あ、ジャケ写変わったの気づきました?あおり運転パブの話はいい加減にしろって怒れましたので、今回は別の話を。どうやって英語に出会って喋るようになったかを思いつくままに喋っていますなんの参考にもならないと思いますよ。

AI、石窯のロゴ、英語学習、プロンプトエンジニアリング、ミラー、聞き取りやすい英語、IT企業、コミュニケーション、ペイフォワード、文化的背景、ネイティブスピーカー、フィリピン人、TOEIC、中学英語、業務での英語、転職、24、英英字幕、言語と思考、性格変化、コミュニケーション、などのキーワードが出てくる雰囲気。

00:08
はい、もしもーし、キョウヘイでーす。というわけで、無題のなんちゃらキャストです。このポッドキャストでは、私、キョウヘイが思ったこととか、最近の出来事とか、好きだってラン人関係のことなどを、適当かつ無責任に、非常に生半可な知識で、下かぶって話します。そういった内容ですね。
で、ハッシュタグは、ツイッターやインスタグラムで、ハッシュタグなんキャスでお願いします。なんはひらがな、キャスはカタカナですね。ハッシュタグなんキャスです。何か書いてくれると喜びまーす。といったわけで、今日は何日目だ?9日目ですね。
先週なんか、頭もう言うだけで笑っちゃうんですけど、アオリウンテンパーブの話なんかを散々して、また1週間経ちましたので、何か違うことでも喋ってみようかな。というわけで、あ、そうそう、あのですね、ポッドキャストのジャケ写を書いてみました。
今までは、マヒナっていう仲間のイラストデータの女の子に書いてもらった、自分のイラストを使ってたんですけど、このなんちゃるキャスト用にジャケットの絵を作りました。ちなみにこれはAIが作ってくれたんですけどね、チャートGPTにお願いしました。
自分の家の石窯があるんだけど、その石窯用のロゴがあって、その石窯用のロゴは、髪の毛に生えたガイコツがピザをかじってるみたいなロゴがあって、それ、友達のふくちゃんって人に作ってもらったんだけど、それめちゃくちゃ気に入ってて、世の中にはそのTシャツを持ってる人が何人かいるんですけど、そのプリントとかもしてるんだけど、
なんとなくそのニュアンスで、マイクの前でガイコツが、スケルトンが喋ってるようなの作れないかなと思って、チャートGPTに言ったら作ってくれたんですけど、下のところに入ってるスペルがめちゃくちゃで、何度スペル直せって言っても直してくれないのに諦めて変なスペルとなってるんですけど、それは良くて。
で、あれ面白いね。イラストを何回もお願いすると、ここだけ直してって言ってるのに毎回全部書き直すんですよね。なんでもうガチャっすガチャ。多分俺の呪文の唱え方が悪いんだと思うんですけど、呪文の唱え方っていうのは、なんていうの、いわゆるプロンプトエンジニアとかしょうもねーこと言ってるやつ見るんですけど、要するに対話型の生成AIに対して、いい感じで思った通りのものを出力させるために、一体どのような呪文を唱えるか。
みたいなプロンプトエンジニアリング笑いみたいな俺は思ってるんですけど、まあそれが下手くそなのかもしれないですね。というわけで、この9回目からジャケットのイラストを変えてみたんで、また気分が変わったら変えてみようかな。でもまあそこそこ気に入ってますね。
マックス気に入り、うちの石窯のロゴが10気に入ってるとしたら7くらい気に入ってますね。というわけで、イラスト変わったんですけど、同じ無駄ななんちゃるキャストなんで安心してください。
03:15
で、最近は何をしてるかな。そう、ミラーミラーってこの前言ってたじゃないですか。で、ミラー壊れたんで買ったんですけど、同じ日にまたミラー壊れて、つけてトラックにチャニコ乗って行って、立てかけておいたら、強風で自転車倒れて、その日の早朝6時前につけたばっかりのミラーが7時の時点ですでにぶっ壊れてて、悲しいんですけどもう1回買いました。
で、昨日の夜くらい届いてたんでまた今朝新しいミラーつけたんですけど、まあ新しいミラーはそれはそれは曇りもないんでよく見えるんですけど、なんで1週間に同じも2回も買ってんだろうな。1800円のミラー×2だよ。3700円くらい使っちゃったよ。え、お前掛け算できないの?って今思った。違うんですよ。1850円なんですよ。なんで3700円使いました。いやーなんか本当に不毛だな。1個3700円のミラーか。
