1. おもしろき こともなき世を おもしろく
  2. 露天風呂からこんばんわ
2024-03-30 11:46

露天風呂からこんばんわ

21 Stars 8 Comments

喰って、呑んで、風呂よばれて、寝て、至福!

↓こちらをおまーじゅ

#声日記

Summary

3月30日、声日記をアップしています。現在、和歌山県の白浜温泉にいます。風呂に入りながら、温泉を楽しんでいる様子を撮影し、露天風呂に入りながらの声日記をお届けしています。

Table of Contents

00:00
3月30日の、声日記をアップしようと思います。
家族旅行の企画
ただいまですね、今日はなんですけど、和歌山県は白浜温泉に来ておりまして、
こないだ、じゅんじゅんさんがね、風呂入りながら、温泉浸りながら撮っておったのをオマージュしまして、
本日、露天に入りながらの声日記という状況でございます。
いや、いいですね、昼間から酒を飲み、
ぐうたら寝て、風呂ばっか入り、しこたま飯を食いということで、
いやー、贅沢だ。
一日を過ごしております。
いやー、目の前にね、今海が一面に広がっておりまして、
ただ真っ暗で何も見えませんが、
いやー、上機嫌でございます。
でまぁ、なんで来たねんって言うとね、まぁちょっと今日は少し真面目に、
自分の録音としてちょっと残そうかなと思うんですけど、
今日はね、うちの家族と、それから
両親と、親父とね、おかんと、あとそれから弟と言うんでね、
半年ぐらい前から企画してたんですけども、
みんなで旅行しようかということでね、
来たわけでございますと。
うちからはね、めちゃめちゃ近いところなんですけど、
まぁ私、うちの娘たちが小さい時にもよく来たところですし、
なんだったら、まぁ私がね、小さい時にも親によく連れてきてもらったところなので、
なんか知らんとこ行くよりも、よく知っているところに来て、
なんかね、いろいろ思い出を振り返るとかってのもありかなと、
いうような格好でこの場所を選びましたっていうところでございます。
はい、
まぁね、なんでかって言うとね、実はこう、昨年っていうかね、ここのところ、
親父のね、とか、
お父さんとかお母さんの、特にお父さんとかですね、
友達がね、中学の時からの友達へとかっていうのがね、どんどん亡くなっていったり、
あとはそうですね、兄弟がね、
私のおじやおばがバタバタと亡くなりまして、
ちょっとね、両親ともに元気がなかったんですよね。
で、まぁ、
おじやおばの葬式なんか参加しながら、
墓石になってから何回も拝みに来てなぁ、もうなぁと、
噛みまくったなぁ。
墓石になってから、拝みに来ても仕方がないので、
健康年齢の寿命が尽きないうちにね、まだ、
動けるうちにと思いまして、ちょっと思い立ってですね、企画したってことですかね。
なんかでもこう、
今日はちょっとね、一緒に風呂入ったりとか、一緒に酒飲んだりとかしてたんですけども、
うーん、やっぱこう、おじい、おばあがね、
死ぬとかっていうのは、まぁ順番通りかなぁとかっていうとこなんですけども、
さすがに、なんかこう、長く一緒におった兄弟とか、
あと友達とかっていうのはね、
死ぬとかなり堪えるようです。確かにね、僕も友人の死別とかってないんですよね、今のとこまだ。
で、えーっと、なんと言いますか、
まあ、親父はね、私はね、泣き虫なんでポロポロ涙流すんですけど、
全く泣いてるの、本当に見たことがないんですけどね。
その分だけね、どうなんでしょう、なんか溜め込むんですかね。
すごくこう、悲しみを溜め込むみたいなところがあったりするのかなぁなんていうふうにね、
ちょっと感じる次第やったですね、話を聞いてると。
嫌ですね、また辛いことってあるんですね。 まあ早くにね、
もうそういう経験をされたという方もあるのかもしれませんけど、なかなかなんて言うんでしょう、
