1. 藤原ヒロの なんなんやろ
  2. Ep157 新作ですよ!
読切「狂騒サイレント」の予告解禁なのでそちらのお知らせと、またオリジナルグッズが増えたよというお知らせ!
海外からのおたより紹介と、「ラブデッドライン」「不適切にもほどがある」「水曜どうでしょう」あたりの雑談も。
無料で作って売って買える、UP-Tさんでもストアをオープンしました。ボー氏のボー氏ふんどしを見るだけでも是非一度見に来てください!
【👚UP-T】
https://up-t.jp/creator/65d456f026e20
【📮 おたよりフォーム】https://forms.gle/AGFEcrhH4iJixsib7
【🐦X】@hironan_bo (中の人…ボー氏) #ヒロなん
【👕SUZURI】
https://suzuri.jp/fuji_hiron #suzuri

Summary

The episode of the podcast discusses the announcement of a new program called Yomikiri, which is a manga about Hollywood in the silent movie era. There is a bit of a treasure hunt in this visual, and the author is excited for the release of her work in the Lala May issue on March 23rd. The listener is really curious about Tsuchiya-san's debut work and his potential, and hopes he continues to improve as a professional artist. As for UpT, they are in charge of merchandise sales at Marui Oritsumegoya Corporation, offering a wide variety of goods in terms of types and design choices. They cater to a wide range of needs, from ready-made items to customizable ones. The discussion revolves around feedback on Kudo Kan's new drama, "Love Deadline," and the solution presented in a musical-like style. It is suggested to binge-watch instead of watching one episode per day, as "Love Deadline" has come to a halt.

Table of Contents

Announcement of Yomikiri
藤原ヒロ
三月四日、おはようございます。 藤原ヒロです。 Good morning, this is Hiro Fujiwara.
藤原ヒロのなんなんやろ、この番組は夫の坊主、 This program is a podcast with my husband's husband,
友達のCさんとの雑談系ポッドキャスト番組です。 and my friend's C.
今回はまず大事なお知らせとして、 First of all, this is an important announcement.
新作の掲載予告と内容についてお話しています。 I am going to talk about the new program and its contents.
番組中盤で海外からのお便り紹介、 In the middle of the program, I will talk about the letters from overseas,
そして番組オリジナルグッズについての続報があります。 and the original goods of the program.
番組後半はまた最近見たものの話、 Cさんは不適切にも程がある、を見ているらしいです。 In the second half of the program, I will talk about what I saw recently, and C said it was inappropriate.
坊主と私は水曜どうでしょうを楽しんでいました。 My husband and I were enjoying the show.
3月4日ということはですよ、リッスンのイベントの直後なんですよね、これ配信が。 March 4th is the day right after the event.
しーさん
いつでしたっけ、イベント。 When was the event?
藤原ヒロ
3月2日なんですよ。 It was March 2nd.
なんで、週末にイベントがあった、週明けの配信になるんですけど、 So, it was the weekend after the event.
全然前にこれ収録してるんで、イベントがどうやったかっていうのはまだ知らないっていう感じですね。 I have recorded this before, so I don't know how the event went.
私の感想はたぶんまた後日、しゃべりたいとは思っているので。 I will talk about my impressions later.
今回は、私としては話題として一番大事なのが、読み切りの宣伝をしたいんですよ。 The most important thing for me this time is to advertise Yomikiri.
ついにその予告が公式で発表されたので、 C-sanに今からLINEでその予告の画像を送っていいですか? Can I send C-san a picture of the announcement on LINE?
しーさん
ぜひぜひ。これはもう発売されてるララの中でですか? By all means. Is this already on LINE?
藤原ヒロ
そうです。これが配信される頃には発売されてるララなんですけど、 Yes, it is on LINE when this is being streamed.
しーさん
すごーい! Wow!
藤原ヒロ
23日発売のララ、4月号で予告が載りました。 It was on LINE on April 23rd.
すごーい!めっちゃおもしろそう! Wow! It looks so interesting!
わあ、よかった。タイトルが競争サイレントっていう、競争っていうのが、狂う騒ぐで競争ですね。 It's called Kyousou Silent. It's a competition where you make a lot of noise.
カタカナでサイレントっていうタイトルで、その担当さんがたぶん煽りを考えてくれてるんですけど、 The title is Silent in Katakana, and the person in charge is probably thinking of the title.
その内容が、ハリウッドでスターになる条件はトップスターに惚れないこと?っていう感じで煽りをつけてもらってます。 The content is, the condition to become a star in Hollywood is not to fall in love with a top star?
藤原ヒロ
特大カラー55ページ。 55ページ、結局55ページいただきました。 I got 55 pages.
しーさん
めっちゃ多いですよね、これって。 It's a lot, isn't it?
藤原ヒロ
めっちゃ多いですね。 It's a lot.
だいたい50ページぐらいで読み切り考えてみればとは言われてたんで、 That's what I was told.
そのタイトルから、わかる人はわかるけど、わからない人はわからんみたいな感じなんですけど、 From the title, some people understand it, but some people don't.
サイレント映画期のハリウッドをテーマにしています。 I'm going to talk about Hollywood in the silent movie era.
しーさん
結構昔ですね。 It's a long time ago.
Setting and theme of Yomikiri
藤原ヒロ
そうですね。1920年代っていうのが、サイレント映画から当時、声が入ってる映画に移り変わる世代なんですけど、 In the 1920s, it was a generation that switched from silent movies to movies with voices.
1920年代がアメリカが競争の時代って言われてる時代だったんですよ。 In the 1920s, America was in a time of competition.
なんで、サイレント映画で競争の時代の、すごいあれですね、禁酒法とかがあった時代なんですけど、 It was a time when there was a ban on alcohol,
禁酒はされてるけど、地下でみんな飲んで騒いでみたいな、すごい快楽主義みたいな感じになっているアメリカの、 but it was a time when everyone was drinking and having fun in the basement.
そういう様子で競争って言われてる時代です。 It's a time of competition.
ボー氏
ジャズエイジの。 Jazz Age.
藤原ヒロ
ジャズエイジですね。 Jazz Age.
この辺がね、調べれば調べるほど、私は面白かったんですけど。 I found it more interesting the more I looked into it.
ああ、そうなんですね、時代変化が。 I see.
ただ、やっぱりテーマは渋いので、絶対ピンとこない人いっぱいいると思うんですけど。 But the theme is still shabby, so I think there are definitely a lot of people who don't get it.
しーさん
でもこれはちょっとラブコメ? But this is a bit of a love comedy?
藤原ヒロ
コメも入ってるかな。 I think there are some comments.
結構ね、その主役二人を意識的になんですけど、 I'm conscious of the two main characters,
ちょっとそのメイド様の時代のノリみたいな感じで描いてるんですよ。 but I'm drawing it with a bit of the mood of the Maid's Age.
テーマ渋いし、ハリウッドのスターを目指す役者の話みたいな感じ。 The theme is cool and it's like a story about an actor aiming to be a Hollywood star.
