1. 脱字コミュニケーション
  2. 2024年に『夜と霧』を読む意義..

“人間とは、ガス室を発明した存在だ。しかし同時に、ガス室に入っても毅然として祈りのことばを口にする存在でもあるのだ”

【トーク内容】

ポッドキャスト日常的に聴いてる?/東日本大震災から13年/コロナ禍おそるべき風化スピード/映画『関心領域』先行上映/『夜と霧』(原題:心理学者、強制収容所を体験する)の由来とは?/なぜ朗読をするのか/一人で読むのとは異なる感覚/ごんぎつねの音読カード/ガザの現状に心を痛める/何をどのように表明すべきか探った結果としてのポッドキャスト/戦後2年で発刊された文学作品/改訂版の翻訳を読みます/初版翻訳の経緯/今ホロコースト被害の書籍に触れる意義/池田香代子のあとがきは必読/通底する「感情の消滅」というテーマ/発疹チフスとはどんな病気なのか/運命に翻弄されるということ/非人道的だったのは“ガス室”だけではない/若い人に読まれるために小難しい表現は排除されている/新版で大半が削除された「モラル」/じゃあ僕らは何をすればいい?


収録日:2024年3月11日



【出てきた固有名詞】

速水健朗、これはニュースではない、奇奇怪怪、オスカーの話題、関心領域、アウシュヴィッツ強制収容所、ジャミロクワイ、ジョナサン・グレイザー監督、ごんぎつね、池田香代子、霜山徳爾、パレスチナ、ガザ、イスラエル、アンネ・フランク、ムスリム、ヴァージニア・ウルフ『灯台へ』、意識の流れ、マーシー、ブルーハーツ「1000のバイオリン」、ハックルベリーの冒険、ジャスミンティーラテ、ほうじ茶ラテ、アクエリアスのサイダー、白桃ラテ、松屋のシュクメルリ



【参考資料】

『夜と霧 新版』(ヴィクトール・E・フランクル 著, 池田香代子 訳)

…朗読で取り上げたのは以下の四節

 「最初の選別」p.16

 「飢え」p.47

 「発疹チフス」p.80

 「運命の戯れ」p.87    ・パレスチナ関連のデモ・イベント運営組織まとめ – 【公式サイト】温泉マーク-Auto-Tune Streamer-



アパルトヘイトに抗する文化(署名できます)

そもそもパレスチナ問題って?


【話者】

⁠⁠もこみ⁠⁠

⁠⁠リサフランク⁠⁠


【デザイン】

●アートワーク:⁠⁠みうら⁠⁠

●OP・BGM・ED:⁠⁠林舜悟⁠⁠


【番組アカウント】

⁠⁠Discordの招待リンク⁠⁠⁠

⁠⁠Twitter(⁠@okmiscommnctn⁠⁠)⁠⁠

⁠⁠note(⁠⁠@okmiscommnctn⁠⁠)⁠⁠

⁠⁠Instagram(⁠⁠⁠@okmiscommunication⁠)⁠⁠

連絡先:okmicommunication@gmail.com

Summary

脱字コミュニケーションのもこみとリサフランクは、ポッドキャストのリスナー数と反応について話しています。また、夜と霧という本についても話し、その作者であるフランクルの心理学者としての体験を朗読しています。アウシュビッツ強制収容所への到着時に、神衛隊員によって左右に分けられた人々の運命の分岐点が描かれています。90%の人々がガス室に送られる運命にあることが明かされ、その衝撃的な事実について触れられています。フランクルさんが医師であることが明らかになる前に、非収容者たちが食事について議論し、飢餓との戦いについて辛い現実を経験します。収容所での劣悪な状況や個人の存在の無視、運命の戯れなどを経験したフランクルさんは、共生収容所での生活を通じて人間としての尊厌を失い、自我がない無価値な存在と感じるようになります。しかし、自分を群れの一部として受け入れず、個々の運命に関わることを懸命に避けることで生き延びようとする人々の姿も描かれています。私たちは収容所での運命の成すがままにされるしかなく、何もなかったと思った15分で82人の仲間たちは命を落とします。この本はいかに命の価値を貶めた行為なのかを描いており、生きる意味についても考えさせられます。『夜と霧』を読む意義とは、第二次世界大戦の悲劇を忘れずに教訓として受け止めることが重要であり、情報をまとめた記事や動画を通じて意識を高める機会を創造することも必要です。

