1. OwaiKnight FM (オワイナイト FM)
  2. リカバリーで失敗を成功に変え..
2022-07-11 22:25

リカバリーで失敗を成功に変えるシンガーソングライターの技

OwaiKnight FM #28 | Talk Baton Radio
"木下 ひばり & OwaiKnight"
















■エピソード記事URLhttps://owaiknight.com/talk-baton-radio_28







 



今回のOwaiKnight(オワイナイト) FM「Talk Baton Radio」は、美大生でシンガーソングライターの木下 ひばり さんと共にお届け。



6月11日の共同主催ライブがカナリの盛り上がりに終わったが、ライブまでに至る道のりは険しいものだったらしい。観客を集めるよりも、出演者を集める方が大変らしく、1人ひとりに丁寧にお願いした結果が今回の盛り上がりを生んだと話してくれた。だが、ライブ中は一切その様子を見せる事なく、ただただ足を運んでくれた観客たちを楽しませる事に集中している様子は、ラジオトークからは想像もできない、いつもとは別の木下ひばりさんがいた。




この投稿をInstagramで見る Takuya@オワイナイト FM ™️(@owaiknight_fm)がシェアした投稿




ライブの様子は、木下ひばりさんのYouTubeチャンネル「木下ひばりが動画を載せるだけ」で配信中で、後日、オワイナイトが撮影した動画もリリース予定なので、是非、観て頂きたい。



また、9月24日には自身初の単独ライブが開催予定。後日、詳細を掲載予定なのでチェックしてほしい。











 



