1. LISTEN NEWS
  2. 7/23 LISTENオフ会を開催しま..

7月20日に、東京東中野にて、初のLISTENオフ会を開催しました。

オフ会の感想を、帰りの車の中で収録しました。

居酒屋で行った1次会に続き、2次会はポッドキャストバー「雑談」にお邪魔し、約20名ほどの方々と交流しました。

普段声だけは知っている方々と初めて直接お会いでき、とても充実したイベントになりました。

ご参加いただいた皆様、改めてありがとうございました。セッティングをしていただいた甲斐さん、ありがとうございます。

LISTENオフ会に参加した皆さんのポッドキャストのプレイリストはこちら!

https://open.spotify.com/playlist/0DrgIpwXuRVISG6dspufen?si=6ce56da2cc8a4d56

Summary

近藤さんと桑原さんは、出張先のイベントに合わせてLISTENオフ会を開催しています。彼らは東京のポッドキャストバーでも交流し、ポッドキャスターさんたちと会話を楽しんだりアイディアを共有したりしています。また、東京で開催されたリッスンオフ会にも参加し、ポッドキャストの魅力や今後の展望について話し合っています。

LISTENオフ会の開催
近藤淳也
近藤です。
桑原佑輔
桑原です。
近藤淳也
LISTEN NEWSです。
ただいま、東京から京都に向かう車の中です。
桑原佑輔
すごいですね、車内で撮ってますね。
近藤淳也
車内で、はい。ちょっとまた新しい取り組みですけども。
桑原佑輔
すごいですね、どこでも撮れるんですね、ほんまに。
近藤淳也
はい、関東にちょっと行く用事がありまして、いくつかね、用事がありまして、
もともとは、いぶきのちょっと出張があって、
そうですね。
で、ちょっと富士山のほうにイベントで出かける用事があったので、
その出かけることに合わせて、ちょっと東京まで足を伸ばして、
で、日頃お世話になっているLISTENのユーザーさん、皆さんとちょっと交流できないかということで、
オフ会ですね、LISTENオフ会、なるものをやってきました。
桑原佑輔
なるほど、どういった人々というか、どんな方が集まったんですか?
近藤淳也
ちょっと東京のほうに行くので、よかったらお食事でもどうですかということで、
いつものDiscordのほうでご案内させていただいたところ、
結構行きますっていう手が上がりまして、
で、結局その一時会が居酒屋で、居酒屋はかいさんが手配してくれて、
座敷のあるお店で15人ぐらいですかね。
桑原佑輔
結構集まられますね。
近藤淳也
で、それの後に雑談、東中野のポッドキャストバー、雑談。
ポッドキャスターの中では最近はもうたまり場になってるのかな。
噂は兼ね兼ね聞いてたんですけども、
なかなかトークできなかった雑談に二次会というか、移動して。
桑原佑輔
二次会で雑談に行けるんですか?
近藤淳也
そうですね、クラフトビールのバーになってて、
桑原佑輔
その隣というか店舗の一部がポッドキャストのスタジオになってるんで、
近藤淳也
めちゃくちゃいいですね。
そうなんですよ、まあいいですよね。
で、そこから合流された方とか、
別にオフ会じゃないけども、ただお客さんとしていたポッドキャスターさんとかまで一緒に結局なるじゃないですか。
という方も合わせると20人ぐらいの方と交流させていただいたかなっていう感じでした。
なるほど。
ポッドキャストバーでの雑談
桑原佑輔
すごいですね、さすが関東というかポッドキャスターさんがそんなに集まるんですね。
近藤淳也
そうなんですよ、もうそれが何よりも今回の僕の感想で、
しかもちょっと軽いポッドキャスターじゃないというか、
割とガチ勢って言いますか、
かなり前からポッドキャストしっかりやられてたりとか、
何個も運営してる方とか、
あとはやってないけどめちゃくちゃポッドキャスト聞くのが好きな方とか、
あとちょっとお仕事でポッドキャストに関わられてる方も何人かいらっしゃったりとか、
そういう方々はね、いったんプロなんで、
ですけど、なかなか普段京都にいると、
そういうメディアの会社っていうのもないのであんまり、
