1. 日本ポッドキャスト協会 ニュースレター
  2. 2022.12.2 日本ポッドキャスト..
2022-12-07 57:55

2022.12.2 日本ポッドキャスト協会スペース配信

2022年12月2日にTwitterスペースで行った、日本ポッドキャスト協会スペース配信のアーカイブです。

ゲストに、なっちさんを迎えて、樋口塾の入り方、なっちさんの作っているポッドキャスト配信のシステム、ポッドキャストのアートワークを作るサービスなどを聞いています。

ゲストのなっちさんは、コレあったら便利だなを瞬時に作り出す才能の持ち主です。 言語化の能力にも長けていて、ずるい。 とても、面白い視点を持ってます。 是非なっちワールドのPodcastお聴きください。

#日本ポッドキャスト協会

出演者(敬称略):mogu、ポトフ、なっち、肋骨パキ男

mogu#涅槃ラジオ https://anchor.fm/mogumogutaberutan

ポトフ#ポトフさん https://linktr.ee/potaufeu

なっち#スベビビ https://anchor.fm/nariakiiwatani#聞くお惣菜 https://anchor.fm/kiku-osozai

肋骨パキ男肋骨パキ男の #パキラジ https://lit.link/6528910

なっちさんが作ってたものたち

Podcastパブリックビューイング https://notion.so/nariakiiwatani/Podcast-c57ca63ed9a0475cba19d23e70776aed…

Podcastの音声データでサムネ生成https://nariakiiwatani.github.io/PodcastSpeechToWordCloud/…

ポッドキャスト技術部

番組表型Podcastプレイヤーアプリ https://nariakiiwatani.notion.site/Podcast-dadae097c5df4d0f8f8756ce0df852dc…