【お知らせ】



「木下ひばりのおしゃべり作戦〜ポッドキャスト編〜」絶賛配信中■URL: https://anchor.fm/shinitagari0114













OwaiKnight FM パーソナリティ
00:01
OwaiKnight FM
今日は励まされてるばっかりだな。
そんなにとんでもない、とんでもない。
やっぱりこの前ライブやったら違うんだな。
ちょっと新しい、ニューヒバリさんがここにいる。
ほんと、そんなこと何も変わってない。
オワイナーショー、OwaiKnightのタクヤです。
オワイナーショー、木下ヒバリです。
ヒバリさん、この前のライブ、お疲れ様でした。
ありがとうございます。
夕張の企画で、ヒバリさん主催で、もう一人の方と共同主催だったんですか。
はい。いつもはもっとなんか、弾き語りがまずいない。
みんなオケ流す人。
あ、そうなんだ。
だから、あんなに楽器使う人が多いのは初めてでしたね。
ヒバリさんも弾き語りだったしね。
そう、自分もいつもオケ流すんですけど、
ちょっとオケ作るのが間に合わなかったので、弾き語りをやったんですが。
絶対、弾き語りの方がいいと思う。
そう、みんなそう言う。
やっぱ、生で演奏してもらえると、こっち的にはその感動がより伝わるっていうか。
やっぱ、みんな生の音を聴きたいから。
そうです。わざわざね、会場に来て聴くっていうのはね、
この場でしか聴けない音とかね、歌があるわけで。
すごかった。目の前でも見せてもらったから。
そう、視界に必ずたくやさんが見えるっていう。
視界に絶対入ってるって。
あれ、これ、コードーム映ってるんだ。
ヒバリさんがYouTube上げてくれたやつが。
毎回コードーム映ってるから。
やべえ、申し訳なかったと思って。
いや、とんでもない、とんでもない。
一回恥ずかしいと思ってさ。
そんなそんな。
でも、テロップ入れとけばよかった。
これは、オワイナイトFMのタクヤさんの頭です。
自分が映るって恥ずかしいんですよね。
恥ずかしいっていうか、いつも想像してる自分がいるじゃないですか。
自分の理想像で振る舞ってる自分と、
カメラで撮った自分。
誰こいつ?みたいな感じになっちゃうよね。
わかる。
自分も自分の写真を撮られるのはそんな得意ではないので。
そうなんだ。
例えば、今日お化粧の調子良くて、いつもより可愛いぞと思って、
たまに血迷って自撮りとかすると、
全然違うわ、そんなことなかったわ、みたいな。
あいつも通りブスだわ、みたいな。
そんなことないと思うけど。
どれが違うとかってやっぱり。
全体的に違う。
雰囲気が違う。
鏡とかで見てるとイキイキしてるのに、
写真になった瞬間死んでるみたいな。
鏡って自分に格好つけるじゃないですか。
そうなんですよ。
あれ不思議よね。
本当に嫌だもん。
で、その顔が映ると、なんだこれ半目じゃねえかとか。
本当に嫌だ。
なんかね、自分がいつも歩くときに顔が前に出て、
猫背になって、へこへこ歩くらしいのね。
見ると。
でも自分はいつも背筋張ってピンとして、
モデル張りに歩いてるつもりなんだけど、
全然違うっていうね。
03:00
確かに歩いてる姿って、本当人に言われないとわからないから、
自分もいつも下向いてるって言われます。
猫背で下向いて、
すごい暗い感じで歩いてる。
苔が生えそうなくらい地面としてるので。
ステージ上はシャキッとしてたよね。
ステージ上で地面とされても困るじゃないですか。
確かに。
暗いのはちょっと嫌だよね。
ヒバリさんの曲って、モロカロイドとかアニメチックって言ってたから、
そうなのかなって思ったんですよ。
ヒバでは。
やっぱ違うね。シンガーソングライターって言ってるだけあるなと思って。
あれは多分、楽器弾き語りだったからそう聞こえたのであって、
オケ作るとまた違う、もっとアニソンっぽい曲聞こえますよ。
なんかね、自分が勝手なイメージだけど、
ステージ見る前は、
YouTubeであげてくれたやつなんだっけ、
初音ミクの歌ってみたって、あれ自分結構好きなんですよね。
はい、嬉しい。
で、あんな感じなのかなって思った。
でも違かったから、
歌ってる顔も全然違ぇわって思った。
恥ずかしい。
それは、ワイナイトエフェムか、
ヒバリさんのYouTubeのチャンネルでどっちかで流すので、
皆さん是非。
是非見てください。
それ、カーソンとか欲しいね。
欲しい。
全然違う。ヒバリさんじゃないね、あれは。
別人格のヒバリさんだった。
闇夜の使者。
闇夜の使者。
あれだよね、顔付きがみんな違うんすよ。
MCやってる時は、
普段じゃねぇや。
普段のヒバリさんだったね。
うん、結構。
ああいう感じ。
よそいきようの顔。
よそいきよう。
でも歌ってる時は、
いい意味で、
くだらけてるっていうのかな。
かっこいいかっこ悪いとか、
そういう次元じゃなくて、
必死さってさ、ちょっと恥ずかしかったりするじゃないですか。
そうですね。
それをステージ上では、
全て出し切ってるって感じ?
アーティストとして、
好き勝手できる場所って、
