1. メディアヌップ SIDE-B
  2. SIDE-B #023 サージェント・ペ..
2023-06-18 54:45

SIDE-B #023 サージェント・ペパーズだらけのレコード鑑賞会

ザ・ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のアナログ盤を41枚お持ちの鈴木さん(収録翌日、42枚目が家庭内から発見されました)。お宅にお邪魔して、聴き比べをさせていただきました。



This is a public episode. If you’d like to discuss this with other subscribers or get access to bonus episodes, visit www.medianup.xyz/subscribe

Summary

レコードの収集家たちが集まり、『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブファンド』のアナログ版を比較的する鑑賞会が開かれています。参加者たちは、鈴木さんの解説を聞きながら、サージェント・ペパーズの違いを楽しんでいます。レコードの音質やバリエーションについて話し合い、高級版や国別の版の存在も紹介しています。また、レコードのマスタリングやプレスによって音が異なることについても話題にし、UK、ドイツ、インド、日本、ニュージーランドの各国のレコードについて比較しています。このように、レコード愛好家たちが集まってレコードの鑑賞会を開いている様子が描かれています。そして、現在は日本版サージェント・ペパーズのレコード鑑賞会が話し合われています。

レコード鑑賞会の開催
sasakill
こんばんは、佐々木です。 今日お届けする企画は、ザ・ビートルズのサージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブファンドのアナログ版だけをひたすら聴き比べるという企画です。
収録したのは、2023年6月17日の土曜日。 東京は30℃の気温を超えた暑い暑い日だったんですけれども、そこに四五十代の男性が5人集まりましてですね、
中川 紀彦
鈴木さんというサージェント・ペッパーズ・収集家のオタクにお邪魔してですね、 違いのほどをぜひ聞かせていただこうという会を催しました。
本編を始める前にですね、参加者の皆様を簡単にご紹介したいと思います。 まず冒頭にご紹介した矢主でサージェント・ペッパーズ・収集家の、そして本編の中ではですね、レコードの解説をしてくださっているのは鈴木さんです。
その横でですね、音的には結構隣なんですけども、ハッピーな声を聞かせてくださっているのが石井さんです。
中川 紀彦
その横なんですけども、ちょっと低いトーンでですね、渋い声を聞かせてくださっているのが中川さんです。
で、またちょっと遠くからですね、 あこぎを弾きながらコメントしてくださっているのは愛香さんです。
で、私がこうちょっと酔っ払ってテンション高めにこううるさい騒いじゃっているのは私なんですけども、ちょっとそのへんご容赦いただければと思います。
sasakill
はい、というわけでですね、あとはひたすら何とか編集してみましたが、基本的には酔っ払ってレコードをかけているだけの会なんですけども、
中川 紀彦
サージェント・ペッパーズの違いを喜ぶ大人たちということをですね、ちょっと記録に残させていただきましたので、楽しんでいただければと思います。
それではどうぞ。 メディア・ヌップ。
石井 正宏
これ奥さんにバレてないの?
鈴木 智昭
いや、なんと、もう分かってると思う。
石井 正宏
なんか見るな、これ。
sasakill
で、ニンバスバンドはいくらぐらい?
今?
鈴木 智昭
昔買えばあれですけど、今買えますか?
でもユニオンとかだと、
20万ぐらい?
愛甲 慎一郎
30万ぐらい?
石井 正宏
あ、そんなんじゃねーよ!
愛甲 慎一郎
どんどん上がってるってことですか?
中川 紀彦
オーディオ買えるじゃん。
鈴木 智昭
これ日本の、日本のオリジナルって実は持ってないのかな?
愛甲 慎一郎
日本のオリジナルってどういうタイプなの?
石井 正宏
一番最初のAPバンドですね。
愛甲 慎一郎
企画版の。
鈴木 智昭
AP持ってないのか?
持ってないかもしれない。
sasakill
41万円持ってても、まだ持ってないのかな?
愛甲 慎一郎
いや、全然全然あると思いますよ。
sasakill
まだ?
鈴木 智昭
まだある。
sasakill
4,5倍あるんじゃないですか?どうなんですか?
4,5倍しかないんだってことで。
愛甲 慎一郎
ほとんど言わないじゃん。
sasakill
4,5倍じゃない、4,5倍。
鈴木 智昭
あ、4,5倍か。
でもディスコグス上だと、
200いくつあるんですよ。
sasakill
20万円。
中川 紀彦
じゃあちょうど4,5倍か。その数から言ってるわけですね。
愛甲 慎一郎
なんかオシャレだね。
いいじゃないですか。
オシャレなやつで。
sasakill
これ来ましたよ。
朝から大体こうやって開けるって思いますが。
鈴木 智昭
サージェントペパーズが極めて集め甲斐があるレコーダーってのは分かってますけど、
sasakill
それに次ぐらい集め甲斐がある。
音の意味でも、バリエーションの意味でも。
鈴木 智昭
なんかそういうのあるんですか?
sasakill
ビートルズでですか?
鈴木 智昭
いや、何でも。
何でも。
sasakill
さっきマイルド・デイブリック引っ張り出してて。
いや、これもあるな。
中川 紀彦
大人が出てますけど。
鈴木 智昭
なんか、ツイッターで見たことあるのは、
セックスピストルズを7,80枚持ってる人とか。
別にいい音で弾けたくないかもしれませんけど。
愛甲 慎一郎
いやでも結構いい音なんですよ。
鈴木 智昭
音いいですよね。
sasakill
そうなんだ。
音めちゃくちゃいいですよね。
CDで聴いてるのと違うんだ。
そういうの三浦純がフリーホイーリングをずっと集めてるじゃん。
石井 正宏
あれが最初にそういう人がいるんだってことを知って、
不思議だったんだよな。
愛甲 慎一郎
インスタグラムで、僕前ちょっとフォローしてた人は
鈴木 智昭
ホワイトアルバムだっけ?