Podcastアドベントカレンダー #ポッカレ2022 https://adventar.org/calendars/8125



This is a public episode. If you would like to discuss this with other subscribers or get access to bonus episodes, visit podcasting.substack.com
00:00
もぐもぐ食べるたん、もぐたんと申します。
デハンラジオやってまーす。
大阪してます、ポトフです。
なっちーです。よろしくお願いします。
よろしくお願いします。
よろしくお願いします。
さて。
はい。
進行役、進行役もぐたんじゃないの?
あのね、丸投げした。
もうやっちゃっていいのかな?
はい。
公式の場ではご無沙汰しております、ポトフです。
今日はスペースということでね、
最近毎週金曜日持ち回りでスペースを開くようになりまして、
もぐたんの回ですが、召喚されまして、進行役をやります。
なっちさん、初めまして。
そうですね、初めまして。
アドベントカレンダーありがとうございました。
いえいえ、すごい速さで埋まって。
びっくりした、あっという間になくなった。
めっちゃ楽しそうですよね。
早速始まって、なっちさんも挙げられてましたけども。
そうですね、はい。
ここにいる方は参加されてるのかな、わかんないけど。
もう参加できないけど、聞くことはできるので。
あれは25日までですね、最後までね。
そうですね。
ちょっと楽しみですね。
今日は日本ポッドキャスト協会のスペースということで、
もぐたんがなっちさんを呼んだ感じ?
そうですね、よく日本ポッドキャスト協会周りの方とお話しするときに、
樋口塾ってどんな感じ?ってよく聞かれるので、
私がすごく言語化が苦手なのです。
なるほど。
ね、なっちさん。
ということで、こういう感じでいつも人に丸投げするっていう役割をやっております。
お二人はいつぐらいから樋口塾入ってるんですか?
いつだろう、1年ちょっと前ぐらいかな?
あんまりしっかり覚えてないんですけど、たぶんそんな感じです。
もぐたんは?
私も、そうですかね、1年くらい前かな?
ふわっとしてんな。
ふわっとしてる、ふわっとしてる。
樋口塾のことはね、存在はもちろん、
自分もポッドキャストを1本でもやってれば入れるよっていうのは聞いたりはしてますけど、
考えたら、けどどこからどう入ればいいのか全くわかってないです。
どうですよね。
03:02
意外と入口の場所がわからないっていう感じですよね。
それはなんか、修行をしなきゃいけないとかそういうとこなの?
そうですね、誰かに頼むか修行するかなんかね。
修行で入れるんだっけ?
修行は、例えば、樋口さんの周りの番組を全部聞いたら入り方がわかると思う。
言ってるから。
なるほどね。
サンプラリーの謎解きみたいな。
そうそうそうそう。
番組の中で、なるほどね。
ここに置いてるよみたいなの言ってるから、
樋口さんにめちゃくちゃ好きな人はたぶんわかると思う。
なるほど。
引き高く、ハードル高くしていくね、もぐさんは。
あ、ごめんね。違う違う違う。
今のは全然調味なく強くても知らないですもん。
ごめん、違うよ。
いやーけどなんか、ディスコードかなんかあるのかなコメントに。
あ、そうですね。
そこへのたどり着き方がたぶんわからない人がほとんどじゃないかな。
招待リンクみたいなものを公開してるわけではないんですよね。
コミュニティにガンガン自由に入ってこられると、
中のメンバーがこの人誰だろうってなって、
交流がしにくい場になってしまうということから、
基本的に招待制みたいな形をとってるんですよ。
なるほど。誰かに誘われなきゃと。
秘密クラブみたいな感じですね。
ここで、前にスペースでザボさんから聞かれたんですけど、
どこに行ったら入れますか?みたいな。
だからザボさんは裏口入学というか、
どうやって入ったらいいのか教えてって言われたので。
裏口。
じゃあ教えます、みたいな。
正規ルートだからね。
あ、正規ルートなんだ。
知らなかった。
じゃあザボさんは入ったのかな?
はい、1ヶ月ぐらいしてます。
1ヶ月ぐらいって書いてますね。
今何人ぐらい活動してる人はいるんですか?
アクティブなのがどのぐらいなのかってのはわかんないんですけど、
デスコードのメンバー数で言うと120人ぐらい。
うわー、いっぱいいる。
でも、本当に配信してなかったりとか、動きがない番組とかは、
去年の年末かなんかに、
たぶん一回全員ちゃんと動いてますか、続ける意思はありますかっていう意思表明だけ確認されたことはあるかもしれない。
なるほどね。
それを見て返事できるぐらいちゃんと見てるかなー。
06:05
そうかそうか。
条件として1本でも配信みたいなのはあるけど、
みんなで助け合ったり聞き合ったりしてるんでしょ?
そうですそうです。
やっぱそれでもやめちゃうっていうか、配信できなくなっちゃう人っているんですか?
そんなにいないですよね。
一人二人は家庭の事情で続けられてるんで。
まあまあ、しょうがないよね。
あと休止みたいな感じで、今回一回抜けますとか。
あと、妊娠したので手一杯になるので一回やめてみたいな。
もう一回戻ってきた人に会います。
全然ウェルカムなので。
継続してるっていうのは別に定義してるわけじゃないので、
初回しか配信せずに1年以上経ってるけど、まだやってますっていう人も別にいいんじゃないかな。
いてもいい。
意思があるかどうか。
そうですね。年に1回かもしれないもんね、配信ペースで。
そこまで厳しくはないんだ。
厳しくはないです。意思を確認されるだけで。
でもそれも一回しかなかったね。
まあ年一ぐらいでやるんじゃないかな。
かなーって感じですね。
どうなんですか。入ってよかった感じなんですか。
うん、よかったですね。
よかったというか、私は知名度がないかったので、入らないと誰も聞いてくれないっていう。
入りが本当に誰にも聞かれなかったら、続けるモチベーションも保てないと思うし、悲しいと思う。
悲しいか、そうか。
本当に聞かれてなかったからね。
まあまあまあ、最初はそうだよね。
ポトフさんでも最初そうなんですか。
いやだってポッドキャスト自体がほぼなかったから。
そうか。リスナーがほとんどいない状態か。
そうそうそう。リスナーというかね、インターネットラジオとかそういうのがあったけどね。