ステージの上しかないんですよ。
あ、そう?
多分。
普段からアーティスト気取りやってると、
それはそれでカッコつけて疲れるだろうし。
この前の、一回空振りしたじゃないですか。
空振りしましたよ。
あれ、わざと?
あれは、そうなってしまった。
下手くそだっただけ。
でも、失敗なのか成功なのかわかんないよ。
そのアーティストさんってすごいよね。
リカバリーする能力が半端なかったっていうのは。
ああいうの、やべってなるとバレるんで。
そうだよね。
やべって顔しないっていうのがやっぱ重要。
すごいよね。なんか特技だなと思って。
バイトの時でも言われたし、それは。
クレープ屋さんで働き始めてすぐの時にも、
06:00
生地がうまく焼けない時があって、
その時に失敗した時に、
あれ?ってやっちゃう癖が、
首をかしげちゃう癖があるって。
それはお客さん、クレープ焼くのみんな見るから、
そこであれ?っていうのを出すと、
お客さんもえ?ってなっちゃうから。
なるなる。
やだもん。
失敗したらすぐその生地はパンと捨てて、
もう一回焼き直せばいいんだよって。
パッチーはクレープのプロだから、
お客さんが不安になるようなことを絶対するなって言われて。
ああ、そうなんだって。
首かしげたらやだね。
首かしげてても可愛かったと思う。
あれ?って。
あれ?じゃねえよって。
おいおいおいってなるよね。
どうしたんだって思う。
それは確かにいいと思って。
それから失敗したら、
それにもう一枚焼きますって言って、
もう一回焼くんですけど。
もう最近は失敗することの方が少ないんで。
もうプロだからね。
もう失敗しようと思ってもできないっていう。
全部綺麗に焼けちゃうみたいな。
ちょっと一回食べてみたいな。
ぜひぜひ来てくださいよ。
結構っていうか仲良い人。
平田で言ったらファンの人が来てくれた時もあるし。
それ嬉しいね。
嬉しい。ありますあります。
しかも店長が知り合いだったら話しておいてって言って、
外に出してくれるんで。
少しおしゃべりしたりとか。
そういうのはしてますね。
すごいいい恵まれた環境だね。
店長めっちゃ優しい。
店長厳しそうなイメージだったけど、そうじゃないんですね。
そう失敗するけど、これ起こることが絶対ない。
本当に。
自分がいっぱいバイトしてきましたけど、
唯一尊敬してる上司は今のクレーピアの店長だけです。
そうなんですね。
そうです。多分一生尊敬すると思う。
これクレーピアの店長聞いたらもう泣いてんじゃないの?
そうかも。
ちなみにこれ店長さん聞いてるんですかね?
店長さん聞いてないです。
自分が音楽やってることは知ってるけど、
具体的に何をやってるとか、どこでライブしてるとかは知らない。
あ、そうなんだ。
でも自分もこれポッドキャスト、会社の人が聞いてるって言ったのよ。
はい。
恥ずかしいよね。
え?って。
マジですか?
マジですか?っていうか、え?ってなった。
聞いて欲しいんだけど聞いて欲しくないみたいな。
でも多分照れくさいのかな?やっぱり。
普段の自分とやっぱり違うから、なんとなくカッコつけてるっていうか。
あ、言われた。
最後にみんなお会いに行ってFMって言うじゃないですか。
あれみんなカッコつけてるよねって。
だってカッコつける場所そこくらいしかないもん。
そこくらいしかないって。
でも本当に今あるよって。
他に例えば?
例えばみなさんお会いなんでしょう?
お会いなんでしょう?
とか、とか。
でもほらそれも決まりきった台本があるからカッコつけられるわけで。
09:00
このお題が一個、今日だったら恥ずかしい話っていうお題がバンとあって。
それについてほぼ打ち合わせなく話してるこの状況でカッコつけろと言われたらちょっと無理だと思う。
あ、なるほどね。
自分も普通にこの友達とかと喋ってるのと同じ感覚で話してるし、
そういうなんだろ、よそいきようだけど普段通りの自分みたいな。
そうそうそう、聞いてくださいよ。
はいはい。
ヘッドホンを新しく入手して、
あ、マジで?
今お乳のヘッドホンつけて喋ってる。
マジで?
ヘッドホンをしながら喋るとなんか変じゃないですか。
そうかな?
なんかほら、密閉されるじゃないですか耳が。
これ密閉型だもんな。周りの音聞こえないやつだし。
でしょでしょ。で自分の声が聞こえるじゃないですか。
はい。
モニターしてるから。
うん、そうっすね。
それ自分ダメなんですよ。
なんかレコーディングしてる人片耳だけヘッドホンして、
あー確かに。
片耳買い物してるじゃん。
あ、あんな感じ。
あーなるほど。
そうじゃないとちょっとダメなんですよね。
あーそうなんだ。面白い。
自分は絶対周りの音を遮断したいタイプ。
あ、そうなんだ。
そう、なんか世界の音がうるさいって思っちゃう。
あ、またかっこいいこと。
逆に俺周りの音を結構重視したい。
あーそうなんですね。
だから環境音とか、山の声とか風の音とか。
山の声、おーみたいな。
山の声とかあるじゃないですか。
山の声。
ざわめきとかさ、波の音とか風の音とか。
はいはいはいはい。
