1. IN OUR LIFE
  2. 96:2022 BOOK RANKING(2022年..
2022-12-31 2:37:34

96:2022 BOOK RANKING(2022年読書会)

今回は@Tacbonald と2022年に読んだ本の話をしました。

Show notes

番組への感想/意見/質問はこちらまで→Message
お便りをいただいた方には番組オリジナルステッカーをプレゼントさせていただきます。

00:05
IN OUR LIFEは、Yamada Keisukeによるポッドキャストです。
毎回ゲストを迎えて、カルチャーにまつわるエックスについて話しています。
レッツチューン!
今日は、田窪さんとやっていきます。2回連続です。
久しぶりだね。
そんな久しぶりちゃうから。
元気だった?何してた?大丈夫だった?
まあまあ、いろいろ年末だから。
忙しいね。
ないな、何も。
何もない。
何もないな。
仕事終わりですか?今日は。
いや、もう昨日かな。
えっ、ちょっと早いんや。
うーん、そうね。なんか、今もうフルリモートだから、ちょっと感覚バグってて、もうやろみたいな感じですね。
うーん。
直前になんか、すごいややこしいことが発生しそうになって、もうマジで。
明日から休みって思ってたのに、すごい憂鬱な気持ちだったけど、何とかリカバーして、突入できたかなって感じ。
おつかれ。
休み?
今日から。明日からか、明日からか。
明日からの終わり?
うん。
そっか。やっぱまだ世の中働いてる人多かったよな。
いやー、俺もなんか、まあ最後3日間頑張ろう、なんか早曜日重たいやつあったから、最後頑張ろうと思ってたんやけど、
うん。
なんか、日曜日に上の子がインフルエンザになってさ、
へー。
そっからまあもう、当然在宅になるし、なんか、なんていうの、子供ダウンするとな、一気にもう仕事どうでもよくなるっていうか。
あー、確かにね。
もう、ほんまやる気なくなった。今日とかもう全くやる気なかった。
インフルエンザってそれは、大人には感染してないの?まだ。
そうやねんな。多分、日曜日発症して、2日以上経ってるから、多分もう大丈夫やったんかなって感じ。
結構、熱出るよな、インフルとか。
出るし、今年なんか、バタバタしてワクチンとか全く出へんし、
あと下の子とかもおるから、ちょっとこれやばいかなと思ってたけど。
あー、集団感染の可能性が。
そうそう、終わった年末と思ってたんやけど、全然やったな。大丈夫でした。
よかったね。
いやー、あ、そう、それで言うと、一応パートナーが風邪になって、
それの、なんていうか、半ワンオーペみたいな感じになって。
はいはいはい。
やっぱ、大変っすね。
え、日中仕事はどうしたの?
仕事は休んでたかな。
あー。
午後は休んで、みたいな感じかな。
休むよな。
うーん、いやー、やっぱ、なんか普段やってもらってることめっちゃいっぱいあるなーって思ったね。
あー。
うん。
という気づき、前回の続きで言うと。
03:02
父親という自覚ね。
はい、自覚ね。
あるある。
なんもやってねーっていう感じにしました。
いや、頑張ってるつもりはあるけど、やっぱなんか、足りてないことも多いなーと思ったりしました。
あ、いい、いいじゃないですか。
はい。
なんか、俺とかはもう作曲にさ、なんかかなり手抜くことに慣れてしまったからさ。
あー。
まあでも、どっかでバランスとらへんと、いやもうこれ無理やなーって思ったもん。
なんかその、全部完璧にはできないっていうか。
あ、できひんできひん。
うん。
っていうか、そういうこと気づきもあるしね。
やっぱそういうこと分かんないと、その、要求しがちやんか。
その、なんていうか、実際に、実態を知らないから、軽く言っちゃうっていうか。
うん。
これできるとかできへんとか。
うん。
そういうのやっぱ、竹内さんも言ってたけど、聞くっていうのが大切だなって感じでしたかね、最近は。
はい。
あれ以後で言うと。
アフターエピソードね。
あれ以後ね。
また来月あるということで、楽しみやね。
そうっすね。
あの、積み残しがかなりあるんで。
積み残しがあるけん。
あの、2回目で。
まあ、いろいろ話したな。
いや、だし、竹内さんまた新刊デルラっぽい。
ああ、なんか、ジャケが公開されたりする。
そうそう。
まあ、その辺の話も。
うん。
まあ、ちょろっとできたんじゃないかなと思います。
そうやね、せっかくやし、聞きたいね。
で、今日は、毎年恒例のやつで、本、お互い10冊、お年を読んだやつを紹介していくという回になっています。
あ、なるほどです。
はい。
これはまあ、ライフワークなんで、そういう感じっすね。
そうやね、うん。
今年で何回目なの?
もう結構、何回目?もう14年ぐらいかっていうのは?
うーん、大学…
3、4年ぐらいかな。
うん、たぶんそうやね。10年ぐらいっていうのかな。
そう考えると、歴史ある。
うん。
コンテンツですけど。
まあでも、昔はね、対面でアナログでやってたけど、今はこうやってオンラインでアーカイブ残すっていう。
記録できてんの結構でかいよな、なんか聞き直してる。
めっちゃでかい、めっちゃでかい。
面白いなって思うな。
面白い。たぶん10年後振り返っても面白いんじゃないかな、これ。
うん。
そういう意味でめっちゃいい、これは。
そうっすね。
うん。
僕らもいいですし、聞いてくださってる方もね、年末年始、読書の参考にしてもらえればと。
今年はめっちゃ読んだ。
今年、60かな?61?
うーん、まあでも子供生まれてね、なかなか。
そうね、まあでも子供生まれたから、やっぱ隙間時間とか映画とかドラマ見たりとかっていう気分が全く起きず。
06:05
分かるわ。
だからやっぱり、その隙間でなんていうか、できるって読書ぐらいしかあんまないかなって感じかな。
うん、一緒や、俺も。
だからまあ、いい趣味なんじゃないかなと思うから。
家に行ってできるし。
そやね、家で一人でできることやもんね。
でし、まあ、なんていうか、アテンション的にはかなり持っていかれるときもあるが、子供が横にいてもすぐ切り替えてできたりとか、そういうのもしやすいっていう感じかな。
どうでした?逆に。どのぐらい?結構読んでるイメージありますけど。
あ、そうやね、俺も読んだかな。でも100は言ってないぐらいかな。
でも90ぐらい言ってんじゃないの?なんかそういうイメージがあるけど、すごい。
そうやね、たぶんブクログでその登録できてる数で70とかやから。
あ、そうなん、じゃあもうそんぐらいやね。
たぶんそうね、ジンとか入れると。
そのバーコードがないやつ。
そうそうそうそう、バーコードないやつ。まあ、よくないんやけど。でもまあ一応なんか、波はあったかな。なんか読めないとき、読まないときは読まないって感じやった、結構。
あ、そうなんや。
夏暴露とか読まんかったし。
じゃあ逆にいつ読んだ?
ゴールデンウィークにね、11冊とか読んでて、何してんねんって思って。
すごいな。
あと先月かな、先月、先々月ぐらいのときに、なんか読む本読む本全部ヒットして、うわやべってなったときがちょっとなんか、モードに入ってたときがあって、そこで稼いだって感じ。
そっか。
俺は1月と6月が多いね。
何でか知らんけど。
1月と6月。
ああ、なんかのタイミングなのか。
あ、1月は育休やわ。
ああ、それでかいね、それでかい。
休み、休んでも、最初にやっぱ1ヶ月、まあ大変やけど、まあまあ時間あったなって感じはするな。結構寝てるからね。
分かる分かる。なんか大変さのベクトルが違うよね。
そう、局地的に大変なだけで、一応そんなずっと大変なわけじゃないから。
そうやね。
6月は何でか分かんない。
まあそういうモードやったよね。
はい。ということで、今年は、まあそういう外境、読書環境はそんな感じで、じゃあまあやりますか。どうせ長くなるから。
まあいいか。
いやいや、2時間にまとめましょう。
絶対まとまらないやろ。まとまったことない。
そうか、そうか。
あれどうやったっけ、だから10から6までそれぞれ発表して、ザーッといって、5以降はお互いっていうスタイルですね。
09:03
いいですね、いいですね。
どっちからします?自分いけば。
いや俺ちょっと先行きたいな。最後1位を発表するの結構プレッシャーなんで。
え、何する?
先行取りたいって感じで。
ああ、フリースタイルバトル。
フリースタイルバトルでも、ここが有利とされているフリースタイルバトルでも先行取りたいタイプ。
ああ、なるほど。
ちょっとつん申しんがたい。
そうやね。
あ、じゃあどうぞ。
いいすか。
いいよ。
じゃあえーっと、10位から6位ですね。まずちょっとタイトルと著者かな。
そうですね、ザーッといってもらって、あとでザーッと振り返る感じかな。
了解です。じゃあ10位からですね。
10位がヒラリーレイルさんのキッズライクアース。
9位が半岸の少年が来る。
8位がサイモンシーンの数学者たちの楽園。
で、えーっと、7位が堀静香さんの精一杯の悪口。
で、6位が尾沼治さんの日に日が長いと感じられる日が時々でもあるといい。
おー。
という並びです。
なるほど。
いやー、今回質高いな俺の順位。
知らんけど。
選び抜いたよマジで。
いやマジ知らんわ。
直前まで迷いましたね。
なるほど。
時点がいっぱいあるって話は事前にしてましたけどね。
そうね、20冊くらいあって入れたいのが。
時点で?
