1. シュウの放すラジオ
  2. 久々ぐだぐた独り喋り~なっち..

ずっどゲスト回が続いてたから、独り喋りはホント久しぶり!

前半はちょっとした振り返りをしつつ、ぐだぐだ…

後半は、やっぱりぐだぐだ、直近のなっちさん対談や、そこから派生した状況から、今のボクが感じてるお話

とにかく、独り喋り、メッチャ下手になってた…w


#シュウの放すラジオ #放すラジオ #手放す

#なるべくお金を使わない生活 #省マネ(省マネーの略)

#コテンラジオ #コテンコミュニティ

#樋口塾


なっちさん対談その1~ビビり同士!共通点と違う点?思いや葛藤の供養としての番組とは by シュウの放すラジオ • A podcast on Anchor : https://anchor.fm/sakashushu/episodes/1-e10g7io

なっちさん対談その2~自我?意識?に対しての「ウソ~ん!そんなバカな!」感…皆には無い? by シュウの放すラジオ • A podcast on Anchor : https://anchor.fm/sakashushu/episodes/2-e10lsur

#樋口聖典の世界 • A podcast on Anchor : https://anchor.fm/higuchiki


Twitter : https://twitter.com/sakashushu

Facebook : https://www.facebook.com/sakashushu

Instagram : https://www.instagram.com/sakashushu

Blog : https://sakashushu.github.io/

00:00
2021年5月14日、16時21分ですね。
物置の中で一人で今録音を始めてます。 外は雨が降ってますねー
だからまああんま激しい降りじゃないんですけど、 物置の屋根にポタンポタンって定期的に雨粒が落ちる
音がしてますね。 お隣さんじゃなくて裏のオタクも何かカンカンカンカントンカチで叩く音がたまに聞こえたりしますね。
まあそういう環境で今録音を始めてるってことです。 久々の一人喋りを今やろうと思って撮り始めてるとこですねー
前回なっちさん対談を2回に渡って流したんですけど それぞれで切り取ってっていう風な提案を僕させてもらったんですけど、なっちさんの方はまだ特にないですし
話自体を完全に被るものを流すかどうかというと興味もそんなに湧かないだろうなぁと思って今はちょっとあの提案自体がどうだったかなって思ってるところもあるんですけど
僕は僕の方でなっちさんからチャチャ入れ君、わかる人はわかるかな
ポッドキャストなり自分で撮った音源なりそれを流しながらそれにチャチャを入れるような感じで録音できるツールを
チャチャ入れ君って名前なんですけどそれを僕もなっちさんからいただいて でそれが動くっていうことは確認できて
で実際それを僕もさっきね20分ぐらい 僕となっちさんの対談のその1の方にチャチャ入れしながら録音してみたんですけど
いやーまあ前もちらっと言ったんですけど本当に僕チャチャ入れが向いてないですね
なんか下手単純に下手っていうのもあるんですけど 喋ってる上にかぶせて喋るのがまぁ普段の会話から苦手だし
ちょっとでも僕が喋ろうとした時に誰かが喋ろうとしたら基本的になるべく譲ろうとするし
話し続ける人もいるじゃないですか僕あれすごい苦手で 話し始めてかぶったとしても話し切ってしまう方がいいっていうふうなことも聞いたりするけど
いや性格的にそれすごい苦手ですね で譲り合っちゃったりして相手も譲ってくる時あるじゃないですか
で 僕の方がもうこんまけして僕の話を先にしますって言うんで話す時もあるんですね
03:00
で でさっき詐欺ちゃったなぁ
ちゃいましたねすいませんって言ってその人に話戻すと その人ねいやもう忘れましたとかいう時あるんですよね
いやーそれだけ勘弁してくれて僕いつも思うんですよね それだったら僕は忘れないから先に話しといてくれよって思うんですよね
でもねまぁね僕も性格わかるからいえいえどうぞどうぞっていうのはわかるんですけど いえいえどうぞどうぞっていうからにはもうその話絶対覚えておいて後でしてねーって僕なんか
思うんですけど まあねしょうがない大した話じゃなかったんですよ
あははーなんて流されちゃうもんなんですけど まあねそれはそれでありなんでしょうけど
大幅に話がずれましたこんな風ですよ僕は なのでねチャチャ入れほんと向いてないと思ってさっき撮った20
