1. 虎の威を借る狐
  2. #066 なんでもみまん?からの..
2024-06-19 35:39

#066 なんでもみまん?からの旅行話

「広島のタイガァ⤴」の威を借る。

#ミドルフォーティー 同じ歳ゲイのムコMとりュウRが世の中のひと・もの・ことの威を借りてそこそこ真面目にそこそこ適当におしゃべりする番組です。

・【#030 50%雑談、50%お便り、君は1000%。】(https://spoti.fi/43c9Kv4)に関して ・ヒカルさんからのおたより ・うっかり収録は2023年 ・なんで広島がもみじかグググ ・伊藤博文 ・「食うたらさぞ美味しかろう」 ・森繁久彌を連想 ・広島といえば ・牡蠣、もみじ饅頭、厳島神社… ・ポルノグラフィティ、Perfume、奥田民生、西城秀樹、吉川晃司 ・菅原文太は? ・Mは馴染みがある広島 ・Rは修学旅行で行ったことがある広島 ・Mは移動が好きで乗り物が好き ・Rは旅行慣れしていない ・飛行機好き、鉄道好きには色々ある ・スターフライヤーで男性CAオンリー機があるらしい ・広島市は空港から遠い ・西条の日本酒まつり ・旅行の仕方 ・オーソドックス観光地 ・地元のスーパー ・ANDERSENの本店 ・路面電車の楽しさ ・スキーもできる広島 ・Mが住みたい街ランキング高い ・カープ色は強い ・市民球場じゃなくてMAZDA Zoom-Zoomスタジアム ・今住んでいるところがやっぱり好き

ヒカルさん、おたよりありがとうございます。

エピソード内に出てきた話題「広島」にちなんで、広島出身歌手が歌う曲を「Singers Born In HIROSHIMA」という #プレイリスト にまとめました。

【PLAYLIST】 Relax In The City/Perfume アポロ/ポルノグラフィティ What You Want/JUJU パピヨン 〜papillon〜/島谷ひとみ イージュー★ライダー/奥田民生 風/ユニコーン 白い雲のように/猿岩石 ごめんね・・・/高橋真梨子 モニカ/吉川晃司 僕 笑っちゃいます/風見しんご イルカにのった少年/城みちる さようなら/Rei Harakami → Spotify https://x.gd/iwokaru066spl

この番組の内容は二人の記憶によるものであり、正確な情報とは限りません。 ノリとバイブスで話しています。ご了承ください。

この番組ではみなさんからのお便りをお待ちしております。 お便りフォーム https://x.gd/iwokaruMessage

SNSでも感想などをお寄せいただけるとうれしいです。 ハッシュタグは #イヲカル でお願いします。 X(aka twitter) https://x.com/iwokaru_ instagram https://www.instagram.com/iwokaru_/ note https://note.com/iwokaru_/ その他リンク https://linktr.ee/iwokaru_

00:26
Speaker 2
みなさんどうも、むこです。
Speaker 1
りゅうです。
Speaker 2
この番組は、ミドルフォーティー同い年ゲイのむことりゅうが、
世の中の人、もの、ことの意を借りて、そこそこ真面目に、そこそこ適当におしゃべりする番組です。
はい、どうも。
早速ですが、お便りが来ております。
Speaker 1
こんなお便りをもらったんで、ちょっと一回読ませていただきますね。
スカルさん、36歳、男性、ゲイの方。
初めてメッセージ書かせていただきます。
いつも楽しく学ばせていただきながら愛聴しています。
ファンクラブ会員番号36です。
エピソード030で、なぜ広島がモミジなのかと聞き、
僕もなんでだろうと思い、ちょっとグーしてみました。
伊藤博美が宮島の名所、モミジ谷の旅館。
これは岩草というのかな。
Speaker 2
そうだね。岩にお惣菜の草だね。
Speaker 1
お惣菜の草での茶屋で休憩していたとき、
休止した娘の手を見て、なんとかわいらしいモミジなような手であろう。
食うたらさぞおいしかろうと冗談を言ったのをそのお上が聞き止め、
和菓子屋がこの話をヒントにモミジ饅頭を考案したという。
伊藤は当時から五島美貴で知られ、たびたび島に滞在していた上、
女好きの高校屋というイメージが民衆の間に確立していたこともあり、
この説は広く受け入れられた。
最低で最高ですよね。
Rさんも広島に来られることがありましたら、お二人のこと大好きです。
ハート、クラブです。
ミドルフォーティーのイメージ。良い男、良い人、優しい方。
Speaker 2
以上です。
Speaker 1
ヒカルさんありがとうございます。
Speaker 2
ありがとうございます。顔見知りと言いますか、お友達。
Speaker 1
ムコくんのお友達ね。だからRさんも。
あえてムコくんをシカとしたわけではないのね。大丈夫なのね。
Speaker 2
食うたらさぞおいしかろうな。
いやー、ちょいちょい聞くお話ではありますけどね。
伊藤さんがとても女好きだって言うの。
Speaker 1
あ、そうなの?