まあでもあんだけミラーつけろってね、全世界に対して言ってしまったんで、まあしょうがないかなっていうのはありますね。というわけで、じゃあ今日は何を話そうかなということなんですが、今まで結構Twitterとかでこんなの喋ってよとかっていうリクエストを実は微妙にいただいていて、その中に1つ、どうやって英語を喋れるようになったんですか?みたいなのがあるので、その話を今日はしてみたい。
ちなみに、俺は実は日常的に英語を使うような仕事をしているんですが、それをいったいどのようにして喋れるようになったかみたいな話をしてみようかなと思います。
で、別にこれはなんて言うんでしょう、自慢でもなんでもなくて、あと個人的な体験なんで、これを聞いた人が同じようにできるとは思ってもいないし、でもまあ何て言うんだ、よた話として、なるほどね、そんな話もあるんだぐらいで聞いてもらえたら面白いかなと思います。
30分で喋れるかちょっとわかんないんですけど、順を追って話していこうかな。で、この話って結構自分でも考えれば考えるほど話したいことがいっぱい出てくるので、ちょっとしたネタ帳みたいなのを作ってて、ちなみにこれはカヨードリの方でも秀木と正してやってることなんだけど、そのネタ帳に思いつくたびに携帯とかで追加していくんだけど、
それを書きすぎると、そうするとアドリブ感というかがなくなっちゃって、すげえ面白いことを言えなくなっちゃったりするんですよね。なのでこのリストを書くのもよしよしで、非常に簡単な箇条書きにはしてるんですけどね。
で、ちなみに今日は英語の話をするんですけども、今日のエピソードの中で英語は私は一言も喋れないです。かっこいい英語の発音とかもしないし、どんだけクールな英語を喋れるかみたいなのもやらない。だって嫌じゃん。
普通の場合で日本人が英語喋ってとかって言われても、え、教授さん英語喋れるの?ちょっと喋ってみてとか言われても、は?何で何を喋ればいいんだよみたいな話じゃないですか。え、教授さん日本語喋れるの?日本語喋ってみてって言われたって思いつかないでしょ。なので何を言ったかわからないんだが、とにかく英語は話せないんで。英語は話せるけど英語は喋りません。
06:17
じゃあどのくらい喋れるのかっていうのを説明しますと、そうですね。英語で知り合ってなんていうかBFFみたいなやつが何人かいるかなっていうレベルですかね。BFFが何かは自分で調べてください。あと例えてみると、そうだな。英語しか喋れない人と結婚はできると思う。結婚して結婚生活もできると思う。でもまあ子供ができたら多分お父さん英語言ったって言われたろうな。
あとその奥さんなり旦那さんなりがネイティブの友達を家に呼んじゃったらきついかな。2対1は辛いんですよね。1対1は相手にシンパシーがあればちゃんとコミュニケーション取ろうって気持ちがあればいくらでも喋れるんですけどね。
あとは、そうだな。面接とかは英語で受けたりは容易できて、英語でプレゼンもできるし、あとイベントとかで英語で登壇したこともありますね。そんな感じ?そのくらいの英語レベルだと思ってもらえればいいかなって思いますね。
英語は障害学習って言うとなんか変だな。シルバー人材センターのじいさんとかが勉強してるイメージあんな。そうじゃないんですけど、一生勉強だなって思ってるんで。勉強って何か違うんだよな。学習?でも学習図固いんだよな。難しいね。一生やってこうなと思ってるんですけど、
俺のライフタイムゴール、目標は、飲み屋にネイティブ2人と行って3人でずっと喋ってるっていうのがライフタイムゴールですね。これがなかなか難しいんだな。何でかって言うと、言葉って要するに文化じゃないですか。言葉と文化って分かちがたくて、
例えば、そいつらが2人でいきなりスーパーボールのゲームの話とかしだしたりとか、大統領選挙の話とかしだしたりとか、地方選の候補者の話とかしだしたりとか、向こうの政治的な話とかしだしたりしたら、もう全然ついていけないですね。だからそういうのは難しいですよね。
俺たちがいきなりドラえもんの話がしだした時に、もしかして日本語すごい上手な外国人の人がついて来れるかどうか分からないですよね。なぜならそこの文化的な背景を持ってない可能性がありますよね。なので、俺の言ってる3人でずっと喋ってるっていうのはそれも含めてなんだけど、1対1だったら一生喋ってられるんだけどなぁ。
