1. OwaiKnight FM (オワイナイト FM)
  2. 全ては憧れから始まった、音楽..
2023-08-28 15:00

全ては憧れから始まった、音楽が導いてくれた人生を変えた出会い。

OwaiKnight FM | Movement Radio #14



personality:“The Lacks 伊藤 隆史" & "木下ひばり" & "OwaiKnight Takuya”



the cover photo courtesy by David Menidrey of Unsplash



9月3日 より、いよいよ池袋FM放送されます!なので、今回がオワイナイトFM単体配信ラストになります。音楽好きの3人による、台本完全無視の激熱トークをお届けします。







★今回のトピックス★



▶ 伊藤隆史、ニューアルバムのデモテープを作るの話



▶ 木下ひばりの作曲活動はウハウハの話



▶ 憧れの人に慣れるツールは音楽の話



▶ 音楽に関わってなかったら・・・



▶ スペシャルなパーソナリティーセレクション



などの内容でお送りします。



♬エンディング曲♬ 



▶ SWEET DAYS / The Lacks



♪パーソナリティーセレクション♪ (selection by 木下ひばり)



木下ひばりセレクション



▶ 裏表ラバーズ / 初音ミク









初音ミクを知っていますか。日本が誇る世界の歌姫です。その正体は「VOCALOID」という音声合成ソフトです。歌が本職ですが、たまに喋ることもあります。



この「裏表ラバーズ」という曲は、木下ひばりが一番最初に聴いたVOCALOIDの楽曲です。あるインターネットのサイトに曲名と早口&高音で人間が歌えるものではない、というような文句が書かれていたような気がします。小学生の頃に見たサイトなので細かいことは忘れました。一体どんなものなのだろうとYouTubeで検索をかけて聴いたそれは、今まで当たり前に聴いてきた歌の常識を覆すものでした。



歌を作るときは人間が歌える高さと速さと歌詞にしましょうねぇ…なんて、そんな思いやりの欠片もない、人ではないからこそ歌える曲。しかもこの曲は、今でこそ「ヒトリエ」というバンドのボーカルを務めたwowakaさんという有名な方が作ったものですが、当時は素人だったはずです。



ビートルズを初めて聴いた日本人と同じ衝撃、と言ったら大袈裟なのかもしれませんが、多分まぁ似たようなもんだろうと思うくらい、この曲は衝撃でした。音域なんて高すぎてもいいこと。メロディなんて速くてもいいこと。歌詞なんて発音しにくくていいこと。人が歌わなくていいこと。機械だからこそ歌える歌があるということ。そしてそれに気付かせてくれたこの曲は、素人が一人で、パソコンで作ったということ。



今自分がパソコンで一人で音楽を作っては「うわぁ天才だ!」とキャッキャしているのは、この歌がたった一人で、たった一台のパソコンで、面白い音楽が作れるということを教えてくれたからです。この歌がなければ、そして、VOCALOIDという技術が開発されていなければ、音楽家の木下ひばりは存在しませんでした。



初めて聴いたときから10年以上も経ちますが、曲の意味は未だわからないです。でもわからなくていいかなと思います。どうせ自己満足の自己解釈で分かった気になるだけですから。



(レビュー作成: 木下ひばり)











Amazonで探す





The Lacks 伊藤隆史セレクション



▶ 今夜決めよう / The Mods







【決意を固める勇気を奮い起こす】



“今夜決めよう 時間は待たない”



初めて聴いたガキの頃からずっと胸に刻まれてる詩。



夢と現実のスレ違いに疲れてしまう夜があって、逃げ出したいと嘆く日もある。それでも自分が自分であるために。襟を正して、もう一度やろう。



(曲紹介&レビュー作成:The Lacks 伊藤隆史)













Amazonで探す





Takuyaセレクション



▶ Autumn Leaves / The Manhattan Jazz Quintet ※Spotifyで公開されていないため曲は聴くことができません



【美しさとアドリブの饗宴】



ジャズのスタンダードナンバー「Autumn Leaves」。多くのジャズミュージシャンが演奏してますが、物心ついて初めてジャズを知った「Autumn Leaves / The Manhattan Jazz Quintet」が、ぼく自身の原点でこの曲なしには語る事はできません。



