1. かいだん
  2. 【第207回】2023年の「ヒット..
2024-01-10 45:01

【第207回】2023年の「ヒット商品番付」を振り返る

このポッドキャストは、Webニュース編集者のうすだと、ブロガー兼ライターのカイがITの話題から最近のお気に入り、個人的イチ推しなどを雑多に語る番組です。

第207回は、日経MJが実施した「2023年ヒット商品番付」を中心に、2023年の流行を振り返ります。

▼ お知らせ

ポッドキャストの文字起こしは以下のURLからご覧ください。各種ポッドキャストアプリへも、番組のカバー画像の下にあるアイコンから登録できます。

かいだん - LISTEN

取り上げて欲しいネタ、過去配信回へのツッコミなど、以下のフォームからお気軽にご投稿ください。

お便りフォーム

SNSやコミュニティはこちらをどうぞ。

Twitterアカウント

● ハッシュタグ #kaidancast

Twitterコミュニティ

Discordコミュニティ

ニュースレターはじめました

登録していただくと、番組が配信された時にメールでお知らせします。

「かいだん」ニュースレター

取り上げた話題

◇ ヒット商品番付を取り上げていたポッドキャスト

以下の番組にインスパイアされました

#143 日経MJヒット商品番付に学ぶ(2023年編) - by ササキル・ザ・スターシーカー

#224 ヒット番付に今年もやいやい言うよ2023 - りっちゃ・りょかちのやいやいラジオ | Podcast on Spotify

◇ 日経MJの2023年ヒット商品番付

記事はこちら。番付自体は会員限定公開なので、番組を聴いてご理解ください。無料会員登録でも読めます。

2023年ヒット商品番付 横綱「生成AI」「大谷翔平&WBC」 - 日本経済新聞

◇ SMBCコンサルティングのヒット商品番付

こちらは番付がすべて公開されているがなぜか文章まで画像。

ヒット商品番付 : Business Watch 2023年

◇ 「敷居を下げる」は誤用

本来は「不義理などの理由で行きにくい」意味の「敷居が高い」から転じて「気軽に行けない」という意味になり、そこからさらに「敷居が低い」という新しい言葉が生まれたという詳細はNHKの記事をどうぞ。

「敷居が高い」と「敷居が低い」|NHK放送文化研究所

◇ Bリーグの歴史

もともとはNBLとTKbjリーグという二つのリーグがあったのが、Jリーグの初代チェアマンとしても有名な川淵さんが新しいリーグの立ち上げを行ったというのはもう10年前の話。

川淵流「独裁力」がBリーグ設立を成し遂げた トップは独裁的に決断を下すべきだ | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン

◇ Silent

Snow Manの目黒蓮が難聴で話せなくなる若者を演じた人気ドラマ。ドラマの舞台になった世田谷代田駅は聖地扱いされるほどの人気に。

「silent」ロケ地を巡る旅!~全11か所 完全攻略MAP ~ | non-no Web|ファッション&美容&モデル情報を毎日お届け!

◇ よなよなの微アル

アルコール度数0.7%の低アルコールながらクラフトビールっぽさのある味で人気に。最近はコンビニでも買える

ヤッホーが“微アル”市場参入。Alc.0.7%「正気のサタン」 - Impress Watch

◇ 丸亀シェイクうどんに蛙が混入

丸亀シェイクうどんに蛙が今夕下ということで話題になるも、生野菜を取り扱う商品では完全には防げない悩みらしい。

カエル騒動も…異物混入で生き残る企業の共通点 混入ゼロにはできない中、問われる対応力 | 外食 | 東洋経済オンライン

◇ マクドナルドのサラダ

ドレッシングを入れてシャカシャカ触れる容器が紙容器に変更。シャカシャカできなくなった。

「サイドサラダ」容器素材変更のお知らせ | ニュースリリース | マクドナルド公式

◇ 三井住友カードの100万円キャンペーン

年間100万円利用すると年会費永年無料になり、さらに1万ポイントがもらえるということで「100万修行」というキーワードが話題に。

100万円達成のコツとは?三井住友カード ゴールド(NL)、Oliveフレキシブルペイ ゴールドの活用法を解説! | 【ヒトトキ】三井住友カード

◇ Kアリーナの将来

横浜市が開発を進めている「高島水際線デッキ」が完成すればKアリーナの混雑は改善されるのでは、という話。

新しい「音楽の聖地」になれるか 横浜みなとみらいに“規格外”のアリーナが生まれたワケ(1/5 ページ) - ITmedia ビジネスオンライン

◇ ぴあアリーナMM

Kアリーナと同じく横浜に作られたライブ会場。

ぴあアリーナMM - PIA ARENA MM

◇ 日経トレンディのヒット商品

こちらのランキングをどうぞ。記事内のリンクから2024年の予測も読めます。

日経トレンディ「2023年 ヒット商品&予測ベスト30」

◇ プライバシートーク

キヤノンがMAKUAKE経由で販売したマスク型のBluetoothマイク&イヤフォン。

周りを気にせずWEB会議。Canonの装着型減音デバイスPrivacy Talk|マクアケ - アタラシイものや体験の応援購入サービス

編集後記

カイ

日経MJが無難すぎたので、実は日経トレンディのヒット予測をネタにした方が楽しかったかもしれません。

うすだ

ランキングの感想言うだけなので楽しい。Olive中途半端な話になってしまった

Summary

うすださんは、2023年のヒット商品番付けについて言及しているメディアヌップのポッドキャストをご覧になりました。ビバンは大変流行っており、オリンピック室で初めて行われたバスケットボールも盛り上がりました。円安リッチ法による銀座の賑わいや、サントリーこだわり酒場のたこ焼き、朝日ビールスーパードライクリスタルなど、話題の商品も登場しました。エンヤスリッチ、ラムラシュパームイン、ドライヤー、ひげそり、オリーブ、Kアリーナなど、既に知っている話題も多く、納得感のあるランキングでした。金継ぎやタンパク質食品などの流行の理由は分からないものの、他の商品については知識がありました。日経MJのランキングよりも、日経トレンディーのランキングのほうが面白かったです。確かに便利でよかったですが、水分をあまり使えないため、とてももちもちした食感になります。そのようなパスタが好きな方にはおすすめかもしれませんが、私はちょっともちもちしすぎていました。