っていうのがありますね。それがライフタイムゴールだなぁとか言いながら、もう結構長い間喋ってるんですけど、なかなか難しい。達成できる日が来るのかどうかは微妙。
では改めまして、どうやって英語を喋るようになったかっていう話をしたい。俺が英語を喋るようになったのは、25歳くらいの時ですね。2002年くらいの頃。その時にアメリカの会社に入社しました。たまたまね。
09:12
ちなみにそれ俺の初めて正社員になった仕事なんだけど、その辺りの経緯はまた別の話しましょう。そこの会社にフィリピン人のエンジニアがいっぱいいたんですよ。これは俺の個人的な体験なので、その人たちが本当にそうかっていうのは一般化はできないんですけども、
私の経験上比較的フィリピンの人たちは日本語に興味がない人たちが多いケースがある。要するにその国の文化とかに興味がないので、わざわざ日本語ぶる必要ないんですよね。仕事は英語でできるということで、もしかすると日本じゃなくても香港でもシンガポールでもオーストラリアでも良かったのかな、アメリカでも、でも日本が来やすかったのかなとかっていうのを想像しますけど、とにかく日本語に興味がないフィリピンの仲間がいたんですよ。
でね、奴らのおかげですごい英語喋れるようになった。なんでかっていうと、ちゃんと日本語に興味がある人たちはすごいスピードで日本語を覚えちゃうんですよ。アメリカの人とかが日本のこと好きで日本に来ると、外人バーとか行ってすぐ日本人のパートナー見つけて、すごい喋れるようになっちゃうんですよね。
なので、それはなんか貴重だった。英語しか通じない人が、毎日その時俺12時間の二交代制のシフトでセキュリティエンジニアとかっていうやつをやってたんだけど、その12時間とにかく英語しか喋れない奴が肩腹にいたのはすごく良かったな。
フィリピンの仲間たちと喋りたくてね、また会ったらタガログで喋ればいいじゃんっていう話もあるんだが、その会社はちょっとアメリカの会社だったんで、引き継ぎとかをシフトでやってたんで英語でやったりしてたんですよね。そういうのもあったんで、英語を奴らが喋ってたんで。っていうか今日俺は英語って何回言うんだ?英語を喋ってたんで。
そのフィリピンの面白い奴がいたんですよね、サンディって奴が同じチームにいて、同い年くらいの男の子だったんだけど、そいつにしょうもない下ネタをどうしても英語で言いたくて、英語の説明の仕方を聞いて次の日に使うみたいなことを毎日やってたな。
で、あの時に経験したのが、ちょっと半年くらい、1年くらい先に入ってる先輩とかがね、めっちゃ俺の英語をバカにするわけですよ。
まあこれ、この後何度も言うかもしれないけど、日本人が日本人の英語に対して最も厳しい。クスクスとかね、人の英語を聞いてクスクスとか言うのは日本人だけっす。
これは本当にね、だからみんな知事困っちゃってね、英語なんて恥ずかしく喋れないっていうのあるんだと思うんですけど、こんなに社会中に英語が混ざってて、誰しも必ず絶対持ってるじゃないですか、英語の書いてあるTシャツ。
12:00
そういう日本なのになぜか英語喋ることが恥ずかしいって、これ本当になんか病みが深いなと思いますね。
それは端的に現れてるのが、その引き継ぎの時に俺が拙い、昨日覚えた単語で説明すると、なんか先輩クスクスとか言ってもらって、彼はこういう風に言いたいんだよとかね、なんなら勝手にこう言い直してくるわけですよ。
あれはムカついたな、屈辱だった。あれが屈辱だったからちょっと頑張って、結局そいつより全然すぐ喋るようになったんですけど。
そんなことをしていて、毎日フィリピン人と喋ってて、遊び行ったり飲み行ったりして、面白くて英語喋るようになりましたね。
喋れるようにはなってない、喋るようになったんですね。あれはだから環境として良かったのかなと思うけども、同じ会社に同年代でいたやつは10人以上いるんだけど、
その人たちが全員今は俺と同じように、同じレベルで英語を話しているかというと、そうではないので、環境をうまく活かしたっていうことだと思うね。
環境にいれば誰でもなったとかそんな甘いことはない。
最近読んだ漫画でマイホームヒーローってあるんだけど、マイホームヒーローはもう何年も読んでるんだけど、
あの中でクボってやつがしのってヤクザの親分とイラクかどっかに行くでしょ。
あの時についてきた二人の手下がアラビア語を覚えなかったじゃない。