出だしは、木の枝から枯れた葉がヒラヒラと地面に落ちるようにしっとりとした印象ですが、アドリブラインになると冬に向かうモノ悲しさを打ち消すようにトランペットの音色が現れます。初めてこの曲を聴いた幼少期は、正直あまり好きではありませんでした。ただただ、くらい印象。でも、当時の思い出も重ねる事ができる今改めて聴くと、言葉にできない感情が蘇ってきます。



(曲紹介&レビュー作成:オワイナイトTakuya)













Amazonで探す





※Podcastページよりご覧の方へエピソードページ(https://owaiknight.com/movement-radio_14)より曲を聴くことができます。



※池袋FMでの放送詳細 「ポッドキャストでお届けしているオワイナイトFMが、FM電波でもお聴き頂けることになりました。( https://owaiknight.com/information_ikebukuro-fm/ )」



※トークの中で話題にでた「チャンレンジ」の話は過去配信「その先の未来が違う?!2つのチャレンジ方法 。楽な道でドンドン前に行くか?苦労しながら切り拓いていくか? ( https://owaiknight.com/movement-radio_56/ )」







★今回の出演クリエイター★



▶ 伊藤 隆史 (The Lacks Vo/G )









▶ 木下ひばり (アーティスト)









▶ Takuya (オワイナイト)









★ メッセージ募集中 ★



オワイナイトFMでは、みなさんからのメッセージをお待ちしてます!



出演者へのお願い。普段は伝えられない大切な人への応援。誰に聞いていいのか分からない各種相談などなど、どんなお話でも大丈夫です。



もちろん、初めてのメッセージも大歓迎!この番組に送ってみませんか?きっと出演クリエイターがアナタの力になることでしょう。



さらに、番組を聴いての感想やご意見もたくさんお待ちしてます!



すべてのメッセージは、こちらのメッセージフォームから



メッセージフォーム



( https://owaiknight.com/contact/ )



次回の配信も、お聴き逃しなく!









★オワイナイトFMからのお願★



最後までご覧頂き、ありがとうございます。お楽しみ頂けましたでしょうか?オワイナイトFMでは、コンテンツサポーターを大募集中です。



頂きました貴重なサポートは、『もっと気軽に、もっと面白い、リアルな新しい日常』をお届けするため、出演者のクリエイター活動やOwaiKnightのサイト運営、コンテンツ製作などに充てさせて頂きます。一緒にオワイナイトFMをさらに魅力的にしていくために、皆さんからの暖かいサポートお待ちしてます。










※Podcastページよりご覧の方へPodcastページからの投げ銭ではできません。お手数ですが、オワイナイトホームページのエピソード記事(下記URL)をクリックして、サポートをお願いします。