20何分かの音源ねこれはとてもじゃないけど うん
そのまま流すわけにはいかんなと思って改めて一人喋りを撮っているとこです っていうところでね
何を話すかわけわかんない回になりそうですけど一応行きましょう シューの話す
ラジオ
ゲスト会が続いてたからこの後に喋ってたことが何だったかよくわかんなくなったけど 話すがお話の話だよもう1回言っとこうかなぁ
変 ねっ
でまぁ何を話すかっていうのは全然 ない状態で話し始めているわけですよ
の責任のやつですねまあ僕のこの週の話すラジオ自体が あの気分としては日口清則さんの日口清則の世界と同じような気分でずっとやって
いるわけです 大晦日に始めて今は5月
今日が中何でしたっけ14だから まあ5ヶ月半
やってるわけですねでも5ヶ月半何をやってるかって言うと僕としてはただの遠くの 練習なわけです
でもねまぁここ最近はねゲスト会が続いてたからそれは練習って言っちゃうと僕の中では ね練習的な気分はずっと持ってはいるけれども
まあ相手に対して失礼になるんでそう言い切れないところはありますけど 一人語りに関してはまあ基本的に練習なわけですね
あのいつ配信されるかも決まってない不定期配信だし 1回の配信時間も
だいたいに30分というのはあるけど決まってはいないわけです で中でコーナーがあるわけでもない
ちゃんとちゃんと決まってるとも言えないけど一応タイトルコールしてる ぐらいな縛りなわけですよね
なんでねこれは何に対しての練習かすらわかってないですけどねいつかそういう ポッドキャストをやるかもしれないそれに向けての練習みたいな感じでいいのかな
06:11
でね何を喋るっていうのはあんまり決まってないんですけど さっきゲスト会が続いたって言いましたよね
でそれが始まったきっかけっていうのがあるわけですよ 何回か言ったことあるからそれだけで気づく人もいるかもしれないけど
83月17日に 番外編お米研ぎながら相方募集のグダグダ話っていう回を僕が配信してるん
ですね まさにまあお米を研ぎながら一人ごと
グダグダしてる中で相方欲しいなぁっていうの僕が言ったわけですよ もう1回言っとくと僕が聞いているポッドキャストの中に
ワクワクラジオっていうのがあるわけですね ワクワクラジオっていうタイトルのポッドキャストはいくつかあるみたいですね
僕はその自分が聞いているワクワクラジオしか知らないけど 森口さんと
なんだっけやべもう一人忘れちゃったけど のワクワクラジオですよ
面白いんですよね2人の掛け合いがでそれにね 羨ましいなぁと思って発信したっていうのがきっかけでした
でいろんな方がね意外と反応してくれて 最初に行ったのが浅見ゆかりさん
4月4日から始まった浅見ゆかりさんからの会は その僕の相方募集に反応してくれた方から始まったんですよね
でずっとゲスト会が続いてました前回のなっちさんまで でそれは全部が全部相方募集に反応してくれたわけじゃないです僕も
そういう相方探し的な気分もありつつ 対談の面白さにのめり込んでいってで僕の方からツイッターとかの僕の
つぶやきに対してのリアクションコメントに対してちょっとでも話したいみたいな感じの 雰囲気が感じられるなぁと思ったらこっちから刺すったりもしてましたね
でその中でも編集渋滞みたいなのが発生していったわけですけど まあそんな中で結構ね毎日配信してた時期もありますよね
で それで感じたことっていうので言うと僕自身も編集渋滞はやっぱ大変だって面白かったけど
大変だったし でその大変な割に割にっていう言い方は良くないのかな
今度はリスナーさん僕のありがたいことに僕の週の話すラジオを聞いてくださる方が一定数 いらっしゃるんですけど
09:00
その方々がついてこれなくなる現象みたいなのがある程度見て取れたんですね それは何回再生されたかっていうのを見ていくとやっぱそう感じるんですよね
毎日配信してると ついてこれない人が一定数いるような感じがする
もちろん毎回配信された直後から聞いてくださるありがたい方々もね数字として見えてるんですけど そうでない方々もいる
ある時にまとめてバーって聞いてる人っていうのもいるみたいな感じがするなって いうのがあったり
だから なんでしょうね楽しくてどんどんやってる分には全然いいんですよ
ただそれはある意味で ついてこれないがもうこいつについていけねえよって思わせるものにもなっていくの
かなっていうのは感じましたね
はいますます何言ってるかよくわかんないですよ 僕の中でねいろいろ対談の中でいろんなことが生まれたからそれに対してのね