メディアヌップのヒット商品番付け
うすだ
うすだです。
kai3
カイです。
先日、僕らとイベントをよくやるメディアヌップっていうポッドキャストを見たらですね、
2023年のヒット商品番付けについて言及してるかいがあった。
kai3
確かこれ、メディアヌップ毎年やってるっぽいんですけど、
これちょっと面白そうだなと思って。
で、実は、やいやいラジオでもそういうのやってて。
うすだ
あ、そうなんだ。
kai3
ヒット番付けについてワーワー言うの面白そうだなと思ったので、
ちょっと今回ネタをパクって、インスパイアしてやっていきたいと思うんですけど。
完全に2024年ですけどね。
うすだ
明けましておめでとうございます。
kai3
まあでも1年経ってから振り返りじゃないですか。
明けましておめでとうございます。
ちなみに僕は、何を言うのか楽しみなので、
その2つの番組がヒット商品番付けをネタにしてるのは知ってるんですが、
中身は聞いてないです。
っていう状態で。
うすだ
僕はメディアヌップはちょっと聞いちゃって、面白かったですよ。
kai3
いいんじゃないですか。
で、ヒット商品番付けというのは、
いろんなとこがちょこちょこやってるんですが、
一番有名なのは日経MJ。
昔は日経流通新聞と呼ばれてたのが、今はMJという名前になってますけど。
やってる方も一番有名で、
次ぐらいに有名なのが多分SMBC、
三井住友のコンサルティングがやってるのが有名だけど、
多分一番メジャーなのは、おそらくこの日経MJのやつなんで、
日経MJのやつをメインでいきたいと思うんですけど。
うすだ
はい。
kai3
2023年ヒット商品番付け。
ちなみにヒット商品番付け、東西あるけどどっちが上だか知ってます?
うすだ
東じゃないですか。
kai3
そうです、東が上。
だから両方東西で並んでるんだけど、
同じ横綱、同じ大関でも東の方がより上っていう読み方をしていくというのを一応説明入れた上で、
2023年ヒット商品番付け、東西、東の横綱は生成AI、
西の横綱が大谷翔平のWBC。
どうですか?
まあ、生成AIは確かに、
わかるとは思う。
うすだ
はい、もういろんないですよね。
kai3
いろんないんですけど、ちょっと意外だなと思ったのは、
割とテクノロジー系のネタじゃないですか。
うすだ
まあね。
kai3
生成AIって。
なので、もうちょっとエンタメとか芸能っぽい方が、
こういう番付けど上来るのかなと思ったら、
さすがに生成AIが来たんだなっていうのはちょっと面白かったです。
ヒット商品番付けの結果
うすだ
でも、生成AIって、
生成関係なくAIに仕事を奪われる的なトピックがめちゃくちゃ。
ああ、もちろん。
はい。
kai3
ちょっとネガティブな意味でもね。
うすだ
そう、こう、なんだろう。
こんなこともできちゃうみたいな驚きがあったり、
社会が変わるみたいな、この煽りみたいなのは、
テックによらず、むしろテックじゃない側というか、
普通のビジネスパーソンもそうだし、
そう、全くあまりこう、なんですよね。
普段、テックに触れない人も、
AIどうなるの?みたいな危機感を煽られたっていう意味では、
なんか、すごい大きな存在。
kai3
ニュースでも話題には結構なってましたからね。
それぐらい大きいんだなって、
このヒット商品番付全体見ると、やっぱりこう、
エンタメだったりとか、
うすだ
はい。
kai3
飲食だったりとか、そういうのが上に来やすいなと思うんですけど、
そこで生成が取るっていうのは結構、
うすだ
そう。
kai3
よほどだったんだなって思いましたね。
うすだ
確かに、商品なのかって言われると、
もう、これ、コンス、
何これっていう感じですけど、
まあ、トレンドですよね。
kai3
大谷商標はなんかあります?
まあ、これも順当っちゃ順当だけど。
うすだ
いやー、まあ、
ね、もう、
これでいいでしょっていう感じだよね。
うん、もう本当に、
こう、ピークというか、
本当の、あの、
漫画のような世界を見せたっていう意味では、
これは入るのは、
全く不思議ではないかなと思います。
kai3
今回全体で通しても、
スポーツとか競技系の
ヒット商品が多くて、
4つぐらいあるんですけど、
まあ、世界レベルでトップだったっていう意味では、
まあ、文句なく大谷商標な感じはありますね。
うすだ
うん。
kai3
ただ、WBCくっつけちゃうんだっていうところは、
まあ、大谷商標だけで十分横綱なんじゃないって気がするけど。
うすだ
うん。
まあ、もう、
WBCどこに入れるって話になるとさ、
ね、バスケもあったけど、
WBCもとか考えると、
一緒に、
ええ、一緒だってする気持ちもちょっと分かる気がします。
kai3
うん。
ちょっとなんか、
これだけですよね。
2つまとめて入ってるのはね。
じゃあ、次大関行きましょうか。
大関、はい。
kai3
東の大関が、
藤井八冠。
kai3
西の大関が、
あれのあれ、
かっこ半身38年ぶり日本一。
まあ、藤井八冠はまあそうでしょうねっていう気はしますね。
うすだ
そうですね。
kai3
半身は僕あんまり野球をそんなに見ないので、
うすだ
ただすごい盛り上がってるなあというのを感じました。
盛り上がってたんで、
これも違和感はないですね。
いいと思う、正しいと思いますけどね。
kai3
正しいとは思うんですけどね、
僕はあの、
この後で出てくるものの方がもうちょっと上でもよかったのかなとはちょっと思ったりしましたけどね。
じゃあ、じゃあ次行ってみましょうか。
関分け、東の関分けが岩遊びアイドル。
うすだ
はい。
kai3
で、西の関分けがゼルダの伝説ティアーズオブザキングダム。
はい。
僕の中では半身より岩遊びの方が上だったんですけど。
うすだ
ああ、まあそこはちょっとあるかもしれないですね。
でもまあ、なんていうんだろうな、
これ世界を見るか日本を見るかみたいなところもあるんじゃないかなって気がしますよね。
kai3
うん。
世界レベルでとアイドルはちょっととんでもない記録も立てたし、
日本でも音楽のチャートみたいなところで相当な記録ではあったんで。
うすだ
はい。
kai3
ところで、
音楽業界だけでヒット商品番付けだったら間違いなく岩遊び来ちゃうと思うんですよね、アイドルが。
うすだ
そうですね。
まあそれは、うん、はい。
kai3
で、野球の1位も間違いなく38年分日本一だと思うんで。
うすだ
野球の1位は大谷翔平でしょ。
kai3
あ、日本のね。
ベースボールじゃなくて、日本の野球の中で。
って意味ではまあまあこれが両方来るんだろうなと思いながら。
うすだ
はい。
kai3
そしてあとゼルダの伝説ティアーズオブザキングダム。
うすだ
え、そんなです?
kai3
これこんなすごいんだってちょっとびっくりしたけど。
うすだ
僕、まあまあ入っていることには違和感ないけど、思ったより高いなって感じはしますけどね。
kai3
まあすごい売れたし、大人気のゲームではあるんだけど、そうか、ゲームソフトでこんなに上に来るんだなってちょっと面白かった。
うすだ
え、もう当然やってましたよね。
kai3
もちろんちゃんとクリアしましたよ。
結構こんなにゼルダって、もうちょっとニッチな存在だったのが本当にメジャータイトルになってきたなっていう。