仕事でポッドキャストやってる方とお会いすることっていうのはほぼないんですけれども、
さすが東京というところで、
いろいろ交流してまいりました。
桑原佑輔
なるほど。
こういう話が盛り上がったとかってありますか?
近藤淳也
まず何よりもちょっと嬉しかったのはですね、
リッスンを使ってますよっていう声とか、
作ってくれてありがとうみたいなこと言っていただいて、
本当に嬉しかったです、それは。
いつもね、一人で部屋でね、
プログラムのコードをちょっとずつ書いて、
ドキドキしながら出すっていうのをずっと続けてきていて、
なかなか直接使っていただいてる方とお目にかかる機会っていうのもそんなに多くはないので、
それはやっぱり直接会って、
感想を言っていただいたのは本当に嬉しくて、
作ってきてよかったなって思いましたね。
桑原佑輔
なかなかそうですよね、リアルに会う機会っていうのも少ないですもんね。
近藤淳也
そうですね、いつもディスコードでね、
わりと温かいお言葉をかけていただけるんで、
コミュニケーションがなくはないと思いますし、
どっちかというとコミュニティがちゃんとある方かもしれないんですけども、
とはいえお会いしたこともなくて、
どんな顔をされてる方とかもわからない中での文字のコミュニケーションなので、
そこがやっぱり直接お伺いで本当に嬉しかった。
桑原佑輔
いやーいいですね。
近藤淳也
で、さらにやっぱり要望が。
要望というか妄想というか、
全然こここうしてくださいよとかってよりも、
こんなことできるんじゃないですかとか、こんなことできたら面白いと思いますとか、
そういう未来へのワクワク感というか、
こんなふうに使えたらもっと面白いかもみたいな話がすごく多くて。
桑原佑輔
すごいアイディアがたくさん。
そうですね。
なんかホットキャスターさんならではみたいな形で、
ポッドキャストスタジオの魅力
桑原佑輔
少し聞かせていただきましたけど、
飲み会の音声を取られてましたよね。
近藤淳也
そうですね。せっかく結構な方々、
いろいろ検識用持ちの方々に集まっていただくので、
一言も漏れずに記録して、後から半数して聞きたいなぐらいの気持ちで、
僕もレコーダーを持ち込んでマイクを置いてたんですけど、
かいさんも同じようにレコーダーを持ってきてくださって、
大きくは2つにテーブルが置かれたんですけど、
それぞれのテーブルにレコーダーとマイクが置かれているっていう、
すごい特殊な環境で。
桑原佑輔
なかなか普通ありえないですよね。
近藤淳也
そうですよね。
しかも割とちゃんとしたF3とかレコーダーが2個並んでるみたいな状況で。
桑原佑輔
すごいな。
近藤淳也
でも皆さんホットキャスターさんなんで、
マイクがあるなんて何とも思わないだろうと思ってたら、
さすがにちょっと驚かれていて。
桑原佑輔
そうなんですか。
近藤淳也
何ですかこれはみたいな。
公開されるんですかみたいなことは結構言われてたんで、
いやいや公開はしませんよみたいな話を一生懸命かいさんがやってるみたいな感じでしたね。
桑原佑輔
そうですね。結構居酒屋の様子とかしっかり分かって、
かいさんがすごい注文とか取られてるなっていう感じで面白かったです。
近藤淳也
収録した音声をかいさんが今朝参加したメンバーだけに共有してくれたので、
この帰りの車の中でその録音聞きながらここまでドライブしてきて、
桑原佑輔
ただいま愛知県にちょうど、愛知県小酒市ぐらいまで来てるんですけども、
ここまでの間一通り録音聞いたんですが、どうでした?
お名前とか言っていいのか分からないですけど、
熱い方というか、ポッドキャスト愛がすごい。
近藤淳也
レモンさんですね。
桑原佑輔
いいんですね。
近藤淳也
いいんじゃないでしょうか。
いろんなポッドキャストのフォロワー欄を開けていくと、
その熱量は分かると思うんで、公開情報だと思います。
桑原佑輔
なるほどなるほど。なら大丈夫ということですね。
レモンさんのポッドキャストへの愛とか、耳から血が出るまで聞きますみたいな。
耳から血が出るほどポッドキャストを聞いていますって自己紹介でおっしゃってましたからね。
近藤淳也
衝撃的でしたね。
血は流さないでほしいですけどね。
桑原佑輔