ポッドキャストっていうのがなかったんで。
だから聞いてる人がいない前提でやってるから。
あ、そっか。
別に反応なくてもダメージはないです。
なるほどね。
でもちょっと待って、聞きたいんですけど、ポッドキャストを最初から始めたんですか?
最初から。
じゃあ、再生回数とかは見れるんですか?
見れないよ。
ですよね。
うん。だってそんな仕組みないもん。
09:01
ですよね。
すごいな。
やり方として、ブログに音声を張ってたのよ。
ブログに写真を張る代わりに音声を張ってたのね。
だからブログに懐かしいアクセスカウンターってやつをつけてね。
だからそれで、5とか6とかそういう、聞いたかどうかわかんないけどそのページを開いた人は5人とか6人とか。
すごい。
そんな感じでした。
なるほどね。
だから全然聞いてなくてもいいよ。
そっか。すごいな、ポッドさん。
それが1日5とか6だったのが、ある日突然70とかなってどうしたんだろうと思ったら次の日に2000とかになったんですよ。
え、こわ。すごい。どうして?
AppleのiTunesストアに日本人で唯一載ったからみたいな。
そうなったんだ。
そうそうそう。
これでちょっと意味がわかんなくなったって感じね。
すごー。
そんな感じですよ。
こわっと思った。
すごいですね。急にちょっとビビりますね。
だからまあね、もともと聞かれる前提でやってないからね。
たぶん入り口がみんなと違うから全然比べらんないけど。
だけど普通はね、聞いてほしくてやるだろうから。
そういう引口行くとかに入ると、120人ぐらいの仲間がいるってことですよね。
だから何回かは絶対聞かれるみたいな感じですよね。
コメントを言い合ったりとかもするんでしょう?
うん。しますね。
リストードの中で感想っていうスレッドがあるので、
みんなでそこでわいわい言ったりとかしてますね。
私ぐらいになるとだから入りづらいけど、
え?でしょね。
入られても嫌だろうなっていうのもあるんだけど。
僕らはワクワクしますけどね。
いや別にいいけどね。
たぶん今からやり始めたばっかとか、
やりたいんだけどっていう人は入りたい人はいるよね。
うんうん。
ぜひ、こういうとこで一人でも二人でも入ってる人を知ってれば入りやすいかなと思うんで。
確かに確かに。
誰もいないとちょっと入りづらいけど。
そうですね。
どうしても入りたいっていう人は、なっちさんかもぐたんに裏口を教えてもらえばいいんだね。
入り口でした。裏口じゃなくて入り口。
正規ルートなのね、それがね。
正規ルートでした。
ということでね、ここにいる人あるいはアーカイブ聞いてる方でそういう人がいたら、ぜひ。
12:01
はい、ぜひ。
あと樋口塾に対する質問とか、ここなんかありましたらコメントなり、
あるいは手挙げて実際しゃべってもらったりで。
そうですね。
よしあさん、手挙げてんじゃない、これ。
お、あげてる?
あいこんあいこん。
コメントもちょっと見てみようかな。
ザボさん、モチベタ持つの大変ですよね。
そうですよね。
そうですよね。
えーと、ザボさん、あ、じゅくせいさんに答えを教えろ。
あ、ろっこつパキオさん、興味ある。
お、嬉しい。
私パキオさん大好きだから、ぜひ入ってほしい。
面白いし。
じゃあぜひぜひ引き入れちゃってくださいよ。
うんうん、ぜひ。
はい。
あとなんか質問ありましたらまた後ででもいいんでください。
で、もう一つですよ。
なっちさんがなんか作ったっていう話を、
僕たちから聞いたけど。
あ、ちょっとまってくださいね。
パキオさんからリクエスト来てます。
リクエスト来てます?
どうしたらいいの、これ。
スピーカーとして作ったらいいんじゃないですか。
こんばんは。
初めまして、ろっこつパキオです。
やーて。
初めまして。
え、なにー?
嬉しい。
めっちゃ好きです。
え、バケも好きです。
すごい興味あるんです。
こういう。
ほんとですか。
ザボさんに紹介してもらったんですよ。
この日本ポット聞かせとく協会。
おーここ、ザボさんありがとう。
ザボさんからご紹介を受けて、それでツイッターもフォローさせていただいて、
時間のあるときにこういうふうに、このスペースとか聞かせてもらってるんですけど、
なんか入れるなら入ってみたいっていうふうに思って。
パキオもすごい、ポッドキャスト週2で配信してるので。
いやですよね。
週2、素晴らしい。
めっちゃ配信してるもんな。
あれ、たけるさんが入り方忘れたってきてるけど。
たけるさんもいるんで、はい大丈夫です。
そうなんだ、入ったら入り方忘れるんだよね。
入り口を見失ったのね。
入り口は見失います。みんな。
質問であがったのは、質問があって、入ったらどんなことができるんですか。
はいはいはい。じゃあ僕から答えようかな。
お願いします。
入ると、ディスコードのチャンネルリストを見ながらざっくり話すんですけど、
ポッドキャストのノウハウっていうチャンネルがあったり、
ゲストマッチングっていうチャンネルがあったり。
そういうポッドキャスト配信にまつわる困りごとの共有とか、
助け合いとかっていうことがあったり、
あとは普通に雑談とか、
あと最近は将棋のトーナメント戦とかやってましたね。
15:03
すごーい。
え、ポッドキャストで将棋のトーナメント戦?
ディスコードサーバー内で、将棋やろうぜって立ち上がってて。
部活動みたいなこともやられてて。
ポッドキャストを軸に集まった人たちが交流する場っていうのがイメージには近いかもしれないです。
ポッドキャストについて勉強し合って高め合っていこうぜ、頑張ろう!みたいな感じはそんなに強くはない。
もう助けてはくれますね。
パケ用のパケラジも今伸び悩んでいて、
でも大好きだし、いろんな人の聞くのも。
リスナーとしてもすごい好きだし、やっぱ配信もしていきたいってので、
どんどんどんどん自分の活動も広げていきたいなって思っていて、
そのチャンスがあればと思って、ちょっと興味ありますっていうふうにコメントさせていただきました。
あ、そうなんだ。
ぜひすぐお呼びしたらどうですか。
あと今ザポさんがね、
レディオトークで誘うよって言ってたのはこれだったんだよパケ用くんって言ってますよ。
え?
あ、そう、え、そう、え、そうだったんですか?嬉しい。
プロポーズされたみたいになってる。
ね、プロポーズみたいになってるね。
やばい、後悔した。
どうしよう、リングパッカーンみたいな。
リングパッカーン、めっちゃおもろい。