うすだ
なんかみんな休暇取ったりしてたよね。
kai3
ね。
そうですね、SNSのバズり方とかも結構強かったですもんね。
ティアーズオブザキングダム出るから休もうとか。
うすだ
そう、あと正直ちょっと前でしょ、半年以上前でしょ。
kai3
5月ぐらいかな、ゴールデンウィークのタイミングで出た気がします。
うすだ
とかですよね、そう、うん、なんでちょっと前の話題っていう感じがさ、しません?
kai3
まあ確かにそうですね、夜遊びとかあれのあれとかに比べると古っかんちゃうとこあるかもしれないですね。
うすだ
そうですね、秋、夜遊びはもうずっと半年近くずっと。
うん、ずっと盛り上がってて、あれのあれも10月とかでしょ。
kai3
最後ね、紅白で土管、まあ紅白はきっと消費版付けの後だけど。
うすだ
後だから、あれですけど。
だからその後だから、あれのあれより印象が強いところもあるかもしれない。
kai3
ああ、確かに今収録してるからね。それは確かにあるかもしれない。
その他のヒット商品
kai3
じゃあ次、小結び。東の小結びがチョコザップ。
で、西の小結びが日本バスケ戦譜。
うすだ
うん、これもいいんじゃないですか?
全くこう、色んなしって感じ。
kai3
チョコザップめちゃめちゃ流行りましたよね。
うすだ
はい。
流行りましたね。
kai3
僕はあんまりあそこが理解できてないんですけど、あれは靴を履き替えなくていいから受けるんですか?
うすだ
そう、服を履き替え、服を着替えなくていい、靴を履き替えなくていいみたいな感じ。
kai3
服はさ、別に着てくじゃないですか。普通のジブラって。
普通のジブラって別に服着てったら一緒じゃないですよ。そういうことじゃないの?
うすだ
でも会社帰り、例えばスーツの人がスーツのままやるっていう環境じゃないじゃないですか。
kai3
スーツのままやってんのみんな。
うすだ
スーツのままでもいい。
スーツのまでもいい、15分でもいいみたいな、そんな感じです。
kai3
あー、なるほど。
ちょっとその、敷居を下げてあげたみたいなもんなんですかね。
うすだ
めちゃくちゃ下げたっていう感じですね。
kai3
敷居を下げたみたいな、こういうような、ハードルを下げたか。
なるほど。
あ、もう普通にそういうのでやっていいよっていう風にしてるんだ。
トレーニング用に着替えないで、私服で来いみたいな。
あー、なるほどね。
うすだ
その代わり短くちょっと体を温めるとか、ストレッチだけして帰るみたいなのもありですよみたいな。
kai3
なるほど。
あれ、何だったらスポーツしないで、トイレ使うだけの人とか、
都内にめちゃくちゃあるから、トイレが少ない地域だとチョコザップを使うみたいなのが出たりとか、
ちょっとしたミーティングとかメール読むために入るみたいなのもあるみたいな、
スポーツ以外の利用、コワーキングってほど仕事はできないけど。
kai3
あー、なるほどね。コワーキングスペースとして使ってもいいっちゃいいんだ。
お店の大きさによるんだろうけど。
うすだ
多分、そうそう。
デスクとかはない。
とは思うけど、座ってメール見るとか、パソコンでちょっと何回やるぐらいはできるってことなんだと思うんですよ。
そういう利用も多いんですみたいな話はちょこちょこ見た気がするんで。
kai3
なるほど。
うすだ
なんで、ジムの形を変えたみたいな。
で、あとね、あれですね、会員が掃除するんですよね、これ確か。
kai3
あー、そうですよね。
何回か前で、タイムズのカーシェアの話したときに近いシステムを話した気がしますけどね。
会員がお掃除とかしてあげるとポイントがたまる。
うすだ
ポイントがたまるから。
で、掃除が行き届いてないからやだみたいな。
kai3
それ話題は見ましたね。
うすだ
そうそうそう。そういう意味でいろんな裾野の広い話題提供したから、これはありでしょうっていう気が、ありというか。
kai3
すごい広がった一方を広がりすぎて、掃除とかしない会員とかのお店だと器具も壊れてるし、ほとんどできないみたいなネガティブな話もちょこちょこ聞きましたね。
まあ、そういうのは人気のサービスにありがちなんで、その後に改善されると思うんで。
うすだ
まあ、それだけ復旧したというか、もう本当にね、新しい使い方というか、スペースの使い方として話題になったっていう意味ではいろんないでしょう。
kai3
現実問題着替えてやりたいけどな。
ワイシャツにやる気はしないけど。
バスケの盛り上がりと日本バスケチーム
うすだ
まあ、だから気合い入れなくていいみたいな感じなんでしょうね。
kai3
さあ、そしてもう片方の日本バスケ戦。
うすだ
はい。どうですか、これは。
kai3
これ多分2つですよね。
その、ザ・ファーストスラムランクって意味と。
うすだ
あ、それ入ってる。
入ってんのか。
kai3
多分入ってんじゃないですか。
うすだ
なるほど。
kai3
それに加えて日本のバスケチームがすごい強かったじゃないですか。
うすだ
そうですね。
kai3
自力でのオリンピック室初でしたっけ。
どっかで相当強くて、なんか僕の前でも最近バスケ見に行ってますみたいな人はちょこちょこ聞いたんで、なんかすごい流行ってきてるなっていう感じ。
うすだ
まあ、IT系企業がさ、みんなスポンサーというか、チームを持っているようになったからみたいなのはありますよね。
ミクシーとかさ、なんかそういうのがみんな持ってるじゃないですか。
kai3
うん。
うすだ
だから応援しようみたいな。
みたいな機運が高まってるのかなっていう気がします。
kai3
なんかあれですよね、バスケって、なんかリーグはいろいろ揉めたりしませんでしたっけ。
うすだ
最近?
kai3
あの、いや結構前ですけど、そもそも僕のその、なんとなくの記憶では、なんかリーグが2つぐらいあってバラバラだったの、このままじゃいかんって言って。
うすだ
最近がすげえ昔じゃない?
kai3
うん、結構前。
それ、それでBリーグができたって話ですよね。
うすだ
はい。相当前じゃないか。
kai3
そう、歴史を振り返ってたんです。
で、そこからちゃんと担々とやっていったら、これだけ人気が出てきたっていう意味で。
はい。
いや、カブチはもうすげえなって思っただけなんですけど、Jリーグに続いて。
うすだ
オリンピック出場を決めたんで、10月に開幕したシーズンの入場者が27%増えたらしいですよ、日経によると。
kai3
やっぱね、スポーツは強いと見に行きますからね、シンプルに。
うすだ
そうですね。
kai3
個人的にはバスケ試合見に行ったりはしてないんですけど、
うん。
参戦しやすそうだなってイメージは。
うすだ
そうですね。
kai3
なんかありますね。ルール明快じゃない、難しいルールは分かんないんだけど、とりあえず入れたら2点、遠くから入れたら3点みたいなのがすごい分かりやすいし、前もほらスポーツ観戦なんてしたけど、サッカーとかは90分やってるのに点数あんま入んないけど、バスケバシバシ入るから、見応えはありそうだなってはなんとなく思いますけどね。
うすだ
そうですね。
kai3
だから見て見に行ってはいないんだけど。
うすだ
うん、僕も行ってないけど、室内だし、川崎とかさ、なんだっけ、割とアクセスがいいところ。
