本日のテーマは「思考の枠を外して、自分の限界を超える未来設計のつくりかた」です。

■おもな話題
・40代で次のキャリアを考えたい・定年退職後も考えたい
・人生の次のステージに行きたい、新しい視点がほしい
・自分が未来の設計者になるには

▼根本Deacon雅子
公式サイト
https://you-atyourbest.com
ブログ
https://blog.you-atyourbest.com/
twitter
https://twitter.com/masakonemoto
Facebooページ
https://www.facebook.com/masako.coaching

■このチャンネルについて
コーチングを通じて思考の枠を外し、ひとり一人の人生をその方が望む方向に進めるようお届けするチャンネルです。どんな方にも「自分の人生これでいいのかな?」「副業・転職・独立しようかな?」と思う瞬間やチャレンジのときがあると思います。そんなときに助けになる、毎日のヒントをお届けしています。

■TFCとは
コーチングメソッド「トランスフォームコーチング」の略です。

■トランスフォームコーチングとは
クライアント自身を変えるのではなく、クライアントの見方や視点を転換することにより、実際に起きる成果が望む方向に進めるようサポートするコーチング手法です。見方や視点が変わることでクライアントが望む具体的成果や結果が得られ、環境が変化したように感じます。

この手法を通じてコーチングを行うと、クライアントにとって予測を超えた変化が起こるため、まるで世界が変わったように感じられるかもしれませんが、違います。見方が変わったため、変わったように感じるのです。そのぐらいパワフルなメソッドです。

■このチャンネルがおすすめの方
・ご自分の思考の枠を外したい方
・コーチングメソッドを使って自分をドライブさせたい方
・今の状況を変えたい方
・目標を実現したい方
・心身のコンディションをご自身で整えたい方
・今以上にやる気・モチベーションを上げたい方
・やる気が出なくてお困りの方
・集中力が途切れ気味の方
・がんばりたいのに気分がぼんやりしてしまう方
・不調にお悩みの方(※実際の病気を除きます)
・コーチングに興味がある方

など

■このチャンネルで放送すること
・コーチングで個人の能力を最大限に引き出す方法
・コーチングと人生のバランスの取り方
・コーチングで生活スタイルを改善する方法
・コーチング的対話を日常に取り入れて人間関係を円滑にする方法
・やる気メカニズムをご自分の望む方向に転換できるようにする方法
・日常の中で、隙間時間で自分のコンディションの整え方

など

 
#コーチング #エグゼクティブコーチ #マインドセット #ストレングスファインダー #Gallup認定ストレングスコーチ #gravitasimpact #ファウンデーションを整えるコーチ
---
stand.fmでは、この放送にいいね・コメント・レター送信ができます。
https://stand.fm/channels/6207c319eb302d8b48bb5193

