1. フラットの”ゆるっと”声カルテ
  2. 教えて!元保育士ママの子育て..
2024-02-27 1:02:21

教えて!元保育士ママの子育て、在宅ワークのこと

ゆでたまごさん
https://stand.fm/channels/62bd845c1459d9dde050ed1f
---
stand.fmでは、この放送にいいね・コメント・レター送信ができます。
https://stand.fm/channels/62bb8f981459d9dde0b4d3fb
00:01
フラット
みなさん、こんにちは。フラットです。ママさんドクターのフラットです。
今日は、5年後につながるラジオのゆでたまごさんと一緒にコラボライブをしようと思っています。
今回のテーマについてなんですけれども、元保育士ママさんであるゆでたまごさんから、ゆでたまごさん流の子育てとか、在宅ワークのこととか、
こういったところを中心にお話ししていければな、なんていうふうに思っています。
というわけで、ゆでたまごさんが来るのをちょっとお待ちしたいと思っています。
なんかね、気候が寒かったりとか暑かったりとかするので、少しみなさん体調いかがお過ごしでしょうか。
お昼のこの時間だと、もしかしたらなかなか人が来ないのかもしれないんですけれども、このままゆでたまごさんを待ちたいなというふうに思っています。
もうちょっとかな、誰か来るのをお待ち。ゆでたまごさんをね、今待っている状態になります。
うちの子どももとりあえずまだ大丈夫そうなので、このままお話ししていきたいと思います。
あ、ぺんけんさんこんにちは。
泣いていますが、ちょっとこのまま大丈夫かな。
ちょっと待ってください。
大丈夫かな。
泣いていますが、とりあえず大丈夫そうなので、このままゆでたまごさんの登場をね、お待ちたいと思っています。
ちょっと時間があれだったかな、早く始めすぎちゃった。
なんか風がめちゃめちゃ強いですね、今日。
天気もね、あんまり良くなかったりするのが続いていて、なかなか気候が安定しないですね。
とはいえ、なんか2月にしてはね、全体的に暖かいなぁなんていうふうに思って過ごしています。
あっという間にね、2月も終わってしまいますね。
この恐怖。ね、春一番なんですかね、どうなんだろう。
なんか、あの、もうちょっとあれですよね。
あの、つい2週間か2週間前ぐらいに春一番が吹いたらしいっていうのをちょっと聞いたんですけど、
03:02
フラット
どうしたらそれなのかもしれないかなと思っています。
もしかしたらそれが春一番で、今はもしかしたら単年にね、恐怖なのかもしれないんですけども。
ゆでたまごさんいらっしゃったので、ちょっとね、お呼びしたいと思います。
ゆでたまご
こんにちは。
フラット
こんにちは。
ゆでたまご
すいません、初めてすぎて迷子になってました。
フラット
あ、全然全然。
ゆでたまご
2分、3分もお待たせしちゃって。
フラット
全然大丈夫です、大丈夫。初めてだとわかんないですよね。
ゆでたまご
いやー、すいませんでした。
フラット
はい、というわけで、大丈夫ですか、うちの方は。
ゆでたまご
はい、大丈夫です。
フラット
はい、じゃあちょっとね、ゆるっとお話ね、聞いていければいいかなっていうふうには思っています。
で、ちょっとね、今回どうしてゆでたまごさんになんかお話聞こうかなっていうふうに思った理由としては、
私、もともと今3人の母っていうことがあって、ゆでたまごさんと一緒に共通点があるっていうことがまず第一で、
ゆでたまごさん自身ずっと配信で子育てを中心にお話をされていたのもあって、
元保育士さん目線で、なんか子育てのこととかってどういうふうに考えていらっしゃるのかなっていうのを聞きたかったのと、
あとそうですね、時間がおそらくこう、何ていうのかな、ずっと全部家事とか育児とか全部ゆでたまごさん自身が覆われていると思うんですけど、
そういった時間の中で、今情報発信をしている目的とか、あとなんかもし時間管理術みたいなものがあれば伺えればなぁなんて思っています。
よろしくお願いします。
ゆでたまご
よろしくお願いします。やー、赤ちゃんが。
フラット
そう、ちょっとうじゃうじゃ言ってますけど、多分大丈夫かと思いますので。
ゆでたまご
ゆっくりとよろしくお願いします。
フラット
ぜひぜひよろしくお願いします。
というわけで、ゆでたまごさんの自己紹介をね、していただければなぁなんて思っています。
ゆでたまご
はい、ゆでたまごと申します。平日午前中にスタンドFMです。
3人の子育てをしていて、
フラット
免証、小3、入浴、女、女、子育て、
生きる経験とかの子どもと子育てが大好きなので、その辺のお話をしています。
ごめんなさい、ちょっと音がちょうどちょっと切れちゃったんですけど。
ゆでたまご
はい。
フラット
大丈夫ですか。で、免証さんと小3と、小6さんでしたっけ。
はい、小6の息子です。一番上が。
のお子さんのママさんということですよね。
06:01
フラット
で、ちょっと今日ね、いろんなことを少し、ゆでたまごさんの深掘りみたいな形で聞けていければなぁなんて思っているんですが、
ちょっと泣いているので、ちょっと待ってください、一瞬。少しだけ待ってください。
あ、戻りました。大丈夫です。よろしくお願いします。
声がきれいに癒されました。
よかった。ありがとうございます。
で、それで、まず今の発信活動のきっかけとか、
あと、今、子育てについて情報発信を主にスタイフとか、あとブログもやられてますよね。
はい。
で、されていらっしゃるんですけど、こういった子育てについて発信していきたいっていうふうに思ったきっかけとかっていうのは、なんかあるんでしょうか。
めっちゃ泣いてる。すいません。こんな感じで、ゆるっと。
ゆでたまご
緊張してるので、泣き声がほんと、ゆるみます。
フラット
あー、よかったよかった。こんな感じで、ゆるっとお話、雑談ベースな感じになっちゃうかなと思うんですけどね。
お話ししていければと思うので、ぜひ緊張せずに。
ゆでたまご
もうですね、子育てについて発信しようと思ったきっかけは、なんだろう、自己紹介でも言ったんですけど、子どもと子育てが大好きっていうところが根っこにあって、
もともと発信活動を始めたのが2年前、丸3年前かな。
年少の娘が幼稚園に入るよって、一番下の娘が幼稚園に入るよってタイミングで、
何か家でやろうかな、パークに出ようかなみたいなところで悩んだのが始まりで、
やっぱりその時に自分と向き合って、今自分が何がやりたいかっていうのを突き詰めたところ、やっぱり我が子の子育てがしたい。
保育士として現場に出ること、相手の現場に出て子どもと関わりたいって思ったんだけど、時間が合わなくて。
外に出て子どもと子育てに関わる保育園とか幼稚園とかそういうところで働くのがちょっと難しいから、じゃあ家で何かしようかなって思った時に、
保育士っていう資格を持たせた発信っていうのをしてみたいなと思って、ブログとSNSを始めたっていうのが一番初めです。
フラット
そうだったんですね。一番初めに発信媒体としてはあれですか、ツイッターですか?
