1. 双子ママのごきげん♬漢方ラジオ
  2. 【コラボ対談】自分で商品を作..
WEBマーケター・管理栄養士 あらゆちちゃんとの初コラボライブ!!

初めてとは思えないぐらいの流暢なお話にみんな楽しませていただきました!

テーマは「無形の商品を売るには?」
これが一番盛り上がりましたね〜!

次回コラボ配信は、あらゆちちゃんの特技・九星気学で
「人を観るビジネス」について詳しく教えてもらいます!お楽しみに〜!!
---
stand.fmでは、この放送にいいね・コメント・レター送信ができます。
https://stand.fm/channels/620a6541eb302d8b48e7584e
00:05
はい、みなさんこんにちは、きなこです。土曜日のお昼下がり、いかがお過ごしでしょうか?
ということでですね、今日はゲストをね、招待したいなと思っておりますよ。少しお待ちくださいね。
連絡来てるかな?来てる来てる。ありがとうございます。ではね、ちょっとご招待させていただこうかなと思いますよ。
今ね、招待リンクを送らせていただきましたと、ちょっとね、初めてのコラボ相手の方が、初めてのスタンドFMコラボライブになりますので、
ちょっとね、着張るまでに少しお時間くるかな、かかるかなと思っているので、ちょっとね、今連絡しようかなと。
たった今、招待しました。ということで、よろしくお願いしますと。サイン送信ということでね、届いたかな?よいしょよいしょ。
あ、せんけい先生こんにちは。遊びに来てくださってありがとうございます。
今日はですね、私の友達兼クライアントさんの方とね、一緒に配信をしていこうかなと思ってます。
先生とは明日ですね、この土日会談福祉だ。嬉しい。日曜日ね、よろしくお願いします。楽しみですね。
けんけん先生とはね、薬剤師というところでつながりはあるんですけれどもね、なんかもう先生の描くイラストが本当に、
もう綺麗、麗しい、麗しい、麗しいであってるのかな?
めちゃくちゃ麗しくて、なんかもう早く画集が出ないかなと。
今か今かとね、心待ちにしていたらですね、実はちょっと考えてるんですってことで、
ツイッターの方でもね、ツイッターじゃないか、今Xの方でね、
そう、あの近況の報告とかを見ててちょっとね、ニヤつきが止まらないんですけれども。
何よりも私が欲しいからって言ってね、あのリクエストを迫るということをね、させていただいてるんですけれども。
なんかね、もう先生のそんな、どんな感じで、あの、イラストをね、描こうと思ったのかとか。
それがすごい私は気になるので、明日それをね、めちゃくちゃ聞きまくろうかなと思ってるんですけども。
ちょっと待ってくださいね。あ、スタイフから入ったらいいんかなと。
あ、そうそう、スタイフから入ってもらって、招待リンクがね。
私ね、喋りながら文章売っちゃうんだよね。
招待リンクが届くと思う、届いてるか、届いてると思うので、参加してくれたらいけるかということで、メールを送らせてもらいました。
03:08
うん、初めてね、この配信というものも多分交換配信初めてなんじゃないかな。
先にね、勝手にハードル、あ、やっほー。
あ、もしもーし。
もしもーし、もしもーし。
あ、聞こえるかな。
聞こえる聞こえるー。
あ、入れた入れた。
お待たせしましたー。
いらっしゃいませ。
どうもどうもー。
おかえりー。
ただいまー。お待たせしましたー。
いや、全然大丈夫。というわけで、本日のスペシャルゲスト、あらゆーちゃんでーす。
お願いしまーす。
ありがとう。
こちらこそ。
初、初。
え、こういう音声配信的なのは、えっと初めて。
初めて。
わ、ドキドキやね。
うん、ほんとドキドキ。
今、ちょっと緊張してる。
うん、緊張してる。
喋れる?ってなってる。
いつものあの感じで、ね、ラフに。
いつもの感じで。
うん、喋ってもらったら大丈夫。
聞く専門やったから。
そうよねー。
ごめんね、参加するのにも、戸惑ってしまったわ。
いや、なんでもない。
もう私とか、それこそ今日はね、このけんけん先生っていう薬剤師、漢方薬剤師の先生が遊びに来てくれてたんだけど。
ありがとうございます。
その先生が、あのー、ね、ライブ配信支払うときも、やっぱりこう、ライブには仕事もだけどトラブルはつきものということで。
あー。
結構、そうそう、あのー、なんていうの、そういうのもあるよね、みたいな感じで温かくね、きっとこれをアーカイブで聞いてくれてる方もあるあるって思いながら。
温かい環境だわ。
いやほんと、温かい世界よ。
優しい世界。
優しい世界。
優しい世界、いいね。
いいねー。
今日はね、4時過ぎぐらいまでかな。
お時間は大丈夫かしら。
うん、大丈夫です。
OKです。
じゃあちょっとね、一緒にね、雑談をしつつ喋っていけたらなと思ってるんですが、
二子にね、ミルクをぶっこみながら。
ぶっこみながら。
はい、できたよ、ミルク。どうぞー。
私はもう、普段はね、アライアンって言ってるから、アライアンって呼ばせてもらおうかな。
アライアンに聞きたいことがもういっぱいある。
なになになになに。
なんやなんや。
あのー、喋れる範囲で。
OK。
これはオフラインでってことがあったら、全然。
了解。
一応公開されてるっていうのもあるので。
OKです。
06:00
まず、そうね、私らの関係性を簡単に喋っとこうかなと思うんですけど、
アライアンはね、私と中高の同級生になるのかな。
そうね、中高ね。
がっつり喋り始めたのは、きっと高校3年生が特に多かったかな。
そうね。
高3以外って一緒になったことあったっけ?
いや、なかったんちゃうかな。
そうやね。
中高大きかったもんね。
人数がね。
そうそう、人数が10クラスぐらいあったから、なかなか同じクラスに中高6年通ってても一緒になる機会ってあんまりなくて。
ならなかった人も全然いてるもんね。
いてるよね。同級生になれぐらいの感じやん。
いや、ほんとにほんとに。
そんな中でよ、高校3年生で同じクラスになって、
そうだそうだ。
そこで毎日のようにしょうもないことを言って。
たまたま席が近かったのがきっかけやったよね、確か。
そうかも、そうかも。周りにも同級生の子もたくさんいてて、
そこから高校生特有の笑いのハードルの引くた?
なんでも楽しかった時代よね。
なんでも楽しかったね。
覚えてるのがお箸を英語でチョップスティックスって習って、
チョップスティックスだけで爆笑してたの覚えてる?みんなで。
爆笑してたわ。
チョップスティックスとかめっちゃおもろいよなとか言って。
なんかあの響きが最高やったよな、あの時。
お弁当の時間になるたびに笑いの沸点低い子ら同士でお箸だして、
チョップスティックスチョップスティックスって言って笑ってたよね。
言ってた言ってた。
だからなんやねんって話やねんけど。
高校でしかできひんあれやねん、笑いをね。
猫パンチとかもあったわ。
猫パンチの真似とかして笑ってたよね。
猫パンチの真似してたわ。
あの頃のしょうもない頃の思いで言い出したらいっぱいあるね。
いっぱいあるよね。
ラジオでは言えないくらい。
それだけで1時間。
本当にオフラインの内容が結構あったりしたよね。
そんなこんなで、高校3年生のクラスって一応理系やったよね。
09:06
理系コースで。
理系コースで大学に進学ってなった時に、
それぞれ、だいたい私たちのクラスって言ったら薬学部に進学するか、
管理栄養士さん、植物栄養学科に進学するか、
もしくは違う科に進む子もおったけど、
そんな中でライアンは管理栄養士さんの道を志したということで、
それも何かきっかけとかあったん?
ここの学部に進もうみたいな。
大きく分けると2つあって、
1つは私の実家が食品会社やってるとこがあって、
食に昔から関わっていたりしたのと、
食の勉強をしたら何かしら還元できる可能性があるんじゃないかって思ったのが1つ。
もう1つは、薬学に行くと動物の解剖があると聞いて、
それだけがかなりネックになってやめたっていうのが理由かな。
動物の解剖がやっぱりアライアン的にはNGやってんね。
ただ、結局、食物栄養学科も解剖ありました。
あったんや!思い出せるURL入りんねんけど、
その動物は何の解剖やった?
カエルとラット。
あ!そうな!