Summary

彼は思考の枠を外し、自分の限界を超える未来設計のつくり方をしています。

Table of Contents

未来設計の重要性
根本Deacon雅子
こんにちは、根本 Deacon 雅子です。本日のテーマは、思考の枠を外して、自分の限界を超える未来設計のつくりかた。
皆さんご自分自身で未来設計のつくり方っていうと何なんだろう?そして自分自身の限界を超えられる、自分が自分で限界があるんだっていうふうに思っていない方もいらっしゃるかもしれないし、
根本Deacon雅子
あるいは自分でその限界を超えられるっていうことが、ひょっとしたら可能なのか、そこが不安なっていう方もいらっしゃるかもしれませんよね。
根本Deacon雅子
そもそも未来設計というのが必要なんでしょうか。未来設計が必要かどうか、自分がその未来設計を考えたことがないんだから必要かどうかわからない、
そんな方もいらっしゃるかもしれません。ところが、やはり自分の中で目標を達成したい、あるいは何か自分の次のステージに行きたい、新しい視点が欲しいっていうような時には、この未来設計っていったところは非常に重要になってきます。
根本Deacon雅子
あるいは40代でさらに次のキャリアを考えたい、はたまた定年退職後っていうようなところも考えたい、
根本Deacon雅子
そんな方にはこのまさにこの未来設計っていったところが大切になってきますよね。 じゃあこの未来設計というのは可能なんでしょうか。
未来設計ということ自体も考えたことがないっていう風になってくる方っていうのは多くの方が、未来は自分が考えるのじゃなくて、会社の上司が考えることだとか、あるいは会社が考えることだっていう風に思っていたので、
根本Deacon雅子
可能かどうかっていうこと自体もちょっとどうなんだろうっていうふうにドキドキしちゃう方もいらっしゃるかもしれません。
根本Deacon雅子
ところが可能なんですよね。そして可能だとしたら未来の設計者はどなたですか。 あなたですよね。
ご自分が未来の設計者になるだけなんですよね。 そしてなれるんですよね。
今ご自分で自分の授業をやっていらっしゃる方もいらっしゃるかもしれない、大企業にお勤めの方もいらっしゃるかもしれない、どんな方でも自分で自分の新たな目標を達成したい、自分のキャリアを考え直したい、
根本Deacon雅子
あるいは自分の人生を考え直したい。 どのステージのいらっしゃる方でも未来の設計が可能で、そしてその設計者はご自分自身、あなたということになります。
そうすると何を設計したいですかという時問いに次になりますよね。 何を設計したいか。
根本Deacon雅子
大きな真っ白なキャンバスの前で何を設計しますか。何を設計したいですか。 何を設計しても大丈夫ですよ。皆さんの人生です。
根本Deacon雅子
あなたの人生ですというふうに問われたら、どんなことを描かれますか。
根本Deacon雅子
未来を自由に設計してもいい、どんなふうに描いてもいいというふうに問われてしまうと、ちょっと戸惑ってしまうという方が多いかもしれませんよね。
自分自身が未来の設計者
根本Deacon雅子
実際にそういう方が非常に多いです。 でも大丈夫です。こんな問いをまずご自分になさってみてください。
根本Deacon雅子
今、ご自分は現時点で、ご自分のハッピー度を10点満点で採点するとしたら何点ですか。
未来を設計するにあたってまず自分の現状、現在時点を確認してみる。それを点数で考えてみる。
根本Deacon雅子
改めてご自分のハッピー度を考えてみる。 大まかなハッピー度でもいいし、あるいはご自分のお仕事までのハッピー度でもいいですし、
根本Deacon雅子
あるいはご自分のパンツのナイフでのハッピー度でもいいですし、あるいは総合でのハッピー度でも結構です。
根本Deacon雅子
10点満点で何点でしょうか。 ちょっと考えていただきたいんですよね。
根本Deacon雅子
そうすると、その点数をつけたところからご自分自身のその点数をご覧になってどう思われますか。
根本Deacon雅子
10点という方もいらっしゃるかもしれませんよね。 5点という方もいらっしゃるかもしれない。
根本Deacon雅子
あるいは8点、3点、いろんな点数があるかもしれない。いずれにせよその点数をご自分でつけられてその点数をどう思われますか。
根本Deacon雅子
この点数を上げたいのか下げたいのか、あるいはずっとその点数をキープしたいのか、
根本Deacon雅子
それらがすべて設計次第で可能になってくるんですよね。 それが未来設計です。
この未来設計を始められるのがこのご自分自身。 今のハッピー度を10点満点で採点なさってみてください。
根本Deacon雅子
これが未来設計のスタートです。 最近、未来設計を作るトリプルセッションというのも始めました。
もしもご興味ありましたら、こちらのYouTubeのコメント欄に残されていただいても結構ですし、
X経由でご連絡なさっていただいても結構です。 ぜひ楽しくこのハッピー度の採点をなされるところから始めてみてください。
根本Deacon雅子
本日もありがとうございました。
05:43

Comments

Scroll