そうそうそう。
あ、時点でっていうか合計20冊くらいから10冊選んだっていう感じでしたね。
なるほど。
70、90くらいあったらそうなるよな。
まあそうなるし、なんか結構似たような本が集まってしまった気もするんだけど。
自分のね、興味がそっちに行ってる時っていうのは読む本読む本覚えているっていう感じがして。
確かにね。
そうね、結構年初らへんに読んだ本とかが結構多いかな。
はい。
じゃあ10位からいきますか。
じゃあ10位、Kids Like Us。
ヒラリー・レイルさんって言ったアメリカの作家の方で、これ小説ですね。
うん。
で、出版社がサウザンブックスっていう、基本的に。
そんなわけですね。
そうそう。
あんまり本屋さんで流通しないけど、
なんかポリシーとしては基本的に海外の作品をクラファンで金集めて和訳して出版するっていうスタイル。
へー。
で、トピックというかテーマも漫画なり小説なりあるんだけど、
基本的には性的マイノリティとか社会的マイノリティの作品ばっかりで。
12:03
うん。
今年、このKids Like Usが面白すぎて他にも40冊ぐらい買ったんやけど、
基本全部そうね、ゲイとか。
ゲイ、ゲイ、ゲイ。
で、この小説が発達障害、自閉症スペクトラムという発達障害の主人公の小説。
うん。
で、えーとね、まあこれ結構長いんやけど、
これはね、まあ本当、今回紹介する中ではかなり万人に読んでほしいという、
なんかこう、あー読んでて、読んでてよかったなーという、
じわじわっとこう体が放てるような。
へー。
って感じなんで、これちょっとかなり皆さんへおすすめという感じですね。
結構、なんていうか感動するというか。
かなり感動系です。
まあ、よいしょよいしょで涙もなかなかこう出るような感じの話。
で、これね、結構その、まあ自閉症スペクトラムっていう発達障害の主人公がいて、
で、母親、父親、あとは恋人の存在とかいろいろ周囲の人物とか出てくるんやけど、
結構その、なんていうのかな、こう、
みんながどんなことがあってもあなたを愛しますみたいなタイプの人じゃないのが結構特徴的というか。
あー逆に?
そうそう、割とねバラバラなんですよね。
で、特に印象的なのが母親が結構もう息子、その主人公の発達障害の息子に対して、
もうあなたのことがわからなくて怖いっていう風に言うシーンとかもあったりするんですよ。
でもそれがすごいリアルというか、帯にねその書いてあるんやけど、
もしかしたらちゃんと理解できていないかもしれないけど、それでも私はあなたが好きですというね。
まあそういう紹介文、役者の後書きからそれが引用されてるんやけど、なんかそういうトーンなんですよ、ずっと。
なんかそれがねすごい、なんていうのかな、結構こういう、あのマイノリティとかを扱った小説とかにはないその、なんていうんですか、こう、
よくあるその門切りっぽい感じ?なんか、どんなあなたでも愛そうっていうね、よくあるやんか。
でもそうじゃなくて、かなりファジーになってて、そこは。
理解しようとは頑張るんやけど、でも理解できないけど、でも好きなんです、みたいなトーンの人物っていうのが周囲にたくさんいるっていうのが、
そこがねすごい感動を生んでるとこで。
15:02
変に正解にいかないみたいな感じか。
そうそうそうそう。めっちゃその慎重な感じがするんですよ、そこが。
自覚的っていうか、そういう感じ?
そうそうそうそう。
この、なんか役者の方も、ご自身が張った生涯の子供を育ててるらしくて、
っていうのが後掛けに書かれてくるんだけど、
その方がこのライクハウスをまず原文で読んだときに、これはどうしても日本で出したいというふうに意気込んで、
今回クラファンで出たっていう経緯があるらしいので、
俺はちょっと自分自身のこととしてなかなか読めないっていうところがあんねんけど、
でもこういう、当事者の方も読んで感動できるっていうのだなっていうのは後掛けで知ることができたので、
これめちゃくちゃよかったですね。
これ試し読みできて、ちょろっと今見ましたけど、日記形式なんですね。
そうそう、何月何日何時何時なんていう。
それ面白そうだなと思ったんで。
面白い。
読もうと思いました。
なんかこの発達障害のこの視点で基本的に進んでいくから、
割と結構パニクってる部分とかもあるんですよ。
ちょっとここ読みにくいっていうか、何を言ってるんだろうみたいなとこもあって。
アルジャーノン的な。
そうね、アルジャーノンとか、あとありえないほど何とかで何とか何とかだって感じだけど。
ほとんど何も言ってないけど。
弱かったな逆に。
まぁ大体わかるから。
ありえないほど何とかね。
ちょっとカオスっぷりみたいな。
そうそうそうそう。
文体反映っていうか。
うん。
だから最初ちょっと読みにくさはあるかもしれないけど。
はい、これちょっとおすすめです。
はい。
はい。
このとこから時間的にこんなもんでいいかな。
全然いいよ。
はい、じゃあ次がハンガンの少年が来る。
うん。
これ知ってますかね、読んでるかな。
いやいや、韓国小説と言えば今ハンガンと言っても過言ではないぐらい今グイグイ来てると思うんですけど。
まだ読んだことなくて。
何から読もうかなって感じです。
あー、多分読むのはまず彩色主義者とかなんやと思うんやけど。
そうそう、それよく見るね。
うん、読みやすさっていうのもあるし。
ただこの少年が来る俺も知らんかったんやけど。
うん。
今年出た斎藤真理子さんっていう役者の方が。
はいはい。
で、斎藤真理子さん名義で初めて本が出て。
へー。
韓国文学の中心にあるものっていうエッセイかな。
うんうん。
出た。
これもね、これ多分山田めっちゃ好きやと思うんでぜひこれもおすすめなんやけど。
この人が今中心にいる感じですよね。
18:02
すべてっていうか。
そうやろね。
この人のおかげで広まったっていうところもめちゃくちゃでかい気が。
そうやね。
その女性活動、韓国の女性活動とかが日本に流れてきたのも間違いなくこの斎藤真理子さんのおかげというか。
そうですね、この人が今すごいたくさん翻訳されてて。
そうそうそうそう。
でもなんかそれまでさ、役者やから当然ご自身はあんま表に出てこないとか。
確かにね。
ただこの韓国文学が中心になるものの文章やっぱめっちゃおもろいやなっていうのは。
韓国の歴史から見る韓国文学みたいな感じで。
これめっちゃ面白そう。
目次見ただけで面白そう。
そうそうそう。
かなりね、現代からどんどん過去に遡っていくっていう謎の作りになってんねんけど。
その過去、韓国のその時点その時点での韓国を反映してる本はこういうものがありますみたいな紹介本になってんねんけど。
で、その中で40年前に公衆事件っていう実際の韓国の事件があって。
で、その公衆事件を取り上げた小説がこの少年が来るっていう。
そうなんや。読みたいね。
それ公衆事件はちょっと知らなかったんやけど。
まあなんかその、軍隊によって多数の一般市民の支障者が出たという事件。
はいはい。すごい走ったけど。
ウィキっぽい言い方したけど。
民主化しようとして市民がこう、なんていうか、空手その抗議活動したら、軍隊からすごい一般市民に対して攻撃があってっていう。
そうやね。
感じだね。
もともとは学生のデモから始まって、だけどどんどんどんどん女性とか子供とか巻き込まれていって。
まあ公にはそんな死者200人とかだったけど、もっと実際に亡くなったんじゃないかみたいな。
ちょっと闇の部分の事件があって。
それを小説として半顔が書くっていうね。
うーん。
まあこれはすごいよね。
面白そう。
まあ俺ちょっと歴史はあんまり疎いんで、そもそも公衆事件って知らなかったんだけど。
まあなんかそういう他国の、実はその国にとってはとても大事な事件とかを知る術として、
単に歴史の本とかを読むんじゃなく、こういう小説、エンターテインメントで。
かつそういう半顔みたいな方が小説として出すっていうのはね、まあやっぱ読書は素晴らしいなっていう。
それは改めて感じたというもので。
で、短編集でそれぞれは緩く繋がっている連作になってるんだけど、
21:05
なんかまずね、そのエピローグ、半顔自身がエピローグ最後書いてるんやけど、
なんかそこでね、書き上げる上でめちゃくちゃこの人たち調査したらしいんですよ、この公衆事件に対して。
そしたら、12月の初めから他の何も読まず、文章を書かず、なるべく約束もせずに資料を読んだ。
そのようにして2ヶ月が過ぎ、1月が終わる頃にはこれ以上続けることはできないと感じたって言って。
要はね、1回体調ものすごく崩すんですよ、この人。
残酷っていうかその事実がひどすぎてってこと?