石井 正宏
あのナンバーのね。
愛甲 慎一郎
真っ白なのね。
ホワイトアルバムの何枚もずっとホワイトアルバムしか上げてない。
sasakill
見たことあるな。ホワイトアルバム持ってる人の所有状況によってどんだけ読まれるかによって。
アートジャケット。ジャケット自体が収集性がある。
携帯系のやつとかもあるし。
鈴木 智昭
あれ良かったですね。
sasakill
確かに集めがやるな、あれは。
愛甲 慎一郎
ちょっと高いんですけどね。
鈴木 智昭
ホワイトアルバムはね、高いんですよ。
でもホワイトアルバムも10枚ぐらいあるんですよ。
石井 正宏
世界中で売れてて、何度かリリースされてるっていうのが条件だよね。
sasakill
そういうことです。集めがあるっていうのは。
鈴木 智昭
ビートルズぐらい売れてると本当にいろんな
愛甲 慎一郎
各国版がね。
鈴木 智昭
ベルゼット&ラブランド2個のバナナジャケットだけ集めてる人とか。
ゼッペリンもそういう人いっぱいいますよね。
石井 正宏
フリーザーとか80年代とか帰ってくるとわりと版質が均一化されてくるんじゃないので
個性が出てるのが70年代ぐらいまでだったんだろうなって。
鈴木 智昭
そういう意味では集めがいのあるレコードのナンバー1、2はサーフェンド・ペパーズですか?
サーフェンド・ペパーズが面白いのは
高音質版がいくつかあって
ここにあるやつ。これがニンバス。
石井 正宏
これを正座しますよ、ギターって。
鈴木 智昭
ニンバスを。
sasakill
値段聞いて正座しました。
ニンバスはどこの国の?
鈴木 智昭
UKです。
UKで83年か84年ぐらいにオーディオ雑誌のメールオーダーだけで作られたみたいなやつで。
sasakill
存在する枚数は?
鈴木 智昭
多分2000枚とか言われてる。
sasakill
えー。
中川 紀彦
1万枚はないのは当然で5000よりも少ない。
鈴木 智昭
で、その同じような時期に高音質版があと2つあって
1個が、これもっとごっつい箱があるんですけど
sasakill
モービル
鈴木 智昭
全くサーフェンド・ペパーズ。
これの高級版みたいなやつ。
石井 正宏
高級版?
鈴木 智昭
ウルトラハイクオリティレコードって。
愛甲 慎一郎
最初モービル版って?
鈴木 智昭
普通のモービルよりすごいやつ。
ていうのと、あとオーストラリアのニンバスって言われてるのがあって。
sasakill
つまりその中生産オーストラリアのニンバス?
鈴木 智昭
オーストラリアで出てた同じぐらいの枚数しかないみたいな。
これはほんとに一番売ってないですね。
中川 紀彦
一番売ってないのが目の前に。
鈴木 智昭
この3枚持ってるのはだいぶ自慢できるから。
これはかけたことあります?
愛甲 慎一郎
かけてないかもしれないですね。
鈴木 智昭
オーストラリアのニンバス。
異なるバージョンの鑑賞
愛甲 慎一郎
それは聞いてないですね。
鈴木 智昭
この辺がこういうめっちゃすごいのもありつつ
sasakill
ダメなのもある?
愛甲 慎一郎
ダメなのがこのさっきの韓国版。
中川 紀彦
もうなんかジャケットが違うんですか?
鈴木 智昭
それはもう音が全然ブートですね。
sasakill
表も裏も全然違います?
石井 正宏
全然違います。
鈴木 智昭
一体どういうの?この人は。
sasakill
でも私がもし韓国の高校生で
あのビートルズのあれをなんとか手に入れたいと思うんで
石井 正宏
韓国でそれが通常のパーセントメンバーズの音なの?
愛甲 慎一郎
これを聞いて
sasakill
いつかスポーツバイヤー、レコード手に入れて
愛甲 慎一郎
普通のやつ聞いたらぶっ飛ぶみたいな。
sasakill
何を聞いておったんだ?みたいな。
鈴木 智昭
ある意味ハッピーな。
どうなんだろうな。
それ聞くと
中川 紀彦
色々あるかもしれない。
鈴木 智昭
基準となる版から。
交互に聞いてみて。
チョイスがむずいんだけど
さっきの高音質系
はまああって
基準的なあれで言うと
一番売ってる日本版か
あとはUKオリジナル
愛甲 慎一郎
その差が聞き飛ばずいいかも。
鈴木 智昭
日本版を久しぶりに聞かせてもらって
日本版いいよ。
愛甲 慎一郎
日本版を久しぶりに聞きたいっていうニーズがいいです。
sasakill
初手から狂ってますからね。
僕ね、今日ポッドキャストに撮ってるのもあるんですけど
サージェットペーパーズの時に
家にあるかないか。2択しかない。
家に41枚あるってことはない。
鈴木 智昭
まあそうですよね。
持ってるか持ってないかですよね。
sasakill
日本版懐かしいなってこともないんですよ。
レコードのこと知らない人向けに
なんでそういうことになるの?
なんでそういうことになるんですか?