ゲイでも今ポッドキャストがすごく流行っていてですね、
ゲイの人面白いよね。
すごいどんどん増えてるんですよ。
そうですね、この間の9月30日のイベントもね、
ゲイポッドキャストの方が何名か戻って参加していただいて。
あ、そうですよね。
パケ用はその中でも、ちょっと先に始めた番組なんですけど、
ゲイポーを自分引っ張っていきたいっていうのがあって、
もしゲイポーの人がいないというか少なかったら、
パケ用を先導に、ゲイとかLGBTにも広げていけたらなって思います。
いいですね。ゲイポーの人まだいないと思います。
どれだったらパケ用かなり適任じゃないですかね。
いや適任ですね。
めっちゃいい、めっちゃいいわ。
入ってもらおう。
なんかね、ポッドキャストって普段聞けない話とかね、
そういう人たちが声を出してそれを聞けるっていうのがまたいいとこなんで、
多様性が多いほうがいいと思うんで、ぜひぜひ引き入れて。
18:01
どんどん引き連れて。
いきますよ、ほんとに。
パケ用さんの番組聞いてるからすぐ呼べます。
全然知らない番組だったりとかしたらちょっとあれなんですけど、
知ってるんで大丈夫です。
しかもパケ用ピンだからもういつでも行けます。
相談することなくね。
すぐ行動力もあるので、ふっかりなんでいつでも呼んでください。
わかりました、DMしますので。
本当にですよ。
本当にします。
本気ですよ。
本当にします。
ちょっと入り口忘れたのでなっちさんがします。
入り口忘れた?
入り口?
何の入り口?
入り口はずっと開いてるわ、パケ用の。
そっちは開いててもこっちは開いてないんだよ。
あーそうなんですか。
パケ用の入り口はいつも開いてるんだよね。
ということで、絶対待ってますので。
はい、ありがとうございます。
ありがとうございましたー。失礼しますー。
はい、ありがとうございます。
パキンちゃんを聞けた。
なんか残してた。
嬉しい嬉しい。
めっちゃ面白いんですよ。
樋口塾にも入ってもらって、
日本ポッドキャスト協会は特に入会がそんなに固くないので、
たまにこういうスペース、
今んとこ毎週金曜日やるのでね、顔出してください。
パケ用さんも。
パケ用さん、日本ポッドキャスト協会にも入ってくださいね。
入ってるって思えばそれで入ったことになるんで。
もう入ってる。
そんな感じだったんだ。
そうです。
なっちさんも入ってますもんね。
はい、わかりました。
入ってるって思えば入ってることになるんでね。
ここにいる人みんな入ってるね。
そうそうそう、入ってる。
入ってない人でも入ってることにするんで、よろしくお願いします。
よろしくお願いします。
入ってもいいんだ、思うのは。
最強だな。
そうそうそうそう。
めっちゃ多いじゃん。
日本ね、総会員にしてこう。
やばい。
んな形で、いいね、樋口塾。
樋口塾、そうだな。
ちょっと敷居を感じてたけど、今のって敷居が下がった感じがある。
そうですね。誰でも、知ってる人はみんな入ろうぜーの回です。
とはいえ荒らされては困るからね。
そうそう、知ってていい人だってわかってたら入ってもらえますんで、大丈夫です。
将棋ね。
将棋ね、それも音声配信しないでね、本当に普通にやってて。
私なんかこの間は、祭りのイベントとかやってましたからね。
バンドの合唱とかもなんかやってる?
はい、そうですね、いろいろ。
部活動みたいになんかやってますよね。
部活動みたいな感じなんで、楽しいですよ。
21:02
そういうね、ポッドキャストっていう共通言語をもとに、
なんか違う趣味の仲間が集まるみたいな感じでね。
ぜひぜひ、他の方も。
あとご質問とかないかな。とりあえずはないかな。
で、なっちさんに聞きたいのが、何か作ってるっていうのを聞きたいんですけど。
Googleドライブなっちね。
どこから話すかな。
どこから話しましょう。
ちぐち塾の中で、塾ラブハウスという名前の企画が部活動みたいな感じで立ち上がってまして。
塾ラブハウス?
クラブハウスっぽい名前の企画なんですけど。
例えば、貿易やってる人が国物についての知識を面白ラジオ的にしゃべるよみたいなことを、
ディスコードのボイチャでやって、
それを録音したのを塾内限定で上げてって、みたいなことをしてたんですけど。
塾内限定とかもあるんだ。
その音声ファイルを、当初はダウンロードしたりブラウザで聞いたりということしかできなかったんですけど、
あるとき、Podcastアプリで聞けたほうがいいよねっていうことになって、
音声ファイルをアップローダーからアップしたらPodcast番組として配信されるというような仕組みを作ったんですね。
これの話ってことでいいのかな、もぐたん。
いいのかな、もぐたん。
今言った言葉が全部わからない。
じゃあいいかどうかもわかんないね。
簡単になったの?
じゃあいいってことにしよう。
いいってことでそれでお願いします。
ポイントは2つあって、
1つの番組について誰でもアップロードができると、アップローダーのリンクを知っていれば。
ああ、誰でもアップロードできる。
もう1つはRSSが限定公開みたいな立ち位置になるので、
限定公開。
SpotifyとかApple PodcastとかにRSS登録しなければ、プライベートPodcast番組みたいなのが作れると。
別にパスワードがかかってるとかじゃない。
じゃないですね。
URLを知っていればRSSの聞けるみたいな感じですね。
これを樋口力内でやってるよっていう話だったらここまでなんですけど、
最近それをちょっと拡張して、
Podcast配信サービスみたいなのを作ろうと思っていて着手してるんですけど、
それはGoogleドライブに音声ファイルを置き、
Googleスプレッドシートに音声の情報等々を書き込んでおくと、
24:01
スプレッドシートを元データにしてRSSを書くというやつを作ってまして、
それをなんで作ろうと思ったかっていう話をここでするんですけど、
ことふさんとかは、元は自分で連鎖場借りてそこに音声を上げて配信してたわけじゃないですか。
そうですね。
それが今はアンカーがポットみたいになっていて、
要は音声ファイルを配信サービスが握ってるっていう形になっちゃうわけですよね。
配信サービスが握ってる。そうね、自サーバーじゃないとね。
で、そうなるのがなんか気持ち悪いなと思って、
自由にやってたはずのものが大きな企業に飲み込まれて、
なんか知らない間にちょっと自由がなくなってないかみたいな。
ちょうどどんぐりFMさんが、