そうそうそうそう。
それで1回筆を止めるまでに至ってしまうんやけど、
ただその中身を文字通り削って、最終的に小説に落とし込んでるんだけど、
これのね、その切迫感みたいなのはもう小説からめっちゃよいしょよいしょで伝わってきてて。
ちょっとね、おすすめなと言うとすごく語弊があんねんけど、
4章に鉄と地という短編があんねんけど、
これが市民が捕まって牢屋に入れられた後に拷問されるシーンが一貫して続くんやけど、
これはね本当に、何て言うか、これが事実ベースで書かれているっていう時点で、
こういうことは実際にあったっていうことを知りながら読むと本当に苦しい。
それこそ読み手も精神異常きたすみたいなくらいの切迫感みたいなのを持ってるんですよ。
だからその半岸さんが取材して大地を崩すっていうのもめっちゃわかるというか、この4章とかを読むと、
これは確かに書けないよなみたいなぐらいのインパクトがあって、
これはなんかちょっと例え悪いけど、伊藤誠孝の創造ラジオとかも、
なんかこう死者がね自身の魂が消えていくみたいなものを、
絵が聞き切ってたけど、なんかそれに似てて、それぐらいの風光さんみたいな。
実際の事件っていうか、事態をベースにして物語に昇華するみたいな。
そうそうそう。半岸がどう捉えてどう書くかみたいなのが。
面白そうだね。
いろんな章で。
これはあの素晴らしかったですね。
24:00
いやーこれでも両方とも、そのエッセイもめっちゃ面白そうだし、小説自体も。
いやもう読まなくて、再職主義者から行くかーって思って、もうだいぶ経ってしまって。
だからこの少年が来るから読んでみようかなって思いました。
まあそうね、どっちかやけど、結構社会派やんか基本的に半岸っていうのは。
そこも全然知らんくて、社会派ってこと?
そうね、その時々の社会を映し出すみたいなポリシー。
これも斎藤麻里子の本に書いてあったんやけど。
そこをとことん徹底してやってる、結構敬愚な作家の一人らしいんやけど、
まあ再職主義者はまさにそうやけど、
少年が来るは文字通りその事実を元に書いてるから、
より当たり前けど、社会派っていう意味ではありかなーっていう気がします。
はい。
でちょっと8位はね、あなたに数年前紹介された。
出た、数年後の読むやつ。
お互いやけどね。
お互いやけどね。
サイモン・シンスさんの数学者たちの楽園、ザ・シンプソンズを作った天才たちという、
ぶっとい本やねこれも。
ぶっといね。文庫になったんやっけ確か。
そうなんかな、ただちょっとこれはハードカバーで是非。
ああ、ハードカバー。
もちろんもちろん。
これはまあちょっとさらっといきますと、
まあそのサイエンス系、フェルマーの最終定理とか暗号解読とかを書いた、
そのサイエンス系書かせたら敵なしのサイモン・シンスさんが出してる本で、
シンプソンズってね、アメリカのアニメに隠されてる数学的要素っていうのを解説してる本。
まあ改めて言うとこれはもう設定勝ちというかね。
いやー、そうね。見つけたもん勝ちってことかね。
そうそうそうそう。
あのさやかが免許返納するみたいなネタ、あれも設定勝ちだったけど、
これもそうやね、サイモン・シンがシンプソンズ書くなんて絶対に面白い。
そうね、それを受け止めるだけのシンプソンズ側の奥深さがあったっていうのがあるよね。
そう。しかも俺ら、ヤバダ知らないけど俺はもうシンプソンズとか知らんからさ、はっきり言って。
うん。
なんかアメリカのちょっとシニカルなスヌーピー的なアニメなんかなみたいなイメージぐらいしか持ってなかった。
まあまあまあ間違ってないですね。
うん。だからまさかそんな数学者とかが作品作る上でめちゃくちゃ絡んでるみたいなのは知る余地もなかったから、
まあこれ上がるしかないっていう感じですね。
そうね。全然、いや俺も、俺はどっちかで多分見てる方で、
うん。
だけど、まあそんな話、梅雨も思わないっていうか、本当になんていうか、マジシニ、超シニカルアニメみたいな感じなんで。
27:04
うん。
なんかやっぱ、そんなそこにそれが埋め込まれて、それをサイモン・シンが解説してくれっていうのはもう、
まあ全ての好きな要素が詰まったんで、多分何年かの時に多分ランクに入れた気がする。
うんうんうん、と思うよ。
この本は俺は紹介されるまで知らんかったから。
うん。
これ読んでよかったね。
でなんか、まあシンプソンズ、これね最後の方、もはやシンプソンズ無関係に、
そうね。
もう数学ギーク集みたいになってるけど。
確かに。
ちょっと1個だけ紹介しますと。
あの、解分平方数っていうね。
はい。
あの、まあ平方数って2乗ね。
はい。
64とか、8×8、同じ数字を2乗することでできる数字を平方数って呼ぶと思うんやけど。
はい。
解分平方数っていうのは、平方数でかつ、後ろからも前からも同じ数字だっていう。
えー、数を指すらしいんですよ。
121とかがそうらしいんですけどね。
11の2乗ってこと?
11の2乗が121で、下から読んでも121という。
あー、なるほど。
まじでだからなんなんていう感じ。
はいはい。
解分平方数ってのがあります。
で、これはめちゃくちゃ少ないらしく。
うん。
まあ120とか一見簡単やけど、その後はものすごい桁数が続くんやけど。
これが100億、100億未満の解分平方数っていうのは35個しかないらしいんですよ。
少ないね。
うん、0.000何パーしかないんやけど。
で、この35個あるうちの中で偶数は1個しかないらしいんですよね。
あー。
えー。
偶数は836の2乗である698896しかないらしいんですよ。
直感とはなんか合わない感じするか。
そうやんな。
なんか平方数って2乗するから2の倍数のイメージが勝手にあんねんけど。
あるね。
実は34個が奇数で偶数は1つしかない。
解分数っていう特殊な、あれやろな。
そうやね。
なんか数学的な要素が一切ないよね、解分数って。
そうそうそうそう。もう文字遊びっていうかさ。
文字遊びやもんね。だからそういう直感と反比例するのかな。
多分ね。ただまあそれも不思議なもんで、直感的にはどっちでもいいって感じですよね。偶数でも奇数でも。
偶数が多いとも思えんか。
そうそうそう。ただなぜか35分の34は奇数だっていうのは面白いって言うんやけど。
でも要はシンプソンズの解説本のくせにこういう話ばっかりなんですよね、基本的に。
30:07
確かに。数学ギーク。確かにニヤニヤしちゃう。
そうそうそう。こういうのが好きで、僕は。
確かに。
なんで、まあどっちの意味でも楽しめるかな。シンプソンズすごいなっていうのもあるし、数学って面白いねっていう、その両輪あるので。
まあこれはちょっと好きな人は限られるかもしれないけど、俺はやっぱこれ相変わらず好きだなって感じでした。
あ、それで思い出したけど、なんかコールドブリュアスでよく回数をさ、素数かどうか、君言うやんか。
はいはいはい。
いや素数かどうか確認するとき、3の倍数も当たり前やけど、13と7で割るのは基本だと思うんですよね。
いやーさすがやな。
素数かどうか考えるとき、13でも7でも割らずに100台を素数かどうか判断するのはすごいリスキーだなって聞いてて思いました。
いやただね、その117という数字ね、これはね素数じゃないでしょ。
素数に思えるね。
117、117大丈夫。119か。え、何やったっけな。ちょっと待てよ。えっと、ちょちょちょ、あ、どう忘れちゃった。なんかの数字をずっと俺は素数だと思ってたんですよ。
117か119かな。
119やったかな。
どっちか、どっちかが13のあれでしょ。
いや119が13じゃなくて7×17なんですよ。
あはいはい。
でも119って俺素数って結構直感的に合ってるタイプなのよ。
いやでも俺はそこを、いやいやいやまず7で割るのは当たり前だろ。
いや7はね割と見落としがちやねん。7ってたぶん0から9の間で一番特殊やから。
いや俺19になんかかけたやつは結構きついかなと思うわけ。あまあ19×2桁。もう一回2桁やったらもう無理やなと思うけど。
何なんで割るやろって。
いやあれおてんです。119素数やなとか言って。
二人ともそれで合意してそのままpodcast録音しちゃったんでミスです。
いやもうほんま。おったらめちゃくちゃ言ってたなと。
ハッシュタグつけて書こうかなと思った。まず7で割るのは基本ではないでしょうか。
コメントくれよそれ。
書きそうになった。
いや取り直そうかなと思ったぐらいですね。
すごい余談でした。すみません。
ありがとうございます。
で7位が堀静香さんの精一杯の悪口ですね。
これ最近かな。
これはごめんなさい。これは最初の年章じゃなかったかもしれないです。かなり最近かな。先月ぐらいかもしれないですね。
あ先月ですね。2022年11月11日。
これはあの日記。日記エッセイという感じなんですけど。
33:01
とにかく文章が面白いというその一点かなと思います。
個人的にはなんか去年出た僕のマリさん的な感覚というか。
割と皮肉性もあるし、ユーモアもあるし、結構心も食ってるしみたいなんで。
こういう、この人普段学校の先生らしいんですけど。
学校の先生。山口県に住んである学校の先生。
で後半ちょっとお子さん生まれて、最後育児休業から職が復帰するみたいな。
まあそういうね、なんていうか本当に見ず知らずの方の人生みたいなのをめっちゃ知った気になれるっていう感じが。
日記ってすごいなーって。
面白いね日記。
面白そうっすね。
でなんか、何がどこが面白いとかっていうわけではなく文体が面白いとかっていうしかないんですけど。
でもタイトルめっちゃ面白そうなのあるけど。
オールドファッションと鳥皮って。
これタイトルも見えてるのか。
もうこれ見ただけでもう読みたいけど。
あそうそう、エッセイがあって急に日記がざーっと何日分か続いてっていう作りになってるんで。
割とね、飽きずにというか日記オンリーでもないし、エッセイオンリーでもないしっていう環境も割といいっすかね。
なるほど。
で一個ちょっと覚えてるのがなんかあの、この方なんかその、かつてお子様が自殺してしまったみたいな経験があって、それについて書かれてるエッセイがあんねんけど。
なんかそれを結構多分、思うところがいっぱいあって。
で、まあ先生やってるから、その生徒がね、例えば髪を切ってきたら、必ずね、髪切ったねというふうに声をかけるらしいんですよ。
えー。
で、それでまあ喜ぶ生徒もいれば、悩んでこいつって思う生徒ももちろんいるんやけども、この髪を切ったねっていうのはなんか、あなたはちゃんと生きてるねみたいな確認?
