1. 藤原ヒロの なんなんやろ
  2. Ep114 春の雑談回
3月上旬収録なので、暖かくなってきましたね〜からの近況雑談回です。
しーさんが保育園準備をしていたりお仕事再開したり。
今回はしーさんの近況、次回はボー氏と私の近況を語ります。
【質問箱】https://peing.net/ja/fuji_hiron
【Twitter】@hironan_bo (中の人…ボー氏)
#ヒロなん

Table of Contents

冬から春へ
Speaker 2
[音楽]
Speaker 1
こんにちは藤原浩です。少女漫画を描いています。
Speaker 3
夫の帽子です。
Speaker 2
友達のCさんです。
Speaker 3
この3人で、愉快な日常のやりとりを配信します。
Speaker 2
カフェで隣のテーブルの会話を聞き流している気分で聞いてもらえると嬉しいです。
[音楽]
あったかくなりましたね。
Speaker 1
収録時は3月に入ったところっていう感じです。
Speaker 2
今日なんか20度ぐらいありません?
Speaker 1
ありますあります。
配信が4月になるので。
桜が咲いてるかな。
Speaker 2
今は梅が見頃ですね。
今日19度や。
春ですね。
Speaker 3
梅のYouTubeの何かをしてたの。
私が北の天満宮に行ってきて、3月1日に。
Speaker 1
それのVlogをYouTubeで上げてます。
梅がめっちゃ咲いてました?
Speaker 2
なんかね、見頃ではあったけど、またつぼみがすごい多い状態で。
Speaker 1
この1週間でだいぶ変わりましたもんね。
Speaker 3
今週とかで満開とかになってるのかな?
めっちゃ眠たい。
Speaker 1
眠たい。
Speaker 2
やっぱ春やからかな。
Speaker 1
いつもね、いつも眠たい言ってるんですけど。
Speaker 3
ここにいるとき結構眠たいですね。
Speaker 2
眠たくないときないからね。
Speaker 1
帰ってきたら眠たいし。
朝から晩まで眠たくないと。
Speaker 3
朝は早い。
Speaker 2
起こされるから。
Speaker 1
夜は遅いし。
Speaker 2
夜は何してるんですか?
眠たさと日常生活
Speaker 3
でも最近はそんなに遅くないけど。
Speaker 2
何時ぐらい?
Speaker 3
1時ぐらい。
Speaker 1
1時か。
自分らのことをして、だらだら過ごしたらその時間。
Speaker 2
2人とも?
Speaker 3
バタバタしてる。
Speaker 2
バタバタしてる?
Speaker 1
そんなことない。
Speaker 2
1時ってすごい遅いじゃないですか。
Speaker 3
10時ぐらいからずっとこう、色々してて。
Speaker 1
帽子の家事分担の自然に決まった毎日のルーティンが、
10時過ぎてそろそろお風呂かなっていうタイミングで、
まず1、浴室乾燥で洗濯物干してるので、
Speaker 2
その洗濯物を取り込みに行くっていう。
畳んで入れるのはそれぞれなんですけど、
Speaker 1
それをやって帽子はお風呂掃除に行くんですよ。
お風呂掃除が終わって、休闘ボタンを押して、
そこから猫に餌をやり始めるんですよ。
で、猫餌やりと水替えとかをしてたら、
お風呂が湧いて、私が入って、
Speaker 2
何時くらいですか?お風呂入り始める。
Speaker 1
お風呂入るのが11時から12時。
すごい、夜やー。
Speaker 2
私の生活からすると。
Speaker 1
でも、子供生まれる前から早いんですか?
Speaker 2
うち結構早いですね。
でも、生まれてさらに早くなりましたね、私は。
Speaker 1
夕方とかになっちゃいますよね。
6時、7時前ぐらいにお風呂入り始めます。
Speaker 2
私がそもそも遅い方なんですよ。
Speaker 1
で、それに合わせてるみたいな感じなんで、
Speaker 2
2人ともお風呂上がったら、もう1時ぐらいになってるからっていう感じ。
ほんまや。
Speaker 1
私はもう多分1時1回目の授乳ぐらいで、起きてるぐらいになってる。
辛そうにするから、早めにじゃあ寝ようかみたいな感じで、
寝たところで、じゃあまとまって長時間睡眠ができるかっていうと、
そうでもないことがあったんで、
結局今の感じに落ち着いてるんじゃない?