要するに環境があれば誰しもがそうなるというわけではないよね。環境とその人のやる気がうまく融合したときに活かされるんだなっていうのは思いますよね。
じゃあどうやって覚えたかというと、さっき言ったように話して覚えた最初はね。
これってなんていうのっていう英語をまず覚えた。指差してこれってなんていうのっていう英語を覚えました。
あとはこの言葉の意味何っていう英語も覚えた。最初の半年くらいはもうそれを1日1万回くらい言ってた。
これなんていうの、これどういう意味、これなんていうの、あとこれなんて書くのっていうのもずっと言ってた。
とにかく英語で英語を聞くっていうことをずっとやっていた。これって考えてみれば自分の子供とかちっちゃい子とか見ればわかるんですけど、
日本語で日本語聞いてるじゃないですか。それと全く同じことなんだよね。それをずっとやってた。
あとは当時、もう20年くらい前だけど、24、前世紀でジャック・パーは大好きなんですけど、24とか映画を英字幕で見てましたね。
英字幕のいいところは、例えばですよ、英語を8割聞き取れる能力があるとしても、
残りの2割のところにものすごい大事な、例えば映画のトリックとか核心部が紛れちゃうことがあるわけですよ。
だからなんか、俺8割が聞けるようになったから、ちょっともう字幕なしで見るぜいいとかって見てみて、
ラストシーンまで何が起きてるかわかんないっていうことが往々にあるわけ。
なので、字幕ってさ、なんだっけ、忘れちゃったけど、4割くらいしか訳せないとか言いますよね。
15:00
スペース的な、人間の読むスピードって聞くスピードより絶対遅いから、スペース的な制約があって、だから俺は好んで吹き替え版を見るんですけど、
でもその4割の中にプロは絶対に一番大切なトリックは漏らさないわけですよ。
だからちゃんと4割しか訳してなくても、話の核心とか大筋は絶対に外さないんだけど、
自分で例えば8割でも7割でも何でもいいんだけど、聞いてると、え、なんでこれ、こいつなんで仲直りしてんの?みたいなことがよくある。
あった。それを補完するためにA字幕で見てましたね。
A字幕はいいね。耳でも聞いてるからスペルを覚えたりすることもできるし、聞き取れなかった言葉を覚えたりもできるので、A字幕は今でもたまに使うかな。
あれはすごく良かったなと思う。
ジャック・パワーですよね。
マジでどうでもいい絶対に使えないようなしょうもない言葉とかも覚えましたね。
その24のおかげでね。
でね、その時はたぶんまだ最初の1年とかですかね。
やっぱりちょっと英語がわかるようになると意気がってペーパーバッグとか電車の中で読んだりしましたね。
って言ってもね、ほんと数冊でやめちゃって、英語を読むのは今でも全然好きじゃないしやめました。
なんでかって言うと、当時で小説とかもし読んだとしても、英語だと7分の1ぐらいのスピードで読めないんですよ。
つまり同じ情報を接続するのに7倍時間かかるわけ。
もうだからやめた。
なんでかって言うと、英語でしか味わえないニュアンスとかを知りたいわけではなくて、
どっちかって言うと、なんとなく練習みたいな意味だったんだけど、7倍もかかるんだと練習してもしょうがないなと思うので、
なので今でも俺は電車の中でペーパーバッグ読んでる人や英字新聞読んでる人は、もうアメリカ生まれの人かファッションじゃないかなと思いますね。
ペーパーバッグ読んでる人のページ番号を覚えとり10分後に見てみたりすると1ページしか進んでなかったりすることもあるので、
俺相当性格悪いなと思うんですけど、とにかく翻訳はプロに任せようと思いました。
あと、俺がなんで英語喋ってるかって言うとコミュニケーションが、日本語が通じない人とコミュニケーションするための最有力な手段っていうのがあるので、
本を読むっていうのはコミュニケーションにつながって直結してないからね。だからもうそういうのはいいや、プロに任せようと思いました。
ただ、こういうITの仕事とかしてると、やっぱ新しい本とかは絶対英語で発信されるし、
技術書とかテキストって同じ字とか使うんで、全然小説とかに比べると読みやすいんですよね。
だからそういうのはしょうがないから読んでる。あと、仕事のメールとかも英語だし、スラックとかもウィキとかも全部英語だし、
だからしょうがないからそれは読んでる。すげえ読みたくないけど。
でね、日本人の子供だってさ、読み書きから覚えないでしょ?