Speaker 2
うん、なんかちょこちょこ聞くんだよ。
03:00
Speaker 1
俺知らなかった。
Speaker 2
まだほら、この時代ってさ。
菩薩の人のイメージ。
昔ね、そう昔、みんな知らないかな?
1000円で伊藤博文の時代があったんだよ。
Speaker 1
なんでそんな。
Speaker 2
いやなんかZ世代の時代。
Speaker 1
教育テレビの先生みたいな。
Speaker 2
そうそうそう、Eテレのお兄さん。お兄さんつっちゃった自分で。
Speaker 1
俺も俺で、Eテレのこと教育テレビって言ったしね。
もうね、死んでるね。腐ってる二人がやってるよ、もう。
Speaker 2
必死よ。必死よ、ちゃんと現代版に言い換えようとして。
そりゃ教育テレビって言いたいわ、俺だって。
教育テレビって言ってるよ、俺Eテレ結構好きなのに。結構見てんのに。
女好きの高校屋っていう、このワードちょっと好きだわ。
Speaker 1
でも高校屋って、まあそうか。
いい感じのニコニコしたおじいちゃんって感じだから、
別に女好きでもいいのか。
Speaker 2
そうそうそうそう。
どうしても雰囲気的に、俺は伊藤博文の、
昔はね、千円に描かれてたから。
Speaker 1
おひげのね。
Speaker 2
うん。頭の中にすごく印象が残ってるんだけど、このお顔立ちがね。
どうしても森茂久屋を思い出しちゃうんだよね。
あ、確かに。
プラス女好きの高校屋ってところで、もうまさに、
え、森茂さんじゃない?って言ったよね。
Speaker 1
やったんじゃないの?
Speaker 2
森茂さん、もしかしたらそういう役やったかもしんないけど。
何かで見たのかもしんない。
井上、井上じゃないよ。伊藤博文物語。
Speaker 1
そう、伊藤博文ね。
Speaker 2
うん。
広島ね。広島いいとこですよ、ほんと。
ちょっとご縁があって、結構何度も行ってるというか、今でも行ってるし。
Speaker 1
広島といえば?
Speaker 2
まあここには書いてあるけど、五島神社、宮島と、柿ですかね。
Speaker 1
柿じゃん。やっぱり柿あるよね。
Speaker 2
食べ物でパッと出てくるのは柿か。美味しいんですよ。
Speaker 1
あとお好み焼きもあるんだよね。
Speaker 2
あーお好みにもね。お好みに柿も入ってきたりもするから。
Speaker 1
おいしそう。
Speaker 2
美味しいんですよね。
Speaker 1
前ね、友達が岡山に、岡山で転勤になって。
Speaker 2
お隣だね、広島もね。
Speaker 1
そう。でね、広島の柿を送ってくれたんですよ、一回。
柿ってさ、殻とかあるじゃん。だから、1キロぐらい送ったからって言われて。
殻込みだろうと思ったら、身だけ1キロぐらいできてる。
Speaker 2
それすごいすごい。
Speaker 1
パーティーだったよ。
Speaker 2
食べ応えがあるね。
Speaker 1
パーティーパーティーだよ、マジ。
Speaker 2
確かに。殻がある1キロは割と果食部分が少ないからね。
うん。
Speaker 1
よくある。
パンパンなビニール袋にさ、身がビャーってでっかい身がさ。
06:05
Speaker 2
いやー美味しそう。美味しそう。いいね、いいね、いいね。
Speaker 1
最高だった。だから柿のイメージなんだよね。
Speaker 2
うん。柿美味しいと思うよ。
Speaker 1
あとは、フォルノグラフティーとパフュームと、奥田民雄と、
Speaker 2
井上洋水?
Speaker 1
井上洋水?
Speaker 2
井上洋水違う。ごめん。井上洋水さんが違う。ごめん。
今、奥田民雄に引っ張られて出てきたけど、違う違う。
吉田卓郎さん。
吉田卓郎さん。
Speaker 1
吉田卓郎ね。
Speaker 2
ごめんごめん。井上洋水さんは、確か福岡とかだった気がする。
Speaker 1
あ、そうだね。タモさんと仲いいもんね。
Speaker 2
うん、確かそっちだったような気がするけど。
そうそう。
あと、西条英樹さん。
Speaker 1
あ、西条英樹も広島なんだ。
Speaker 2
うん。広島だったと思う。
多いよね。割と音楽とか芸能人で、広島出身の人。
あ、菊川浩二さんもそうだしね。
Speaker 1
菊川浩二そうなんだ。
昔、菅原文太が広島って言われたけど、実は宮城だったみたいな話しなかった?
