフワしちゃうよねちょっとね。
難しかったね。
でもそのやっぱ本人ももう元バンドメンバーだし。
僕としてもその高校時代ギンナーボイスやっぱもう一番青春でしたっていう。
ちょっと過去のみたいな。
今も好きだよ。今も好きだよ。
そのやっぱピークというかは過去のあの青春時代って感じだから。
だからそういう距離感でなんか話せた。
ああちょうどよかったの?
だからそのなんか昔の思い出の曲とか何やるみたいな時に学生時代のみたいな話題になってギンナーボイス入りますよみたいな。
そういう感じならなんかありがとうってなるじゃん。
確かにね。
今も毎日聴いてますとかはちょっとえっってなっちゃうけど。
まあ熱量がちょうどよかったでしょ。
そうそうそう。
青春でしたっていうのが。
じゃないとこっちも保てないよ。
まあ確かにね。
っていう感じでもう変調がすごくて。
だからもうハイボールは結局最終的にね吐いたんだよね。
死後ハイじゃないんじゃない?
でもそのお店の中では絶対吐きたくないし。
まあそれは別にこのお店に限らずどこでも。
俺なんか酒飲んで吐くことなんて絶対ないよ。
そうなんだ。
普段ね。絶対というかほぼないよね。
でもその飲みすぎというか謎のいろんな感情で。
もうちょっとまたコンビニ行ってきますねって言って。
入って戻ってくるっていうことをしたりして。
いやだから本当にねびっくりしたよね。
びっくりだよそれは。
でもなんかまた全然来ないよみたいな。
友達も連れてきますみたいな。
君友達連れてくる約束してる場多くない?
話をしてて。
前から話してたときに
松本さんがいつもかけてくれる音楽がみたいな話とかもあったんだけど。
結構いろいろ面白い人多いよみたいなときに
18:01
トータス松本さんも来るからねって言われて。
そっちかー。
松本ったら。
俺はゴリラかって思った。
さすがにさすがに。
トータス松本でも衝撃的よ。
ほんとそうだよ。
えーってなって。
さっきの松本さんってやっぱりみたいな。
そうするともうさっきのレイジくん、レイジくんてとか。
もうなんか名前呼んでるやつらが全員アーティストなんじゃないかなみたいな。
なんなんそのあれは。
別にもともと別の渋谷カイビスにあったお店が今の場所に移動したみたいな。
それでちょっとだから昔から離れたとこに結構あって。
たまにじゃあそういう人が。
来るのかな?わかんないけど。
もうそれですげー緊張して。
まあね。
喜びと緊張と青春とみたいな。
でももうほんと酔っ払っちゃったから。
店出てタクシー捕まえて帰って。
もうその朝3時4時ぐらいだよね。
でもうほんとガーって寝て朝起きたら2日酔いですよ。
その時でもパッと思ったの。
もうタバコ臭い2日酔い頭痛い最悪だと思ったけど。
昨日のその伝説の夜を思い出して。
なんかわかんないけど。
俺もあれに同じないぐらいビッグな男になりたいなって思ったね。
何でなる?
だからやっぱオールナイトニッポンしかないから。
確かにそうだよね。
ラジオ好きなんですよね。何で好きなの?
オールナイトニッポンとか。
たまに。
やってるよ。
言いたいわー。
言いたいよね。
でもさ、別に音楽でとかないしさ。
芸人としてしか。
まあまあそうだね。
いいんだよ別にM1出たい。
まあもちろんね。別に音楽だって今からとかあるけど。
で別にそこで同じぐらいになりたいとかは思わないし。
でも何でもいいの。
もう別にビジネスとして普通になんかのあれでとかでも何でもいいんだけど。
なんかわかんないけど。
そういうすごい人たちに会ったときに。
ファンとしての喜びも大事にしながらも。
そこに緊張で酔っ払わないぐらい。
俺も頑張ってるこれがあるぞって。
慣れなんじゃない?
なんかいっぱいやってたらあれなれるんじゃない?
そっか。
でも嫌でしょ。
なんか俺がこのままいつものとこで村井さん飲んでさみたいに言う感じ出しても嫌でしょ。
けど俺的に村井さんはあんまヒットしないからさ。
まあまあそれは人に。
まあそうそうだけど。
なんかこいつはもうなんか調子乗った人になったんだなって。
なんかもう街に染まっちゃったなみたいになるよね。
であるじゃないなんかさ自分は何者でもねえのにさ。
そういうすごい人とか有名人と仲いい。
でも本当はたぶんそんな仲良くないんだよね。
たぶん知ってるぐらいで。
21:01
超仲良かったら別にいいと思うけど。
ステータスみたいになっちゃうのが一番やっぱダサいじゃない。
ダサい。
だからそうに謙色ないなんかやっぱビッグな男になりたいなって思った。
えっとずいぶん前回の前回じゃないねさっきの話が盛り上がりましたけど。
いやーそうですねまだちょっと思い出して緊張してきちゃった。
あのなんだっけなんかある?
