1. 独り言、ふたりごと、
  2. 12/21 LISTENアドベントカレン..
2023-12-21 1:07:12

12/21 LISTENアドベントカレンダー2023 兼 Ep.100回記念

34 Stars 4 Mentions 6 Comments

Summary

2023年12月21日のデイトドの分の声日記は、20日に事前に録音しています。なお、これは20日分の声日記の録音であり、21日分のアドベントカレンダーの録音は後で行います。このエピソードはアドベントカレンダーの第100回目の録音となります。やはり、開発者の方々にとっては意義深いことでしょうか。私はこのような機会に恵まれている場所にいるんです。ネットワーク経由ではなく、録音してアップロードする形式ですからね。まあ、理想的な使い勝手ということで、こうなっていくんですよね。リスには将来的に拡大とユーザーの増加を期待しています。また、SNSのような雰囲気やゆるいつながりを持ったサービスになることを期待しています。私は、ネットコミュニティの盛り上がりやSNSの人気、そしてアプリとブラウザのサービスの違いについて考えています。声日記のユニークな特性や新しいネットツールについても話しました。アドベントカレンダーの企画が様々な視聴者を引き寄せていることにも触れました。リスナー側は配信者をマーケティングイベントでぜひ出演させたいと思うほどに、Webコミュニティは盛り上がっています。しかし、そうした盛り上がりに参加できないという排除感もあるため、仲間を集める手助けが必要だと思われます。

Table of Contents

前撮りの日記とアドベントカレンダー
コーノ
2023年12月21日のデイトドの分の声日記を20日に前撮りをしています。
21日はアドベントカレンダーですね。
ちなみに、これ先に撮っているけど、20日分の声日記をこの後に撮るけど、
これが21日分で、アドベントカレンダーの21日分の録音で、これが第100回です。
コーノ妻
あっ、そうやったんですね。
コーノ
そうそうそう。
コーノ妻
だから21日にしたんですか。
コーノ
違う違う違う。
そんな、だって偶然やん。
だって毎日必ず1個やってるわけじゃないし、1日2個やったりとかもしてるから。
いやいやいやいや。
小田仁さんがちょっと前、1か月ぐらい、2か月ぐらい前かな、声日記100回目達成しました、みたいなのを言ってたけど、
近藤さんよりも先に、俺が100回に到達してしまったっていう。
あららら。
俺、1日2回上げてる日もあったから。
あららら。
1分のやつとかもあるし。
おー。
コーノ妻
うん。
コーノ
いやー、そうですか。
で、毎日やってるわけじゃないけど、
うん。
まあまあ、間あいたり。
多分、別に俺より先に100回いってる人は全然いると思うけど。
コーノ妻
あー。数えてないだけで?
コーノ
数えてないというか、俺が聞いてないから、わからん。
あ、そうかそうか。
フォローしてないだけで。
コーノ妻
はいはいはい。
あら、そうですか。おめでとうございます。
コーノ
そうそう。
だからその、えーと、アドベントカレンダーの21日。
コーノ妻
はい。
コーノ
カネ。
カネ。
コーノ妻
100回。
コーノ
はい。
100回分、100回目。
コーノ妻
あらー、継続できましたね。
日記の継続と意味
コーノ
継続じゃないんだよ。
間は空いてない、空いてるかな。
いやいやいや。
撮ってない日も全然あるから。
コーノ妻
でも、そんなに空いてないと思うよ。
コーノ
なんか、あ、空いたって。
3日とかはあるから、全然。
あー、そうか。
普通にある。
コーノ妻
うん。
あ、そうかそうか。
いや、そうですか。おめでとうございます。
コーノ
おめでとうなんすかね、これ。
全然、なんか、何もそういうのが。
コーノ妻
はい。
コーノ
そういう感覚、俺はないんで。
あのー。
コーノ妻
なんとなくやってるだけ?
うん。
コーノ
なんやろな。
何回記念とか、そういう記念とか、あんまない人間なんで。
コーノ妻
そうですね。
コーノ
そうそうそう。
はい。
コーノ妻
何事も。
まあまあ、でもね、100回続いたんかみたいな、ちょっと考えにふけるみたいな、ないですか?
コーノ
あー。
まあ、100回。
いや、まあ、小田仁さんが100回って言ってたから。
コーノ妻
うん。
コーノ
なんか、それを考えると、早く来てしまったなっていうのは。
コーノ妻
あとのリスターにも関わらず。
コーノ
そうそう。100エピソードかな。
はいはい。
だから、なんでかなって思うんだよね。
なんでこんな。
コーノ妻
分からん。
ちなみに、1回目はあれですね、9月12日。
あ、そうそうそう。
コーノ
はい。
コーノ妻
9月12日から、10、11、3か月ちょい。
コーノ
うん。
はい。
だから、まあ、90日とちょっとやな。
コーノ妻
そうですね。
コーノ
まあ、でも100日ぐらいかな、ちょうど。
コーノ妻
そうですね。
コーノ
叶わないわ。
コーノ妻
え?そんなことない。
コーノ
あー、90、まあ、そっか。
そう、そうやろ。そんなもんや、大体。
コーノ妻
うん、そうやな。
うん。
えー、そうですか。どうでしたか、この3か月ちょっと。
コーノ
えー、どうでしたかって、あ、どうでしたか。
コーノ妻
新しい習慣じゃない?
コーノ
うん。
うん。
そうやね。
コーノ妻
はい。
コーノ
新しい習慣。
新しい習慣。
コーノ妻
日記を、これでも、まあ、結構ね、元から日記はしっつけてる方でしたけどね。
コーノ
うん。
うん。
もう、だから、最近はちょっと面倒くさくなってきて。
はい。
あんまり、その、こう、文字で書いて、読むっていうのを、
はい。
コーノ妻
やれてない。
走ってるもんね。
コーノ
あー、昨日とかはね。
コーノ妻
うん。
コーノ
うん。
昨日っていうか、まあ、この配信上では一昨日やけど。
コーノ妻
はい。
コーノ
うん。
だから、なんか、そ、時間がかかるから。
コーノ妻
あー、その、文字を。
あー、その、文字を考えるのに。
コーノ
考えるも遅いし。
うん。
書くも遅いし。
はい。
その、メモしておくのも遅いし。
コーノ妻
はいはい。
コーノ
だから、それが最近はあんまできてないかな。
コーノ妻
忙しくて。
いや、なにやろ。
コーノ
なに。
忙しくてっていうか、なにやろ。
コーノ妻
気持ちが、気持ちが忙しくて。
コーノ
書くことないとかも。
えー。
コーノ妻
そうなの。
そうなの。
コーノ
だから、だから、なにやろ。そういうのは、波があるから。
コーノ妻
あー、その。
コーノ
ちょっと、もう、その辺はいいかなってなってんのかな。
コーノ妻
あ、日常を細かくメモすることは。
コーノ
んー、だれてるんかな。
あっ。
コーノ妻
率直に言うと、だれてる。
かな。
そうですか。
うん。
コーノ
ちょっと飽きてきてるんかもしれない。
コーノ妻
あれ?日記に?