なんで、学園ラブコメとはちょっと違うんですけど。 So it's a bit different from the school love comedy.
ただノリとしては、ミサキとウスイに近い感じなんですよね。 But the mood is similar to that of Misaki and Usui.
すごい張り切って、チャキチャキ動くヒロインと、ちょっとこう、そういうヒロインを、落ち着いた様子で、 He's a heroine who's very energetic and moves a lot, and he's a bit like that.
稼働化す? He's calm?
稼働化してない。 He's calm.
落ち着いた様子で、見守りつつ、引っ張られつつみたいな感じのヒーローですかね。 He's a calm hero who's being watched and pulled.
恋愛はもちろん、描いてはいるんですけど、どちらかというと、生き方を描くみたいな感じですかね。 I draw love, of course, but it's more like how to live.
難しい、難しいんですけど。 It's difficult.
ちょっと大人な感じですか? Is it a little mature?
なんかね、そう、大人な感じに、なるべくしないようには描いてるんですけど。 I try not to draw it as maturely as possible.
ボー氏
絵だけ見たらね、デザインが。 Just looking at the picture, the design is...
藤原ヒロ
ちょっとね、どうしたって、昔ってみんな若くても大人っぽいじゃないですか。 That's right. In the old days, everyone was young and mature.
そういうぐらいの感じです。 That's about it.
この二人は、十代後半から二十代前半みたいなぐらいの年齢設定なんですけど。 These two are in their late teens to early twenties.
でも、その当時のそれぐらいの年齢の人ってもう十分大人に見えるじゃないですか。 But at that time, people of that age looked mature enough.
しーさん
でもなんかすごい、めっちゃ見たいです。めっちゃ面白そう。 I want to see it. It looks really interesting.
藤原ヒロ
ああ、よかった。 That's good.
Introduction of the Author's Work
しーさん
ちょっとね、宝つかみもありますね、このビジュアル。 There's a bit of a treasure hunt in this visual.
藤原ヒロ
そうなんですよ。これがね、もうだから去年からずっと言ってた。 That's right. This is what I've been saying since last year.
笑いあんぬの。 The treasure hunt, which is the hope of笑いあんぬの希望である宝つかみを、ある程度ちゃんと映画しつつ。 It's like a movie.
なんで、ちょっとね、不安ではある。 So, I'm a little worried.
しーさん
ララに乗ってどんだけ浮くか浮かないかみたいな感じの心配はあるんですけど。 I'm worried about whether or not it will float on the Lala.
藤原ヒロ
でも私ずっと前書いてた、雪は地獄に落ちるのかっていう作品もだいぶ浮きながら連載はしてたんで。 But I've been doing a lot of serialization while floating on the work that I wrote a long time ago, which is called Yuki is Falling into Hell.
こういう作品が読み切りとしてとかやったら全然あっても許されるような雑誌なんで、ちょっとそれでお邪魔したいと思っています。 If this kind of work is read all the way through, it's a magazine that can be forgiven at all, so I'd like to bother you with that.
というお知らせをまずしたいなって思ってました。 I'd like to make that announcement first.
しーさん
これが3月の23日ですか? Is this March 23rd?
藤原ヒロ
はい。3月23日のララ5月号に乗ります。 Yes, it's March 23rd, Lala May issue.
ボー氏
予告はもう本月号というか、4月号。2月に発売があります。予告は本日号というか、4月号。2月に発売があります。 Yes, the trailer is already this month, or July issue. It will be released in February.
藤原ヒロ
実際に本誌に載るのが3月の5月号。 Yes. The actual issue is March 23rd, May issue.
ボー氏
雑誌で買う人はね、普通に読めるし、単体で販売とかもあるのかな? People who buy it in a magazine can read it normally, and can they sell it individually?
藤原ヒロ
電子で多分、後々。時間が空くと思います。 I think there will be some time later.
紙の発売日と同時では多分ないと思うんやけど、どうかな。 I don't think there will be a paper release date at the same time.
The Author's Thoughts on the Work
藤原ヒロ
あんまりその辺、ちゃんと調べてないんでわかんないんですけど。 I don't know much about that, so I don't know.
しーさん
一緒に楽しみです。 I'm looking forward to it.
藤原ヒロ
はい、ありがとうございます。 Yes, thank you.
ボー氏
あんまり設定がどうとか、舞台がどうとか、気にせず読んでもらえたっていう感じやね。 You didn't care much about the setting or the stage, did you?
藤原ヒロ
そうですね。どちらかというと、何にも知らない人が楽しく読めるようにって思って書いてるので。 Yes. I wrote it so that people who don't know anything can enjoy reading it.
ボー氏
なるべく入り口のハードルは下げてるつもりやもんね。 So you're trying to reduce the hurdle of the entrance as much as possible.
藤原ヒロ
下げてるつもりです。 I'm trying to reduce it.
舞台を説明したけど、気にせず。 I explained the stage, but you didn't care.
サイレント映画なんて見たことないよっていう人が読めるやつにしてると思ってるので。 I think it's for people who have never seen a silent movie.
しーさん
カラーですね。 Color.
藤原ヒロ
カラーのスペースですね。 Color.
そうですね。 Yes.
カラートビラでカラー書かしてもらってるんで。 I have a color door.
すごーい。 Wow.
私も全然、サイレント映画なんて見たことないっていう側の人間やったんで、 I've never seen a silent movie either,
ハリウッドの創世記って言われてもっていうそのハードルの高さは分かりながら書けてるはずなんですよ。 I'm sure I'm writing it while understanding the height of the hurdle of being called the Genesis of Hollywood.
割とライトに男女の2人の関係性を楽しむぐらいの感じで書いてるつもりではあるので、 I'm going to write it in a light way to enjoy the relationship between two men and two women.
気軽に読んでいただけると嬉しいなと思います。 I'd be happy if you could read it easily.
アンケートで高評価をお分かりで送っていただけると。 I'd like you to send me a high rating in the questionnaire.
ボー氏
反応が良かったら続きが書けるというそういう仕組みなので。 If the response is good, I can continue to write it.
藤原ヒロ
面白いと思ったらいいねを押してねーじゃないけど、そういうやつだよな。 If you think it's interesting, don't you press the like button?
ちょっと続きが見たいって思ってもらえたら、そういうアクションも何かしらしてもらえるとありがたいですね。 If you want to see the sequel, I'd appreciate it if you could do something like that.
読者の方の反応次第で連載になるかどうかが決まるらしいので。 It seems that it depends on the reader's reaction whether it will be serialized.
だいぶ大きいです、そこは。 It's pretty big.
しーさん
これ発売された後にいろいろ製作裏話会みたいなのしたいですね。 I'd like to have a behind-the-scenes meeting after this is released.
藤原ヒロ
ああ、したいですね。ぜひぜひそれはお願いします。 I'd love to. Please do.
結構ね、私この主役の二人が気に入ったんですよ、キャラクターとして。 I liked these two main characters.