なぜなら皆さんもだいぶ狂った
あたおかのところまで行ったと思うんですけど
前僕みたいに腰抜かしそうになった記事がありました。
ある音楽媒体の編集長が
レコードの音質の方がいいって言ってるってやつは
ちょっと耳おかしいって今から言ってる人がいるんですよ。
鈴木 智昭
それをある音楽媒体の方に
中川 紀彦
良い良い良い良い良いと。
愛甲 慎一郎
良い音論争になっちゃうじゃないですか。
難しいんですよね。
音質論争とレコードの愛好
愛甲 慎一郎
実際にレコードの方が音が良くないって言うのは
割とみんなよく言うことなんですよね。
sasakill
中域が膨れ上がるとか
愛甲 慎一郎
音が歪んでるとか
いろいろあるんだけど
僕の場合はもう
ある種のフェチズムなんですよね。
鈴木 智昭
それが好きっていう世界観なんですよね。
行為だよね。
レコードになると途端に変人扱いされるんですけど
でもよく考えてみると
みんな割と
ラーメン屋いろいろ行ってたり
石井 正宏
ゴーリング
sasakill
広い意味では
魚の出汁と肉の出汁を合わせて
コムインコネッタを入れた食べ物じゃん。とも言えるが
鈴木 智昭
北京に100回行った奴なんて平気でいるじゃないですか。
愛甲 慎一郎
でもそいつらは県民扱いされないで
武蔵野っぽいですね。
北京に100回行った奴は
鈴木 智昭
いっぱいいそうですよね。
愛甲 慎一郎
でもサラダカレー50枚ぐらいしか持ってないのに
鈴木 智昭
怒られちゃう。
愛甲 慎一郎
福岡県に50回しか行ってないから
石井 正宏
福岡県何倍食えんだよこれ。
愛甲 慎一郎
福岡県で1万倍くらい食えるかもしれないけど。
石井 正宏
自己正当化が完璧に理論武装できなかったんですけど。
鈴木 智昭
ワインとか
お酒とか
愛甲 慎一郎
褒められますよね。
sasakill
なぜレコード集めると怒られるんだろう。
愛甲 慎一郎
生きていくことに関わらない
商品からだんだん嫌われますよね。
sasakill
今日かける前に
吹き込んでおきたいのが
マスタリングが違えば音が違うってのは
CDかレコードか配信かの違いを超えて
鈴木 智昭
元の音が違うわけだから違うと思うんですけど
sasakill
レコードが同じマスタリングなはずなのに
レコードのマスタリングとプレス
sasakill
レコードがCDかじゃなくて
ミックスとかマスタリングなはずなのに
違うってことを聞いてる人は分からないと思うんですけど
各国でカットするごとに
愛甲 慎一郎
違う。
カットする状態がマスタリングなんですよね。
各国のマスタリングが違うのがそういうこと。
マザーのウェブセンドって言われてるやつが違う。
鈴木 智昭
UKで作った型を
他の国に持っていって
プレスだけ他の国でやってるってパターンは結構あるんですけど
でもそれでもプレスの質で変わっちゃうんですよね。
なぜか。
愛甲 慎一郎
機械の
質とかでも変わっちゃうんですかね。
鈴木 智昭
なんか
とあるエンジニアさんに
レコーディングエンジニアさんに
話を聞いてはーって思ったのが
ある音楽会社の
CDのプレスの
ラインが
工場のラインがいくつかあって
CDの話です。
ここのラインだけ音がいいっていうのを
ある時そのエンジニアさん気づいたらしくて
このアーティストの初回限定版は
ここのラインでプレスしてください
ってオーダー出してたりするらしいですよ。
それなぜ違うんですか?
よくわかんないって言ってました。
愛甲 慎一郎
いいですね。
感覚によるところは
絶対にあると思うんですよね。
鈴木 智昭
おまじないみたいな。
プレスの具合で
溝の作られ方とか
CDだとデコボコの
愛甲 慎一郎
全然嘘だと思うんだよな。
なんか厳格意みたいなものだと思うんですよ。
sasakill
CDでそれがあるぐらいですから。
サージェンペパーズの世界中で
愛甲 慎一郎
でも音が違う
なんとなく違うっていうのは
なんとなく聴けばわかるって話だと思うんですよ。
各国のマスタリングとプレスの違い
愛甲 慎一郎
今日のスープの味が違うようで
鈴木 智昭
すごいラーメン屋に寄せてきましたね。
愛甲 慎一郎
絶対一番わかりやすいんですよ。
sasakill
吉祥寺駅前の洞窟屋って
夏に2週間休み取るんですけど
2週間休み取った一発目のスープは
ずっと作り足してない
麺で初めての初回の
フレッシュな味がする
毎日ツイッターで言うんですよ。
これ食べたい。
だいたいこれをツイッターして
その日だけ2週間からから作ってる
鈴木 智昭
最初のスープがあって
sasakill
確かに違うんですよ。
愛甲 慎一郎
でもおそらくラーメンはファーストブレスはまずい。
sasakill
そうなの?
洞窟屋は美味しいですよ。
愛甲 慎一郎
僕も洞窟屋よく行くんで。
鈴木 智昭
洞窟屋のファーストブレス?
愛甲 慎一郎
またそういう話になってくる。
鈴木 智昭
プレスじゃない。
石井 正宏
ワクチンのことも言ってましたよ。
愛甲 慎一郎
USUKとか言ってましたよ。
おかしいな。
JPとか言ってましたよ。
鈴木 智昭
重たいやつ買えます。
石井 正宏
すごい重たいのつけるときって
それがあるんだ。
そういうのがあるのね。
sasakill
SNSにもあります。
鈴木 智昭
使い替えた時っていちいち試圧測るんですか?
sasakill
測るでしょう。
愛甲 慎一郎
試圧は1回セッティングしたらそのままですか?
sasakill
レコードに変えないですか?