ああれも喋ろうこれも喋ろうって思ったことはいっぱい溜まってたはずなんですけどね やっぱ話した内容に引っ張られていきますね
直近で言うとやっぱなちさんの会が面白くってやっぱり一番印象に残りますよね一番最近の 会だから
だからちゃちゃ入れ会っていうのを僕もやろうとしたんですけど あまり今下手すぎてちょっと成り立たなかったから
でもなっちさんとの会のビビリについてのことをちょっとやっぱり話していこうかな メインで話そうかなーって思います
直近で思ったことで言うと僕との対談の中で出てきた話題と かぶんないわけじゃないけどどっちかっていうと
えっと何で感じたんだっけなぁ 新型大人ウイルスじゃないえっとなっちさんの
すべてにビビって気を使うの オープンチャットが今生まれてるんですねこれは新型大人ウイルスの中にいる
隊長って呼ばれている ちゃんとした名前忘れちゃったの隊長秋山隊長
やべえちゃんと忘れたな うーんまあえっと
なんとかして隊長で調べてたどり着いてください 分かると思います
その隊長が立ち上げてくれたオープンチャットですね でそん中で
そん中でだっけなぁあれまた喋ってて記憶が怪しくなってきたぞ
全てにビビって気を使うについて そのオープンチャット内でいろんな人が
ちらほらね面白いコメントとかも残してるんですよね で
なんかめんどくさいなぁみたいな感じのことがあって僕はそれにちょっとそれは成り立たん と思いますみたいなコメントしたりもしたんですけど
12:03
でもね僕は思ったんだがそれはきっかけに過ぎないんだ そういったやりとりを見てて
僕が 感じたこと
っていう単純に僕が僕の中に生まれた感じたことですね 多いばから話そうと思うんですけど
全てにビビって気を使うっていうタイトルですねこれにチャチャ入れするような チャチャ入れじゃないな
ナッチさん自身がなんかこう普段気になったことみたいな喋ってるそれに近いような ことを喋ろうとしてるんだと思います
で全てにビビってっていうのは これはちょっと不可能じゃないかって思ったって話ですね
なるべくいろいろなことにビビって気を使う だったら全然可能だと思うんですよ
でも全てにっていうのは
原理的に 不可能じゃないかなーって僕思ったんですね
なんでそう思ったのかなっていうのをね今思い出しながら喋ってるんですけど
えっとねー これは僕自身のビビりの話が混ざるんですねナッチさんは優しさとしてビビって気を
使うってことをやってるからその意味で僕が今から言うことがそれは違うっていう話になるかもしれないですね
僕のビビってはあくまでも hsp っていう生まれ持った気質によるところなんですね
で そのビビりに
が全ての僕の行動の根っこにあったなーっていうのを最近感じたってことは何回か このポッドキャストでも言ったと思います
で ただですね人から見てそれは逆にすごいよねって言われてしまう行動もとってきてるわけですね
でまぁ今このあるべくお金を使わない生活っていう風のに流れてきた流れってのだいたい そういうふうに人からは言われるんですよそれなかなかできないですよねみたいな
でも僕の中では根っこがビビリでそうなってきたっていうのはあるんですね これもねなかなか毎回
うまくポンと言おうとしてポンと言えないんですけど えっとね今の社会に僕は違和感を持っていて資本主義
ましとし一言で言うと資本主義社会が行き過ぎているだろうって思っているわけです でそうこう
まあこれもねいろいろ批判はあると思いますよそれは承知で言うんですけどざっくりで無理やり まとめてます
で資本主義社会の行き過ぎっていうのには競争社会っていう風に表現されるような要素が 多分にあると思ってますとで僕はその競争をやっていくことに対して
もう嫌気がさしたんですねでもそう嫌気がさしたって言い方もできるし ビビったわけですよねその競争して勝ち抜いていくっていうのはことはちょっと僕は
15:09
ずっと続けていくのは無理だなと思ったんですね ビビったのもあるし要素としてあるし
嫌気がさしたっていうのもまさにそのまんまの言葉通りあります で
無理だろうなっていう風にも思ってるっていうのがあったんですね だから僕としてはビビりつつまあいろんな思いがあって
そこからなるべく離れるっていう選択を取ってきましたと でもその選択をしていく
中で
まあ限度はもちろんあるわけですねまだ今でもお金を使い続けている部分はあると 少なくはなったけれども1ヶ月に5万円だけは稼いではいますと
でその中で家族とのやっぱコミュニケーションと なんですかねバランスを取るということ一番