コーノ
あ、その、文字を書いて読むっていうのが。
コーノ妻
あー。
あ、じゃあ、フリーにしゃべるのは別に飽きてない。
コーノ
フリーにしゃべってないけどね。
え?
コーノ妻
あの、その、なんでしょう。
1分とかそういうやつとか。あれは、4…
コーノ
1分ってあったっけ?
コーノ妻
え、知らない。さっき言うてって。なんか1分って。
コーノ
あ、それも1分だけ走ったやつとかをあげたりとか。
はい。
うん。あとはなんか、その、音声。
うん。
なんていうの。録音した、その、音。
コーノ妻
はいはい。
コーノ
をあげたりとかもあったかな。
コーノ妻
はいはいはい。
コーノ
うん。そういうのは、全然日記じゃないし。
コーノ妻
えへへ。
ま、でも、遊んでるっていうことですか?それを。あげてみて。
コーノ
うーん、ま、なんやろな。
なんやろな。
コーノ妻
記録かな。
記録。あ、記録。じゃあ、記録やね。確かに。
コーノ
うん。
コーノ妻
うん。
え、日記、日記に飽きてるんですか?今。
コーノ
に、なんやろ。だれ、だれてるんやと思ってた。
だれて、だれ、日常。日常がだれてる。それと、発信がだれてる。
えー。どう言っていいんか。難しいな。
コーノ妻
うん。
コーノ
こう、な、波があるから。
コーノ妻
飽きてるってわけではない。だれ。
コーノ
いや、飽きてると思うよ。だから。
コーノ妻
飽き、飽きてる。
うん。
コーノ
飽きちゃった。
もう、なんか、その、同じことやるのが、つまらなくなってきてるから。
コーノ妻
あー。
だから。
ま、何事も、そんな感じになりやすいんでしたっけ。
コーノ
そうそう。
コーノ妻
はい。
コーノ
だから、なんか、違う感じになってるから。最初の方とは。
あー、そうですか。なるほど。
コーノ妻
うん。あの、こういう日記の内容が。
モチベーションの影響で。
コーノ
モチベーションは関係ないよ。
え?
え?
コーノ妻
え、だれてるっていうのが、こう、モチベーションの話じゃない?
コーノ
モチベーションはもともとないから。
コーノ妻
あー。えっと。
コーノ
同じことやるのが、つまらなくなってきて、別のことやってるっていう。
コーノ妻
最初は楽しかったんですか?
コーノ
楽しかったとかじゃなくて、別に。
はい。
新鮮やったから。
コーノ妻
あー。新鮮味で。
コーノ
うん。
やってみよう。
こういう感じでやってみようってやって。
はい。
で、飽きてきたっていう。
コーノ妻
ちょっと、難しいですね。
なんか。
何やろ。
そう。
新鮮っていうだけで、別に楽しくはないっていうのが、ちょっと。
コーノ
楽しいって、いや、だから、楽しいも楽しくないもん、別にないから。
コーノ妻
難しいんですよ、それはね。ちょっとね。
って言って、どういうことなん?って多分なっちゃう。
コーノ
そんなことないよ。だって、小田仁さんも別に、こういう日記が楽しいかって言うと、それ自体が楽しくないって言ったはずだよね。
コーノ妻
あ、コミュニケーションが生まれたのが楽しそうな感じでしたよね。
コーノ
んー、なんなんだろうね。
うん。
でも、なんかその、日記やから、やっぱ記録をつけておくことに、なんかこう、意味を生み出してるっていう感じじゃないの?
コーノ妻
おー、はい。
コーノ
うん。
コーノ妻
同じ感じですか?じゃあ。
コーノ
いや、俺は、なんとなく。
コーノ妻
俺、俺はもう、難しいなー。
コーノ
難しくないよ。なんとなくやで。
コーノ妻
もう、別にだから、どの点においても、何も、別に意味はないけど、なんか新しいことやから。
なんか、新しいことやから、ちょっとやってみたぐらいの感じやったんですか?
コーノ
どの点においても?
いや、その、日記をつけるとか、コミュニケーションがどうとか、そこに何の期待もないけど、あの、とりあえずやってみたぐらいの感じですか?
コーノ妻
うん。期待はないです。
コーノ
期待。期待はないって、すごいユーザーですよね。
期待?うん。期待は…。
期待はだって、うん、特に何もこう、ないよ。
コーノ妻
ないよ。
コーノ
なんとなく?
なんとなく。別に、その、SNS的、長屋的。
あ、全くない?
いや。
どっちかっていうと、だから、その、現場に入ってみるとどういうもんかわからんから、とりあえず自分もやる側として入ってみただけ。
コーノ妻
はいはいはい。
コーノ
で、どういうもんか知りたいっていうか。
まあ、見てみたいっていうのはあったけど。
はい。
それぐらいちゃうかな。その、サービスとか。
はい。
こう、やることとかについて、どうしたいとかは何もない?
コーノ妻
うん。え、なんかこう、あの、こう、ユーザーの輪が広がって楽しいとかもない?
うーん。楽しい、楽しい、難しいなあ。
嬉しいとか?
コーノ
いや、面白いはあるよ。だからその、
ちゃんと面白い。
うん。
やってること、面白いなっていうのは、多分、入ってんと気づかへんかった。
はいはいはい。
とか、こう、自分に投げかけられたりとか、自分からこう、質問したりとかして、初めて気づいたこととかはあったから。
あー。
そういう、なんか、それぞれの、どういう人がどういうことやってるっていうのに、こう、なんていうんだろう。関われた。
うんうん。
っていうのは、その、関わったことで見つけられた面白さっていうのはあったけど。
コーノ妻
あ、じゃあ、ざっくり言うと、面白いですね。
コーノ
人がね。
うん。
コーノ妻
でも、面白い人を見つけられた場合あったってことですね。
コーノ
うんうん。なんか、気づけたと思う。その、リッスンで関わることによって。
コーノ妻
うんうん。今まで全然知り得なかったよ、面白い人と。
コーノ
そうそう。だから、知らなかった人やから、ほとんどみんな。
うんうん。
だから、そういう、例えばそれこそ、まあ、Twitterとか、
うん。
Twitterでとか、ブログでとか、
うん。
YouTubeでとか、それぞれ、こう、面白い人っていうか。
はい。
なんか、こう、コンテンツがあるわけやのか。
うんうん。
だから、そこはそこで、それぞれあって、
うん。
知ってたことがあって、リッスンでしか知らなかった人。
はい。
関わったことがなかった人に関わる、やっぱサービスを利用してみるしかなかったから。
コーノ妻
そうね。
コーノ
うん。だから、聞くせんでっていうのも全然できるけど。
うんうん。
なんか、もうちょっとこう、何だろう、コミットしようと思ったら、
うんうん。
でも、配信してみた方がいいかなと思ってやったっていうぐらい。
コーノ妻
うん、なるほど。
うん。
コーノ
うん。いやいや、結構ね、だいぶ中に入り込んでる方やとは思いますよ。
そんなことないけど。
なんか、その、場所が近いから。
開発者とネットワーク
コーノ妻
開発者の人とってことですか?