どう思ったら薬学はラットだけだったよ。
え!あ!そうな!
ラットと、マウスとラットか。
マウスとラット。
カエルはなかったな。
あ!そうなんや。
薬学って解剖1人1匹?
土曜日の午後に何喋ってんねんって話めっちゃおもろい。
ディープディープ。
ラットすいませんね。
でも私のライブに来る人そういう物好きな方ばかりなので大丈夫。
よかった。
私のところは1人1匹のマウスちゃん、
ちゃんと手を合わせて、
命に感謝みたいなのをね、
最初にお祈りみたいなのをしてからやったんだけど、
私のバディを組むのね、2人1組で解剖学の実験をするんだけど、
12:00
自分の相方ちゃんの子が、
たまにさ、苦手やねんとか言う意気じゃなくて、
マウスで無理なん。
はい。
吐いちゃうとかさ。
うんうん。
っていう感じの子やってるな、自分の相方の子が。
相当やね。
そうやね。
でも本当に無理で、
先生もそこまで無理なんやったらしょうがないから、
和田さんがいけるんやったら、
2人分やってくれるかっていう話になって。
私も得意ではないのよ、正直。
私ハムちゃん飼ってたのね。
きつい。
ハムさん飼ってたから結構きつくて、
でもそこを乗り越えてね、
やるんやっていう意を消して。
すごい。
隣で一緒にやってた、待望してた子も、
うさぎちゃん飼ってたから小動物飼ってた子同士が隣同士やってんけど、
これはペットじゃない、これはペットじゃないとか言いながら、
2人で暗示をかけながら。
いや、そうよね。
つらかったね。
ハムちゃんいたらきついな。
だいぶきつかったね。きつかった。
似てるやん、やっぱり。
すっごい似てるの。尻尾が長いか長くないかぐらいかな。
そうやんね。サイズ感もほぼ一緒やん。
いや、まったく一緒なの。
そうよなー。
結構きつかったけど、
これは絶対にある意味覚悟が決まって、
絶対にこれだけは無駄にしたあかん授業やなって思って。
確かに。
いや、本当に目の前で命をいただく瞬間を授業でやるって、
かなり重かったよね。
うん、重かったね。
どの授業よりも重みを感じる授業やった気がするわ。
その通りやね。そのワードいいね。
重みを感じる授業ね。命の重みね。
そういうことに関わるお仕事なんやって感じたよね。
ある意味、覚悟を決めさせるって意味では、
良かったかもしれへんよね。
人の健康とか命を扱うっていうのは、
こういう犠牲の上に成り立ってるんやじゃないけど。
ね、そうね。
でもそれで、栄養学科に行って、
自分たちのイメージではものすごい大変そうやった。
やっぱり忙しそう。常に。
そうやね。
なんか、私が当時行ってたときは4年生だけど、
忙しいから今後は6年生にかかるという噂を聞いてる。
学学と同じやね。
そうやね。
私らは有定カリキュラムが6年に伸ばされてるから、
忙しいっちゃ忙しいけど、
15:02
そんな栄養学科ほどではなかったから、
やっぱり4年生とかはね、
結構暇で。
あ、そうなんや。
だいぶ暇やったで。
4回生って普通は就活が終わってからぐらいのときやけど、
ちょうど5年生に上がるまでの試験が間で1回あるんだけど、
その試験対策ぐらいで、
1、2限で終わって、
そう、実験があるときは3、4、5って入ってるんですけど、
もう本当に1週間を通して1、2限で終わりのときがあって、
土曜日も休みみたいな感じのときがあったから、
あ、そうなんや。
死ぬほどバイトしてた。
それは働けるね、稼ぐね。
めっちゃ稼いだな。
稼げるね、それは。
もうなんか社員さんですかっていうぐらい入ってたね、当時は私服を。
え、そのときは何のバイトやったの?
私ね、大学生の間6年間ミスタードーナツのお姉さんやってたのよ。
あ、しかも6年間やり通した?
6年間!6年間やり通した!
うわ、すごーい。
国家試験終わってからもちょっと入ったね。
え、3月の後?
3月の後入った入った。
やばー、もうめっちゃギリギリまで働いてるやん。
なんかね、今年も1ヶ月前はさすがに休んだけど、
そうやな。
でもね、ギリギリまでちょっと息抜きに働かせてもらってたな。
いやー、すごいすごい。
いや、勤職できるってすごいな。
うん。
あれらはどんなアルバイト、学生時代?
私は、何個かしたの?マクドと、
家の近くのうどん屋さんと、
あとは、老舗の洋食屋さん。
あら、老舗の洋食屋さん。
うん、でも全部接客業かな。
ほんとや、お客さんに関わるお仕事やね。
そうやね、全部そうやったね。
なんかその、ほら、バイトっていってもいっぱいあるじゃない?種類が。
うんうん。
しかも全部飲食店かな?飲食。
そうやね、全部飲食店。
飲食やね。
あなたはさ、工場とかじゃないけど、
その人に、接客以外にはあまり行こうとは当時は思わんかったんや。
あー、そうやね、あのー。
そうやね。
ね、面白い。
自分の、認識の幅の狭さなのか。
あははは。
いやいや。
あれやね、シフト入りやすいのって。
あー、なるほどね。
時間区切れるのってやっぱり飲食店かな。
それこそその大学が意外と授業長くて、
18:02
入れるのが7時以降とか、
はいはいはい。
あのー、結構5限まであったり。
そうよねー、遅くまで残ってたよねー。
そうそうそう。
大体5限も多かったから、
えー。
8時から入れて、
10時には終わりたいなと思ってたから。
そうだよね、次の日もあるしねー。
で、3時間ぐらいで入れる、
その時間帯ってなると、やっぱどうしても飲食店になったって感じかなー。
あー、確かに、そこへ行かざるを得ないじゃないけど。
うん、そうそうそう。
ニューズも聞くよね、その、
あたしたちってさ、やっぱり前期と後期のカリキュラムが詰まってるからさ、
試験前は休みますとかさ、
そういうのがやっぱりあるから、
どうしてもユーズが聞くバイト先じゃないと、
ねー、ほんとに。
私も一緒だわー、そういう意味で、
人数の、こう、なんかね、
当時、お母さんがたまたま求人見つけてきてさ、
おー。
なんか、同じ密度でも人がそこそこいてそうな、
初心の密度だったらいけるんじゃない?みたいな話になって。
なるほど。
うん。
自分が勤めた場所が、大阪城ホールの近くだったんやけど、
え、あ、そうなんや。
そうそうそう、あのね、大阪城ホールの近くにね、
すごい地元遠くにあるんやけど、松下IMPビルっていう、
うんうん、あるね。
すごい、あるよね、そうそうそう。
そこのビルの1階に入ってるのよ、密度が。
あ、そうなんや。
そうそうそうそう。
そこがね、すごい大きくて、100席ぐらいあるのかな。
めっちゃ大きい。
そうやね、だから従業員もすっごい多くて。
それは大きいな。
そう。
会社の人とかが来るんかな?