ポッドキャストのリスナー数と反応
Speaker 2
脱字コミュニケーションということで、もこみと申します。
リサフランクです。よろしくお願いします。
前回までの感想ということなんですが、
あいにく、もう特にないので、
なんか、早水健郎さんっていう、これはニュースではないっていう、ポッドキャストやってる人っていうか、
まあ、批評家の人で、いろいろ本とかもたくさん出してるんですけれども、
その人が、この間、ポッドキャストのリスナー数は増えてるんだけど、
反応は全く増えてないっていうことを言って、
まさに、あるあるなんですかね、これはね。
Speaker 3
可能性あるね。
Speaker 2
反応が見えづらいっていうね。
YouTubeのコメント欄ほどコメントしやすくもないし、
Speaker 1
まあ、そうだね。
Speaker 2
ツイートするにはちょっと内容、割とあるから、
ツイートしづらいとかあんのかね。
どうなんですかね。
Speaker 1
そうね。
Speaker 3
なんか、無言でシェアっていうのもポッドキャストだとしにくいっていうか、
曲とかと比べると。
Speaker 2
僕らがじゃあ、ポッドキャストの感想をシェアしてるかって言ったら、
そんなにしてないし、
実は、ポッドキャスト聞いてます?
Speaker 1
聞いてない。
Speaker 2
ポッドキャストさ、聞いてないんだよな。
Speaker 3
あんまり聞いてないですね、正直。
Speaker 2
申し訳ないんだけれども。
野球機械会もすごい、
もう一時期は全部聞いてたからさ、
最近聞いたけど、やっぱすごいなっていうことを思いつつ、
毎回全部聞くみたいなことをちょっとしてないですね、ポッドキャストは。
Speaker 1
難しいですよね。
Speaker 2
そもそも聞いてないし。
聞かないとね。
ポッドキャストやるとさ、
一つ一つ聞くとすげえなって思う。
Speaker 1
すごい、初めてから聞き方変わるよね。
Speaker 3
変わるよね、ほんとに。
それで、たぶんこの脱コミを始めたときとかもさ、
Speaker 2
ポッドキャスト我々あんまり聞かないから、聞かなきゃねって言ってんだけど。
夜と霧の本とフランクルの体験
変わんないな。
Speaker 3
正直全然聞けてないですよね。
Speaker 2
聞くと勉強になるよな。
これこういうふうにやってるんだみたいなね。
そうね。
Speaker 3
物によっては全然違うからね。
Speaker 2
ほんと違うしね。
我々も聞かないとね。
僕らが聞いて感想を知らせればみんなもやってくれるかな。
Speaker 3
そうだね。
示したほうがいいかもね、我々が。
示したほうがいいな。
Speaker 2
まあ、って言ってやんないんだろうな、どうせ。
どうせやらないんだろうな。
という感じで、待ってますので。
なんでもいいから、
Discordに書き込んでくれるでもいいし、DMでもいいし、メールでもいいし。
本当になんでも大丈夫なので。
よろしくお願いいたします。
お願いします。
ということで、今回は夜と霧ということだね。
Speaker 1
夜と霧。
Speaker 2
夜と霧を朗読しようっていうことを思いつきまして。
これ何でかっていうのは後で言うとして、
Speaker 1
今日ちょうどアカデミー賞受賞式というね。
Speaker 3
オスカータイムリー。
Speaker 2
で、感心領域っていう映画が
国際長編なんとかみたいな。
何かしらで受賞して。
受賞したんですよ。
何かしらで。
知らないけど。
具体的なところまで見てる。
まあ、いろんな賞を受賞してますよね。
カンヌ、カンヌとってんだね、これね。
Speaker 1
そうなの?
Speaker 2
カンヌとってんですね。
音響賞だったり。
国際長編映画賞受賞。
合ってたね、ほぼね。
夜と霧の朗読
Speaker 2
を受賞してますよと。
これどういう映画なのかっていうと、
アルシュビッツ収容所っていう
ナチスのね、
ナチスドイツの
悪名高いユダヤ人強制収容所っていう。
ユダヤ人というだけでもさらって
そこに強制労働させて
体の弱い人はガス室で送るとかね。
大量殺戮をするという、
そういう施設ですね。
もう言わずと皆さんわかってると思うんですけど。
Speaker 1
その隣のお家、隣で暮らしているお家。
Speaker 2
日常ですよね。
無関心とかっていうのがテーマの映画らしくて。
先行上映会が、
今日収録日3月11日で、
Speaker 3
3月11日っていうと、
Speaker 2
それでなんか、
13年前か、あれね。
Speaker 3
そうね。
Speaker 2
13年前か、あれ。
そうだよね。
そう言われるとすごい前だ。
Speaker 1
13年前か。
Speaker 3
小学3年生だったから、
僕に関して。
確かにそうなんだけど、
Speaker 1
でもなんか、
Speaker 2
13年前か。
Speaker 3
未だ鮮明に思い出せるから、
13年前って言われると衝撃っていうか。
Speaker 2
この前新聞で、
Speaker 1
その当時、小学生として被災して、
Speaker 2
福島とかにいた子なんかな。
転校して福島から北港として育ったみたいな。
今、野党のほうで学校の先生をやってて、
で、この間の地震。
っていう、そういう新人教師。
すごい。
だから、もうだってそうだよね。
先生やってるよね。
やってるぐらいの年齢だよね。
Speaker 3
普通に働いてるよね、みんなね。
そりゃ、てかもう、そっか。
今、中学生の子とかは知らない世代だった。
知らないもんね。
Speaker 2
僕らにとっての阪神淡路大震災というか、
知らないじゃん、だって。
知らない。
オウムとかも知らないじゃん。
Speaker 3
そうですね。
Speaker 2
生まれてないし。
Speaker 1
思ったより、
Speaker 3
自分たちにとってはさ、
集中地位というか、
誰しもが知ってる惨劇みたいな。
そういう感じのイメージだけど、
続々と知らない世代が出てくるから、
Speaker 1
思ってた以上に、
Speaker 3
ちゃんとあの時のことを話さないといけないんだろうなっていうのを
すごい思いますよね。
Speaker 2
本当にね。
コロナのことだってそうだよね。
Speaker 3
もうみんな忘れてるからね。
Speaker 2
僕らも忘れてるよね。
いろんなことを忘れてるよね、コロナの時のこと。
Speaker 3
いや、本当にそうですよ。
Speaker 2
だから、コロナの時のこともそうだし、震災のことも、
エピソード1本ずつ撮ってはいるけれども、
本当に簡単に風化しちゃうんだなっていう。
で、今日3月11日で、
昨日、関心流美の先行上映みたいなのがあって、
実は僕ら行ってないんですけど、
そうですね。
行けなかったんですけど。
Speaker 3
誘いは来たんですけど、ちょっと行けなかったです。
Speaker 2
行けなかったんですけれども、
5月に公開ということで、
非常に楽しみなんですけれども。
Speaker 1
監督の人が、
ジャメル・クワイのバーチャル・インソニティの監督でもあるみたいな。
Speaker 3
そういう意味でも気になったんですけどね。
Speaker 2
そこだけを目的に行こうとしてたもんね。
Speaker 3
そうだね、もともとはね。
Speaker 2
ジョナサン・グレイザー監督。
で、今日その受賞式がありまして、
そこでスピーチをね。
受賞したからスピーチするじゃないですか、みんなね。
そこで、今のイスラエルおよびパレスティナ・ガザの戦争のお話。
非常に非人道的な行いでたくさんの犠牲者が生まれています。
コメントをしたと。
結構ギリギリのコメントというか、
ハリウッドの力が強い場所っていうのは結構、
イスラエル寄りだから。
Speaker 3
そうだね。
やっぱり。
実際なんか反応とかも割れてたみたいですね。
Speaker 2
ハマスを擁護するのかっていうのがすぐ飛んできますから。
みたいだから。
Speaker 1
結構その拍手も起こったりね、みたいなことがあったみたいですけど、
Speaker 2