コーノ
そうそう。
うん。
コーノ妻
行ける距離やから。
コーノ
うん。
うん。
てか、そういう、なんか呼んでもらえるっていうのもあるから。
そうですね。
コーノ妻
で、ここから来てもらえるっていうぐらいじゃないかな。
コーノ
ぐらいなんかなぁ。
コーノ妻
と思ってるけど、俺は。
コーノ
そっかぁ。
うん。
うん。
コーノ妻
だから、そういう機会に恵まれている場所。
そうですね。
うん。
まあ、前からのお知り合いっていうのも、強いとは思うけど。
うん。
うんうんうん。
そうかぁ。
どんな感じですか?
なんか、飽きてるけど、とりあえず続けてみようって思えてるんですか?
コーノ
うん。
コーノ妻
っていうのはその同じことをやるのがつまら なくなっているだけじゃなく新しいこと
するんですけどがやって走ったりとか あの配信の仕方をちょっといろいろ
コーノ
いろいろ試してもいいなだからその俺は モリッシーさんを真似してちょっと小話を
したりをしてて あの寒いやつそうそうあれは完全になくない
コーノ妻
かなと思って自分で探しだああああああああ リッシーさん
コーノ
フューチャーやったんですねじゃあ うんきっかけはでも全然同じようなことを
やってねそのオチをつけるとかそれも全然 してないけどなんかこうそういう感じの
ことをやってみようと思ってやったけど 玉がないからもうもうないなと思ったけど
めっちゃ好きでしたよ 辛いしかないっていうだからなんかそういう
こう
入って読み上げるって言うんやったらそう いうハードルもないからまあまたそこに
戻れるかなと思ってるけど あの別に
たまとかないからいつでもできるし 走りに行かんでもいいしだから俺走ってる
時もこれも喋ることないなと思ってもう なんかやらへんかもしれんから
喋ってる時に他の考え方もできないですか
コーノ妻
でしゃべってごめんなさい
走ってる時走ってる時にあの走ってること 以外の
ちょっとなんか思いついたことしゃべる みたいな
んだ思いついたことを喋るみたいなそう できるかああ
コーノ
俺は用意したことしか喋るんですよだいたい 体操あとはそのリアクションしかビル
コーノ妻
そうですねー なるほど
コーノ
自分からなんか喋ろうと思ったら ならテーマを準備して用意しておいてそう
コーノ妻
ねー お題をない
コーノ
お台お台お台とか お台とか誰かよおれもそれも即興では俺無理
コーノ妻
なんかその よく果てなとかやったらさ今日のお題
みたいなブログネスあるやんああいうのが 前もって今日のお題みたいなが常に毎日
ディスン上でもあったら 考えるんですか
コーノ
じゃあ即興では6位 走って前にそのダイオーを出されて足
コーノ妻
スライドに考えながら喋るとできない ああああああ
コーノ
全部、頭の中で一通り考えて、 アウトプットしたやつをシャドリングしかできない。
コーノ妻
じゃあ、結構時間かかるね。 それはそれで。
時間かかるし、走る必要ないからな。 それで終わってまうから。
ああ、そうですか。 別に、お題はいらない? じゃあ、そんな。
コーノ
でも、怪談版はそれに近いんじゃ?
コーノ妻
ああ、確かにそうですね。 でも、怪談版は怪談版として回ってくるみたいな楽しみがあるから、 回ってこなかったら。
コーノ
でも、俺、あれ苦手やねん、そもそも。 あったけど、バトンとかでも。
ああ、バトンね。
今でも、全然回ってくるとか関係なく、 拾って答えてるっていうのはあるやんか。
それで別にいいと思うし。
うんうんうん。
で、回ってきたやつを答えるっていうのが、 俺は苦手やし、回すっていうのもちょっと苦手。
コーノ妻
まあ、わかる気はします。 私もバトンの時はそうでした。
コーノ
そうそう。あまりにも興味ないテーマに、 何も返せないとか、全然あるから。
俺の場合は、特に食べ物系とかが。 そうだね。
全然興味ないから。 そうだね。
だから、そういう縛りがあると、
コーノ妻
喋りにくいことの方が多いのかな。
コーノ
まあまあ、そうやろうな。
外して喋っていいんやったら、多分いけると思う。
コーノ妻
連想で。
難しいね。お題考えるの難しいね、それは。
コーノ
いやいや、別にだから、お題はこう来たけど、 これでちょっと別のこと喋りたいみたいな。
コーノ妻
まあ、別にはいいんじゃないの?それは。
そういうのやったらいけるかもしれんけど。
全然、そのお題のこと、全く喋ってないや、 みたいな感じになりがちってことだよね。
コーノ
ただの連想みたいな。
SpotifyとPodcasters
コーノ
連想やったら、また喋れるかもしれんけど、 お題についてっていうのは、
何もないっていうことが、きっといっぱいあるから。
そうか。うん。
コーノ妻
まあまあ、いろいろ思いついたら、 新しい取り方を試していくんですね。
コーノ
いや、わからんけど。先のことはちょっと。
コーノ妻
先のこと、全然わからない人ですもんね。
コーノ
決めないから。
決めないから。決めたくないし、決めれないし。
今しか見えてない。
コーノ妻
今を生きているんで。
はい。
そうですか。
コーノ
なんか、みんなリスに要望みたいな、 言った関係の、特にないですか?
うーん。要望は。
コーノ妻
私でも、みんながよく言ってはる、 後で聞くリストみたいな、
そういうリスト化ができると、 うれしいなとは思いますけど。
コーノ
いらないですか?
コーノ妻
うーん。
コーノ
そんな使わない?
コーノ妻
うん。使わない。
コーノ
使わない人もいる。
うん。そうやな。
まあ、ブックアップの方がまだ、 うんうんうんうん。
その、今一緒なんやけど、結局。
コーノ妻
そうね。機能としてはね。
コーノ
そうやな。
特に、そういうのって、 普段から思ってるっていうよりは、
なんか、その不便とか、 こんなんあったらいいのにって、
コーノ妻
思ったときに出てくるもんやから。
あんまりだから、そういうのは。
結構、思いついたら、言えることは、 ディスコードでも伝えてるでしょ?