サイレントキーの作品を描きたいっていうよりかは、この二人をもうちょっと描いてあげたいなっていう気持ちがあるので、続きができれば描けれたら嬉しいなと思っている感じです。 I'd like to draw these two characters a little more than I'd like to draw the series.
全然ね、これついでというか、プラスアルファで注目してもらいたい個人的なポイントがあるんですけど、 I have a personal point that I want you to pay attention to,
この予告の右下の方に、土屋ブロンコさんっていう人の有紀くんのアクスターを作りたいっていう作品の予告も載ってるのわかります? Do you know that there is a trailer for a work by Mr. Tsuchiya Bronco on the bottom right of this trailer?
しーさん
わかります。ショートコメディーって書いてある。 I know. It says short comedy.
藤原ヒロ
この人をすごい推してるんですよ、私。 I'm really pushing this person.
アクスターを作るため、私、鬼になるって書いてる。 I'm writing to become a demon to make an actor.
しーさん
私ね、これね、去年の10月か11月に、ラララボっていう投稿者さんがデビュー目指して投稿するっていうイベントがあったんですけど、オンラインで。 In October or November last year, there was an event where a publisher named LALALABO made a debut and posted it online.
藤原ヒロ
それで私、コメンテーター的な感じで参加してたんですけど、審査側で。 I was participating as a commentator, but I was on the judge's side.
しーさん
リスンで確かに聞きました。 I heard it in the listen.
その時に、すっごい気になるし、この人頑張ってほしいって思って、ツイッターとかでも言ってた人で。 I was really curious at that time, and I thought I wanted this person to do his best, and I said it on Twitter.
藤原ヒロ
そのラララボの方に投稿されてたのは、あっち行ってよ七井先輩っていう作品なんですけど、めっちゃ気になってて。 I posted it on LALALABO, and it's a work called Go Over There, Nanai Senpai.
Curiosity about Tsuchiya-san's Debut Work
藤原ヒロ
めっちゃ気になってて、地味に担当さんとかにも、どう育ててあげたら正解なのかわからないけど、この子をどうにかしてほしいみたいな感じで、をしてたんですよ。 I was really curious, and I didn't know how to raise him, but I wanted him to do something about it.
そしたら、偶然、同じゴーに乗るっていうことになって、この土屋さんは多分これがデビュー作というか、プロとして初めて作品が雑誌に乗るっていうゴーなんですよ。 I happened to get on the same Go, and this Tsuchiya-san, this is probably his debut work, or his first work as a professional.
しーさん
なんで、土屋さんも応援していただければって思いまして。 So, I hope Tsuchiya-san will support me.
藤原ヒロ
何がそんなに推しポイントなんですか? What's your favorite part?
多分本当コメディ好きなんだなって思うんですけど自分の好みが、この勢いはなかなかないんですよ。 I think I really like comedy, but I don't have this kind of momentum.
何て言ったらいいんだろう。 I don't know what to say.
しーさん
制御しづらい勢いがあるんですよ。 It's hard to control the momentum.
藤原ヒロ
なんかね、なかなかここまでぶっ飛んだ感じで、作品描ける人はいそうでいないよなっていうところで、なんかすごい可能性を感じるんですけど、ただすごい上達しないといけないところもまだいっぱいあるみたいな感じやから、どうしたらいいのかわからない人なんですよ。 I don't know what to do.
ボー氏
読めるんでね、前の作品というかその投稿作品みたいなやつがネットで。 You can read it, right? You can read the previous works or the published works on the internet.
藤原ヒロ
可能性を感じるし、読めるんで、みんなも読んでほしいんですけど、漫画ラボっていうところで読めるので、ただ本当にこのまんまじゃいけない、ちゃんとプロとして上手くなっていただきたいみたいなのはあるんですけど、 I feel the possibility, and I can read it, so I want everyone to read it, but I can read it at Manga Lab.
ただ本当にこのまんまじゃいけない、ちゃんとプロとして上手くなっていただきたいみたいなのはあるんですけど、その、どう成長されていくのかもすごい気になるみたいな感じの人なので、全体的に気になるんですよね。 Oh, I see.
しーさん
はい、なんで、すごい勝手にひいきにしているので、頑張っていただきたいっていうので、これもちょっと合わせてお知らせをしておきます。 Yes, so, I'm trying to do my best because I'm being very self-sacrificing, so I'll let you know about this as well.
藤原ヒロ
お便りフォームからまたお便りをいただきまして、これは今回はちょっと画像を共有するので、まず、できれば帽子に読み上げてもらいたいんですよ。 I got a letter from the letter form again, and this time I'm going to share the image, so I'd like you to read it on your hat if you can.
Manga Lab and Overseas Fans
藤原ヒロ
じゃあ、共有します。 I'll share it.
しーさん
英語のやつですか? Is it in English?
藤原ヒロ
はい。帽子読んでいただいていいですか? Yes. Can I read your hat?
ボー氏
When the anime came out, I was really young and I wasn't into anime, but a few years back I watched through it, and eventually I thought to read the manga.
I don't entirely know if I'm using this from Raito because I'm using Google Translate, but I just wanted to say that Maid Summer was really great, and I hope that your new manga How to Kill Tsukishima-kun will come around to the US soon.
I hope you have a great day and great 2024.
藤原ヒロ
はい。というわけで、これをCさんにちょっと簡単に翻訳をお願いしていいですか? Can I ask C to translate this for us?
しーさん
アメリカのファンです。Maid Summerを最近知りまして、YouTubeも全部見ようとしている感じです。I'm an American fan. I recently got to know Maid Summer, and I feel like I'm trying to watch everything on YouTube.
アメリカのファンです。Maid Summerを最近知りまして、YouTubeも全部見ようとしている感じです。I'm an American fan. I feel like I'm trying to watch everything on YouTube.
藤原ヒロ
次回作、次の、つきしまくんもアメリカに来てほしいなって思ってます。アメリカで読めるようになってほしいなって思ってます。良い1日を、そして素晴らしい2024年を。
はい、ありがとうございます。
ボー氏
アイホープやから、来るかわからへん。
藤原ヒロ
そうですね、望んでるということで。ありがとうございます。
しーさん
すみません、ちょっと待ってくださいね。漫画は多分英語版用が入りました。このGoogleフォームのところを多分Googleトランスレートで見たので、このフォームを正しく使ってるかわかんないってことです。
藤原ヒロ
リスンで最近文字起こしをしてるんで、もしかしたらそういうところで文字で読んでもらったりとかしてるのかもしれないなってちょっと思いました。
どうなんやろね。だからツイッターに貼ってるからツイッターだけ見て送ってくれてんのかもしれない。もしかしたら。
ボー氏
あーそうあれも可能性はあるかも。
藤原ヒロ
配信を聞いてくれてるかどうかはちょっと。
わかんないですけどね。
ボー氏
ということで、そういう海外の方もいらっしゃるんで、最近そのリスンのAI書き起こしの文字をちょっと英文にしてみたりとかっていうのをしてます。
藤原ヒロ
はい。
なんで、海外からでも全然国内からでもまだまだお便りはいつでも歓迎しておりますので。
ボー氏
ちなみにアニメの英語版は、英語字幕があるやつが。
ネットリックスであったけど今もあるかどうかちょっとわからへんな。
藤原ヒロ
あーそうですね。ありましたね。今配信がどうなってるかちょっと私も把握はしないですけど。
日本では見れないです。
しーさん
あーへーそうですね。
藤原ヒロ
一応その北米版は公式で作られてはいるので。
ボー氏
YouTubeで見なくても。
ありましたけど。でもあれすぐ終わるから。
藤原ヒロ
今あるかどうかちょっとわかんないですね。
結構前に確認したんで。
はい。ということでありがとうございました。
えっと、コリンさんですかね。
しーさん
コリンさん。
ボー氏
知らん。どこに書いてあるの?
