1. TankTalkTwist
  2. ep.17 なろう系と後輩について
2022-08-12 34:08

ep.17 なろう系と後輩について

#17 オープニングトークで”なろう系”の話をしていたはずが、ムーさんの後輩の話へ、、、。好かれる先輩の条件って何でしょうか?タンク2人は悩んでいます。
===========================================================
この番組は、いい加減なムーと、理屈っぽいAtsu4が捻くれたトークをしていく番組です。 
小さなことから大きなことまで深堀していきます。 
=========================================================== 
出演
タンクA : ムー 
タンクB : Atsu4 
お便り・感想・質問 ↓ 
onl.la/FsmsWD8
Twitter : @_tanktalk
00:00
TankTalkTwist!
何時に聞いてるかもわからないみなさん、こんにちは、こんばんは。
えっと、なろう系の転生される側に、ヒロイキが出てきて、2チャー創設者の。
もう、なろう系もいよいよそこが見えてきたかなと思っている、TankAのムーです。
えぇ、なろう系だったら、ポンズ・キノキ・コクジョウが一番好きです。
TankBのAtsuです。
この番組は、いい加減なムーと理屈っぽいAtsu4がひねくれたトークをしていきます。
Tankっぽい体のでかい2人が、小さなことから大きなことまで深掘りしていきます。
ダメだよ、Atsu4。
なに?
なに?
みなさん、あの、テイク2ですからね、これ。
ひどいですよ、Atsu4くん。
今日、まあ言ってもオフプレ?
僕のアドリブで何回入れて、そのアドリブにAtsu4くんが対応するっていう状態が続いてますけども、
何回目かにして、コートを熱して切れないという状態になってしまして、
あの、TankAのムーですって言った瞬間、
うなり出して、もうびっくりですよ、僕は。
どうした、どうした?
いや、今回は、なんかその、まあ今言ったみたいに、なろう系の中でも好きな
ポンと返してやろうっていうのがあったんだけど、
一瞬でね?
一瞬で。タイトルがどうしても出てこなくて。
あの、このううううっていう状態多分後半で流させてもらうので、よろしくお願いします。
流さないって。編集も俺がやってるのよ。
ほんとね、俺なんかツイッターかなんかで見たのかな。
みちゃんソーセージ社のヒロイキが、こうなんか転生されてきて、なんか論破して、モンスターを倒すみたいな。
え、それってさ、なろう系の、その、本当の方、本当の小説の方、それともアニメ化されたとかって話?
ラノベじゃなくて、多分漫画でパロってるのかわかんないけど、
そういうのが出てきて、もうなんか、無限にあるじゃん、ああいう系って。
そうだね。
無限にある中でもさ、あーなんかもうヒロイキとか出してきたかーと思って。
もういよいよだなーと思っちゃって。
バトル系で戦うっていう感じでもなくて、ちょっとよくわかんない状態のヒロイキが出てきて。
まあなろう系ってさ、小説家になろうっていう、なんか小説を投稿できるサイトの話なんだけどさ。
あーらしいね、なんか俺も最近さ、調べててさ、そうなんやーって思った。
そうなんだよ、結構読むとおもろいけど。
それの中のほとんどが多くが異世界転生者なんだよね。
だからなろう系って言われてるんだろうね。
そうそう、なんか異世界転生者はなろう系みたいなイメージがめちゃめちゃあるけど。
03:00
確かに最近なんかすごい、なんかひねってきてるよね、異世界転生者。
なんかそもそも、そのなろう系のアニメが結局さ、結構多く出始めてるやん。
多いね、リゼロとか。
で、なんかちょっとこうタイトルが長いのがちょっと取れなくて。
なってるなってる、最近ね。
だからあれもどうなのかなーとか思いながら、まあまあ、どういう略し方っていうのもね、皆さんおもしろいところではあると思うんですけど。
そうだね、俺はなろう系はやっぱテンスラが一番おもろいかなー。
テンスラも人気だよね。
転生したらスライムだったっけんか。
スライムだけど、結局めちゃめちゃ強いスライムなんだよね。
そうだね、なろう系って結局なんでこんな人気かって、やっぱ主人公が最強設定なのが一番。
でもね、最近はね、なんかそうでもない。
違うの?