なんかある?
なんかなかったらあのラジオサミットの話を。
ラジオサミットじゃねえや。
なんかオンラインと日本がお笑いウィークで全部の曜日。
あとオンラインと日本とあとゼロをお笑い芸人がやってたの。
だから例えば星野源の時は東野幸治がやってたりとか。
えっと火曜日は誰だっけな。
あーごめん違うわ。
須田優樹が東野幸治がやって、星野源はクリームシチューがやって、
で佐久間さんはフワちゃんがやってみたいなことを。
佐久間さんDDじゃないよ。
で大取りの後はアンカールズがやってたの。
なんかそれぞれ良かったというか。
まあなんかちょっとだけ聞いたんだけど。
フワちゃんがすごいのがさ音楽流したらさ普通カフ下げるってさミュートにするわけよマイクを。
フワちゃんミュートにせずにそのまま普通に歌ってんのねそこで。
すごいな。
でさそれが一回オープニングトークやって曲あってCMがあってなんか本番みたいななんかあるんだけど。
フリートークがないフリートークがないってずっと言ってんの。
フワちゃん一人でやってんの?
一人でやってんの。
どうしようもう喋ることがないフリートークがないって。
10分間ぐらいずっと言ってんの。
すごいね。
でしょ。
でさなんかもうすぐ写真撮ったりさおしっこ行ってくのキャーとか言って。
写真はだってラジオだから見えないじゃん。
そう見えないあけどミクチャってあって同じゼロはねなんか一応見れるんだけど。
だからなんだろうあのフリーダムさ。
はいはいはい。
なんかすごいんだよ。
でアンガールズはオードリーがまあ同期ですけどとか後輩ですけどみたいなことを言ってたら田中が怒ってちょっと先輩だろうみたいなことをずっと言ってんのね。
はいはいはい。
で最初のアンガールズの入りが15分ぐらい名乗らず喋ってんの。
ずっと怒ってんの。
はいはいはい。
俺たちもだからあんぐらいのアグレッシブさがないと。
なるほどね。
うん。
ちょっとおしっこ行ってきてもいいですか。
いいよとかねそんな感じそんな感じ。
最悪そうかフリートークがないって。
まあだから音があることが重要だからね。
そう音があることが重要なんだけどどうなるんだろうって思いながら聞いてたよねあのラジコで。
24:06
すごいね。
それ。
でも確かに音が出てれば放送事故じゃないわ。
そうそういやBGMをつけようかなって思った時も俺もあったけどめんどくせえんだよね。
はいはいはい。
だから。
確かに僕が音を用意するって言って全然してないしね。
今思い出した。
なんとなくな音でいいんだったらさフリーな音はいっぱいあるからさそれをループでかけてるとかさ。
はいはい。
いいんだけどねどうしたい。
でもなんかそのちょっとやってみたいの確かにあって。
アンガールズのその入りパターンだよね。
なんかあのメガネ美意気もよくあるんだよ。
最初にずっと言わずに。
なんかオギじゃない人がモコモコ喋ってておいお前オギじゃないだろみたいな。
崎山とかがなんだっけあれはオギの代わりに行った時にずっと2人で喋っててお前山崎だろみたいな。
それね。
それやる?
それやってもいいけど誰か呼ばなきゃいけないでしょ。
確かに結局俺らだからね。
誰か呼びましょう。
確かに。
呼ぶのはどっかでやりたいね。
はい。
呼ぶ前に多分告知した方がいいよ。
そうか。
うん。
なんかそうね。
インスタで告知する?