09:02
ゆでたまご
そうです。ツイッターが2021年の11月、ツイッターなんてわかんないアカウントなんか持ってません状態から発信させました。
フラット
そうなんですね。ちょっと最近の放送でもしっかりできるだけ毎日配信されているっていう形で、子育て系の配信されていらっしゃいますよね。
ゆでたまご
平日、午前中って決めて。本当は休日に配信したいなって時があったんですけど、やっぱり声だとかこの話、ちょっと難しいな。
それは原因になっちゃうので。
フラット
なので、平日っていう形にして、自分にゆとりを配信できる形をとっています。
なるほど。基本はやっぱりお子さんとの関わりというか子育てをメインにしながら、プラスアルファ自分の自己実現みたいな感じですかね。そういうのをやっていきたいって思われているっていうことですよね。発信活動をしながら。
ちなみになんですけども、ちょっと私ゆで卵さんの音がちょっと遠くて、皆さんどうですか。
私ちょっとブツブツ音がきて、実はちょっと切れ気味になってしまっているんですが、皆さんどうでしょうか。
もしかしたらちょっと電波の状況みたいな感じなのかもしれないんですけど、皆さんどうですか。
大丈夫。じゃあ私の問題かな。もしかしたら。今音って聞こえてますか。
ゆでたまご
ネットワークが不安定ですって出てますね。
フラット
なるほど。どうしようかな。私の声って皆さん聞こえてますか。
はんなさんは大丈夫。ぺんけいさん声は聞こえてますよ。ゆで卵さんの声も聞こえてますか。
私の問題?もしかして。
ゆでたまご
聞こえてますか。
フラット
聞こえてます。お二人ともって言ってる。じゃあそしたら私の問題かな。もしかしたら。
ゆでたまご
今風強いからもしかして。
フラット
そっかそっかそっか。そういうことなのかもしれないってことね。なるほどね。ちょっと私場所を少し移動したほうがいいかな。
移動して頑張って腕を上げてスマホを持っているので。どうだろう。
でもかなり私今クリアーに聞こえるようになったな。
とりあえずこんな感じでいけるのかな。ちょっと待ってくださいね。ちょっとだけ待ってください。そしたら私も少し移動しますんで。
12:00
フラット
わかりました。じゃあ大丈夫です。ちなみにちょっとまた話を続けていこうかなというふうに思っているんですけど、その12年とか2021年から発信活動をされて、だいたい丸2年ぐらい経ってきてると思っているんですけども、
やっぱりこう発信活動をしていく中で、お子さんとの関わり方とかっていうのは変わってきてるとか、そういうものっていうのはいい影響っていうのかなっていうのはあったりするんでしょうか。
どうですか。ありますね。
具体的にはどういうところが。
ゆでたまご
子どもとの関わり。
結構私感覚人間なので、保育士していた経験だとか、今まで長男から12年間子どもと関わってきた経験だとかで、なんとなく言葉かけをしていたり関わり方をしていたりしてたんだけど、その発信で言葉にするっていうことで、
私こういうことをやってたんだなとか、こういうことは何だろう、主体性だとか、そういう実質性だとかにつながる言葉かけをしていたんだなとか、そういうふうに発信することで自分の関わり方を言語化というか認識というかしていったし、その発信するためにじゃないですけど、
今そのマインドフルネスを学びながら、子育てにも取り入れながらやってるんですけど、そのマインドフルネスで学んだことを一緒に子どもたちとやってみようとか、そういうふうな実生活の変化がありましたね。
フラット
【佐藤】なるほど、ちなみに今ちょっとお話が出た、そのマインドフルネス子育てっていうのは具体的にはどういうことなんでしょうか。たぶん1回放送があって、何回か今シリーズっていう形でご自身学ばれて、実践されているってことだと思うんですけど、
そのマインドフルネス子育てということに興味を持ったきっかけっていうのとか、実際に本当に学ばれている範囲内でいいんですけど、どういうものを目的としているのかとかっていうのを少し教えていただけると嬉しいなと思っています。
ゆでたまご
そのマインドフルネス子育てっていうものを私もまだ学んでて咀嚼している最中なので、こういうものってわかりやすくどうしたら伝えられるんだよだろうなっていうのを思ってるんですけど、
でもマインドフルネスって元々心の在り方みたいなところで、今目の前に起きていることだとか、そういうものに集中をして脳をリラックスさせるんですよね。
15:06
ゆでたまご
そのリラックス効果っていうのがものすごくて、その穏やか思考の整理になったりだとか穏やかに過ごしたりだとか、その時間の充実、その1日の充実度を上げられたりだとか、そういうものが繋がり繋がって幸福度を高める方法としてあるみたいなんですよね。
そうで、その幸福度を高める方法を子どもたちに伝えることで、子どもたちも自分自身で幸せな方に、自分自身でこのスペースの社会、乗り切るというかストレスをうまく扱って大人になっていけるようみたいな、すいません、わかりづらかったと思うんですけど。
フラット
自分でこうなんですかね、考える力をつけていくとかそういうことになるんですか、心の在り方っていうと。
ゆでたまご
そうですね、なんかこうマインドフルネスっていう、例えばその、例えばご飯を食べているときにそのご飯だけに集中をするとか、ちょっとした意識、ちょっとした気づき。
できることで、結果的に幸せ、自分のその幸福度を高めるスキルっていうのかな、そういうのを身につけていくことを目的にしているのがマインドフルネス子育てなのかなって今。
フラット
なるほどなるほど、そうするとお子さんに対して、今のこうなんていうのかな、目の前にあるお子さんが感じられる力って言うんですかね、今をしっかり感じ取る力で自分が何が好きで何が好きじゃないかみたいな、そういうことをなんていうのかな、考えていくってことなのかな、そういう感じであってますか。