ポッドキャストのエピソードをサウンドクラウドからアンカーに移行したっていう話が
移行しましたね。
マップされてたんですけど、
それもなんか移行作業めっちゃ大変だったみたいな話をされてて、
なんかそれおかしいな、自分のものなのにって思ったんですよ。
あれはサウンドクラウドが悪い部分もあるけどね。
そうそうそうそう。
なので、僕がさっき言ってた配信サービスというのは、
配信サービスと言いつつ配信中継サービスみたいな、
音声ファイルとかエピソードの概要欄だとかっていうデータは、
全部配信者のアカウントのGoogleドライブ上に置いてあって。
別になっちさんが用意したGoogleドライブには上げるんじゃなくて、
その配信する方がGoogleドライブを契約して、
そこにアップしてくれってことね。
そうですそうです。
そうすると、例えばどっかに移行したいとかいうときも、
スプレッドシートに全部エピソードの情報すでにまとまっているから、
多分移行作業楽になるだろうし、
自由を取り戻せるんじゃないかな、みたいなことを考えている。
発端としてはそんなとこなんですね。
そうですそうです。
もう実際それは、全然うまく稼働してるものなんですか。
そうですね。まだ公開してないですけど、
とりあえず仕組みは問題なく動くことまで確認できてます。
それを公開するつもりなんですか?
はい、ですね。
無料で?
無料で、もしかしたら一部有料機能みたいなものを作るかもなと思って。
サービスリリースして終わりだったらいいけど、
何か要望が出てくるんだと。
27:01
多少そういう優勝で動ける部分作ったほうがいいのかもしれないですよね。
なるほど。
うまくいかない部分とかないんですか。
うまくいかない部分。
不便な部分というか、それだと。
なるほど。
これはアクセス解析がないとかですけど、
作ればいいだけの話なんで、
モチベーションの問題なんですけど。
もう一つは、アクセスがあまりに多いとGoogleドライブ側から文句言われそうだな。
制限がかかるかも。
そこはこっち側でキャッシュするみたいな仕組みを後々やるんじゃないかなっていうことで、
多分致命的ではないんですね。
実はちょっと前に、ちょっと実験でやって、今もうちょっとやめて閉めちゃったんですけど、
ドロップボックスで同じようなことができるサービスが海外であって。
ジャストキャストでしたっけ。
そうです、ジャストキャストってやつですね。
それも誰でもアップロードできるリンクとか用意してやれるなと思ってやってみたんですけど、
ただそれは無料版だとアーカイブが3エピソードしか出ないっていうね。
有料版だと全部出るみたいな、そういう制限だったんですけどね。
だから結局使い物になりやりだって思ったんですけど。
だからどこから有料にするかって、もうちょっといろいろ難しいですよね。
けどまあ、たぶん仕組みとしては似たようなものなのかなと思ってるんですけど。
そうですね、ジャストキャストの方は僕も見たんですけど、多分思想が違うんですよね。
ユーザーにできるだけデータを渡そうというか、ユーザーのものはユーザーのものっていうようなことから始まってるわけじゃなくて。
あ、実は元はそこからなんですよ。
あ、そうなんですか。
そうなんです。最初は本当にドロップボックスにアップしたらっていうだけだったんですけど、
後々になって加入画面ができたりとか、多分要望が出てきたんでしょうね。
アクセス解析機能が付いたりとか。
もともとは本当にドロップボックスに置いたら、RSSで読めたらいいんじゃねえから始まってるんですよね。
へー、そうなんですね。
だから結構元の思想に似てるなと思ったんですよね。
うんうん、なるほど。
うんうん。
いやーけどね、そのアクセス解析とかだと、じゃあどっから見るんだろうとかなんかいろいろ出てきますよね。
うん。
多分そこを作り込んでいくと、だけどジャストキャストもどこまで、いつまでやるんだろう。
そんなにむちゃくちゃ上手くいってるようには見えないけど。
うんうんうん。
なるほど。
で、もぐたんは今の話どれくらいわかったの?
なんか、あのね、びっくりすることにね、まあまあわかった。
お!素晴らしい。
うん。なんか、わかる人とわかる人がしゃべってるの聞いて、なんだったっけ、聞いてるだけなんだろう。
うん。
いや、もぐたんが読んだんだよ。
いや、そうだね、そうそう、ポトフさんとなっちさんだったらわかる2人だなーと思って、
30:05
どっから、わかんなかったら解説してくれるやと思って読んだの。
だいたいわかったのね。
だいたいわかった、なんかみんなわかると思う。
うんうんうん。
特にSpotifyさんがね、アンカー買収して、結構握られちゃって言ってるからね。
それとは対抗的に自由にっていうのは賛成。
だから私もメインの番組はGサーバーでずっとやってます。
ただね、サブ番組は面倒なんで、アンカーでやったりとかしてますけどね。
ただやっぱりメインのやつは移行する気は起きないなーと思ってますけどね。
最初からアンカーで始めた人にはその自由さがたぶんわからない部分もあるのかなと思うんだけど。
そうなんですよね。
でも、私最初からアンカーでやってるけど、やっぱりミュージック&トークしたときの聞かれてない感?
はいはいはいはい。
Spotifyではね。
Spotifyでしか聞かれてない感がちょっとびっくりした。
そんなにいっぱい違うところで聞かれてるんだっていうところに衝撃を受けて。
だからといって私はアンカーしかわからないので、
Apple Podcastに音声なしのやつをあげようっていうことができないんですよ。
うーん。
みんなやってると思うんだけど、どうやってやったらいいかわかんないし。
だからそういうことができない人には、逆にもう一個そっちにアップしたらいいんじゃないかと思う。
はーはーはーはー。
うん。
そうね。
うん。
できると思う、それも。
うん。
てか、Apple Podcastにあげ方とかわかんないし。
うーん。
けど、ネハンラジオはあがってるよね。
うん。なんか勝手にあがってる。
設定はしたんやろうけどね。
うん。勝手にあがってるね。
うん。
ミュージカルのトークにすると音楽の著作権の関係があってSpotifyでしか聞けないんですよ。
うんうん。わかってるけど、
だから音楽抜きのやつをあげようと思ったけどよくわからないと。
あ、もう一個あげたらいいの?
そうそうそう。
そうやってる人いますね。