一回変えたらそのまま。
そこの高さも変えるんですか?
中川 紀彦
変えた時はやるんですけど
何それ?新圧計?
チューニングメーターみたいだね。
石井 正宏
今日はちょっと持ってきたんですよ。
これの重さのちょうどいいよ。
愛甲 慎一郎
本当ですか?
3.5
電源?
落ち着いたら
電源?
落ち着いたらちょっとこれ変えて。
石井 正宏
リサレコ内では愛好電機さんって言われてる。
sasakill
それはね、何枚だけ言えねえよ。
愛好電機?
愛甲 慎一郎
ハーフセットだよ。
鈴木 智昭
やっと来たパーゼント。
sasakill
ちなみにこちらは日本版?
鈴木 智昭
これ日本の多分70
70何年?
73年とかだと思うんですけど。
sasakill
6年後ぐらいのね。
大丈夫です。
多分どこで聞いてもね
石井 正宏
分かると思います。
ほっとするわ。
拍手のツボ立ちがすごい。
sasakill
何の文句があって2枚目?
愛甲 慎一郎
いい前振りするじゃないですか。
おいしい棒みたいに。
鈴木 智昭
バカなってね。
愛甲 慎一郎
本当のね。
本当のサッシュヘッドピーマスを企画してやる。
sasakill
じゃあ僕は明日
石井 正宏
築地に来てください。
sasakill
これは1973年の日本版。
愛甲 慎一郎
ラリア放映の時って
声が変な社長みたいなのが
鈴木 智昭
俺ん家のイケスの坂とりあえず食わせてやるからみたいな。
sasakill
UK
UK1G
ちなみにいきなりメジャーリーガーみたいなやつですよね。
鈴木 智昭
メジャーリーガーですね。
石井 正宏
大谷翔平的な。
一番複数の溝がしっかり残ってるというか。
愛甲 慎一郎
ただこれ1Gステレオでした。
ステレオだステレオ。
この時点でレコードの音がちょっとやりますよね。
中川 紀彦
確かに。
ニュージーランドのレコード
石井 正宏
ボリューム変わってないみたいだね。
sasakill
素晴らしいですね。
石井 正宏
ここで止まるのね。
鈴木 智昭
なるほど。
いきなり。
石井 正宏
やっぱり全然違うね。
鈴木 智昭
忙しいですね。
インドとか行ってみますか。
石井 正宏
インドも良かった気がする。
鈴木 智昭
どっかでモノをぶち込んでほしい。
石井 正宏
カートリッジを買ってきてるんで。
鈴木 智昭
インドの
インドオリジナルの
プレスだけ
インドでやってるやつ。
独自カットのやつもあるんですけど。
石井 正宏
置いた音から違う気がした。
愛甲 慎一郎
この辺に入ってる
石井 正宏
大事なことに気づきました。
ピッチがずれてた。
全然気づかなかった。
中川 紀彦
ちょっと遅かった?
良いなこれ。
愛甲 慎一郎
マザーはイギリスのものだから。
石井 正宏
ステレオ感が全然違う。
愛甲 慎一郎
プレスが違うと音が変わってくる。
sasakill
これが買う理由第1番。
石井 正宏
左のライトのチャンネルが
切り口の刻みが被る。
これが買う理由第1番。
愛甲 慎一郎
なんかちょっと違う。
鈴木 智昭
面白いし。
ドイツを聞くと
これがまたドイツ。
愛甲 慎一郎
日本のやつが音が悪い
石井 正宏
じゃなくて日本の音だけ。
海外では日本版が人気だったりしない?
愛甲 慎一郎
音が小さいとか
鈴木 智昭
ドイツ版のポイントはどなた?
石井 正宏
ドイツは
鈴木 智昭
ソムリエみたいな。
sasakill
遊戯より良いって言ってる人が結構いる。
愛甲 慎一郎
僕は大好き。
鈴木 智昭
ソムリエかよ。
sasakill
ナチの匂いがしない。
愛甲 慎一郎
ナチの匂いがしない。
ナチの匂いがしない。
石井 正宏
インド版とUKのステレオ感の違いは
好みなんだろうけど
インド版の方がふくよかで
sasakill
良いなって感じがする。
モノ版聞いて今のドイツ版の印象はどうなるか?
モノが良いじゃんって思うのか?
ステレオの中でドイツ版が良いのか?
石井 正宏
それはペットサウンズとか
ステレオ版と思うので
sasakill
ペットサウンズも集めがいいの?
中川 紀彦
ペットサウンズは
鈴木 智昭
ペットサウンズって
sasakill
音良くないじゃないですか?
鈴木 智昭
で、
石井 正宏
広発のやつが音良いんですよ。
広発のフィリススペクターミックスってやつが
sasakill
すごい好きなんだよな。
石井 正宏
ミックスってことはミックスから変えてるんですか?
ミックシング知ってるんじゃないの?
sasakill
何年か出てるんだよね。
鈴木 智昭
いまい組になってるやつあるじゃないですか。
ペットサウンズのもう一個。
石井 正宏
カリフォルニアの
鈴木 智昭
あれのセットになってる方の
カール&パッションズだ。
茶色いやつね。
石井 正宏
ペットサウンズが良いとか言う話とか
鈴木 智昭
茶色いジャケのペットサウンズが
石井 正宏
あるんですけど
カール&パッションズが
ちょっと裏は何?