最初はだって、ニャニャじゃねえや、ギャギャギャギャギャギャ鳴いてたりするのを、
なんか親の言ってる言葉を耳で覚えて、そんで口で喋るわけでしょ?
だからやっぱりどっちかというと読み書きっていうのは付加的なものですよね。
18:03
だってつい50年前とかにはまだ文房の人がいたわけだし、字が書けない人、読めない人っていたわけだし、
でもそういう人でも一つできるわけでしょ?
この話って追求すると、前に話したローの人たちの話にもつながってきて結構面白いなって思いますよね。
要するに文字とかっていうのは必ずしもコミュニケーションに100%必要なものではないし、
言語というのを私の脳がどう理解しているか全く知らないんだが、関係ないように気もしますね。
読むのは苦手です。
で、あと何かな。
俺はおしゃべりなんですよね。
これおしゃべりだっていうのはこのなんちゃらキャスト聞いて気づいた人はいないと思いますけど、
まあおしゃべりだけですよ。
でね、おしゃべりな人はある程度得ながら気がする。
その英語でもおしゃべりだから。
なんか昔の会社で、俺よりも英語をきちんとしゃべれて、
例えば何ですか、TOEICとか点数が高い同い年の子がいたんだけど、
上司に俺その話になった時にお前もっと英語うまくなれみたいな話を、
いや俺の方が一番しゃべれますよみたいなこと言ったことあって、
その時に上司が言った言葉で覚えてるんだけど、
いやお前はおしゃべりなだけじゃんって言われましたね。
それはそう。
で、おしゃべりで思い出したんだけど、なんか英語をしゃべると性格変わる人いますよね。
あれすごく面白くて、英語をしゃべった方が積極的になったり、
ワイルドになる人いっぱいいるし、
あれどういう仕組みなんだろうな、
脳みその使い方がしゃべってるあれである程度規定されるんですかね。
でも確かに俺自分の英語力って今、
多分アメリカの10歳児と同レベルぐらいだと思ってて、
もしかしたら語彙力は10歳児はあるかもしれないんですけど、
そのしゃべる能力みたいなのは多分10歳児レベルだと思ってて、
アメリカで一番バカな人ですら俺より絶対英語しゃべるって思ってるんだけど、
その、そういう10歳児レベルで英語しゃべってると、
なんか愛とか恋とかの話とかね、
そういう抽象的な概念を話すとすごく難しいですね。
目に見えるものの話は英語でいくらでもできるけど、
なんかそうなってくると話題の質とか下がるんで、
なんていうか自分がバカになった気するんだよね。
友達とか二人でずっと一日いても、
なんていうか目に見えたことしか話さないわけじゃん。
要するにこれかっこいい、美味しいぞこのビール、
次あそこ行こうみたいな、具体的な話しかできないんだよね。
だからそういうふうに知能のレベルまでも、
いやでもそれは歯がゆくて、
いや俺バカじゃねえんだぞ、日本語でしゃべったら
ものすごい抽象的なことで説明できるんじゃないって思うんですけど、
ちなみに抽象的なことも英語で説明できますよ、
これはわかりやすくしゃべっただけ。
で、そうなんだけど、
だからそのくらいの知能のレベルすら変わっちゃうんだから、
性格変わるなんてあるよなって思うよね。
あと英語ってさ、
俺たちYesさとか英語にも敬語があるみたいに思ってるけど、
俺がしゃべってた環境って、
そういうアメリカのIT企業とかで、
別に上司にも敬語なんか全然使わないし、
だから俺英語の敬語って全然知らないんだけど、
それって人間関係も規定するよなっていうのはあって、
21:02
すごくいいなと思うね。
例えば、
言葉をまず調整する必要ないじゃない?