Speaker 3
まあ、結局そんな早くは寝られへんのかなと。
Speaker 2
いろいろ用事が。
Speaker 3
でも朝だって5時とかに。
朝、最近6時。
Speaker 2
6時に起こされる。全然足りてないんじゃないですか?
Speaker 3
そうですね、少ないですね。
Speaker 2
まあ、では5時間ぐらいか。
Speaker 3
まあ、ね、お母さん方が起きてることを、起きて寝て起きて寝て。
Speaker 2
でも、私細切れでも7時間以上は寝てますね。
Speaker 3
どんどん減っていってるんですよね。
子育てと保育園
Speaker 2
意識が朦朧としてるっていうか、
Speaker 1
授乳中も寝てるみたいな感じで。
僕たちは起きやすいんでね。
Speaker 2
夜も、私らが早く寝たところで猫起きてたりとかするわけですよ。
え、モネんの?みたいな。
Speaker 1
夜の間に、すごいハッスルしたりとかしてるんで、
じゃあ寝られないし、
朝は別に何も用事がなくて、その後二度寝してもいいってなっても、
うまく二度寝ができなかったりとかしてる。
Speaker 3
いや、また起こされるから。猫に。
Speaker 1
二度起こしがある。
Speaker 2
また寝てるやんかーって。
Speaker 3
何回も来るんだよ。
Speaker 1
それで睡眠不足にならはる。
私も全然寝れるんで。
Speaker 3
でも、僕は寝ても眠たいんですけど。
Speaker 1
結局ね。
寝てる時も眠たいかな。
Speaker 2
起きろー!
Speaker 1
寝てる時も眠たいってどういうこと?
Speaker 2
ずっと眠たかったかな。思い返せば。
Speaker 1
人間眠たいもんですからね。
春は余計に眠たい。
私も最近はすごい眠いです。
Speaker 2
なんか普通に寝てても。
Speaker 1
そんな春ですが。
Speaker 2
しーさんの近況を。
保育園の説明会があったんですよ。
いるもんとか生活の説明とかで、
すごいいよいよ感が出てきて。
Speaker 3
もう1ヶ月切ってるぐらいです。
Speaker 2
でもなんかすごい最近、
もう保育園行けるわ、この子は!
っていう気持ちになってきたんですよ。
どういう事ですか?
Speaker 3
子供が?
Speaker 2
もう、子は保育園児になれる!みたいな。
Speaker 1
前はそんなに。
Speaker 2
ずっと不安だったんですよ。
人に預けるってことが、私も不安だったし、
絶対悲しむやんって、
絶対寂しい思いするやんって思ってたけど、
なんか最近、大丈夫って気持ちになってきたんですよね、急に。
Speaker 1
なんなんでしょうね。
Speaker 3
でもちょっと仕事始めてるとかもあるんじゃないですか?
Speaker 2
仕事が始まるタイミングもやけど、
なんかその子供見てて、しっかりしてきたっていうか、
なんか保育園児の風格が出てきたっていうか、
なんか子供、他の子供を求めてるような感じ。
集団生活に入れても、
あ、きっと楽しめるわっていう気持ちになってきたんですよね。
Speaker 1
で、なんか今児童館に通ってる?
Speaker 2
児童館の様子見てても、
その児童館のクラスが今1歳半未満の子供たちのクラスなんで、
Speaker 1
もう最年長なんですよ。
Speaker 2
で、なんかもう次の段階に行くべき時が来たっていう感じもあるし、
だいぶ歩けるようにもなったから、
育児話
Speaker 2
歩いてできることも、ただ置かれて泣いてるだけじゃなくて、
歩いてこう、抱っこしてもらいに行ったりもできるやろし、
なんか安心感が出てきたんですよね。
人に預けるってことが平気になってきたんです、私の気持ちの中でも。
ないやろ。
Speaker 1
ないやろ。
でも、この変化を敏感に感じ取ってるっていう感じでしょうね、きっと。
Speaker 2
なんかなぁ…
Speaker 1
それこそ虫さんの気持ちだけの。
Speaker 2
ないやろ、なんかその子育てが、
なんか2.0になってきたみたいな。
次の段階に…
Speaker 3
年齢も増えたし。
Speaker 2
来たっていう感じがあるんですよ。
Speaker 3
なんかでも、全然関係ないんですけど、
すごい寝るようならしいですね。
お育てとか行き出したら。
Speaker 2
そうみたいですね。
Speaker 3
やっぱすごい疲れるみたいなので。
あとなんかストレスとかでも。
Speaker 1
ストレス?