そういうこともあって、今日タイムリーかなというね。
Speaker 3
全然そんなこと知らずにこれやろうっていう話はあったかなと。
Speaker 2
偶然にもマッチしたといえば。
Speaker 1
夜と霧ね。
Speaker 2
夜と霧。
夜と霧自体は知ってましたよね。
Speaker 3
そうだよな、名前だけ知ってたけど、
ただ別に教科書とかであんまり読んでたわけじゃなかったから。
そうだよね。
Speaker 2
絶対ね。
Speaker 3
具体的に内容は知らないみたいな。
どういう本だけかはちょっと知ってるみたいな感じでしたけど。
Speaker 2
アンネ・フランクの日記と並んで20世紀のユダヤ人、
教制収容所に収容されたユダヤ人の文学作品としていいんじゃないかっていう感じもするんですけれども、
この作者がフランクルという心理学者ですね。
これはあくまでも報告書であるっていう。
文学作品って言うとちょっとあれかもしれないけど、
いわゆる体験、体験だから個人の。
Speaker 3
そうだね、だって現代が心理学者、教制収容所を体験するってめちゃくちゃシンプルなタイトルというね。
Speaker 2
心理学者、教制収容所を体験するっていうのがドイツ語での現代。
これを夜と霧というふうに訳してというかタイトルをつけたんだね。
この夜と霧っていうのはナチスの作戦の名前。
あと書きとかにも書いてありますけど、
1941年のナチスの反ドイツ派の政治家とか思想家とか活動家とかを連行して行方不明にさらってしまうという。
その作戦の名前が夜と霧だったっていう。
もう名訳ですよ。
心理学者、教制収容所を体験するだと多分ここまで日本では残ってないというかみんなが知ってるみたいな感じではなかったんじゃないかという。
Speaker 1
そうだと思いますよ。
Speaker 2
気もするよね。
このフランクルという心理学者ももうこれ以上の話じゃない。
教制収容所を体験するって本当にそれだけのというか、
体験したこととどう思ったか。
どういう人が生き残ったのか。
どういう人が死んだのか。
どのように苦しみを経験したのかっていうことが綴られている本でございます。
読んだことある人も多いんじゃないかなと思うんですけど、
僕は買ってから数年間放置してました。
それは何でなんだろうね。
80ページくらいまで読んだ形跡があったんだけど、
久しぶりに引っ張り出したら放置してて、
なんかやっぱりあんまり進んで読もうという気はしないというか。
Speaker 3
僕もこの回を撮ろうってなって初めて読んだけど、
かなりしんどかった。
本当に元気なくなったっていうか沈んだ。
Speaker 2
でも読むと結構スルスル読めちゃいましたね。
Speaker 1
割と本当に一瞬で読んだかな今回は。
Speaker 2
いろんなことが書いてあるわけですね。
最初連れてこられたとかね。
今回は朗読をしてみようっていうね。
Speaker 1
それは何でそういうふうに。
Speaker 2
思いつきなんだけど。
思いつき。
1回やったんですよ、朗読この本。
2人で。
この本ってエッセイみたいな感じでもある。
エッセイだよね。ある意味ね。
そうですね。
小さい見出しがついてて、場面が切り替わっていくというか。
その小さい見出しごとに変わる側で交代で朗読し合うっていうのを1回やったんですよ。
そうしたらめちゃくちゃ頭に入ってきたんだよね。
なるほど。
自分一人で読むのとはまた違う入ってくる感じ。
Speaker 3
状況がより具体的にわかりやすくなるとか。
Speaker 2
わかりやすくなるっていうか別に読むのと聞くのとでは。
内容は同じなんだけど。
例えば村上春樹の小説とかもそうだけどさ。
小説を読んで場面が想像させられるっていうのと、それを映画化したものを見るっていうのは全く別の体験でしょ。
どっちの方が好きかとかも別れてる人によると思うんだけど。
本を読むことによって場面が想像させられるっていうのは一人でもできるんだけど、
それを人に言われて。
オーディブルとは一緒っちゃ一緒なんだけど、その人が僕に向かって語りかけてるっていうか。
僕がその人に向かって読んでるっていうか。
読むときも。
音読って小学生の頃やらなかった?
Speaker 3
やりました。
Speaker 2
宿題とかでめっちゃ音読させられなかった?
Speaker 1
させられたけど、ただ結構サボってましたね。
Speaker 3
ゴンギツネとか。
なんか音読カードみたいなのあるじゃん。
アウシュビッツ収容所への到着
Speaker 3
あれを読んでないけど書いてくださいって言って書いてもらってましたね。
Speaker 2
音読カードあったよね。
うん。
ゴンギツネとかめっちゃ読んだよ。
なんかあれはでも本当に僕嫌だったんだけど、なぜかっていうとめっちゃあくびえんの。
Speaker 3
あくび?
Speaker 2
あくびが出るの。
僕音読するととにかくあくびが止まんなくて。
Speaker 1
そうなの?
Speaker 2
すごいつらいの。
なんか生き止めて読んじゃうかな。
ああ、そういうことか。
音読するとあくびがめっちゃ出ちゃうから。
Speaker 3
酸欠になっちゃうっていうのかもしれない。
Speaker 1
あくび出てきちゃったよ。
今の。
Speaker 2
音読すごいやだったんだけど、実際こうそういう宿題とか制約なしにやると、
なんか結構聞く側になっても違うし、読み聞かせるっていう行為も普通に読むのとは全然違う感じ。
それをポッドキャストならできるなと思って。
Speaker 3
なるほどね。
確かにもうこのためのみたいな感じの媒体っていうか。
Speaker 2
そうですよね。
だからちょっと今回は僕らがこの中で4つの項目を選んできたので、それを交互に選んだやつを4つ読みましょうと。
で、ちょっと感想を添えると。
で、なんで今このタイミングでこういうことをやるのかっていうこともちゃんと言ってた方がいいと思うんですけど、やっぱりガザーの現状に心を痛めてますよね。
で、なんかTwitterとかでハッシュタグをつけてツイートしてとかリツイートしてとかするけど、
ハッシュタグつけてツイートするっていうのは僕はちょっとやりにくいなという感じがしてやられてはいないんですけど、
実際デモの現場に行ってみるとかしましたし、言ってはないけどね。
言ってはないけど、Twitterで言ってはないけど、なんかいいねをするもそうだし、いろいろかかり方あると思うんですよ。
ただ、ちょっと何もしてないように見えるのもあれかなっていう。
そうだな。
防御反応としてそうしてるんじゃなくて、なんかやっぱりちゃんとこうイメージ的にやったほうがいいとはずやっぱりずっと思ってて、ただやり方がわからなくて。
Speaker 3
そうだね。なんかツイートするのもさ、TwitterっていうかもうXという場がさ、なんかじゃん。
Speaker 2
そうなんだよね。なんかなんだけど、でもそう言って何もしないもんなんかもうちょっとあれかなって。
わかります。すごく。
ただそれでもあるっていうのはやっぱあるので、この夜時朗読するっていうことをそれに変えるというか、何か感じ取っていただけたらなと。
僕らはこれ読んで本当に、そうだね、読んでください。
聞いてくださいという感じですね。
後書きの話もしとくか。
Speaker 1
したほうがいいね。
Speaker 2
この本は実はこの夜と霧っていうのはですね、初版が現著、ドイツ語の初版が1947年なんですね。
2年後か終わって戦争が。
すぐだよね。
すぐだね。相当だねこれね。
Speaker 1
よく本当にめちゃくちゃすごい人で、もう読んでてめちゃくちゃ偉大だなっていう風に思ったんですけど。
Speaker 2
本当にね、ただのレポート報告書っていうよりは本当に文学作品として読める。
だからこそ残るし、今後もずっと残り続けると思うし。
そういうものだと思うんですよね。
日本をはじめ世界的なロングセラーとして600万を超える。
今もっとでしょうね。
日本語の初版が1956年。
今回扱うのが池田佳代子という人の訳書で、こちらが1977年に現著のフランクルさんが改訂版を出したんですよ。
