1. ミドらじ
  2. #1 ミドらじ始めます
2022-04-13 14:34

#1 ミドらじ始めます

【パーソナリティ】

美堂 恭二(みどう きょうじ)

1987年生まれのサボリーマン。

以前はブログ・アフィリエイト・ライター業を中心にフリーランス活動していました。

現在は気ままにサラリーマンをやりながら、趣味活動を通じて「頑張らないで毎日を楽し過ごす」生活を楽しんでいます。

【番組概要】

当番組は「1日の中で1つだけ明るいニュースを届けたい」をコンセプトに美堂恭二がゆるりと雑談する番組です。

【配信スケジュール】

毎週土曜日のに投稿しています。

【よく取り上げるテーマ】

・映画・ドラマ作品紹介

・アニメ作品紹介

・ガジェットニュース紹介

エンタメ系の話題が多めです。

番組へのお便りはTwitter、専用のメールフォームからお送りください。

番組内で紹介させて頂きます。

【Twitter】https://twitter.com/midouradio

【メールフォーム】https://forms.gle/cQRMYMAvGXxBtgWd7

00:00
はい、はじめまして、美堂恭二と申します。この番組は、私の喋る練習と、何か一つ明るいニュースを伝えていこうかなと思ってテーマにしている番組になります。
タイトルは、ミドらじということで、ミド恭二がやっているラジオ番組ということで、ミドらじということになっております。
よろしくお願い致します。スタンドFMで、今回、ラジオ収録ですかね、音声配信をやっていこうとしたんですけれども、前回ですね、あの実は幻の0回目というものがありまして、
音声配信、ちゃんと録音ができているのかどうかだとかは、ちょっとですね、いろんなことを試しにやってみたんですけれども、今回、正式にと言いますか、第1回目ということで、ちょっとですね、今日から始めていこうかなと思います。
もしね、お聞きしてくださる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願い致します。第1回目ということで、今日は何を喋ろうかなといろいろと考えてみたんですけれども、
やはりですね、なんかいろんな人の番組聞いていたら、第1回目はやっぱり自己紹介やってるよね、みたいな感じだったので、今後ちょっとですね、自分の、私の話をちょっと紹介していこうかなと思います。
名前は先ほども言った通り、水道教授と申します。男性で、関東に住んでいるサラリーマンですね。年齢は30代ですね。
昔ですね、昔と言っても3、4年前とかなんですけれども、ブロガーでもありました。ブロガーでありアフィリエイターであり、こうやって音声配信でラジオで喋るみたいなことをやったりだとか、ちょっとした動画の編集をやったりだとか、そういうことをよくやってました。
今はちょっと最近そういうことはちょっとなかなかできなくなってきてしまっていたんですけれども、ちょっとですね、余裕もできてきたので、久しぶりにですね、まずは音声配信のところからやっていこうかなみたいな形で考えて、ちょっとですね、今流行りのと言いますか、手軽にできる音声配信ソフトとして、今回スタンドFMさんのアプリ使わせていただいて収録をしています。
昔ブログとかアフィリエイトをやっていた時代のことを言いますと、いろんなことを書いているとか、個人ブロガーであり、なおかつ取材みたいな形でどこどこのお店行ったりだとか、いろんな人のところ行って取材して、
03:16
記事にまとめて、いろんなサイトに投稿、寄稿って言うんですけれども、したいだとかして、ライター業も含めてやっていたっていう形になりますね。
そういった仕事もいろいろやっていて楽しかったんですけれども、収入面ね、やっぱり皆さん気になると思うんですよ。ブロガーとかアフィリエイターとかそういうライターでみんな独立して仕事をしていきたいって思っている方がいっぱいいると思うんですけれども、私も実は前はそんな感じで結構目指してやっていたんですけれども、
収入がですね、上下するんですよ、めちゃくちゃ。生活ができるレベルまで至る日もあれば、そうじゃない月もあったりだとかってことで、なかなかですね、それ一本でちょっと食べていくのは難しいなってことになって、やっぱりサラリーはやっとふっかみたいな、結局プチセミリタイヤみたいな、セミリタイヤっていうほどのことでもないですけれども、
復業をちょっとメインにやってて、過ごして独立じゃないんですけれども、それでネット系の仕事とかをやってたんですけれども、ちょっとね、やっぱサラリーマンをもう一回やるかみたいな感じで、なってで現在に至るみたいな感じですね。
で、仕事としてはそんな感じで、あと自己紹介、何があるかな。
今回のこの番組で久しぶりにラジオ収録をするんですけれども、特にですね、先ほどの冒頭でも言った明るいニュースを何かひとつ届けたいっていうことをテーマにしようかなって思ったのが、最近ですね、本当に世の中、暗いニュースというか、あんまり楽しいニュースって、
なんかないなーみたいなことを思っていて、まあ人によってね、そんなこと全然ないですよ、みたいな人もいると思うんですけれども、
まあなんかね、こう…
まあひとつ、何か面白い話だとか明るいニュースだとかっていうものを、なんか自分の中でも探して、それをちょっとね、お届けしていくっていうのも、
コンセプトにやっていったら少しは毎日が楽しくなるのかなーみたいなことを考えて、今回ね、やってみようかなと思いました。
ただそうは言っても、まあ色々と好きなものとか、趣味・趣向ってまあ自分も結構色々と幅広いと言いますか、エンタメ系だとかスポーツ系だとか、