Speaker 2
あれは完全にさ、役所で持ってかれてんじゃない?
Speaker 1
そう、なんとか邪剣とか言ってるからさ。イメージが広島だけどさ。
Speaker 2
使ってるからね。
宮城かどうか俺知らないけど、広島ではないよね、きっとね。
Speaker 1
なんか確か広島じゃなかったよね。
Speaker 2
うんうんうん。
Speaker 1
なんか最近菅原文太さん、めちゃめちゃ野菜とか作ってるよね。
Speaker 2
え、もう亡くなったでしょ?
Speaker 1
え、亡くなったっけ?
Speaker 2
いや、え?
Speaker 1
亡くなったけど最近じゃない?
Speaker 2
え?今さ、wikiでさ、菅原でさ。
Speaker 1
あ、全然最近じゃない。2014年だった。
Speaker 2
うん、もう10年経つね。もうすぐ10年経つね。
Speaker 1
あれー。
Speaker 2
今、まさに。
ついこの間も収穫してたよみたいな感じで言うからさ、あれ?って思って。
野菜作ってたよね。
あらわー。
町話だ。
仙台だね。宮城県仙台市って書いてあるね。自己出生は。
あれ、りょうくん、広島は?
Speaker 1
俺広島に行ったことはあるけれど、たぶんね、すごい昔だからね。
Speaker 2
中学旅行とかそういう感じ?
Speaker 1
あ、そうそうそうそう。
Speaker 2
あー、まあ行くところの一つだもんね、候補としてね。
Speaker 1
その辺とか、広島行って、萩に行って、九州行ってみたいなのが高校のときのだから。
Speaker 2
あのエリアだったね。
それで広島行ったかなぐらいの感じなんだよ。
Speaker 1
旅行ってさ、あんまり自分の中でそんなに行かないタイプなの、俺。
Speaker 2
わかるわかるわかる。
自分、旅行行かない人なんですよ。
髪型変えただけで。
Speaker 1
それはわかる。りょうくんもあんまり出てない。
Speaker 2
あんまり行かないでしょ。
イメージが全くに近いフォローにないかも。
東京の人の感じ。
Speaker 1
うん、そうでしょ。ハイヒールカツカツして歩いてるわけだから。
Speaker 2
コンクリートジャングルを。
Speaker 1
コンクリートジャングルを。
Speaker 2
そういうイメージがあるね。
Speaker 1
BGMはYou Are Mineで、岡田斗司夫の。
09:02
Speaker 1
君の瞳に逮捕されちゃうからね。
バキューンつってね。いいんだけど。
本当に旅行の癖がないっていうか。
ちょっと遠出しするとかで、例えば埼玉の長トロとか。
あー、秩父の長トロとか。
あと千葉の長志とか。
Speaker 2
長志。
Speaker 1
長志だよね。
Speaker 2
まあまあ日帰り旅みたいな感じでね。
日帰りとかではなんとなく、ちょっと遠めのとことか行ったりはするけど。
あんまね、泊まるっていうこと自体の旅行はあんましなくて。
あんま旅行なれしなくて。
Speaker 1
向こうから旅行なれもしてるし、プチ旅行とかしょっちゅうしてんじゃん。
Speaker 2
俺、移動が好きっていうか。
Speaker 1
移動が好き。
Speaker 2
移動することが好き。
Speaker 1
すごいね。
Speaker 2
その移動の手段をいろいろ楽しみたいっていうのが結構あるかも、俺の場合は。
Speaker 1
はいはいはい。
電車乗ったり。
Speaker 2
鉄道だったり。
飛行機乗ったり。
Speaker 1
バイクで移動したり。
Speaker 2
飛行機はね、結構好きな人は好きだけど、飛行機は正直そこまで好きじゃないけど。
もともと乗り物が好きで、乗ってみたいが旅の原動力みたいなところではあった。
じゃあ、あまり目的地がどうっていう感じでもなかったんだ、はじめん。
うんうん、そうだね。
Speaker 1
もちろんあるだろうけど。
Speaker 2
乗りたい鉄道の列車があって、これに乗って、周辺が例えばそれが、昔は札幌まで行ってた寝台特急とかあったから、それに乗ってみたいって思って、札幌に行ったって感じ。
Speaker 1
え、すごいね。
札幌の。
乗り鉄系ってことね。
Speaker 2
まあ、今何鉄って言われたら、割と乗り鉄の要素はあるかもしんないね。
Speaker 1
乗り乗り物ってことね。
Speaker 2
乗り乗り物。鉄が一番最初だったけど、車は免許取れないと乗れなかったから、免許取るまでは鉄道が本当に多かった。
Speaker 1
ツアー電車だよね。
Speaker 2
うん。
Speaker 1
バスは?バス。最近すげーゴージャスになってるらしいじゃん。
Speaker 2
バスは。
Speaker 1
深夜バスとか。