のも結構増えてきてると思うけどな。
相性っていうか、パワーが強いっていうかは、1個だけヒールと能力があるとか。
あー、そういうことね。
そうそう。
なんか目がすごくいいとかね。
そうそう。
あるね、なんか。
死に戻りができると。
あー、そうね。
けどなんかパワーはまじで凡人以下みたいな。
だけどなんか使い方によっちゃもうなんかパワーも出ますみたいな勢いじゃん。
スピードめっちゃ速いけどパワーないです。
だけどスピードに乗せてやればパワー出ますみたいな感じじゃない?なんか。
すごい。
あるよね。
やっぱ、なんかそういう方が上がるよね、漫画とかは。
多分その辺はちょっと植木の法則とかから来てる。
世の中では。
今のは植木っぽい話だったね、確かに。
そうね。
だからまあそのなんかちょっと工夫しながら戦うみたいなね。
うんうん。
それこそワンピースのゲイアセカンドとかもそれに当たるみたいなね。
ゴムだけど血流めちゃくちゃ回してドクドク言わせますみたいな。
運動量を速くさせますみたいな。
それは血管もゴムだからできるんですみたいな感じでしょ、あれも。
やっぱ考え方だよな、ああいうの。
あれは工夫だと思うよ、本当に。
工夫だよな。
大事だと思う、あれは。
そのナロ系の中でもちょっと俺の一押しなのが本好きの下国城の話なんだけど。
言ってたね、今。
これねめちゃめちゃ面白いのよ。
どういう話なの?
なんかもうバトルとはちょっと違うんだけど。
バトルとは違うの?
バトルではないね。
え?
めちゃめちゃ本が好きな女の人がよくある事故にあって転生しちゃうんだけど。
出た。
だいたいトラックに引かれるんだよな。
そうそう、トラックに引かれて転生して。
異世界の赤ちゃん、3歳4歳ぐらいかな。
06:05
しゃべれるようになったぐらいの子供に転生するのね。
もう自我があるパターンね。
そうそう、自我があるパターン。
で、めちゃめちゃ本好きで本があれば生きていけますみたいな感じだったんだけど、その世界には本がなかったの。
それさ、あれでしょ、文字がそもそもないみたいなやつじゃないの?
文字は基本的には読めなくて、本当に貴族とか、そういう人だけ、教養がある人だけの読めますみたいな世界なんだけど、
そこでなんか最初は本を作ろうと奮闘するわけをいろいろ受け付けたり、石の板に書いてみたりみたいな。
それなんか最初市場みたいなところ行くやつでしょ、お母さんと一緒に。
そうそう、あの林檎はいくらなのって。
で、なんか最初は本作る話がメインなんだけど、本数人はそうなんだけど、
芸穀場が何かっていうと一番最初も土平民のめっちゃ貧乏なところからスタートするんだけど、
なんやかんやって位が上がっていくのよ。
で、最初平民だけど、なんかちょっともう一個上の中間層みたいなところになって、
貴族になって、で、もっと登り詰めてっていう話がめちゃめちゃおもろいっていうのが一つと、
まあでもアロトっぽいね、それ。
まあまあぽいぽい。
で、もう一個は魔法が一応ある世界なんだけど、貴族になると魔法とか使えるんだけど、
なんかその辺の世界観の作り込みがめちゃちゃんとしてるのよ。
だからおもしろい。
なんか結局あれ作り込み芸みたいなとこあるよね、ナロウ系って。
なんか矛盾してくるとつまんなくなっちゃうからさ。
長すぎるとつまんないから。
たぶんハンター×ハンターの戸垣先生にナロウ系作らせてたぶん半端じゃないだろうな。
細かすぎるんじゃない?
終わらなくなるんじゃない?
めちゃくちゃ救済士するけどめっちゃ作り込まれてるみたいな。
結構ね、設定がちゃんとしてる話ってさ、俺好きだからさ。
そうだね。
おもろいなと思っちゃうね。
で、なんかその、下から上に上がってくのもめっちゃ好きでさ、
例えるなら、漫画とかでもさ、永遠と同じ学年を繰り返す漫画とちゃんと進級する漫画ってあるじゃん。
あるね、サザエさん、ユミマルさんと一緒だもんね。
で、俺進級する漫画めっちゃ好きなんだよ。
あー、ダイヤのエースとか?