そうです。
なるほどなるほど、なるほどなるほど、そういうのをお子さんに今後生きていく上で、生活していく中で大切なことをお互いに知っていくって感じですよね。
ゆで卵さん自身もマインドフルネスを実践しつつ、お子さんにもそういったマインドフルネスっていう今の今に集中しようってことですよね。
フラット
そういうような考え方をシェアしていくって感じでいいですか。
ゆでたまご
そうですそうです。
フラット
あってます?あってるかな?私もなかなか難しくて。
あったあった。
本当に?よかった、こんな感じなのかな。
ゆでたまご
大きすぎますね。
フラット
いやいやいや、よかったよかったって。
なるほど、ちなみにその興味を持ったきっかけって、はなさんが面白いですねって。
18:01
ゆでたまご
ありがとうございます。
フラット
よかったよかった。
ちなみにそれ、今のそのマインドフルネス子育てって、私ゆで卵さんから聞いたときに本当初めて知ったんですけど、何かこれって興味を持ったきっかけっていうのはあったんですか。
ゆでたまご
ありました。フラさんと同じじゃないですけど、フラさんもご経験されているヒアさんの教示を受けたのがきっかけです。
フラット
なるほどなるほど。
ゆでたまご
なのでその、ここだから言いますけども、私の活動をSNSの発信、本当に今年、去年の年末、12月に本当に悩んでて、
チャレンジしてみようか、でもこっちが中途半端だしなーって、本当に悩んでたときにヒアさんの教示を受けさせてもらって、自分がよくできる場所に置いたほうがっていう話をして、
それが今海外で注目されてるみたいなんですよね。
フラット
なるほどなるほど。
その海外のトレンドっていうのはちょっと遅れて、
ゆでたまご
だからゆで卵さんの発信に取り入れてみてはどうかっていうご提案をいただいて、そこで初めて出会ったんですよ。
フラット
あ、そっかそっか。じゃあ、もともとそのマインドフルネス子育てっていうのをゆで卵さん自身が興味があったというか、もともと知っていて、
それについて発信したらどうですかっていうよりも、コンサルを受けた際にこういうのがありますから、なんかこうちょっとどう、なんか興味あるんじゃないですかみたいな提案をしていただいたって感じなんですね。
ゆでたまご
そうですそうです。
フラット
あ、なるほどなるほど。
ゆでたまご
お借りして、そういうものがあるんだと思って、
インターネットの情報だとか、あとその化石だとか、そういうものをやったり、ちょっとずつ実践していく中で、
瞑想とか、全くヨガとか、静かに何かを集中してやるっていうよりは、
プレボールとか、スポーツ系の人間だったので、そういう縁がなかったんですよね。
やっぱりなんかこうちょっと静かな環境で、スピリチュアルなイメージですよね、マインドフルネスって。
そう、だからなんか無縁だったんですけど、
フラット
今の幸せに気づいたとか、
ゆでたまご
自分の気持ちの整理をつけるだとか、そういうのもあって、ちょっとずつ取り入れていくうちに、今まで私やってきてたなっていうのが見えてきたんですよね。
21:08
フラット
今までやってきてたなっていうのは、
例えば、実践、自分なりに咀嚼しながら、実践してきたなっていうことですよね。
ゆでたまご
旦那さんの夫婦関係というか、
例えば旦那さんが不機嫌で、
自分のせいだと責めた時もあったんだけど、
今、その自分の状況は別に旦那さんから何が言われているわけでもないし、思い当たることもないし、
その旦那さんの不機嫌は旦那さんのせいというか、旦那さん自身の問題で私の問題ではない、
だから自分のせいではないから大丈夫みたいな、そう言ってたんですね。
知らない時に。
子供がイライラしてる時も、子供のイライラに感情をもらわないで、
気持ちはこういうことを感じていて、今こういう景色を見ていて、原因で泣いているんだろうな、
でもそれは私には関係ない、関係ないって言ってられるんですけど、
私の問題ではないから、今はその子供の気持ちに寄り添って言葉をかけて、
時間をかけて落ち着かせてあげれば大丈夫だな、みたいな、
そういう気持ちの整理を子育てをしている中でしてきて、
それに通じるものがあるなと思ったんですよね。
フラット
なるほど、なるほど。
ゆでたまご
だからそれを今のやってる自分の子育てとか関わり方、子供が結構多いと、
マインドフルネスっていうものについて、
一つ皆さんにお伝えするような形にしたいなと思って、
今年頑張っているところです。
フラット
なるほど、なるほど。
それって、すごく今お聞きしていると、やっぱりたっかんしてるというか、
高い膝から感情的じゃなく見れてる気がするんですけど、
それっていうのは、いつからできるようになってきてるんですか?
うん、うん。
ご主人の夫さんのこともそうですし、お子さんのこととかもそうだと思うんですけど、
私結構その目の前のことに集中しちゃうから、
なんていうか、焦っちゃったりとか、
例えばそれで、なんだろうな、そればっかりに感情に振り回されちゃったりとかすることがあると思うんですけど、
そういう少し、自分の感情とちょっと切り離して、
24:00
フラット
ちょっと上の方から全体をトータルして見れてるっていうのは、
どのタイミングからできるようになってきたんですか?
ゆでたまご
そうですね、きっかけ。
フラット
まあ全然、いつ頃からとかだと全然しなんとなくでも出てくるんですけど。
多分、息子が小学校3年生だから何歳?
今6年生ですよね。一番上のお子さんですもんね、息子さん。
ゆでたまご
そうです。12-9は?3年?