その改訂版を改めて2002年に翻訳したバージョンですね。
こちらを今回は読みました。
なので改訂版の翻訳。
新しく、最初の翻訳はまた池田さんじゃなくて別の人なんですよね。
Speaker 3
そうですね。下山さんかな。
Speaker 2
下山さんというのかな。
この人はこの本を訳したいっていうことでドイツに行ってフランクル先生に訳させてくださいと。
ものすごく温かく対応してくださったみたいなことが後書きにも書かれてますよね。
改めて池田佳代子さんが訳された際に寄せた後書きがですね。
まさにこのイスラエルのことも書いてあるわけですね。
2002年だから22年前。
Speaker 1
いかに長い間イスラエルという国がパレスティナという土地をどう扱ってきたのかというね。
Speaker 2
憎しみが連鎖してるわけですね。
前このイスラエルが建国したというのが、イスラエル建国かっこつきで言わなきゃいけないと思うんですけど。
1948年に建国が宣言されてユダヤ人をどんどん土地に引っ越してくださいと呼びかけがあったみたいなね。
それをフランクルは絶対見てたと。
それに複雑な気持ちで多分見てただろうなと絶対そうだと思うんですけど。
ある意味この夜と霧もそうだし、アンネフランクの日記も結構ユダヤ人たちの精神的な柱になっているというね。
Speaker 3
そうですね。
Speaker 2
被害の、ジェノサイドの記憶というか。
Speaker 3
あの時の痛みを忘れないようにみたいな。
Speaker 2
なんだけど、それが今じゃどういうふうにある意味利用されちゃってるのかっていうことについても、おそらく間違いなくじくじたる思いがあるはずだと思うんですよね。
みたいなことが書かれていますということなんで。
まさに今読んだほうがいいのではないかという。
Speaker 1
間違いない。
Speaker 2
感じですね。
この後書きもすごい短いけどすごい読みごたえがあるという感じなんで。
そうですね。
後書きから読む派の人も別に後書きから読んでいいと思うんですけど、ぜひ本文のほう全部ね。
Speaker 3
はい。
Speaker 2
ということで、そろそろリサフラからかな。
最初は読んでください。
ページは?
Speaker 1
16ページですね。
16ページですね。
Speaker 2
じゃあ僕はもう本閉じてリサフラの声だけを聞くんで。
皆さんも声だけを聞いて、たぶん途中ね噛んだりしても、読み直していいけど止まらず最後まで行くと。
ということで皆さんもできるだけ止めずにね。
Speaker 1
じゃあお願いします。
最初の選別。
異想されてきた私たちはみんな多かれ少なかれ音者妄想にとらわれていた。
Speaker 3
相変わらず何もかもうまくいくはずだと考えていた。
神衛隊員による選別
Speaker 1
なぜなら今何が起こっているのかその意味をまだ捉えかねていたからだ。
それは夕方になってようやくはっきりした。
Speaker 3
私たちはすべての所持品を置いて箇所から降り男女別々に一列になって
Speaker 1
親衛隊の高級商工の前を歩けとの指示を受けた。
Speaker 3
どうしてあんなことができたのか。
Speaker 1
私は大胆不敵にもパンを入れた袋を危なっかしくコートの下に隠し持っていった。
見ていると私の列の男たちが一人また一人と親衛隊商工の前に進み出る。
私は考えた。
もしもあの商工が私の体を片側にかしげさせている重いパン袋に気づいたら
私は平手打ちの一発もくらいぬかるみに叩きつけられるだろう。
そういうことはすでに風の噂で耳に入っていた。
Speaker 3
私はこの男に近づくにつれ荷物を隠しているのが見つからないよう
Speaker 1
本能的に体をまっすぐに伸ばした。
男は今や私の目の前に立っている。
長身装駆でスマートで日の打ちどころのない真新しい制服に身を包んだ。
要するにエレガントで見出し並みのいい人間だった。
自由なる寝不足にだらしない姿をさらしていたみじめな私たちとは雲泥の差だ。
男は心ここにあらずという態度で立ち
右肘を左手で支えて右手を掲げ
人差し指をごく控えめにほんのわずか
こちらから見てある時は左にまたある時は右に
しかし大抵は左に動かした。
この人差し指のかすかな動きが何を意味するのかさっぱり見当がつかない。
ある時は左にまたある時は右に
しかし大抵は左に
さあ私の番だ
先ほど誰かが私に囁いた
見ている方から右は労働に
左は労働不適格者や病人の収容所にやられるんだぞ
私はなりゆきに任せることにした
これを皮切りに私は行くたびとなくなりゆきに任せることになる
パンブクロのおかげで体は左にかしげそうだ
私は背筋を伸ばしシャンとした
審栄隊員は私を探るような眼差しで眺めた
不審に思ったか疑念を覚えたかしたらしい
男は私の両肩に手を置いた
私はいかつい感じを与えようと
努めて直立の体勢をとった
すると男は私の肩をゆっくりと回転させ
私は右を向かされ
そして私から見て右の方へ走った
夜になって私たちは人差し指の動きの意味を知った
それは最初のトータだった
生か死かの決定だったのだ
それは私たちの位相談のほとんど
およそ90%にとっては死の宣告だった
それは時を置かずに執行された
私たちから見て左にやられた者は
Speaker 3
プラットフォームのスロープから直接
Speaker 1
焼却炉のある建物まで歩いていった
その建物にはそこで働かされていた人々が教えてくれたのだが
入浴施設といろんなヨーロッパの言語で書かれた紙が貼ってあり
人々は各々石鹸を持たされた
そして何が起こったか
Speaker 3
それについては言わなくてもいいだろう
すでに数々の信頼できる報告によって
Speaker 1
明らかにされている通りだ
位相談の聴衆派である私たちは
その夜のうちにことの次第を知った
Speaker 3
私が収容所暮らしの長い被収容者に
Speaker 1
友人のPの行方がわからないと漏らしたのがきっかけだった
その人はあなたとは別の側に行かされた?
そうだ
だったらほらあそこだ
あそこってどこだ?
手が伸びて数百メートル離れた煙突を指差した
Speaker 3
煙突は数メートルの高さに不気味な炎が吹き出して
Speaker 1
びょうびょうと広がるポーランドの黒い空をなめ
真っ黒な煙となって消えていく
あそこがどうしたって?
あそこからお友達が天に昇っていっているところだ
露骨な答えが返ってきた
90%の運命
Speaker 1
私はまだ事態が飲み込めない
けれども時間の問題だ
手ほどきしてもらった途端疑問は氷塊した
話をはしょってしまった
Speaker 3
しかし事実は先に述べた夜明けの駅から
Speaker 1
収容所で初めての眠りに着くまで
心理学的にはまだまだ長い道のりがあったのだ
駅を出発した私たちの列は
いつでも撃てるように銃を構えた
神衛隊の監視兵に護衛されながら
高圧電流の流れる鉄縄網に挟まれた道を通って
収容所を駆け抜け消毒用入浴施設にたどり着いた
最初のトータに残った私たちには
少なくとも本物の入浴が待っていた
私たちの御舎はさらに格好の良さを与えられた
神衛隊員がやけに親切に見えたのだ
だがほどなく私たちは隊員たちが有効的なのは
私たちの手首に腕時計を認め
実に愛想よく譲渡を持ちかけるまでだと気がついた
Speaker 3
隊員たちによるとこの先まだ持っているものも
Speaker 1
どの道手放さなければならなくなるという
誰もが密かに考えた
どうせ無くなるものは無くなるのだ
この割と親切な奴が時計を一つ着服したって
どうってことないだろう
こいつが何かの檻に便宜を図ってくれるかもしれないじゃないか
Speaker 2
以上です
Speaker 3
はい これは一体どの場面?
一番最初にアウシュビッツの強制収容所に
Speaker 1
移送されてきて到着した
Speaker 3
というタイミングで神衛隊員が到着した人たちに
お前左行け お前右行けって
Speaker 1
一人一人に指示していくわけですよ
Speaker 3
それがここに運ばれてきた人たちは
最初全然意味が分からず
でも従うしかないからそういう風に行くんだけど
Speaker 1
その後したのは
左に行った人は全員病人とか
Speaker 3
労働には適さないと判断された人たちで