Speaker 2
あんまりそこに興味はないから、バス、飛行機は、鉄道と一般的な車だったら、片敷きとか車種とか、そういう話が分かるんだけど、バスになってくると分かんない。
でもバス好きな人いるよね。
Speaker 1
いるいる。
Speaker 2
バスマニアみたいな人いるよね。
飛行機も機種がどうこうとかさ。機種、機体のどこどこのボーイングの飛行機があれば、どこどこのエアラインのサービスが好きなんだみたいな。結構切り口がいろいろあるっていうかさ。
12:04
Speaker 1
CAさんのユニフォームがいいとかね。
Speaker 2
ユニフォームがかっこいいとか、マイルの修行をされてる人とか。
Speaker 1
それもあるよね。こことここを結んで、マイルのためにこことここを一日で乗り継いだとか。誰か言ってたね。
Speaker 2
基本、飛行機好きな人って、好きだから乗ってるっていうのもあるんだろうけど、それは最初はやっぱり鉄道だったね。
ああ、そうだよね。
Speaker 1
ゲームがちょっと聞いたのは、スターフライヤーで。
Speaker 2
はいはいはい、黒いやつ。
Speaker 1
そう。メンズ、CAさんオンリーデーがあるらしいよ。
以上です。
Speaker 2
そう思うと、男性のCAさんって日本の航空会社ってほんといないよね。
いないよ。
Speaker 1
あんま見たことない。まあ飛行機にあんま乗らないからだというのもあるけど。
Speaker 2
海外のエアラインだと、結構いる感じがするね。
俺もそんなにいっぱい乗ったわけじゃないんだけど、
まだCAっていう言葉がこんなに浸透してないとか言われてなかったの?スチュワーデスさん?
Speaker 1
スチュワーデスってことはスチュワードってこと?
スチュワード。男と女で言い方が分かれてるじゃないですか。
その頃、日本だとスチュワーデスさんしかいなかったイメージだけど、
Speaker 2
海外の航空会社に乗ったときに、「あ、スチュワードさんってほんといるんだ。」って思ったもんね。
Speaker 1
あ、そっか。じゃあ見たことあるんだ。
Speaker 2
あるあるある。
かっこいい。
ただ数としては、やっぱり女性の方が多かったけど、今はどうなってるのかちょっと分かんないけど。
でも、やっぱりそれでも、今は国内線とか乗ってもいない気がするね。いることの方が…。
LCCはいる、逆に。
Speaker 1
あ、ほんと。
Speaker 2
ジェットスターとか、ティーチとかは、珍しいなと思わない感じでいるイメージがある。
Speaker 1
あ、そうなんだ。
Speaker 2
だいたいっていうか、1フライトでなんとなく見るなって感じが。
へー、そうなんだ。
Speaker 1
俺YouTubeでしか見たことない。
Speaker 2
スチュワーデスさん、男性CAがYouTuberってこと?
Speaker 1
そうそう。そういう日本人の人で、海外どっかのエアラインのCAをやっている人がYouTubeで見たのと、
Speaker 2
あとは、いろんな会社を見たときに、男性CAなんちゃらみたいなところが増えてきましたねみたいなこととかで見たことはあるけど、生で見たことない。
Speaker 1
それだけ飛行機に乗ってないんだよね。
Speaker 2
まあそうね。目にする機会が少ないってのもあるかもしれないけど、でもやっぱり実際、男性と女性の比率って言ったら、やっぱり女性の方が多いんじゃないかなって感じはするけどね。
まだそうだろうね、きっとね。
15:00
Speaker 1
全然増えればいいのにね。
結構肉体労働だったりするから男性のほうが合ってる場合もあるよね、身体の。
Speaker 2
変なとこあるかもよ。お客さんの荷物を棚の上に置けるとか、圧倒的に背が高い人のほうが有利だからね。
Speaker 1
身体の作りとしてね。
接待みたいなイメージだから、女性って始まりなわけでしょ、きっと。
Speaker 2
まあきっとそうだと思うけどね。
接待って言わないか。サービス業の接待って言うかしら。
Speaker 1
接客?丁寧な接客みたいな。
Speaker 2
特に日本はさ、そういうことを女性がするのが当然っていうのがあったからなのかもしれないけどね。
Speaker 1
そうね。メイドさんみたいな感じだから海外もあったんじゃない?
Speaker 2
まあそうか、そうかな。それもあるかも。
本来の役割としては安全な運行を支えるための保安要因みたいなところが本来は重要だけどね。
Speaker 1
だから別に男女関係ないってことなんだよね。イメージがついちゃったっていうことで。
Speaker 2
そうね。飛行機は俺もでも言うほど乗ってはないから。
Speaker 1
いやでも、結構乗ってんじゃないの?