● エピソードページhttps://owaiknight.com/movement-radio_14
00:06
Speaker 1
皆さん、こんにちは。ザラックスの伊藤敬です。
OwaiNight FMにお会いなんでしょう。
Speaker 2
こんにちは、木下ひわりです。
Speaker 3
こんにちは、OwaiNightのタクヤです。
実はね、某FMに伊藤さんと行ってきて、
Speaker 2
お疲れ様です。
Speaker 1
ありがとうございます。
Speaker 3
とくっそ暑い中ね。
Speaker 1
暑かったね、マジで。
Speaker 3
暑かった。伊藤さん寝坊したし。
Speaker 2
そうなんですか?
Speaker 1
寝坊した。忘れてた。すいませんでした、本当に。
いや、あんまり俺、仕事とかバンドとか用事とか寝坊するタイプじゃないんですけど、
パッて起きたら、集合時間でしたね。
Speaker 2
それもでも、その10時に局に着けばよくて、
Speaker 1
タクヤさん1時間前を指定してきてて、
早いだろって思いつつ、寝たっていう気持ちがたぶんまんまと出てしまいまして、
パッて起きたら9時だったんですよね。
そしたらちょうどその30分40分前ぐらいに、ちょっと早すぎましたと。
だから9時半にしましょう、集合ってなってて、
ギリいけっかなと思って、本当に寝起き70秒ぐらいで家出て、
たら9時40分ぐらいには着いたかな。
おー、着いた着いた。
結果、局には間に合ったということですね。
結果的にジャストタイミングではありました。
ということで、どうでしょうこの話は。
Speaker 3
いいんじゃないですかね。
Speaker 2
ありがとうございます。
Speaker 1
というわけで、ついに某FMって今まで言ってた曲が発表になります。
その曲とは。
Speaker 3
池袋FMです。
放送局の詳細、周波数とかね、どういう放送で聞けるかとか、
ホームページチェックしてもらえれば全部載せるので。
ついに発表できる時が来ましたね。
本当ここまで来るの長かったですね。
Speaker 1
長かったね。
Speaker 3
長かった。悩みに悩んだからね。
Speaker 2
基本的に悩んでたのはタクヤさんだけですか。
Speaker 1
そうですね。我々は割と楽観的に。
Speaker 2
楽観的に。やれならやれってどうしようって感じでしたからね。
Speaker 3
そうですか。なるほど。
Speaker 1
無事にでもこれでリスタート、再出発。
Speaker 2
新しいことをやろうということにまとまりましたのでね。
Speaker 3
新しいチャンレンジ。
Speaker 1
チャンレンジ。
Speaker 3
チャンレンジの話は前々回。
Speaker 2
結構前ですよね。
Speaker 3
結構前。ちょっと過去回聞いていただいて。
Speaker 1
聞き直します。
Speaker 3
なんとかチャンレンジっていう話があるので。
Speaker 1
分かりました。すみません。
Speaker 3
リスナーも皆さんも聞き逃した方はPodcastでぜひ聞いてください。
03:00
Speaker 2
お願いします。
Speaker 3
じゃあ今週は頑張って聞いていただけるように。
Speaker 2
面白い話をしていきましょう。
Speaker 1
オワイナイトFM。
Speaker 2
ムーブメントラジオ。
Speaker 3
改めましてこんにちは。
オワイナイトFMがお送りするムーブメントラジオへ。
オワイナイショー。
ルンラルンラしているオワイナイトのタクヤです。
Speaker 2
皆さんこんにちは。こんばんは。おはようございます。
この間バイト先の2日分発注をしなければいけない日があったんですけれども。
忘れてしまいまして。
2日分の納品がなくてですね。
飲食店なんですけど店が空っぽという大変な事態を引き起こしてしまって。
ちょっといまだに周りの皆様に申し訳ない気持ちでいつも出勤している木下ひばりです。
Speaker 1
そんなエピソードねえよ俺。
3段目に俺を連れてくんなよこれ。
Speaker 2
マジで店空っぽ。
Speaker 1
大問題じゃん。
Speaker 2
冷蔵庫開けて何もない。体タッパーばっかり。
Speaker 1
世界の皆さんこんにちは。ザラックスの伊藤敬です。