私そうですよ。
アンカーに音楽ありと音楽なしと1日2個ずつあげてるんですよ。
あ、そういうことか。
そうそうそうそう。
Apple Podcastにもう一個あげてるのかと思った。
ううん。聞いてないみたい。自動で勝手にあがってる。
あ、そっかそっかそっか。
そうそう。その細かいやり方はまた今度ね。
はーい。
33:02
まあそれも含めだけどね、それは音楽の著作権関係もあるけど。
そうじゃなくて、その引っ越しの時とか思うよね。
例えば100エピソード配信したけど、この音源一括で自分でダウンロードしたいけどどうすればいいのとかね。
うーん。
けどドロップボックスとかね、Google Driveにあればそこに見ればいいんだよねっていうね。
ここにあるよねっていう、その書材が自分の管理下にあるって感じですよね。
うんうんうんうん。
それ多分仕組みが分かれば分かる人ほどそっちのほうが、そうじゃないのが気持ち悪いですよね。
うんうんうん。そうなんすよ。
そうか。発端がそっからなんですね。
ここからどうしようとかあるんですか、それは。
どうなんすかね。迷ってるところなんですよ。
最初構想段階で考えてた一つの道として、別に実際使われなくても、
これを思いついて作ったやつがいるっていうことだけでも十分かなっていう観点もあるなと思って。
でもせっかく作ったし、ちゃんと使ってもらいたいなとか、改善していくためにマネタリズムを考えたほうがいいなとか、
いろいろ思いはするんですけど、何も具体的に方向性を決めてるっていうところではないですね。
まだ固まってないんですね。
逆にそれを相談できる人が欲しいなって今思ってます。
方向性もだし、実際作るときのユーザーはこの辺で迷うよみたいなこと言ってくれたりとか。
じゃあ使ってみたい人いましたら。
プロジェクトみたいなものをね。
コメント。
そうですね。仕組み分かってる人と分かってない人の使い方とかでね。
違ったりしますかね。もちろん私も何だったら手伝うんで。
ありがとうございます。
なっちさんのツイッターコミュニティにも入ったし。
なにそれなにそれ。
ポッドキャスト技術部っていう、デベロッパークラブでポデブっていうツイッターコミュニティ。
そういう裏口があるんですよ。
あ、そうなの。それはモグタン行かないわ、たぶん。
言語が違うと思うので。
いや別に普通に日本語だよ。
たぶん違うと思う。
あ、ポデブにちょっと抵抗がある。
モグタン界隈の日本語とはたぶんちょっと違う。
日本語が違う。
その辺でもなんか投げてくれたら全然。
私はなんでもやりますよ。
ありがとうございます。
他そういう技術的なの、技術的なの好きな人たぶんいると思うんでね。
ぜひぜひ。
36:00
よろしくお願いします。
テストしたいとか、やってみたいとかいう人がいたら。
みんな結構いると思いますよ。
MOさんでいいのかな。
マスキーさんのアドベントカレンダーで、フォトフさんの次の日などでよろしくお願い申し…。
こんなところで。よろしくお願いします。
こういう繋がりを作りたかった。
12日ですね。よろしくお願いします。
収録明日します。あ、違う、あさってします。
そんなこと。
私もそろそろしないといけない。
いつなの?
23日で。
まだじゃん。
そうそう、でもアメフト沼さんの次で、
アメフト沼さんがその後で、初めてアメフトの番組聞いた。
おー。
めっちゃ面白かった。
聞いたことない。聞いたことないわ。面白かった。
アメフト自体が、全然理解の半中外だったから面白かった。
半中外でも楽しめた?
うん。楽しめた回だったのかなと思う。
なんか面白かったよ。
こういうのはいいですよね、なっちさんね。
こういうきっかけでね、広がるのが。
なっちさんの狙い通りじゃないですか。
狙い通りになれてますよ。
去年とかも実はあったんですよね、音声配信。
今年もできてます、それ。
テキストのブログ記事推奨って書いてあるんで。
そっちか。
だけど別に音声でもいいしっていうのもあったんで、
あまりにもかそってたんで、
私2年前から何回か入れて、
今日はテキスト、今日はポートキャスト、今日はツイッターでとか。
めっちゃ貢献してる。
なんかそういうのもあるのでね、よろしければ。
どこで公開してるんですかね。
なっちさんのアドベンターカレンダー入ったら、
あれどっから行けるんだ。
アドベンターっていう。
そのサイトで検索したら出てきますよね。
そうですね、ポッドキャストで検索したらいくつか出てくるんで。
今ここにツイートしようかな。
あと毎年どんぐりエフェメさんが立てたりするんです。
あ、そうなんだ。
なんかさっきなっちさんのやつで見たかも。
明日の文が入ってなかったから、
10分ぐらい配信しようかなと思ったけど。
明日のがないよーって思って。
いいんじゃないですか。
10分でも5分でも。
39:04
そんな感じですね。
さあさあ、なんか質問が。
あとなんだっけ、あともぐたん話したいことなんだっけ。
そんなもんか。
そんなもんですね。
だからみんなポッドキャスト好きな人は、
仲良く樋口塾と日本ポッドキャスト協会に入って、
イチャイチャしましょうっていう感じですね。
そうですね。
あとなっちさん、本職がそういう仕事なんですか。
そうですね、プログラマーですね。
先生とかウェブとかはあんまり専門ではないんですけど。
うんうん、あんまり専門の人そんなにいないけど。
ポッドキャストに興味持ったのはいつなんですか。
始めたのが去年の5月とかぐらいかな。
で、きっかけは樋口さんなんですよ。
樋口さんと大学の後輩で、
普通に友達関係みたいな感じなんですけど、
ポッドキャストやりゃいいやんって言われて。
雑い雑い。
それで始めた感じでしたね。
それまでなんか聞いてたとかそういうわけじゃないんですか。
全然。ポッドキャストって何?っていう状態でした。
まだ聞き始めても1年ぐらいってことですよね。
そうですね、1年半。
どれぐらい聞いてるんですか。何番組ぐらい聞いてたりしますか。
フォローしてる番組の数で言うと、今見るとちょうど200ですね。
おお、結構フォローしてますね。
そうか、樋口塾とか入ってるとその辺も多くなっちゃうのかな。
熟成だけで、さっき120人って言いましたけど、
複数やってる人とかやっぱりいっぱい。
確かに確かに。
180とかあるんじゃないかな。
今なっちさんがアドベンターのリンクを貼ってくれましたね。
ポッドキャストで検索した結果です。結構前見たときより増えてる。
