2022-03-20 07:20

岸壁の母(2) のしかかる貧困と戦争

先の大戦が終わると、海外には多くの日本人が残されました。京都府の舞鶴港で息子の端野新二さんの帰りを待ち続ける母、いせさんは、ヒット曲「岸壁の母」のモデルになりました。

 

■この番組は
政治、経済、事件、スポーツ、文化、そして風俗・・・。
戦後の歴史の中から、印象深い出来事を再取材して、知られざるエピソード、報道されていなかった面に新たな光を当て、戦後を振り返ります。

 

【原作】「戦後史開封」(「戦後史開封」取材班 /産経新聞社・刊)
【番組制作】産経新聞社

 

番組のフォローと高評価をお願いします!
Apple Podcastでは皆様のレビューも募集しています。


■産経Podcast オススメのドキュメンタリー番組

・『宮本雅史が語る 特攻隊と女性たちの戦後』:元特攻隊員や遺族、残された妻への取材を20年以上続けている宮本編集委員が、自らの口で語ります。
産経Podcast「猛虎伝」~阪神タイガースの奇跡を振り返る:阪神が21年ぶりにリーグ優勝した昭和60年。トラ番記者だった田所龍一の目線で、音声ドキュメントとしてよみがえります。
・『話の肖像画』:デヴィ夫人/女優の河合美智子さん(オーロラ輝子)/検察に立ち向かった元厚生労働事務次官・村木厚子さんの半生をたどります。

 
■番組SNSでは最新情報をお届け
Twitter 
Facebook 
 
■産経Podcast 公式ウェブサイト
https://sankeipodcast.com/

■産経iD 公式ウェブサイト
https://id.sankei.jp/
※会員登録(無料)することで、会員限定のPodcastコンテンツを聴くことができます。

■産経Podcastとは
新聞紙面では伝えきれない情報を、産経新聞社の精鋭記者陣が厳選。
インタビュー、ドキュメンタリー、歴史、エンタメなど、15タイトル以上のオリジナル音声コンテンツをお楽しみください。 

 

 

 

 

See omnystudio.com/listener for privacy information.

00:01
戦後史開封
戦後史開封
岩壁の母、息子を待ち続けた橋の威勢
第2話 乗しかかる貧困と戦争
第1話 橋の威勢
2歳になったばかりの長女、英子が亡くなったのだ。
威勢は、当時のノートに次のように書いている。
夫の死よりも悲しく、声を限りに泣きました。
夫の百家日が過ぎたばかりなのに、英子にさられ、希望を一つ失いました。
針を持つ気にもなりません。
涙ばかり出て、私の心の支えは幼い真嗣だけになりました。
真嗣一人が生きる希望を与えてくれます。
真嗣は母の悲しみを知るよしもなく、母に抱かれて寝るのを喜びましたが、
私は片手を取られたようです。
夫、娘と相次いで亡くした伊勢は、悲しみから逃れるため、
昭和6年2月末、5歳だった一人息子、真嗣の手を引いて函館を離れ、上京した。
アクシデントが起こったのは、真嗣が中学2年の時だった。
真嗣は肺炎で40度の熱が4、5日続いて渋滞になり、入院生活を送ることになったのだ。
伊勢には高額な入院費用が払えなかった。
親戚に頼んでも聞き入れてもらえず、伊勢は着物をしちいれして何とかその場をしのいだ。
真嗣あればこそ、今日まで働いてきたのです。金には買えられません。
03:01
真嗣さえ元気になれば、借金など何とかなります。
真嗣に万一のことがありましたら、明日からこの世に用はありません。
働くこともないのです。伊勢はノートにそう記した。
真嗣が退院した時は苦しみも忘れて喜び、二人で泣いたという、
二人きりの母と子は厳しい貧困の中で絆を深めていった。
伊勢は一人っ子で函館の平凡な家庭の中で少女時代を送り女学校に進んだという。
父は外国航路の船員で年に二、三回しか帰ってこなかったため、
ママ母と二人きりの生活が続いた。
このママ母について伊勢は次のようにノートに書いている。
私は母に何一つ教えてもらえません。
慰霊用のものを与えてくれるだけです。
可愛がってくれるでもなく、優しい言葉もなく、私はまるで預かりっ子のようです。
甘えることもできず、時々寂しくなりました。
母との関係で寂しい思いを経験した伊勢の生い立ちは、
真珠への深い愛情に少なからず影響を与えたのではないだろうか。
伊勢が戻らぬ真珠を待ちながら大学ノートに書いていた文章を、
昭和49年に未帰還兵の母として出版した新人物往来者のCのやつかは、
真珠に対する伊勢の愛情を息子に凝り固まっていたと表現した。
凝り固まった理由についてCのは、
一つは夫や娘との私別以来、母一人子一人の寂しく苦しい生活の中で、
張り仕事だけを頼りに懸命に真珠さんを育てたからでしょう。
そして伊勢の真珠に対する愛情について、
最後まで生きているという自信を持っておられたので、
伝説になるほど息子にこれがたまらざるを得なかったのです。
と説明する。
貧困と戦争はつい最近まで日本人に重くのしかかっていたのだ。
産経新聞社がお届けする音声ドキュメント。
06:11
岩壁の母、息子を待ち続けた橋野伊勢。
最終話の次回は、伊勢が待ち続けていた真珠が生きていた事実をお伝えします。
産経新聞社がお届けする戦後紙開封。
最後までお聞きいただきありがとうございます。
番組をフォローすると最新エピソードが自動でダウンロードされるので、
外出の際にはデータ容量を気にせず楽しめます。
番組右上のフォローボタンから是非フォローをお願いします。
また、アップルポッドキャストでは高評価とレビューをお待ちしております。
是非皆様のご感想をお聞かせください。
07:20

Comments

Scroll