そうですね。ありますよね、競技場。そこそこアクセスがいいって言うんですからね。
kai3
ちょっとね、興味はあるんですけど、なんか今更に若が行ってもなみたいなところで。
うすだ
いやー、若、僕もワールドカップのほぼ見てなかったんで、あんまり言うことはないんですけど、まあでも盛り上がったのは間違いないですし。
kai3
間違いないですね。
うすだ
素晴らしい。
kai3
やっぱこの辺りぐらいから確かに盛り上がってるんだけど、やっぱ横綱クラスに比べると知らない人もいるかもなってきてますね。
うすだ
ここまでは。
kai3
ここまでは行けてる。
この下、前頭ぐらいからちょっとね、知らない人もいるだろうなっていうのが増えてくるんですけど。
前頭の、これも多分上の方がランキングして上なんでしょうね。前頭の東がビバン、で、西がエンヤスリッチホーニチキャク。
すげー表現すんな、エンヤスリッチホーニチキャクって。
ある意味、エンヤスリッチホーニチはもうちょっと上でもいいかなっていう気はしますけど、まずはビバンですかね。
銀座・円安リッチ法日客
うすだ
はい。
kai3
ビバン、めちゃめちゃ流行りましたもんね。
うすだ
流行りましたね。僕リアルタイムで見なかったですけどね。
kai3
あ、ほんとですか。
うすだ
うん。
kai3
僕、途中から追いついて、最後はやっぱリアタイで見たな、面白かったから。
これあれですね、ドラマとしてもすごい話題になったけど、ちゃんとお金をかけると面白いのができるんだみたいなので、
割といろんなメディアに記事にもなったりしたじゃないですか、ビバンは。
日本のドラマだってまだ面白いぞみたいな。
その辺も含めて。
ちょっと。
ちょっと社会現象っぽいところはあったので、割と納得ではありますね。
でもあれかな、去年で言うとサイレントとかの方があったけど、やっぱドラマは入りやすいのかな。
去年もサイレント入ってたのかな。
うすだ
去年だったっけ?
kai3
サイレント去年じゃないです?多分。2022年ですよ。
うすだ
え?2022年は一昨年?
kai3
一昨年。あ、去年じゃないです。表現を間違えてた。
同じくらい盛り上がったり言うと、サイレントも結構盛り上がったなと思ったんで、
そのくらいの。
2022年は?
サイレント、2023年がビバンみたいな印象ですね。国内ドラマで言うと。
うすだ
そうか。サイレントより盛り上がった気持ちはありますけどね。
kai3
サイレントはでもほら、聖地巡礼みたいなとこまで行ったじゃないですか。
うすだ
聖地。あ、確かに。
kai3
セタガーダイターがそれで一気にブレイクするみたいなとこまで行ってたんで。
うすだ
ブレイクはしてないけど。
kai3
話題性はあったよ。
うすだ
え?
まあいいかな。
kai3
ちょこちょこ見ましたよ、聖地巡礼なの。
うすだ
はい、巡礼した。多分今は何もない駅だと思いますよ。
kai3
まあね、1年以上経ってる。
ちょっと落ち着いたと思うんですけど。
そして円安リッチ法日客。
うすだ
これは何ですか?
円安でインバウンドが増えたって話ですよね。
kai3
これリッチ法日客の、ちょっと文脈わかんないですけど、リッチな人が来てるってこと?
あ、ちょっとパッと調べたらやっぱりあれですね。
観光客が日本で高級ブランドとかを楽しんでるみたいなもの。
円安リッチ法日客って言ってんの日系だけな気がするぞ。
まあいいけど。
うすだ
まとめるとこういう話になるっていうことなんでしょうね。
kai3
確かにでもな。
結構銀座とか行った時に本当にブランド店に並んでるのが外国人だけだったりとかは結構見ましたね。
これも体感としてもそうだなという気がする。
うすだ
リッチとは思えないようなところまでインバウンドが入ってきてるみたいなのもあるんで、
話題の商品
うすだ
なんかこのくくり自体はちょっと日系っぽいというか、経済っぽく。
なんだっけ。
思い出横丁。
みたいなところとかも最近ほぼ外国人みたいな話があるじゃないですか。
ああいうゴールデン街も外国人が多いとか。
kai3
上野とかね、すごい外国人が。
まあでも分かりますよね。
僕らがスペイン行ったらちょっと下町っぽいバルとかに行ってみたいみたいなノリで、
多分外国人の顧客はああいう上野のちょっと雑然としたところに行くのが日本っぽくていいみたいなのはあるんでしょうね。
うすだ
なんですかね。
そうそうだからなんかすごいリッチじゃないところにも波及してるのが今年っていうイメージもあったりします。
ですけどね。
kai3
じゃあ次これは、次は前頭ここから続くんですかね。
東がサントリーこだわり酒場のたこはい、西が朝日ビール朝日スーパードライドライクリスタルでここねお酒が2つ並んでるんですけど、これ飲みました?
うすだ
僕これねサントリーの方分かんなかったですね。
kai3
え、そうなんですか。
うすだ
こだわり酒場のたこはい。
なんだろうと思ったけど、まあでもあのパッケージ見たら分かったの。
田中みなみが宣伝してるやつですよね。
ああこれ知ってると思ったけど、この見出し。
名前だけでは分かんなかったです。
kai3
僕居酒屋行ったら結構目にした気がしますね。
で、飲んだんですけど、これ別にあのたこ関係ないんですよね。
うん、そうなんだ。
kai3
あの多く幸せのと書いてたこ、それをたこと呼んでいるらしい。
これたこに合うっていうことなのかと思ってた。
うすだ
はあ、なるほど。
うん。
kai3
でも飲んだんですけど、これ。
やっぱりたこのイメージが強い。
なんかちょっと味あるのかなと思ったら、要はプレーンサワーなんですよね。
味のないサワーだから、味のないって言い方は良くないけど、レモンサワーみたいな酸味がなく飲めるサワーだと思うんで。
正直僕は一回飲んでもいいかなと思ってしまったんですけど、ただむちゃくちゃ目に押しましたね。
うすだ
え、俺全然これね、ヒットしてた感じはないけど、CMは見たなっていうぐらい。
kai3
サントリーが上手いなっていう気がする。サントリーってこういうの作るのもいつも上手いですよね。
核廃がヒットして以降、ジンソーダとかも、スイとか、あれはジンが好きな人からすると全然とか言うけど、僕は飲みやすくて美味しかったし、ああいうブランディングで新しいお酒作ってるのもすごいうまいよなって思いましたけど。
まあでも、プレーンが好きな人が飲むやつだろうな。僕はあんまりこれは正直ご飯にそこまで合わないなと思ってしまった。
そして、スーパードライクリスタル。僕はこれは飲んでおりません。
なぜならドライビール。
ドライビールが好きではないから。
うすだ
これ見たけど、あれでしょ。3.5%のやつでしょ。試しに飲みましたけど、あんまり美味しくないな。美味しくないって。
kai3
まあでも、3.5だからちょっと低アルコール寄せなんですかね。でもビールって別にそんなもんだよな。
うすだ
はい。まあだからこのね、BR的な。
kai3
BRほどではないですよね。
うすだ
BR的な流れの中で、スーパードライもいよいよ。
ちょっと美になってきた。そんなに酔わないみたいな立て付けは今っぽいなとは思いましたね。
kai3
でも、普通のスーパードライがアルコール分5%あるんで、そんなに下がってないですね。やっぱ下げすぎると美味しくなくなっちゃうってことなのかな。