カール&パッションズにくっつけられたやつを
バラしたやつだろうな。
カール&パッションズのおねがいから
客さんがペットサウンズおまけにくっつけたみたいな
ツーインマークがあって
そっちかと思ってたらそれだけで
鈴木 智昭
即日したんだ。
音がちょっとハイファイでいいんですよ。
石井 正宏
一通り聞いたらじゃあ行きましょう。
鈴木 智昭
ハイファイなペットサウンズ?
ハイファイっていうか
sasakill
モコモコしてるじゃないですか。
鈴木 智昭
ちょっと違うんですよ。
聞いてて楽しいみたいな。
石井 正宏
モコモコしてないペットサウンズ。
聞いてみたいけどね。
解像度が良くなければ魔法が解けていくような感じがして
寂しさもあるからね。
そういうのもちょっとあります。
ドイツ版のステレオ。
愛甲 慎一郎
録音は大丈夫ですか?
石井 正宏
同じ頃に
当時のリアルタイムで
おっさんの動画を撮りっぱなしですよ。
sasakill
ドイツ。
鈴木 智昭
華やかなドイツ。
そうだこれ。
石井 正宏
ちょっと歪んでるんだよな。
sasakill
バンガー?
中川 紀彦
グラグラしてる。
すでにいい。
sasakill
すごいね。
石井 正宏
鈴木さんのところだからいいけど
sasakill
オレンジで聴いたらダメなんだよね。
今のところ一番欲しい。
中川 紀彦
値段知らずに言えば一番欲しい。
sasakill
普通に買えます。
普通にって何?
普通がオレもういけると思う。
ディスコグスとかで5000円くらい。
普通ですね。
愛甲 慎一郎
日本で買うと1万3千円から。
sasakill
送料足して。
愛甲 慎一郎
ディスコグスで1万円以内で買えれば結構ラッキー。
鈴木 智昭
この辺でちょっと
石井 正宏
下見ますか。
鈴木 智昭
南米タイプ。
お個性あるね。
愛甲 慎一郎
オレ全く聞いたことないですから。
鈴木 智昭
楽しみ。
ニュージーランド聞いてみましょうか。
sasakill
アジアオセアニアタイプ。
鈴木 智昭
オセアニア代表。
sasakill
イギリスのあれですかね。
中川 紀彦
戦慄国。
sasakill
ワールドカップ。
アジアオセアニア代表。
愛甲 慎一郎
第4位か。
パーラフォンのレーベル名になってるはずなんで。
オデオンとかだと
大英帝国の意気がかかってない。
そういう文章。
これ結構本当に関係あると思うんですよ。
鈴木 智昭
オデオンは。
sasakill
もう別に酔っぱってるから何でもいいんですよ。
鈴木 智昭
ニュージーランド
これ多分78年とかそれぐらいの。
愛甲 慎一郎
1ボックス。
石井 正宏
なんでか1本。
鈴木 智昭
多分リカットしてるんですよ。
sasakill
素人質のリカットってのはどうですか。
石井 正宏
再発。
鈴木 智昭
独自マスタリングされてる。
sasakill
それは逆にこの流れで期待できますね。
オリジナルテープからマスタリングへ
鈴木 智昭
個性という意味では。
石井 正宏
オリジナルテープが来て
オリジナルテープのここからやってるってこと?
鈴木 智昭
マスタリングは
マスタリングは変わらないんですけど
全体のイコライジングとかはやってる。
石井 正宏
あー。
こてつさんがやってる。
sasakill
これも5分。
ポッドキャスター作りたいなと思うんですけど
イコライジングできたら何でもできるって。
相当な材料ですよね。
鈴木 智昭
相当変わりますよね。
これは多分ね、結構繊細な感じ。
石井 正宏
なんかローカル。
sasakill
例えが合ってるか分かるんですけど
鈴木 智昭
丸亀青年みたいな。
sasakill
できる限りの量産体制で
鈴木 智昭
かなり良いことやってくれてるみたいな。
sasakill
丸亀青年みたいな感じ。
企業努力を感じる。
これでええやんみたいな感じも。
石井 正宏
カバーまでいかなくてもええやんみたいな。
前2枚はギターがファーズでアンプから鳴ってる感じがしたけど
これはレコードから鳴ってる感じっていうところの
ちょっと劣化を感じたかな。
sasakill
確かに違うんですね。
鈴木 智昭
次なるわ。
sasakill
ナイジェリア。
鈴木 智昭
世界をしばらく行くわけですね。
sasakill
アフリカとナイジェリア。
強いですからね、作家で言えばね。
鈴木 智昭
このナイジェリア版の特徴はと聞きますと。
これもあれなんですよ。
sasakill
いわゆる有形マザーって言ってて
鈴木 智昭
有形の型。
インドと同じ。
変な話。
ナイジェリア版だから
音が悪いとか
sasakill
そういうのを微妙に期待しちゃってた。
ステレオタイプがね。
第三世界をなめる悪い。
鈴木 智昭
ところが結構いいんですよ。
愛甲 慎一郎
これいいね。
sasakill
アイコンさん早い。
石井 正宏
これ絶対いい。
sasakill
5分経過。
愛甲 慎一郎
十分。
sasakill
ドイツ版と好みが分かれるところかもしれません。
鈴木 智昭
そうですね。
sasakill
塩味の強いステーキみたいな。
一口で美味しい感じしますね。
鈴木 智昭
確かに。
sasakill
いいですよね。
鈴木 智昭
違うんだな。
sasakill
新ラーメン食べる時間みたいな。
愛甲 慎一郎
カップラーメン。
鈴木 智昭
ずっとちゃんとしたオーガニックっていう
愛甲 慎一郎
普通の食事で言ってたのに
鈴木 智昭
いきなりカップラーメン。
グアテマラとかペルーとか
コーヒーの話。
石井 正宏
いってみましょう。
鈴木 智昭
テイスティングな感じだよね。
sasakill
ジャケットが一番ひどいですね。
鈴木 智昭
覚えてないじゃん。
石井 正宏
それで期待しちゃう感じって
ずれてるというか。
どんな感じなんだろうみたいな。
鈴木 智昭
材質も不思議な感じなんですよね。
スッキリ薄いし。
sasakill
ジャケットじゃなくて
レコード版の材質が
そもそも違う感じ。
鈴木 智昭
素材が違う。
石井 正宏
今までのやつと比べると
sasakill
オレ自身は普通だけどな。
毎回持ってないとわからない。
鈴木 智昭
状態はめちゃくちゃいいですね。
愛甲 慎一郎
いってみましょう。
悪くない。
sasakill
早いよ。
あれ?良いんじゃない?
