1. 10分でわかる│在宅起業後の裏話ラジオ
  2. 【フリーランス戦略】どこで・..
2024-05-07 08:36

【フリーランス戦略】どこで・誰と仕事をするか、しやすいか。

こんにちは!

東京から淡路島に家族で移住してライターやブログ運営をしたり、古民家を直したりしているこばやしです!

この番組は地方移住の経験談と移住後の仕事や稼ぎ方について試した結果をシェアする移住後の働き方戦略室ラジオです


地方移住の進め方だけに焦点を当てて徹底解説したKindle本

https://amzn.to/33YDRgj

Twitterはこちら

https://twitter.com/koba_iju/

ブログこちら

https://iju-kobayashike.com/



#田舎暮らし #淡路島移住 #地方移住 #脱サラ #子育て世代 #フリーランス #地域おこし協力隊 #田舎 #田舎生活 #限界集落 #ブロガー #レター募集中 #移住
地方移住の経験談と移住後の稼ぎ方を発信中!

WEB⇛https://iju-kobayashike.com/

https://listen.style/p/koba_iju?gQRKsiDc
https://stand.fm/channels/5ffa5601fc3475e2c8593028

Summary

東京から淡路島に移住したコバヤシさんは、フリーランス戦略について話しています。彼女は、どこで・誰と仕事をするか、しやすいかについて考えています。

フリーランス戦略と2B業界
はい、おはようございます。東京から淡路島に家族で移住して、ライターやブログ運営をしたり、コミンクを直したりしている、コバヤシです。
今日は、フリーランス戦略みたいな見出しをつけた上で、どこで誰と仕事をするかどうか、そしてしやすいかどうかみたいなところを、
先ほど思うところがちょこちょこあって、そんな話をしてみたいなというふうに思います。
話の全体像的には、こっちの方がいいのかなというふうに思っていることがまず1個あります。
それは何かなというと、今2B向けの、2B業界でライターをしたりとか資料のデザイン系をやっていたりしています。
それはそれでいいんですよ。それはそれでいいんですよというふうに、何がいいんだって話なんですけど、それはそれで経験としてはすごくいいし、
2Bの業界というのは、例えばウェブ製作会社さんが2B向けにウェブを製作するという業界、そこのホワイトペーパーを書いたりとかSAO企業を書くとかね。
あとは、システムとかサービスを持っている会社さんが同じように2B向けに自社の製品サービスを販売していくとか、
というところでSAO企業を書いたりとかホワイトペーパーを書いたりとかしているんですよね。これはこれで良しです。これはこれで良しですね。
この2Bの業界で今割と働いているというか関わってお仕事をしているんですけど、
一方で、2Cだったりとか2Bかもしれないけど、どこでの分野は共通か、誰と仕事するかをもっと考えてもいいのかなと思ったんですね。
2Bのお仕事をされている会社さんと僕は仕事をしていることが多いですと。
一方で、全くの極端でいうと個人が個人に何かをやっている。
例えばインフルエンサーが2C向けに何か事業を展開しているみたいな、そういう業界で今のスキルを活かすとかかな。
そっちももっと広げてもいいのかなというふうに思いました。
例えばインフルエンサーのコンテンツ制作だったりとか、
というのは、何かセミナーシルを作るとか、特定になるマーケティング制作のコンテンツを作るとかというのはありなのかなというふうに思いました。
というのも、誰と仕事をするかその判断もそうなんですけど、しやすいかどうかというところが結構あって。
何かというと、例えばコンテンツコンバートに近い仕事ですよね。
例えば、同性配信だったりYouTubeをやっている、コンテンツを持っている人の何かセミナー資料だったりとかホワイトペーパーを作るということは、そこまで難しくないんですよ。
なぜなら既存のコンテンツがあるから。
コンテンツコンバートで再編集をして、Kindleを出すとか、同性配信をまとめてブログにするとかというのもある種一緒なんですけど、
これは既存のコンテンツがあるので割とやりやすい。
ホワイトペーパー、リードマグネットになるようなホワイトペーパーコンテンツみたいなのを作るのはそんなに難しくないと思うんですね。
既存のコンテンツを再編集する感じなので。
これが2Cのインフルエンサーだったりとか、2C向けのマーケティングをやられている方たちはコンテンツが多い。
SNSとかYouTubeだったりとか、発信媒体をちゃんと使っているから情報量が多いんですよね。
なので編集しやすかったりもする。これはしやすさの問題なんですけど、そういうふうなところが傾向としてある。
一方で2Bの業界、2Bの法人が2B向けにやっているサービス商品販売のマーケティングだったりとかっていうのは、
フリーランス戦略と2Cインフルエンサー
発信されているコンテンツが少ないんですよね。
オウンドメディアで記事を書いたりとか、そういうのがあるので。
そのコンテンツ量からエッセンスですよね。
その会社が大切にしていることだったりとかっていうのを紡ぎ出していくっていうのは結構大変だったりします。
なのでそこはやっぱり取材を入れたりとか、取材かな。やるんだ取材かなと思ってるんですけど。
一時情報を得ていく施策っていうのはプラスで必要なのかなというふうに思っていて。
そっちをやったらいいのかもしれないんだけど、そういうのが必要かなというふうに思っていて。
しやすいかっていったらどうなんだろう。取材なぁ。
僕がこんなにまだ実績がないので、取材かぁ。そっちもやったらいいじゃんって話なんだけどね。
しやすさで考えた時に優先順位がどっちが高いかですよね。
2C向けの業界で今のスキルを活かすのか、今の2Bの業界。
もちろん単価はね、それなりにちゃんと法人対法人。
別にインフルエンザもお金払い悪いのかって言われたら別にそんなこともないと思うんだけど。
法人さんの仕事も持っている。
両方持ってた方がいいと思うんだけどね。優先度がどっちが高いのかなっていうのは結構悩ましいなと思ってて。
両方やってみた方がいいんだろうなぁ。
結構悩みますね。キャッパーがそんなにないんで。
どこで誰と仕事をするのか、どういったやり方がしやすいのかっていうのは結構考えることが長々ありますね。
いろいろやってみて、すぐ手を引くだったりとか、やってみたらいい。
やってみてね、それでこうこうこうだったよってここでまた報告するぐらいの気概でいた方がいいかなと思うんですけど。
どうでしょう、個人事業のショリランスとしてやっている人、どこで誰と仕事をするのかっていうのはよく考えていらっしゃる方もすごいたくさんいると思うんですよ。
僕があんまり考えていなくて、考えないといけないなというふうに思ってるんですけど。
ちょっと幅を広げる、実験ですよね、実験。
やってみようの精神でちょっとやっていったらいいのかなというふうにも思ったので、今日はそんな話をしてみました。
どうしようかな、迷いますよね。
また雑談があったら話をしてみたいなというふうに思います。
迷っているという報告でございました。
また次回の主役でお会いしましょう。
バイバイ。
08:36

Comments

Scroll