1. 純朴声活
  2. (61) 映画『関心領域』を観て..
2024-06-23 10:30

(61) 映画『関心領域』を観てきた

#声活

 

00:01
どうも、純朴生活です。2024年6月23日、日曜日の文です。
もし、自分が龍之介っていう名前で、その状態で美容師になっていたら、紙切り龍之介ですっていうのを自分の挨拶にするんじゃないかなって思いました。
こんばんは、皆さんいかがお過ごしですか。
今日、僕はね、日曜日にですね、映画、関心領域、ザ・ゾーン・オブ・インターレストを映画館で観てきました。
おもしろかったですね。
すごく興味あったんですよね。予告編の映像がYouTubeにあるから、それをポッドキャストの概要欄に貼っておこうと思いますけれども。
皆さん見ました?僕はね、すごい興味を引かれる。
見ましたね。あと、A24でしょ。A24はなんかすごいですね、なんかおもしろい作品を次々に出してるってイメージがありますね。
あれですか、ミッドサマーで一気に有名だったんですかね。
僕、映画のこと全然詳しくないですけど、しかなくとも僕はミッドサマーを見たときに、白いホラー映画みたいなやつでしたけどね。
あれのときに、あれ?そうだよな、ミッドサマーってA24だよね、確かね。
ちょっと自信なくなってきたから調べるか。
そうだよね。A24だよね、そうだよね、そうだよね。
あとは僕が好きな映画だと、Xパール、マキシン。マキシンが今年公開かな。
3部作のXパールもA24ですよね、確かね。ちょっと自信ないけどいいや、確かそうですよね。
結構そういう意味ではA24自体に僕は結構いいイメージを持ってるというか、一風変わった尖った映画を見せてくれるイメージがあったりもしてですね。
関心領域は予告の映像を見たら結構興味引かれますよね。見に行こうと思ってて。
最初、僕が松本市内で行く映画館っていうと、シネマライツエイトっていうところです。
ゴジラマイナスワンとかはそこで見たんですよね、ブルピルじゃないや、ブルジャイアンとか。
なので映画見るというかそこをと思ってて。
日本でも関心領域が5月から公開され始めて、シネマライツエイトのウェブサイト見たら関心領域上映してないじゃんってなって、
03:05
この辺だと見れないのかなってあんまりちゃんと調べずに最初に見た情報でそう思っちゃったところがあったんだけど、
改めて調べてみると、松本市の隣に山形村っていう人口8200人ぐらいの市町村があるんですけど、
そこのICITY21っていう商業施設があって、その中のICITYシネマっていう小さい映画館があるんだけども、
そこで上映してるっていうのが発見したので、それで行ってきましたね。
ICITYだとね、あそこ駐車場めちゃくちゃ広いんでね、行きやすいんですよね。
街中みたいに結構道路ごちゃごちゃしてるところじゃないんで、行けば絶対車止めれるっていう感じなんでね、僕好きなんですよ。
そこ行って見てきましたね。
おもしろかった。僕は映画を読み解くスキルが全然高くないんで、
こういう特に隠されたメッセージ、サブリミナル的に織り込まれた映画詳しい人だと、
映画においてこれはこういう意味みたいなのをたくさん読み取るっていうイメージがあるものの、
僕それ全然できないんで、見て帰ってきて、
YouTubeで関心領域のネタバレありの感想とか解説とか考察みたいな動画を3つぐらい見たらですね、
ああ、あのシーン、そのシーンあったの覚えてるけど全然印象に残ってなかったが、
言われてみればそういう意味のシーンかっていうのを10個ぐらいから発見して、
なんで映画プラス家帰ってきてから見たその考察系とか解説とか、
自分はこういうふうに見たよっていう感想を述べてる映画詳しい人のお話を聞いたらね、
ああと思って、それ込みで僕はすごく楽しめた映画でしたね。
これ見に行くにあたっては、
にんじんくんさん、講演日記仲間のにんじんくんさんも、
このリスンの講演日記で関心領域見てきたよって話してたし、
あとは友人のゆうたさんが日記みたいなところに見てきておもしろかったって書いてたんで、
結構それは後押しになりましたね。
お二人は音が、映像もそうだけど音ですね、耳から受け取る音がかなり要素として重要な映画だから、
映画館で見るのはおすすめだよって言ってくれてたんで、見に行ってこいとよかったですね。
06:05
ICTシネマのシアター1からシアター6までみたいな、あるじゃないですか、
シアターでいいのかな、部屋がいくつかあって、スクリーン1、スクリーン2みたいなやつか、
スクリーンいくつかあって、たぶん今回見たのはICTシネマの中でも一番大きいスクリーンってわけではなかったんじゃないかなと思います。
そしたら自由席でとりあえず行ってカウンターでチケット買ったら、自由席なので10分前からスクリーンに入れるようになるから空いてる席に座って見てくれって言われて、
妻は自由席って初めてかもって言ってたな。
映画館って必ずチケット買うときに座席も決まって指定席しかないと思ってたんじゃないかな、妻は。
東京で生まれ育ったらそうなるんじゃないかな。
なんで、ちっちゃい映画館で。
でも僕は行ったら3日前に頑張ってチケット取らなくても見れるっていう映画体験がね、この都会を離れた暮らしのそういう映画体験はすごい好きなので、
今回も良かったですよ、フラッと行って見て帰ってきたんで、とっても良かったし、ICTシネマね、いいじゃんって思ったので、
また他の映画も気軽に見に行ってみたいなと思ってます。
僕、この映画の魅力を上手に伝えることはね、多分ね、僕の映画に関する洞察とトークのスキルだと難しいと思うので、
あんまりこういう風におすすめですみたいなのはあんまりないですね。
でも予告編の映像を見て、おやおやって思った人はね、結構楽しめるんじゃないかなと思います。
今日日曜日ですね。
最近純木生活では浜崎賢吾君との雑談を録音したものをエピソードとして配信していて、
エピソード58,59はね、爆裂親孝行っていうシリーズを配信しましたよ。
結構ね、いろんな人から感想のコメントとかメッセージいただいて良かったなと思います。
僕もすごい良いシリーズですね。
先日また新たに収録した分、手元に音声ファイルがあるので、ここからまた切り出していくつかのエピソードにしていこうかな。
今週何本か出していこうかなと思っています。
音声編集をするにあたってですね、ヘッドホンを注文してみたので、それが明日月曜とか火曜には多分届くんじゃないかなと思います。
09:08
僕ね、人生でね、自分のヘッドホンっていうのを所持したことがないんですよね。
イヤホンしかないから、ヘッドホンって人生初ヘッドホンなんですよ、僕にとっては。
それもちょっと楽しみだったりします。
なんか合わないと首が疲れるってイメージありますけど、音声編集したりするときにはヘッドホンね、あると役に立つんじゃないかなという気もしてるのと、
新しいことなんで、ちょっとワクワクしてますね。楽しみだなと思ってます。
さて、明日から平日で、今週も小学校行く日もあるし、お仕事の日もあるし、金曜日には札幌に向かって移動ですね。
今週札幌に行く予定があるので、とっても楽しみですね。
体調を崩したりしないように、寒かったら暑かったりしますけど、皆さんも体調管理に気をつけてやっていきましょうね。
今日はそんなトーレス2024年6月23日日曜日の分を喋りました。
お相手は神斬り龍之介でした。また次のエピソードでお会いしましょう。バイバイ。
10:30

Comments

しょっぱなの髪切りりゅうのすけにツッコミいれてたら、後のエピソードが入ってこなかった、おもしろすぎる、じゅんぼくさん!

juneboku
Scroll