ちゃんと、そうそう、なんか学園もので、学年が上がりました、後輩が入ってきますとか環境が変わって、
ちゃんと進んでいくのが好きで。
それがね、めちゃめちゃあって、ちゃんとこう学校に入って、ちょっとずつ上に上がってって、
成り上がるみたいな、成り上がっちゃうみたいな話なんだけど。
それがね、おもしろいんだよね。
やっぱね、成り上がりはいいな。
おもしろい。
学年確かに変わってくのもおもろいよな。後輩とかめっちゃワクワクするもんな。
めちゃめちゃワクワクする。
09:00
なんか、ヨワムシペダルとか俺見てた時とか。
あー、はいはいはい。先輩が抜けてってね。
そうそうそうそう。
後輩が入ってって。
後輩にさ、結局スーパースターみたいなやつが出てくるんだよな。
出てくるんだよ。
いや、俺なんかそういうのも好きなんだけど、あれってその、1校への先輩はさ、なんかそんななんだよね。
うん。
スーパースターですよね。結構凡人の人たちがいなくて、これどうすんのみたいな話で。
なんやかんや先輩も頑張って、下から一緒にやりましょうみたいな話してあげるみたいな。そういうのもね、リアル感があって好きなの。
そうなんだよね。実は凡人みたいなところもね。みんながスーパースターじゃないみたいなところがまたいいんだよね。
そうなんだよ。
やっぱでもさ、後輩からしたらさ、先輩好きじゃんやっぱ部活一緒にやったらさ。
あー。
そんななんか自分がとか言わないでくださいよみたいな、一緒にやりましょうよみたいな話ってさ、やっぱよくあるからさ。
あーって思っちゃう。
でも俺野球部の時はほんと先輩嫌いだったわ。
おい。
おい。
好きになれ。
マジで結構嫌いだったわ。マジで早くどっか行ってくんねえかなって思って。
まあまあそういう人もいるけどね。
早く学年上がりたいって思ったもんずっと。
あー自分が一番上になりたいって思ってた。
そうそう。だってヤダも使われるの。
使ってくる先輩ヤダやん。
使ってくる先輩ヤダ。
上下関係をさ、振りかざしてくる人ってヤダよね。
ヤダね。ほんとヤダ。
ほんとにそういうなんかね、なんなのかなあの、こう、力ない人ほどそれやってくるんだよな。
やってくるね。
ヤダなあそれはな。
お前後輩なんだからっていう人はね、大体クソだよ。
あれ?
あれ?
黒厚紙じゃん。
ヤバい。
珍しく黒厚紙。
逆にその後輩だからっていう人はすごい嫌いだけど、先輩だからこれぐらいなんかやるよみたいな。
上に立つ立場だから。
逆にね。
そうそうそうこうあるべきでしょみたいなさ。
そういうモチベーションの人はめっちゃ好き。
確かにね。
俺どうだろう。
どう?
分かんない。俺後輩のこと面白いか面白くないかでしか分かってないから、あんまりどうでもいいかも。
俺バカにされててもどうでもいいもん。
あー面白くないなーとしか思わないから。
そもそも上下関係、会社の近い年には求めてないんでしょあんまり。
上は絶対服従だよ俺は。
あー。
変なやつ以外はね。
変なやつ以外はもうガリセーって言ったらはいって言って、コーヒー買ってきましたって言うから。
12:01
うんさんの先輩から電話来た時の対応すごいもん。
ちょっと待ってって言ってあ、すいませんですって言って。
はい、はい、はい、はい、分かりました、はい、はい、あ、今、今大丈夫ですよ、はい、はいって。
あれは特に怖い先輩だから。
裏社会なんだったらしい。
裏社会じゃん。
それが会社の先輩じゃないけど、会社の先輩は、ごめん迎えに来てくれーとかごめんねーみたいな。
あんまり迎えに行くとかなんかしてもらうっていうのを極力させないでいてくれてるような人たちなんだ。
あー。
そうそう、だからその先輩でもその使っていいところ、後輩のことを使っていいことを使っていかんことってあるよねっていうのがちゃんとなんかしてる人たちだから。
そういう人たちが逆に何か言ってきたら俺全力で動こうと思ってるから。
あーいいね、それやっぱ好きな先輩。
そうそうそうそう、だからはいっつって。
はいっ、よしっつって言ってもう即行くから。
もうこういうこのタンクトックツイストのラジオ収録しててもうはいっ行きますって言っていくから。
それはダメだよ。
なんでだよ。
その後俺一人喋るか。
そうだよ、ごめんちょっと行ってくるわって言って。
えーってなるけど。
だからそうだなー、そういう先輩になりたいなー。俺後輩とあんまり飯とか行ったこともないもんなー。
あー、ちょっと行ってみたら?