Speaker 2
最近のエピソードは。
Speaker 1
よろしくお願いします。
Speaker 2
寝坊した話だよね。朝じゃない。さっき来てくれたからね。
それが最近ですね。
Speaker 1
もう寝坊はしません。お願いします。
Speaker 3
ちょっと休みが長かったので。
いろいろできたかなと自分思ってて。
Speaker 1
お二人はどうだったかなと。
私は。でも私新曲のデモを作りましたね。
Speaker 2
聞きたい。デモっていうものに一番心がときめく。
Speaker 1
これはデモの作り方ってすごく難しくて。
どこまでデモ作るかっていうのがすごく難しいなと思ってて。
どういうこと?
家でギターをちゃんと録音できるわけですよ。
だけどどこまで作っとくかって結構難しいんですよ。
あえてラフにしておくと人と合わせた時にいろいろ振り幅あるよとか。
しっかり作ったらそこから帰るの難しかったりするし。
だから結構デモをどこまで作るかっていうのは迷うんですけど。
でも今回はちょっと俺の中ですごく明確に形が見えてるものっていうか。
こうしたいんだよねっていうのがあったので。
逆にめちゃめちゃ作り込んでみてデモを作ってみましたね。
Speaker 2
いいっすね。
Speaker 3
どっかに送るの?
Speaker 1
いやいや、これはだからユータにあげる。
Speaker 2
自分のバンドの中で次の曲こんな感じにしようと思うんだけどどう?みたいな。
Speaker 1
ユータに持っていくっていう。
Speaker 3
なるほど。これてっきりレコード会社に送るのかと。
Speaker 1
それよりもっともっと前の段階のやつですね。
Speaker 3
そういうことね。
チェックってこと?お互いのチェックみたいな。
Speaker 1
お互いのチェックっていうか、俺がこういう曲を作ったよって。
Speaker 2
どうですかってプレゼンみたいなもんですね。
Speaker 3
そういうことね。
ちょっとこっちに送ってもらって。
06:03
Speaker 1
わかりました。じゃあ一回そちらに送ります。
Speaker 2
聞いてみたいですね。
Speaker 3
ひばりさんと自分で評価みたいなのすればいいですかね。
Speaker 1
ありがとうございます。お願いします。
Speaker 2
木下はね、自分のオリジナル曲に動画つけようと思ってその動画の絵コンテを書き始めたのと、
新しい音楽の依頼を一件獲得しました。
音楽の依頼って何?
Speaker 3
歌詞書いたから曲つけたい的なやつを獲得しました。以上です。
Speaker 2
今お値段の相談をしているところです。
Speaker 3
マジか。
Speaker 1
マジで一曲いくらでそれ受けるの?
Speaker 2
相場だったらかなり安いです。
Speaker 1
そうなの?
Speaker 2
はい。
Speaker 3
どこから仕事仕入れてくれるの?
Speaker 2
自分の場合は人様のツテ的なやつだったりとか、活動者仲間的な、
一緒にライブ共演した方がオリジナル曲欲しいなみたいな人がいたらやろうかとか、
逆に相手が自分の曲気に入ってくれて、曲作ったよみたいな。
歌詞はあるんだけど、メロディーまでできてるんだけどそこからちょっとわかんなくてみたいな。
そういう感じで、じゃあやるからいくらいくらでどう?みたいな感じでやります。
すげー。
Speaker 3
すげー。
Speaker 1
そんな感じで。
俺は今までそんなこと頼まれたことないから。
Speaker 2
本当ですか?
俺もない。
Speaker 3
いいな。
Speaker 1
いいな。
Speaker 2
楽しみです。
すげー。
Speaker 1
聴かせてください。
ぜひぜひ。
Speaker 3
本当に聴いてみたい。
Speaker 2
楽しみです。
Speaker 3
じゃあ俺も編集やろっかな。
Speaker 2
いいじゃないですか。
Speaker 3
それやったらラジオの編集できなくなっちゃう。
Speaker 2
確かに。
Speaker 1
じゃあダメだ。
Speaker 2
ダメですね。
Speaker 1
じゃあダメだ。
Speaker 3
ダメか。
時間決まってるしな。
Speaker 1
大変だ。大人って大変だな。
Speaker 2
大人は大変ですね、本当に。