あー、見てるよと。
そうそう、心の持ちようとして、私は知ってるよ、あなたは生きてるねっていうことの確認みたいな意味で、どんな時でも髪切ったねって声をかけるって書いてて、
あー、それなんか割といい心持ちとか、いい言葉だなっていうふうに思ったし、なんかこういう哲学みたいなのはさ、絶対さ、この人に限らずみんなあるやん、無意識的に。
うんうん。
36:00
こういう時はこうしようみたいな。
うん。
まあでもなんかそれはかなり訂正的にしか捉えてないからさ、基本的には。
そうですね、あと他人のあんま知る機会がないですよね。
あーそうそう、それ、だからこんなふうに文字で成形して落とし込んで、かつそれをこう世の中に出すというね、なんかそういうことをやっぱしてくれる人がいるっていうのは、なんかいいなって思うと同時にこう、あ、俺もなんか書いたりしなあかんなーみたいな。
アウトプット。
まあいい日記を読むとだいたいそうなんだけど、そういう気持ちになる。
確かになー、日記むずいよなー。
むずいむずい。
うん。
そうそう、まああの、基本的に文章はずっとユーモアがたっぷりで面白いんで、あの、子育て世代でこうイレギュラーな割り込みとかが多い人とかでも、なんていうか、いっぺんいっぺんめっちゃ短いから、まあぶつ切りで読めるっていうので。
なるほど。
いいんじゃないですかね。
読みやすそう。
うん、読みやすいと思います。
はい、えー、じゃあ最後、えー、6位が、えっと、小沼治さんの、えっと、一日が長いと感じられる日が時々でもあるといいという、長いタイトルの本で、これね、すごいジャケ買いいいんで、ジャケ買いしたんやけど、あの、これもね日記です、すいませんが。
へー。
これは完全なる日記で、日記オンリー、あ、まあ1、2個エッセイやけど、ほぼ全部日記、植本さん的なスタイル。
で、えっと、2020年、2021年、2022年っていう、そのコロナ禍3年分の夏の期間だけ書かれた日記っていうのをまとめてるものでして。
まあその、コロナ始まって、で、オリンピックが延期になったりとか、まあ安倍首相が暗殺されたりとか、そういうこう、ちょっと特殊な夏の3年分なんで、まあかなり新しい記憶ばっかりやから読みやすいし、
この方ライターなんで、あの、なんていうんかな、結構その取り上げるニュースとかも、取り上げるニュースじゃない、ニュースを取り上げることが多いんですよね、この自分の日記の中にその日を、ニュースとかを。
なるほどね、はいはい。
だからすごい、あったなーみたいなのが、例えばあの、杉田議員がLGBTには生産性がないっていう発言して燃えたとかね。
もうなんか記憶の彼方やけど、あったなーみたいな、あの、その、自分の記憶を振り返るっていうのを見ても、まあそもそも読みやすいっていうのなんですけど。
なんかこれは俺すごい面白かったのは、この人ゲイを公言してる方で、実際にその同性の恋人と一緒に住んでる様子っていうのも、日記中にいっぱい出てくるねんけど。
39:08
まあさっきの杉田議員のニュースとかもそうなんやけど、なんか、なんていうかな、日々報道されるそのトピックに対する、この小沼さんのジェンダー感みたいなのが、やっぱり性的マイノリティの方っていうのもあって、すごいその、自分にはない観点だなーっていうのを多々思うことがあったんで。
まあ選んだって感じですね。
想定がすごいおしゃれですね。
そうやね、なんかこれね、最初なんか写真かなと思いきや絵で、ちょっとこれみんな調べてほしいんやけど。
リンク貼っとくんで。
あ、そうそうそうそう。
あ、めっちゃどうでもいい話なんやけど。
うん。
俺はいつもさ、想定を面にして本題に並べることを面陳って言ってたんやけど。
うん。
あれね、ちゃうねんて。
そうなん?
面展らしいで。
面展、面で展示してると。
そう、なぜなら面陳は陳列は販売らしいのよ。
はいはい。
で、面展は展示やから、ただただ見せるだけ。
あー。
で、図書館は面展らしいね。
はいはいはい。
あの、裏辺から。
なるほど。
でも本屋は面陳らしいのよ。
俺、蔦屋でバイトしたけど、面陳つったけど。
あー、終わった。あ、でも金払ってるからどうなんやろな。
蔦屋一番微妙やな。
微妙やな。
帰ってくる。
いや、たぶん面陳だよ。
買ってないけど。
お金発生してる時点でたぶん陳列でいいと思うんやけど。
あー、なるほどね。
その尺度でいくと、家の本棚に飾ってるだけのやつは面展なので。
もう面陳でええやろ、別に。
いや、10年ぐらい間違えてました。ごめんなさい。
あれは面展で。
すいません、申し訳ない。
誰がわかんねえ、面展で。
逆に面展って何って話なんて、ややこしいよ。
いや、小沼さんの方は僕は面展してますんで。
興味あるよ。
一回ワンクッションできるやん、面展って何って。
ぜひうちに面展してるこの方見に来てくださいね。
めんどくさいなあ。
勘違いしてました、すいません。
こういうのはちゃんと使っていかないとね、日本語は。
なるほどね。
はい。
あ、すいません。
まあ、ちょっとあの、そうですね。
なんかこう、日記っていう読みやすさもあるし、
日々取り上げるトピックに対する小沼さんの考察とかが、
かなり自分の弱い、
自分ではできないようなところまで深く潜り込んでる感じとかが感銘を受けて。
これ日記なんで、読みやすさ満載だし、
ぜひちょっとオシャレなんで買ってほしいなと思います。
なるほど。
42:00
はい。
すいません、ちょっと6位までそんな感じでした。
ありがとうございます。
はい。
すいません、時間あれかな、大丈夫かな。
いや、全然大丈夫。
いい感じですかね。
だいぶ面白そう。
ありがとうございます。
やっぱなんか、自分の心が広くなった気がする。
どういうこと。
昔より読んでみようかなってすぐ思う。
昔はなんやこいつって思ってた。
読まんなーって思うのは読まんなーって感じだったけど、
なんかすごい読むかなって。
今回ね、僕すごいいいの選んだなって自負があるんで。
やっぱそう。
はい、おすすめが多いです。
じゃあ私が10から6までいくかな。
お願いします。
じゃあ10位から。
10位は桐谷雄二さんのパファー脳研究者、子供を育てる脳科学。
9位、バーバラHローゼンワイン、怒りの人類史、ブッダからツイッターまで。
で、次がなんかいろんな作家の寄稿集みたいなんで、ファッションスタディーズ、私と社会と衣服の関係。
7位、イー・ウンリー、もう行かなくては。
6位、豆腐ビーツ、豆腐ビーツのナンチョ日記ですね。
ほぼ知らんなー。
はい。
で、10位からか。
10位は、やっぱ子供生まれたんで、育児本1冊入れたいなと思って。
何冊か読んでんけど、何冊かって言うほど読んでないか、3、4冊かな。
だけど一番使えそうっていうか、一番刺さったっていうか、一番理解可能だったっていう意味で入れました。
タイトル通りで、脳科学のアプローチで、子供の発育とか行動について解説されてるやつで。
なんていうか、やっぱり理屈なんで基本。
その理屈がないとやっぱしんどいなって思うところがあるんで。
そういう、なんていうか、子供の行動で、本当か嘘かどうか、かなりビーマンとかが脳科学的なアプローチで、
子供はこういうことするのはこういう理由なんですよみたいな、結構説明されてるんで。
面白かったなって感じですね。
え、なんかないの?