そうですね。そこはいたわっていただければと思いますけど。
近藤淳也
右と左の耳でそれぞれ別のポッドキャストを聞いてるぐらいのことを言ってましたよね。
桑原佑輔
おっしゃってましたね。
近藤淳也
すごいですね。
あのあれですよ。
どんぐりFMさん。
どんぐりFMのなるみさんに会った時も、
今もう2週聞きましたって言ってましたから。
2週。
そんなことあるんだって思いましたよ、僕は。
最初から全部聞きましたまではあると思うんですけど。
桑原佑輔
そうですよね。
2週ですよ。
回るんですもんね。
はい、回る。
近藤淳也
すごいな。
桑原佑輔
すごい熱かったですね。
お声しか聞けてないですけど、
近藤淳也
お会いもできてないですけど、すごい語らんだなって思いました。
飲み会の収録は僕も初めての試みというか、
あって、さらにちょっと非公開モードのチャンネルに
飲み会の音声をアップして、
リッスンによる文字起こしとサマリーっていうのをやってみたんですよ。
そうしたら、ちっちゃいレコーダー使ってたほうはもうむちゃくちゃでした。
全然文字になってなくて行かなかったんですけど、
もう1個、かいさんが持ってきたEコンデンサーマイクの使ったテーブルのほうは、
わりかしそれなりには文字起こしされていて、
サマリーがあるんですよ、上に。
飲み会のサマリーっていうのはちょっと面白くて、
こういうことが話されましたみたいなのが書いてあって、
とにかく支離滅裂というか、何なら複数の話が並行して進んでたりするんで、
当然、ちゃんとした順序で話されてないからやっぱりサマリーもむちゃくちゃになるんで、
結構むちゃくちゃなんですけど、とはいえ外れていなくもないみたいな、
面白いものになっていて、
桑原佑輔
なんかまた新しいものが出てきたなってちょっと思いましたね。
いい話とかも出てきますから、すごい取りたくなる感じもわかりますね。
わかりました。
近藤淳也
僕も入れなかったテーブルの音声とかは、
今日初めて聞いたんで、
反対側のテーブルこんな話してたんだっていうのはちょっとわかって、
だいぶ聞き取るの難しかったですけどね。
もうぐちゃぐちゃで。
桑原佑輔
そうだったんですね。
近藤淳也
ですけど、なんとなく聞き取れるやつを一生懸命聞いてて、
こういう話してたんだなってのはちょっとわかって、
桑原佑輔
飲み会の収録もありなんじゃないかなっていう。
今後ありかもしれないですね。
近藤淳也
そうですね。参加者への共有ぐらいは別に。
桑原佑輔
そうですね。
なんか面白い話あったら、ちょっとあの話を覚えておきたいなみたいなのありますもんね。
近藤淳也
そうですよね。
そういったときは確かに活用できそうな気がします。
おすすめですよ、飲み会の収録も。
桑原佑輔
ここだけの話みたいなのもありそうですけど、ありですね。
近藤淳也
そうですね。いろいろやっぱりサービスのこととか、
ポッドキャストのこととか、
お聞かせいただいたんで、
そういうのは本当に有益な情報っていうか、
今後に生きるようなことなんで、
よかったなっていう感じでした。
で、雑談に行ったわけですけど、
知ってます?雑談って。
桑原佑輔
雑談、近藤さんから伺ってますが、
ちゃんとは知らないっていう状態ですね。
近藤淳也
クラフトビールのバーの隣に、
ポッドキャストの収録スタジオがあって、
誰でもそこに行ってビールも飲めるし、
スタジオ予約しておくと、
そこで最大4人までポッドキャストが収録できるっていう感じなんですけど、
これがいい感じで、
桑原佑輔
いい感じというのは?
近藤淳也
まず店舗の内装が結構おしゃれで、
桑原佑輔
そうなんですね。
近藤淳也
デザインがしっかりしていて、
かつビールがちゃんとクラフトビールで、
桑原佑輔
いいですね。
近藤淳也
おいしいっていう。
まずお店としてちゃんと、そもそもちゃんとしてるっていう。
桑原佑輔
完成度が高いっていうか。
近藤淳也
そうですね。
だから普通にクラフトビール屋さんとして寄りたくなるような、
すごい高いクオリティーのお店になっていて、
そこにポッドキャストのスタジオもあって、
テーマがポッドキャストということで、
ポッドキャスターさんが世の中に集まってくるっていうことで、