俺たちって絶対飲み屋で知り合った人とかでも、
全然肩書きなんかどうでもいい人でも、
どっかで年齢聞くでしょ。
あれってさ、ため口聞いて恥かかない俺だよね。
あいつ年上にため口聞いてるよとか、
相手の人が、いや俺年上なのにこいつため口聞いてんな、
マジドキュンって思われないために、
どっかでアジャスターをしたいんだよね。
だから、あーためちゃん、じゃあちょっとため口でしゃべろうとかっていうのもよく見るし、
あとほら、韓国ドラマとかでもね、
なんだお前ため口なんだよみたいな。
韓国も、韓国語っていうのは日本語に似てるし、
文化的にも、そういうなんか、
なんていうの?儒教的っていうかわかんないけど、
年長立てるみたいな文化なんだなって思うんですけど、
要するにそれがないと。
なんで普通に、今度の土曜日、
みんなで釣り行こうよみたいな話を、
要するに日本で言ったら二段階の部長みたいな人と、
同じレベルでしゃべれたりするし、距離近かったりするっていうのはすごくいいですよね。
だからそういう違いもあるわけだから、
当然性格変わる人だっているよね。
っていう話を今ずっとしてたんだな。
今ちょっと思ったのは、
人間、赤ちゃんとか耳から覚えるって言うじゃないですか。
耳から言ったじゃないですか、俺が。
耳から覚えて、言葉にすると。
でね、これ今からすごいこと言うんで、
みんな心地いいてほしいんですけど、
よく言うじゃないですか。
私ね、英語ね、聞くのはできるんだよ。
聞くのはできるの。
でもね、しゃべれないのよ。
何言ってるかわかるんだけどね。
そんなんねえから。
答え違いましたね。
ちなみに、聞くのはできるけど、
しゃべれないよねっていう人は、
要するに、
しゃべることに何か機能的に問題を抱えている人以外、
いないです。
全部あえて嘘つきです。
言っただけ。
ほんとかよ。
じゃあお前、今英語で聞いたこと日本語でいいから言ってみろよって言ってみてください。
絶対言わないから。
何でそれ言うんだろうね。
何であれ言うんだろうな。
俺あれ言ってるやつ見るとマジで何て言うんだろう。
めちゃくちゃからかいたくなるんですけど、
別に何も言わないんですけど、
今言ってるんで結局からかっちゃってることになるんだけど、
あれなあ、言わなきゃいいのになあ。
ほんとに何で言うんだろう。
何かやっぱ、何であれってちょっと優れたいんだろう。
優れたがるんだろう、人よりも。
ほんとにしょうもねえなって思って、
いつも聞いている。
あとその最初の頃はよくね、
今でもするんですけど、
東京駅とか行くとずっと地図見たりとか、
携帯持ったまま1分くらいいる外国の人たちいるでしょ。
ああいう人たちによく、
May I help you? は言ってましたね。
それで、
何か前、もうこれ10年以上前だけど、
東京駅の山の線のホームが分かんないから教えてっつって、
女の子2人に教えてあげて、
で、なんかうぐいすなにかどっかのヨースホステルだ、
何じゃらみたいなこと言ってて、
結局そのとこまで案内して、
24:00
その後3人で飲み行って、
酒を送ってもらったみたいなこともあるな。
でも結構あれもね、
もう最近めんどくさくなってきちゃって、
割とみんなね、
自分で頑張るからいいよみたいな、
ええ大丈夫大丈夫わかってるから、
でもさ、お前、
俺がトイレ行く前と後で同じとこでずっと携帯見てんじゃん、
5分もやってんじゃん、
って思ったりするんだけど、
まああれはいいよね。
あと、なんでこれをやってるかっていうのは、
もちろん英語がちょっとうまくなったから使いたかったのもあるけど、
外国行った時に俺、
もう現地の人にめちゃくちゃ助けてもらうから、
それを恩返したい気持ちはありますよね、
そのペイフォワードの気持ちはありますよね。
だから自分からどんどん助けていきたいみたいな、
このペイフォワードの話、
もうどっかでしたいな、
俺のすごく好きな考え方が、
そのペイフォワードなんですけど、
なんかいいよね、
すごくペイバックっていう、
つけを払うのに比べると、
あらかじめこっちからいいことしていくっていう考え方、
すごく好きだなっていうのはあって、
何の話だっけ?