あー、例えば。
あー、なんやったかな。
そんな、いや本当になんか例えばっていうか、大きな声で泣くとか。
うん。
なんていうの?ちょっと今、届くとこにないんでちょっとあれですけど。
なんかいや本当に基本的なことでも一個一個でこう、こうだからこうみたいな。
45:03
あと文献が全部ついてるんで。
その文献まで当たったかって言われると別に見てないけど、
なんていうか、これ系、子育て系はもうなんていうかさ、いくらでも言えるやん。
そう。
だけどまあ割とデータあるんで、まあ納得できるかっていう感じですね。
はい、だからこれ1ヶ月単位で刻みで4歳まであるんで、
うん。
そのタイミングになるたびに、あー今1歳だからここまでできるんかみたいな感じで。
うんうんうん。
一個一個見ていく感じですね。
あー。
いやー、この生きがゆじさんって脳科学やから、なんか理屈、なんていうかな。
なんとなくこうだなって思ったけど、脳科学で言うとこうなんですって言われるとめっちゃ説得力あるよね。
そう、だけど、なんかまあこの人めっちゃ賢いやから、なんかブックログのレビューで読んだの面白かったわ。
いやいや、それは東大の、東大やったかな多分、東大の息子娘やから賢いのは当たり前やろみたいな書いてあって。
あー、逆学歴差ですね。
そうそうそう、息子、あーそのブックログのレビューで書いてあって。
それおもろーと思ったけど。
まあまあ、確かにそれはまああるんやけどね。
だし、まあ結構だからこの年齢、だからそれ1ヶ月ごとに書いてあるから、その年齢のときにそれができてないと不安になるっていうのはあるよね。
あーなるほど。
ただ最初にエクスキューズでちゃんと、まあ人の子供の発育って本当にセンサー万別やから、
これでこれを突き合わせて、できてないからどうこうっていうことはやめてくださいねみたいな感じのことは最初に書いてある。
うーん、なるほど。
かな、そういう、例えば、あー、なんでうんという、なんか、
鏡を認識するのはいつかとか。
えー。
鏡に映ってるのは自分がいつか、認識するのはいつかとか書いてあった気がする。
それがいつなのかちょっと忘れましたけど。
えー。
そういう感じ。
あ、いいねー。
すいません、ちょっとおかしいのあげて。
いえいえいえ。
あ、そう、いやいや気がある意味とか。
はいはいはい。
とかとか、そういう感じですね。
あとまあその子供側のものもあるし、その親側の考え方みたいな。
まあまあ参考になるかなっていう。
本当に男性が書いたやつってなくて、やっぱ女性が書いたやつ読んでも、
あと年齢とか違うともう途端にやっぱ入ってこないなっていうのはあるなっていうのは思いましたね。
あー。
うんうんうん。
タイギュウさんも一緒に言ってましたけど。
いや別にその悪いとかじゃなくて、個人的にそれ、そういうことはあるんだなっていう、
まあ前予習にはなるけど、
うん。
なんか自分の何かにこう還元される要素が少ないなっていうのはちょっと。
48:04
うん。
なんていうか、こういうのってやっぱ即時性を求めちゃうやん。
なんていうか。
あー。
分かる分かる。
うん。だから。
まあただちょっと文体に全部、なんか藁とかめっちゃ入ってて。
うん。
それはちょっとしんどいんで、そこ読む人選びます。
まあ言わんかったけど、俺もはっきり言ってそのイメージで。
福谷さんの本。会話とか、伊藤さんの対談とかすごい面白かったものの、
今読めるのかなって言われるとちょっと微妙だなって思ってたんで。
うん。
やっぱ時代的にその育免が流行り始めた時期なのか、
うん。
やっぱ育児に積極的に私は参加してますってことをすごいしつこく書いてあるんで、
そこうざいになって思う人もいるかもしれない。
まあ旧世代ではあるからね。
旧世代ってかまあ時代的にまあ、今はもう逆にそんなこといちいち言うなよっていう。
あーそっちのツッコミ入れる感じだね。
まああるじゃないですか。
あるある。
いや育免ってなんやねんみたいな。
うん。育免って言っちゃあかんからねほんとに。
いや意味わからん。当たり前やろって言って。
うーん。
っていう。
え待ってちょっとキツイかも。読まないかも。
いやむしろ私は育児をさせて欲しいと妻に頼んでますぐらいの、
まあそういうトーンで書いてあるんですから。
あーなるほど。
まあそういうとこ目つぶれば、まあそういうなんていうか、色の認識とか、
うん。
っていうかそういう、謝ることとか、まあまあ上げたら聞けないけどまあそういうのいっぱいあるんで。
なるほど。
あの斜め読み。
うん。
ではいいか。
ありがとうございます。
はい。
9位は怒りの人類史、ブッダからツイッターまで。
これ面白そうやね。
いやこれはもうね、ほんとにアンガーコントロールが問題になっていて、個人的に。
あなたのね。
うん俺の中でね、やっぱりね。
はいはい。
もう、でもデベに教えてもらったアンガーコントロール本2回ぐらい読んだし、
まあそれでだいぶ落ち着いたけど、
うん。
やっぱ大変大切だなと思い、たまたま図書館、これ多分図書館で書いたんかな。
うんうん。
面白そうと思って書いて読んで。
うん。
まあこのタイトル通りで、そのなんか、怒りっていう感情に対して人類がどう立ち向かってきたかっていうのを、
いろんな方向、哲学とか宗教とか医学とか、そういういろんな方向でこういう風にしてきてますよみたいな話が淡々と書かれてる。
考察されてるって感じで。
はいはい。
また、なんていうか、ギリシャ神話時代とか、まあそういうソクラテスとかそういう次元、千年とかそういう単位で、
まあやっぱ怒りっていう感情に対してみんなこうストラグしてきてると知ると、まあそういう客観視できるんで、
なるほど。
なんていうか、まあコントロールできなくて、まあしゃあないかっていう気づきを得るっていう良さがありましたね。
51:07
まあ歴史の意味があるなっていう感じです。
気づきがちゃんと得られたんですね。
あ、その使えるものは何もないですよ。
何もないことはないから。
使え、なんていうか、例えばデメから教えてもらったやつとか、その仏教ベースで、こういうことが起こったときにどう考えるかみたいな、本当にhow toの話やん。
はいはい。
だけどこれはもう全然how toは少なくて、まあこういうことを言っているみたいな、誰々はとか、医学的に見てこうだみたいなのが。
なるほど。
まあさっきの脳科学の話にまあ若干近いけど、まあそういうふうに客観、相対化するっていうか、自分の怒りを相対化していくというか。
いやまあそれはアンガーマネジメントの一つだもんね。
まあそうそう、それを歴史を通じて相対化するみたいなイメージかな。
アリスとテリスも怒ってたんだなっていう。
そうそうそうそう。ああ、やっぱ脳的にこういうことなんだなみたいなのか。
ああ。
まあ一方でまあ宗教的に、まあこうなんだなとか。
うんうん。
こう一個一個、なんていうか、整理していく感じですね。
うん、いいじゃないですか、すごい。
うん。
怒りが収まりそうやね、これを読むと。
そうそうそう。
なんで、あの怒りに苦しんでる人はね。
まあ結構なボリュームあるけど。
なんでかなんか歴史書なんで、まあまあ読みやすいんじゃないかなと思います。
うんうん。
いやこれちょっと面白そうやね、ジャケもかなりいい感じなんで。
そうそう、なんか可愛い絵っていう。
うんうんうん、可愛い。
で、次8位。
ファッションスタジーズ、私と社会と衣服の関係。
まあこれはなんか、いろんな人が、まあ哲学者じゃないな。
文化人類学者とか、まあ学者系、学者の人がこうファッションと社会とか、
まあそういう考察、いろんな角度で考察してるのがまとまってる一冊なんですけど。
へえ。
なんかやっぱ、テレワークで普段別に友達とどっか行ったりとかもないから、
社会と接する点ってコンビニとかスーパーぐらいしかなくて。
うんうん。
まあ育ってくるとファストファッションでいいじゃんってなるんですよね。
ユニクロでやんっていう。
うんうん、わかる。
でもそれじゃよくないなと思って、その認識を取り払うために読んでるけど。
うん。
まあ結構いろいろ知らん話が多くて、興味深かったなっていう。
例えば、なんていうか、今SDGsってもう死ぬほど言われてるけど。
ああ、やめてくれ。
それとファッションの関係性っていうか。
例えば、究極的に言えばもう人類、古着も含めてもう相当数存在するんで、
54:00
新しい服をそんなに大量に毎年作る必要ってどこまであるんでしたっけみたいな話とか。
ああ、なるほどね。
で、そういうのはまあ、ファッションブランド側も分かってて、環境負荷下げる方向に色んなことやったりとかしてるし、
まあテクノロジー使ってこうやっていくのもあったりとか、そういうアプローチを知ることもできるし、
まあ改めて思ったけど、なんていうか、服ってこう他人がいるから着るっていうか、
当たり前のことですけど、まあすごい社会的な行為やなっていう気づきがその論文で知ることができて、すごい面白かった。