その日のうちにガス室とかに送られるっていうことになっていた
Speaker 1
一番最初から90%の人々が
Speaker 3
そのような結末を迎えるという
その衝撃についてすごく端的に記されているというか
Speaker 2
そういう項目ですね
まだ恩者妄想という
食事と飢餓の現実
Speaker 2
正常性バイアスとか
Speaker 1
俺はまだ大丈夫なはずだっていう
Speaker 2
残ってるよね
感情というか希望というか
楽観性というか
これがどんどんなくなっていくもんねこの後ね
何の期待もなくなっていく
Speaker 3
この入浴施設
ガス室に送られる人たちは
Speaker 1
これからシャワー浴びてもらうからねみたいな感じのことを最初に言われて
Speaker 3
実際に連れて行かれるのがそういう場所だったという
Speaker 1
そういう描写だと思うんですけど
有名な話でもありますよね
Speaker 2
シャワーだよって言われてガス室だったっていう
Speaker 3
本当にその瞬間までわからずっていうね
あっけなさですよね
Speaker 2
これを今読まれながら
最近読んだところだからさ
そうだそうだっていうのもあるけど
これを全く知らない
読んだことがない人が聞いた人もいると思うんですけど
Speaker 1
どういう状況
Speaker 2
結構頭に浮かびますよね
Speaker 1
ちなみにこのフランクルさんは
Speaker 2
アウシュビッツ収容所で強制労働に従事させられたのではなく
その師匠
小規模の別の収容所に過ごしたみたいなことは
Speaker 1
最初の方に書いてありますね
Speaker 3
ダッハウだっけ
そういうところとかに移送されるみたいな
Speaker 2
そちらこそがいわゆる絶滅収容所だったことが知られているということでね
ここ最初の選別っていうタイトルがある通り
本当に最初のね
Speaker 1
まだ何が何だかわからないという状況ですよね
Speaker 2
次の
次じゃあいきますか
47ページの上ですね
キガの上ですね
47ページ上
非収容者は考えられる限りの最悪の栄養不足に悩まされていたので
収容所での精神生活に呼び戻された幼稚な衝動の中でも
食欲がその中心になった
非収容者が大勢で作業現場にいるとき
監視の目が緩んだとする
するとすぐに食べ物談義が始まるのだ
一人が隣の溝で働いている誰それはこんなものが好きなんだとさっと始めるのだ
それからレシピの交換やら
解放され家に戻ったら互いに再会を祝ってささやかな宴を開こう
そしてこんなものを食べようとメニューを数え上げる
空想はそれこそキリがない
それは突然決まった数字などの暗号で
知らせが溝に伝わってくるまで続いた
見張りが来るぞ
私はこの再現のないほとんど脅迫関連めいた食べ物談義
収容所ではこういう会話を胃袋オナニーと呼んでいた
を常々困ったものだと考えていた
極端に少ない量やカロリーに何とか順応した体は
御馳走の連想という強烈な刺激で挑発すべきではない
ないのだ
幻想は心を束の間満足させても
Speaker 1
必ず体に良くない作用を及ぼす
Speaker 2
最後の頃の1日の食事は
日に1回与えられる水としか言えないようなスープと
人をバカにしたようなちっぽけなパンって
それにおまけがついた
それは20gのマーガリンだったり
粗悪なソーセージ一切れだったり
チーズのかけら、大量蜂蜜、水っぽいジャムがスプーン一杯などだろう
で、これは日替わりだった
重労働やごっかんの野外で過ごすこと
精神の維持
Speaker 2
さらには衣服がお粗末なことからすれば
この食事ではカロリーが全く不足していた
常用中の病人、つまり寝ていることを許され
労働のために収容所を出なくてもいい人々の食事はさらにひどかった
皮下脂肪の最後の最後までを消費してしまうと
私たちは外骨が皮をかぶって
その上からちょろっとボロをまとったようなおりさまになった
すると体が自分自身をむさぼり始めたのがよくわかる
有機体が己のタンパク質を食らうのだ
筋肉側式が消えていった
そうなるともう体には抵抗力など皆無だった
居住棟の仲間はバタバタと死んでいった
次は誰か、自分の番はいつ回ってくるか
誰でもかなり正確に予見できた
いろいろ見聞きしているために確実に四季を予言できる兆候を
いやというほど知っていたんだ
あいつはもう長くない、とか
Speaker 1
次はあいつだな、などと私たちはささやき合った
Speaker 2
そして夜は寝る前に白身をとるのだが
その時自分の裸の体を見て考えることは皆同じだった
これが私の体か、これはもう死体じゃないか
私とは一体何だ
Speaker 1
人の肉でしかない大群衆のけちな人切れだ
Speaker 2
鉄条網の中でいくつかの掘った手小屋に押し込まれている群衆
Speaker 1
毎日きちんきちんと決まった割合で命を失い腐っていく群衆のけちな人切れだ
Speaker 2
非収容者たちが暇さえあれば、あるいは考えるゆとりさえあればすぐに飛びついた
食べることをめぐる、あるいは個々の好物をめぐる
少年の脅迫関連じみた性質は既に語った通りだ
こんな有様だから私たちの中のかなり良質の人たちでさえ
再び曲がりなりにもマシな食事ができる時がくればと
絶望したのも無理はない
それは決して微食をしたいからではない
その時がくれば食べることしか考えられないような
Speaker 1
人間としての尊厳にふさわしくない状況がついに終わるからだ
Speaker 2
飢えたものの心の中で起こっている
魂をすり減らす内面の葛藤や意思の戦い
Speaker 1
これは身をもって経験したことのない人の想像を超えている
Speaker 2
彼らにはこういうことは到底理解できないだろう
溝の底に立ち、ツルハシをふるいながら
九時半か十時を告げるサイレンが鳴らないかと
Speaker 1
四六時中耳をそば立てている
Speaker 2
食事時間の号令で始まる
30分の昼休みにならないかと四六時中待っている
Speaker 1
食事時間が設けられていた間の話だ
Speaker 2
現場監督が嫌な奴でなければ現場監督に
あるいは通りすがりの市民に
四六時中何度でも今何時ですかと尋ねる
上着のポケットに手袋をしていないので
かじかんだ手を突っ込み
小さなパンのかけらを糸押しそうになっている
Speaker 1
ほんの一かけむしって口に持っていく
Speaker 2
だが最後の意思の力を振り絞ってポケットに戻す
なぜなら今朝誓ったからだ
Speaker 1
昼まで我慢しようと
Speaker 2
最後の頃には一日一回
ほんの小さなパンが配給されるだけだったので
それをどう食べるのがいいとか悪いとか
私たちは延々議論した
意見は大きく二手に分かれた
一方はもらったらすぐ全部食べるという
これには二つの利点がある
一つは少なくとも日に一度は
忌々しい空腹をいっときなりと
紛らわせることができること
もう一つは盗まれたりして
配給のパンをなくすこともないということだ
だが反対の陣営にもまた別の言い分があるのだった
私はこの反対側の陣営に組みしていた
それには私だけの理由があった
収容所で暮らす24時間のうち
最もおぞましいのは朝、目を覚ます時だった
まだ明けあらぬ時刻
気象を命ずる豪敵が三度鋭く響き
私たちは疲労困憊の眠りから
切ない憧れの夢から
Speaker 1
無慈悲に引き離す時
Speaker 2
傷だらけで飢餓不死のために張り上がった
足を濡れた靴に無理やり押し込もうと
Speaker 1
悪戦苦闘する時
Speaker 2
目覚めた途端に靴紐代わりの針金が折れたりして
思わぬトラブルが生じ
嘆いたり悪態をついたりする声を耳にする時
いつもはしっかりしている仲間たちが
濡れて縮んでしまった靴を手に
雪の積もった天庫状に裸足で出ていかなければならないと
子供のようにすすり泣いているのを聞く時
この殷惨な一時
私には微かな慰めがあった
夕べ取り置いたパンのかけらをポケットから出し
それを一心不乱に
Speaker 1
むさぼり食うのだ
Speaker 2
というわけでね
上でした
Speaker 3
食事は我々にとっても
身近というか
Speaker 1
より何というか