Speaker 2
そこは旅行をするかしないかで考えたりする。
Speaker 1
旅行する人の中では少ないかもしれないと。
Speaker 2
うん、少ないかも。なるべくなら飛行機じゃない手段を選びがちだから、俺も。
地に足がついた乗り物が好きなんで。地に足がついた人間としては。
Speaker 1
ってことは、地に足がついてないからどの乗り物もダメってことだよね?
Speaker 2
違う違う違う違う違う!どういう理屈だそれ!
なんでそこで俺が地に足がついてないっていうところになっちゃうのかな?
わかんないな。ずいぶん飛躍しちゃったな、飛行機だけに。
Speaker 1
ごめん。聞いてるようで聞いてないから。
思ったこと言うタイプだからごめん。
Speaker 2
分かってる分かってる。大丈夫大丈夫。謝らなくていい、大丈夫。
あー。
そうねー。広島はでも、飛行機で行くととっても広島市は遠いんだよ、空港から。
Speaker 1
あー、それ聞いたことある。
本当はさ、電車みたいの作ろうと思ってたんだけどなくなっちゃったんでしょ、その話。
Speaker 2
作ってほしいなって思うよね。
なんでここなの?って。正直さ、成田は結局東京の周りに当時土地がなくて、仕方なくここみたいな感じで作った感があるし、
今東京見たってそりゃそうよねって思うから、ちょっとまあ思ってる。それはしょうがないかなって思うんだけどさ、
なんかこう言っちゃうんだけど、もう今はさ、そんなこと思わないけど、もっと知識がなかった頃って、
東京とか大阪以外のところでそんなに土地がないとこなんてないでしょ、みたいに思ってた時期があったんだよね。
18:08
Speaker 1
あー。
Speaker 2
そんなに詳しくなくって。しかも、そこにまたさ、もっと有名な大きな空港あるじゃん、新千歳とか、
札幌とか福岡の方とかさ、広島県自体はもちろん知ってたけど、空港としてそんなに離れたところに着くなくても平気じゃないぐらいに思ってちゃってたわけよ。
はいはいはい。
なんだけど初めて行った時に、飛行機で行ったんだけど、広島空港から広島市の中心部の方に行くまでのルート調べたら、「えっ!?」ってぐらい遠くて。
えっ、これ慣れたと東京の都心と同じぐらい遠いじゃん、と思って。
Speaker 1
そういうイメージなんだ。
Speaker 2
時間としては結構かかるのよ。リムジンバスで1時間はかかんないけど、たぶんそれに近いぐらいかかる。
Speaker 1
へー。そうするとあんまり便利ではないかな。
Speaker 2
昔はもっと近いところにあったんだって、それこそ。
あ、そうなんだ。
その羽田みたいな感じで、わりと都心に近いところにあったんだけど、手狭になっちゃって。だけどそれを拡張はできなくて、あとはいろんな大人の話も絡んで、そこにっていうことらしいんだけど。
いや遠いよって思う。かといって、なるべくだったら鉄道を選びたい俺としても、新幹線で行くにも結構時間はかかるので。
Speaker 1
そうだよね。やっぱり大阪より先っていうのはすごい遠いイメージあるよね。
Speaker 2
遠いと思う。
京都か大阪か。
大阪よりさらに県としては3つぐらい先だから。また一つ一つがあっちのほうになると東大に長かったりすると。
広島市自体は広島県の中でもどっちかって言ったら山口県に近いほうのエリアだから。
日本からすると広島県の中では東京が逆サイドに遠いんだよね。広島県に入っても、山田結構ここからあるよなみたいな。
Speaker 1
尾道って聞いたことない?尾道も広島県だけど、結構広島市からは距離があるようなところだし。
Speaker 2
でも瀬戸内の雰囲気とかがすごくいい感じではある。
Speaker 1
そうだよね。
Speaker 2
海が穏やか。
Speaker 1
何だっけ、院の島?