コーノ
うーん。言ってるけど。
コーノ妻
それ以上は、特にないってことやね。
コーノ
今んとこは、もう別に。
機能ってのは、何なのかな。
コーノ妻
欲しい機能?
コーノ
欲しい機能っていうか、 実装できる機能っていうのが。
コーノ妻
実装できるかどうかを、 別としてみたいな、あるんですか?じゃあ。
コーノ
えー、いやいやいや、その。
あるんかな、どうって、そもそも。
どんなんがあるのかなって。
あんまり、この、パターンがわからん。
コーノ妻
あー、まあね、その、 業界の人でもないしね。
コーノ
まあ、業、うん、そうだけど。
コーノ妻
うん。
使い勝手的な。
なんか、これが不便とかも、 別に今、ないですか?
これが不便?
コーノ
いや、なんか、その、近藤さんは全然こう、 まだアプリをやるつもりがないやんか。
はい。
コーノ妻
やりたくてもできないみたいなね。
コーノ
開発リソースが足りないっていう。
だから、アプリやったら、 できることがいっぱいあるやん。
はい。
それこそ、ダウンロードとかもそうやし。
コーノ妻
そうね。
コーノ
うん。その、ダウンロードっていうのは、 何ていうのかな。
保存しておいて、
うんうん、外で。
外でっていうか、 消費しない形で聞くとか。
コーノ妻
はい。
社会環境じゃなくても、ストレスなく聞ける。
コーノ
うん。だから、そんなんは、俺は、 アプリではよく使ってる機能やから。
コーノ妻
うんうんうん。
コーノ
うん。あとは、その、録音。
はい。
そのアップロードも、多分。
うんうんうん。
その、えーと、アプリやったら、そのリソース内で、 うんうんうん。
データを保存して、 はい。
アップロードするっていうのはできるから、 うんうんうん。
その、録音ボタンで、 うん。
データがなくなるとか、そういうのも気にし、 気をつける必要もなくなる。
はいはいはいはいはい。
あの、ちゃんと録音されてるかどうかみたいのは、 うんうん。
あの、なんやろ。その、スマートフォンの、 うん。
メモリというか。
はい。アプリの。
うん。中の、その、ストレージの中で保存されるから。
コーノ妻
はい。うんうんうん。
で、アップロードは、Wi-Fi環境で、 したらいいようにできるから。
コーノ
いやいやいや。
コーノ妻
あれ?
コーノ
違うの?
あの、その、Wi-Fiがどうとかじゃなくて、 はい。
単純にその、今、えーと、
ブラウザで、録音ってできるやんか。 はい。
でも、あの、録音したやつって保存されへんよ。
コーノ妻
はい。あー、そうですね。データ消えるかもしれない。
コーノ
そうそうそうそう。
で、あの、それこそ、通信がないとこで、 それをやってしまうと、
うんうんうん。
あの、消えてまうやんか。 はい。
ないとこというか、通信、なんか、それこそ、 地下に入ったりとか、
はいはいはい。
電車とかで、乗っててとか、
はい。
なんかその、通信が、遮断されたときに、 はい。
データが残らへん。
はい。
でも、アプリで録音してたら、 うん。
スマートフォンの、ストレージの中で録音してるから、 それが消えるってことはないやん。
コーノ妻
なるほど。
コーノ
うん。その、中の話やから。
コーノ妻
はいはい。
コーノ
だから、そういうのとかも、 うん。
心配がなくなるし、 うんうんうん。
で、その、うん。
ネットワークでやってるわけじゃないから、 うん。
その、アプリの機能で録音して、 アップロードするっていうものやから、 うん。
なんか、そういう、その辺は安定するなと思って。
コーノ妻
まあ、確かに。
コーノ
この、録音アプリをわざわざ使ってるから、今。 そうね。
うん。だから、それが一緒に、 うん。
一緒になれば、そりゃ楽は楽やし。
なるほど。
で、そこに、その、ノイズ消すとか、 はいはいはいはい。
その、ラウドネスとか、 はい。
一緒になってしまったら、そりゃ楽やし。 はいはいはいはい。
でも、なんかそういうのは、 うん。
また違う話やなって、今思ってるから。
でも、アプリがあっての話やから、全部。
コーノ妻
まあまあまあ、そうですね。 うん。
まあ、その、使い勝手、 理想的な使い勝手を言うと、
そうなっていくってことやね。
コーノ
うん。だから、録音、そうやな。 うん。
録音アプリと一体化するのが、 一番、そりゃ楽やから。
コーノ妻
まあね。 うん。
よっぽどの、ね、
開発費と人材が必要な、ことになってくる。
コーノ
まあまあ、全然違うもんやから。 うん。
その、それぞれは。 うん。
それだけで完結するものやから。 うん。
うん。
その、費用とか、 うん。
っていうよりは、そもそも難しい、
やろうなと思うし、それをまあ、 うん。
一緒にするとか、組み込むとかってなると。
コーノ妻
だから、あれですか、その、
Spotifyでね、結構やってはる人も多いけど、 うん。
PodcastersのアプリとSpotifyが 一緒になってるってことですか?
コーノ
うん?
コーノ妻
言ってる、その、なんか、 一つのアプリで完結させるっていうのが。
コーノ
まあ、俺、使ったことないけど、 うん。
そのSpotify Podcasters、 うん。
でも、あれ、一応録音はできんのか?
コーノ妻
できる、できる。
コーノ
あれ、できる。 うん。俺、やったことないから、
わからんこと。 ああ、そうか。
コーノ妻
できるし、音を、BGMを合わせたりとか、 そういうのが簡単にできて、
コーノ
うん。
コーノ妻
配信はできるけど、聞くのは、 またSpotifyで別のアプリやん?
Podcastersは、配信用であって。 うん。
コーノ
うん。まあ、Spotifyは、 そもそも音楽聴くアプリやもんな。
コーノ妻
うん、そうそうそう。
リスの規模とユーザー増加
コーノ妻
あ、でも、その、言ってる理想的なやつっていうのは、 全部を一つのアプリにするっていうのは、
録音、配信もできて、 聴きもできるっていうやつですか?