Speaker 3
ここから本題に戻そう。
Speaker 2
はい。
Speaker 3
お二人、伊藤さんもひばりさんもそうだけど、ミュージシャンじゃないですか。
Speaker 2
はい、一応。
Speaker 3
音楽やってて出会えた人とか物って、どんなことだったりします?
Speaker 1
オワイナイトFMでしょ。
Speaker 2
そうですね。
本当に?
Speaker 1
だってオワイナイトFM音楽やってなかったら出会ってないですよ。
Speaker 2
出会ってたってライブ会場で会ってるから。
確かに。
Speaker 3
そうだね。
Speaker 1
うん。
Speaker 3
びっくりした。
Speaker 2
こうくると思ってなかったんだな。
Speaker 3
全く思ってなかったね。
Speaker 2
これは台本にそう言えと書いてあったので、言いました。
そういうことですね。
Speaker 1
マジか。
書いてるでしょ。
すみませんでした。
本択しました、今。
Speaker 2
すみません。本当にすみません。
Speaker 3
でも今このメンバーあれですよね。
音楽を通じて確かに出会ったよね。
そうですね。
Speaker 1
音楽やってなかったら今何一つないでしょうね。
そうですね。
Speaker 2
そう?
だってこれもオワイナイトFMもなければ、自分がさっき言った曲のいろいろ話。
だってそれだってライブ活動してた時に出会った人からなので、そういうのもないしってなるんですよ。
09:06
Speaker 1
そういうこと?
俺に関しては当然東京にも出てきてないし。
Speaker 3
音楽なかったら?
Speaker 1
音楽やってなかったら東京出てくる必要ないよね。
今があるのは音楽のおかげでしかないので。
Speaker 3
逆にもし音楽じゃなかったらどういう自分だったと思う?
Speaker 2
もっと絵描いてる。
Speaker 3
そういうこと?
Speaker 1
俺は答えが出ないな、それは。
何にも思いつかない。
Speaker 2
本当に?
Speaker 1
音楽やってなかった瞬間がないから。
Speaker 2
なるほど。
Speaker 1
生まれた瞬間からやっぱり僕はザ・モッツを聴いてるので。
Speaker 3
聴いたからってことは自分でやろうなんてなかなかないじゃん。
Speaker 1
それが結構俺は不思議でっていうか。
不思議。
俺はその3歳とか2歳の頃から森山さんになりたかったし、モッツのボーカルのね。
Speaker 2
なりたい。だって確かにうん、セーラームーンになりたかったもん。
Speaker 1
そうそうそう、それと一緒のことが全部だから、音楽聴くだけで終われないっていうか。
Speaker 2
どうやったら聴くだけで終われるんだろうって逆に作る側としてはね。
Speaker 1
そうそうそう。
Speaker 3
俺逆に聴くだけで終わりだったけど。
この人になりたいとかなかった。
Speaker 1
逆にそれがすげえなと思う。
俺多分すごい影響を受けやすいんだと思うんですよね。
Speaker 3
あ、そう?
Speaker 2
自分がかっこいいと思ってるその人と自分も同じになりたいみたいな。
Speaker 1
そうそうそういうこと、そういうこと。
Speaker 3
もうなんかないね。
ない?
なんかそこじゃないな俺。違うかな。
なんか自分がたまたま表現できる方法が、例えばラジオだとするじゃないですか。
それをやってるだけ。
Speaker 2
我々がやってみたい、憧れるできそうみたいなものが音楽とかするのであっただけなんじゃないですかね。
Speaker 1
そうそうそう。
Speaker 2
これが例えばサッカーとかだったらサッカーになったんじゃないですか。
そう。
Speaker 3
違う、なんかね、できそうだからやるじゃなくて、人がやってるんだったら自分もできるんだろう。
でも同じ人間なんだから、俺にはやれないことはない。ただそれだけなんだよ。
なるほど、なるほど。
Speaker 2
でもそれは思うよ。
Speaker 3
でしょでしょ。
だからこれしかできないから、これをやろうじゃないって話なんですけども。
Speaker 2
あー、これしかできない。
いや、でも自分も別に音楽しかできないわけじゃないし。
そうね。