そうね、あのメインはパナソニック関係の方が、
ランチ時とか仕事終わりに来るんやけど、
はいはい。
これがね、もうこれだけで1時間ぐらい喋れるかもしれへんねんけど、
イベント関係で来る人が多かったから、
大阪城ホールのイベント、コンサートとか、ライブとかのお客さんが来たり、
でね、周りにそういったイベント会場ばっかりで。
そうかそうか。
そうそうそう。
IMPビルの中にもちっちゃいホールがあったから、
あの中もあるんや。
そうなんよ、だからAKBの研修生の子たちの握手会とか、
はいはいはい。
あとは、今はなくなっちゃったんやけど、
シアターブラバっていう、
あったあった。
劇場があったから、舞台がそこでやってたから、
あれなくなったんや。
そうやね、今確か読売テレビになっちゃったんかな。
21:02
あ、そういうことか。
そうそうそうそう。
で、当時はそのブラバのお客さんが来たり、
ライブ終わりすごかったんちゃう?舞台終わりとか。
いやすっごいのよ、面白くてね、
よく専門用語で私らの入りと戻りって言ってたんやけど、
専門っぽい。
そう、なんかお店に入店する前に申し送りの時にね、
店長とかから、今日は10時と2時と6時からニュースのコンサートありますとか、
大体何時何時何時に入りと戻りがガッチャンコするから、
気をつけてね、みたいな。
とか、後で面白かったのがね、矢沢恵吉のコンサートの時。
はいはいはい。
Aちゃんのコンサートって、全員ではないけどね、
ファンの方達の間でドレスコードがあるんだって。
え、そうなんや。
そうそうそう。
Aちゃんのはね、白いスーツ。
白い背広にご自身でファンの方達が刺繍で、
いいドット矢沢って入れてたりとか。
え、知らんかった。
そう、みんな自前であつらえてスーツを。
それじゃあファン同士でも交流できるよね。
そうなんよ。結構ね、ファン同士の店の中で
おー!みたいなやりとりとかがあったり。
そうやね。うわ、そういう刺繍すんの?みたいなとかあるよね。
女性はチャイナドレスか、確か。
え、なんでチャイナなんやろ。
それね、私も分からへんねんけど、
なんかね、私らのお父さんお母さん世代ぐらいの方達がみんな、
もちろん私服の方もいてあるけど、
そうやって一長乱に身を包んで、
やっぱりね、大好きな推しのライブやしな。
で、その引き継ぎの時に、ミスタードーナツってさ、
コーヒーがおかわり自由なのよね。
そうやね。
だから、やっぱりその世代の方達って飲むのよ、コーヒーを。
そうか。
だから、コーヒーおかわり自由やから、
今日はAちゃんのライブがあるから、
おかわり回る時に特に飲ませないように気をつけるようにとか。
みんなね、城やからね。
そうそうそうそう。
それは最新の注意が必要よね。
あとは、平成ジャンプのコンサートとかがあった時は、
当時はね、小中学生の子達がファン層の子が多かったから、
あ、そうなんか。
そうそうそう。
ちょっとね、滞在率が、回転率が落ちちゃうのよ、みての。
そうかそうか。
そこで内輪を作ったりとかさ。
そうやな、その年代はそういうのするの大好きよな。
そうそうそう。
これは店側の都合やけど、客参加は落ちるけど、回転率も落ちちゃうのよね。
うんうんうん。
だから、ちょっと店に来たいけど、満席で来れないっていうお客さんには、
24:02
あの人長いなーっていうところから、
ちょっといずれいずれ、退席のお願いとかするように、
するんやー。
ちょっと、店の状況を見といてくださいとか、
そういうライブにあった申し送りみたいなのがあって。
何それ、めっちゃ面白いやん。
そうなんよ、めっちゃ面白いのよ。
え、そういうのいいなー、なんか。
面白いと思うタイプ?
めっちゃ面白いと思う。
いや、お客さんなんか毎日変わるから、ルーティンってないんだけど、
それぐらい目まぐるしく変わるというか、客層が圧倒的に変わるようなところって、
めちゃくちゃ楽しいよね。
これをね、大変と捉えるか楽しいと捉えるかで、
あらゆるそういうのをきっとね、そういうのすら楽しめるタイプやから、
めっちゃ楽しい。
毎日繰り返しのものよりも、ちょっと人としっかり関わりつつもね、
変化を楽しめるタイプっていうのがね。
変化楽しめちゃうのよね。
楽しめるよね。
楽しい。
人間観察できるよね、バイトしながら。
そう、めっちゃ面白くてさ、それが。
それ絶対楽しいわ。
なんか、いろんな方、ファン層の。
ニュースやったら、ちょっとなんていうかな、
当時やったらやっぱお嬢様系が多かったので、
ふんわりした感じの衣装に身をまとって、
ちょっとね、当時のブランドで言ったらごめんなさい、
だいぶアーカイブ聞いてあるかも、伝わるか分からんけど、
ブランドのミッシュマッシュって分かる?
分かる、分かる。
ミッシュマッシュ系に身を包みました系の、
キャンキャン系女子かな?
そっち系女子やね。
分かるわ、めちゃくちゃ分かりやすい。
やっぱヤマピーのファンの子とか。
清楚系。
確かに、確かに、イメージつくわ。
でね、カトゥーンのライブの時はね、
ちょっとだけギャルが入るね。
あー。
だからセシル系とか、
あとね、リズリサとか。
あー、分かるわ。
ちょっとこうね、巻き髪、髪の毛気合い入れてきましたみたいな。
うんうんうん。
同じこう、でもね、その子たちがやっぱりお死に合うために
一生懸命イッチョーラを着てくるわけよ。
わー、楽しんできてねーみたいな。
わー、めっちゃ楽しいなー、それ。
そう、めっちゃ楽しかったね。
なんかやっぱそのイベント、パナソニックのお客さんと絡むのも楽しいんやけど、
やっぱりそういうイベントに結構左右されるお店やったから。
うんうん。
読売テレビも近いから、24時間テレビの時はこういう人が来たりとか。
27:06
うんうん。
ほんまやね。
たまに芸能人の方もチラッと来たりとか。
えー、会ったことあるんや。
私はね、2人だけしかなかったんやけど、
でもなんか前提として言っておくと結構すごい人が来てたらしいのよ、舞台で。
舞台で、昔で言ったら小栗旬くんとか、あと栗山貴昭さんとか。
はいはい。
すごいもう、なんていうの、俳優さんとか。
バリバリだよね。
そうそうそうそう。
俳優さん。
そうそう。あとジャニーズで言ったら森田剛さんとかが、ちょっと差し入れを買いにとか。
あとあの人も来てたらしい。
へー。
あのー、誰だっけ、コーヒーのCMして貼った、コーヒー、ジンの主演の人誰やったっけなー。
大沢孝夫さんか。
はいはいはいはい。
が、こう来てて、ポイントカード持っとったらしい、昔。
えー、そうなんや。意外とローカル。
そう、面白いねって言ってて。
使うんや。よく使うんやね。
なんかあのー、その時、面白い主婦さんが担当支派ってんけど、
うんうん。
あのー、お釣り渡す時に無駄に手の上と下から手包み込むように渡しちゃったの。
あははははは。
やめろやめろって言って。
さらっと握手。
さらっと握手しといたって。
いやでも、とっさにそういう判断ができるその主婦さん、さすがやわ。
そうなんや、すごいなーって言ってて。
そんな中で私がね、見たのは吉本新喜劇の内場さんと
あー、内場さん。
さんと道安恵夫妻。
ご夫婦で。
ご夫婦、ご家族でいらしてて。
それはそれで結構レアよね。
多分そうなんよー、いらしてて。
なんかその時はね、プライベートやしあんまり話しかけんのもなーと思って、
普通に接客したんやけど、
あとはね、ビギンのボーカルの方、名前忘れた。
うんうんうん。
がレジに来はって、
あ、イベントやんねんやみたいな感じで。
えー普通に来られる。
そういう芸能人の方ってお一人で来るの?マネージャーさんと来るの?
内場さんたちはマジプライベートやと思うから普通に家族で来てはってんけど、
ビギンの方はお隣にマネージャーさんがいてはった。
やっぱそうなんやね。
そうそうそう。
なんか大体他の舞台関係の方もマネージャーさんと一緒に来て、
差し入れでね、ドーナツを20個30個ボンって買って行ってたみたい。
あーそうなんやー。
そうそうそう、面白いよねー。
それってミスを選んだからできることよね。
そうやね、差し入れっていうのがね、できるからねー。
普通の定食屋さんとかになんか絶対会えなかったことやもんね。
あー確かに、場所によっては絶対そうやね。ミスドだからこそっていうのはあるかも。
30:04
あるよねー。
結構ね、そういう感じで面白い経験はさせてもらったかなー。
でも自分もアレンと一緒で、やっぱ接客いいなーって、
お客さんと関わる仕事っていいなーって思って、
やっぱり今就職するとき、どこ行こうってなったときに、
病院に行くっていうのも一つの手やったんやけど、
もうちょっと商売っ気がある方が自分には合ってるなって思って、
街の薬局屋さんに就職したっていうのが大きかったかなー。
やっぱそっちにつながってるわけね。
つながってるねー、意外とねー。
意外とね、振り返ってみると。
アロヤンが病院に行かなかった選択をしたって話も、
すごい面白いのよね、私からしたら。
そうなのかなー。
やっぱりね、ある程度鉄板じゃない?
そこまで行って管理栄養士の国家試験じゃない?