コーノ
まあまあ、そういうふうになるけど、 うん。
ただ、えーと、今のリッスンに、 はい。
録音機能が、 はい。
その、なんていうかな、そのブラウザ上でっていうよりは、 うん。
そういう、ストレージとかも、 はいはい。
なんか、含めた、 うん。
やつでできたら、 うん。
あの、楽やなっていうのは、 はい。
あるけど、 はい。
別にだから、それは全然違う話になってくるから、 そうなってるけど、 うん。
うん。
あのー、
ある程度、いろいろ、で揃った上で、 じゃあ、アプリ化しましょうかってなった時に、 うん。
じゃあ、こういう機能とこういう機能と、 これは必要やねって言って、 はいはい。
なんか、始められるようになるみたいな、そういう、 あー、そうですね。
なんかこう、 うん。
コーノ妻
あんまりこう、それを、 うん。
コーノ
こう、希望としてあげるのは、 違うかなと思うから、
コーノ妻
まあまあ、まあ、すごい純粋なユーザーの、 なんか、夢みたいな感じで、言っておくだけでいいんじゃないですか、じゃあ。 うん。
コーノ
いや、まあ、そんなんは、そりゃそうだろうって、 多分、なるからな。
コーノ妻
まあまあね。 うん。
うん。
コーノ
なんか、そういうのを言い出すと、やっぱり、こう、 はい。
どんどん外れていってしまう気がするから。 あー。
コーノ妻
その、ど、どういう? 外れ方。
コーノ
えーと、なんやろ。
はい。
リッスンに求める機能として、 はいはい。
どんなんがいいかっていう、 質問から外れていってしまう。
あー。
コーノ妻
リッスンじゃない。
あー、リッスンじゃなくてもいいやん、 ってことになっていくってこと?
コーノ
違う違う違う違う。
コーノ妻
え?ってこと?
コーノ
もう、それって、 はい。
コーノ妻
別のもんやん、っていうのだから。
あり、んーと。
別のもん。
コーノ
うん。
うん。
あの、なんていうのかな。
その、だいぶ先にありすぎるっていう。
コーノ妻
あー、はいはいはい。
今の段階で、あげることではないっていう。
コーノ
んーと。
はい。
今の段階であげるっていうよりは、 うん。
あの、いろいろやっていった結果として、 そういうものが出来上がるってことは、
ありえるかもしれんけど、 うん。
その過程を、 はい。
はい。
飛ばして、 はい。
その先の話を言っても、 はい。
あんま意味がないから、 その積み上げの部分を、
コーノ妻
そう。
コーノ
言っていいかな。
あ、なるほどね。
いや、うん。
コーノ妻
上げていくもんじゃないかなって思う。
コーノ
あ、そうですか。
コーノ妻
うん。
コーノ
はい。
だって、そんな先に行くまでに、 うん。
コーノ妻
やることいっぱいあるから、 はい。
コーノ
うん。
いきなりその、なんか、 こんなんがあればいいって言っても、
たどり着くまでの話がないのに、 うんうん。
急にそんなんは、やらへんのって。
コーノ妻
っていうことは、そのたどり着くまでの、 その間の案っていうのは、
ちょっと具体的には分かんないですってこと?
コーノ
具体的には分かんないっていうよりは、 うん。
別にないっていう、 ない。
ないよ、だって。
コーノ妻
ない。
うん。
他のユーザーの人が、 あーだこーだ言ってるのを、
こう、
見守る。
コーノ
うん?
いや、
何の話?
コーノ妻
いやいや、その、どういう要望があって、 どういうふうな機能を追加していくかみたいなのは、
他のユーザーの人とかが、すごいこう、 言ったやつが実装されたりとかしてるやん。
コーノ
うん。
コーノ妻
それを、なんか別に、それ以上、 自分がなんか思いつくことはないけど、
とりあえず、その、みんなが、 あーだこーだ言ってるやつを、
が積み上がってる、 その過程ってことやん。
あれ?
ん?
積み上がってる過程?
そうそう、なんか、その、 一つ飛ばしで、
やりたい、やってほしいことを言うとかじゃなくて、 その積み上げが大事っていう話をしてたやん、今。
まあまあ、その過程がないと、 その先にはたどり着けへんから、
コーノ
その、それを飛ばして、 先の話を言っても意味がないなっていう。
コーノ妻
その過程の話は、もう他のユーザーさんと、 近藤さんたちがやりとりしてるのが、
その過程なんですね。
うん。
近藤さんたちがやりとりしてるのが、 その過程ってことですか?
コーノ
いやー、まあ、そう、そうなんちゃう?
はい。
まあ、俺もだから、希望出したりしてんねん、普通に。
あー。
うん、もうだいぶ前やけど。
コーノ妻
はい。あの、スクロールのやつとか?
コーノ
スクロールは、他の人がやったんちゃうの?
あー。
言ったんちゃうの?
コーノ妻
まあまあまあ。
都度、言ってるということで、 今は特にないってことですね。
コーノ
うーん、ないーけどな。
でも、なんか、もうなんやろ。
そういうのって、
コーノ妻
結局、なんか、近藤さんがどうしたいかっていうのが、 大きいから。
あー。
コーノ
うん。
近藤さん、どうしたい、どうしていきたいんでしょうね、 リスを。
どうしたんやろな。
コーノ妻
うん。
それ、最後にまとめて、 なんか言ってくれるんですかね、25日に。
あんのかな?
わかんないです。
あんのかな?
コーノ
うん。
近藤さん、とりあえず、最近はだから、 うん。
その、収益化のこととかは。
コーノ妻
あ、そうですね。
今日発表されま、今日っていうか、 あの、20ですね。
これ、前撮りしてるんで。
うん。
20日の日に、お知らせで、 そういう有料プランが発表になりましたね。
へー。
コーノ
はい。
だから、そういうことは考えてはるけど、 うんうん。
なんか、そのサービスをどうしていきたいかっていうのは、 うまい。
なんか、人数を増やしたいとか、 まあ、そういうのは言ってはるけど、
そうね。
あんまりわからへん。
コーノ妻
え、わかんないですか。
コーノ
え、その、サービスをどうしていきたいか。
コーノ妻
あー。
まあ、未知数やから、育てたいみたいなのが あるんかなって思うんですけどね。
どうなっていくか、自分でもわかんないけど、 うん。
なんかこう、すごい面白くなりそうみたいな、 手応えはあるみたいな感じなんですかね。
コーノ
いや、なんか、だからその、フェーズというか、 はい。
状況が変わって、なんかこういう風になってるんやったら、 うん。
こういうとこを活かしたいとか、 なんかそういうのが多分出てくるやんか。
はい。
だからこういうのが、 うん。
面白いとか、 うん。
こういう使い方したら面白いとか、 うんうん。
だからその、サービスがどうなっていく、 うん、なんかそれこそあれちゃうの。
こういう日記、 はい。
やったら、 うん。
まあ、こういう日記っていうジャンルが もっと広がったらいいとか、 はいはい。
そういう風な、 うん。
理想はあるんじゃん。 うんうんうん。
なんかこう、手軽な、 うん。
あの、会心としてとか、 うんうんうん。
うんうん。
サービスがどうなったらいい、 リッスンがどうなったらいいっていうのは、
あー。
機能的なもんじゃないってことだから。 うん。
機能はだから後からついてくるかもしれんし。
コーノ妻
場を作るっていうのが、やりたいこと。 うん。
コーノ
だからそのためにどうやって人を増やすか みたいなことを、
うんうんうん。
ずっと言ってはる気がするし、 うんうんうんうん。
うん。
だから規模が欲しいとか、 言ってはるやん。
規模? 規模。
コーノ妻
規模が欲しい。 うん。
コーノ
今は全然規模がちっちゃいから、 あー、そう。
コーノ妻
ユーザーとしての、 はいはいはい。 うんうんうん。
規模ね。 うん。
ユーザーによる提案と積み上げ
コーノ妻
うん、広がり方も大事な気はするもんね。
コーノ
ユーザーがどう入ってくるかみたいな、 なんか。
まあそれも言ってはるしな。 うんうんうん。
あの、いっぺんにガッとっていいよりは、 うん。
もうちょっとずつ大きくしていきたい、 みたいなのが。
コーノ妻
そうだね。
そうですね。
と、なんでしょうね。
なんか、いつまで続けるんでしょうね、 こういう日記。
コーノ
誰は?