各国版レコードの評価
愛甲 慎一郎
カッティングレベルが低いですね。
sasakill
ちょっとだけ音が小さい。
極めてプチプチが。
石井 正宏
それが含めてカッティングレベルが低い。
愛甲 慎一郎
レベルっていうのは音量?
石井 正宏
プチプチぐらいじゃないよね。
プチプチは補完状?
sasakill
すごい多かったですね。
カビとか。
愛甲 慎一郎
こういうの問題か
いくつかあるんですけど
モノランの端で掛けてる人だと
鈴木 智昭
ああいう状態でバンが鳴り変に
愛甲 慎一郎
音がパチパチになる。
sasakill
クイニングしても戻らない?
愛甲 慎一郎
戻らないものもあるんですよ。
sasakill
今のやつは戻らない可能性がある。
ジャケット含めて極めて印象的な
鈴木 智昭
良いですよね。
愛甲 慎一郎
なんか良いんですよ。
たまにコーヒーの中飲みながら
sasakill
ガテマラパンの印象。
愛甲 慎一郎
気持ちから攻めていかないとね。
石井 正宏
攻めるって振り立たせるみたいな。
愛甲 慎一郎
人間はそういうものだと思うんですよ。
あまりロジカルに生きれないと思ってるんですよ。
石井 正宏
さっきタイトンアップの
鮮度の良さみたいな感じなのが
レコード全般にカッティングの
あれでも日本版だもんね。
ギターアップからだって
これがギターアップみたいな感じで
ちょっとうるさいくらいに最初のあれが
中川 紀彦
あれが気持ちいいよね。
愛甲 慎一郎
デジタルフク音のものは
デジタルの時代に作られた
現行のものだと悪くないんでしょうけど
過去のものをデジタル化したものは
あんまり良い音のものはないですよね。
レコードの方が優位性が高くて
意外と過去のものを聴く人多いじゃないですか。
だから結構レコード好きは音が良いとか勝手なこと言うけど
中川 紀彦
そういう意味でも音の良さかなと思うんですけど。
石井 正宏
今の人たちの聴いてるCDとか
スマホかなみたいなの
リスニングの環境がデコーディング聴いてる人たちと違うと思うんですよね。
愛甲 慎一郎
残酷なのが今回テレビかと思ったんですけど
テレビってもう極めて
そのもの自体のスペックを
極めたと思う。ある意味。
ある時点まで来たんだけど
そういう時点まで来ると
放送文化の衰退が起きてたっていう
非常に可哀想なパラダクスが起きてるみたいな
石井 正宏
感じがするんですよね。
昔のドリーフとかってだんだん
愛甲 慎一郎
テレビが一番倫理的な面でも
まだ生き生きとしてた時代から
昔の産業じゃないですか。テレビって。
その時に限ってテレビって今めっちゃいいじゃないですか。
自分が理想とするようなものが
アウトプットされる価値になってて。
オーディオも同じなんですよね。オーディオ前世紀の時に
衰退していくっていう音楽。
なるほどね。
石井 正宏
映画を極めた時から衰退されたね。
半歩じゃなくて一歩早いんだよね。
鈴木 智昭
さあ次は。
アルゼンチン。
石井 正宏
ガテナの家族。
中川 紀彦
アルゼンチン、ステレオスね。
鈴木 智昭
ちょっと覚えてないね。
飯とか言うわけじゃないですかね。
サッカーじゃない。
愛甲 慎一郎
今年だったら優勝。
鈴木 智昭
前聞いた時は
知っているよりかは手ベースだなって。
sasakill
いいんじゃないですか。
愛甲 慎一郎
これ4トラックだよね。
鈴木 智昭
8トラック?
石井 正宏
だから4で
パッと切り替えられないから
徐々に最後は切り替えたんだろうなって。
同じトラックにジョンとポーのあれが入ってて。
鈴木 智昭
4です。
8は?
ホワイトアルファだよな気がする。
愛甲 慎一郎
8トラックだったような気がした。
石井 正宏
4トラックはその前に使ってたような気がした。
トラックの少なさとオーバーダビングの多さが
劣化を生みつつ
面白いと。
パンニングのステレオ感出し方があるんだろうなみたいな。
鈴木 智昭
そのあがる部分が楽しいんだよな。
アルゼンチンも良かったな。
石井 正宏
南米悪くない?