すごい大変な資格を取って。
そうねー。
でも行かなかったという選択が。
みんな大体病院か保育園とかの調理師さん行くか、
事業所の調理師さん行ったりとか。
調理師じゃない、ごめんなさい、管理栄養士。
管理栄養士さんになるっていうのが鉄板やけど、
そうよね、鉄板かな。
こんな中でアロヤンは病院へ行かずに企業に。
企業も、しかもベンチャーにね、行っちゃった。
そうね、ベンチャーに行っちゃったね。
その辺をもう一回ちょっと教えて欲しいんやけどさ、
食品は取り扱ってるベンチャーとかでもなく、
でもなく、うん。
ほんとに畑違いというか。
そう、ほんと畑違いのご縁あってって感じかな。
就活しててたまたまそことご縁あったみたいな感じ。
全然他のところで内定とかもあったんだけど、
当時は本当に思考浅はかやから、
感でしかないんだけど、感覚でしかないんだけど、
就職で決まってたところよりも、
今働いているベンチャーになっちゃうんだけど、
そっちで行った方が楽しそうな気がしちゃって。
しちゃってっていうことやね、でもその感。
その感ってめっちゃ私すごいと思うの。
33:02
嗅覚。
めっちゃ大事よ。
あとはあれかな、
大人数のところよりは小人数の方がいいなと元々思っていて。
そうなんや。
いっぱいの中でのパワーバランスよりも、
小さいところでちゃんと自分の力を発揮できるというか、
自分の居場所があるというか。
そういう風なのが感じられる方がいいなと思ってたから、
小さい規模の方がいいなと。
大きいところでね。
だから畑違いの企業に行くにしてもめっちゃデカいさ。
組織化された企業というよりは、
一人一人の個性が光りやすい、
やっぱり小規模ベンチャーの方がより性に合ってるって感じか。
そうそうそう、そうかな。
今なら言語化するならそうかなって。
投資はもう感覚。
分かる、ノリやんな。
この時と変わらないノリで言っちゃったな。
チョップスティックスのノリで言っちゃった。
チョップスティックスのノリだったわ。
結局さ、こんなんもさ、
今は一生懸命就活してる子もおるけど、
最終的にはもう肌が合うか合えへんかやんな。
いや本当に。
しかも結局就活、
あの時いっぱい頑張ったけど、
働いてみないと分からない自分の可能性って。
ほんまそう。
そうなんよ。
あの時あんだけ考えても、
とりあえず入ってみて、
分かることっていっぱいある気がするから。
そうやね。
できるって思ってたことが、
実はちょっと、あれ?なんかちゃうなってことやったり、
まさかここで自分が花開くとはっていうところで、
あれ?意外とこれ嫌いじゃないかもってなったりとかね。
いや、そうやね。ほんまそうだよね。
ねえ。
それこそ、
アライアンは飽きないがやっぱり好きっていうのでさ、
この間もさ、ちょっと喋ってて盛り上がったけど、
この人に物を売るっていうこの感覚が、
やっぱりより感じられるのは、
ゴリゴリの医療とか最先端のとかいうよりも、
やっぱり企業のほうがね。
それも企業の内容にもよると思うけど、
よりこうね、戦略を考えるとか、
マーケティング一緒にお客さんの望むものを考えて渡すみたいなさ、
それのほうがやっぱりショーに合ってるっていうのは、
その嗅覚がすごいよね。
いやいやいや、ほんま。
36:02
今でこそそういうふうに思ってるけど、
当時は今の会社もそんな感じでもなかったし、
自分の部署も全然違かったから、
そうやね、言ってたよね。
結果論なんだけどね。
でも結果論ちゃうかな。
ね、ほんとそうやね。
でも、最後、今が良ければ全てよしやね。
ほんまほんま。
めっちゃいいバトメンしたやん。
上の人たちはその人の特性見てくれてはるから、
会うところに連れてってくれはるよね。
やっぱり見てくれてる人は見てくれてるよね。
そういうのを見て適材適所っていうところをね、
この人がより輝く環境みたいなのってめっちゃ大事やなって思ってて。
ほんと大事。
そうやね。
大事よね。
あらやもさ、前違う部署におった時よりも、
今のほうがやっぱり自分らしく働けてるみたいな話してたやんか、
やっぱりそれも部署が悪いっていうよりも、
やっぱ相性やんな。
相性、ほんと相性。
今の部署でも、
当時の部署は会ってなかったけど、
いろいろいろいろいろいろ模索した結果、
自分に合うように部署を変えていける。
そういうのがベンチャーのいいところなんだけど。
確かに。
これ大きい企業やと難しいかもね。
なかなかできないところはできないようなイメージがあるよね。
小さいところやと、
なんでも屋さんはさ、
悪く言えば一人で結構しないかっていうところもあるけど、
いろいろ試してるからさ。
だから自分に一通りやった上で、
自分がどこにフィットするのかってのは分かりやすいよね。
うん、確かに。
なんでもさせてもらえるっていう。
ほんとに。
そういう意味では経験いろいろ進めるよね。
そうそうそうそう。
割とそれぞれのいいところはあるかなと思うんだけど、
意外とそこの合わなかった経験も含めて、
多分今の自分作ってると思うからさ。
なるほど。
人に役立つことがしたいなーって、
やってみようかなーって思ったとしても、
絶対その経験って生きてくるもんね。
生きてくる。
なんか私、アラヤンのノート見せてもらってんけどさ、
めっちゃ初めて書いてないですよね、みたいな感じの文章。
いやいや、添削ありがとう、ほんとに。
39:02
いやいや。
ありがとうございます。
すごい初めての発信って覚えないくらいびっくりしちゃった。
本当にありがとう、そんなに読んでいただけて。
いやいや、これからが楽しみだわ。
どうなっていくのか。
私自身もすごく興味がある。
どういう風に開いていくんやろうなっていうのを見るのがすごい楽しみ。
どういう方向性で行こうか、模索しながら。
それこそ日記のタイトルにも、日記じゃないや、
日記をつけ始めてすごい気が楽になったっていう話もあったけどさ、
あれもすごいいいよね。
もともと挑戦してはいたけど、なかなか続かなかったりとかさ。
それもルールを儲けすぎてもダメ、でも儲けなさすぎてもダメっていう。
そうやね、自由すぎるって意外と動けないよね。
ある程度のルールは必要なんだけど、
でもこれとこれ絶対にこれはっていう風になると書かねばならないになっちゃうもんね。
そうそうそうそう。
ほんとに。義務感出ちゃうとね。
面白くないよね。
面白くない。しんどなるし。
あれちゃうかな。私もあらやもたぶん楽しくないと嫌な民やからさ。
いや、ほんとほんと。
義務感になった瞬間やる気がゼロになる。
分かる。急にうーんってなる。
うーんってなるわ。
いや、ほんとそうよね。
今はもう書こうって感じになってるもんね。
そうやね、こういう風に書いてもいいかなとか、ああいう風に書いてもいいかなとか。
あとはちょっと発信しようかなって思うと、
今発信してる方の文章とかの読み方、見方とかもちょっと変わるなっていう気がしてて。
おーすごい。面白い着の人。
こういう風に発信してるねなとか、逆に考えすぎなくて、こういう中でゆるっとされてもいいなとか、
ゆるっとしてるような雰囲気かもし出してるけどめっちゃ芯ある人やんとか。
見て方はゆるいけどみたいな。
そうそうそうそう。ほんといろんな人いるから、戦略次第なのやろうなとか。
さすが、そこで戦略っていうのを持ってくるあたりがさすが。
今君のお仕事でね、戦略考えちゃう。
42:03
考えちゃうからね。
いいこと言うよ。
でもほら、戦略ってね、戦いを略すって書くからさ、やっぱり。
なるべく肩の力抜きながらね、手に入る未来が手に入るなら、
ちょっとでも余計な苦労はそこせずに、効率よく手に入るのは悪いことじゃないからね。
そういう意味でもね、戦略的な見せ方というか。
これから一緒に見ていくのが楽しみやな。
ありがとう。
たぶんこれから和田ちゃんの、和田ちゃんって言ってよかったのかな?