想像しやすい
Speaker 2
そうですか
こういうのは
いや
食べ物を残すなんて考えられないですね
Speaker 1
そうですね
Speaker 3
先ほどちょっと油そばを注文しすぎて
大盛りにしすぎちゃった
Speaker 2
ドカ盛りにしてたもん
Speaker 1
これ収録した後だったら
Speaker 3
絶対こうはなってなかった
本当に
Speaker 2
いや
なかなか上っていうのは
すごいこう
なんだろうな
この本全体としてさ
Speaker 1
何も
Speaker 2
ある意味何も共感できないじゃないですか
そう
すごいちょっと変な言い方だけど
Speaker 3
実体験とリンクしない
Speaker 2
けどこの項目に関しては
割と
なんだろうな
想像しやすいというか
食事がパン一欠片しかないっていうのはちょっと
それをポケットの中で慣れて
Speaker 3
そうだね
Speaker 1
慰めるというか
Speaker 3
辛い
悲痛な朝の
唯一ちょっとでも気を紛らわせたものだっていう
Speaker 2
という人もいればフランクルさんは
Speaker 1
フランクルさんはそれか
Speaker 2
朝のね
辛い時に食べると
Speaker 1
なんていうか
人としての尊厳とか
Speaker 3
なんかそういう
ワードで出てきましたけど
本当にまさにそう
Speaker 2
そうだよなっていう風に
この本ずっと通廷してるのが
最初の方の
感情の消滅っていう項目があるじゃないですか
アパシー
アパシー
無気力とかね
Speaker 1
もう無気力になっちゃうんだっていうね
Speaker 2
ここまで
もうだって
ボクボクに殴られてる人が隣にいようが
もうなんとも思わなくなっちゃうという
Speaker 1
そうだね
Speaker 3
別の項目だけどさ
その
作業とかから休むために
Speaker 1
なんか小屋の中に
Speaker 3
入って座るみたいな感じ
そこの小屋には
遺体とかが置いてあるんだけど
でもそんなの全然気にも止めないで
でもここでなら休めるからみたいな
我慢するとかじゃなく
本当に気にしてないみたいな感じでね
そういう描写とかも
この後の方で出てきたけど
Speaker 2
もっと
えげつない描写とかもありますね
そうだね
だから本当に
これマジですかっていうことも思うけれども
フランクルさんの医師としての存在
Speaker 2
そんな状態の中で
どういう
そういう非人間的な状態の中で
どういうふうに精神を保っていたのかとかね
特にこのフランクレスは
ここ読まないですけど
学者だからさ心理学者だからさ
最初アウシュビッツに連れて来られた時に
原稿を持ってたんだね
自分の論文用かなんか研究のね
それをちょっと返してくれませんかみたいな
返してくれないからっけ
Speaker 3
ちょっとだけ交渉して
Speaker 2
ちょっとだけ交渉してたけど
何言ってんだお前みたいな感じに言われるっていう
1日だけ発熱して
強制労働から休む
休める日が1日だけあったみたいなね
その時に思い出して
速記術で原稿を再現するみたいなね
Speaker 1
すごい
学者としてもとんでもないですよね
Speaker 2
どうやってそういう精神を維持していたのかというか
それは後書き
最初の役者の後書きにも
その原稿を実際に見せてもらったみたいな
それで反省したとか
Speaker 1
そのレベルで衝撃を受けたみたいな
Speaker 2
この運営については
そのところですかね
読んでる側の時って
タイムラグがない?理解できるまでに
分かる分かる
文字を声に出してる時は
何も理解してないんだけど
Speaker 3
遅れてなんかだんだん
Speaker 2
自分が言った声を聞いて分かるっていうか
Speaker 1
いう感じがそこもちょっと不思議ですよね
Speaker 2
まあいいや
Speaker 3
じゃあちょっと次
Speaker 2
次が80ページですね
Speaker 1
80ページの
Speaker 2
発信地複数収容所に行く?
これはちょっと出だしがあれなんで
その前までがどういうあれだったのかっていうと
このフランクレスさんが医師であるっていうことが
収容所での劣悪な状況
Speaker 1
割とこういい方向に働いたというか
Speaker 3
医師だから生き残れたっていうところもあるみたいな
Speaker 1
かなりあると思うんだけど
Speaker 3
この発信地複数っていうのが
Speaker 1
知らみを媒体として出る病気
Speaker 3
感染症なんだけど
この収容所がとんでもない衛生環境
Speaker 1
すごい寝床とかも詰め詰めだし
毎晩なんていうか
幸せなことがあるとしたら
Speaker 3
ベッドと呼ぶにもお粗末な
藁とかのところから知らみを取り除くことができたら
それがもうこの収容所内の最大の幸福だみたいな感じのこととかも
Speaker 1
言ってましたけども本当に
Speaker 2
発信地複数 健康
戦争とかで流行することが多い病気みたいですね
第一次世界大戦ではヨーロッパだけで
数百万の死者が出てるっていう
戦争は病死も多量に出す
知らみでだってこんなに死んじゃったんだから
Speaker 3
この人自身も一回感染
フランクルさん自身も感染してるけど
回復してっていう状況
その中で収容所に
医師として行かないかっていう
あれが来たとき
Speaker 2
そういう幸運な出来事とかが
その前に書いてあった上で
広告に入るよっていう感じで
Speaker 1
発信地複数 収容所に行く
私の幸運はこれに留まらなかった
Speaker 3
4日後に夜間シフトの労働中退に配属されることになったとき
Speaker 1
私の死はもう決まったようなことだった
ところが医庁がふらりと西洋島にやってきて
発信地複数患者が集まっている収容所に
医師として勤務することを志願しないかと言ったのだ
Speaker 3
友人たちが懸命に止めるのを聞かず
また他の平らな同業者の打算的な振る舞いを知りめに
Speaker 1
私はその場で志願した
労働中退に入れば間もなく死ぬことは目に見えていた
どうせ死ぬなら意味のある死に方をしたい
Speaker 3
どう考えても医師として少しでも病気の仲間の力になれることは
Speaker 1
腕の悪い土木作業員として辛うじて生き
あげくくたばるよりも意味がある
これは単純な比較の問題であって
英雄的な犠牲的行為ではなかった
その軍医は発信地複数患者がいる収容所に勤務することを志願した
私たち2人の医師に移動するまで西洋島にいられるよう
密かに手を回してくれた
Speaker 3
確かに私たちはあまりに憔悴していたので
そうでもしなければ医師2名が使い物にならなくなり
Speaker 1
収容所に死体が2体増えただけだっただろう
Speaker 3
共生収容所の写真を見せられたとき
Speaker 1
記憶はこうしたすべてのことをまるで魔法のように
私の心の目にありありと描いてみせた
私がすべてを語ると相手は
Speaker 3
私がその写真をちっともひどいとは思わないことや
Speaker 1
そこに写っている人々がこれっぽっちも不幸と感じていない
と私にはよくわかるということを理解してくれた
すでに述べたように
価値はガラガラと音を立てて崩れた
つまりわずかな例外を除いて
Speaker 3
自分自身や気持ちの上でつながっているものが
Speaker 1
生き凌ぐために直接関係のないことは
すべて犠牲に組みされたのだ
この没価値化は人間そのものも
また自分の人格も容赦しなかった
人格までもがすべての価値を
懐疑の奈落に叩き込む精神の大渦巻きに
引きずり込まれるのだ
人間の命や人格の尊厳など
どこ吹く風という周囲の雰囲気
人間を意思など持たない
絶滅政策の単なる対象とみなし
この最終目的に先立って
肉体的労働力をとことん利用し尽くす
搾取政策を適用してくる周囲の雰囲気
Speaker 3
こうした雰囲気の中では
ついには自らの自我までが
Speaker 1
無価値なものに思えてくるのだ
強制収容所の人間は
Speaker 3
自ら抵抗して自尊心を奮い立たせない限り