フラット
うんうん。
3年か。
ゆでたまご
多分3年前ぐらいからがターニングポイントだったと思います。
問題行動を起こし始めたんですよ。
フラット
息子さんが?
ゆでたまご
そう、今だとすごい素直で真っ直ぐで、
母親思いで、学校でも友達関係でもなくも私が尊敬しちゃうぐらい、なんだろう。
フラット
なんかね、真っ直ぐっていうお話をよく聞いたことがあります。
なんですけど、
ゆでたまご
息子3年生の頃に嘘とか、
お店のものを盗んじゃったりだとか、
フラット
私の財布からお金を取って隠れて買い物に行ったりだとか、
ゆでたまご
隠れてコソコソしていたりだとか、
私から見て問題行動があって、
フラット
その時の周りの人は結構、
あらあらって泣きたいと思うんですけど、
ゆでたまご
保育士の子供の方は、
フラット
ちょっと心のサインだなっていうのが分かっちゃう。
なるほど。
ゆでたまご
それまで私は子育てができるみたいなプライドが高かったんですよ。
フラット
保育士だし、周りからも保育士さんだからもう全然大丈夫よねとか言って、
ゆでたまご
可愛いと言われていて、
結構プライド高く持ってたところがあったんですよね。
なんだけど、その息子の姿を目の当たりにして、
私全然できてなかったって、
ハッとして結構沈んで、
旦那さんは息子を叱るんですけど、
自分のお前のせいだって聞こえて、
フラット
お前のせいだっていうのは、
ゆで卵さんのせいだってことですか?
旦那さん、私が専業主婦で、
ゆでたまご
任されている立場で、
こういう息子の姿が問題が起きているこの状況を、
フラット
お前が作っているものが存在なのに聞こえちゃってて。
なるほど。
言ってないんだけど、自分に聞こえちゃって。
たぶんゆで卵さん自身も、
27:00
フラット
しっかり役割分担があるんですよね。
確かご主人はしっかり仕事、
それ以外は全部ゆで卵さんって形なんですよね。
昔の配信を聞いたんですけど、家計のこととか、
あと住宅のこととか、基本的に仕事以外のことは、
ゆで卵さんが全部追ってるって言い方していいかわからないけど、
役割分担がしっかりされていらっしゃったんですよね、もともと。
ありがとうございます。いろいろ聞いていただいて。
ゆでたまご
いえいえ。
そうなんです。
その辺から自分を振り返ったら、
自分の中でこういうお母さんになりたいっていうのがあったんですよ。
子育てが、保育士時代からの夢で、
自分の子育てができるってすごく楽しみにしたんだけど、
いつもこの子の姿を見て、自分のことを振り返ったら、
いつも眉間に幸せてるし、不機嫌で。
なんか違うお母さん。
思い描いてたお母さん像と違うって、その頃だったんですよね。
そこからですね、いろいろ育児本だとかを学び、
学び学び、保育も学び直して、
うちに資格を取ったとか、
そんな大それたことはしてないんですけど、
本だとかをいろいろ読んでいくうちに、
今のマインドとか関わり方だとかになっていったって感じですね。
フラット
なるほどなるほど。
そこで息子さんに対して、
少し軌道修正をできるようになってきたってことなんですかね。
そうすると。
ゆでたまご
そうですね。
直接的にこうしたからこうなったってわけじゃないけど、
息子の成長もあるとは思うんだけど、
関わり方を変えなかったら、
今もっと私も息子も困ったことになっていたんだなって思ってます。
フラット
なるほど、そうなんですね。
わかりました。
ちょっと待ってください。
みゆんさん、こんにちは。
はじめまして。
いがらしさん、みしこさんありがとうございます。こんにちは。
ハンナさんは育児はわからないですよね。
そうですよね。
やっぱりその3年前っていうと、
妹さん、一番下の妹さんがやっぱり生まれたタイミングとか、
そういったやっぱり環境の変化とかもあったんですかね、やっぱり。
ゆでたまご
ありましたね。
妹が生まれて、
息子にとっては、
でも皆さんあるあるわかると思うんですけど、
ママを奪われたみたいな感じ。
息子はこういう、
出産の時も実家にポンと預けて平気な子だったんですよ。
だからすごい頼りがいあるな、ありがとうみたいな感じだったんだけど、
やっぱり心の中では寂しくて、
やっぱ娘がお家にいて、
僕にあまり構ってもらえない寂しさが積もり積もって、
30:02
ゆでたまご
小3で爆発したんだろうなって思ってます。
フラット
なるほど。
そうするとやっぱりもともと保育士さんだから、
多分ちょっとそれも昔聞かせていただいたと思うんですけど、
保育士さんだからやっぱりこういうのはできるかなっていうふうに思っていたけれども、
実際お子さんと関わる、本当に他人のお子さんではなく、
自分のお子さんと自分の子供と関わる時っていうのは、
ゆでたまご
やっぱり全く勝手が違ったっていう感じがやっぱり大きいですか。
大きいですね。
やっぱ保育士として先生として関わっていたときと、
親として関わっていたときっていうのは全然違くって、
それに気づけなかったから、
なんかお互い子供として気づくような感じがします。
フラット
なるほど。
じゃあやっぱりこうあれですね、
3年前からそういったちょっとご家族との環境の変化、
なんていうのかな、関わり方の変化があって、
さらに娘さんが年少さんに上がるタイミングで、
もうちょっと家庭のことから少し離れてっていう言い方でいいのかな。
ではなくて、いろんな在宅ワークとかを始めてみたいっていうふうに思ったって感じでいいですか。
ゆでたまご
そうですね。
フラット
そっかそっか。
ちなみにその在宅ワークとか今やっていらっしゃる、
今だとあれですか、ライターさんとかがメイン、
どれがメインで自分の中では育てていらっしゃるっていう感じなんですか。
在宅ワーク的には。
ゆでたまご
いろいろやってるんですけど、
私もまだ試行錯誤中で、
結構ごちゃごちゃしてる状態ではあるんですけど、
今年はちょっと今まで積み上げてきたものの形にしたり収益化をしたり、