全然和田ちゃんで。
和田ちゃんの投稿も見るのも見方が変わっちゃうかもしれない。
普通に一読者として楽しんでたんだけど。
なるほど、こういう風に文化みたいな。
両軸でちょっと見させていただこうかな。
私なんぞでよければ。
めちゃくちゃ和田ちゃん頑張ってるもんね。
ほんま頑張ってると思う。ほんますごいなと思うわ。
ライアンと比べたら全然お米粒やと思うけどな。
全然よ。何を言いますか。実践されて。
だってフリーランスで発信するのは4年くらい。
発信活動自体は元々会社員やってた時から趣味の一環でやってて、
本当にフリーとしてしっかり活動していく上で、
配信をし始めたのは、いつくらいかな。去年の夏くらいかな。
それまでは副業として、専業じゃなくて、
副業で発信を通して自分の企画とか買ってくれる人がいたら嬉しいなって感じでやってたんだけど、
去年くらいかな。まだ半年くらいかしら。
半年なのか。すごいパワーよね。
でもね、正直一人じゃ来れなかったかな。
支え合って助けてもらって。
発信の先輩方がたくさんいてあるから、
私自身も自分のコーチ、アミちゃんって言うんだけど、
コーチに発信から仕事を作る戦略とか、
どうやったら、より読者さんとか発信を呼んでくれてる人に、
45:01
価値が伝わりやすい伝え方をどうやって模索するかみたいな、
その部分を、これしようとかじゃなくて、
よく言われる魚の釣り方じゃないけど、
考え方とか、マインドセットとかを最初の3ヶ月では結構鍛えてもらって、
マインドセットって大事よね。
大事よね、本当に。
そこが一番重要やんな。
そうなのよ。
やっぱりお金をいただいていいのかしらっていうブロックもすごかったし、
この家宅で、稼ぎたいのにお金をいただくのが怖いっていう。
いや、わかるわかる。
わかる?
少なからずほとんどの方がそうなんちゃうんかな。
特に日本人はその傾向が強いって言われてるけどね。
特に思うのは無形のものを売る場合って、
それがメンタルブロック強いよね。
そうね。やっぱり原価がないものあるんだけど、無形だから。
サービスの価値を人と比較しづらいとこもあるから。
そうなのよ。
だからそうなった時に、やっぱり無形のものであればあろうと、
自分を、自己需要じゃないけど、自分をまずは受け入れる。
自分を愛してあげるっていうところから始まるよね。
なるほどね。
私には価値があるんだっていう、別に無理に
オラどうだ!買え!みたいな感じじゃなくて、
私はこのありのままのエルサみたいな。
出た!エルサ!
エルサ!この間もセッションで盛り上がったけど。
ありのままでいいのよって。
そしてこんな私に価値を感じていただくっていうのがすごい大事だよね。
けんけん先生、ちょうど今戻りましたが、面白い話してますね。ありがとうございます。
観光薬局だとほんとそのブロックに。
そうなんですか。観光薬局意外やね。
なんでなんだろう。
自信を持って提供できないっていうブロックなのかな。
そうなんや。
慈悲の世界やもんね。高低価格の保険診療じゃないからさ。
1箱1万円、2万円、そうよね。高いですよね、先生。
そっか。
観光治療を受けてある方からしたらそのベースのマインドが上がるから、
たぶん本気でいい観光薬とかを使うと、
48:01
1ヶ月5、6万円ぐらいはたぶんまあまあ必要経費っていう風に思わはるんだけど、
自分の健康に投資することの大切さなんていうか、
あらやんもね、管理医者だからわかるけど、健康ってマジ財産やん。
財産。ほんとに。
長い目で見るとね。
そこが一番大事だもんね。
受入中にレシピとか栄養学勉強するぐらい。
私と同じド変態やから。
夜中に。
夜中に栄養学の本とかね。
勉強するっていうね。
そうそう、きょんちさんこんにちは。私のフォロワーさんで。
こんにちは。
今日はね、管理養子ママ、管理養子だっていうよりね、どちらかって言ったらなんだろう。
ウェブマーケママかつ管理養子のあらやんとお話してまーす。
お邪魔してまーす。
気分癒されるでしょ、みなさん。あらやんと喋ってると癒されるのよ。
いや、そんな風に言わないと。ありがとうございます。
そんな風にね、柔らかいけどね、めちゃくちゃ大阪人なんですよ。
ほんとバリバリの鉛がきつくて。
下町っていうかね、もうほんとに。
きついきつい。
ちょっと話題それるけどさ、研究室おったときにね、
坂井氏出身の陰性の子がいたの。
陰性さんに言ったんだけど、研究結果について軽く討論してたのね。
この結果についてこうなんじゃない?でもあーなんじゃない?っていうのを話してたときに、
3人中2人は兵庫県出身だったのね。
そのうちの1人が大阪府の坂井市出身だったのね。
坂井でもちょっとその子曰く鉛がきつい地域らしいの。
どこなんやろ。
どこまでかは聞いてなかったんだけど。
で、やっぱり討論するときって喧嘩とかじゃないけど、
でもさ、会話に熱がこもってくるときあるじゃない。
そのときに、私は知ってたからいいんだけど、
だからさ、こうしたらこうなるとちゃうんけって言ったらしいの。
岸間頼りや。
たぶん坂井でも岸間のほうやんね。
そっちやな。
南のほうよね。
で、こうなんとちゃうんけって言ったときに、
なんか2人が、え?怒ってる?みたいな。
分かる分かる。めっちゃ分かる。
違う違う違う。
いやほんま向こう…あの…あの…
51:01
学校名って言っていいのかな。
あ、私は大丈夫。あらゆるは大丈夫。
うん、全然大丈夫。
あの、向こう城に入ったときに、
坂井出身やからそのまま喋ってると、
私からしたら普通に喋ってるつもりやのに、
なんか、怒ってんの?とか。
あの、え?なに?なんかすごい反応されたことがあって、
びっくりして、え?え?普通に喋ってるだけやし、
普通の言葉言ってるだけやのになみたいな。
なんか気分害しました?みたいな感じで。
経験結構多くて。
そこで、あ、自分ってなまりきついんやって、
兵庫県行って初めて気づいたので。
多分大阪府内やったらそうでもないかもしれへんけど、
やっぱり兵庫行くと、もしかしたらちょっときついと思われるかもしれへんよね。
ね。神戸港、なになに、首都、首都。
あ、ね。かわいいよね。
かわいい。あれめっちゃかわいい。
それに比べたらもうちょっとやっぱね。
大阪はね、ちょっとね。
悪くなっちゃうからね。
きついんでね。なまりきついんでね。
イントネーションからもうそもそもきついからね。
ほんまにそうやね。ちょっと下がるもんな。大阪ってさ。
ほんまに。
なんとかやねん、なんとかなんよーとかじゃなくて、
なんとかやな、な、みたいな感じやもんね。
そうそうそうそう。置きに行く。置きに行くもんね。
置きに行くもんね。こうフワッとするんじゃなくて、
一個一個置きに行くもんね。
置きに行っちゃうもんね。
わかるわ。
なーみたいな。
そうそうそうそう。
語尾きつめ。
そうやね。なーだから、私もさ、南の方ではないけど、
大東やから、言うて東大阪やし、めちゃめちゃ川地なんよ。
いや、そうやね。大東も結構きついね。
大東もきついきつい。下町やから。
だからやっぱり、結構、
え、和田ちゃん怒ってる?みたいな感じで言われたことはあるし。
同じ経験者やな。
そうやね。え、ごめんな?みたいな。
そんなつもりは?って感じだよね。
そうやね。だから関西地方の中でもね、
結構この、地域によって全然関西弁って違うもんね。
違うよね。ほんとに。
なんか面白いなーって、ちょっと今喋ってて思った。
思いがけない共通で。
そう、意外とこの下町同士のね。
ちょっとこう、柔らかくしてみようかな、私の神戸っ子っぽく。
なんて言う?
しとうよ。しとうよって。
あ、しとうしとうって言ってみようかな。
い、いけんじゃん?
いけるかな?
最近はちょっと京都弁周りが入ってきて。
え、え、どんな?どんな?
なんか京都弁は、あのね、ちょっとフラットなんよ。
だから、そうですっていうね、そうですじゃなくて、
あーそうですそうですとか、なんかね、合図中つときとかも、
あーそうなんですかじゃなくて、あ、そうですかーって言う。
あー、なんかドラマとかで見た気がする。
54:02
ちょっとはんなりしてるよね、やっぱりね。
うん。
そういうことなんや。
なんか、あの、なんとかしはるっていうのも、目上の人以外にも使うね、なんか。
あ、なんとかしはるは、詩もあるわ。
なんかね、あのー、なんとかしてはるって言うよね。
うんうんうんうん。
なんか、赤ちゃんとか自分の子供に対しても、あ、なんとか。
岡井さんとかも結構、うちの何々、もう最近めっちゃいちびってはるんですよ、みたいな感じで言う。
え、いちびってはる?