藤原ヒロ
ラジオネーム。
ボー氏
あーそうなんや。
藤原ヒロ
それ着てないよ多分。
いやいやいや。画像一緒に。
ボー氏
え、ほんまに?
しーさん
一番上に書いてある。
藤原ヒロ
コリンさんありがとうございました。
ボー氏
はい。ありがとうございました。
藤原ヒロ
はい。今実はヒロナンパーカー着てるんですよ。
かわいい。
昨日届いてんやったっけ?
Tシャツは前買ったやつがもう届いててあるんですけど、
追加でパーカーを買って、
ヘビーウェイトパーカーみたいな名前やったんですけど、
スズリの服の質普通にいいから。
しーさん
なんか良さそうそのパーカー。どんな丈ですか?
藤原ヒロ
これXL買ったんですよ。
ボー氏
サイズ大きいの買ったんで。
藤原ヒロ
すごい長い。
しーさん
あったかいですか?
藤原ヒロ
うーんとね、春先までいけるぐらいの感じ。
しーさん
あ、良さそう。私も買ってみましょうかな。
Birthday Present for C-san
藤原ヒロ
あ、そうそう。シーさんね、誕生日じゃないですか。
誕生日じゃないですか。
明日。
明日じゃないですか。
しーさん
天皇と一緒なんで。
背あった背あった。
藤原ヒロ
明日、フライングでおめでとうございます、シーさん。
しーさん
ありがとうございます。
ボー氏
配信はだいぶ先です。
藤原ヒロ
だいぶ先ですけど。
シーさんの誕生日プレゼントに、
スズリで作ったグッズを贈りますよって言ってたじゃないですか。
しーさん
あ、そうですね。
藤原ヒロ
結構ね、届くのが時間かかるんで、
これ受注生産で、
制作の期間があるんで、
ちょっと先になるんですけど、
でもなんか、
服関連は普通に使えるんで、
おすすめですよ。
しーさん
パーカーいいですね。
藤原ヒロ
選んでくださいね。
後で共有してもらったら送るんで。
しーさん
パーカーでもいいんですか?
なんかパーカー高そうやけど。
藤原ヒロ
あ、大丈夫ですよ。
プレゼントとしては全然。
全然。
二人からっていうので。
全然。
また選んどいてください。
別にヒロナンじゃなくても全然大丈夫なんで。
しーさん
ヒロナンかわいい。
ボー氏
ジップじゃないやつやったら、
藤原ヒロ
裏肝もなんだっけ。
そうですね。
でも裏肝とかやったら、
これからの季節着れるのが短くなっちゃうんで。
ボー氏
春先までしか着れへんとか。
藤原ヒロ
なんかね、いろんな、
パーカーって人くくりによっても、
シルエットが違う感じであったりとかするんで、
そのへんはちょっと好みのやつを探して、
言ってくださいね。
しーさん
ありがとうございます。
藤原ヒロ
このスズリでグッズを作ったからだと思うんですけど、
私の公式のインスタグラムのほうに、
ちょっととあるところがDMが届いたんですよ。
アップTのグッズ販売
藤原ヒロ
アップT公式、
アップT販売スカウトアカウントっていうところから、
DMをいただいて、
よく私、
すごい怪しいところからDMよく届くんで、
またそういうやつかなって思ったんですけど、
突然のDM、失礼いたします。
丸い織物株式会社の長谷川と申しますっていう、
ちゃんとした文章で届いてて、
グッズ販売をされていらっしゃるのを
拝見させていただき、
弊社で運営をしておりますアップTでも
販売をしていただけないかと思い、
ご連絡させていただきましたっていう、
内容のDMをいただいたんですよ。
アップT。
私、ちょっと失礼ながら全然知らなかったんですけど、
丸い織物っていうのが、
わりとちゃんと歴史のある会社さんで、
そのアップTっていうところも、
調べてみたら、ちゃんとしてそうなところで、
そこがすずりと同じように、
在庫とか初期費用とかが、
全くゼロから始められるただデザインで、
勝手にグッズを作って、
しーさん
需要があったら売ったらいいみたいな感じのサービスをしているんですよ。
藤原ヒロ
そういうのがあって、
丸い織物のサイトを今共有しました。
しーさん
今見てました。
藤原ヒロ
本当ですか?
しーさん
タオルとかもあるんですね。
藤原ヒロ
そうですね。
っていうかね、結構いろいろあるんですよ。
しーさん
それはいっぱいありますね。
藤原ヒロ
すずりより、だいぶいろいろグッズの幅が広くて、面白くて、
そのTシャツ一つにしても、
すずり屋と、何でしたっけ?
ボー氏
United Athlete.
藤原ヒロ
これ一択じゃないですか。
そこがいろんなところと提携してて、
しーさん
どのやつで作りたいかみたいなのを選べる感じっぽいんですよ。
藤原ヒロ
丸い織物っていう会社さんがあるのが、
まさに野党半島の地震の被害を受け張った石川県なんですよね。
お正月のその地震の間、ちょっと工場が止まったりとかするくらいの被害はあったような会社さんらしいんですけど、
よけいそういうのを知ると、自分たちがにぎやかせるんだったらみたいな気分になりまして。
なんで、ちょっと真面目にいろいろ見てみたんですよ。
どういうものが作れるかなみたいなとか。
なんかベビー用品もいっぱいありますね。
しーさん
ハッピーとかもある。
藤原ヒロ
でもね、ハッピーね探しても今、制作のページなくて、
ハッピー作りたいんですけど、作れないですね。
それでちょっと、高校でもストアを出してみようかなって思ったんですけど、
いいですね。
思った一番の理由が、半年作れるんですよ。
しーさん
私も見てました。半年あると思って。
藤原ヒロ
半年。
しーさん
アンダーベアのところに半年がある。
藤原ヒロ
これね、ちょっともう相談もなしにちょっと作ってみてしまった。
しーさん
どうしよう。
藤原ヒロ
ちょっとこれ、これもリンク共有しますね。
どうしてもこれを作りたいって思ってしまって、
しーさん
帽子の帽子ふんどしを作りました。
藤原ヒロ
こんなのどうするの?