コーノ妻
あなたが。
そう。
なんか、すごい、こう、 古の住人みたいな感じで、
ずーっと細々とやるんですかね、 はてなブログのように。
コーノ
いやいやいや、やらないと思うよ。
コーノ妻
やらないんですかね。 うん。
だって、なんだかんだで、 ブログ、何年続いてましたっけ?
コーノ
え、だいぶ途切れでも。
あ、そうなの? うん。
え、その数ヶ月途切れるとかもある? あ、全然あると思う。
コーノ妻
あ、そうなんですか。 でも、また、まあ、全然書いてるじゃないですか。
コーノ
あ、だから、ナミがあるんだって、俺は。
コーノ妻
え、そのナミを乗り越えながらも、 やめてないやん、アカンって。
コーノ
やめてるものは、いっぱいあるで。
あ、だから、ブログはやめてないやん? うん、残ってるけど。
コーノ妻
何年でしたっけ?
コーノ
何年かな?
え?
え、あんま分からんけど。 え?
コーノ妻
そうですか。
コーノ
2000何年とかやね。 うん。
コーノ妻
でも、だから、20年近くとかに なってくるんじゃないですか?
コーノ
そこまでいかへん? ないかんねん。
そんな前からないから。 15年とかですか。
コーノ妻
うーん。
コーノ
結構やね。
え、分からん? それが何なの?
コーノ妻
いやいやいや、あのー、なんか別にドハマりしてる方が、 すぐちょっと飽きてやめちゃうとかあるかもしれないけど、
なんとなくやってるみたいな方が、 案外、サービスを使い続けるユーザーなのかなって 思ったりしてます。
コーノ
うーん。
収益化とサービスの将来
コーノ妻
全然。
コーノ
うん。
だからその、今の感じも、リッスンどうなのかな? 分からへんからな。どうなっていくんかな。
コーノ妻
あー。別にでも、どうなってほしいとかも ないんでしょ?
コーノ
どうなってほしいは全然何もないよ。 ある?そんな。
コーノ妻
いや、いや。あ、でもなんかね、その、 近藤さんが言ってるような、結構、あの、
もっと人がワイワイ増えつつ、心地いい、 その、ゆるいつながりみたいなのが保ってる、
あのー、なんでしょう、SNS的な感じの場になると、 なんか、そういうサービスがあるのはいいなとは思う。
うん。 うん。
あんまイメージ分かへんからな、そんなこと。 あ、そうですか。
コーノ
え、あんまないやん、だって、そんなの。
コーノ妻
いや、あんまないけど、あんまないところが、 新たに生まれたらいいやん、って。
コーノ
うん。だからイメージ分かへん。
コーノ妻
分かへん。
そうですか。
コーノ
うーん。だからその、一部で使ってる、 ユーザーが残るみたいなのは、
はい。
全然、あるけど、その、ツイッターでも、 フェイスブックでも、
コーノ妻
はい。
コーノ
その、インスタグラムでも。 うん。
まあ、だからそういう、なんか、一回こう、
山を迎えたやつは、 はい。
だいぶこう、されていってるやんか。
コーノ妻
まあ、そうですね。 うん。
コーノ
うん。だからその、なんかこう、 山のとこしか見てないから、
うん。
その、両立みたいなのは、 イメージがあんま分かへん。
コーノ妻
うーん。難しいよね。
ある程度、収益化をしないと、 サービスって続けられへんから、
なんかその、なんか、ミクシーとかさ、
もう、みんな使わなくなっていったけど、 残ってる人は延々と、
ネットコミュニティの盛り上がり
コーノ妻
使うみたいな噂を聞くんやけど、 うん。でも、それは破綻してると思うよ。
え、それ、なんか、そういう、あの、 みんながいるからとかっていうよりかは、
なんとなく、今ぐらいの感じで、 ぼちぼち、楽しめるみたいな、
サービスは、やっぱ、まあ、 居心地はいいわなって思う。
コーノ妻
みんながいるからって思う? え?