普段生活してて色んな音聞こえるじゃないですか。
うんうん。
それを本当はこのPodcastにもう入れたいんですよ。
あーそうなんですね。
だからなるべく外でやりたいっていうのはそこかな。
でこれ収録中に多分言っちゃいけないんだけども、
今まで2人で喋ってて、2人の世界だけで喋ったじゃないですか。
っていうのもなんかあったのかなって思ってて。
でこの、実際にじゃあその、要は自分が喋ってる先にはリスナーさんがいるわけじゃないですか。
はい。
だからリスナーさん実際見えないけども、
はい。
最前列のリスナーさん誰だって話になってくると、
うんうん。
マイク?
はいはい。
なのかなって思ってて。
うんうん。
マイクに語りかけるようにすれば、
リスナーさんに声が届くんじゃないかなっていう。
マイクかわいいねーお前。
かわいいねー。
あ!
うちのマイクかわいい。
そうじゃなくて。
大好きーうちの子。大好きー。
そうじゃなくて、その見えないリスナーさん。
できればリスナーさん巻き込んでのトークができればいいのかなって思ったりもするんですよね。
そうですねー。
まあラジオでお客さんがやっぱり参加するってなると、
歯書きとかお便り系にねどうしてもなっちゃうから、
木下さんの喋り方癒されますとかそういうのはもらうけれど、
あそう?
こういう話してっていうの欲しい。
そう木下さんの喋り方好きです。
12:01
最近めっちゃ言われるようになりました。
それ以外来ないんですけどお会いになりたい。
個人に行くんすよね。
個人に決めてますね。
自分が個人でやってるポッドキャストを聞いた人とかからもやっぱりくれるし。
あれ面白いのかって。
そうかな。
毎回聞いてるよね。
本当?面白いかな。
そうそう。
でも今日手抜いてるなんてちょっと分かったりもするけど。
本当ですか?
分かりますよ。
でもいつも手抜いてるよ。
今日は更にっていう感じ。
本当?
今日疲れてるのかなとか。
そうかな。
毎週月曜日憂鬱な皆さんがちょっとでも振って思えてもらったらいいなと思って。
自分は緩くやってるから。
確かに。
朝5時とかもまたいいですよね。
そう朝5時なんですよ。
だから電車の中でちょうど朝聞けるし。
月曜は楽しみになってきたね。
嬉しい。そういう人が増えたらいいなと。
バシバシ増えますよ。
ではYNHFMもあれですね。
基本週1って言ってるけど10日に1回くらいになってるから。
どんどん伸びちゃって。
それで言い訳していいですかね。
もちろんどうぞ。
ポッドキャストだけだと多分できるんですよ。
自分ちょっと欲出しちゃって。
YouTubeにも。
YouTubeやってるから。
ラジオ配信してしようかなと思ってて。
なんでかっていうとYouTubeで聞けないのっていう人がいて。
ポッドキャストってそもそも何ですかっていう人がいたっていうのがあって。
ポッドキャストにどうやって聞くのとかっていう人がいた。
要はポッドキャストの認知度っていうのがほぼほぼない感じなんで。
一部の人は知ってるけども本当に知らない人は知らない。
iPhoneにAppleポッドキャストのアプリが。
これなり状態なんで。
自分も確かにこのポッドキャスト終わらないと始めるまで
なんか削除してたと思う。
アプリ。
でしょ。
使わねえんだねみんな。
使わないしなんだこれって思ってたから。
初めから入ってるなんか意味わからんアプリだって思ってたから。
そんなもんなんだ。
そうそんなもんなんだ。
面白いけどね。
面白いけどって変な表現だけど。
自分は喋るの好きだし。
ただこうひたすら喋ったことがただ
ペロロンみたいなね。
それが面白いからやってるんだよね。
ラジオやってて思ったのは
こっちの方が想像力豊かになる。
いろんな意味で。
言葉だけね。
言葉だけで聞いて想像するじゃん。そこだよね。
そうだこの間言われたのが
最後のオワイナイトでは皆様からのメッセージを募集しておりますみたいな。
15:00
あれをなんか木下が喋ってるときの
その耳元で木下が囁いてる感がやばいって言われた。
なんだそれは。
多分その耳元で声が聞こえるっていうのがいいみたいな感じなのかなって思ったけど
自分も確かに好きなアーティストのラジオとかを
ヘッドフォンとかイヤホンで聞いて
好きな声が耳元で聞こえるって言うと
うーみたいな。
うー好きーみたいなね。
それと同じ感じなんだと思いますけど。
確かに憧れのアーティストがそれ気になったら嬉しいよね。
嬉しいって思う。
俺にも欲しいよね。
よかったよかった。
嬉しかった。
ちょっと嫉妬してしまうよね。
意外に木下の声需要あるぞみたいな。
かなりあると思うよ。
えっとめっちゃ個人的な話になるんですけれども
9月の24日の土曜日に初めてワンマンライブをやることになっております。
場所は中野坂上のメロディア東京っていうライブ会場で
そのライブのチケットは路上ライブで売ってたりとか
オンラインショップでも注文もらえれば発送するし
なんとなくプライベートであったみたいな時に行くれって言ったらそのままでも売れるし
チケットいらないっていう人は