あの、ヨナヤナが作ってる正気のサタンってあるじゃないですか。あれとか0.6とかですもんね。
あそこまでいくとBRだなって気がするけど、これはBRではないんだろうな。ちょっと飲みやすくしたってことなのかな。3.5で。
正直僕がもう居酒屋とか行かない限り、この手の国内ビールほぼ飲まなくなってしまったので。
うすだ
はい。これは話題になってるというか、出た瞬間に新しいなと思って見てすぐ買って、予想通りあんまり好きじゃないっていう感想を持って確認したって感じです。
kai3
やっぱ日本人は濃いビールが好きなんだなってちょっと思いました。
うすだ
そうなのかな。案外ね、これにハマってるって人は見たことはないですね。
kai3
いや、これにハマってるというよりは、やっぱこういういわゆる日本の国内ビールってまだまだすごい人気じゃないですか。だからこれだけスーパードライドライクイスが上がってくるんだろうなと思って。
僕はもうすっかりクラフトビールに向いてしまったので、自分でお金出してちょっと楽しんで飲むんだったらもうクラフトビール飲んじゃってるんですよね。だいぶ安くなってきたし、クラフトビールも。
うすだ
そうなんですよね。
kai3
とはいえまあまあ値段するけど、2、300円とかで買えるようになってきたから、350ミリ缶が。
まあそれでいいかなという気はちょっとした。
やってますね。あんまりこっちのビールを買わなくなっちゃったな。
じゃあ次ですね。東がシャーププラズマクラスター、ドレープフロードライヤー、IBWX901と、西がパナソニック、ラムダッシュ、パーメイド。これわざと合わせてるんですね。
うすだ
多分そうですね。
kai3
白物家電的なもので。このランキングの中で一番印象が良かったのはこのシャープのドライヤーですね。存在はしてたけど、これそんななんだ。
うすだ
僕もそう思いました。多分あれだろうって思って。
kai3
うん。そうそう。そのぐらいの認識だった。これこんな受けてるんですね。
うすだ
そう。そこまでっていう気がしますよね。
kai3
これ何が人気だったんだろう。
エンヤスリッチの人気と家電トレンド
うすだ
なんかいいんでしょう、ドライヤー。でもドライヤーに興味がなさすぎてさ。
kai3
まあそうですね。
うすだ
でもなんかいいドライヤーが出た。なんか最近、このエンヤスリッチじゃないけど、いいドライヤーみたいなやつがちょっと流行ってるっぽいんでね。知らなすぎて。
kai3
そういう意味ではこれ、なんかこう家電の中から選んでねえかなって、流行ったんじゃなくて。
うすだ
そう。
いや、これ家電の中のトレンドをピックアップしたってことだと思うんですけどね。
kai3
って感じですよね。この並びで言うとね。
それで言うと、ラムラシュパームインは確かに結構みんながいい言ってるイメージはあります。
うすだ
これはみんな言ってるよね。
kai3
これはでも何がいいんですか。手に持ちやすいから。
うすだ
持ちやすくて小さい。ひげそりの下の部分っていらなかったんだっていう。
kai3
確かにね。それは形見たしかない。確かにそうだなと思いましたけど。
ほら、そり心地が変わるとかだったらあれなんだけど、わざわざ今のひげそり買い替えるほどじゃないなと思っちゃったんですけど。
なんか違うのかな。そり心地がいいとかだったらいいんですけどね。
うすだ
持ち運びはしやすいんじゃない。
kai3
あと場所を取らない。旅行とか持ってくんだったらこれいいのか。
うすだ
うん。収納費ただ4万何本とかするんですよね。確か。
kai3
結構言うなりはしますよね。もうでも白物家電最近高いからな。
次買うんだったら買ってもいいけど、ひげそりもそうなかなか買い替えないからな。機能面では。
旅行に持ってくるのはさ、そうですね。このUSB充電できるから。
うすだ
そう。でもその下がいらなかったんだっていうのはまさにそういう、今までこれって必要だと思われてたものがいらなくて済むんだっていう驚きっていう意味では、
この形が全然違うから、ドライヤーよりは先進感というか一新感はありません?
kai3
そうですね。あります。
旅行を持っていくときに、やっぱりひげそりとかちょっと長めの旅行とかだとやっぱりひげそりさすがに持ってくるんですけど、
やっぱり場所を取るし、どうやって持っていくかとかちょっと面倒なんですよね。ケースついてるっちゃついてるけど、
それでいくと、ラムナシパームインは本当にワイヤレスイヤフォンみたいなケースの中に入れて持っていけるから、それはすごい良さそうだなっていう。
うすだ
そうですね。僕も欲しいけどちょっと高いなと思ってたらなんか…
kai3
ちょっとそう、高いな。ちょっと高いな。
うすだ
知り合いがみんな買っててさ。
kai3
こういうのちょっと…
格安モデルが出たら検討するかも。
うすだ
1年ぐらいすると多分安くなるんじゃないの?みたいな。
kai3
うん。ちょっと安いモデルが出たら気になるかな。
うすだ
もうちょっと落ち着いたらいいかな。
まあでもこれはトレンドっちゃトレンド。
kai3
こっちの方がそうそう。2つ並んでいくと東西逆じゃないっていうイメージです。
うすだ
そうそうそう。まさにそう。
kai3
ラムナシパームインの方がヒットした感じはあったけど。
さあそして次は、これはなぜこれが横になるのか分からないんですけど、
西が丸亀製麺、丸亀シェイクうどん、西が三井住友FGのオリーブ。
うすだ
はい。
kai3
これオリーブって書いてあるけど食い物じゃないのに同列になってるんですね。
うすだ
はい。
kai3
丸亀シェイクうどんは僕でもさっき言ったラムナシのここの下いらなかったと同じように、
確かにうどんシェイクしたらよくねっていうこの発想は好きですけどね。
うすだ
これ僕も新しいと思うし、すごい。
ただあれだよね、ちょっとカエルの足が入ったりした。
kai3
ああそこの問題は確かにね。
うすだ
あったんだよね。
kai3
ちょっと運悪くない。
運悪くなかったけど。
うすだ
そう、買おうかなと思った時にその話が、でも別にしょうがないよねそんな。
kai3
まあね別に丸亀じゃなくても起きてる可能性はあったから、
たまたまね丸亀シェイクうどんに当たっちゃっただけの話だからね。
サラダだったら起きてますからね。
うすだ
それよりもうちょっと説明した方がいいのかな、丸亀シェイクうどんとはっていうのは。
kai3
うん。
これね、僕そもそもで言うとマクドナルドのサラダってこのタイプなんですよね。
透明なケースに入れてドレッシング入れて、
シャカシャカ振って全体にまぶすっていうのがすごい好きだったんで、
僕マクドナルドに行くとだいたいサイドメニューそっちにしてるんですけど、
それと同じ要領で丸亀シェイクうどんは全部ここ入ってて、うどんの。
うすだ
うどんと具と汁が入ってて、シャカシャカして混ぜて。
kai3
シャカして全体に混ぜるっていう。
で、持ち歩けるからテイクアウトにもいいし。
テイクアウトも簡単でいいからこれいいですよね。
うすだ
でも食べる時は普通に箸で食べるんですよね。
kai3
うんうん。
それはさすがにね。
でもほら、なんかこう。
海外である中華料理とかってなんかそういうの多くないですか?
四角いボックスに入って箸で食べるみたいな。