Speaker 2
あ、院の島とかそうだね。島並海道のところとか。
Speaker 1
あの辺とかって広島でしょ、一応。
Speaker 2
広島、うん。広島県。
Speaker 1
俺働いてたとこでいたな。
Speaker 2
あ、ほんと。
Speaker 1
実家がそこの辺の人。
Speaker 2
うんうんうん。そういうこと、これのグラフィティなんかはあの辺りだよね。
Speaker 1
あ、そうなんだ。あの辺なんだ。
Speaker 2
広島とか、あの辺りだったら。お二人ともそうかはちょっとわかんないけど、確かボーカルの人がそっちだ。
21:04
Speaker 2
そうだね。
たまにやっぱり行きたくなる。お好み焼きも好きだし、牡蠣も好きだし、食べたいものも多いし、あとやっぱり日本酒が有名だから。
Speaker 1
日本酒有名なんだ。
Speaker 2
うん。広島市というよりは広島県の中に西条っていう街があって、そこは。
Speaker 1
西条秀樹の西条ってこと?もしかして。
Speaker 2
えっと、字がちょっと違うから。西条秀樹は城だけど。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
あ、でもそれ関係ないと思う。
Speaker 1
あ、関係ないんだ。
Speaker 2
多分関係ないと思う。西条秀樹さんの出身は広島県だけど、そこではなかったと思うから。
Speaker 1
あ、そうなんだ。
Speaker 2
多分関係ないと思うけど。
うんうん。
まあ同じ読み方の西条っていう街があって、そこは1年に1回ね、なんか日本酒祭りみたいなのやるのよ。倉本が結構行った。
Speaker 1
へー。
Speaker 2
行ってる人いたよ。結構こっちのお酒好きの人とかも。
へー。
結構行ってたと思う。毎年楽しみに。行ってみたいなって思うけど、日本酒のためだけにっていうのもあって、まだ。
Speaker 1
まあそうだよね。
Speaker 2
なんか別のこと絡ませたいなとは思う。
Speaker 1
うんうんうん。でもね、旅行ってさ、これそうなっちゃうんだよね。
Speaker 2
うんうんうん。
Speaker 1
あんま行かないから。
Speaker 2
はいはいはいはい。いろいろ。
Speaker 1
すごい、いろんなとこ。もう絶対広島行ったら、食べるもんはいくつか決まってんじゃん。
うんうんうん。
で、津久島神社行きたいじゃんとか。
Speaker 2
うんうんうん。
Speaker 1
オーソドックスなとこは絶対行きたいじゃん。
Speaker 2
はいはいはい。そうね。
Speaker 1
まだ。1回目だから。
Speaker 2
抑えておきたいなみたいなところはあるもんね。
Speaker 1
そう。で、そんなことしてるともう時間ないの。
うん。
ちゃんとナンパかしなきゃいけないじゃん。そういうときって。
Speaker 2
うんうん。
Speaker 1
だから会いたいと思ってる人とか、その辺に知り合いがいたとしたら。
Speaker 2
そうだよね。そういうのもきっかけにはなるもんね。
Speaker 1
どっちを優先していいかとかいろいろあるじゃん。
Speaker 2
うんうんうん。
Speaker 1
結構なんかオーソドックスな観光もいいけど、地元のスーパーでしか売ってないものとかも見たい。
Speaker 2
あーわかる。好き好き。わかる。そういうの結構好き。
あのね、菓子パンとかって結構その地元のメーカーのものがあるの。
Speaker 1
あーはいはいはい。
Speaker 2
あの。
Speaker 1
たくあん入ってるやつとかでしょ。
Speaker 2
いやそれは広島じゃないかもしれない。
まあ広島じゃないけど。
そういうのあるよね。どっかにあったよね。たくあん入ってるやつとか。
あとあの、普通のクリームパンとかジャムパンとかでも、
こっちだったら山パン、山崎だったりするのが、あっちだと流通網の関係もあるのか、
地元のパン屋さんの名前のものだったりとかして、結構面白いなって思ったりもするし。
Speaker 1
確かに。
Speaker 2
パン屋で言えば、あの、アンデルセンってわかる?
Speaker 1
うんうんうん。
Speaker 2
あれの本社は広島なので。
あ、そうなんだ。
すごい立派なアンデルセンがある。確か今もあると思う。
Speaker 1
すごい立派なアンデルセンがある。
Speaker 2
もう見た目がとっても素敵な感じのアンデルセン。
24:03
Speaker 2
もう建物からして、もう本店の風格みたいな感じの。
あーそう。
売ってるパンはアンデルセンのパンなんだけど、
喫茶コーナーとかもあったりとかして、もしかしたら今はちょっと変わってるかもしれないけど、
何度か行ったことがあって、素敵って思ったり。
Speaker 1
アンデルセン。大学の時に付き合ってた女の子がバイトしてたよ。
手が荒れるからやだって言ってやめちゃった。
Speaker 2
手が荒れるから。
まあそれは食べ物扱うところだったら何かしらありそうだけどね。
Speaker 1
あと早起きだし。
Speaker 2
あーそうか。パンやったら早起きじゃん。
広島ね、話してると行きたくなるわまた。
Speaker 1
広島?広島はいないよ。
Speaker 2
路面電車が走ってる街なんですよ。
Speaker 1
あーはーはーわかる。
Speaker 2
あの路面電車にね、路面電車って地下鉄とちょっと違っていいのは、