何食べるかわからんし。
意外なところに弱点っていうか苦手なところがあんの。
なんかあんま面白くないしさ、喋っとっても。
そのー、やっぱさ、面白い絡みをするのってさ、相手のこと知らないといけないじゃん。
いやーそうね。
それが足りてないんじゃない?
だけどさ、後輩ってさやっぱ先輩の話を聞くもんじゃん。
あーそれ悪い先輩出てんじゃん。
違う違う違う、だから俺は後輩ってそういうもんだと思ってるから
先輩が気持ちよく喋ってるのに、俺がスパイスを加えることによってより面白くするっていうのが俺の役目だと思ってるんだけど。
だけど、俺自分から何かを生み出して何かを喋るってことは苦手だから
後輩の情報を引き出すっていう側に回るわけ。
はいはいはい。
後輩って、なんか俺のことなんか聞いても面白いのかなっていうメンタルのやつって多い気がするの。
あー。
そうなってくると大丈夫なんだなみたいな。
しかもなんかそんなに面白いエピソード持ってるやつもいっぱいいるわけじゃないじゃん。
そうかな。
いやでもその、むーさんがさ、大して面白くないエピソードも面白くしてあげたらいいじゃん。
あー、スパイスを加えて俺の。
スパイスを加えて。
ちょっとさ、考え方を変えたらさ、
15:00
上の人に対して、なんか話してきたことに対してスパイスを加えるのが得意って思ってるかもしんないけど、
上の人限定かはさ、ちょっとまだ結論には早いんじゃない?
確かになー。
誰かが、誰でもいいけど、誰かが喋ったことに対してスパイスを加えるのが得意って考えたら、先輩も後輩も関係なくない?
確かに確かに。
そうだよね。
でも俺先輩とさ、飲みに行った時ってさ、12時とか1時とかになるけどさ、俺後輩と帰る。
後輩と飯行くとさ、なんかもう9時ぐらいに帰った気になるんだよな。
帰った気になっちゃう。
結局あれってさ、先輩のさじ加減じゃん帰る帰らないって。
まあまあそれはそんな感じはあるよね。
だから帰ろかって帰ったんだね。
そうか。もうちょっと頑張ってほしいな。
そうだなー。なんか面白いやついないのかなー。
面白い話を引き出す。
そうなんだけど、後輩と飲みに行くっていうメリットが俺の中であんまないんだよな。
ほんと俺の中で一人だけ後輩として好きだなって思ってるやつがいるんだけど。
期待してんの?
期待してるっていうか、会社の後輩じゃないの全然。
大学も高校も全然違うんだけど。
何で知り合ったの?
友達の後輩みたいなやつで。
俺からしても後輩なんだけど。
もうなんかそいつだけは俺すごい好きで。
本当に、どれくらいぶりかな。
最近半年、一年くらい連絡取ってないけど。
一年前とかは一回焼肉行こうかって言って行って、大抵焼肉行ったりしとったけど。
ほんとマジで珍しいけど、その二人なんてね、俺。
そうそうそうそう。
でもその子は喋って楽しいわけだ。
楽しい。関西人なんだけどね。
なんかノリがおもろいというか、喋っとってなんか。
なんかふざけてもちゃんと突っ込んでくれるしみたいな。
久々に連絡してみたらいいじゃん。
そうしよう俺。
またちょっと結果教えてよ。
これ終わったら連絡しよう。
そのパターンなんかちょいちょいあるな。
ありますな。
まあまあちょっとオープニングトークはこの辺にして。
オープニングトーク長いな。
あれ?何の話?
マロー系の話してたよね?
後輩と飯行くらしいな。
いやでも後輩と飯行く?
後輩と?
俺も行かんな。
でもなんかさ、俺結構後輩と喋ってるイメージあるんだけど、チャリとかで帰り道とかでさ。
18:04
チャリで帰り道は別になんていうか、会うから喋るぐらいだと思うけど。
でもなんか喋ろうと思うよねよく。
俺多分普通にさ、チャリンコ普通に恋で帰っちゃうと思って。
別にね、一緒になったら喋ってるだけだよたまたま。
一緒になったら喋ってんでしょ。
なんかさ、いや無視すんのもあれじゃない?
え、でもお疲れって言って帰ってかんの?