好きだったら本当いいよなっていう。
桑原佑輔
東京にあるのが惜しいですね。
近藤淳也
そうですね。
東京でのリッスンオフ会
近藤淳也
東京だから成り立つのかなと思いましたけどね。
桑原佑輔
なるほど。
近藤淳也
まだポッドキャスターさんとかリスナーさんそれぞれ、
日本にいるにはいると思うんですよ。
京都にももちろんポッドキャストしてる人もいれば、
ポッドキャスト聞くのが好きな人もいると思うんですけど、
両方がそれなりの数揃わないと成立しないじゃないですか。
そうですよね。
例えば公開収録するってなったら、
ポッドキャスターさんがまずいて、
その人がこの日公開収録するので、
よかったら来てくださいって言って、
リスナーさんがせめて数人ぐらい集まらないと、
公開収録にならないじゃないですか。
確かに。
両方がその近辺にいなきゃいけないんで、
なかなかね、これ同じことやるのは、
桑原佑輔
京都はちょっと難しいかもしれないですね。
確かに、東京ならではって形ですね。
近藤淳也
そうですね。
それでそのいろんなポッドキャストのカード、
ショップカードみたいなのをみんな作るんですね。
桑原佑輔
なるほど。
近藤淳也
そういうのも置いてあって、
いろんなこう有名なポッドキャストのカードが
並んでたりとかして、
僕がちょっと意外だったのは、
スタジオなんで、
結構ちゃんと仕切られてて、
バーの部分とは、
ちゃんと区切られてるのかなと思ってたんですよ。
桑原佑輔
確かに。
近藤淳也
そうじゃないとスタジオとしてうるさいじゃないですか。
そこはね、結構近い設計になってて、
バーのカウンターの後ろに、
会議室じゃないけど、スタジオの部屋があって、
基本つながっているんです。
桑原佑輔
つながってるんですね。
近藤淳也
で、ガラスの扉を閉めることもできるみたいな感じで、
でも多分閉めてもガラス一枚なんで、
まあまあ聞こえる、
そのガヤガヤ感ぐらいは聞こえるんじゃないかなと思うし、
実際公開収録された番組に聞いたことあるんですけど、
ちょっとお店の音が入ってたりするんで、
そういう距離感なんですよ。
桑原佑輔
なるほど。
近藤淳也
それはでも確かに逆に楽しいかもなと思って、
ちょっとお店の雰囲気も聞こえるし、
お店側にいる人もすごく近くで収録してる人たちの顔が見えるし、
一応閉めて収録するときはスピーカーで店内に流すこともできるらしいんですけど、
結構距離が近くて、一体感があるんで、
その辺の設計とかもうまいなと思って。
ポッドキャストの魅力
近藤淳也
なるほど。
はい。
桑原佑輔
すごい行ってみたくなりますね。
近藤淳也
特に好きなポッドキャスターさんが収録するとかなると。
桑原佑輔
ですね。
近藤淳也
近くにいたら確かに、
じゃあ一回ぐらいいつも声聞いてるあの人の顔見に行ってみようかな、
みたいなのになるよなと思って。
桑原佑輔
なりそうですよね。
近藤淳也
はい。
ちょっと羨ましかったです。
桑原佑輔
なるほど。
近藤淳也
はい。
桑原佑輔
これは本当、東京っていう土地柄もありますね。
近藤淳也
そうですね。
でもちょっとリッスンスタジオ計画もこの前話していましたが、
桑原佑輔
そうですよね。
近藤淳也
バーを作るかどうか置いておいて、
スタジオぐらいはあってもいいかなって思うんですよ。
確かに確かに。
その収録の機材を整えておいて、
皆さんオンラインの収録とかしてたら、
一人分のマイクとかはあります。
あるとしても、
これが2人3人4人ってなってきたら、
その分の機材集めるのって結構実は難しかったり、
オフラインで撮ろうと思うと難しかったりすると思うんで、
対面でオフラインで、
例えば4人ぐらい集まって、
サッと撮れますよみたいなスタジオとかは、
ぐらいなら、
桑原佑輔
そうですね。
近藤淳也
ありなんじゃないかなみたいなことはちょっと思ってるんですけど、
はい。
せっかくアンノン京都っていうスマホ施設も運営してるので、
なんか絡ませられたりすると面白いかなみたいなこともちょっと考えたりはしてます。
そうですね。
桑原佑輔
観光ついでにラジオどうするかみたいな。
近藤淳也
京都観光ついでにちょっと、
はい。
桑原佑輔
収録どうですかみたいな。