電車が来てるのが遠くから見えるんだよ。
Speaker 1
うんうんうんうん。
Speaker 2
ちょっと駆け足で停留所まで行けば、ひょいって乗れるみたいな。
Speaker 1
わかる。
Speaker 2
上と下でも階段使わなくていいっていうのはあるよね。
ただ道路のど真ん中に停留所あったりすると、渡るの大変だから。
Speaker 1
ちょっと無理なんだよね。わかるわかる。
Speaker 2
ここをちゃんと使わないとみたいな。
Speaker 1
この間、この間じゃないや。この間でもないや。
去年、熊本に行って。
Speaker 2
あーあるね。路面電車あるよね。
Speaker 1
熊本でその路面電車を見たときに、ちゃんと路面電車としてビャーってあるじゃん。
バスのようにちゃんとどこどこ行きとかを考えられるぐらい路面電車があるじゃん。
はいはいはいはいはい。
張り巡らされてるっていうか。
うんうんうん。
ちっちゃい距離だけど。
Speaker 2
うんうん。
Speaker 1
俺たちの路面電車ってさ、世田谷線か桜トラムぐらいのもんでしょ。
Speaker 2
なるほど。
Speaker 1
だからあんまりさ、それを生活権になかったら全然使わないみたいな感じだけど。
熊本で見たときは、ここに行こうってなったときに絶対使う。バスよりもこっちの方がいいみたいな感じで使ったりしてたから。
もう身近なものとしてすごい使ってんだなみたいな。
Speaker 2
たぶん路面電車として、確か日本一の距離だった気がする。広島の。
Speaker 1
あ、そうなんだ。
Speaker 2
広島の路面電車の全部の距離を合わせると、たぶん日本では最長。
まあでも納得ってぐらい、系統も多いし。
Speaker 1
そうそうそう、系統が多いとやっぱいいよね。
Speaker 2
うん、やっぱ楽しいよね。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
カジュアルに車とぶつかったりもするし。
俺2回くらい。
Speaker 1
路面電車用の信号とかってドキドキするよね。
Speaker 2
そうそうそうそう。
ね。
黄色の矢印とかあったりとかして。
Speaker 1
そうそうそうそう。
Speaker 2
最初俺もあそこで運転する。
あとね、石畳の上にタイヤが乗ると滑るのよ。
27:01
Speaker 1
うんうんうん。
Speaker 2
あれに最初ちょっと怖かったりとかもした。
路面電車が横に走ってるのにそこを右折しなきゃいけない時とかね。
Speaker 1
あー。
Speaker 2
どのタイミングで行ったらいいの?みたいなさ。
Speaker 1
すげえ今俺忘れてたんだけど、江戸田もそうじゃんね。
Speaker 2
江戸田はほとんどごく一部の区間だけど。
Speaker 1
一瞬ね。あるよね、あそこ。
Speaker 2
あるある、江戸田もそう。
路面電車楽しいな、広島のあれは。
あそこしかも車両がいろいろ、本当に昔ながらのちんちん電車みたいな感じの雰囲気のやつから、
今時の中の軽車?床が低くて、ちょっとヨーロッパで走ってる感じの、
ちょっとスタイリッシュなモデルとかも走ったりとかしてて、
そういう意味では、俺そんなに車両の形式には詳しくないけど、
Speaker 1
なんかいろいろ走ってて面白いなっていう感じがするね。
Speaker 2
広島の面白いのは、海も、海側はすごく暖かくて、
セトライカーに面してるから晴れの日も結構割と多いんだけど、
北側っていうか日本海側に向かうと雪も降るところだから、
スキー場あったりするのよ。
Speaker 1
あーそうなの、スキー好きだしね。
Speaker 2
それが面白いなーって思った。
Speaker 1
そんなに高いのか?
Speaker 2
広島としては大したことじゃないかもしれないけど、
多分位置的な問題だと思うね。
Speaker 1
あー、ぶつかったりするからってことか。
Speaker 2
そっちのほんとに、がっつりチェーン巻かなきゃ走れませんよみたいなところ。
Speaker 1
あー、そんな感じか。
Speaker 2
そうそうそう。2,3回滑ったことあるけど、ちゃんと雪国な感じだよね。
ちょこっと雪をしましたとかそういうレベルじゃなくて、
もう充分雪ありますねって感じの。
割といいなーとは思った。
両方とも楽しみたいにとしてはね。
スキーもやるし、暖かいところも好きだし。
でも、住むには、実際住んだことないから、
住んだ人からするとどうなのかわかんないけど、
俺はなんか、例えば今住んでるところから、
どっかに動かなきゃいけませんよって、何かそういう状況になったとしたら、
選択肢の上位3つには入ってくるエリアだね。
これは。
Speaker 1
え、すげえな。そしたら結構いいとこじゃん。
文庫くんがそう言うって結構なことだよね。
Speaker 2
ちょこちょこ言ってるから。
Speaker 1
親しみがあるとまた変わるしね。
Speaker 2
それもあるし、いろんなところちょこちょこ回ってる中で、
でもそういう中でもいいなって思ってるから、
俺の中では結構本物な感じがするね。
ただ唯一苦手なのが、カープ色が強い。
Speaker 1
はい、終わった。文庫くん、もうすごい量のクライムのメールで終わったな。
30:04
Speaker 2
もう正直、下のりくん真っ赤だったから。
Speaker 1
そりゃそうでしょ、だって。
Speaker 2
そうなんですよね。
Speaker 1
今でも市民球場って言うの?