全部悪くないっていうか
sasakill
全部良いやつだと思う。
石井 正宏
ダメなの期待してる。
韓国。
愛甲 慎一郎
4トラック2台あれだ。
sasakill
ダイナムだ。
人を批判するとダメなんですけど
愛甲 慎一郎
事を批判するのが良いんですよね。
sasakill
音が悪いって言うんですけど
韓国版で
当時作られたやつが良くないっていう。
韓国人が悪いって言ったら言い過ぎですけど
韓国で作られたものが
石井 正宏
この時良くなかったかもしれない。
中川 紀彦
良いものがあるからね。
鈴木 智昭
前聞いた時は
出汁の効いてないスンドゥブだなっていう。
ただしょっぱいか辛いかって言うんですよね。
sasakill
泡見えないやつ。
愛甲 慎一郎
色が混ざるからね。
石井 正宏
スンドゥブ?
出汁の効いてないスンドゥブチゲっていう。
鈴木 智昭
あーなるほどね。
問題ありますね。
前聞いてみましょう。
sasakill
まさかそんなね。
石井 正宏
そんなバカか。
中川 紀彦
良くないっすね。
良くないっすね。
愛甲 慎一郎
レコードの最初の基本がなってない。
中川 紀彦
あーなんか
石井 正宏
狙え!狙え!
鈴木 智昭
なるほどね。
sasakill
言うほど悪くないけど
石井 正宏
悪くはないけど
sasakill
1枚聞いてどれ1枚買いますかって言われたら
選ぶ2つのうちには
石井 正宏
迷う2つのうちには入らない。
鈴木 智昭
こういうの聞くと
楽しくなっちゃうんですよね。
sasakill
良いの欲しい。
こういうものあるなんて。
確かにね、うどんとかラーメンとか
そうですよね。
良いものを出す店があって
かつこれが成立してる経済圏があるんだってことを言ったりする
鈴木 智昭
楽しさがあるってことですよね。
あと
石井 正宏
なんて言うんだろうな。
そんな美味しくないって言っちゃうとあれだけど
鈴木 智昭
そんな美味しくないって言っちゃうとあれだけど
わかってるけど食べに行っちゃうときとか
あるじゃないですか。
sasakill
ラーメンがラーメンとしてあるならば
うまくなくてもいいじゃんって時ありますね。
石井 正宏
酔っぱった時に?
sasakill
それはサージェントペパーズであるならば
石井 正宏
まあまあわかるねそれは。
鈴木 智昭
そういうことかもしれないですね。
石井 正宏
だったら別に
中川 紀彦
日本版で良くないみたいな。
sasakill
でも冒頭しか聞いてないですけど
シーズンリビングホームみたいなキラキラした
ダイナミックレンジの広い曲とは聞くとまた違うんでしょうね。
この曲に関してはこいつが一番みたいなの
たぶんきっとあるでしょうね。
石井 正宏
あるかもしれないね。
ジョージのウィズアウトインウィズアウト
あれなんかすごい顕著に出てきた。
タブラの
ニンバスであれ聞いた時に本当にざまずいた。
あれすごいっす。
sasakill
あれビビった。
鈴木 智昭
お餅ですか?
こんな音入ってんだみたいなのがいっぱいあるんですよ。
石井 正宏
ちょっと聞かせてもらって
これにいいよねっていうのをちょっと流してもらったらいいんじゃないですか。
そこから物行くみたいな。
sasakill
ベルビットのミスターカイト好きなんですよ。
UKオリジナルよかったかな。
石井 正宏
そろそろ高級版
鈴木 智昭
高級版
sasakill
メッシーが
鈴木 智昭
メッシーじゃないか。
sasakill
ニンバス版はイギリスだからメッシーではなく
マンチャスターシティの誰だっけ
特典を買った
愛甲 慎一郎
マンチャスターシティの特典は誰でしたっけ
ニンバス版の聞き比べ
sasakill
ハーランド
ハーランド的なアット的なやつ
石井 正宏
どれどれ
鈴木 智昭
最初にニンバス
sasakill
いきなり聞いちゃった方がいいかもしれないです。
石井 正宏
一回トイレ行っていいですか。
鈴木 智昭
ニンバスは
すごい繊細さもパワーも
両方あってすごいみたいな感じです。
sasakill
スーパーカットって
鈴木 智昭
ゴールドの刻印がすごいですよね。
石井 正宏
スーパーカット
ニンバスっていうのが
レベルの名前だと思うんですけど
鈴木 智昭
ニンバスって何語なんだよっていうか
石井 正宏
他にもあるんですよ。
sasakill
おそらく想像するに
買われてないような時に
最も良いものが作られたみたいな
実駐生産で作られたみたいな
それで2、3000枚しか発行されなかったってことは
レコードへの熱は
石井 正宏
特別感じゃないですか。
愛甲 慎一郎
そういう
おそらく
買わなかったっていうのもあると思うんですけど
会員制のクラブみたいなもの
雑誌?
雑誌みたいなやつだったんですよ。
他にも
これ以外にニンバス版出てるんですよ。
鈴木 智昭
それもほとんど高いですよ。
愛甲 慎一郎
ニンバスは他にどんなレコードプレス?