あとは、
めっちゃいろんな人が寄稿してるのかなこれ。
そう、もう30、40人ぐらいじゃないかな。
そうね、目次すごいボリューム。
そうそうそう。
でも結構それこそ短編じゃないけど、単朗報みたいな感じなんで、結構MS買ったかなと思いますね。
面白そう、特になんかルッキズムとか民族衣装とか、結構タイトル的にすごい面白いな。
はいはい、ジェンダーの観点、タコ子さん興味ありそうなところで言うと、スカートパンツ論争とか。
ああ、いいね。
性別規定してるよねとか、
うんうんうん。
なんていうか、自分のアイデンティティを象徴するというか主張するものでもあるけど、
他人とのコミュニケーションでも使われてるもんだから、すごいバランスが難しいというか。
今の時代で言うとまだそのアイデンティティを主張した方がいいっていう議論だと思うんですけど、
そのじっぱひとからげのその主張だけで生きていけるほど世の中甘くないんで、
その辺がすごい難しいよねーっていう話とか。
面白そうなの。
そんな感じでした。
いや、ちょっと読みたいですね。なんかスカートパンツ論争とか、あとなんかピンク論争とかあるじゃないですか。
結構その。
ああ、いろいろね。
ああいうのは結構好きなんで、ちょっと面白そうなのね。
はい。
で、7位がゆんりーですね。
おー。
もういいかな。
読んでないっす、まだ。
えーと、理由のない場所を前回、だいぶ前に1回まるまるやりましたけど、
はいはい。
それを、えー、これ、それ、それ、この本、もう行かなくてを書いてる途中に息子さんが亡くなってて。
57:04
あー、そうなん。
最中に書いてた作品なんだけど、これも自死の話になっていて。
あー、そうなんや。
それも偶然っていうか、恐ろしい話。
あー、そうなん、これ。
なんていうか、そういうなんていうかな、あんまり方向ではない運命的な話になっており。
うん。
で、その理由のない場所はその対話形式だったけど、この作品は、その母を亡くした子供。
うん。
あ、違う、えー、子供を亡くした母か。
うん。
ま、主人公で。
うん。
ま、その、なんていうか、かわいそうな人って思われることをひたすらこう、ぶん投げていくみたいな。
うん。
そういう像をこう破壊していくっていうか、そういうことではない。
ま、その、それを、ま、皮肉と、ま、パワーっていうか。
うん。
ひたすらこう文章で綴り続けてるみたいな。
うーん。
ま、そういうのを書いてるときに亡くなってるっていうのが、ちょっとま、あんま信じられへんんだけど、ほんと。
うーん。
というタイプのやつで。
で、なおかつ今回は、中国系アメリカ人とか中国人とかではなく。
あ、その。
そう、ガッツリアメリカ人とかイギリス人が、ま、ガッツリって言い方良くないかな。
ま、白人、いわゆる白人っぽい。
うんうん。
その、アメリカ文学っぽいスタイル。
うん。
なっていて、ま、新しい境地ではありましたね。
うーん。
いやー、なんか文が、文投げていくスタイルってのはね、理由のない場所とかも、ま、言ってみればそう、そんなタイプのね。
そうっすね。
ものというかね。
あの時はでも、やっぱ弱さがま、ある程度やっぱあるっていうか。
うん。
あ、もちろんね。かよ、かぼささ、繊細さ。
それよりも、もうちょっと、振ってる量で言うと、強気の方に振ってるって感じかな。
うーん。
その人生を、その、えー、主人公はもうすごい高齢者で、人生の終盤に自分の人生を振り返りながらって感じだから。
あー、その、過虫ではない?
まあ、まあそうね。どこまで過虫というのかちょっとわかんないけど。
あ、もちろんもちろん。ま、でも理由のない場所はもう過虫中の過虫だったわけだから。
そう、度過虫なんで。
おー、なるほど。
その、最後の人生振り返ってる最中。
へー。
ただまだそういう強気の中で、急になんかこう、弱いのが来ると、うおーっていう感じにやっぱ。
あー、ちょっと待って。好きかも。好きかもって言ったらええけど。
なるほど。
こういうタイプの。
好きかもなー。
うん。ま、ユニの長編の中ではかなり読みやすい方だと思う。
あ、そうなんや。
うん。なんか今までやっぱり歴史的背景とかすごいたくさん入ってたんで、毎回。中国の。
1:00:04
確かに。そうやね。
そこがだいぶ重たいんで、もうほんまに読み進めるのは大変だったけど、これはまあ、なんていうか、そういう家族の話っていう。
うん。
なんか感情とかの話なんか。
そうそうそうそう。
おー。
ま、だいぶ読みやすい。
いやー、これがね、3740円っていうね、ちょっと。
まあまあまあまあ。
へへへ。
まあまあまあまあ。
いや、わかりますよ。しかもこれ、ジャケがちょっと千年の祈りを放出させる、この写真。
そこもいいねー。
まあまあ図書館でも、いいと思うんですけど。
あ、いやいや。読むなら買いますよ、もちろん。
うん。理由のない場所読んでる人は特にオススメですね、やっぱ。
ちょっと地続きなんや。
そうそうそうそう。やっぱり、これは2個セットって感じは正直あるんじゃないかって思ってしまいますねー。
やー、そうやね。それは読むべきですね。
マストアイディードですね。
そうですね。まあ別にいつでもいいと思うんですけど。いつか読んでおいたほうがいいんじゃないかっていう。
あ、わかりました。ちょっと年末に読みます。
はい。あとは、ろくに豆腐美術の南朝日記。
うんうん。
これはまあ、豆腐美術のっていう、っていうって皆さんご存じだったんですけど。
うん。
音楽プロデューサー、まあシンガー、ラッパーの、まあ新しいラバーも今年出たんですけど、それと一緒で、タイミングで出た日記で。
うん。
アルバム制作中のことを含めて、まあガッツリ日記で。
うん。
まあやっぱ、なんていうか、音楽活動、音楽家の日常みたいなのがめっちゃ知れて面白かったですね。
うん。すごいミニマルに開始したね、これ。
うん。やっぱ、なんていうか、自分でインディペンスで音楽やることにおいて、こんなに事務作業をやってんだよみたいな。
ああ、わかる。
すごい思いましたね。やっぱりそのステージで見てる華やかな姿が全てではないし。
うん。
まあそれはなんていうか、メジャーとかでやったら、その辺のことは全部任せられるんやけど、と思うんやけど。
うん。
このTobiiさん、まあ全部自家発電っていうか、全部自分でやってるところが、やっぱめちゃくちゃ面白いですね。
やっぱ、なんていうか、サンプリングの教諭を求めるくだりとか。
うん。
なんていうか、ほんまに地味なしで、その、あとローストイトラブルとか。
ああ、新しい事務所が。
そうそう、事務所のローストイトラブル。
事務所が。
あれとか本当になんていうか、普通に生活してる人って感じがするし。
うん。
やっぱなんか、リビルドのヒゲポンさんにちょっと近いプロダクティビティに対する。
1:03:02
ああ、分かる。あのこだわりというか。
こだわりみたいなのは、めっちゃ感じるなーっていう。
ちょっとフリーク、フリークというかね、なんか、ちょっとサイコパスみたいなこと言うとしたような。
ああ、そこまで思うんやけど。
そこまでじゃないけど、分かる?なんとなく。いい意味で、いい意味で。
いい意味で、うん。あの、一個一個潰していくみたいな感じはすごいなって感じですね。
爪将棋タイプやなっていう。
うん、確かにね。
あとやっぱ。
パソコンもめっちゃ変わってるしね、確か。
あとはやっぱその、いろんなものに対する、もう素直すぎる表現連続っていうとこですね。
うん。
やっぱこれも今本じゃないとできんかなーと思いましたね。
これをツイッターではできないんですよねーっていうレベルの。
ああ、それは炎上とかっていう意味で。
ぶっこみの量がちょっと半端じゃないかなって。
ああ、確かに確かに。
それがやっぱりすごい面白かったかな。
うん。
あとまあ、あの、よくこのポツクラスでも話してる、そのタグ本。
おき、息づけのセンサーっていう商店で買うと、得点で直近の日記ついたと思うんすけど。
うんうんうん。
まあそこで、まずは弓が相手だ。
うんうん。
発言に対するこのなんか、
まあ、ぶち切れと言ってもいいと思うんですけど。
うんうんうん。
それがめちゃくちゃ面白かったんで。
まあ今もう手に入らないのかわからないですけど。
あのー細いやつは手に入らないかな。初回限定。
そうやね。もう多分手に入らないと思いますけど。
いやあれは、もうね。
なんていうか、みんな読んでほしいと。
DTMで音楽作ってる人みんな読んでほしいと。
いやこんぐらいやっぱハングリー精神あって、ないとやっぱ音楽やれないなって感じました。
うん。
いう感じですね。アルバムめっちゃ最高でした。
はい。
まあしかもあれはなんか一職業の人が細かく書くコロナ禍日記みたいなのになってるから、それもすごいいいとこだな。
あーそうですね。異常に。
音楽業界多分すごいグレートっていうか、なんていうかグラデーションがあって、めっちゃ厳しいとこはやっぱりメジャー系?