この帽子の帽子ふんどしっていうのを、
ただもう画像だけでもいいから遊んで作りたいって欲望に負けてちょっともう、
仕事をそっち向けてちょっと遊んでしまったんですけど、
ほんといろいろなんかね、商品がいっぱいあって、
シーさんのその2歳ですのスタイとかも作れるのがあったんで、
しーさん
いいですね、いいですね。
藤原ヒロ
今勝手に適当にちょっと商品を入れてしまってるんですけど、
御朱印帳とかも作れる。
すごいんですよ。
これちょっとね、もし2人がこのグッズで、この絵でまた作りたいみたいな、
今までそのスズリで使ってた絵を使いながら、
これちょっと作ってみてみたいなのがあったらまた言ってください。
しーさん
赤前達がCMしてるんですね。
藤原ヒロ
らしいですね。
ボー氏
グラスとかタンブラーとかはない?
しーさん
そうかな、雑貨っていうのもあるんですけど、
アッパーぽかったですよ、今。
ボー氏
ありますよ、たぶん。
しーさん
何があって何がないんかなと思って。
マグカップと缶バッジ、タンブラーありました。
ワイヤレスイヤードのケースとか。
マスキングテープとかもね、作れる感じ。
スタンドとかも作ってくれる。
藤原ヒロ
イヤホンって何これ。
ヘッドホン。
しーさん
ヘッドホンの外側のなんかあるか。
藤原ヒロ
なんかね、幅広すぎて私もまだ把握できてないですけど。
ボー氏
ブルーズスピーカーの王って何ですか?
藤原ヒロ
何なのそれ?
ボー氏
スピーカー自体は何?
スピーカー自体は何?
しーさん
メガネフックとか。
すごい。
いいんですか?プレゼントとかにね。
そうそう。
ボー氏
なんていうの、なんとか繊維やけど別に繊維関係なくあるってことだよね。
藤原ヒロ
そうですね。だいぶ雑多にあります。
本当に幅広くいろんなやつ、丸い折り物の会社がグループとしていろいろ挑戦されてるっぽいんで、
すごい幅広いんですよ。
これからの時代こんなんでいいんちゃうって思って。
本当ですね。
在庫とかを考えずに。
製品発送アイテムとか。
別にグッズ作るってなったら、一旦家にすごい在庫を抱えながらみたいなとこあるけど。
ボー氏
伸びんそう。
しーさん
格好の話ですね。
藤原ヒロ
これでちょっとにぎやかし的な感じにできるんやったら、減るもんじゃなしって思って。
減るもんじゃなし。
グッズの種類とデザインの自由度
藤原ヒロ
ポーシーが何秒かで描いたイラストでグッズ作れるんやったら別にいいやって思って。
しーさん
面白い、面白い。
藤原ヒロ
がっつりなものも作れます。
しーさん
普通に全身コーディネートできそうな。
藤原ヒロ
できると思う。パンツとかもあるし。
ボー氏
ジャージとかも。
藤原ヒロ
スズリはスズリで続けつつ、ちょっともう一つストアこっちも作っておこうと思うので、これもリンクを貼っていきたいと思います。
みんなそうやって遊べばいいのにって思います。
しーさん
楽しいですね。
なんかこのデザインツールっていうのがあるんですか?専用の?
藤原ヒロ
スズリもそうなんですけど、一応用意した画像読み込んでここで作りましょうみたいなページがあるんですけど、スズリよりなんかいろいろプラスでその場でデザインできる感じの画面になってました。
ただね、一つね、もうちょっと頑張ってほしいって思うのが、サイトのデザインすごい見づらいんですよ。
しーさん
そうですね。
藤原ヒロ
作る、制作過程においてもちょっとまどろっこしい感じがあるんで、
そうなんですね。
これがもうちょっと作りやすかったり、どこで何を操作したらいいのかがわかりやすくなったら、もうちょっとこれで遊ぶ人増えるやろうなって思いました。
ボー氏
GMOはインターネットの会社やからね、スズリを作ってる。
藤原ヒロ
スズリはね、やっぱね、洗練されてるなって思います。
ボー氏
もともとやってた仕事の違いやつ。
藤原ヒロ
そうそうそう。でも、なんか本当商品としてはすごい充実してるし、たぶんなんか品質も良さそうな気がするので。
しーさん
なんかロープもね、早いTシャツとかあるみたいですね。
藤原ヒロ
そうそう。
しーさん
送ってくれるやつとかも。
藤原ヒロ
ネイルチップとかもあるんですよね。
たぶんネイルチップとかはお仕事してる女の子たちとかすごい便利だと思うんですよ。
しーさん
本当ですね。グッズがなかったら自分で作ればいいっていう。
藤原ヒロ
そうそうそう。
ボー氏
権利的なあれはあると思います。
しーさん
自分で使うだけだったら。
藤原ヒロ
そうなんですよ。私はこう、一応自分のストアを作る形で販売もできるみたいな感じでやってるんですけど、販売するかしないかっていうのも選択できる感じになってて。
自分が自分だけのオリジナルグッズを作って、ただ発注して買うっていうだけっていうのもできる感じになってます。
販売する場合は入金の時に必要な銀行の口座とか登録してねみたいなのがあるんですけど、
別に本当にただただ好きなデザインを商品に好きに配置して買うっていうだけの使い方もできるサイトですね、これは。
グッズ遊びを最近すごいしてますね。
ボー氏
ちょっとパーカーを見てるけど、パーカーめちゃくちゃ種類あるな。
藤原ヒロ
はい、すごいですよ。
ボー氏
これはシルエットとかでもあるし、重さ、音数とかもあるし、メーカーも。
いろいろ。
藤原ヒロ
これはちょっと選ぶの難しいな。
ボー氏
バヤレすぎて。
アップTの対応範囲と将来展望
藤原ヒロ
自由度というか、ほんと選択肢がこっちはめちゃくちゃ多い感じですね。
なんでCさんもしスズリじゃなくてこっちで欲しいって思ったら全然こっちにしてください。
しーさん
わかりました。
ボー氏
自分の希望により近いものを選べるっていう感じかな。
藤原ヒロ
そうですね。
しーさん
子供がちょっと大きくなったら絵とか書き出したらそれをトートバッグに印刷して旦那さんの誕生日プレゼントにしたら。
藤原ヒロ
旦那さんに。
ボー氏
カッターのワンポイントとかね。
藤原ヒロ
めっちゃいい。
しーさん
めっちゃいいでしょ。
めっちゃいい。
藤原ヒロ
いいと思う。
ボー氏
スーツはないかな、さすがに。
藤原ヒロ
でもカッターシャツ的なやつは。
インナーやったら。
しーさん
インナーですよね。
藤原ヒロ
上に羽織る系のやつはちょっと。
しーさん
カバンとかね。
藤原ヒロ
ちょっとね。
しーさん
すごいな。
藤原ヒロ
本当に選択肢が多いんで、いいと思いますよ。
グッズができましたっていうか、作ってほしいグッズがあったら言ってくださいみたいな感じになってきました。
ボー氏
そのいちいち対応。
藤原ヒロ
そんな希望する人いいひんから。
全然今やったら何でも対応するんで。
しーさん
でもこれメイド様のとかはダメなんですよね、もちろん。
藤原ヒロ
そうです。それは案件的にダメですね。
あくまでもすでにアップされているイラストで、
このアイテムがないんで、このイラストでこのアイテムを作ってくださいみたいなやつはいくらでも対応します。
ボー氏
自分が勝手に書いたやつでってこと?