いやそういう時もあるよ。
あるけど、たまには喋らないと嫌な奴って思われるかなみたいな。
え、それはさ、チュイチュイチュイって言うの?
いやなんかお疲れみたいな。でなんか、人肌喋る。
あーそういうことね。
うん、なんだかんだ言うのみたいな。
それできるの?あんすし。
俺めっちゃ苦手だよ。
ね、確か。
苦手だけど。
なんか広げようともしない会話、投げてくんなみたいなこと言ってたもんねこの間。
あーそうそう、でも俺は広げるからちゃんと。
あーそういうことね。
投げてきたくせにさ、なんか広げない奴いるじゃん。
ボール投げてきたけどグローブ持ってないみたいな。
ボール投げてきたけどグローブ持ってない。
お前投げ返される気ないやんみたいな。
そういうこと。
たまにいない?そういうやつ。
まあまあいるけど。
あれやなんだよ。
あーそういうこと?いいじゃん。投げ返さなくて済むんだから。
俺はね、ちゃんとグローブ持ってね、ボールパッて投げるから大丈夫。
いつでも来いって感じで。
あーそういうことね。
あーそう。グローブ持ってないときはボール投げないから。
え、それでもさ、自分のことを喋るの?
あー、いや、だいたい聞くほうかな。
俺あんま自分のこと喋らんかもしれない。
あー。
最近どう?みたいなところから始まるの?
あーなんかお盆何すんの?みたいな。
あーそういう会話すんだ。
まあすることもある。
えー。絶対興味ないじゃん。
絶対興味ないよね。
ははは。
はははじゃなくて。はははじゃなくて。
ないよ。ずっと興味ないよ。
アメリカの笑い方になってるよ。はははとか言う。
まあ確かに、後輩と喋るのって難しいかもね。
うーん。そもそも興味ない。
まあでもさ、結局さ、尊徳感情みたいなとこあるからさ、多少。
うーん。
仲良くなってもメリットがみたいなとこあるよね。
あー、メリットか。
うーん。そいつが相当面白かったらいいよ。
うーん。
とか、相当面白いか面白くないかでしかなくない?
21:05
なんか、すいてくれてるかどうかみたいな感じはない。
逆にさ、先輩最近どうなんすか?みたいなことをさ、
結構話してくれる後輩とは喋る。
あー、確かに。俺もグイグイ来てくれたら嬉しいわ。
おーおーみたいな感じで、あーみたいな感じで喋るじゃん。
だから俺もそれをグイグイ言ってるもん。
あー、そういう意味では俺も言ってるわ。
そうやろ?
そうだね。
いや俺はね、後輩はそうあるべきだと思っとる。
いやでも俺はね、そういう先輩に慣れてない俺らが悪いと思うよ。
あー、その言ってきていいオーラーを出してないってこと?
そうそうそう。ちょっと興味持たれてないんだって。そもそも。
そもそもがね?
そもそも。
そうなんやろ。あ、そもそもだから面白いと思われてないからな。
そうだよ。いや俺らが悪いよ、もう。
やっぱさ、つついてはおもろい先輩はさ、続きたいじゃん。
確かにね。
俺ら続かれてないってことはさ、おもろくないって思われてんだよ。
あ、そういうこと?
そうだよ。
え?
よくないよ。
いや絶対俺の方がおもろいって。
えー、ほんとか?
つつきにくいんじゃねーの?
えー、ほんとか?
え、じゃあさ、どういう先輩がいいの?ムーンさん的には。
どういう先輩?
先輩だと喋りたくなんの?ムーンさんが思う。
あー。なんやろな。でも余分なこと話さない。
それ自分に当てはめてみたら?
余分なこと話してない。
ほんとかよ。
ガチ余分なこと話してない。
余分なことしか話してないんじゃなくて。
違う違う違う。そのー、違うじゃん。そのー、なんていうのかな?
クールな感じってこと?
クールな感じっていうか、そのしょうもないことをしゃべる、しょうもないっていうか、つまらんことをしゃべんないっていう感じ?なんていうの?
あー。
余分なつまらんことをしゃべんないみたいな。
オチのない話はしないみたいなこと?
あー、まあそんな感じ。
頼ませていたなとか言わないってこと?