その大きい会場は厳しいし、一方でクラブみたいな現場みたいなところはまあまあ言うてもっていうところで、
両方を橋渡しするようなアーティストだから、どっちにでも振れると思うんですよ。
うん。
厳しい側に振ってるのがちょっと僕は一番びっくりしたことだったかもしれないですね。
そうやね。かなり厳しい側の人間。
相当厳しいなって感じでしたね。
うん。
まあでもそれはやっぱりなんていうか、そういうふうにナナナでやってるとやっぱ舐められるっていうのもあるんやろうなって思いますよね。
うん、あれは哲学っぽさだよね。
うん、舐められたくないっていうか、その音楽業界全体として、
うん。
なんかそういう甘い対応してるって思われたくないっていうのもあったんかなとか、まあでもその全部ジャスティスですけど。
1:06:06
いやでも、まあそうじゃない、あの人は表舞台もあるけど、裏方のプロデューサーでもあるわけやから。
まあそうですね。
業界回す側の人というか。
まあプロデューサーやからこそできた対応っていうのもあるけどね。
まあ確かにね。
そこで稼げるっていう。
まあライブ、まあライブもすごい大きな稼ぎ所だと思うけど、まあ例えばCMやったりとか。
うんうん。
他人の音楽プロデュースしたりとか、そういうのがあるからできたことってもあんのかな。
まあでもそれはでも、彼がそういう活動してきたからこそできたことだし。
うん、そうだね。
うん、という、まあめちゃめちゃ面白いですね。
めちゃくちゃ面白いです。
はい、以上ですね。
いやーいいですね。
はい。
いやー結構、なんか話すとやっぱり思い出してくる感じがありますね。
いやーそうやね。ないとなかなか忘れ去ってしまうだけなんで。
そう。
うん。
はい、じゃあこういうのいきますか。
いきますか。
というかあの、あれですね、言い忘れてたんですけど。
はい。
今回のなんか一冊抜いてますよね、お互い。
あーそうっすね。最初のエクスキューズが抜けてましたね、確かに。
あの、とりあえずいちこさん、ダギュリティ優勝さんの復書館一人になることを花をくれは、電動入り枠に入れて、
それはもうあの、皆さん読んでくださいっていう、もうどんぐらい手に入るか、もう残りかなり在庫懇賞になったと思いますけど。
あ、あれね、完売したらしいですよ。
あ、もう完売された。
じゃあもう読まない。
えもとさんがツイートしました。
まあなんか、まあいろいろ方法あると思いますけど。
うん。
まあ、あれきっかけダギュリティさんのラジオ出てもらった、ポッドキャスト出てもらったりとか、上本さんと話したりとか。
うんうんうん。
まあ。
そうやね。
惜しい、電動入りしてもおかしくないでしょうということで。
電動入りしてますね。
ということでまあそれは抜いてます。
2人のまあ、電動入り1位って感じなんで。
それとは別の1位を用意したって感じですね。
そうですね。ちょっと厳密に言うと、昨日そのオフショーから抜こうっていうこと連絡くれたけど。
一応ね、なんか2位とかに入れてました。僕。
あ、なるほどね。
うん。ただまああれはもうもはやその、アフターエピソード抜きでは測れないというか。
ね。
確かにね。
ね。著者の方と実際何回もポッドキャストできるなっていう経験込みでちょっと点数が一応感じがするんで。
まあ電動入りでちょっとありがたいですね。
確かに。
はい。
はい。ということを踏まえて5位行こう。
はい。じゃあ5位から。僕からですね。
1:09:01
えーと5位はですね、さくまよみ子さんのWeActVolume3という人です。これは。
おおー。バーコードないやつ?
バーコードないけど、袋の上にあった気持ち。ちょっと忘れたな。なかったかな。
はいはい。
まあこれもクラファンで出されてる人でして。
はい。
えーと、これはVolume3まで出てんねんけど、最新のVolume3が男性特権について話そうっていう副題でして。
はい。
まあ1も2知ってたけど、3のその副題に惹かれて勝ったって感じです。
うんうん。
えーと、さくまよみ子さんって方は、なんかアメリカ大臣の方なんやけど、
うんうん。
あのーさくまぐっていうオンラインコミュニティやってる人で、
うん。
まあジェンダーに限らず、政治とか、あとエンバイラメント、環境問題とか色々その、
まあ世の中社会的な問題を色々解決していきたいみたいな、そういう意思を持った人たちが集まったコミュニティみたいなのがあって、
その人がクラファンで出してる本なんやけど、あのーこの男性特権っていうのが個人的にはすごい、今バズワードというか、
言ってました。
自分の中で、そう、あーそうそう、なんか言った気もするけど、男性特権ってことはいいなっていう風にちょっと思ってたんで、
もうジャストタイミングでこれが出てたから買って、で、まあ2部構成になってて、前半は、
なんか座談会みたいなのの文字起こしで、で後半がエッセイ、あの何人かがその寄稿してるエッセイをまとめたものになってんだけど、
その座談会がねすごい良くて、それがその男性特権について、まあ世の中にあふれる男性特権でこういうものがあるよねっていうのをもう、
とことん削り取れっていう感じのテーマなんだけど、それがかなり男性比率が多いですよ、参加者。
あーなるほどね、女性側じゃなくて。
そうそう、それがねすごい良いなと思って、なんかそのフェミニズムとかジェンダーの本とか、
あとそういうオンラインイベントみたいなのとかって、基本的になんかこう女性が多いらしいんですよね。
やっぱり女性が集まって、女性ってこう不平等だよねっていう話をするみたいな、
要するに結局そこの差はあんまり埋まらないっていうか、男女のその本当に届かせなきゃいけない、
こう社会的マジョリティ側には届いてないっていうね、そのジレーマみたいなのがあるらしいんですけど、
それを今回は男性を参加させることで、
あの、なんだろう、そこの壁みたいなのを取り払おうというふうなことをして、
1:12:02
試みたらしいんですよ。
それがめっちゃ大事だと思って、
男性が意識して、男性が男性を指摘しなきゃいけないってことを結構いろんな人が言ってて、
で、それを読むとなんか、俺も男性やからさ、
けど一方で会社とかに入ると結構長いものに巻かれてしまうタイプやからさ、
なかなか男性を指摘できてない自分みたいなところに嫌顔でも気づかされるっていうか、
なんでこの本を読むとめっちゃ居心地悪い感じなんですよ。
もう全部自分に言われてる、できてない、これもできてないなみたいな、
全部自分に言われてるっていうのがもう心苦しいし、居心地悪くてしゃーないんだけど、
まあでもやっぱり、こう、なんだろうな、
個人に言うというよりは社会的歴史的構造として、
明らかに男性が優位になってしまってるから、
それはやっぱり男性側が知るべきだよなっていうのはもう絶対思うんで、
この作間祐久さんが結構最初の方でも最後の方でも書いてあったんだけど、
とにかく男性で喋ってほしい、男性でこういう話をしてほしいっていうことを思って、
この本を書いたっていうのが理由らしいんで、
まあちょっと話しとるけど、この間竹渕さんと喋る、
山津さんに喋るみたいな場みたいなのは意外にないじゃないですか。
ないね。
特にオンラインとか会社とか、
あとは昔の友達とかとでもなかなか話せないよね、こういう話っていうのは。
ないね。
ないでしょ。
それは、ほんまになぜやりにくいかって言われるとちょっと難しいとかないけど、
でもやらなきゃいけないっていうことをすごい指摘された感じがしたんで、
まあぜひ読んでほしいというところです。
この参加してる男性はどういう方々なんですか。
これは作マグっていうコミュニティの会員。
なるほどそういうことか。
だからそもそもある程度意識が高いというか、
その辺の会社員のオッサンを連れてきて、無作為に連れてきて参加するかというわけではない。
それだったら面白すぎるけど。
それだったらほんまたぶんその人ボッツダボロになるけど、
意識が高いという前提ではあるんやけど、
まあでもそれでもないと思うんだよね。
こうやって男性がめちゃくちゃ参加してるっていうのは珍しいと思いましたね。
いやーしんどいですねそれは。
しんどいですよこれは。
なかなか自分、
自己否定みたいなのも若干つながる感じじゃないですか。
自己否定というか。
分かる分かる。
別にその属性というのは自分が選んだ属性でもないくて、
社会が規定してるから、
1:15:00
その特権自体を。
それをこっちになんていうか、
お前が持ってんだぞって特権言われると、
ああまあそうなんですけどって感じにはなっちゃいそうだなと思ってしまいました。
それはねまさに、この間さくまさん竹田差別さんとオンラインで対談もしてあって、
それも配信買って聞いたんやけど、
そこでもまさに言ってて、
俺ら単に男性として生まれて無意識のうちに特権を享受してて、
で最近のこの世の中の盛り上がりで急激に、
男性が優位だよって言われ始めたっていう、
そこでめっちゃ戸惑うわけやん。
僕はそんなつもりなかったんだけどって、
個人が攻撃されてるような意識にならざるを得ない。
だからこの、俺男性特権って言葉すごく好きなんやけど、
一方で男性特権って言うのはちょっと力強すぎて、
伝わらない、
ちょっとやめてよって男の人に思われるっていう、
ちょっと強すぎるワードだなっていう気持ちもあるんだよね。
だからもっとゲンダーみたいな、
そういう言葉にちょっと取って変わってほしいとか、
なんか適したワードがないのかなっていうのは。
でもそれで今まで変わってこなかった現状があるから、
そういう強い言葉を使ってるっていう背景になってる。
男性特権やもんね。
これだけしかないもんな意味は。