藤原ヒロ
自分が勝手に書いたやつ。
私が落書き的なやつで書いた、ひろなんの三人の似顔絵とか。
ボー氏
デザインはあるもので。
もちろんです。
新しく絵を描くことはできません。
藤原ヒロ
そうですね、それはまた別の話なので。
帽子の猫がいいとか、Cさんのカバがいいとかっていうのがあったら、もういくらでもっていう感じで。
というお知らせをちょっとさせてもらいました。
しーさん
適切にもことがあるを見てます、今。
藤原ヒロ
あ、なんか話題ですね。
何か賛否いろいろ話題を聞くんですけど、どうですか?
しーさん
面白いですね。
安倍さんが好きだし、面白い。
藤原ヒロ
38年前と現代をタイムスリップしちゃう中学教師の話なんですけど、面白いです。
しーさん
今何話まで見てるんですか?
藤原ヒロ
今出てる4話までは全部見ました。
ラブデッドラインの感想
藤原ヒロ
私が観測してる範囲が、共通の友人の久美子が代表なんですけど、
しーさん
1話2話はすごい面白かったけど、3話4話がちょっと複雑な気分になったっていう感想を言ってはって。
複雑な気分。
藤原ヒロ
そんなね、もともとそんなに真面目に見るようなドラマじゃないっていうか。
ボー氏
そっか。
しーさん
テーマ的にね、そもそも。
またクドカンがふざけてこんなやってるわみたいな感じ。
藤原ヒロ
普通にコメディとして軽く見れる。
なるほどなるほど。
しーさん
ただすごい揶揄してるんで、現代の生きすぎた多様性とか、
ヘミニズムとか、そういういろんな人権を守ってみたいなのを結構揶揄してます。
藤原ヒロ
なるほどね、そういうやつかな。
しーさん
ちょっとバカにしたりもしてます。
それがちょっとやっぱり今の時代って、確かにちょっと生きすぎてるよなって、
みんながどこかでちょっと感じてるじゃないですか。
それをすごいついてくる感じで。
藤原ヒロ
挑戦的ですね、じゃあ。
しーさん
うん、挑戦的ですね。それはそれで面白い。
藤原ヒロ
なるほどなるほど。
しーさん
私が生まれるほんまに直前の世の中って思ったら、すごい変わったなっていう。
藤原ヒロ
それはそうですよね。
しーさん
そういう面白さはありますね。
藤原ヒロ
はいはいはいはい。
しーさん
そうやんな、このたった30年のことやもんなっていう。
そりゃああいうおじさんがいてもしょうがないよな、みたいな気持ちでもなるし。
藤原ヒロ
はいはいはいはい。
しーさん
この間も私タクシーに乗ったら、子供と一緒に乗ったら、子供一人って言われて、
藤原ヒロ
はいって言ったら、誰かさんには生まなあかんのって言われて、タクシーの運転手さんに。
しーさん
でもなんかそういうの言われても、わ、出た!みたいな。
笑うしかない、みたいな感じじゃないですか。
そういう面白さです。そういうのを見る面白さ。
あーなるほど。
そんなこと言うといいんやーって思って、面白くなるんですけど、そういう感じのドラマですね。
ボー氏
余裕がないとしんどくなるみたいな感じかな。
藤原ヒロ
まあ見る側が。
ミュージカル風な解決方法
しーさん
でもほんまにそれをほんまにコメにしちゃってるんで、突然歌いだしたりするんですよ。
藤原ヒロ
あ、ミュージカル的な。
しーさん
そうそう、ミュージカルっぽくするんですよ。
藤原ヒロ
はいはいはいはいはい。
しーさん
ミュージカルっぽくして解決するんですよ、最後。
藤原ヒロ
解決に、解決にはなるんや。
しーさん
その価値観の違い、後で言わんのか、価値観の違いはミュージカルで解決するんですけど。
藤原ヒロ
あー力技ですね、なかなか。
しーさん
あ、でもこれぐらいぶっ飛ばな、そりゃ違って面白いよねーだけで終われへんし、
まあまあ妥当な終わり方っていうか。
藤原ヒロ
へー、毎回ミュージカルなんですか?
しーさん
毎回ミュージカルです、最後は。
藤原ヒロ
あ、じゃあ、問題解決のターンになったらミュージカルになって、もうちゃんちゃんで終わりみたいな。
そうそうそう。
あーなるほどね。割とじゃあホント、ライトに見れるようにっていう感じの。
しーさん
めっちゃライトです。
藤原ヒロ
あー。
しーさん
だからなんかちょっとその、インテマシーコーディネーターがこの間出てきて、
藤原ヒロ
はいはいはいはい。
しーさん
なんかそれのその書かれ方がちょっとね、問題あって。
ボー氏
役としてってことですか?
しーさん
そうです、役として出てきて。
作中でってことですか?
作中に出てきて。
ボー氏
へー。
しーさん
今のその令和にはインテマシーコーディネーターがいて、みたいな。
それに阿部佐藤がびっくりして、みたいな。
はいはいはいはい。
なんですけど、そのインテマシーコーディネーターの令和での描かれ方が、
なんかちゃんと、ほんまにちゃんとした描かれ方じゃないみたいな感じでちょっと、
藤原ヒロ
あー。
しーさん
なんか、揉めてたりはしました。
ボー氏
すごい。
あ、それは作品の外でってことですか?
しーさん
外で、外で。
藤原ヒロ
あー、なるほど。
なんか、メタ視点がちょっと違うかもしれない。
そうそうそう。
ボー氏
中の話か外の話かが混ざってくるから。
藤原ヒロ
あー、そっかそっか。
しーさん
ほんまにその、工藤勘の作品に出てくるいつものメンツが楽しそうにやってるって感じ。
藤原ヒロ
あ、じゃあ、いつもの工藤勘作品が好きな人はもう安定して楽しいって感じですか?