ちょっと力を入れようかなって思っているので、
まだまだ先日、いや今日か、
フラット
メンバーシップですよね。
ゆでたまご
関節をしてみたりだとか、
ブログが今、メンバーシップの第一番目の配信でもしてるんですけど、
見られるようなブログに育ってきたので、
フラット
おーすごい。
まだね、進化されてない。
ゆでたまご
今、企業さんからちょっとお声掛けいただいて、
もらえるようなご提案をいただいているので、
それを進めていたりだとか、
ブログに紹介できるような、
Kindleのフォームをやって、
フラット
モテるようにプロデューサーの方に話聞いてみたりだと、
33:05
ゆでたまご
今していて、
フラット
ブログの更新だとかには力を入れられない感じなんですよね。
そっかそっか、そうなんですね。
ゆでたまご
なのでウェブライターに、去年の初めから挑戦してきたんですけど、
ウェブライターとしては、あまり今活動はできていなくて、
ウェブライターで始めた仕事から、
その同じクライアントさんから、
僕のブログの運営のお手伝いしてくれませんかっていう話になって、
1年近く継続で、
月いくらっていう感じでお仕事を、
フラット
ブログのお手伝い、運営のお手伝いをさせていただいているっていう。
なるほどなるほど。
そうなんですね。
ちなみに、
ハンナさんがいろいろチャレンジされててすごいですって。
ゆでたまご
ありがとうございます。
フラット
私、ゆで卵さんのすごいところっていうのは、
何個かある気がしていて、勝手に思っていて。
私も自分が3人いるからなんですけど、
3人お子さんいて、
かつ自宅保育されていらっしゃって、
いろんなことをチャレンジする。
時間の管理とか、
やり方っていうのかな。
時間管理術とか、
どういったところは手は入れてるけど手は抜いてるとか、
どういうふうにいろんなことを管理、
いろんな副業とか、
そういうお仕事って管理されてるんだろうっていうのをめちゃめちゃ気になっていて、
そこらへんってご自身でどういうふうに、
生活リズムとかどういう形で支えられているんですか。
本も結構読まれてると思うんですけど。
ゆでたまご
本読まれてないですよ。
読まれてない。
フラット
朝読書の時間取ったりとか、
ゆで卵さんってあれですよね。
一気に本読まないと、
ちょっと気になっちゃってしょうがないっていうタイプって、
前どっかでおっしゃってませんでしたっけ。
ゆでたまご
すごいですね、村さん。
フラット
記憶力が。
ゆでたまご
私も忘れてますよ、それ。
フラット
そんな話を聞いてて、
それだったらオーディブルの方がいいんだよね、
みたいな話をどっかで聞いたことがあって。
ゆでたまご
そうです、そうです。
一気に読み進めたいタイプなんですけど、
物語系は一気に読みたくて、
読んでる時間めちゃめちゃ入れられるとストレスになっちゃうんですけど、
私本だとか、マインドフルネスの本だとかは、
詳細ごとで区切れるから、
だから冊数は読んでないけど、
ちょこちょこ読んでるって感じですね。
時間管理術、こうしてますっていうのが言えないなと心苦しいんですけど、
36:06
ゆでたまご
でも、家事は思い切り手を抜いてます。
フラット
なるほど、どういう感じで手を抜いてらっしゃるんですか、具体的に。
ゆでたまご
やらないことをやっていて、
まず洗濯物は畳まないし、
フラット
ちなみにそこらへんちょっと聞いてもいいですか、
洗濯物は畳まない、私洗濯物めっちゃ嫌いで、
畳むのところまではいいんですけど、戻すのが一番嫌いで、
ゆでたまご
戻す、しまうってことですか。
フラット
しまう、そう、畳むのまではいいんですけど、
積み上がった各々の洗濯物を各々の場所に戻すっていうのがめちゃめちゃ嫌いで、
それってどうされてるんですか。
ゆでたまご
戻してないです。
フラット
戻してないって、どういうことどういうこと。
恥ずかしい。
いやいやいや、聞きたい聞きたい、どういうことですか、めっちゃ聞きたい。
戻してないっていうのは、どういうことだ、
つまり、お子さんにちょっとよろしくって感じですか。
ゆでたまご
そうですね、もう私も畳んでしまうってことが多くて仕方なかったし、
時間も取られてたので、やめて、
嬢さんの娘にはぐちゃぐちゃでもいいから、
とりあえず半袖、長袖、ズボン、長ズボンっていうそのカテゴリー別に突っ込んでればいいから、
とりあえずしまってくださいっていう仕事をあげました。
フラット
なるほど。
ゆでたまご
それで息子は、しまってくださいができない子なんですよ。
本当に超苦手でやりっぱなし人間なので、
もう息子の棚は、ベランダに干して取り込むんですけど、
そこに息子の洋服棚を置いて、
フラット
その裏の方に積み上げておきます。
なるほど、なるほど、そっかそっか。
ちなみになんですけど、もう一個、
ちょっとみんなあのあれですよ、家事のこと、めっちゃ言ってますよ。
あ、甲さんこんにちは。
こんにちは。
花さん私もって言ってる。戻したくなくて積み重なってるって。
甲さんが洗濯物嫌いな人ここにもおって。
みちこさんが私も洗濯物畳めませんって言ってる。
みんな一緒。やっぱ洗濯物めんどくさいんだな。
ちなみにじゃあもう一個だけちょっと突っ込んでも聞いていいですか?
その洗濯物なんですけど、夫さんのはどうされてるんですか?
ゆでたまご
夫のは、下着だとかはもう書店の場所にお風呂場のカゴに突っ込む。畳まない。
フラット
なるほどなるほど。
ゆでたまご
自分もそうですね、突っ込んで。
で、毎日着る作業着だとかそういうのは決まってるから、
もう半分はかけっぱなしで脱衣所にタオルかけあるじゃないですか。
フラット
わかりますわかります。
あれにかけとく。
なるほどね。
そっか、やっぱりそういうのが一番いいのかな。
39:01
フラット
いやもう私どうしていいかわからなくて洗濯物。
本当に嫌いで。
食器の片付けも嫌いなんですけど。
嫌いですか?