近藤淳也
アンノンに寄ってラジオ1本撮って帰ろうかみたいな。
桑原佑輔
はい。
この間もでも実際あったじゃないですか。
近藤淳也
そうですね。
Xクロッシングさん。
はい。
ちょうど一昨日ですかね。
はい。
そのオフ会の前の日に、
まあそういう感じで、
とにかくその美味しいビールと、
ポッドキャストが撮れるっていう、
まあ多分日本で唯一のポッドキャストのお店。
なるほど。
だったんで、
はい。
本当に面白くて。
はい。
そこに行けたのも良かったですし。
はい。
で、普段声で聞いているいろいろなポッドキャスターさん、
声だけは知っているけどみたいな方々と直接お会いできて、
はい。
もう本当に、
この方があの方ですねみたいな方ばっかりだったんで。
なるほど。
はい。
本当楽しかったです。
桑原佑輔
いいですね。
すごい、
今後の展望
桑原佑輔
僕はいけてなかったんですけど、
楽しそうだなと思いました。
はい。
近藤淳也
はい。
で、まあちょっといろいろ本当に、
サービスへのヒートワークとか、
はい。
リスンでやるやらないは別として、
いろいろこういうことをやってますとか、
こういうことができたらみたいなことをいろいろ聞かせていただいたんで、
はい。
またそれをね、
リスンのサービスにもどんどん活かしていきたいなっていうふうに思いますし、
はい。
ちょっと今後こういうことができたらと思ってたことに対しても、
はい。
結構ポジティブな反応というか、
結構方向性としてはいいのかなっていうような手応えみたいなこともちょっと感じたことがあるので、
はい。
ちょっとそこは順番にサービスのほうに反映していきたいと思ってますし、
そこはぜひ楽しみにしていただければなと思ってます。
はい。
はい。
はい。
あとは今後またこういうやっぱり実際に使っていただいてる方の生の声聞くっていうのが本当に参考になって、
楽しかったのもありますけど本当に参考になったので、
はい。
定期的にそういう機会っていうのは作っていけたらと思うので、
またちょっとどういう形がいいかいろいろ考えますけど、
はい。
ぜひまたそういう機会があればご参加いただけたら嬉しいなというふうに思ってます。
はい。
はい。
桑原佑輔
ちょっと話それますけど、
はい。
この出張っていうか関東まで行くときに、
うん。
行きの車中はひたすらリッスンのことを話してくれている、
はい。
近藤淳也
そうですね。
桑原佑輔
はい。
ラジオを片っ端から聞きましたね。
近藤淳也
そうですね。
桑原佑輔
はい。
近藤淳也
行きもちょうどね、この車のロングドライブって、
はい。
ポッドキャストを聞くのには本当に向いていて、
そうですね。
最初は英語サーチというかリッスンで検索して、
リッスンのことを話してくださっているポッドキャストをしらみつぶしに全部聞くっていうのをやって、
結構多方聞いてたと思うんですけど、
はい。
割と気づいてなかったやつとかもあって、
はい。
そういうのも一通り一回時間たっぷりあるんで全部聞こうということで聞いていきましたね。
はい。
それも嬉しかったですよね。
桑原佑輔
そうですね。
リッスンについてすごいいろんな使ってみた感想であったりとか言ってくださっている方もすごい多くて、
はい。
ポジティブな意見もすごい多かったですね。
はいはい。
近藤淳也
そうですね。
はい。
それを聞いて、その後はオフ会に参加表明している方のポッドキャストを順番に聞くっていうのをやって、
気づけばもう関東まで行ってたっていう感じで、
早かったですね。
ポッドキャスト聞いてる間に、
はい。
ドライブも終わってということで、
ドライブも楽しくなって、
はい。
一石二鳥、三鳥みたいな。
はい。
そんなドライブでしたね。
桑原佑輔
でしたね。
近藤淳也
で、帰りはそのオフ会の音声を聞いて帰って、
ポッドキャストを収録しながら、
あの続きをドライブしているという。
すごいですね。
桑原佑輔
はい。
ポッドキャストづくしですね。
はい。
はい。
すごい楽しい旅になりました。
はい。
近藤淳也
ということで、リッスンオフ会を絡めた関東出張でございました。
はい。
はい。
さよなら。
桑原佑輔
さよなら。
20:39
Scroll