増えてるんですか。なんか徐々にこういうのも増えてきたかな。
そうですね。
それこそね、技術系のがばっかでしたもんね。このアドベンターってもともとは。
もともとアドベントカレンダーをウェブでやるっていうのがおそらくエンジニア界隈から始まってる話なんですよね。
そうですそうです。
私もそっち方面で何回か参加してたんですけど、
CMSのアドベントカレンダーでポッドキャストの話を書くっていうね。
ああ、なるほど。空気感がわかる。
このCMSでポッドキャスト配信してますみたいなことを書いたりしてましたけどね。
あんまり反応ないんですよ。
だんだん市民権を得てきた感じありますね、ポッドキャストも。
42:07
皆さんも機会があったら参加したり、来年は立ててみたりしてください。
可能な限り乗っかります。
あ、今タコスさんがどうやって入るんですかねってポッドキャスト技術部。
それもリンクをツイートしようかな。
なっちさんがツイートしてくれると思います。
タコスさんも技術的なところは明るい方なので、ぜひ入ってほしい。
そこで技術的なことでイチャイチャしたいですね。
いいですね。
モグタン抜きでやってもらって。
いいんですよ、入ってきてもね。違う言語だけど。
違う言語なのに伝わりにくい。
ツイートしましたのでよろしくお願いします。
タコスさん以外の方でも、技術的なことがちょっと気になるという方は、
めちゃくちゃ詳しくなくても入っていただければ。
わかんないよって言ってくれるのも技術者のためになるんで。
そういうのに応えるのも技術者の喜びですからね。
私技術者じゃないんですけどね。
私はディレクターとかいう立場で、技術者にお仕事をお願いする立場です。
お客さんの声を聞いてきて、こんなん作ってっていう翻訳をする係です。
だから技術的なことは好きなんですよ。
けど自分じゃ作れないっていうね。
でもね、ガンガンに技術者に質問するんですよ。
え、これはなんでこうなるの?これとこれどっちがどう難しいの?とかいうのをどんどん聞くんで、
知識だけはたっぷりあります。
あーなるほどね。
もぐたんもどんどん聞けばね。
あのね、もぐたんは、できなかったら丸投げします。
聞いて知りたいとかじゃないもんね。
そこはなんかないね。
他はすごい知りたがりなんですけどね。
技術的なことはいいやと。
いいや。
なんかみんなできる人がいるから助けてます。
ポッドキャスト技術部貼っていただきましたのでね、皆さんよろしくお願いします。
ぜひ見ていただければと思います。
ポッドキャストもね、樋口塾とか日本ポッドキャスト協会とか、その中でも技術部とか、
なんか細分化されてきて、それはそれで面白いですね。
こういう多様化が進んでいくと面白いですね。
そうなんですよね。
たぶん一昔前は、ポッドキャストに興味がありますっていう人たちで、
一グループできてた感じだと思うんですね。
ポッドキャストの〜に興味がありますっていうので、
45:02
グループができるぐらいの規模になってきたっていう感じですね。
やっとなってきたって感じはありますね。
いやいや、いいですね、いいですね。
いいですね。
樋口さんも日本ポッドキャスト協会入ってて、
ポトフさん、すごい新しいことどんどんやってて面白いよねって言ってましたよ。
新しいことをして、古いのは飽きちゃうんでね。
もう一回やったらいいやって思っちゃうんで。
秋っぽいですね。
秋っぽい。
いや、新しいこと好きな人、秋っぽいよね。
そうそうそうそう。だって新しいことしたいんだもん。
おもしろ。
なんかできそうだと思ったらやらないと気が済まないっていうね。
でも技術者はそういう人多いですよね。
うん、ですね。
あとね、技術者は怠け者が多いからね。
いちいちコマコマやるのめんどくさいからプログラム書いて一気にやろうとするからね。
ものぐさな人には結構向いてるんですよ。
意外だ。
そうなんですよ。
技術的なこととかもね、この辺に聞いてもらえれば誰かわかるんじゃないかと思いますし。
ぜひみなさんもそんなところで交流を持っていただければと。
楽しくやってほしいなと思います。
みんなが技術を身につけてくれたらね、もぐたんは助かる。
なるほど。みんなが覚えてくれたらね。
いいの。
そうか、そういう目的が。
ちょうどいいの。
あとさっきね、パキオさんも来てたけど、ゲイコミュニティの方とかもね。
それもおもしろいですね。
私もこの間京都にイベントで行ったときも、京都に住んでる方で、ゲイの方で、
そういう情報を発信してる方で、前から一緒に収録しようと言ってずっと伸び伸びになってたんですけど。
そんな中会うことができて実際にちょっと嬉しかったんですけどね。
昔15年ぐらい前だけど、ポッドキャストで流していい音楽を集めてたんですよ、サイトで。
そのときも6人ぐらいで作ったんですけど、1人ゲイの方がいて。
結局会えなかったんだけど。
だからなんかね、すごい親近感があるとは言ったら変だけど。
こういうポッドキャストのマイナーなところにそういう方が結構な割合でいて、
割合が多いのか隠す必要がないからなのかわかんないけど、
結構いるなっていうかマッチするなと思ってて、そういうのも含めて面白いんですよね。
48:01
ポッドキャストってマニアックならマニアックなほど面白いじゃないですか。
面白い面白い。
いいですよね。
ぜひみなさんも趣味丸出しで配信もしていただければ楽しくなるかなと思います。
じゃあそろそろどんなとこでいいかな。
どんなとこでいいかな。
コメントちょっとだけ見ます。
もう一個技術周りの制作部とシェアしていいですか。
なんかありましたか。
Podcast Speech to Word Cloudというウェブサイトを作ってまして。
ごめんなさい、ポッドキャスト?
Speech to Word Cloud。
Speech to Word Cloud。
エピソードのサムネイルを作るのを支援するというのが目的なんですけど。
あれサムネイルのためなんだ。
そうなんです。
実はね、私一回使ったことあるんですよ。
そうなんですか。
なっちさんっていうのを認識するだいぶ前に。
普通に公開されてたので。
どういうのかって、どう説明したらいいんだろう。
今ツイートしたんですけど、
そのサイトのリンクと作られるサムネイルの例。
サムネイルの例。
ツイートをみなさん見てもらって。
何かというとですね、
ここのサイトに行くと、UI全然ユーザーフレンドリーじゃないので、
わかりにくいかと思うんですけど、