年取ってからのっていうのは、どうやらだいぶ堪えるようです。
なんかね、まあそういう、
そういうまだしんどさっていうのは、まだこれから年取ってもまだあるんかなぁっていうふうにね、
思ったりしたんですが、今日はどうなんでしょう。
本当にね、聞いたらなんか旅行どころか、温泉行くのも久しぶりだって言う感じ。
コロナのせいもありましたけどね。
とにかくね、家族勢揃いしたの、非常に喜んでいたのかなと。
写真撮影の感謝
あとまあ喜びで言ったらね、ちょっとここで感謝し、
あのね、あのお礼申し上げたいのはね、えーとハタモトさんと近藤さんですね。
前のLISTENイベントのね、二次会でカメラの話をね、すごく厚っぽくお聞きしたんですけども。
おっと湯が出てきた。
熱っぽくお聞きしたんですけども。
やっぱね、今までほとんどカメラ撮らないんで、
無性で、あとは格好悪いとかね、いろいろ思ってたんですけど。
いや、あのー、やっぱカメラ撮るべきやなってすごくね、思ったんで。
今回ね、みんな揃っての写真とかっていうのも撮れたんで。
すごいね、父親なんかは、親父はね、えらい。
喜んでたんで。
あーとね、照れてましたけど、でもまあ、こう、遺影撮らなあかんやないか言うてね。
まあ、照れましたけどえらい、喜んでたな。
でも今までやったら多分ね、撮ってなかったと思うんで、あの本当にハタモトさん、近藤さんね、
写真の素晴らしさっていうのをね、教えていただいてありがとうございました。
近藤さんにはさらにね、本当に近藤さんの原動力というか、おそらく、すいません、勝手に思ってますけどね。
「喜んでくれたら嬉しいじゃないですか!」っていうね、このいわゆるコアコンピテンシーっていうんですかね、行動源泉。
非常に確かにとね、思ったんで、喜んでくれたら嬉しいんで。
すごく今回もまさにそんな感じやったかなというふうに思いまして、記念に写真も撮ることができましたというところでございます。
いやいやいや、まあまあまあね、しんみりしましたけどね。
やれる時にやっとかんとっていうのはありますので、もしなんかこうね、俺も私もという人がいらっしゃったら、ぜひね、後に続いていただければと思います。
あとはね、そうだな、なんか印象的だったのはもうね、親父に関しては、もう何も楽しみないねんとね。
80、もうそすぐ80とかなんですけど、昔はね、68までバリバリと働いた親父でしたけど、その後は今もう何もやる気もしないし、張り合いがないっていうね。
一番嬉しそうに撮ったのがあれですかね、娘たちが将来どうしたいのっていうふうな話を声かけて、何々したいなんて話を聞くことにね、目を細めてましたけども、やっぱ未来のある人に自分ができなかったこととかっていうのをね、期待しちゃうっていうのは、今でも僕がね、そうなので。
もっといわんや、晩年に差し掛かっている方々からすると、そういうとこなのかなというふうに改めて勉強させていただいたっていうところでございますね。
というわけでね、いやー、すっごい贅沢な環境の中、どうやって終わろうかなって思ったんですけどもね、ただね、やっぱね、もうめっちゃいいんですよ。すいませんね、美女の入浴シーンじゃなくて、全く絵にならないんですけど。
まあ何がっていうとね、これな、前にも言ったから2回も3回も言うのはポリシーには反するんですけど、でもね、今こんだけ気持ちいいんでね、やっぱり温泉入るとオチ着くわ。ということで今日はこの辺で、それではまた。
11:46
21 Stars

Comments

パンダですかね?😆

白浜には大阪に居た時に何度かお邪魔して本当に癒されるいい空気感の土地だと思います。パンダ見て温泉入って美味い魚をいただいてといたれり尽せり。 何事順番と頭では理解しながらも色々と覚悟をすることが年齢とともに増えていきますね。18歳で家出てから40年以上離れて暮らして今は1500キロ彼方のため。

Scroll