06:13
あと最近だとあれですかね、YouTubeとかで流行っている投資系の話だとか、
あとビジネス的な話だとかっていうことも色々と調べたりとか、自分でもこういうふうにやったらもっと楽になったし、そういうふうにやったらちょっと楽に、
生きやすくなったみたいなのもあったりするので、そういったところをですね、話していこうかなーみたいなことを考えております。
そんなところで、自己紹介、何も考えずに始めてみたんですけど、やっぱ難しいですね。
色々と話したいこといっぱいあるんですけれども、まあおいよいですね、回を重ねるごとに何かね、紹介してこういうことを
やってますみたいな話をしていこうかなと思っています。
はい、では今回の明るいニュースと言いますか、ちょっと取り上げようかなと思っていたニュースとして、本日のお題なんですけれども、
今回エンタメ系のネタと言いますか、ニュースを、昨日入ってきたニュースで取り上げたいなと思いまして、
アニメですね、鬼滅の刃という作品の、アニメの第3弾ですかね、今度シーズン3の刀かじ編というものがですね、なんか制作されていて、
これからね、放送すること、映像とかね、ちょっと出てきたよっていうニュースなんですけれども、
時期とかはまだね、はっきりと発表されてはいないんですけれども、個人的な予想というか、なのはおそらく今年2022年の12月か早くて、
9月、10月のいわゆる冬クールあたり、秋か冬クールに放送されるんじゃないかなというふうに予想はしてます。
勝手な予想なんでね、全然どうなるかわかんないんですけれども。
でも今更ですよね、鬼滅の刃のテーマを取り上げるっていうのも、いきなりね、最初のテーマにしたらどうなのかなと思ったんですけれども、
昨日ね、夜中ね、チラチラとYouTubeだとか色んなの見てて、特報みたいな感じで入ってきたんで、来たなみたいな。
原作とかアニメの方とか映画の方も自分見ていたので、やっぱり最後までね、この作品は映像化にして終わらせて欲しいなっていうのがすごく個人的な願いで、
09:10
なかなかですね、ジャンプの…週刊少年ジャンプで連載してた作品なんですけれども、これの最後までアニメーションでちゃんと映像化する作品ってめちゃくちゃ少ないんですよ。
知ってる人はもちろんわかってると思うんですけれども、個人的にはこれだけ久しぶりに少年ジャンプ、少年誌でこれだけ大ヒットした作品があるんだったら、
久しぶりに最後まで責任を持ってアニメーションして欲しいっていう、本当に思ってて。というのもですね、話題の作品ってジャンプって色々とあるんですけれども、
中途半端で毎回終わるんですよ、アニメーションって。原作の方ではちゃんと完結するので、そっちを読んでくださいっていう話だと思うんですよね。
アニメーションってある意味広告みたいなもんなんで、広告宣伝費みたいな感じで、ちょっとだけ映像化して続き見たければ原作買ってくださいね、みたいな。
っていうのが出版社側からしたらそういう風に考えてるんだと思うんですけれども、いやいや待てよと。やっぱり映像化するってことは、それなりに映像化から入っていこうという読者の方がいるんで、そこはそこでちゃんとやって欲しいっていうのが思いなんですよね、個人的な。
ただまあ、原作も面白いけれども、アニメはアニメで、それでもいいみたいな。何言ってるかよくわからないですけど、なんですかね。とにかく鬼滅の刃に関しては最後までやって欲しいっていう風に思ってます。
一番なんかね、残念だったなって思ったのが、別の作品で約束のネバーランドっていう作品があるんですけれども、その作品がもう、何ですかね。第2シーズンまでやったんです、映像化は。アニメ化は。
けれど、シーズン2の終わりに関してはもう、原作のいろんなところを削って、一番これから盛り上がってくるぞみたいな大事なところを全部カットして、急に駆け足で最終回にまとめたっていう。
しかもそれもテロップ入れで、これから主人公たちはいろんな冒険をしたとか言って。で、結末だけを急に1分ぐらいでまとめてきたみたいな。
12:07
ああいう終わらせ方はやっぱりね、だいぶ当時批判も出たし、そこまでやるんだったら映像化しなくてもよかったんじゃないかみたいなっていう話もあったので、
そういうパターンにならないようにいってほしいなって思うのが、今回の鬼滅の刃という作品に対して個人的に思うところです。
で、いろいろと円溜めだとか、こういう作品だとかって結構久しぶりに自分も見てたんですよ。
そうは言っても数年かな?いろんな作品見てて、やっぱりジャンプだとか、マガジンサンデーだとかって少年、自分も学生時代の頃よく読んでたんで、
改めて今の話題のやつ読むと面白いなって思ってて、ちょっと暇つぶしに読んでるんですけれども、
いろんな超有名な作品とかいっぱいあるんだけど、またいろいろと喋りたいなって語りたいなって思うのがいっぱいあって、
そういうのも今後続けていくこのラジオで、ミドラジオの中でご紹介していけたらいいなと思っています。
ということで、今回は第1回ミドラジオを放送させていただきました。
久しぶりにこの一人でラジオ収録するのですごく緊張しますね。
全然早口だし、もっと昔は色々とキラクリやってたんですよ。
久しぶりにやると緊張しますね。
ちょっとずつこれから楽しみになっていくと続けていきたいと思っているので、
もし感想とか質問とかあって、もし聞きたいっていうか本当にあったら気軽いんですね。
レターとか送ってくれたら嬉しいなと思います。
では今日はここまでです。
明日もよろしくお願いいたします。
ではでは。
14:34

Comments

Scroll