そうそうそうそう。
ジェンダーってなるとすごいファジーだからね。
ファジー。
いろんな人こぼさないようなすごい広い言葉やねんけど、
一方で説明されても分かれへんよね、ジェンダーって。
そうですね。
でもね、男性特権って言うとなんかどんどんどんどん、
逆に二分化してしまう気もするから、
なんかいいワードないんかなって思ってますね。
これは2時間かけたらすぐ読める感じなんで、
また読めればそうするです。
つらい作業になる。
でも自覚したほうがいいですよね。
そうです。
これを男性が読んで男性が喋るってことが大事ということです。
ハードコアやな。
いや本当に。
今そういうモードなんでちょっと今のうちにやっておこうって感じです。
はい。
そんなとこっすか。
はい。
じゃあ私の5位は田和田陽子さんで100年の散歩ですね。
田和田陽子小説ですかこれは。
これ小説。
まあ小説そうですね小説ですね。
えー知らない。
これは去年読んだんかな初めて田和田陽子時代を。
違う、剣闘士か。
剣闘士はもっと前に読んでて、読んでるのかな。
それ以外犬むこ入りっていうのを読んでたんかな。
で両方ともすごい面白かったんで他も読んでみるかと思って
100年の散歩ってやつが面白そうだったらパナイなって感じでしたね。
1:18:01
えーパナイやこれ。
パナイっすねほんと。
これも日記スタイルっていうかこの人ドイツに住んでて
ドイツの街でどういう風に暮らしてるかみたいなのをひたすら。
まあだから日記なんかまあそれこそ田陽子さんのスタイルに近い
ちょっと近いっていうか
その日記とその小説の境目みたいなあんまないみたいな。
まあそこをすごい
ブラーになってボヤーとしてて
まあひたすらなんか書いてるんだけど
やっぱちょっととにかくね言葉のセンスがほんまにすごいすぎて
いやほんまラッパーなってたよなって思う。
40年生まれんの遅かったなラッパーなったよなって思う。
っていうぐらいにやっぱりほんとに言葉が
あの日言い言う直言う全部がすごすぎて
いやで日記スタイルでみたいな感じなんであんまりないタイプっていうか
その日記っぽいところの中になんかこう急にこう
ワードプレイみたいなのがバーって挟まれるんでめっちゃ面白いですね。
だから第二言語
実質多分ドイツが第一言語みたいな感じになってると思うんですけど
あんだけ長い間
第二言語の日本語として客観的に日本語を捉えてこう書いてるのかとか
思いっちゃいそうなぐらいなんていうか
面白いですねっていうのが
あともう一冊ぐらい読んでんけど
なんか最近ショートってやつかな
いや全然
なんやったっけな
ショートってなんか
地球に散りばめられてとか
地球に散りばめられてや
それはもうドSF
あ、そうだね
検討試に近いですね
どっちかって言うと
検討試おもろかった
検討試もやばいのか
それと一緒で地球に散りばめられては日本がなくなった状態で
日本人が移民になった状態でヨーロッパにいるみたいな
デストピア小説か
そうそうそうそう
へー
みたいな
まあとにかくやっぱね
200年の参拝は特にその言葉のセンスが
ラッパーですほぼ
小説です
小説でそういうのを感じるのはすごいよね
そうそうそうそう
いやしまあ
残りは全部ほぼ日記みたいな
ドイツの街で暮らすってどういう感じなんかなみたいな
あれに近いんですよだから
漫画のベルリン
ベルリンウェアの空
あれと一緒に読むとすげえいいですね
1:21:01
なるほどね
あれ好きな人は絶対好き
えーそうなんや
タワタヨコとあれ繋がるんやね
そうそう
あれもベルリンウェアの空めっちゃ好きだけど
同じ感じですね
本当に街で生活してて一人でみたいな
でなんかタワゴズ言ってるみたいな感じです
あれはあっちは青空のほうはなんかもっとリズムの話やからすごい
けどこっちは本当小説なんで本当にファンタジー
めっちゃ跳躍するっていうか
その瞬間がすごいあって興味深かったと思いますね
いっぱい語るぐらいなので
他も全然来年読んでいきたいなって思える作家ですね
まあまあ作品を
でも少ないのは少ないよね
スパン結構長いというか
まあ期間はに比べたいしたら少ないかもしれんけど
作家歴がだいぶ長いから作品数としてはかなりあるんじゃないか
確かに
という感じですね
100年のサンパーオシャですねこれ
はい文庫もオシャかもしれない
そうなんや
ありがとうございます
そうなんですか
はい
えっとじゃあ
4位?
4
4位ですね
4位はね
ちょっと自分のポッドキャストで喋ったんですけど
ブレイディ美加子さんの他社の靴を履くという
特集してたやつ
特集
コードブリアスの特集を一回組んだことがあるんですけど
はいはい
これ読んでないですよね
読んでないですね
これはマスト本です2020年
これはたまらなかったですね
気づきという意味では一番多かったかなという
でした
正確には細かくは
コードブリアスのリンク貼ってもらったらいいと思う
あんま語らないですけど
ちょっと一個やっぱ
何回も言うことで
自分の中で
血肉にしていきたいっていうのがあって
温等さという言葉
がですね
まさかの後書きに出てくるんですけど
温等さという言葉がとにかく今
さっきの男性特権と
同じくらい自分の中で流行語で
これ英語でリーズナブルネスという
単語らしいんですけど
これは
デビッドグレイバーがやるじゃないですか
ブルシットジョブ書いたデビッドグレイバーが
リーズナブルスっていうのは
通訳できない
1:24:01
価値の間で折り合いをつける能力
っていう風に解釈したらしいんですよ
何言ってるか分からんな
これをさらに解釈
ブレイディさんが解釈すると
理解できないことがあっても
どの道それを考慮に入れなくてはいけない
ということを受け入れること
それも何言ってるか分からんけど
ちょっとこれも戯言的言葉の
遊びなんですけど
これはちょっと個人的には
分かるというか
対極にある対極ではないけど
類似の言葉として
多様性の理解という言葉があるやんか
多様性を理解しましょう
ダイバーシティがあったら
それを理解しましょう
研修とかでも何度も言われるような
パワワーだと思うんですけど
これはちょっと悪く言うと
理解しなきゃいけない
っていう
マスト的な
マストです
自分と全く価値観の違う人と
出会って
その人が
本当に意味不明なことを言っていて
真では理解できない
と思っても理解しなきゃいけない
っていう風に
捉えられる可能性があるというか
俺は結構そういう風に
捉えてしまってた感があるんですよ
なるほど
我慢するというかね
無理くりにみたいな
もうしゃあないかみたいな
ただ
この音頭さんは
ブレディさんの役的には
理解はできなかったら
しなくていいと言ってくれてるんですよね
うんうん
だけどそれを考慮には入れなきゃいけない
っていう風に言ってて
つまりこう
理解できないことがあったら
しなくていいかなっていう折り合いを
次考えなきゃいけないですよ
っていうような言葉なんですよ
うん
これは今の俺にめっちゃ必要なワードですね
今の俺
今の俺というか
これまで多様性の理解で何とか
自分を生きかせてたのを
ちょっともうここで
一回精算してくれたというか
理解はしなくてもいいのか
理解できないことがあってもいいのか
っていう心の
重みを取っ払ってくれたみたいな
言葉だったので
右から左に
受け流す的なことでしょ
なんていうか
あんまり干渉しないみたいな
イメージかなと思ったけどね
でもね受け流すのはちょっとまた
違うんじゃないかな
受け流さずに折り合いをつける
そこまでいかなきゃいけない
そこが難しいな
そこ難しい
折り合いをつけるというのは
結局それは理解なのではと思ってしまう
確かにでも理解と
ちょっと違うのは理解っていうのは
相手が100
こっちがその100に
100を
理解しなきゃいけないという感じがするんだけど
1:27:01
そうじゃなくて
30、70とかでね
じわじわと削り取っていく
しかもそれはこっちだけじゃなくて
お互いが
相手の100を削り取っていく感じがする
その真ん中のところで
じゃあこうしましょうっていう
折り合いとか
結局それは
でも自分自身だけがその意識で
相手が全くそういう人じゃなかったら
結局それは100、0になっちゃうんやけど
みんなが
みんなが持つ必要なる能力としては
この温等さっていうのが必要だっていうことを
言ってる
つまり
全人類が読むべき本
読むべき本なんですよ
せーので始めれば
すごくいい世の中になるんじゃないかなっていう
気がします
なるほどね
だから夫婦別姓の話はマジそれですよね
ああもうそうやね
ど真ん中で今でいうと
温等さが
いや俺でも別姓で受け入れられないんだったら
温等さなんて誰も持てないんだなって思うけど
だって人がさ
別に別の姓を名乗ることについて
あんだけ文句言う人が
たくさんいて現状実現してないっていう
社会なわけですよ今
それを別に自分たちが
全員しなきゃいけないわけじゃないんですよ
だって自分たちは別に同姓にしたっていいですよって言ってるのに
選択肢を増やしてください
っていうことを拒否するんだから
温等さの欠片もないんやなって思いますね
あそうそうそうそう
だからそこは今読むべきなんですよ
だからまあ必要なんだなと思いますけど
僕はでもソング
自分
そこが辛いですよねやっぱ
でも他人が持ってないと成立しないなって感じがするんで
わかるわかる
すごい
普及活動が大切ですね
そうそうそうだからね俺はこれは
何人かに配りました
大丈夫かな
あの
温等さでもね温等さ
持ってない人にはやっぱ配れないんですよね
なんか自分が信頼できる人って
だいたい温等さ持ってる感じがするんやから
するんで