リッキリジョンズ
sasakill
ニンバス版2、3枚ありますよね。
愛甲 慎一郎
全部人気なんじゃないですか。
人気あると思いますよ。
中川 紀彦
これから弾くのがいいんじゃないですか。
愛甲 慎一郎
真ん中のやつ。
鈴木 智昭
徐々に高音質にしていきますね。
中川 紀彦
徐々に。
sasakill
徐々になるとわからない。
水風呂に入るときに
9度か。
シングルから入るか。
鈴木 智昭
傾向として。
石井 正宏
結構似てるんですよ。
鈴木 智昭
最初に聴いちゃったほうがいい気がする。
石井 正宏
どうなりました?
sasakill
皆さんはニンバス版は?
石井 正宏
とんでもないなと思いました。
真ん中のスイーツスポットに行きたくなるような。
吸い寄せられるようなバンド。
中川 紀彦
バカな耳の俺でも分かりましたよ。
sasakill
すげえなと思いました。
愛甲 慎一郎
やめてください。
石井 正宏
今弾いてたから。
愛甲 慎一郎
ニンバスだよね。
中川 紀彦
わあ。
sasakill
もっと聴きたい。
石井 正宏
ここから有料になる。
鈴木 智昭
こんなに違いますか?
sasakill
違うんですね。
鈴木 智昭
こんなに違うんですね。
解像度が高い。
石井 正宏
解像度が高くて
何かが突き抜けてないというか
愛甲 慎一郎
バランスがいいですね。
それまでに韓国とかガテバラとか
いろいろ聴いたところの差もあるかもしれないけど
石井 正宏
全然違います。
鈴木 智昭
音のニュアンスがすごい。
石井 正宏
それでもなんでそのジャケットにしたんだろうね。
sasakill
次のこれが
UH-9R
鈴木 智昭
これのさらに上のやつなんでしょ?
石井 正宏
何?
愛甲 慎一郎
何それ?
中川 紀彦
こういう箱があるんだ。
石井 正宏
これに入ったの?
おお。
それはちょっと科学の実験みたいな。
中川 紀彦
イザルマスターレコード。
鈴木 智昭
やばい。
石井 正宏
それ出すときだけ手袋しちゃったね。
鈴木 智昭
こういうことが入ってる。
その間にレコードが挟まれていくみたいな。
sasakill
加水分解してないんですか?
石井 正宏
何?
そのあれが中に入ったガビドリでね。
鈴木 智昭
ちょっと読んでないんですけど
sasakill
科学的な。
鈴木 智昭
どうやってやってるのかみたいなことが書いてある。
間違えてないよ我々はと。
愛甲 慎一郎
お皿買うときに
sasakill
お皿のコットン品買うときに
これがいかに間違えてないものかって説明がきついってくるんですけど
間違いなくこの通りです。
愛甲 慎一郎
だいたい高級品はそうやって
エビデンスを勝手に残していく。
鈴木 智昭
この白黒のジャケットの
sasakill
ジャケットってどういうこと?
中川 紀彦
エビデンス作るのに時間かかっちゃう。
愛甲 慎一郎
これ初めて聞かせてもらう。
石井 正宏
今まで初めてだったんだけど。
俺は一回かけてたような気は
鈴木 智昭
俺いなかったな。
でもみんな人罰に投票してたから
石井さんも行ったと思うんですよね。
愛甲 慎一郎
行きましょう。
石井 正宏
酔っ払ってたんだな。
アイボーイ
sasakill
人が一人一人見えてくる感じ。
中川 紀彦
すごいハイファイな。
これはすごい。
sasakill
これ買い替えます。
どれか一枚買ってこれ買いたいなって思いました。
メンバーがさらに解像度を上げてあげる感じですね。
石井 正宏
サーセットペッパーのこの曲って
わけ分からないギター弾いてるとか
入ってるやつがよく聞こえてくれる。
鈴木 智昭
これ一番好きかもしれない。
中川 紀彦
これはすごいね。
石井 正宏
コーヒー飲食店系のやつは
sasakill
なんていうの?
愛甲 慎一郎
どれも本当にいいですよね。
石井 正宏
音が。
いきなりこっちに来るパターンと
いきなり切り替わるパターンと2種類あるんだなっていうのは
それは何?って感じがすごい。
今のはカッチリジョンがあって
こっちにポールがするって感じだったけど
sasakill
単霊系のラーメン食った?
石井 正宏
そうそう。そうですね。
全然わからないですよ。
sasakill
急に仲間かもしれない。
一つ越し持ってるシェフとかがやってる。
そうそう。
というわけで録音の方は唐突にこれで終わります。
お部屋にZOOMのH6っていうマイクを
セッティングしてたんですが、その電池が切れてしまいました。
ただですね、だいぶいいところまで
撮れたんでちょうどよかったかなと思ってます。
この後ね、何の話をして
何聞いたかも全く覚えてないので
いいだろうと。
記憶とともに電池も切れたということで
これでいいかなと。
結果、いろいろ聞き比べて何が良かったか
みたいなことをあだこで話したんだとは思うんですけど
考えてみれば別に1番決めて
2番がどうだなんてことを
この場で残さなくてもいいと思うので
これで良かったかなと思ってます。
ちなみにですね
こういったアナログ版の聞き比べ
アナログ版の紹介
sasakill
特にビートルズのということで言うと
岩澤学さんのアナログミステリーツアーっていう本が
2012年かな、2014年だったかな
それくらいに出た本がありますので
これご興味あるよという方はですね
それを手に取っていただけると
この深い深い沼までスーッと沈んでいくと思いますので
ぜひお聞きいただければと思います。
というわけで今日はちょっと変わった回でしたが
楽しくできました。
ありがとうございます。
というわけでまたぜひお聞きいただければと思います。
それではまた次回。
54:45

Comments

Scroll