木下にSNSのDMとかから
ライブワンマン行きますって言ってもらえれば予約ができるので
もし行きたい方は好きなようにチケット買うなり
木下に直接連絡するなり
好きなようにしてください。
オッケーで流す曲もあり弾き語りもあり
可愛い女の子キーボードのサポートを入れて
ちょっとギターの弾き語りとピアノ
セッション的なのでやろうかなっていうのも思っているので
今までやったことのないライブになるので
ぜひ来なさい。
嘘を聞いてください。
なるほど。
で、オンラインショップのホームページの
ひばりさんのチケットの販売先は
オンラインショップ
オンラインショップ
ぜひぜひ皆さん購入を
買ってください。CDも売ってるから。
ぜひぜひ皆さん
ライブ見に来てください。
本当ね、自分で言うのもあれだけど
ライブが一番いいと思う。
そうだね。
結構今ポッドキャストで話している感じと
ステージ上のひばりさんは全く違ったし
ぜひひばりさんを知らない人にこそ
ひばりさんを見てほしいっていう感想が
ちょっとありますね。
そうだってライブのチケットは3000円なんだけど
3000円で木下のライブが見れる機会ないかもしれないよ。
もっと有名になっちゃったらさ
1回の公演が1万円とかになって
1万円か。
思った場合ってYNTFもお願いできないよね。
18:00
ストップだろうね。
じゃあ今のうちに行けるときに
今のうちにね、推されるときに教えたほうがいいの。
いついなくなっちゃうか分かんないから。
そこなんだよね。YNTFいつ終わるか分かんないから。
そうなの。だからいいなって思ったときにすぐね
支援したりよかったよってメッセージを送るだけでいいの。
それだけでその人がその活動を一生続けてくれる
大切なたった一言、たった一つの行動になるかもしれない
あなたのその小さな勇気が!っていうね。
そう、選挙。
そこだよ。本当にまさにそこ。
本当にあなたにとって
いやこれやらなくてもいいのかもなって思うような
ちっちゃいことがこっちにとってそのね
糧になっちゃったりするんだよ。
そうだね。確かに
これいいねって、なんかこれ面白かったとか
いつも聞いてますって一言言ってくれるだけで
全然違う。
本当にその一言が嬉しい。
毎回これ配信して何も来ないと自分やめたくなるもんね。
本当に。
本当に。
本当に本当にあんだけライブの宣伝してね
来てくださいって言っても何の連絡がないときね
はいっていうねもういいかなみたいな
もうレビューやめようかなみたいなね。
音楽なんてやめてやろうかなみたいな
本当になっちゃうから
本当にね、別に何だか大金を出せとかそういうことじゃないの。
そうだね。
たったその良かったですっていうたったその一言をね
DMとかで伝えるだけでいいの。
むしろつまんないとかなんか普通だったら何でもいいんだもんね。
何でもいいの。聞いたけどつまんねえとかでもいいの。
うるせえって言うから。
ツイッターのいいねとか押すんじゃなくてコメントくれよって。
いいねよりやっぱりリプの方が嬉しい。
いいねも嬉しいけど。
うん、わかる。そうだね。
じゃあ皆さんそういうことなんでぜひぜひ。
そういうことなんでね、ライブ来てください。
お願いします。
YNTFMはちょっとクスッと笑えるラジオ。
腹抱えて笑うとか。
そういうのじゃなくてね。
かといって知的な話をするかっていうと
多分知的な話はしない。
学校の授業じゃないから。
じゃあ何をやるかっていうと
ちょっと皆さんにクスッと笑ってもらえるかな。
そんなラジオを目指してるので。
ラジオってほら一番の醍醐味っていうのは
参加してもらうこと。
リスナーさんと自分らのパーソナリティが
一番距離を近く持てるのがラジオっていう手段で
自分はポッドキャストをやらせてもらってるので
皆さん気が向いたら
いつでも再生ボタンをポチッと押せば
誰かしらの声聞けるんで。
ぜひぜひ。
ぜひぜひ。
YNFMのホームページがあるので
今回の裏話だったり
オワイナイトを運営していくというのは
どうしてもちょっと資金が必要になってくるので
そのサポートいただけると
今後1日でも1年でも長く続けられるので
21:01
皆さんぜひサポートの方よろしくお願いします。
ホームページはカタカナで
オワイナイトと検索すればヒットしますので
ぜひぜひ見てください。
オワイナイトFMでは
皆様からのメッセージをお待ちしております。
ナイトにしか言えない
内緒の話
ナイトに聞かないと終わらない話
教えてナイトの話
ご意見ご感想トークテーマ
リクエストなども募集しております。
メッセージやホームページの
各掲載記事のコメント欄や
コンタクトページ
SNSからたくさんお待ちしております。
いただいたメッセージは
番組内で紹介させていただきます。
今日の出演クリエイターは
木下ひばりでした。
オワイナイトの拓也でした。
最後まで聞いてくれてありがとうなし。
ありがとうなし。
それでは皆さんまた次回。
あなたにもっと気軽に
もっと面白い日常をお届けします。
オワイナイトFM
22:25

Comments

Scroll