しーさん
あー、ほんまにそうですね。
藤原ヒロ
なるほどなるほど。
ボー氏
インテマシーコーディネーターとは。
藤原ヒロ
はい、そうですね。ちょっと改めてそれは言っとかんとわからないんですが。
ボー氏
役者を守るみたいなやつですよね。
しーさん
そうですね。なんかちょっと際どいベッドシーンとかを撮影するときに、
監督はここまでやってほしい。
女優とか男優は、男優側はこれ以上はできないっていう。
その間を取りもって交渉してくれる人。
ボー氏
調整というか。
しーさん
調整してくれる人。
直接やると結構その、パワー関係で。
ボー氏
流されたりとか。
しーさん
そうそうそう。そういう役目の人です。
ボー氏
ハリウッド映画とかも割とつくのが当たり前になってきたけど、
日本では今どれぐらいついてるのかなみたいなそういう感じなんですかね。
しーさん
そうですね。どれぐらいなんでしょうね。
ボー氏
わからないけど、だいぶそれこそ令和になってどんどん浸透してきてるっていうやつ。
藤原ヒロ
本当ここ数年でよくその言葉を聞くようにはなってきた。
しーさん
そうですね。
安倍佐藤がインティマシーコーディネーターをインティマシーって呼ぶんですよ、彼女のことをね。
安倍佐藤がインティマシー呼ばわりするんですよ。
ほうほうほう。
適当な描かれ方をしようというインティマシーコーディネーター。
藤原ヒロ
なるほど。確かに燃える人はどんどん燃えていくってやつですね。
しーさん
かもしれへん。
藤原ヒロ
確かにな。
しーさん
普通に面白い。
藤原ヒロ
そっかそっかそっか。
ボー氏
僕らはCさんにオススメしてもらったやつを中断して、続きがまだ見れてないですけど。
藤原ヒロ
あのラブ何でしたっけ。
しーさん
ラブデッドラインってリアリティ番組ですね。恋愛リアリティ。
藤原ヒロ
何本まで見たっけ。
ボー氏
2か3ぐらいかな。
藤原ヒロ
見て、なんかね。
しーさん
見なくていいですよ全然。
ボー氏
ちょっと他のやつ。
藤原ヒロ
ちゃんと興味はね、モテて私は見てるんですけど、
帽子があんまりにも興味がモテないっていうのプラス、
ちょうどね、水曜どうでしょうの新しいシリーズが配信になったから、
しーさん
そうなんですね。
藤原ヒロ
そっち先に見ちゃってる感じです。
ボー氏
これから多分続きを見ます。
しーさん
帽子は水曜どうでしょう好きなんですか?帽子が好き?
どうでしょうシリーズの感想
ボー氏
僕はほんま終わってから見てるんですけど、最近って言っても最近じゃない、5年ぐらい前に初めて見て、
そこからNetflixでめっちゃ入ってるんで、それを全部見て、
適当に流し見できる番組っていう感じで。
藤原ヒロ
そうそうなんかね、ラブデッドラインも適当に流し見系ではあるんですけど、
帽子的に、なんかね。
ボー氏
面白くはないんで、ラブデッドラインは。笑いの意味で。
藤原ヒロ
笑いなんて。
しーさん
そうですよね、そりゃそうや。
藤原ヒロ
どうでしょうは、やっぱりみんな面白いじゃないですか。
しーさん
そうですね、くすっとできますもんね。
藤原ヒロ
しょうもないけど。
ちーさんは見てます?どうでしょう?
しーさん
いや、私もそのNetflixに入るの、入ったタイミングで、
4日間でその仕事で、日本語のやつつけて、それで、
藤原ヒロ
旦那さんがめっちゃ好きなんですよ。
しーさん
私がその仕事でやった、むっちゃ昔にやったと思う、リアルタイムで見てたみたいな感じで、
めっちゃ好きやから、なるほどと思って。
ボー氏
去年の新作みたいなやつが、先週やっと配信になったんですよね。
しーさん
あ、そうなんや。
藤原ヒロ
それを見てました。
すごいですよ、ほんとに。
どうでしょうが極まってくると、こうなってくるのかみたいなシリーズでした。
みんな40代、50代、50、60代のおじいちゃんみたいな感じになってる感じで、
番組のゆるさというものを忘れずに続けてあるので、
ただなんかもう、どうでしょうやからこれを番組として配信に載せるまでにいくんやろうなっていうレベルの、
深夜にやってた時よりもさらにだいぶひどい。
だから固定ファンがいるから成り立つみたいな。
今回だって大泉さんらが何してたかって、
あんまりだからネタバレになるから。
何にもしてないんですよね。
何にもしてない。
何にもしてないシリーズですね。
しーさん
どっか行くとかでもないんですね。
藤原ヒロ
どっかに行くっていう体ではあるんですけど、
ボー氏
前回の話、例えばその一個前の話が、
北海道に別荘、ログハウスを建てるみたいなそういう話やって、
それが一個前のやつかな。
そんなん言ったら別にネタバレしてもいいと思うけど。
藤原ヒロ
まあね、だいぶ前なんで。
ボー氏
基礎の部分だけ作って、
もう雪がすごく降ってきて、北海道。
ずっとその建築、DIYでどうでしょうの人らが、
ログハウスを森の中に作るって言ってるんですけど、
基礎だけ作ってめっちゃ止まるんですよ、半年とか。
で、お泉用も土台しか触ってないみたいな。
最後に完成披露会みたいなんで、みんなで集まって、
いい家が建ったって言って、
今もずっとYouTubeでどうでしょうハウスやってる。
しーさん
基礎だけ?
ボー氏
家は建つんでしょ、ちゃんと。
ログハウスが建って、こんないいもんができたって、
お泉用は基礎しかやってなかったけど、
他のメンバーで建てたって言ってたけど、
実は最初に建てた基礎が、
藤原ヒロ
もう雪で一回全部潰れてたので、
ボー氏
全部業者に作ってもらった。
藤原ヒロ
そうですね。
ちゃんとしたやつが建てられてるっていう。
ボー氏
それを最後大落ちで言ってしまうんですけど、
結局だから何を撮ってたのかっていうのが、
藤原ヒロ
この番組何やったんやってんのか。
目標をまともに達成しなくてもいいっていう番組だった。
しーさん
そんな感じですよね、いつも。
それがいいんですけどね。
藤原ヒロ
そういう番組って知りながら見た今回のシリーズは、
今までの中で一番すごいなって思いましたけどね。
すごいクオリティー。
ボー氏
冒頭で出演の大泉夫とミスターが、
今回はまず始まる前に今回はどうでした?
みたいな感じで、
ウキゴミは?完成度は?みたいなことを聞かれるんですけど、
見てないですって。
藤原ヒロ
見直してないから。
ボー氏
だからどんなんかわからない。
全然もうなんか。
期待度ゼロみたいな感じで言ってたもん。
藤原ヒロ
期待度はゼロで見るべき番組だとは思う。
6話ね、今回は。
ラブデッドラインの視聴スタイル
藤原ヒロ
私らは1日1話ずつみたいな感じで見てたけど、
全然もうさらーって流して一気見したらいいと思います。
1話1話なんか大事に見るような感じじゃない。
っていうのを見てたら、
ラブデッドラインが止まってました。
全然いいですね、みんなってそんなに。
明日からね。
しーさん
でも面白いですよ、試みが。
藤原ヒロ
ラブデッドラインは。
女性カラーっていう仕組み。
しーさん
そうですね、女性カラーっていうのはいいですよね。
藤原ヒロ
確かになかったなって思ったんで。
それを知ってじゃなくて知らずにの参加やからみんな。
その辺がね、そういうことやぞって思うところがある側としては。
ゴージャス松野と高橋一世について
ボー氏
ラインで人気ある人がゴージャス松野に似てる。
めっちゃ似てた。
藤原先生は全く同意してくれないんですけど。
藤原ヒロ
全然思わないんですけど。
ボー氏
めっちゃ似てますよね。
しーさん
お父さんやって言われてもああってなる。
えっ嘘!