うすだ
はい。
kai3
そういうイメージなのかなと思って。
ただ僕は気にはなってるけど食べたことがないんですよね。
うすだ
そう、僕も食べてないんだよね。
kai3
なぜなら店行くと普通に他のメニューも食べてしまうから。
うすだ
そうなんだよ。
だからこれも持って歩くとか特殊なシチュエーションがないとさ、
入ったらすぐかけって言っちゃうから。
かけ並みって言っちゃうから。
kai3
そうそうそう。
で、天ぷら選んでちゃうから。
気にはなってるけど食べたら。
食べたことがない。
うすだ
強い意志がないとさ、注文できなくない?
うん。
kai3
オフィス街とかでね、ちょっと買って帰るとかでいいんでしょうね。
うん。
そういうのは便利そう。
ちなみに先ほど話に出しましたマクドナルドのシェイクサラダが今シェイクじゃなくなってしまいまして。
うすだ
そうなんだ。
kai3
おそらくプラスチック使わない戦略の元だと思うんですけど、紙のボックスになっちゃったんですよね。
サカサカできなくなって。
サラダってドレッシングがちゃんと均等にいかないとおいしくないじゃない。
じゃないですか。
オリーブと銀行系クレジットカード
kai3
シャカシャカであるサラダ、僕はすごいいいアイディアだと思って大好きだったんですけど、ちょっと残念になってしまいましたね、マクドナルドが。
さあ、そして西のオリーブなんですけど、オリーブ本当に?っていう気がするんですけど、そんな話題になりました?
これ一応オリーブを説明すると、ざっくりとクレジットカード?
うすだ
いや、それはね、全然ざっくりとしすぎですね。
kai3
ざっくりすぎ?
うすだ
銀行口座とクレジットカードが一体になった金融サービスですね。
何言ってるか分かんない感じですけども、銀行でカードというか、コーダーを作るとクレジットカードじゃない、キャッシュカードが発行されると思うんですけども、
そのキャッシュカードがよりクレジットカードにもプリペイドにもデビットカードにもなるカードで、しかもApple PayとかGoogle Payみたいなスマホウォレットにも対応していて、
で、オリーブの赤。
アカウントで銀行もカードも全部の管理を1個で管理しちゃいましょうという感じで、
なので銀行がすごい銀行ベースですごい力を入れたクレジットカードみたいな、楽天銀行と楽天カードが一緒になったみたいな感じのところが新しいって感じですかね。
なのでざっくり言うとクレジットカード、本当はこれ細かく言うとデビットカードなんですけど、
まあいいや、そんな話は。
まあまあヒット証券バウン付けに入るの、僕的には違和感はないんですけども、普通の人に広く行き渡るようなほどのヒットかというと、
まあ微妙。ただアカウント数として100万とか超えてるので、銀行系サービスとしてはめちゃくちゃメガヒットっていう考え方ではあるかなって気がします。
kai3
ああなるほどね。そういう実績はちゃんとあるんだ。でもキャンペーンがすごかったからじゃないですか。
なんかすごい。
キャンペーンめちゃめちゃやってましたよね、オリーブ。ポイント還元率が良くなるみたいなやつ。それで契約した人多いんじゃないですかね。
うすだ
ああ、そう。最大15%とかやってましたか。
kai3
ただこれちょっと前に、三井住友が三井住友のクレジットカードで、1回100万円まで使えば、その後一生年会費が無料になるってキャンペーンやってて、僕の周りがそれみんなこぞってやってたんですよね。
うすだ
俺もやってるけどね。
kai3
うん、そうそう。
で、その直後出てきたから、なんか今更切り替えるのめんどくさい。
うすだ
僕はメインがそもそも三井住友なんで、それとは別に、今使ってた口座をオリーブにしました。
kai3
ああ、なるほどね。そっか、手持ちの三井住友銀行は使ってないけどあるから、それ切り替えてみるの面白いかもな。興味はあるんだけど、メインにならなそうだな。
うすだ
いや、別に変えて何が起きるかっていうと、特に何も起きないです。
kai3
僕それちょっと話は脱線するんですけど、ポイカツで僕はずっと三井住友系のビザラインペイを使ってたんですけど。
次のプリペイドはタッチ決済で必ず2%還元だったんですけど、2023年12月で終わっちゃったんですよね。
うすだ
うん。
kai3
で、今はタッチ決済で3%って新しいキャンペーンが始まったんですけど、それ上限が設定されてるんで、あんまりメインカードで使い向かなくなってしまって、ちょっと今ね、次のポイカツの行き先を探しております。
はい、完全に予断でした。
うすだ
はい、わかりました。
kai3
はい、じゃあ最後ですね、ヒット商品番付の東、Kアリーナ横浜、西、アザブダイヒル。
アザブダイヒルズ。
うすだ
はい。
kai3
出ました、アザブダイヒルズ。
まあ、そりゃあね、Kアリーナかな。
うすだ
うん。
kai3
Kアリーナの方が僕は実感としては大きいですよ、ヒットというか。
うすだ
へー、僕はアザブダイヒルズこの間行きましたよ。
kai3
あ、どうでした?
うすだ
なんかね、ここを再開発するんだっていう驚きがありましたね。
kai3
なんか不思議な位置ですもんね。
うすだ
うん、すげー変なところをよくやるなっていう。
まあ、先にKアリーナの話でしょうか。
kai3
Kアリーナはね、あのー、
新しくできた音楽とかライブ会場とか、僕はまだ行ってないんですけど、
今ほら、ちょっと空前の推し活ブームじゃないですか。
うん。
で、いろんなアーティストが結構デビューして、
オーディション番組だったり、事務所とかからデビューしたりとかしている中で、
パフォーマンスする場所がどんどんなくなってるんですよね。
もう取り合いになってて。
うすだ
うん。
kai3
だからライブはしたいんだけど、ライブ会場が取れないみたいなことが起きてるんで、
で、ライブ会場が少しずつ増えてきてる中で、結構Kアリーナは期待の、
あの、場所だったんですけど、蓋開けてみるとね、交通状況が悪すぎるっていうので。
うすだ
外に出るまで2時間みたいな、駅に着くまで2時間だけとかね。
kai3
あれ、何年後かに道が繋がると、確か良くなるとかいう話なんですよね。
うすだ
うん。
kai3
ただ今現時点では、もう本当に、あのー、それを危惧して早めにパフォーマンスを置いて出るとか、
なんかそういうのを工夫しないといけないぐらい大変みたいな。
うすだ
なんかさ、席もすごくいい、音楽専用だ、音もいいみたいな話だったけど、
評判ができて、
日経MJランキングの納得感
うすだ
できてからの評判はあんまりよろしくないですよね。
kai3
でも多分そのリッチの話だけですよね。
うすだ
リッチはいいんですよ。リッチはアクセスはいいでしょ。
kai3
アクセスはいいと思うんですけど、その、要はその退場が大変っていう話と、
で、僕の周りの、あのー、その推し活勢の中で一番評価高いのはPアリーナですね。
PアリーナMMっていうのが横浜にあるんですけど、ライブ会場で。
うすだ
最近ですよね。
kai3
あれも最近です。あれは2、3年前かな。
あそこは音もすごい良いし、
音楽会場の、その、アーティストとの距離感みたいなのも結構いいので、
でもまあ選べないですからね。
あ、このアーティストだからここでっていうわけにいかないから、