なんかちょっと、調子に乗るみたいな。
あー、なるほどー。
でもその、目上じゃないのに、こう、なんとかしはるって全員に使うみたいな感じかな。
はいはい、もうそういう、あれだよね、世界のよね。
もう、ちょっとこうはんなりしてて、
ちょっとこう、京都の、言うてももう奈良やけど、ほぼ。
こっちに引っ越してきて、ちょっとこう京都弁がうって、最近はかぶれてきてる。
あら、はんなり。
はんなり。
はんなり配信したら、今度はんなり配信。
あ、はんなり。
あ、でも最近、たまにね、リスナーさんに言われるの。
あのー、すごいきなこちゃんの声が、はんなりしてて、すごい耳心地いいですって言って。
いやー、ごめんなー、めっちゃ大東市民やねん。
めっちゃ、ごめんな、めっちゃ地もやん、多い町やねん、ごめん。
そういうの、この前の配信も、なんかそういうの書いて、言ってたね。
いやー、もうほんま、大東カドマは多いよ。
堺も多かったわー。
多い?堺も多い?
堺も多かったよ、なんかブンブンブンブン言ってたわ。
そう、ブンブンブンブン言うからね。
うるさいよさー。
うるさいよ、もうほんまー。
すごいよね、ゾクたちがね。
いやー、ほんとに、元気よね。
元気、みんなもう元気。
そう、元気なのよ。
あ、元気な声がしてる、癒されるって。
これあれかな、赤ちゃんかな?うちの赤ちゃんかな?
ニコニコ。
ニコニコ。
ケンケン先生。
それでもいい。あなたから書いたいと思ってもらう話。
相手のマインドを変えていくことも大切なんですねって。
あなたから書いたい。
素敵。
この間、ちょっと話戻っちゃうけど、アライアンとも喋ってて、
私のことをありのままの私を理解した上の関係性の上で、
お取引をする、そんな世界があればいいなってアライアン言ってたもんね。
ほんとに。
管理栄養士でウェブマーケターってとこで勝負するんじゃなくて、
人柄も込みで。
ケンケン先生からかんぽやくが書いたいです。
アライアンからサービス書いたいんですっていうね。
57:04
いやー、この無形のサービスってのもまたね、難しいからね。
そうよね、無形サービスってほんと悩むよね。
このアライアンがやってることは、物の提供ではないけど一応納品はあるもんね。
一応最終的には目に見える形であるんだけど、
実際にお客さんと契約する、お願いしますって言っていただくときには物が一切ないから、
無形になるんだろうな。
じゃあそのアライアンが言ってたみたいに、
その無形の状態でいかに価値、未来を感じていただけるかっていうとこなんだよね。
そうそうそうそう。
ほんとまさにうちでお願いしたいと言っていただけるかどうかっていう。
そうやんね。
私と手をつなぐことで、見える未来、その未来に投資していただくっていう感覚やもんね。
そうね。
やっぱ即席って安い取引でもないから、それなりの関係性を構築したり、
やっぱりその方が、けんけん先生がおっしゃってるみたいに相手のマインド、
それぐらい本気で手に入れたいんだっていう風にこっちが育てるのも大事やし、
関係性を構築する見せ方っていうのも大事やんね。
そうね。
本当に大事。
実際でもアライアンは本業でそれをやってるから、
今、なんかちょっとやりたいなっていう風に言ってはる段階やけど、
なんかね、いけそうな。
でもね、本業はやっぱり営業さんがいて、
そっかそっか。
機械地営業が。
そうね、機械地営業がね。
機械地営業さんがそこがすごい強いお客さんとの信頼関係を作った上で制作開始できるから、
すごい良い関係。
これは大きい差かなと思うけど、とはいえすごくそこから取っていくから、
有形のものってね、もうそこではい、じゃあ次裏切りしますって言って終わるけども、
ウェブ制作ってなると早くて、一番早くて1ヶ月。
もっと長いやつは1年半とか。
わーすごいね。
ずっと納品してからもずっとずっとやり続けていくから、
その場合だったらもう7年8年ずっとやり取りさせていただいてお客さんとかも。
へーすごいなー。
そういう日にはね、信頼関係を築くって大事よね。
人を買ってもらわないと。
そう、名言出ました。
名言。
1:00:00
人を買ってもらう。
ね、この人を買ってもらう。
うーん。
そうなんよねー。
だからなんか、私も最初アミちゃんに価値観を芝居てもらった時に、
芝居てもらったとか言うけど、めっちゃ優しくコーチングしてもらったんやけど、
最初にね、言われたのはね、
ひなちゃんは報われていいんだよって言われた時に、すごい泣きそうになったことがあってね。
自分をまず報わせてあげてって、自分をいっぱい満たしてあげて、
で、自分を受け入れて、愛してあげて、で、認めて。
で、自信がないのは、やっぱり相手を思う優しいがゆえの裏返しでもあるから、
そんな自分を嫌いにならなくても大丈夫だと。
なるほど、それはちょっとグッとくるね。
くるよね。
それはちょっとグッとくるね。
くるよね。
ちょっとね、その時売るのが怖かったのよ。こんな私に売れるのかしらみたいなね。
いや、なるよね。
そうなんよ。大丈夫って。
ちょうどね、この間もね、財布で配信したんやけど、
同じような内容でもクライアントさんに怒られたことがあって、愛のムチなんだけどね。
うんうん。
私はあなただから勝ったし、あなたの価値はそんなに安くないって。
そこから勝った。そこから満タインでお金出したのよって。
私、お客さんに育ててもらってるなって。
素敵な関係性。
そうなんだよね。
でも、本来商売ってそういうことなのかもしれないよね。
そうなのよ。一方的にね、納品する側が偉いとかそういうわけでもなくて、
お互いがフラットで。
ウィンウィンな関係だよね。
そうそう、ウィンウィンな関係だよね。
サービスには当然価値が乗っかるから、私たちは価値を提供して、
その対価として相手からお金をいただくけれども、
相手には私たちの向けだけれども、
価値っていうのは間違いなくお渡しするというか。
多分だけど、1年以上やり取りされてるお客様もなんだけど、
納品してからがスタートみたいなとこあると思うんだよね。
そう、ほんとそう。
だから、こんな時の困ったとか、走り出してからの困ったっていうのもあるから、
そういう時にやっぱりアラヤンに相談できる、
その関係性にお金を払ってるって方もいらっしゃるんじゃないかなって思ったり。
そうやと思う。
なんかね、漢方薬局とかでも、
物だけで見たら1箱2万円の漢方を売りました。
終了みたいな感じかもしれんけど、
1:03:01
実際はそうじゃなくて、お客さんからしたら、
その先生との関係性とか、いざといざの関係性とか、
なんかあった時に、不安の目が大きく育たないうちに目を積んでいただける、
この関係性のありがたみってすごいよね。
そうやね。
そこをありがたいというか、感じれる人がいるんじゃないかなって。
そう、そう。
そこを安くで取引するわけでもなく、
お互いが納得した上で、
ありがとうって言ってお金払ってくれる人との方が絶対に、
お金払ってくれる人との関係性があるんじゃないかなって思ったり。
そう。
そう。
そう。
そう。
そう。
そう。
ありがとうって言ってお金払ってくれる人との方が絶対にいい取引はできるんだよね。
うんうん。
そのなんか、声援がダメとかそういうわけではなくて、
関係性という意味で。
だから、漢方薬局とかも結構自分も修行行ってた時に先生に言われたのは、
お客様との関係性を育てることはやっぱり大事っていうことで、
そうよね。
やっぱりね、縁ですよねと。
そう、ご縁ですよね。
そうですね、ご縁ですよね。
私とアライアンもご縁だもんね。
ほんとに。すごいご縁よね。
すごいご縁。なんかね、久々にアライアンから連絡くれたんだよね、きっかけは。
そうね、うん。
確か、あの時私が趣味でインスタでいろいろ漢方のこと配信してる時に、
私も興味ある、健康興味あるねーってメッセージくれて嬉しくてさ、
入院中の病棟からインスタ返してたのを思い出した。
そうね、そうね。入院することになったって、来た。メッセージ来たね。
入院して。
嫌だわ。
そうや、そうや。
ね、懐かしいよね。
そっか、もう1年ちょい前やね。
そうやね、出産より前の話やから1年とちょっと前やね。
そっか、もうそんな前になるのか。
そうよ。ね、お互い虹の母やけど、中身はあの頃のママっていうことで。
ママ。変わらない。
ね。
キョンジさんのメッセージくれてた、赤ちゃんの声にもお二人の会話からも元気もらえますやって。
いやー。
ありがとうございます。
私はもうそんなアライアンズと関わることで元気になる人をもっとね、増やすの応援したいですね。
ありがとうございます。
1:06:01
いやー、本当になんかもういろんな可能性しか見えない。
いろんな可能性?