で、何ですか?
と言っても、
俺もう20年も喋ってるんで、
はっきり言って、
俺が特別英語喋れるかっていうと、
全然そんなことなくて、
はっきり普通ですよね。
手っ取り早く喋りたい人なんて、
もう半年ぐらい喋れてると思うし、
本当に手っ取り早く喋りたい人は、
こんなもん聞いてないで本でも買えよって思いますけどね。
例えば、なんかあるんじゃないの?
知らないけど、
外人バーで出会って、
即合体の物語で英会話を覚えるぞメソッド、
みたいなやつが2000円ぐらい売ってるんじゃないの?
サンマーク出版とか出してるんじゃないの?
そういうのを買ってください。
で、あと前の会社で、
優秀な学生を新卒採用するんだけど、
英語力を全然、
アメリカの会社なんだけど、
英語力を一切考慮に入れないようになって、
最初に1ヶ月、
セーブ取り替えしたりしたんですよ。
そうすると、
頭のいい奴ら、
あれなんだよね、
お勉強できるだけじゃない、
頭のいい連中は、
喋るだけ帰ってくるだけ。
さっきも言ったように、
仕事の会議とかの英語とか、
例えばソフトウェア開発に使うような英語っていうのは、
さっき言ったような、
ランダムなコミュニケーションの英語に比べると、
だいぶ語彙も絞れるし、
喋れるようになるわけですよね。
だから、
なんていうんだろう、
別に手っ取り早く喋りたい人は、
何でも行動さえ犯せばすぐできるんじゃないの?
っていうのは思いますね。
で、
そんなことやってて、
いろいろ喋れるようになったんですけど、
2年ぐらい喋った時に、
生まれた初めてTOEICっていうの受けたんですけど、
その時が、
700何十点だったのかな?
リスニングがすごく良くて、
自信を持ったのは覚えてるな。
で、あと2回ぐらい受けたんだけど、
最後に受けたのは多分10年以上前で、
その時は、
多分、
結構満点近かったんで、
もういいかな、
みたいになりましたね。
満点は取ってないですね。
あとは、
そう、
今英語で喋ってる時ってね、
英語で考えてるんですけど、
あれはどっから切り替わったんだろうな。
すごく自分の脳みその働きなのに、
興味深いなって思いますね。
うん。
英語で考えてるって言っても、
多分単語はライトしてないんだよな。
27:00
だから考えてるのは、
なんか分かんない、
自分語みたいなの考えてるんだけど、
それをアウトプットする際に英語にしてるから、
なんて言うんだろう。
でも、
考えてる時は、
英語の語彙力を超えた、
例えば抽象的だったりすることを考えられてるはずだから、
いやー不思議だな。
どうなってんだ。
誰か教えてくれねえかな。
で、
あと、
何年ぐらい喋ってた時に、
いつも聞いてる洋楽の歌詞の意味を、
気づいてることにあると気づいたことがあって、
あ、分かってんだ俺。
っていう時が面白かったかな。
で、やっぱりね、
日本人はね、
中学の英語がめちゃくちゃありがたいっす。
基本的な単語知ってるし、
例えば超簡単な文法を知ってるじゃないですか、
俺全然はっきり言って英語文法の一ミリも分かんないし、
今あなたの喋った英語はどのような文法ですかって言われても、
一切答えられないんだけど、
ノリで喋ってるんだけど、
でも、
動詞の活用とかさ、
三人称単数とかさ、
過去官僚ぐらいは覚えてんじゃん。
俺、
7、8年前とかに、
隣の席にメキシコ人が座ってた頃、
スペイン語を一生懸命勉強してたんだけど、
スペイン語の活用なんてマジ難しいし、
スペイン語の単語なんてみんな知らないじゃないですか。
俺も知らないですよ。
L2によぐらいしか知らないじゃないですか。
だから、
あれに比べると英語って何て言うか、