そっくりやのお父さんとっていう。
藤原ヒロ
嘘!
しーさん
顎とか口とかがすごい似てる。
藤原ヒロ
えっ本当に?
目が離れてるところが似てるとか言ってるんですかね。
しーさん
目も似てますね。
藤原ヒロ
本当ですか?
しーさん
顔の骨格というか。
ボー氏
人の識別があまりできないんじゃない?
藤原ヒロ
識別の近くから違うかもしれないですね。
本当に私、高橋一世やったらすごいわかるって思ったんですよ。
しーさん
高橋一世も同じ系統やなと思いました。
ボー氏
ゴージョスマツノって名前がずっと出てこなくて、
似てる人いたよなと思って、
藤原ヒロ
20年ぐらい忘れたんだよ、この名前が。
しーさん
読み上げた。
藤原ヒロ
記憶の片隅にそんな人いた気がするぐらいの感じのやつやったんで、
しーさん
よう思い出したなって思いました。
すごいです。めっちゃ似てました。
ボー氏
福ちゃん、Cさんの推しの。
体ヤバくないですか?
藤原ヒロ
体の…
しーさん
ヤバいんですよ。
藤原ヒロ
ゴツさ。
ボー氏
アメフト選手みたいな体してるじゃん。
プロレスラーみたいな。
厚みが違いすぎて。
しーさん
あんなの持てへんのか?
ボー氏
多分女の人がそういうタイプじゃなかっただけなんでしょうね。
藤原ヒロ
少ないとは思いますよ。
しーさん
ムードメーカーでもあるし、
体がどうこうよりめっちゃ優しかったのよ。
盛り上げもするし、気も使うし。
なんでうまかったよ。誰も好きにならへんかった。
藤原ヒロ
タイプじゃないとかは…
ボー氏
ああいうとこに集まる人がそういう人をあんまり好きじゃないとか。
なんか僕は最初のイメージが悪かったみたいなのをわざわざ言わんで。
藤原ヒロ
あれは戦略なんですかね、彼なりに。
しーさん
いや、失敗してたんだよ。
藤原ヒロ
なんかね、第一印象があんまり実は良くなかったんやって女の子に言って、
でも喋ってみたら、なんかすごいいい意味でギャップがあって、
良くなったみたいな感じで言ってました。
ボー氏
そんなん言う必要あるとか。
藤原ヒロ
人によるよね。
ボー氏
いや、どうなんかな。
藤原ヒロ
女の子がもし、自分が第一印象があんまりよく見られないキャラみたいな自覚があったら、
最初からいい印象やったって言われても信じられへんけど、
しーさん
第一印象と中身が全然違うのにって思ってる人やったら、
あ、ほんまな私を見てくれるかもって思うかもしれない。
藤原ヒロ
だから人によっては成功するかもしれない。
ボー氏
そうなのかな。
藤原ヒロ
彼女は別にそうではなかったと思うけど。
いや、求めてないやろ、それって思ったら。
いやいや、でもやっぱりああいうのを見ると、いろいろアーダー・コーダー言いたくなりますね。
そうですね。そういうのが結局私好きなんですよね。
ちゃんと次回は全部見た上でアーダー・コーダー言いましょう。
まだ途中というか最初の方なんで。
しーさん
Love Deadlineはネタバレ回とかでもしましょう。
藤原ヒロ
まあまあ若干ネタバレはしてるけどね、すでに。
あんまり見てる人いないかな。
どうなんやろう。
後語りです。
今回またCさんの音声がいつもと違うと気づいた方もいらっしゃるかもと思いますが、
これはZOOM PODTRACK P4でリモート音源を収録したものです。
本当は前回と同じくCさんの手元でiPhoneのボイスメモで録音してもらっていたんですけども、
その音源がなぜか音質が変わっていて、
まるでノイズキャンセリングのフィルターをかけられたように歪みがある状態だったので、
それよりかはリモート音源の方がまだ聞きやすいなということでそちらを使いました。
Love Deadlineの話で終わった今回ですが、
坊主と私もついに見終わっていますので、
それについてネタバレありで話す回を設けようと思います。
自分も見てるよーとかリアリティ番組話に乗っかりたいという方は、
ぜひお気軽にメッセージで参加してみてください。
そしてこの後語りは配信直前の3日に収録しているんですけども、
昨日Listenのイベントに無事参加してきました。
広南でそれについて話すのは来週以降になると思いますが、
Listenだけで配信している声日記、藤原の新曲で会場の様子がわかる音声をアップしています。
興味がある方はぜひそちらも聞いていただけると嬉しいです。
広南へのメッセージもいつでも歓迎しています。
お便りフォームやListenのコメント欄、Xなどで受け付けていますので、
そちらも詳細は概要欄をご覧ください。
それでは今週もおちぼちお過ごしください。
最後までお聞きくださりありがとうございました。
53:11
14 Stars

Comments

おたより…雑誌アンケートのおたよりのことですかね🤔 ハガキは雑誌についているので、必要なのは切手です。でも電子用フォームあるっぽいので、電子版買ってパスワードとか入力したら送れるはず…! 基本的にプレゼント企画の応募のついでに読切の感想書く、みたいなやつです。これ本当に今どれくらい応募あるんだろう…!

そうそうおたよりは、藤原先生応援のおたよりってことでした。大事な言葉が抜けてましたね。 今まで読者アンケートは書いたことありませんが、今回電子版を買ったら絶対アンケート書こうと思っていたので、メールで送れる仕組みがあるとありがたいなと思っているところです! でも紙よりも電子の方が発売遅れるんですね...やっぱり好きなマンガは発売日に買って盛り上がりたいので、紙で買おうかな...妻との話のタネにもなりそうだし、今のLaLaってこうなってるんだー、みたいな。

わーん嬉しい…!ありがとうございます…!!! 電子版、雑誌丸ごとなら発売日変わらないはずです。これ説明不足でしたね…!短話売りってのがある場合もあるので、自分の作品がそうされるかはわからないのですが、LaLa一冊じゃなくて読切だけ購入とかの場合は遅くなるはず…という意味でした。 読切だけの場合はアンケート応募とか無理なはずなんで、LaLaまるごと買っていただけるなら3/23に紙でも電子でも手に入るはずですー!

Scroll