それ何?それただのデブやん。ストッドマンやんそれ多分。
それは違うか。
なんかさ、こう、なんとかさん、なんとかですやん、みたいな。
いやいやいや、お前キモ、みたいな感じで終わるだけの人。
あー、それはダメなパターンね。
ダメなパターン。なんか、お前キモ、みたいな感じで終わる人。
何こういうパターンね。
あ、それはなんとかでしょ、みたいな感じで言ってくれる方がまだ。
あー。
ね、なんか、なんていうのかな、ちょっとこう、おらついてる人とか苦手。
24:03
ほー。
おらついてた時に、あのー、なんていうのかな、まだ大人になりきれてない感じの人いるじゃん、たまに。
えー、どんな人だろう。
まだそこ、みたいな人。
なんかイキってんな。
あれ?
あれイキってないな。まだそんなとこにいるの?
あれ?あれ?なんか俺が嫌いな先輩像に俺が寄ってってる気がするわ。
ちょっとね、自分を変える意味とかがいいかもしれないね。
そうかもしれんな、でも。えー、俺後輩と喋るの苦手やなー、でもそう思うとほんとに。
うーん、ちょっと克服してこう。俺もちょっと考えるわ。後輩に好かれるように。
深刻な後輩問題だな。
なんかあのー、これおもろいかもしれないな。
でも、俺ね、1校目の先輩からは、お前より下の後輩が全然おもしろくないって言われてるから。
あー、やっぱそれ使命だよ。
使命?
育てあげるっていう。
え、なんかそんな話もあったな。
こんなこと言った気がするね。
お前が育成不足ってことか、俺が。
育成不足だってやっぱ、深刻なね。
そういうこと?
俺もちょっと考えるわ、後輩の育成。
えー、だからさ、やっぱ触れてる時間が短いからさ、
うんうん。
その、おもしろいことも共有できないんだろうな。
もうちょっとコミュニケーション取っていかないといけないんだね。
いやー、そういうことかー。ちょっと、えー、めんどくせー。
飲みに行くのめんどくせー。
いや、別に飲みに行かなくてもいいじゃん。
普段、なんか顔見るたびにちょこちょこってふざけたらいいわけでしょ?
いやー、でもなんか仕事してるからさ、みんな。
ほんとか?
あのー、違う、ほんとに。
アクセクション、俺は結構暇なほうだからさ、
うん。
暇なやつが話しかけてくんなよって感じない?
そうか。
そうそうそう。
後輩一体しないと厳しいわけだ。
うん。
女の子の後輩をご飯に誘うのはダメかな?
いいでしょ?
いいかな?
それはさ、一応聞いとくわ。それって下心はあるの?ないの?
いやいや、女の子っていう時点で下心はゼロじゃないよ。
それ失礼だろ、逆に。
あ、逆にね。
うん。下心ゼロは失礼だろ、それ。
わかった。じゃあ、なんていうかその、どういうつもりで言ったの?今。
そのなんか、ほら、会社の後輩と仲良くなりたいって延長で言ったのか、
それか、女の子と仲良くなりたいって延長で言ったのかどっちなの?今。
結構わからなくなったから。
うわ、なんかしんどこいつ。
なんで?
こいつ仕事と私どっちが大事なのっていうタイプの。
なんで?答え変わってくるじゃん、言われたからさ。
まあでも、じゃあ仲良くなりたいのは延長だよ?
うんうんうん。
27:00
延長に下心があるだけで。
なるほどね。
もうなんかないかなっていう感じのタイプ?
全然いいと思うけど、2人だとちょっと気になるんじゃない?やっぱ。
やっぱそうかな。
3人ぐらいがいいんじゃない?後輩2人とか。
そうだよね、後輩2人か。
の方がやっぱ安心してきてくれるんじゃない?
後輩2人なあ。みんな家遠いんだよなあ。
止めてやるじゃん、じゃあ。
え?止めてやる?
うん。
俺ん家に?
うん。
え?ど、え?どういうこと?
え、後輩。
後輩を止めるってこと?
うん。
女の子?
あ、2人とも女の子なの?
ごめん、1人は男の想像だったわね。
あ、そういうこと?ごめんごめん。
あの、うち会社から女の子多いからさ。
あ、そうか。事務の女の子みたいなのが。
そうそうそうそう。
あー。
だって会社全体で言ったら多分女の子の方が多いからさ。
え、そうなんだ。
うん。
ちょっと想像できないわ。
だって今の店舗、男4人、女2人なの。
あー、まあ半々なんだ。
半々。
うんうんうん。
半々になる。
どうか、だからあれか。後輩も女の子の方が多いってこと?
女の子の方が多い。
あ、そこ、そういうことじゃない?