なんか、なんかね、またもしよかったらね、次のコラボライブとかすることがあったらぜひ聞きたいんやけど。
うんうん。
ほら、アライアンズは今たぶん調査さんが出る情報っていうのは多分大阪の下町出身っていうことと。
確かに。
虹の母っていうのと、ちょっと笑いの沸点が低いっていうことと。
関西弁ではゲラって言いますけどね。
ちょっとゲラ寄りっていうのと。
そうね。
寄り寄りさんっていうのと、ほらマーケッターとかね、ウェブ製作をお仕事されてるってことなんだけど。
私、まだ聞きたいことがあって、旧世紀学もめっちゃ沼ってるじゃないですか。
そうだね、旧世紀学も沼ってますね。
旧世紀学のことも聞きたいのよ。
沼りますね。
出会いだけ聞こうかな。旧世紀学との出会いだけ聞いてもいいですか?
旧世紀学の出会いは、これはもう完全に主人からの影響で。
沼さんがね、ゴリゴリの旧世紀学とマーケティングを組み合わせてやってありますね。
そうですね。
お仕事で使うために勉強し始めはって、そこで聞いてたものを結婚してそうとしてぐらいからやり始めた。
前からやったかな。
だからもうこの10年は経たないけども、それぐらい長い間ずっとずっと聞き続けてたら、
もう生活の一部になっちゃうね。
そうよね。
だからもう午前中も旧世紀学絡みで用事を入れて、
勉強会的な?
木の流れをもらうためにお出かけしてきた。
すごい。大事よね。
旧世使ってるんですね。すごいですって。
旧世、ご存知ですかね。
けんけん先生もね、漢方、中医学かな。
中医学が好きな方って旧世紀学好きな方多いんですよね。
そういうことか。
ベースが同じ引用語行論だから。
はいはいはい。
あ、体質相談で。
1:09:01
やっぱり使うんや。
そうなんや。
こないだアラヤンともテッションしてるときに、
今年は木のレタスは木骨になるからさ、
これを体に当てはめるとこっちやんなみたいな話してめっちゃ盛り上がったけど、
やっぱり使うんだ。
そうなんや。
すごいね。
面白い。
医療現場でも使われてるんだやっぱ。
使われるんや。
面白いなあ。
やっぱ昔からのこの知恵ってなんかあるよね。
絶対あるよね。
目に見えない世界というか。
そうそうそうそう。
なんか怪しいとかそういうことではなくて、
やっぱりまだ解明されてない。
で、目には見えてないけど確実にあるものっていうね。
うん。
ある。
5円とかもそうですからね。
ほんとにほんとに。
アラヤンのこのほら、いろんな旧世紀学のこの知恵と栄養学とさ、
あとね、このウェブ製作マーケティングっていうのがあったらさ、
絶対救われる人増えると思うもんやな。
あとママっていうね。
ああ。
虹のままで。
ね。虹のままで。
だからこう、栄養のことを理想を言い出したら、
教科書みたいなインターバイスそうなご飯ができるかもしれんけどみたいなとこですよね。
ほんとにほんとに。
実際はそんな時間ねえわみたいな。
ないよね。
でもできたらいいご飯食べたいなって思っちゃうしね。
やっぱり健康に投資するのは大事なことやしね。
やっぱりその、葛藤も含めて今後見せてもらえたら。
露出してもらえたら。
ほんとだね。そういうことも発信したらいいのか。
なんかね、きれいじゃないほうがいいんだって。
なるほど。
なんか私も最初、そして私の今ね、契約させてもらってるクライアントさんも、
きれいにしすぎようとしてて、筆が止まっちゃったって言ってて。
私の師匠のアミちゃんも言ってたんだけど、
きれいじゃないほうが、等身大の自分とリンクできるから、
例えば正直嫉妬しちゃったこととか、悔しくて泣いたこととか、
自分のこと嫌いになりすぎて、めっちゃ無理ってなったこととか、
そういうドロドロの人間臭さみたいなのを出したほうが、
やっぱりそれを見てくれる人のハートはガツンと揺れるんだって。
なるほどな。
そうか。そういうこと出してっていいのか。
そうそう。だから、この人だったら、アライアンだったら、
1:12:01
私と同じ経験をしてきてるから、この人にお願いしても、
私のことを笑わなさそうみたいな。
そういうのあるよね。
そう。
キラキラしすぎてる管理人さんのところにアライアン行こうって思わへんと思うんだよな。
うん。
キラキレイすぎる。
全部完璧みたいな。
確かに。
それよりも、弱いところもあって、人間臭さがあって、
時にはジャンク風呂も飲めたりとかして、
ホルモンバランスコントロールできなくなって辛くて泣いちゃったりとか、
いろいろあると思うねんけど、
それを出してくれてるほうが、この人に会ったら相談しても、
私のこの姿を見られても、きっと笑わずに真剣に何に聞いてくれそうって思って、
そっかそっか。
誰かはもしかしたら同じ経験してる人いるかもしれないね。
絶対ね、アライアンがこれまで乗り越えてきたことで今悩んでる人って絶対いてるから、
そういう人の、例えば、アライアンがこれまで人生でやってきたことを提供することによって、
それを提供するのが無形になるんだけど、まさしく。
そこに価値を乗っけて、感動相談も一緒ですよね。
安くはないけど、感報を通して、対話っていうのを通して、
お客さんの一人では解決しきれなかった未来を、
1年かかったかもしれないことが、1ヶ月でもし解決できたとしたらってなったら、
めっちゃそれ、尊いことやもんね。
そうだよね。
そこからずっとだもんね。
あり方とかマインドが整ったらさ、
そこからずっと半永久でありのままを受け入れられるようになったら、
じゃあ、その投資、月5万だとしたら、年間60万って思ったらちょっとギョッとするかもしれへんけど、
でもそれで未来が変わるならっていうことだもんね。
そうだよね。ほんとそうだよね。
いいご飯を作った時は頑張った自分を褒めて、
手抜きやジャンクに走った日は心と体を休ませた自分を褒めてます。
両方褒める。素晴らしい。
素晴らしい。
両方褒める。いいですね。さすがギョッちゃん。
素敵。自分の褒め方が素敵。
ね。褒め方が素敵ね。
どの角度から褒め倒すかっていうところをね。
ママさん頑張ってる人多いからね。
本当にみんな頑張ってるから。
いやー、なんかもう楽しすぎてあっという間に1時間過ぎてましたけれども。
あ、ほんとや。1時間過ぎてる。
アラヤンはお子さんは大丈夫?
1:15:00
うん。今見てもらってます。
あ、そっかそっか。パパありがとう。
今昼寝中かな。
今日はこの後夕飯?