ツイッターとか、インスタとか、 もうその、いいねの数を競い合うみたいな、
そういう、なんか、人がすごいわっているから、 うんうん。
そこに行くっていうよりかは、 いいねとか別にどうでもよくて、
ちょっと、ちょっと、なんか、 その都度見知った人がいるみたいな、
ゆるい感じの、 うん。
その、あんまりこう、 自己顕示欲を感じないような、SNS感。
コーノ
うん、だから、なんか、それが、だから、 俺は、なんか、全然イメージわかんない。
コーノ妻
いや、難しいと思うんですよ。 その、そういうのが。 うん。うん。
コーノ
その、人が多いっていうのと、 両立してる状態っていうのは。
コーノ妻
あ、そうそう、だから、む、難しいと思うんですよ。
でも、なんか、それが両立したら、 一番、幸せやなって思う。
コーノ
うん。
コーノ妻
人いっぱいいるし、なんか、みんな、 それぞれが、それぞれ、なんか、
ハードル低く楽しんでる感じ。 うん。
あると、平和でしょうねって思うけど、 難しいやろなと思う。
コーノ
両立せへんじゃん。
コーノ妻
うーん、まあね、人が集まれば集まるほど、 多分、そりゃ、難しくなるとは思う。
コーノ
うん。 うん。
コーノ妻
まあ、なんか、そうね、場を、 維持できる程度には、
コーノ
増えてほしいみたいなのがある。 うーん。
あんまり、だから、その辺も、 なんか、調整がきくもんじゃないから。
コーノ妻
うん。そうそうそう。そりゃ、そりゃそうですよ。
増えるにしても、増えないにしても。 うん。難しい。コントロールは、なかなか難しい。
うん。
まあ、でも、その、そういう場になったらいいな、 みたいなもあります。
コーノ
うーん。なんか、その、今まで、その、 基本的に、そういう、ユーザーを、こう、
増やすみたいな、で、うまくいったやつって、 えっと、マネタイズできるか、
はい。
まあ、ほんま、横のつながりか。 うん、うん。
どっちかで、で、なんか、えっと、ま、iPhone以降って、 うん。
その、結構、その、ブラウザのサービスで、 うん。
爆発的に人を伸ばすっていうのは、 俺はあんま、知らないのかな。
ノートとかはそうだったけど、 はい、はい、はい、はい、はい。
でも、ノートは、お金を稼げますよ っていうので、それに取りついた人が、
いっぱいいた。
はい、はい、はい。 いい印象してる。 うんうん。
うん、うん。
インション
アプリその時ノートのアプリってなかった
だいぶ後になって
使えるアプリが出てきて
でもそれまでに結構ユーザーは獲得できてきたけど
俺は人を増やすのだったら
アプリがどうしてもいるなと思ったから
最初からそれは思ったから
スマートフォンでしか使わない時代に
ブラウザのサービスが
すごい伸ばすのって
結構大変やろなと思ったし
でも開発環境が
アプリの開発環境じゃないから
いきなりそれやるのが難しいっていうのも
あるんやろうけど
だからその辺の
多分アプリやるまで
俺はそんな人は増えへんと思う
コーノ妻
そうですね
逆に言うとアプリが出たら
コーノ
だいぶ違った層が割って入りそうな気はする
広がり方とかも全然あると思うけど
一般人はそっからしか入ってこないと思うから
コーノ妻
まぁそうですね
コーノ
ブラウザのサービス使うっていうのは
みんなやっぱり
ある程度似てらしいがある人ばっかり
どうなの?ピクシブとか アプリだけでやってる人はいいのか?
今はいるんじゃないかな? 書くのやで
コーノ妻
だってiPhoneで指で書いてる子とかいるから
コーノ
そういうぐらいのイラストやったらそうなのかな
コーノ妻
結構それぐらいの層が広がってるとは思う
コーノ
そっかぁ
コーノ妻
でもピクシブだってめちゃくちゃ歴史が長いんで
でも確かにブラウザーだけの状態だからこその平和みたいなのがある気がする
今の状態を保ててるのはアプリ化してないことやと思う
コーノ
そうですね
だいぶ大きいと思う
コーノ妻
大きいやろね
コーノ
むしろそれで連ねた方がいいんかな?
いやーわからんけど
今日かな?
今日初めて
サンドFMの画面を見てるか?
見たことある?
ない
結構できること全部やってる感じやねん
そうなんや
それで使ってる人も多分多いんやと思うけど
もちろんアプリもあるし
カテゴリーってすごい分かれてたりとか
これと同じことやってたら多分その程度までしかいかへんやろなっていうのがやっぱり
自分で独自の方向で見つけていかなあかんやろなっていうのは
なるほど
スタンドFMでできることやるんやったらスタンドFM使うから
コーノ妻
確かにね
もうすでに十分機能が揃ってて安定してるっていう
コーノ
これ収益化機能が付いてたりとか
コーノ妻
はいはいはい
コーノ
ライブ機能があったりとか全然使ったことないからわからへんけど
うんうんうん
でタイアップとかもしてるじゃん
コーノ妻
はいはいはい
コーノ
芸人とかの
コーノ妻
うん
コーノ
なんかそうじゃない方向で
コーノ妻
うん
コーノ
どう広がるのかっていうのが
はい
多分ポイントなんやろね
コーノ妻
ポイント
うん
スタンドFMは配信者同士が繋がるような要素はない?
コーノ
分かんないもん使ってないもん
コーノ妻
なんかそのスタンドFMでやってたら
やってましたみたいな人がリッスンを使いだして
こっちの方がなんか繋がって楽しいみたいなのを
言ってる人がいたようないなかったような
うんうんうん
なんかそのリスナーからの反応っていうのはやっぱり
スタンドFMはいろんな人が参加してるからこそ
コーノ
むしろ埋もれて難しいとかはあるのかもしれないよね
うん
アプリとブラウザのサービスの違い
コーノ
人数が多いとかもあんのかもしれんし
うん
なんかあとそういう芸能人とかが混ざってしまうと
はいはいはい
その芸能人とファンっていうこう構図が分かれてしまうというか
うんうんうん
コメントだけする人は配信はせえへんし
コーノ妻
はいはいはいはい
コーノ
でその何やろ誰か分からん人にするコメントっていうのが
うん
すごい消極的になる
うんうんうん
やったらこうコメントしやすいみたいなのとか
コーノ妻
うんうんうん確かに
コーノ
とかもあると思うし
うんうんうん
なんかその辺のこの規模感のちょっと敷居の違いみたいなのが
だいぶあると思うけど
コーノ妻
そうやろね
うん
うん
ちょっとなんかこうだいぶ公やけすぎるみたいな感じの感覚になるのかな
コーノ
うーんどうなんやろな
まあだから多けりゃいいってもんじゃないっていうのは多分
そういうとこになるんやと思うけど
うんうんうん
そういうのがあると追いかけられもせえへんしどれ見ていいかも聞いていいかも分からんしみたいなのが
コーノ妻
そうね
コーノ
全然あるし
コーノ妻
うんうん
コーノ
なんかそので盛り上がってるやつだけ追いかけても面白くないやん大体
ユーザーの特色と独自性
コーノ妻
そうなんですか
コーノ
えーそうやん大体
コーノ妻
わかんないでもそもそも追いかけないからわかんない
コーノ
いやなんか別にその何でもそうだけどyoutubeとかtwitterとかでもそうだけど
うんうん
なんかそのえーとなに
俺twitterのあのランキングなんていうのあれ
コーノ妻
あートレンド
コーノ
トレンド俺一切見ぇひん
ああそうなんね見ないね
うん面白くないから
コーノ妻
はははは
コーノ
その流行ってるやつも面白くないみたいなのが