Speaker 2
もうね、そこから移転してる。
松田のズームズームスタジアムじゃなかったけどね、名前。
Speaker 1
ズームズームも最近言ってなくない?
Speaker 2
言ってないと思う。もしかしたらごめん、これも名前変わってるかも。
でも、いわゆる市民球場っていうのが本当に街中にあって、
そこからは手狭だって言うんで、ちょっとだけ郊外。
郊外って言うほどの郊外じゃないけど、別のエリア。
Speaker 1
でもなんか広島市内とかなんない?
Speaker 2
全然広島市内。広島駅から電車で1駅くらいだった気がするね。
Speaker 1
本当の松田ズームズームスタジアムだ、今でも。
Speaker 2
スタジアム広島。
Speaker 1
そこで松田以外にねえ、強いスポンサーなんてねえってなるもんね。
Speaker 2
松田が広島の自動車会社だし。
Speaker 1
それはちょうど地元を盛り上げるためにも地元のとこがいいわけだから。
Speaker 2
そういう意味でもちょっとこうね、「我が街、愛してます。」的な感じもいい意味ではね。
Speaker 1
そう、その意味じゃんだよな。
Speaker 2
それは出てると思うね。
Speaker 1
市民球場じゃないんだね、もう。
Speaker 2
もう違うね。
Speaker 1
もう古いんだな。
Speaker 2
最初に行った頃は、ほんとそこで市民球場でナイターとかやってて、
ほんとこんな街中で、感覚的には横浜スタジアムみたいな感じかな。
Speaker 1
近場でね。
Speaker 2
近場で、ほんと横にいわゆるオフィスビルとかも立ち並んでるところ。
Speaker 1
ここだけナイターの照明でバーン当たってて。
Speaker 2
そういう感じではあるかな。
けどもうそこではないから。
Speaker 1
そこは、また再開発とかをするみたいな話をちょっと聞いたかも。
好きなだけあってめっちゃ詳しいね。
Speaker 2
そうだね。
それはあるかも。好きな街だからなんとなく知りたいなと思うし。
あんま嫌いな街って逆にないんだけど。
Speaker 1
まあね、住んでみなきゃわからないとこもあるもんね。
嫌いな街っていうのは、住んでその辺に住んでる人の感じがやだとかさ。
そういうなんないとあんま嫌いにならないよね。
Speaker 2
そうだね。
Speaker 1
今回広島の話だったじゃん。
33:00
Speaker 1
むこくんが引っ越すんだったらここでもいいとかここがいいとか言うのあったじゃん。
そういうのってね、旅行に行く人はそういうのってあったりするかもね。
ここだったら住んでもいいかなって、結構何回も来てるからとかそういうとこもあるだろうし。
Speaker 2
海外移住した人とかでもよく旅行に来てて、ここがいいからって移住するパターンもあるだろうし。
Speaker 1
いろんな話聞きたいわ。
Speaker 2
今のところはここがいいけどね。
Speaker 1
まあね。
Speaker 2
強制的に動きなさいってならない限り、あんまり今のところで過不足ないというか。
Speaker 1
それはもうだって慣れてるのもあるしね。
Speaker 2
そうね。慣れたのもあるし。
Speaker 1
ここからどうこうってなるとまためんどくさいことが結構いろいろあるじゃん。
Speaker 2
そうだね。あとやっぱここで根を張ろうって、根を張るって言うとちょっと大げさだけど、
ある程度根っこは張って生きていこうって思ったがゆえで十何年行動してるのもあるじゃない。
Speaker 1
好きなお店を探してみようとかそういうのやってきたから。
Speaker 2
とりあえずじゃないっていう感じで住んでるってことだよね。
そうそうそう。いつかはすぐ動いちゃうからっていう感じではなくて、
ここでしばらくはいようかなって思ってやってるから。
Speaker 1
そうするとずらくなる部分もあるし。
そうだよね。
Speaker 1
今回も最後までいただきありがとうございます。
この番組の内容は2人の記憶によるものであり、正確な情報とは限りません。
ノリとバイブスで話しているので、あしからずご了承ください。
この番組では皆さんからのお便りをお待ちしております。
概要欄のお便りフォームよりお寄せください。
Speaker 2
Xやインスタグラムもやっています。
感想などお寄せいただけると嬉しいです。
IDはどちらもIWOAARUアンダーバー、
ハッシュタグイオカル、カタカナでイオカルでお願いします。
その他リンク諸々は概要欄のリンク3からアクセスしてください。
Speaker 1
ということで、そろそろ別れの時間です。
次回またお会いしましょう。
お相手はリュウト。
Speaker 2
ここでした。
Speaker 1
スティーブ。
35:39

Comments

Scroll