あ、みちこさんが言ってる。
全て全自動で乾燥までしているので外に戻しません。
いやね、本当にそれがねやっぱり一番いいですよね。
うちまだ子供が、なんか私の話なんですけど、
うちまだ子供が小さいんで、自分で片付けてよろしくっていうのがやっぱりできなくて。
それでなんか保育園に持ってくから、そのままぐちゃってやっていくのもちょっとなんか、
それもなんかなって思って、一応畳んである洋服が今もなんですけど、
ダイニングテーブルの上に積み上がってます。
ゆでたまご
上の上のたんこぶ状態で。
フラット
そうそう。それで毎朝ちょっとこの洗濯物の山の中から、
ちょっと自分で着るもの選んで持ってってねってやってます。
そうなんですよ。
もうね、そうそう今そのうちなんですけど、今ちょうど2月から夫がいなくて、
単身で今いなくなっちゃってるので、
まあいっかと思って、多少汚くてもいっかと思ってそのまま放置してるんですけど。
ゆでたまご
いい。
フラット
そうなんですよね。
なんか言ってるんです。
かけてあげるの偉いです。
私はすぐ朝も着るから夫のは着替えるタイミングで乾燥機から出してそのまま渡してます。
あ、なるほど。それもいいかもしれない。
確かに楽。
あ、やっぱみんなそうやってやってほうがいいんだ。
もうじゃあ全部私やらなくてもいいって今ちょっと気がつきました。
もうちょっとしたらそれはやろうかな。
そうしよう。
なるほど。
みちこさんは旦那さんも山から勝手に自分で取ってます。
カゴにぶち込んでおいてそこから取れれば良し。
やっぱここらへん時間のテクの一つですよね。
そうですね。
確かにいいいい放置放置ってめっちゃ言ってる旦那さんも。
みんさんはうちは洗濯物畳むのもしまうのも私です。
夫家事何もしない。
なんて言ってる。
旦那さんは山っていう表現いいですねって。
私今これをきっかけに洗濯物システムもう一回ちょっと構築し直します。
洗濯物の山。
そうか。
そうしたら他にも時短とかここは削ってますみたいなのってありますか。
ゆでたまご
基本やっぱり私今専業主婦なのでできるだけお金をかけずに節約をしながら暮らすっていうのがベースにあって。
42:03
ゆでたまご
その前児童の乾燥機も超魅力なんですけど、
そういう電光レンっていうのは使ってなくて。
なので具体的に参考になるかなってことは買い物は日っていうのを決めていくとか。
フラット
なるほどなるほど。
ゆでたまご
昔は広告とかに振り回されてたけど、
もうこの日って決めてその日の出会いで買うみたいな。
フラット
週1回決めてってことですよね。
ゆでたまご
買い物と運動を掛け合わせていくとか。
フラット
ちょっと遠出みたいな感じですかそうすると。
ゆでたまご
そうですねちょっと歩いて行ったりとか。
あと何かあるかなと。
料理だったらメニューはパターン化してます。
フラット
パターン化ってどういうことですか。
ゆでたまご
パターン化ではないですけど、決まったらこの日はこのメニュー、この日はこのメニューっていうんじゃなくて、
あるものでちゃちゃっと作れるものを。
フラット
すごいすごいさすが。
さすがなんですけど私もう家の中であるものちゃちゃっとなんて今できないな。
できない。
だって私本当にワンオペの日の1日の食事めっちゃひどいですよ。
朝は休日のある1日のあれは朝。
朝は子供たち2人ともパン。
昼はチャーハン。
おやつマックのポテトとナゲット。
夜はうどんっていうもうとんでもない。
超人に話せないような内容のやつやってますよ。
本当に。
そこら辺でね、もうここは手抜きでいいやみたいな感じでやってるんですけど。
そっかそっか。
ゆでたまご
子供たちに料理仕込んでます。
フラット
どの世代から仕込んでるんですか。
ゆでたまご
小三娘で今ホットケーキおやつ系ができるようになったので、
フラット
何で作ってるんですか。火を使ってるってこと?
ゆでたまご
うちIHなんですよね。
フラット
IHか、そっかそっか。
ゆでたまご
IHなので、娘に簡単なお菓子作りが好きで娘が興味を持ったっていうのがきっかけなんです。
ホットケーキミックスとか使わないで小麦粉とベーキングパウダーと砂糖と分量を教えたら結構できるようになって。
フラット
ホットケーキミックスじゃなくて作ってるんですね。
すごい。
ゆでたまご
めっちゃ好きなんですよ。
だからその応用でホットケーキからマフィンにしたり、パウンドケーキにしたり、野菜入れたらご飯にもなるし。
45:00
ゆでたまご
お好み焼きの生地も作れたりするから。
フラット
すごい。それ今度ぜひ教えてください。楽しすぎる。
そっかそっか。
ゆでたまご
息子も、息子は私が娘の料理を仕込むっていうのをきっかけに料理に目覚めたからちょっと学年は上にはなるんですけど。
今も、そうですね、チャーハン、焼きそば、おやこ丼か、あと炊き込みご飯か、その辺も作れるようになったから休日とかはちょっとそれ作らないって言って、
作らないって言って作ってもらってます。
フラット
すごい。料理できる男の子ね、ちゃんと育てたほうがいいなって話聞きますよね。
ゆでたまご
楽しそうにやってるから。
フラット
そうなんだ。いいですね、それ。うちもなんかそういう風にしよう。
そうするとあれですか、自分でお昼とか朝とかはちゃちゃっと自分たちで用意できるってことなんですか?ってことですよねきっと。
ゆでたまご
そうですね、でも朝は前日の夜の夕飯の片付けの時に一人ずつご飯を持っておいて、ギリ何かしらかけるものをかけておいて、味噌汁温めるだけ、ご飯も温めるだけで出すので全く時間かかってないです。
フラット
なるほどなるほど、でもやっぱり長い間宣言主婦さんもやられているからこその時短テクって感じですね。
本当に。
ゆでたまご
私もそう思ってないから、ここで話して、いつもの風景を話してフラさんにそう言ってもらえると、あ、そうだったんだって。
フラット
そうでしょそうでしょ、だって私なんか子供と一緒に、料理は時々ホットケーキミックス混ぜるとか卵入れるとかそこまではできるんですけど、やっぱりそこから例えばちょっと卵飛ばさないでよとか、めっちゃ汚れるじゃんとか、もうちょっと私頑張ってんのになみたいなのも途中で嫌になっちゃうから。