日常の中で接するのは家族なのでそこでバランスをとっているというところがあります よね
僕の思想として ビビるのも僕の特質だしビビった
ビビりつつこの位置でいいんじゃないかっていうふうに生活レベルを落とし続けて きているのにある意味家族を付き合わせているわけですよね
だからもちろん他にいい案があれば出してねということも日々言いつつ まあ根っこにあるのは僕の原動力というか僕が牽引しているようなところがあるんです
よね だからやっぱりそれは思想があるがないか家族に思想があるかないかは
別として やっぱりそれまでに
流れてきた流れというかそれまでの生活スタイルっていうのが標準だったから そこに留まろうとする力が家族にはやっぱりあるわけですよ
でそことのバランスという意味ですね だから家族にいい案を出してねっていうふうに僕は言うんですけどそれが言えるか
どうかまた別なんですよ それが言えなかったところでそうやって生きてきたっていう
関西の法則みたいなものがあるんでそれにね それは何も考えてないから良くないっていうふうに言う権利は僕にはないと思って
いるので なんかややこしい方してますね単純に
バランスです そのバランスを取ろうとした時に今の位置に落ち着いたっていうだけの話なんですけど
だからねー 周りくどい方しているうちに僕自身がわかんなくなってきましたけど
その位置でとどまったということ とどまったということっていうかただその手放すっていう選択をすることは
要は家族であったり僕の生き方を単純に第三者視点から見た人からしたら
18:09
どっちかというとビビったっていうよりも怖い世界に飛び込んでいったというふうに移る わけですね
で僕の中ではビビったんだけれども そっち側の視点から見たら逆に怖いことをしているということになっちゃうわけですよ
っていうことを言いたかったんですねわかるかな 僕のまあ流れの中でその日その瞬間にビビったの積み重ねで今の僕が
そういう選択を取り続けてきたんですけど取り続けてきたってそういう選択をした結果が 今になっている
だから僕の中では すごい挑戦をしたっていう気分よりもビビったっていう方が大きい
でも 視点を変えると
手放すのが怖い人だっているわけですよね 手放すのをビビる人からしたら全てにビビって気を使うビビって気を使うって
いうことをしようとしたら手放すない方が気を使うっていう行動になる可能性もあるんですよね
だから物事はすべて逆側の視点っていうのがあると僕は思っているので その意味ですべてにビビって気を使うっていうのはちょっと不可能に近いんじゃないかなって
思ってはいます っていう話をしたかったってことかな今回に関しては
それに派生していろんなことが浮かんでたんだけどなんか1個説明するのに説明が下手だから 時間かかっちゃいますね
ただ今ねこれもね喋りながらさらに その物事には必ず逆の視点があるからって僕言いましたけどそれってその
2次元の平面上での話だったのかもしれないと思いました っていうのは
コテンラジオとか聞いててとかコテンラジオの話題でよく登る 不感した観点を持つ
要は1個上のメタ視点から考えた時にっていう風な 表現ができるまた実際そういう視点に立ってみた時に
その両方を見た上で両方のバランスを取った一番いい選択が思いつくかもしれない っていう意味では
ビビってその思考を進めてでその1個上のメタ視点から ある行動を取るということができるかもしれないのでさっき僕が言った不可能
っていうのをちょっと1個超えた行動が取れればそれは両方を踏まえた上での行動 って言えるかもしれないですね
行動というか気を使った結果って言えるかもしれないので やっぱり成り立つかもしれないって思いました
21:01
これどうかな その日その時にどう感じるかだけでいいと思うんで
成り着くかもしれないし成り立たないかもしれないっていうのでもいいかもしれないですね 結果的に結論を出さないっていうのが一番いいっていうのも僕
なっちさんからも他の今までの経験上からも思っていることではあるので こんな感じで今日はしておこうかなと思います
いやー一人喋り久々にやるとやっぱグダグダ感 話としてはね全然結論出さないでいいんだけどグダグダ感はやっぱね
増しましたね対談ばっかりやってたから 一人喋り下手になったって僕感じました
たまにはやっぱり一人喋りも挟みつつ ゲスト会とか対談やっていった方がいいなって再確認した
会になりました っていうことで今回は以上です
ではまた
22:04

Comments

Scroll