Speaker 1
自分はまだ主体性を持った存在なのだ
内面の自由と独自の価値を備えた
精神的な存在であるという自覚などは論外だ
人は自分を群衆のごく一部としてか受け止めず
私という存在は群れの存在のレベルにまで落ち込む
きちんと考えることも何かを欲することもなく
Speaker 3
人々はまるで羊の群れのように
Speaker 1
あっちへやられこっちへやられ
集められたり散らされたりするのだ
Speaker 3
右にも左にも前にも後ろにも
Speaker 1
なりは小さいが武装した
Speaker 3
狡猾で刺激的な犬どもが待ち受けていて
Speaker 1
どなったり長かのかかとで蹴りつけたり
Speaker 3
あるいは重傷で殴りつけたりしながら
Speaker 1
ひっきりなしに前へ後ろへと追います
私たちはまるで犬に噛みつかれないようにし
好きさえあればわずかばかりの草をむさぼることで
Speaker 3
頭はいっぱいの
Speaker 1
欲望といえばそんなことしか思いつかない
羊の群れのようだと感じていた
そして怯えて群れの真ん中に殺到する羊そのままに
誰も彼もが五列王隊の真ん中になろうとし
Speaker 3
さらにはできるだけ
Speaker 1
全中隊の中ほどにいようとした
そうすれば中隊の横や戦闘や
心狩りにいる監視兵から殴られにくいから
さらには中ほどにいれば
風がまともに吹きつけないという利点もあった
強制収容所に入れられた人間が
Speaker 3
集団の中に消えようとするのは
Speaker 1
周囲の雰囲気に影響されるからだけでなく
様々な状況で保診を図ろうとするからだ
非収容者はほどなく
意識しなくても五列王隊の真ん中に消えるようになるが
群衆の中に紛れ込む
つまり決して目立たない
どんな些細なことでも
Speaker 3
陣営隊員の注意を引かないことは
必死の思いでなされることであって
Speaker 1
これこそは収容所で身を守るための要定だった
以上です
Speaker 2
これが何でしたっけ
Speaker 3
保診事務室収容所に
Speaker 1
ちょっと補足なんですけど
Speaker 3
途中で強制収容所の写真を見せられたとき
Speaker 1
これに関しては
Speaker 3
1個前のページとかで
収容所から解放された後で
Speaker 1
普通の生活に戻れてから
Speaker 3
かなり経ったときに
誰かが収容所の写真をフランクルさんに見せて
こんな広かったみたいな感じのことを言ったらしいんです
Speaker 1
ただフランクルさんはそれを見て
そうですかっていう風に
というのが
それが西予党という保診事務室から
にかかって休んでいる人たちの写真で
Speaker 3
外に労働に活かされている人たちなんかと比べたら
全然楽だし
実際自分がここに入れられていたときは
とても嬉しかったみたいな
そういったことをその人に説明して
その人がそういう状況だったんだったら
確かにそうだったんだろうなみたいな感じで
理解してくれたっていう
Speaker 2
そういうくだりだったんですけど
Speaker 1
だから本人的にはすごい嬉しいことだったんだけど
他の人から見るとすごいひどい状態に見える
Speaker 3
麻痺しちゃってる
Speaker 1
ここの項目は
収容所での劣悪な部分がすごい見えてるっていうか
自我までが無価値なものに思えてくるっていうね
ここでは人間が個々として扱われない
Speaker 2
この五劣妨体の真ん中になろうとするっていう
できるだけ目立たないように
消えようとするっていう
これは理解しやすいところでも
自分もそうしそうだなっていう
Speaker 1
もうどうやったって殴られるわけだからね
Speaker 2
ちょっとそれ以上がないというか
Speaker 3
ここに書いてあることが全て
Speaker 1
本当にこういう状況だったぞっていう
個人の存在の無視と運命の戯れ
Speaker 3
まさに家畜扱いっていうかね
Speaker 2
いかに人間として扱われないかみたいなところが
もうちょっと僕的にここはすごい書いてあるなって思ったところがあるんで
Speaker 1
じゃあそっち行きますかね
Speaker 2
87ページの運命の戯れという項目ですね
Speaker 1
運命の戯れ
Speaker 2
収容所では個々人の命の価値はとことん貶められた
これはその状況を自ら体験した人にしかわからないだろう
しかしそんなことには慣れっこになった者でも
個人の存在がないがしろにされていることを
したたかに思い知らされるのは
Speaker 1
収容所から病気の被収容者が移送される時だった
Speaker 2
移送と決まった病気の被収容者の痩せ細った体が
二輪の貨車に無造作に積み上げられた
貨車は他の被収容者たちによって
何キロも離れた他の収容所まで吹雪をついて押して行かれた
死んでいても一緒に運ばれた
Speaker 1
リスト通りでなければならないからだ
Speaker 2
リストが史上であって
人間は被収容者番号を持っている限りにおいて意味があり
文字通りただの番号なのだった
死んでいるか生きているかは問題ではない
番号の命はどうでもよかった
番号の背後にあるもの
この背後にあるものなど
これっぽっちも重要ではなかった
一人の人間の運命も来歴もそして名前すら
例えば私が医師としてバイエル地方のとある収容所から
別の収容所に付き添った病気の移送団には
一人の若い仲間がいた
仲間は兄弟を元いた収容所に置いていかねばならなかった
リストに入っていなかったからだ
仲間は収容所の上巻にくどくど探眼し
上巻もついに折れて
どたん場でリストから一人を外し
代わりにこの仲間の兄弟を入れた
しかしリストは守備一貫していなければならない
だが絶やすいことだ
仲間の兄弟が身代わりに収容所に残ることになった仲間と
被収容者番号も氏名を取り替えれば済む
なぜなら既に述べたように
収容所の私たちは全員身元を証明するものを特区に失っており
とにかく息をしている有機体のほかには
これが自分だと言えるものは何一つないこの状況を
誰もがありがたいと思っていたからだ
土毛色の皮膚をした骸骨同然の
人間の身に備わっているものといえば
垂れ下がるボロの類でしかなかったが
それすらが収容所に残る者たちの関心の的だった
Speaker 1
靴があるいはコートが自分のようにマシかどうか
Speaker 2
磯を待つムスリムたちはギラギラとした眼差しの吟味に晒された
ムスリムたちの運命は決まったのだ
けれども収容所に残るまだなんとか労働に耐える者たちにとっては
生き延びるチャンスを少しでも増やすとに役立つ者は何でも歓迎なのだ
感傷的になっている場合ではなかった
主体性を持った人間であるという感覚の喪失は
共生収容所の人間は徹頭徹尾
監視兵の気まぐれの対象だと身をもって知るためだけでなく
自分は運命の戯れの対象なのだと思い知ることによっても卑怯をされた
普通5年あるいは10年経って初めて
人生何が幸いするか災いするかが分かるものだ
私は常にそう考えまた口にしてもきた
ところが共生収容所で学んだことはそれに訂正を迫った
化伏が10分あるいは10分あるいは5分も経たないうちに判明する経験を
私たちは嫌というほどしたのだ
アウシュビッツにいた頃私はすでに一つの原則を立てていた
その妥当性はすぐに明らかになり
ほとんどの仲間がそれを採用した
つまり何かを尋ねられたらおおむね本当のことを言う
聞かれないことは黙っている
いくつだと聞かれたら年齢を答える
職業を問われたら医師ですと言う
Speaker 1
ただしはっきりと専門を聞いてこなければ専門医であることは言わないのだ
Speaker 2
アウシュビッツに向かえた最初の朝
親衛隊の将校が店舗にやってきた
仲間は40歳以下はこっちへ異常は向こうへと分けられた
さらに金属化工工と自動車整備工が別にされた
それから私たちはズボンを下ろされてヘルニアウムを検査され
Speaker 1
そこでまた数人の仲間が跳ねられた
Speaker 2
1グループは別の収容棟に連れて行かれ
そこでまたしても店舗のために整列させられた
私もその中にいた
さらなる選別が行われ
例えば私は年齢職業という短い質問にきびきび答えた後