そこをたぶん乗り越えると、ある程度ちょっと学年が上がってくると、自分でどうぞみたいな形になるのかなと思うんですけど、そこの山がまだ乗り越えられてないなと思って、ふと思いました。
ゆでたまご
確かにその山はありますね。やりたいのにできないとやっぱりこっちもイライラしちゃいますね。
フラット
めっちゃイライラしますよ本当に。卵割りたいとか言われて、割ったらいいけど殻はいっぱい入ってるとか。
そうそうそう、手間かかるじゃんみたいな。めっちゃ思ってますよ本当に。
ゆでたまご
でも子供だけの料理なら殻入りで食べさせちゃえばいいと思います。
なるほど。
一回ね、殻入りするとすごい口に残って嫌だから、危険じゃないレベルですよ。
48:06
フラット
分かります分かります。
ゆでたまご
で、殻が入ってたら嫌だって思いをすれば、次からその殻を入れないように頑張って割れるようになるから。
フラット
なるほど。そっかそっかそこもね、本人たちの学びになるわけですね。
そっかそっか、確かにそういう考え方もありですね。
何でもかんでもやっぱりこうなんかね、ちょっと出来上がったらいいものみたいなふうに思っちゃうから、そこでなんか手で出しちゃうけど、確かにそこで学びがあれば本人もね、本人たちもね、気づきますもんね。
そうですそうです。
なんかね、今すごい良いこと聞いた。
ゆでたまご
気をつけてくださいね。あのうちの子、若っ子だからやってらしてますけどね。
フラット
自己責任。
ゆでたまご
気をつけてください。
やるなら自己責任って言ってます。
フラット
ちょっと待ってくださいね。
ハンナさん、あ、ベンケンさんがプロの主婦さんやーって言ってます。
嬉しいな。
ハンナさんは休みの日はそんなもん。
私のたぶん昼ご飯ですね、きっと。
ハンナさんいい。
みちこさんが食事が一番面倒いですよね。
そう、食事面倒い。
もう私ね、皿洗いも嫌で。
冗談のようなんですよね。
コウさんが、みすめちゃんすごいって。
ハンナさんもすごいって言ってる。
ゆでたまご
ありがとうございます。
すごいですよね。知ってます。
フラット
ベンケンさんが、いからしさん、本当に最低3回は必ず毎日やりますよね。
そう、食事はね、やらないっていうのはできないから。
ハンナさん、自分でっていいですねって。
あと、どこにでも山があるって。
コウさん、危険じゃないレベルを体験。
そうそう、確かに体験はね、経験って糧になりますからね、子供にとっても。
結構いい時間になってきた。どうしようかな。
あと10分で聞けること。
じゃあ、そしたらもうちょっと最後になってくるんですけど、
さっき今年、一ついろんな副業とかそういうところにも、
副業でいいのかな、在宅ワークのことで、
一本何か立てていきたいみたいな形のお話があったと思うんですけど、
今年なんかこれやりたいとか、こうなっていたいみたいな目標とかって何かあったりするんですか。
ゆでたまご
そうですね、なんか自分の商品というか、
私はこういう人です、こういう発信をしてますっていう、
なんか一つ形になるような目標にしているのは、
Kindleの出版、本を出すってところですね。
フラット
なるほどね、そのKindleの出版っていうのは、
どういった人に届いてほしいとかっていうのがあるんですか。
51:00
ゆでたまご
そうですね、なんかその辺もまだ考え途中、試行錯誤途中なんだけれども、
過去の自分ですかね、理想としての子育てというか、
お母さんになれてないって昔の私、
お母さんへ届けられたりだとか、
あとなんだろう、今私専業主婦で、
あまりその習い事だとかにお金をかけられない中、
でも子供たちにできることをしてあげたいって思う中で、
マインドフルネスって別に高いお金を払って教材を買ったりだとか、
資格を買ったりだとかしなくても、
本当に日常の気づきとちょっとした意識でできることなので、
そういうことを同じ教群のお母さんたちとかお父さんたちに、
伝えていければいいなぁなんて思ってます。
フラット
そっかそっか、じゃあちょっと自分の過去の方に向けて、
お母さんのありたい像みたいなところを少しずつ変えていければ、
ゆでたまご
みたいな形なんですか、ということですね。
フラット
根っこ育てって正解ないし、
ゆでたまご
ある程度の根っこのところ関わり方の、
フラット
ある程度の正解があった上での親子の正解がある。
ゆでたまご
おのおののね。
上の部分だけじゃなくて、下の部分がまだ気づいてないというか、
皆さん見えてると思うんですけど、
昔の私みたいに一生懸命になりすぎてるお母さんたちの力抜いていいよ、
確かに確かに。
ぼんやりしててすみません。
いえいえいえいえ。
フラット
そっかそっか、じゃあでもKindle出版とかになってくると、
またちょっとそうですね、結構な分量書かなきゃいけなくなってきますもんね。
ゆでたまご
そうみたいですね。
簡単にできるよって言われててからそういう話を聞いたり、
ネットの情報とか見たりして、
じゃあ私でもできるのかなみたいな、
ブログ書いてるしできるのかなと思っていろいろ思ったうちに、
やっぱいろいろね、Kindle出版っていう一言でもいろいろ。
フラット
ありますよね。
ゆでたまご
できるかなっていう状態ではあります。
フラット
なるほど、いや本当にチャレンジ精神が旺盛ですよね、やっぱりゆで卵さん。
ゆでたまご
そうなんですかね、でもフランさんもそうですよね。
フラット
私はなんか思う、チャレンジ精神っていうか気になっちゃってしょうがないタイプですね。
いろんなことがちょこちょこ。
どれにどっぷりつかるわけでもなく、
ちょこちょこ私は注意が3万。
全部ちょっとつまみ食いして、
54:01
フラット
これでいいのかな、あれでいいのかなみたいな感じで。
ゆでたまご
でも基本的に私もそうですよ。
一緒です、一緒です。
フラット
そんな感じで過ごしていますね。