でも、あいつができてるなら俺もできるみたいな感じはすごくわかる。
この人、同じ人間じゃんみたいな。
人間ができてるんだから、自分も人間だし、ほぼ一緒だからいけるっしょみたいな。
Speaker 3
わかるわかる。
Speaker 1
そういう感じ。
Speaker 3
わかるわかる。
Speaker 1
すげー、俺そんなこと思ったことないの。
Speaker 2
ほんとっすか。
Speaker 1
ないないない。
Speaker 2
だから北川圭子と同じだし、人間だから。
Speaker 3
そりゃそうだ。
へー、鼻口あるしね。
Speaker 2
思ってる。
Speaker 3
でも、ひばりさんの考えは俺ちょっと違くて、
例えば伊藤さん歌ってんじゃん。
Speaker 2
はい。
Speaker 3
俺伊藤さんを超えれるっていうくらいの自信でやる。
Speaker 1
うんうんうん。
かっけー。なんかかっけーなー。
12:03
Speaker 2
実際、伊藤さんの歌とかひばりさんの絵は真似できないけど、
Speaker 1
やるんであれば、その人を超えるくらいの勢いでやる。
うん。
Speaker 2
それは大事なんですよ。
安さんを超えるって思って曲作ってるもん。
Speaker 3
でしょでしょ。
そこーだね。
Speaker 2
そう、そうなんですよ。
難しい。
その超えられるみたいなのは多分自分との戦いだと思うんですよね。
そうだねそうだね。
Speaker 3
わかるわかる。
最終的には敵が自分だからね。
Speaker 2
結局自分なんですよ。
Speaker 3
そうじゃないとやっていけないよね。
結局この順位とか、売り上げ、自分そんな言えるような立場じゃないけども、
それは結局人をつけた順位で、自分がどこまで納得できるかだと思うんだよね。
Speaker 1
まあまあ、物を作る人はね、みんなそこでしょうね。
Speaker 3
で、ちょっと今回の配信が、実はオワイナイト単体で配信するのが最後なんですね。
実はね。
で、次は池袋FMで放送っていう形になるので、
オワイナイトFM単体で最後のパーソナリティセレクションをしようかなと思うんですよ。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 3
これね、伊藤さんかひばりさん聞くか、もしくは俺がやるかすごい迷ったんですけども。
Speaker 2
全員で1曲ずつ紹介したら。
Speaker 1
全員にしますか。
そういうこと?
このテーマで。
Speaker 3
このテーマか。
ひばりさんからいく?
Speaker 2
え、ちょっと、自分はちょっとあの。
Speaker 1
というわけで、ではまず第1曲目ひばりさんどうぞ。
Speaker 2
えー、そう?じゃあ。
えっと、ウォーカーさんという方が作って、初音ミックさんが歌っている裏表ラバーズという曲です。
Speaker 3
なるほど。
Speaker 2
一番最初に聞いたボーカロイド曲でして、パソコンで音楽が作れるんだっていう歌でも歌えるんだみたいな。
じゃあ曲自分でも作れるじゃんみたいなね。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 2
作りたい音楽やってみたいなみたいなことを思ったのが、ボーカロイドがやっぱりきっかけだったし。
なるほど。
まずその裏表ラバーズっていう曲を聞いた。
その時の、え、こんなのできちゃうんだ。1人でパソコンでできるの?みたいなその衝撃?みたいなのがやっぱりあったんで。
自分が今こうやってパソコンで1人で曲を作るってやってるのもそのおかげだなと思います。
Speaker 3
なるほどね。
Speaker 2
ので、紹介します。
Speaker 1
素晴らしいじゃないですか。
Speaker 3
すげーね。そこまで弾き届かれる曲ってすごいな。
Speaker 2
すごいですね。それはその曲を作った人もそうだし、そのボーカロイドっていう技術を作っちゃった方もすごいしね。
Speaker 1
そうだね。
Speaker 2
そういうのも全部すごいなって思いますね。それがいろいろあってね、自分が音楽やろうって思ったんだなって思う。
Speaker 3
はー、すげーわ。
Speaker 2
すげーって思います。
はい、次。さあ行け。
Speaker 1
はい、じゃあ私行きます。
Speaker 2