だいたい東京コマエリアで1個になっちゃうから、仕方ないんだけど。
Kアリーナは、それが混雑が緩和された頃に、好きなアーティストで行ってみたいけど、
今やられると僕はちょっと、Kアリーナってだけでちょっと構えてしまうかもしれないな。
あの、あの、出るのが大変っていうのを聞いてしまったので。
で、アザブダイヒルズ。
うすだ
はい。
kai3
まあこれもね、僕も知らなかったけど、開いてみたら確かにすごい話題になってたんで、
これも納得かなという感じはありますね。
うすだ
何があるっていうと困るような街でしたね。
あの、変わった街を作るなっていう感じでした。
kai3
そんなもんじゃないですか。だいたい、だいたいのものが。
うすだ
いやなんかでも、多分これまだね、えっと、なんだっけ。
全然ショップとかブランドショップとか、あの、まだできてないです。
そうですね。2月とかにみんな、春とかにできて、あと、あの、豊洲にあったチームラボのやつも、2月だっけな、とか、まだまだ先で。
kai3
あ、あれも来るんだ。へえ。それはちょっと見に行ってみたいかも。
うすだ
ほんと、ビルができましたぐらいな感じで。まああとU報道みたいなのもできたぐらいで。
kai3
ちょっと落ち着いたら行きたいかな。まだ人が多そうな気がするから。
うすだ
あ、空いてます。空いてたってことなんだけど。何もないから、別に何もないので。
kai3
ああ、落ち着いたのか。
うすだ
そう、六本木1丁目から神谷町まで歩いて、また戻ってくるぐらいな感じで。
あ、でも六本木1丁目からちょっと遠かったかな。
なんか直結、駅から直結してるイメージだったんですけども、なんかしてなかった。全然、割と歩いてびっくりした。
kai3
ちょっとそろそろ行ってみたいと思います。空いたという情報を知ったので。
はい。
お前として、いろいろこれがこの順位とかあるけど、全体としてまあまあ全部知ってる話だったし、
納得感は?
納得感は高いですね。
うすだ
そうですね。妥当、妥当すぎ。妥当ですよね。
kai3
まあ、正しいんですけどね。妥当じゃないほうがおかしいはずなんだから、ヒット番付けなんだから。
ちなみに、さっき言ったSNBCのほうでも同じような番付け出してるんですけど、これ結構色が違ってて、結構大きな違いとしては、SNBCは西の横綱が新型コロナ5類移行が入ってるんですよね。
ああ。
kai3
確かにこれも流行だったかどうかわかんない。
これ、ヒット商品?
ヒット商品なのかとは思うけど、話題になったという意味では確かにそうだなっていう。
こっちなんか社会情勢が反映されてる感じありますね。
kai3
あと、このランキングで面白いのは、ちいかわとか。
ちいかわ入ってるのも正しい。
うすだ
ちいかわとティアキンがさ、並んでる。
こっちはティアキンが低めなんですよね。前頭さんだから。
うすだ
こんな感じな気がするよね。
kai3
僕もこっちのほうが近い気がするけど、でも、
上位、大関にウェルビーイングと地球、
沸騰化とかね、なんか社会的な話が多いですよね。
これ、地球沸騰化ってワードはさ、
うすだ
ウェルビーイングもさ、大関かって思うけど、
地球沸騰化って、
グーグルと何件出てくる?
kai3
260万件ぐらいありました。
うすだ
へえ。
そんなにこのキーワード、来てましたかね。
kai3
まあでも確かに暑かったですけどね。
このキーワードかどうかは別として、
夏がむちゃくちゃ暑くて、
で、結局、
夏が暑すぎたせいで、
野菜が育たないみたいなことが、
社会的に起きてるから。
うすだ
今年の夏は暑かったを含めて、
このキーワードにしたってこと?
kai3
円安リッチ本人資格みたいなもんでしょ、これ。
うすだ
これよりは円安リッチのほうが、
こう、納得あるかもしれない。
kai3
そうですね。
2つ比べてみるとなかなか面白い。
あと、金継ぎとかが入ってるの面白かったですけど、
金継ぎそんな流行ってんだろう。
うすだ
金継ぎって何?
kai3
金継ぎってあれでしょ、
割れたお茶碗とかをくっつけるやつでしょ。
金継ぎで。
うすだ
なんで?今年流行ったの?そんなの。
kai3
分かんない。これそんな流行ったんだと思って。
これもびっくり。
うすだ
普通の金継ぎ。
どういうきっかけで金継ぎ流行ったの?
kai3
分からない。
これは僕は全く分からない。
あと、タンパク質食品もそんなに分かんない。
そんなに流行りました?タンパク質。
うすだ
タンパク質、分かんないっすね。
ユニクロラウンドミニショルダーバッグ流行ったんですか?
kai3
これもそんなにイメージなかったですけどね。
どういうやつだろう。
うすだ
サコッシュみたいなやつ?
kai3
サコッシュが流行った?
サコッシュが流行ったっていうのは分かりますけどね。
うすだ
あれですね。
こっちが全般的に納得感は弱いかもしれない。
kai3
なんかね、ちょっと親っても、
そういう意味ではむしろ面白いですけどね。
こっちのランキングの方がね。
うすだ
日経MJにも突っ込んだけど、
考えてみると、
やっぱ日経は、なんだろうな、
見せ方というか、
多くの人への見せ方が洗練されているのかもってちょっと思いました。
kai3
いや、面白いですよね。
これ意外に比べると面白くて、
だって、
日経MJの方は、
Kアリーナとアザブダヒルズが入っているのに対して、
こっちのSMBCは東京ミッドタウンやSですよ。
いや、なんかちょっと違わないと思うんだけど。
うすだ
入った?
東京ミッドタウンやS?
そんなに?
kai3
そんなに?っていう。
もっと前からなかったでしたっけ?
ミッドタウンやSって。
うすだ
いや、今年ですね。
バスターミナルとかもさ、下に入ったじゃない。
入ったじゃないってあるんですか。
kai3
あれか、
グランドオープンが今年ってことか。
2002年に先行オープンしてるんですね。
うすだ
あー、そうなんだ。
kai3
この辺り。
上はヒルズ系で、下はミッドタウン系が入った辺りも何かいろいろあるのかなとかね。
うすだ
SMBCだから?
kai3
うん、なんかあるのかな。
物価上昇、インボイス制度とか、すごい社会派ですね、全体的にね。
うすだ
インボイス制度、物価上昇、これは妥当ですよね。
電動キックボード、まあ。
kai3
結構、良くも悪くもね、社会的な話題にはなったんじゃないですか。
同行方法だって解釈されたじゃないですか。
レミでは。
まあまあ、分かるは分かる。
知っている話題と知らない話題
うすだ
金継ぎは分からないよ、しかし。
kai3
金継ぎなきゃ分かんないっすね。
もう、タンパク質食品もちょっと分かんない。
うすだ
そうっすね。
kai3
うん、あと異次元の少子化対策って、ニュースとかにはなったけど、別にそんなにされてなくないって気がするんですけど。
うすだ
これがセキュア系でさ、インボイス制度より上っていうのはちょっと…
kai3
ちょっとね。
うすだ
下せぬって気がしますよね。
kai3
うん。
なんかランキングがちょっとね、ツッコミ替えがあるのはこっちの表だなと思いましたけど。
思ったよりこの、ちゃんと商品は自分で終えてるんだなっていうことが、割と安心しました。
さすがにSMBCも、金継ぎは知ってるけど流行ったのは分かんないし、タンパク質食品もよく分かんないけど、