そっか、そろそろ終わりの時間になるんですが、どうしようかな。
ゆで卵さん、最後皆さんにお伝えしたいこととか、
ご自身のもし宣伝とかあれば、していただいてと思うんですけど、どうですか。
ゆでたまご
そうですね。
フラット
ちなみにメンバーシップ解説されたかと思うんですけど、そのメンバーシップ自体は、
一般通常放送はお子さんの話とか、お母さんとの関わりからのゆで卵さん流の気づきとかをシェアしていらっしゃると思うんですけど、
今日から解説したメンバーシップはどういった放送にしていきたいなとか、
どういったことをコンセプトにしているとか、そういうのがもしあれば教えてほしいななんて。
ゆでたまご
ありがとうございます、フラさん。
フラット
解説した理由は、子どもと子育ての話とそれ以外でジャンル分けをしたかったって。
ゆでたまご
表は、子育ての情報ってみんなが取れるものにしたいから、私が見ている子育ての景色を通常放送でシェアして、誰にも取れるようにしたいという思いがあって、
メンバーシップの方は、それ以外、今お話ししてきた副業だとか、夫さんのこととか、家計の管理だとかも丸投げされているので。
フラット
そうですよね、全部やられていますね。丸投げている。
すごいですよ、それやって全部やってるの。
ゆでたまご
その話を聞いて欲しいような、聞いて欲しくないような、合ってるような、合ってないような、今自身もまだ自信がないまではいかないですけど、
おもやけにドンとこれですよって、恥ずかしい気持ちもあるので、メンバーシップっていうちょっとクローズなところで話す場が欲しいなっていうので、解説をしてるんですよね。
ブログの話もするけど、正しい情報を取りに来るんじゃなくて、私みたいな副業に悩んでブログを運営してて、ブログが気になる方だとかのちょっとした役に立てればいいな、程度の話。
フラット
なるほど、なるほど。
メンバーシップです。
57:02
フラット
ハンナさんもメンバーシップされてらっしゃると思うんですけど、心理的な安全性っておっしゃる方多いですよね。
ちょっとお金を払っていただくことによって、かなり自分のクローズドの空間ができるから、話しやすいというかね、気軽にじゃないかな。
安心して話せる空間があるだけでも違うって聞いたことがある気がします。
ゆでたまご
そうですね。
私も聞いてる方もそうなってくれたらいいな、散歩よしって言うんですか。
お互い良くて、社会とまで行かず家庭がうまく回るようなそういう散歩よしの場所になれば、通常配信も含めてなればいいななんて思ってます。
フラット
あーそっか、応援してます。
私もメンバーシップなんてもう全然まだ考えられないから。
いやー素晴らしい。
楽しみですね、これから。
また聞かせていただきたいなと思っております。
ゆでたまご
こちらもふらさんの配信楽しみですね。なかなかちょっと耳が開かなくて。
フラット
いやいや本当にね、いろんな方ね、個々でね、皆さん本当に面白い配信されてるじゃないですか、カラーがあるというか。
だからなかなかね、確かに全員の方聞けないとは思うのはね、皆さん同じだと思うので。
私の配信はね、ほんとごっちゃりみたいなやつなので、何自分でやって何もちょっと迷子感があるので、私のはあれなんですけれども。
ゆでたまご
それが聞きたいです。
フラット
どうもありがとうございます。
楽しみにしてます、これから。
いやいやありがとうございます。
というわけで、ちょっと待って最後ですね。
はんなさんが素敵っておっしゃってる。
ゆでたまご
ありがとうございます。
フラット
みちこさんがぺんけんさん、こんだてを考えて買い物して作って食べさせて片付けてプロセスもたくさん嫌です。
もうわかりにすぎます。
みちこさん、スーパー企業家さんでかつめちゃめちゃなコンサルタントの女性で、配信すごく勉強になります。
こんなところであれなんですけど。
もしご興味ある方いらっしゃったら、みちこさんの配信聞いてください。私めっちゃ聞いてます。
ありがとうございます。
はんなさんは木材アーティストのはんなさんです。
聞いていただけた方は最後ちょっと紹介しようかと思うんですけど。
はんなさんは木材アーティストのはんなさんで、古典を今度夏にやられますよね、東京で。
はんなさんは今年はんなさんの木材アートを注文させていただこうかと思っております。
1:00:03
フラット
あっこさん、来てる。あっこさん頑張ってください。
あっこさんはね、生きてる毎日コンテンツのあっこさんです。
お話上手で声のかわいいあっこさん。
アーカイブ聞きます。ありがとうございます。
はんなさんがはんなさんの配信面白いですよっていろんな角度から楽しみです。
あとべんけんさんは英語のお話とかされていて、
すいませんちょっとかなりあれなんですけど、英語の話をされていたりとか、
もともとは私の仲良しのドクターでいいのかな、
みほゆみ先生のつながりでお知り合いになった方になります。
みゆさんもね、保育士さんですよね。
元保育士さん。みゆさんもね、元保育士さんの方になります。
ゆでたまご
ありがとうございます。
フラット
皆さんこんな感じでちょっと1時間ゆるっとお話ができたのではないかなというふうに思っております。
大丈夫かなこんな感じでどうでした大丈夫ですか。
こんな感じでちょうど1時間になりますので、
ぜひゆでたまごさんのお話聞いていただければと思いますので、
引き続き皆様よろしくお願いします。
ゆでたまご
お願いします。ありがとうございました。
あふらさんも本当ありがとうございます。
フラット
いえいえとんでもないです。あっという間の1時間でした。
そしたらこの時間でもう皆さんお昼も終わりだと思いますので、
またどこかでお会いできたかと思っております。
またありがとうございました今日。
ゆでたまご
ありがとうございました。失礼します。
フラット
皆さん聞いていただいた方もありがとうございました。
ありがとうございました。
ではまたお会いしましょう。皆さんもありがとうございます。
01:02:21

Comments

Scroll