ヘトーさんだ。はーい。
Speaker 1
えー、ついにこのアーティスト名を出す日が来ました。
はい。
Speaker 3
お、まじか。
Speaker 1
ザ・モッツです。
Speaker 2
あー、来たー。
ようやく。
自分が全然安さを封印してるのと同じ理由かもしれないね。
Speaker 1
えー、これはでも自分を変えてくれた曲っていうのはちょっともうありすぎちゃって。
あー、はい。
ちょっと正直選べないんですけど。
はい。
でもその、ふしぶしで必ず聴く曲っていうのはこれだなと思うんですけど。
15:00
Speaker 1
はい。
えー、今夜決めようという曲があります。
Speaker 3
はい。
Speaker 1
1996年に発売されたので、僕の生まれ年なんですね、これがまた。
へー。
で、まあ当然昔から聴いてて。
はい。
ずっとそばにはいてくれたんですけど。
はい。
ふしぶしこう迷った時に聴くんですよ、僕は。
Speaker 2
うん、はい。
Speaker 1
というのも、えーと、俺が中学校の時って結構。
はい。
あんまりそこが良くなくてというか。
うん。
Speaker 3
うん。
Speaker 1
クラスで俺一人だけ家庭訪問来たりとか。
なんかそういうことがあったりしたんですけど。
はい。
その頃からもうとにかく群馬を出たくて。
はい。
東京に出たくてその俺はもうミュージシャンになるって思ってて。
はい。
で、その15で夢見てたゴールはどこにあるのか。
苛立ちの中で一人爪を噛むしかないっていう歌詞があって。
はい。
ずっとそれに支えられてたっていうか。
あー。
その、あっ一緒なんだっていうか。
あー。
で、思ってて東京出てきて、そのサビの一番最後は時は待たないっていう。
はい。
言葉が東京出てきて生活しているうちにその意味に気づくっていうか。
Speaker 2
ほうほうほう。
Speaker 1
気づいたら年をとっていってなんかテレビのアイドルが年下になっていってみたいなことを。
うーん。
こう目の当たりにしていくときにうわマジで時間って早えなっていうか。
うーん。
のに気づくんですよね。
なるほどね。
そうだからこの曲を聞くとやばい、やばいっていうちょっと説明を出さないとなって思うんですね。
Speaker 2
うーん。
いいっすねこう生き方をこう正してくれるといいますかね。
Speaker 1
そうですね。
ちょっと襟を正さないとなって思うときに僕は今夜決めようを聞きます。
Speaker 2
いいっすねー。
Speaker 1
はい。
Speaker 3
このエピソードいいよね。
Speaker 1
そういう話でした。
Speaker 2
いいなーこういうの聞けるの。
いいなー。
Speaker 3
ちょっと永遠にこの話をしてたよね。
Speaker 1
今夜決めようの話は永遠にできます。
ねー。
てか座没会があってもいいぐらいですよ僕は。
Speaker 3
じゃあ今度そういうスペシャル会作りましょう。
うん。
Speaker 1
ねえ。
で。
あとはですよちょっと待ってくださいよ。
はい。
今後そのFMになるってなった場合。
はい。
曲流せるってことっすよね。
Speaker 3
ガンガン曲流せますね。
流せます。
ただ1分50秒だけね。
Speaker 2
えーヤスさんの曲流してしまうってこと?
Speaker 3
流せる流せる。
Speaker 1
はー。
やばいね。
Speaker 3
そこはねポッドキャストとFMの違いで。
Speaker 2
ヤスさんの美声が池袋に響き渡ってしまうということ?
Speaker 3
そうそうそうそう。
Speaker 2
どうしよう。
どうしよう。
知ってほしいけど知らないでほしい。
Speaker 1
めんどくせー。
めんどくさかったー。
Speaker 3
リスナーの皆さんからも曲のリクエストガンガンもらえるので。
いいです。
Speaker 2
それはね嬉しいですね。
Speaker 3
すごいだからもっともっと楽しくなるよね。
Speaker 1
そうだねそれ含めてヤスさん会と座没会やりましょう。
Speaker 3
ただほら15分だから。
Speaker 1
まあねだからそこが難しいところですね。
Speaker 3
難しいですよ。
Speaker 2
難しいですね。押し語りって長くなりがちですからね。
Speaker 3