インスタか。
うん。
確かに何で告知するのがいいんだろうね。
いやインスタじゃない。一番だってインスタじゃないのある投稿を見せるのが。
確かに。
カレーか。
うん。
インスタのストーリーとかでいくか。
あーなるほどね。
あーそれはありかもしんないね。
ちょっと投稿だとさ。
うん。
なんかあれだけどストーリーだと最悪見てなきゃさ消えるしさ。
まあ確かにカレーかと思いきやね。
カレーかと思いきや。
じゃあやるか。
一応ねあのほぼ全てのポッドキャストってかネットラジオサービスで聞けるのに今。
おーすごいね。
勝手にやってくれてるから。
だから多分大丈夫。
おー。
だってね誰に聞かれてるかわかんないラジオずっとやるのもね。
そうねだからほんと小出しでなんかあのバンバン出すんじゃなくて。
いやいやまあ確かにね。
たまに見てた人がマジでみたい。
けどどうだろうね。
メールも来ないし。
まだ来ないか。
うんまだ来ない。
まだ来ないって誰が。
いやでもさ再生回数がさちょっとだけ。
あれはねなんかどうやって撮ってるのかわかんないんだよね。
そっか。
そうまああれやっぱ自分たちなのかな。
いやわかんない。
俺は一人だけ聞いてる人知ってるんだけど。
おー。
その人以外は知らない。
あーでも聞いてくれてるんだ。
聞いてる人がいる。
あー嬉しいね。
ほんと。
寝る前に聞いてるその人。
どうだ寝る前に。
で半分聞いて寝てるのあの人。
でも確かに真面目に聞くほどのものではないので。
27:03
で毎回半分しか聞いてないから内容が半分しかわかんないっていうのは当たり前じゃん。
真面目に聞いたら面白かったって言ったから大丈夫だよ。
あ良かった。
面白かった時もあるんです。
あるって。
やっぱまだオクラ入りのダメージが強いと。
大丈夫大丈夫。
じゃあ頑張ってください。
ゲスト。
そうですね。
ちょっとそこは。
やっぱあのー。
そうね。
禁断ボーイズの村井さんを呼べるように。
それはね。
いやほんとだからそういうね。
なんか地味な影響力欲しいし。
松本さん。
トータスの方のね。
チャイ頑張るか。
俺が。
あの人だからなんだっけな。
チャイのお店で働いてたんだよ。
大阪時代に。
あそうなの。
でそのお店がめちゃくちゃ有名なチャイのお店で。
でその人が出した本とか持ってるんだけど。
もうその人はお店辞めちゃったんだけど。
だからその時もトータス松本が働いててみたいな。
でなんだっけ。
こないだ松子の知らない世界とかに出てて。
その話してたんだよね。
トータス松本。
そうそうそうそう。
あの人はカレーがあんま好きじゃないらしくて。
っていうのはなんか。
お母さんが夜勤の時にカレーだからあんまりいい思い出がないだった気がする。
まあ確かにそれちょっと切ない思い出だね。
そうだからチャイで頑張ろう。
確かに。
自分でびっくりしたけど。
やっぱほら一応ワンホップまで来てるから。
トータス松本って呼ぶの悪いなと思って。
松本さんって呼ぼうかな。
近くなるときよりね。
会ったことないけどね。
会ったことはない。
でも確かにそういう。
だから今までちょっとカレーにこういろんな人誘うみたいだったけど。
そっからもうカレーの次が。
ある。
まあ見えそうだね。
カレーに呼ぶのは実はこのラジオのためだったみたいな。
確かにそうやってねゲストを釣っていくのはね。
ありかもしれない。
カレー食えますよここでって言って。
作ってないけどね。
まあ作れるしね。
やるか。
カレー食べに来たらなんか喋らされるみたいな。
それはまあいいかもね。
確かにね。
そのカレー代金の支払いが喋るみたいな。
ああまあ。
プラスなんのかな俺たち。
ならねえんだけどな。
まあまあまあ。
えーそうやっていくか。
ロケ弁美味しいっすよっつって。
ああそれがありだな。
ロケなんだ。
スタ弁?わからないなんか。
なんつうの?
楽屋弁当。
楽屋弁当だね。
楽屋トークみたいなことをするからね。
楽屋トークね。
ずっと楽屋だけどね。
ほんとそう。
出番ないから。
そう小坂大魔王みたいなね。
楽屋でいじられすぎて本番は何もしないっていう。
絶対みんなこの、本当そのでもなんか僕らと同じ素人でも。
うん。
ちょっとそのラジオの感じで喋ってみてて憧れはあると思うのよね。
あるよね。
うん。
30:00
うんあると思う。
絶対なんかやんないじゃん自分で。
やんない。
そんなこと。
うん。
やってるからね一応。
一応。
人によってはなんかめちゃくちゃなんかそのラジオトーク力を実はめっちゃ高くて発揮するみたいな人いると思うんだよね。
まあ積もる話一つや二つあるからね。
そうそうそう。
じゃあやっていきましょう。
やっていきましょう。
ということでたまにはメールが欲しいので。
はい。
えーとお便りは。
はい。
いきなり.karii.tokyoatmarkgmail.comまで。
分かりやすい。
二人への質問、華麗のリクエスト、あれやこれやのご意見をお待ちしております。
いいですね。
はい。それではまた来週。
30:50

Comments

Scroll