小さなグループに入れられた
運命の成すがままに
Speaker 2
私のグループはさらに別の棟に連れて行かれ
そこですぐさま新たなグループ分けが行われた
そんなことが数回あって
しまいに私たちはとんでもない貧乏苦情をひいたと感じた
Speaker 1
周囲は異実な私にはさっぱりわからない外国語を話す人々ばかりだったのだ
Speaker 2
ところが最後の選別で選抜され
私は最終的な居住棟に追いられた
そこで私は思いもかけないことに
旧地の仲間や同じ町の出身者や同僚に囲まれた
元の棟に戻っていたんだ
みんなは私が今まであちこち追い回されていたことに全く気づいていなかった
だが私はほんの短い間に
なんと様々な運命がかすめたことが
Speaker 1
そのどれもが現実になってもおかしくなかったのだと感じていた
Speaker 2
さっきの病人収容所への患者位相談が編成されたとき
私の名前と番号がリストに上がっていた
Speaker 1
医師が必要だったのだ
Speaker 2
だが位相談が向かう先が
Speaker 1
本当に病人収容所だと考えているものはいなかった
とっくに血をつけていたからだ
Speaker 2
すでに2週間前
Speaker 1
同じような位相談が編成されたのだ
Speaker 2
しかしすでに大型の人々は位相談は病人収容所には向かわない
Speaker 1
これはガス室行きだと受け止めていた
Speaker 2
ところが不意に告知がなされた
希望すれば病人収容所行きのリストから外される
ただしそのものは恐れられていた夜間シフトに志願すること
Speaker 1
というのだ
Speaker 2
82人の仲間たちが直ちにこれに応じた
その15分後位相中止が告げられた
だが82名は夜間シフトのリストに組み込まれてしまった後だった
Speaker 1
その対話は1週間以内に命を落とした
Speaker 2
ムスリムというのは
いわゆるイスラム教信者という意味ではなくて
栄養失調でものすごく細くなってしまって
ガイコツの皮をかぶっただけのような
そういう体の弱った人のことをムスリムという風に
あだ名をつけて呼んでいた
そういうことが収容所内であったらしくて
本文ではカギかっこつけでムスリムって書いてあるんですけど
本物のムスリムではないから
ムスリムって思った人いるかもしれないけど
そういう意味でした
この書というのは
最初の病人というか
Speaker 1
番号ですね
Speaker 2
人間は番号があることが意味がある
それが生きていようが死んでいようが
Speaker 1
番号が一番大事だから
Speaker 2
人間を運ぶ収容者を運ぶってなったら
番号通りに運ぶ
生きている死んでいるは関係ないですよ
Speaker 1
それがいかに
Speaker 2
命の価値を貶めた行為なのかっていうことを
すごい感情が
アパシーの感情が喪失した状態
Speaker 1
消滅した状態の人々からしても
Speaker 2
がっくりくることだった
Speaker 1
ここはもういかに
Speaker 3
運命の成すがままにされるしかないかっていうのが
分かる章ですよね
Speaker 1
フランクルさんが
Speaker 3
いろんなところにぐるぐるたらい回しにされてあげく
Speaker 1
結局元の場所に戻れるっていうのがあったけど
Speaker 3
その途中でもね
フランクルさんには全然わからない外国語を話す人々のところに
Speaker 1
そのまま入れられてもおかしくなかったし
Speaker 3
結果としてはなんとかなったけど
ここにフランクルさんの意思とかは全く意味がなかったという
Speaker 2
別にそれはこのショーでそうだったわけじゃなくて
ずっとそうっていう
Speaker 3
そういうことね 象徴的ではある
Speaker 2
象徴的なあれですけどね
Speaker 1
最後もね
Speaker 2
もうちょっともう15分待ってれば
移送中止が告げられたから
何もなかったんだけど
この82人の仲間たちは
Speaker 1
夜間シフトに志願してしまったがゆえに
Speaker 2
命を落としてしまったっていうね
Speaker 1
移送中止が告げられたときに
この人たちはどんな顔をしてたのかなみたいな
Speaker 3
考えると
Speaker 2
この本を読んでて一番レベルで答えた場所かもしれないですね
がっくりくるというかね
この15分で
番号が重要
Speaker 1
だからいかに
Speaker 2
融通も当然効かないし
そういう本当にいかに
僕らが持ってる収容所のイメージというのは
ガス室をクリにして
水田卸しにしたっていうのは
民族浄化
そういうイメージが一番強いし
強制労働っていうのも
正直何をしてるのかそんな知らないし
ここにも具体的な仕事は一体何してたか書かれてないんだけど
ガス室に送られて殺される
殺したっていうことだけでは全くないというか
どれだけ命の価値を貶めたものと書いてありますけど
いうことだったのかって感じますよね
ただこの本が
Speaker 1
今4つの章項目を取り出して読んだんですが
Speaker 2
全然本当にごく一部の一側面でしかなくて
これさ全部読むとさ
やっぱりこれいかにひどい空間だったのか
っていうことでもあるんですけど
この強制収容所っていうのが
いかに生きるかっていうことでもあるというか
結構さ後半はさ
だんだん人生論って言うとちょっとすごい
安っぽい感じの言葉になっちゃうけど
そういう話になってるわけ
で 死刑隊の中にも
善意の人はいたっていうことも書かれていたりして
ものすごい本当に奥行きを持った本ですよね
単に収容所の生産相を描いた作品だけだったら
やっぱ絶対に残ってないし
Speaker 1
そうね
Speaker 2
こういうふうにはね
Speaker 3
この本の背拍子のところとか
この本を象徴する文だと思うんだけど
人間とはガス室を発明した存在だ
しかし同時にガス室に入っても
毅然として祈りの言葉を口にする存在でもあるのだ
Speaker 2
これ こういうことですよね
ものすごい精神の持ち主ですよね
フランクル先生といえばね
ぜひ順番に最初から最後まで読んでほしいですね
結構話がなんかその備わってるから
ずっと項目ごとに分けられてるけど
いまいち分け方がよく分かんないところもあったり
よく分かんないというか分かるんだけど
Speaker 3
またいでるところとかもある
Speaker 2
全然あるから
だから本当に順番通りにバーって読んでほしいですね
すごい読みやすいしね
めちゃくちゃこの訳もすごいよね
Speaker 3
若者に読んでほしいみたいな感じの意味合いも含めて
Speaker 2
意味合いも含めてこういう風な新訳を出版したっていう風な話はあったし
Speaker 1
もうまさにそんな
いま朗読しましたけど
モラルとユダヤ人
Speaker 3
聞いていただければ分かる通り
Speaker 2
全然小難しいような表現とかは使われてない
本当に難しい言葉は全然出てこないし
聞き慣れない言葉があるぐらいで
すごい読みやすい訳なんで
ぜひ
Speaker 1
9番の訳とかもちょっと読んでみたいね
Speaker 3
そうだね
Speaker 1
どういう感じ
Speaker 3
9番は要するに47円版
一番最初に出た方を訳してるんだろうから
どういう風にフランクルさんが
具体的に改定したのかみたいなのを
Speaker 2
実際に比べてみたいところであります
池田さんの後書きに書いてあったので言ったら
モラルっていう言葉がめちゃくちゃ
9番にはたくさん出てたんだけど
新版では2箇所しかない
戦争が終わった直後は
やっぱりあんなモラルのない場所はみたいな
感情的な側面もあったんじゃないか
だけどやっぱり30年経って冷静に考え直してみて
Speaker 2
モラルじゃなくてもっと原理として
そういうモラルっていう不明確なというか
ある意味揺れ動く基準じゃなくて
描こうとしたんじゃないかっていうことを
分析後書きでされてるし
あとはユダヤ人って言葉が
Speaker 1
実は9番には一切出てこないっていう
Speaker 2
らしいですね