何週間にわたってやるしかないよね。
そうですね。
Speaker 1
もう一月丸々でやりましょう。
Speaker 3
そうそう。
ちなみにその池袋フェイブに行ったらお二人でどんなことやってみたいとかありますか?
18:02
Speaker 2
早口言葉だっつってんだろ。
Speaker 3
いや他他他。
Speaker 2
えー。
無理やり自分の曲を他人に聴かせるというテロ。
そうですね。
Speaker 1
無理やりですね。
無理やり。
Speaker 3
そこでカットしたら怒られそうだからやめようそういうの。
Speaker 1
はいというわけでタグヤさんの曲。
Speaker 2
うん聴きたい。
Speaker 3
うーんとね。
本当に自分の好きな曲言っていいですか?
Speaker 2
はい。もちろん。
Speaker 3
初めて聴いたジャズがあって。
それなんか親から初めてカセットテープもらったんですよ。
Speaker 2
へー。
Speaker 3
カセットテープに入ってんのを曲ずっと聴いててなんだろなんだろ全然わかんなかったの。
はい。
なるほど。
曲がこんな曲ってあるんだけども台面わかりましたってなって10年くらいそのアルバム探してたんですよ。
はい。
Speaker 1
ずっと。
Speaker 3
たまたま行った横浜のタワーレコードにCD視聴できるじゃないですか。
Speaker 2
はい。
ありますね。
Speaker 3
そうそれで初めて見つけてその曲をこれがマンハッタンジャズグインテッドがやってるオータムリーブスなんだってのがわかった。
Speaker 2
へー。
Speaker 1
すごいね。
Speaker 2
その終電がすごいですよね。
うーん。
Speaker 3
なんかその曲いっぱいあるんですよオータムリーブスってやってる人が。
彼派っていう題名なんですけどもマンハッタンジャズグインテッドがやってるのが自分が一番好きっていう。
Speaker 1
へー。
ちょっと聴いてみたいですねそれはまた。
Speaker 2
聴きたいですね。
Speaker 3
うん。
ジャズなんで歌詞が入ってないんですよね。
Speaker 1
うん。いいじゃないですか。
Speaker 2
いいですよね。
だからどうなのかなと思って。
いいじゃないですか。
自分読書の音もあいつもそういう歌詞のないインストの音楽ですよ。
Speaker 3
あ本当ですか。
はい。
そういう使い方もあるんですね。
自分のジャズ界を作ろう。
Speaker 2
はい。
ジャズ界も是非。
まあそんな感じでパーソナリティセレクションはね3人で1曲ずつというね。
Speaker 1
初の試みですね。
Speaker 2
初の試みですね。
Speaker 3
わかんない。
これねあれレビュー書くのちょっと大変だから。
Speaker 2
へー。
Speaker 1
3曲分。
Speaker 2
3曲分。
Speaker 1
3曲分。
ダメですよ3曲分やってくださいそれは。
Speaker 3
ああそうっすね。
Speaker 2
ダメです。
Speaker 3
皆さんオンエアホームページをチェックしてみてください。
Speaker 2
はーいお願いします。
Speaker 3
であの散々言ってる次回の配信なんですけども。
Speaker 2
はい。
Speaker 3
オワイナイティフェム無くなるのとかみたいな話は。
はい。
ホームページにちょっと色々載せるので。
はい。
Speaker 1
ご一読くださいませ。
お願いします。
Speaker 2
ぜひご一読ください。
Speaker 3
そのホームページはカタカナでオワイナイトと検索して頂ければヒットします。
はい。
オワイナイトですよ。
次回の配信がホームページでちょっとお伝えします。
Speaker 2
はい。
Speaker 3
放送のお伝えですので皆さん是非チェックしてください。
Speaker 2
お願いします。
では今回の出演は木下ひばりでした。
Speaker 1
世界の皆さんありがとうございました。
ザ・ラックスの伊藤敬でした。
Speaker 3
オワイナイトのタクヤでした。
今回も最後まで聞いてくれてありがとなし。
Speaker 2
もっと気軽にもっと面白い新しいリアルな日常をお届けします。
Speaker 1
オワイナイトFM
15:00

Comments

Scroll