うん。夕飯です。
夕飯作り。あ、そうだ。私ね、来週の土曜日のお昼に講座を、ワンコインセミナーをね、やるんだけれども、最後に軽くお知らせだけしとこうかな。
実はそのレシピというのはこのアラヤンが考えてくれたレシピになります。
わーい。
わーい。
ありがとうございます。買ってもらって。
いやーもうすごい美味しい。美味しいよ。
僕が勉強したんだなって思った。やっぱり。
いやいやいやいやいや。もう褒めんのが上手ね。ほんとに。
いやいやいや。でも、事実。マジ事実。
上手。
先にね、こう提供してもらって、裏でね、LINEで打ち合わせをしながらね、こう、漢方的にはこういう野菜が、食べ物がいい。
で、栄養学で見たら、このね、寒い時期、ビタミンDとかね、すごい大事だよね、みたいな話になった時に、
金よしの目線と薬剤師薬善の目線をこう、がっちゃんこさせて、なんかね、美味しいレシピないかなーって言ったら、
もうアラヤンが光の速さでレシピ送ってくれて。
授乳中に模索して。
そうですよ、皆さん。授乳中に。
夜間授乳中。
夜間授乳中に、レシピを手に入れに使うレシピをお手地をあげながら。
寝ろって感じだよね。
いやいや、もう変態ですよ、ほんまに。
うちの旦那さんもね、美味しいって言ってパクパク食べてくれて。
わー、よかった。
そうなのー、もうありがたい、おかげさまで。
だからぜひね、これをみんなにも知ってほしいなーということで、来週ね、セミナーを通して。
アーカイブもね、せっかくなので、出遅れたっていう方のためにも販売しようかなーって思っています。
そう思っているので、めっちゃ楽しみだわ。
わー、どんなセミナーなんやろ。
またアラヤンにも報告しますね。
楽しみに待ってまーす。
いやー、もうありがとうございます。
なんか今、やっと気づいたんやけど、このトークルームというのかな、後ろ、すき焼きの写真載ってんの。
お!さすが!
めっちゃ美味しそうやん!と思って。
アラヤンが提供してくれたレシピです、こちら。
えー、ほんとに?
ありがとう、それで作ってくれたやつを。
そうです。
これも薬膳レシピですのでね。
うわー、美味しそうだなー。
いやー、美味しかった。超美味しかった。
えのきいっぱいいっぱい。
えのきもちょっとアレンジで入れてみて。
1:18:02
ワイター系でね、ビタミンDとかも入れつつ。
で、このね、水菜も入れつつ。
そうそうそうそう。
豆腐も入りつつ。
そうです。本当はね、厚揚げが良かったんだけど、厚揚げがなくて。
そうなの。
もめんでやったんだけど、もめんもね、ビタミンDたっぷりだから。
もめんいいね。カルシウムも取れるしね。
取れるしね、そう。
食べたな、はやちゃんも。美味しかったな。
そっか、もう食べれるんか。
そうだね、もう1歳やしね、大人のご飯の取り分けでいけるし。
そうだね、もう言うたる間に離乳食も終わりか。
もう多分、離乳食というよりは大人のご飯を今、ちっちゃく刻んでる感じかな。
あ、そうしたらもう幼児食レベルね。
あ、そうやね。
あばあばあやな。
あばあばあばあやな。
あばあばあばあやな。
あら、はやちゃん、あら、おむつからあなたいい匂いがするわ。
ミルクが出たしね。
そう、ちょっとね、あのー、ちょっと失礼。
あ、うちしてるね。
うちしてるね。
あのー、だいぶね、香ばしい香りがしてきました、おむつから。
香ばしいアロマの香りがしてきたわ。
してくるよねー。
離乳食やから、くっさいしな。
わかるー。
在藤、なんか家族の、この話ディープやけど、家族の…
うんず、だいたい匂い似てこうへん。
ちょっとわかる。
これ、やっぱ食べるもんが一緒やったら、そうなっていくんかなーとか思って。
うんちってさ、何からできるって言われたら食べかすやんもんね。
体はさ、
そうよ、両親の遺伝子が入ってるからさ、体質も一緒なわけだよね、ほぼ。
そう思うと、その感覚は間違ってない気がする。
香ばしい系の。
香ばしい系やなー。
ちょっとな、あのー、コーヒーやな。
いやー、焙煎されてんなー。
焙煎、焙煎。
使い、使い利、使い利。
渋い渋い。
ダーク、ダークモカチップフラペチーノ。
絶対おいしいやつ。
絶対おいしいやつ。
はやちゃん、どれくらいしたん?ちょっとサイズ見して。
ダークモカチップフラペチーノ。
あ、結構、あ、ベンティーですね。
ベンティー。
いいですね。
いや、トールサイズかなー思ったんやけどね。
いや、それは結構着てますね。
思ったよりパンパカパンやな。
1:21:03
ほな、変えよっか、はやちゃん。
はいはい、変えましょう。
じゃあ、あらやんどうやった?初めてのライブ。
いや、楽しかったー。
和田ちゃんがうまいことこう、お話ししてくれるから、
もう普通に喋ってるだけでいけたかもー。
めっちゃ楽しく終われた。
あー、よかった。
溶けたねー。
1時間半近く溶けたなー、楽しくて。
溶けた。
あっという間じゃねーか。
もう1時間半って感じ。
なんかもうね、まだまだいけるぐらいの。
全然いけるねー。
じゃあ、また第2弾でお会いしましょう。
第2弾もぜひやろう。
えー、やりたいやりたい。
やろうやろうー。
あ、そう、そうなんですよ、けんけん先生。
あらやん今日なんと、あのー、配信もたぶんね、
最近ここ1週間であるよね、ノートも始めたのも。
そう、昨日始めた。
昨日、昨日。
先生、昨日らしいです先生。
昨日。
昨日アップしました。
昨日ノート、あのー、出されて。
ほんでー、あのー、
今日、今日温泉ハイシは生まれて初めてです。
生まれて初めてです。
初参戦です。
すごいんですよー。
もうね、私はもう彼女は絶対天才なので、もう絶対。
すごい慣れてる感じした。
えー、ありがとうございます。
だからもう絶対いけるよ。
素晴らしいって、ほら。
いやー、ありがとうございます。
あのー、和田ちゃんの配信はもうずっと夜な夜なずっと聞きながら、
家事しながらずっと聞いてるから。
いやー、ありがとう。
しちみついているのかな。
いや、やったら嬉しいな、私も。
洗濯物をたたみながら配信してる。
ね、あのー、やっぱり甲斐があるってもんやん。
ね、そんなに言ってもらえたら。
もう、授乳しながらずっと聞いてる。
いやー、嬉しいわ。
そんな、そんなんしてくれてありがとうね。
聞いてる。めっちゃ勉強になるし。
いやー、ありがとう。
最近はね、主にやっぱりこうやってクライアントさんたちとの関わりを中心に配信することが多いから、
寛報だけじゃなくて、ちょっとね、発信とか、
ビジネスじゃないけど、仕事から、発信から仕事を作るときの話とかも結構させてもらってて、
少しでも誰かのお役に立てたらと思いつつ。
いろんな話題があって、ほんと楽しい。
あ、よかった。じゃあこれからもしゃべるきな粉でやっていきます。
第2回は旧正規学の話したいね。
おー、行きますか。ディープに行きますね。
ちょっと教えてほしい、むしろ。
言っちゃう?
いろいろ教えてほしい。
ハラヤンのこの変態度合いをもっとね、みんなに知らしめようと思って。
かもし出していこう。
うん。ということで、今日はこのあたりで、
1:24:00
うん。
ハラヤンの変態度合いがちょっとね、分かっていただけたかなというところで、
第2回もね、いい感じにしゃべり散らかしていこうかなと。
大阪の女2人で。
バリバリで。
バリバリのバリバリで。
バリバリバリで行っちゃいますか。
行っちゃいましょう。
また近々日にち決めてね、おしゃべりしようか。
うん。ありがとう。めっちゃ楽しかった。
こちらこそ。
誘ってもらってありがとう。
こちらこそですよ。嬉しかったわ。
ありがとう。
またね、第2弾、第3弾とね、やっていけたらいいなと思って、
今後とも仲良くしてね。
こちらこそ。
ありがとうね。
末永くお願いします。
ありがとうね。
ありがとう。
そしたら今日はね、この辺でちょっとお開きにしようかなと思います。
コメントもありがとうございました。
はい、皆さんありがとうございました。
素敵なサタデーナイトをお過ごしくださいませ。
サタデーナイト。
いいね、サタデーナイト。
いいね、サタデーナイトっていう響き。
あらやもね、これからママ業に戻るけど、頑張りすぎにね、ぼちぼち。
ぼちぼち。
やっていこうね。
やっていこう。
私も今から、はやちゃんのアロマを変えるわ。
感じながら、アロマ感じて。
はい、変えますわ。
変えましょう、変えましょう。
そしたらね、また次回の配信で、あらやもぜひ遊びに来てください。
はい、また聞きに来ます。
ありがとうね。
ありがとう。
今日はこの辺で終わりにしたいと思います。
皆さんありがとうございました。
ありがとうございました。
失礼します。
01:26:08

Comments

Scroll