最初からみんな下駄派化してもらってんのめちゃくちゃ便利なんで、
一番やっぱ喋り始めて喋れるようになる言葉だなって思いますよね。
だから中学の英語はありがたいんで、
あれを義務行為でやらしくれてたってのはすごいなと思う。
で、結局そんなことやってて、
何年か英語を喋って、
外人の友達もできたりして、
なんかこれ仕事に活かさねーって言わないなと思って、
そう、
その時はね、結局周りに外国人いっぱいいたんだけど、
その業務自体はお客さんも日本人だったし、
特に英語は入れなかったんだよね。
別にググればいいやみたいな感じだったし、
だから、
でも覚えられたのはそのおかげなんだけど、
業務のおかげではなかった。
で、その後もアメリカのデッカなITの会社にいたんですけども、
それも全然日本人は日本語しか喋ってなかったな。
だからそれがクソつまらなくなっちゃって、
英語を使う仕事をしたいなと思って、
日本にまだ3人しかいないアメリカの企業に転職したんですけど、
そこで初めて本格的に業務で英語を使ったわけ。
今まではお客さんは日本人だったし、
同僚だからみんな仲間なきじゃん。
で、お客さんと英語喋ったときに、
いやーもうマジお前と喋るの無理なんで、
スーパーバイザーに代われよって言われたことあって、
あの時も30歳過ぎたけど仕事してて生まれて初めて泣きましたね。
泣くとは思わなかったな。
まあでも、それでまあちょっと吐く意地張って頑張ったんですけど、
ただ、今まで1年もまだお金使ってないの。
教育受けたとき以外お金使ってなくて、
英会話の本とかも買ったことなくて、
全部喋ると24とかで覚えてるんで、
いまだに1年も使ってないんで、
そこはなんていうかもうここまで来ちゃってね、
こだわりになっちゃうんで、
その時は別に悔しいなと思ったけど、
特に別に勉強というのはしなかったかな。
で、まあその後結構面白い会社に転職したりしたんだけど、
30:02
まあその転職が音ゼルダの英語喋れたおかげなので、
まあもうちょっと時間ないんで、
これ話終わんないからまた後編しゃべろうかな、
どうしようかなと思いますけども、
たまに相談されたときとかも言うんだけど、
ITで例えばどのスキル資格取るのが一番いいですか?と。
いやいやいやいや、クーパネテスなんとかとか、
いらねえから、そんなんじゃねえから。
なんだっけ?セキュリティスペシャリストとか、
ちなみにそれ俺が持ってるやつでもうなくなっちゃったやつだ。
そういうのとかいらねえから。
違うから。英語覚えればいいから。
英語覚えたらいきなり給料上がるから。
例えばタクシーの運転手だって、これ適当だよ。
パン屋さんだって、看護師さんだって、英語喋るだけでいきなり給料上がるから。
だからとにかく英語一番覚えたらいいですよ、
だって俺みたいな中の女王の技術でも、
ちなみに中の女王っていうのはだいぶ謙遜しました。
女王だけの技術でも女王の中以上の給料もらったりするだけですよ。
まあそういうこと。
でね、ただただただ誰も喋れないからこその価値なんで、
ごめんなさい今敵の方にいますけど、
みんな喋んないでください。
喋んない方がいいですね。
そのおかげでちょっと喋れるといい気でいられるって感じですかね。
えっと、何の話だったんだっけな。
まあとにかく日本人が一番英語に厳しいっす。
で、今日はこのくらいかな。
まだでも何かカジョウガキのところにもうちょっとあるんで、
あと10分くらい喋れそうなんで、
ちょっと興味があるっていう人は、
ハッシュタグをつけてコメントください。
一人でもいれば続きを喋ります。
そんなわけで、じゃあまた。
31:37

Comments

Scroll