音声ファイルを1個アップすると、
そこの音声の内容を文字起こしして、
単語に区切って、出現頻度ごとに文字の大きさを変えて、
自分の番組のサムネイルの上に載せる、
みたいなことができるやつですね。
毎回サムネイル変えたいんだけど、
作るのはめんどくさいみたいなときに、
ときにというか、僕がそうなので、
僕の需要のために作ったんですけど、
ちょこちょこ使ってくれてる人もいたりして、
なかなかお手軽になったので良いなと思ってる感じですね。
単語を拾って表示するから、
だいたいこんなこと喋ってんのかなっていうのがわかるっていう感じですよね。
そういうことですね。
これは誰でも自由に使っちゃってよかったんですよね。
はい、ガンガン使ってください。
もうさんがパソコンじゃないといけませんかって言ってるけど、
パソコンじゃないとできないんですよね。
アクセスはできるけど見にくい。
ページのレイアウトがモバイルでは無理なので、
機能は動くはずだけど、実質無理みたいなことになってます。
51:02
そうなんだ。もうさんなんかやったことないからさ、
パソコンいつも使ってないから、
本当はやりたいんだけど、今度やってみます。
今パソコンあるから。
それかなっちさんにモバイル対応してくれっていうのをガンガン言うかですよね。
それかなっちさんが一回モグタンのやつで作ってくれるか。
めちゃくちゃ丸投げする。
回数次第では有料になります。
なるほど。これはいつ作ったんですか?
いつだろう。
結構前じゃないですか。
半年ぐらいかな。
半年ぐらいですかね。
たぶんこんなもんだと思います。
これ絶対楽しいと思う。
単純に自分の何喋ってんだろうっていうのが可視化できるんで。
ね、おもしろいよね。
ちょっと興味本位でやりましたけど、使ってはいないけど。
なんかこの音声の文字起こしとかって、これって精度って上がってますよね、だんだん。
そうですね。
昔は日本語って全然認識してくれなかったけどっていう。
ぜひみなさん、興味ある方は。
ぜひやってみてください。
いろいろ作ってますが、他にこれから作りたいとかいうのってないですか?
ポッドキャストパブリックビューイングアプリっていうのを作りたいなと思ってて。
どういうことですか。
いろいろやるな。
構想なんですけど、わかりやすくざっくり言ってしまうとニコニコ動画のポッドキャスト版みたいなもんです。
みんなで見ながらコメントをダーって書けるような感じ?
そうそう。エピソードのタイムラインに他の人のコメントが乗っかって見える。
ああ、この時間の時にこのコメントがあったっていう感じですか。
それは。
もともとのモチベーションとしては、
ポッドキャスト番組聞きながら感想をツイートしようと思った時に、
エピソード最後まで聞いてからだと何を思ったか忘れちゃうし、
聞きながら感想を書くのもちょっと脳外症が必至になって、
最終的に感想を書こうと思ってたのに、
もういいやーってなっちゃうことがめっちゃあるので。
あー、ある。
あります。
ある。
書きたいと思った瞬間に書ける環境が欲しいなっていうところがあって。
ツイッターとかに書けるけど、どこ聞いての感想かわからないもんね。
そうそうそうそう。
それを結びつけて、どこ聞いてるときにどれがあってのがわかるってことですよね。
そうですそうです。
いいじゃないですか。
これのね、手が足りない。僕の時間が足りないので。
聞いてること誰か作ってください、むしろ。
54:00
あー、なるほどねー。
けどね、ちょっと同じ話はどっかでしたことあるんですよ、私。
あ、そうなんすか。
あの企画進んでるかなー。
ある企業さんとそんな話をしてて、
会社内で企画としてあげますとは言ってたんですけど、どこまで行ったのかな。
いやけど欲しいんですよ、そういうのは。
嬉しいですね。
あと書いてるときに時間が進むからちょっと前に書きたいとか、なんかそんな用語も出したりしました。
あー、いいですね。
なんかモンさんがチャチャ入れアプリって聞いてますけど。
あー、そうね。
チャチャ入れ。
そうそう、モンさんが言ってるチャチャ入れっていうのはまた別の。
別のやつだよね。
また別?
昔作ったやつなんですけど。
何か作ったんすか。
ポッドキャストを聞きながらツッコミ入れたいときってあるじゃないですか。
ありますあります。
それをポッドキャストの音声を流しながら自分の声も一緒に録るっていうマルチトラックみたいなアプリ。
それをチャチャ入れくんって呼んでたんですけど。
そういうのも作ってたりしましたね。
なるほどなるほど。
それはまぁでも、知り合いとか仲良いよって言ってくれるポッドキャストとかがいっぱいいるから。
知らない人がいきなりやったらそれ合う。
知らない人はだめだからね。
そうね、そうね。
なるほど。
いいですね。
いや面白いですよ。
なっちさん何でも何か作り出して楽しんでるから。
それをちょっと紹介したいなと思って今日呼んだんですけど、私なんかゲストみたいになってる。
いえいえ、ホストですよ。
いやー楽しい。
そうですね、こういう技術的なこともいいですね。
ということで、だんだん1時間ぐらい経とうとしてますが、
今週はこんな感じですかね。
来週誰だっけ?
来週ライドさんじゃないんですか?
来週ライドさんでしたっけ?
つばきライドさんだったかな?
かな?
その次がザゴさん?
忘れちゃった。
適当なこと言っちゃってるかもしれない。
間違ってたら教えて。
ということで、毎週週替わりでホストになって、この日本ポッキャスト業界のスペースで配信しますので、
ぜひお時間がありましたらふらりと寄っていただいて聞いていただければなというところで、いいですかね。
ありがとうございました。
最後の締めぐらいはもぐたんにやってもらおうかな。
57:00
なんかあの、ポトフさんに何から何までやっていただいて。
私は召喚されるだけなんで。
本当に助かります。
なっちさんを利用して話題提供してもらってすみません。ありがとうございます。
みんな楽しんでやっていきましょう。
ありがとうございました。
はい、ありがとうございました。
じゃあね、バイバーイ。
じゃあねー。
ちょっと待って、これ閉じたらいいの?
閉じたらいいよ。
これ閉じたら録音どうなるの?
録音は自動で再生できるようになるから、いいよ、閉じちゃえば。
わかりました、ありがとう。
普通の疑問言っちゃった。
じゃあ閉じまーす。
はーい。
57:55

Comments

Scroll