あ、そういうこと?
やっぱ女の子でおもろい後輩ってさ、もっと少ないじゃん、どう考えても。
いや、女の子のおもろい後輩は正直求めてない、俺は。
そう、で、男の後輩がそもそも少ないわけじゃん。
そうそうそうだね。
そっからおもろいやつを出してくるのはやっぱ難しいよ。
個数が少ないと。
あー、そういうことか。
だって普通の会社よりははるかに少ないと思うもん。
そもそも職員、社員の人数も少ないし、男の人数もそれから少ないし。
そうか、そういうことだよ。
あー、じゃあ俺のせいじゃねえんだ。
俺さ、結構部署の数も多いからさ、後輩も結構いっぱいいるのよ。
あ、じゃあそれはあっちが悪いよ。
俺が?何?俺悪いとかあった?今。
俺は分母が少なくて、ダイヤがまず転がってない状態。
あっちはダイヤゴロゴロしてる可能性あるのにもかかわらず、怠ってるから、それはあっちのせいだよ。
可能性ね。
可能性だからね。
可能性っていうか、だって何人いるの?
後輩?
後輩。
10人以上いるよ。
10人以上いるでしょ。めっちゃいるじゃん。
単純に年下って考えたら。
女の子、男の子関係なく?
全員男だね。
30:00
全員男なんだ。
いるね。
ちょっと発掘するわ。
俺多分順位に切ってるな。
それ難しいかもね。
7年目だけど。
ちょっと後輩の面白いエピソード持ってこれるように、ちょっと努力するわ。
ちょっと会社行く楽しみ増えたかもしれない。
俺もちょっとなんか、自分の目標ばっか追ってないで後輩のことちょっと考えようかな。
逆にさ、後輩のつまらないエピソード持ってきてよ。
つまらないエピソードって言うな。
俺んとこの後輩めっちゃおもろいぞ。
いいじゃん。勝負じゃん。
ちょっと勝負しようよ。
会社対抗、後輩の面白いエピソード。
いいね。1ヶ月後ぐらいに。
どうしよう俺。
あいつら絶対つまらんやん。
じゃあ9月の最初週の収録は。
こいつ自信満々で来る。
後輩が。
お前ヤバいよ。でもそれお前20人ぐらいいて、お前面白いエピソード1個も持ってこれんかったらもうお前がつまらんってことになるからね。
自分にプレッシャーかけてるもん今。
どうしよう。今度の会議で一旦呼びかけよう。
何を呼びかけんの。
ちょ、後輩集合終わってて。
お前ら面白い話してって。
マジで嫌な先輩やん。
その時点で結構おもろいエピソードだから大丈夫。
本当にやるんなら。
後輩が持ってるエピソードっていうよりかは、
後輩と関わったことによって起きた何かを喋ってほしいわけ。
えーそれマジむずい。だって俺ほぼゼロやで。
積極的にさ。
ちょっと分かったわ。
頑張ろう。特定の後輩にだけさ、
モノマネしながら挨拶するとかさ。
させるじゃなくてするの俺。
うん。したらさ、なんか言ってくるかもしれんよ。
なんすかそれみたいな。
いやーそのアンテナ持ってるかなあの人。
持ってるかなー。
そういうね、なんかちょっといつもと違うことやってくる。
えーでもそれクソしょうもない先輩じゃない?
俺そんな先輩やないんやけど。
まあそこは考えてよ。
うーん分かった。
後輩集めてさ、やってもいいし集合つって。
とりあえず一発芸やれって。
大抵だな。
野球部の悪しき風習だわ。
思い出しちゃうね。
思い出すわ。うーうーうーってなるわ。
オープニングなつしみたいになるわ。
うーうーうーって。
それカットするから。
そこもカットするから。
33:00
なんでやねん。
絶対おもろいやろ。
おもろくないって。
まあそんな感じで。
ちょっと思ってたことをしゃべりなかった。
そうですね。また来週は思ってたことをしゃべりましょう。
えっとじゃあ今日は後輩の話ってことで、
ちょっと1ヶ月後ぐらいに後輩のエピソードのやつを話します。
後輩おもしろ話GP始まるから。
GPずるからね。
後輩ワングランプリ始まる。
後輩ワングランプリ。
まあそんなところ。
はい。じゃあまた来週も聞いてください。さよなら。
さよなら。
それってあなたの感想ですね。
34:08

Comments

Scroll