それ以外はまあまあ、あとイニクロか。
イニクロのラウンドミンショルダーバッグも分からんけど、それ以外はまあ大体知ってはいたので。
うすだ
はい。
一応SMBC的には、
日経トレンディーのヒット商品ランキング
うすだ
金継ぎがブームになって、心のウェルビーイングながらで心の豊かさを求める考え方を反映してか、金継ぎがブームになってる。
kai3
そうなの?
うすだ
って書いてある。
本当かな、なんか言いたいことにワードを当てはめてる感がすごいですよね。
あ、でもこっちに推しの子も入ってんだよね。
kai3
ちなみに今、金継ぎブームで検索したら、2022年4月に金継ぎの再ブームって書いてあるんで、
はい。
一個前なんじゃないの?
2023年。
2023年じゃないんじゃないの?って気はしたけど。
もちろん現代ビジネスとかでも世界的人気になってるとか書いてる記事がありますね。
うすだ
へえ。金継ぎって英語でなんて言うんだろうね。
kai3
あの、アルファベットで金継ぎみたいですよ。
うすだ
マジで?カラオケみたいな。
kai3
そのまま金継ぎ、そうそうそうそう。
まあでも、本当はでもこれ、知らないのがあったら盛り上がるんでしょうね。
うすだ
そうね。そういう意味では、MJさ、ちょっと今年はスーッと行き過ぎた気がしますね。
kai3
うん。
えー、知らなかったーって驚きたいのに、それがあんまなかったですよね。
ちなみにそれで言うと、まあまあもう話しちゃってるんでいいんですけど、
日経トレンディーがヒット商品2023年のベスト30出してるんですよね。
うすだ
はい。
kai3
こっちの方が知らんやつとか来て面白いかもしれんけど。
うすだ
へえ。
kai3
でもこれも大体知ってるな。
でもまあまあ近いっすよね。
こっちだとでも、1位がチャットGPTですよ。
これも確かに、ああでも確かにチャットGPT、まあ生成AIでくくってればそっちに入るのか。
うすだ
うん。
kai3
日経トレンディーのがよりこう、製品名とかでちゃんとランキングしてる感じがありますね。
いや、本当のヒット商品はこっちなんじゃねえのって気がするな。
うすだ
まあこれは本当商品に。
kai3
商品で言うと、1位がチャットGPT、2位チョコザップ、3位がザ・ファーストスラムダンク。
うすだ
はい。
kai3
うん、なんか割と納得感はあるな。
で、やっぱタコ入っとこ入ってますね。
うすだ
商品っぽくて確かにいいね。
ティアキン4位だって、ビオレUV。
うん、わからん。
kai3
ジブリパーク。
まあまあ、話題にはなったか。
ジブリパークってのもあれですよね、なんかこう、どっちかと言うとイマイチっていう評判の方があった気がするけど。
うすだ
そうですか、予約制なんだよね。
北海道ボールパークFBA、チタコハイ、レノア、クエンサン、チョウショウシュ。
こんなのヒットしてんだ。
kai3
ね。
うすだ
しないのある。
こっちの方が良かったかな、面白いかな。
kai3
ね、こっちの方がちょっと面白かったかもしれないですね。
でもまあ、でもわかる、わかるよな。
うすだ
パキットって何ですか?
kai3
パキットはね、あれ。
あれだと思います、あの、スパゲティの。
あー、これか。
あの、パスタを半分に折って、そのソースの中に入れて電子レンジに入れるだけで作れるってやつ。
うすだ
なるほど、なりましたね、パキットって言うんだ、あれ。
ランキングの話
kai3
確かに楽で良かったけど、水分があまり使えないので、すごいもっちり感が強くなります。
だからそういうパスタが好きな人にはおすすめかもしれないけど、僕はちょっともっちりすぎてちょっと。
なるほど。
うすだ
まあ、あと異論があるものもたくさん出てくるけど、もういいか。
kai3
30個あるとね、さすがにね、出てきますよね。
でもまあ、これもこれで面白いランキングな気はするけど、今年ではなくねっていう気も。
メンズ日傘なんていつの話で。
うすだ
そうなんだよね。
kai3
これ結構前じゃないですか?
うすだ
コロナ前ぐらいですよ、なんだろうね。
kai3
そう、そのぐらいにもう夏暑くなったからにしましょうね、みたいな。
うすだ
うん、まあ本当に暑かったってことなんでしょうね。
kai3
ちなみに、まあもうだいぶ時間やってるんで、最後ちょちょっとだけ言いますけど、日経トレンディーは2024年のヒット予測ともやってまして。
うすだ
おー。
kai3
それでいくと、1位がドローンショー&空中QR、2位未来のレモンサワー、3位新Vポイント、4位エキナカコストコ、5位ARグラスワーカーだそうです。本当か?
うすだ
あー、いいですね。本当に手探りって感じがしてよくないですか?
kai3
これは本当かなっていう気がするけどな、大丈夫かな。
うすだ
ドローンショー&空中QR?
空中QRが1位とかさ、予測を諦めてるとしか思えないですよね。
kai3
ちょっとね。
未来のレモンサワーっていうのはなんか売ってたんですね、そういうのが23年に限定で売ってたんだ、朝日は。
うすだ
あー、それが多分定番化するみたいな話なんですかね。
kai3
いやー、これはこれでちょっとツッコミどころがいっぱいあって楽しいな。6位のプライバシートークとか絶対来ないぞと思うけど。
うすだ
はい、それ。
はい。
kai3
マスクってやつらの、マスク型の、外に喋ってる子が聞こえにくいっていう。
うすだ
来ないね。
kai3
僕買ったんですけど、これね、そもそも自分が喋りにくくなるっていうハードでした。
口の前にぴったりとつけるんですよ。だから喋るときに自然ともごもご喋りになっちゃって、聞き取りづらくなっている。
まあ、さすがに2002年は難しいんだろうな。
うすだ
駅中コストコ。
kai3
面白い。
テイアルスーパードライがこっちだと、2024年に流行る17位扱いですよ。
うすだ
あー、これまだ来てないものはダメなんだね。
ヒット予測だから、ヒットしないと入れないのかな。
kai3
そう、2020にヒットするであろうだから、今はまだ流行ってないって認定なわけじゃないですか。
うすだ
そういうことなのかな。
kai3
でも、テイアルスーパードライはさっき入ってましたもんね。日経MJのランキングには。面白いな。
うすだ
ヒットしなくてもいいってこと?でもヒット商品満足なんだけどな。
kai3
うん。
まあ、予測はちょっと大変だね。
ちょっと大変ですよね。
うすだ
そうっすね。まあでも、予測はこれぐらいあらあらの方が面白くていいですよね。
kai3
僕は今年のヒット商品は、もう年入っちゃったからズルなんだけど、災害対策キットかなって気がしますけどね。
うすだ
あー。
kai3
ちょっとそこの意識がまた今年は高まりそうな気がしてる。
うすだ
これ、あれっすよね。下木に地震があるかどうかでも左右されそうなランキングですけどね。
kai3
まあまあ、そうっすね。
はい、そんだけでちょっと長々とお送りしましたが。
これはなんか、はい。
話すのが楽でいいネタなので、一問負けずに毎年恒例にしていきたいと思います。
うすだ
来年は年末にやりたいですね。
kai3
そうね、来年はちゃんと年末やりましょう。
はい。
うすだ
はい。
45:01

Comments

Scroll