はい
結構あるから
コーノ妻
うんうんうんうん
コーノ
なんかそんなんじゃないとこで
はい
多分リッスンは今
うんうん
盛り上がってる
うんうんうん
なんか誰かわからん人をなんかこう聞いて
はいはい
自分が発見してとか
うんうんうんうん
それこそコミュニケーションとって 意外とこの人面白いなっていうのが
多分目の届く範囲ぐらいの人数しか いい日から生まれてるっていうところがあるから
コーノ妻
規模大きくなったら難しいし 難しいね確かに追いかけれないし
コーノ
っていうのが多分既に他のサービスとかで 見えてると思うからね
コーノ妻
なるほど
コーノ
だからなんか 目指す方向性というか
自分がどうしたい? 自分がするというか
だからこういう方向を いいっていう特色っていうんやったら
こういうのは避けていこうみたいなのが 道を避けていく道みたいなのが
なんか見えてくるのかもしれないなと思う
コーノ妻
そうかそうか 避けた方がいいっていうやつも
意識した方がいいってことですね
コーノ
なんかある機能だし みんな欲しいから
とりあえずつけるみたいなのでも 別にいらんかなと思うし
ブックマークとかそういうのは 別に普通にあってもいいと思うけど
コーノ妻
うんうんうんうんうん
コーノ
なんか全くなかった機能で どう使われるか分からんようなとか
あとはほんまにユーザーが勝手に こういう使い方してんのを
取り込んでいくみたいな それこそリツイートとかもそうやったし
コーノ妻
はいはいはいはいはい
コーノ
元々Twitterに伝わった機能じゃないから
はいはい
だからそういうので
うん
こう独自性が出たら 一番いいんやろうなと思う
コーノ妻
なるほどね
コーノ
うん
コーノ妻
そっかー
いやーそれはもう今の時点では 誰にも分からないやつですね
コーノ
分からない分からない
コーノ妻
なんか不意に何か生まれる っていうやつやねそういうのは
コーノ
だからそういうのは多分Discordで
なんかユーザーがこんな機能欲しい
すでにどっか他のサービスで 当たり前にあるもの欲しいって
言ってるだけじゃなくて
コーノ妻
うんうん
コーノ
なんかこういう使い方してますとか
ああー
ロックオンとかもそうやったし
はいはい
音量レベルとかああいうのは
うん
なんか元々あるものかもしれんけど
コーノ妻
うんうん
コーノ
うんなんかそういうとこから
うんうんうん
形ができていくんちゃうのかなと思う
コーノ妻
そうかそうか
コーノ
うん
コーノ妻
要望とかを伝える以外にも
こういう使い方してますよ意見は割と
コーノ
うんうん
コーノ妻
参考になると
コーノ
えっそうちゃう?
そうなってるんちゃうかな実際今
うんうんうんうんうん
うん
コーノ妻
だから言ってない人も積極的に言ったらいいんじゃないかと
コーノ
まあまあ言ってる言ってないっていうのもそうなの
コーノ妻
だから
まあだから声日記とかで別にDiscordで直接言わなくても
うん
なんか自分は今こういう感じで楽しんでますみたいなを
なんかそういう話題とかは嬉しいかもしれないですね
コーノ
うんなんかそういうのは多分こう
こうやってるやつやと思うね実際
あ多すぎる
そのいやまああるっちゃあるけど
うんうんうん
一応階段版とかも独自性を出そうとしてるってことが
コーノ妻
あーはいはいはい
コーノ
なんかそういうことなんちゃう
そういうのがだんだんこう機能になっていくというか
はいはいはいはい
あのサービスの一部になっていくというか
うん
コーノ妻
うん
コーノ
それが何かっていうのはその時その時で
コーノ妻
うんうん
コーノ
変わるやろうけど
コーノ妻
うん
声日記の独自性と新たなネットツール
コーノ妻
まあそもそも声日記っていうものとかそうですよね
独自性といえば
コーノ
うん
うん
なんか声日記っていうものは
うん
どう形を変えていくのかみたいな
コーノ妻
あー
コーノ
そのリスンなりの
うん
なんかこうこういうものが声日記ですよみたいなのが
うん
だいぶこう固まっていってるというか
うん
あの特化していってる動画あるやんか
うんうん
そのすぐ撮って
うん
すぐ配信できるみたいな
うん
なんかその辺が
うんうん
なんかそれをやりやすいサービスになっていってるとこもあるし
うんうんうん
うん
なんかそういうのでどんどん
コーノ妻
うん
コーノ
独自性が出ていくようになって
うん
そうやね
コーノ妻
なんか一旦やっぱりさ声日記っていうときながらちょっとあの近藤さんとかはさ編集をし始めて音きれいにみたいになっていたけどいや違う違うみたいな感じで撮ってたしみたいなに立ち戻ったのはすごい良かったです
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うま過ぎる
コーノ
流れ Shake it
そうだね
そう
うん
うん
うん
うん
うん
うん
コーノ妻
うん
コーノ
うん
うん
コーノ妻
うん
うん
コーノ
他のサービスがどういう感じになってるとかっていうのも
結構リスツンとの違いというか
差別化っていう意味では
見たらよくわかんねやろなと思うけど
コーノ妻
そうですね全然知らなかったです
コーノ
なんか俺はだからそういう
恋日記的なものは
俺はラジオトークやったと思ったから
なんかこんなん昔あったなって
それはもう最初からアプリやったし
アプリでしかできひんやつ
むしろブラウザーはないというか
個人が短い時間で話して
そのままアップロードするみたいな
編集もしないのも全然あるし
全然誰かわからん個人のとこに
コメントつけたりとか
コラボとかも多分昨日あったの
アプリ上で
この人とこの人の通信を録音して
それをアップロードするみたいな
コーノ妻
配信するみたいな
コーノ
あったで確かそんな機能も
だからそれも俺はあんま聞かへんから
その出てきた当時俺は気になって
コーノ妻
使ったこともあんねんから
コーノ
あれが多分3年か4年ぐらい前と
コーノ妻
あそんなもん
コーノ
もっと前ちゃおうかな
3年か4年ぐらい前だと思うけど
それがどうなったんかとか
コーノ妻
ラジオトークというその中の文化
コーノ
何があかんかったのかとか
コーノ妻
あれってもうないんですか
知らん
コーノ
音があんま良くなかったよとにかく
それは俺はちょっと気になってて
聞くのが結構しんどかったなって
コーノ妻
音質の問題大きい
うーんなんかなわからんけど
コーノ
音質の問題なんか
その辺は
うん
コーノ妻
うん
コーノ
同じようなサービスじゃないけど全然
でも同じことをやろうとしてたんちゃおかなと思ってる
コーノ妻
そっかそっかすでに
全然通ってないから知らんままやと
コーノ
それが最初からそういうサービスですっていう風に
打ち出して特化してやってるから
コーノ妻
はいはいはい
コーノ
あんまりそのこういう使われ方をするからこっちに
とかそういうこと全然できひんかったし
コーノ妻
うんうんうん
コーノ
ただ多分そういうコラボ通話みたいなのやったら
後からできた機能だったから
機能の増えていったりは
してたんやと思うけど
多分ポッドキャスト
詳しい人だったら
知ってはると思うけど
俺はあんまり
ちょっと触ったくらいかあんま知らんけど
いろんなサービスがあって
何ができひんかってあかんかったとか
そういうのは全然
いろい