Speaker 3
体勤ストレスとかでも。
Speaker 2
いろんな人に接して疲れるでしょうね、そら。
子供のマーク
Speaker 3
だから帰ってきてからも楽になるんかなとか。
家に帰ってきても。
Speaker 2
なんかその、子育園でお道具箱みたいなのがいるので、
それ作らなきゃいけなくて、
Speaker 1
それはもうこれなんです。
かわいい、かわいい、かわいい。
Speaker 3
カットダメなんですか?
Speaker 2
これなんかね、段ボール渡されて布張ってください。
好きな布張って…
あ、お湯が沸いた。
うちの家庭ちょっとうるさいんで。
お湯が沸いただけやのにめっちゃ、
エピアフィールがすごいんで。
なんかそういうのを作ったりとか、
Speaker 1
みんな同じサイズの?
Speaker 2
そう、なんか段ボールを渡されて、
その説明会の時にこれ持って帰って、
Speaker 1
これで作ってきてくださいとか言って。
Speaker 2
それぞれで用意すると大きさ待ち待ちになるからとかですか?
Speaker 3
そうですね。
Speaker 2
一応サイズと名前の場所だけ決まってて、
あと好きな布張って、
これをもう年長さんのまで5年間使いますって言われて、
5年間使うって言われただけで、
なんかもう泣きそうになって私。
5年間持って…
これもう持つんか?
Speaker 3
段ボールですよね。
Speaker 2
そう、段ボールなんですよ。
Speaker 3
持つんかな?
Speaker 1
持つんか?
そんな感じで着々と準備をしてます。
ワクワク、そわそわ。
Speaker 3
僕、自分の保育園の時に思い出して、
自分のマークがあったんですよ。
前言いましたっけ?
Speaker 2
はいはいはい、なんでした?
Speaker 3
みんなにマークがあって、
Speaker 2
なんかメイクのとこそうでした。
Speaker 3
妹がうさぎが好きやったから、
うさぎのマークとかやったんですけど、
僕、なぜかひまわりやったんですよ。
なんでひまわりなんかがずっとわからなくて。
Speaker 2
ひまわりっぽくないのにってこと?
Speaker 3
いや、なんかもっとみんな、
かっこいいやつとか男の子…
Speaker 2
自分で選べるんですか?
Speaker 3
たぶん、妹がそのうさぎになってたから、
たぶん自分も選んだはずなんですけど。
Speaker 2
ひまわりが好きだったんかな。
Speaker 1
それなんかお母さんに聞いたよ、名前。
Speaker 3
いや、覚えてないけど。
それはずっと僕は子供の時に、
俺なんでひまわりなんや?
Speaker 2
当時から思ってたんですね。
Speaker 3
思ってましたね。
Speaker 2
俺なんでひまわりなんや?
なんかやっぱりちっちゃい男の子は、
車とか…
Speaker 3
かっこいいマークとかがいいじゃないですか。
Speaker 2
恐竜とか…
Speaker 3
なんであいつはあれやのに、
Speaker 1
俺、花なんやろ?みたいな。
Speaker 2
思ってましたね。
Speaker 1
お母さんに聞いても、
なんでやったかわからへんかったっていう
直時点やった気がする。
わからんと思うわ。
Speaker 2
なんかね、まだ自分の名前が読めへんから、
そういうマークで自分のものに示す。
自分でわかるようにって。
Speaker 3
多分、こういう一人一人なんか…
Speaker 2
いいですね、それ。
Speaker 3
シンボルみたいな感じなんで。
Speaker 1
なんでもいいみたいな感じで
お母さんが決めたんかもしれないしね。
Speaker 2
お母さんの好きな花を?
Speaker 1
お母さんの好きな花は百合なんだけど。
あ、そっか。
Speaker 2
百合ってわけにいかないですよね。
Speaker 3
それはでも、女の子に当てられるとか
そういうのがあるみたいな。
Speaker 1
ひまわりだったらありそうやけどな。
いやー、準備ルール大変ですよね。
仕事と育児
Speaker 2
昨日から仕事も始まって、
昨日初日でやったんですけど、
9時からやって、
9時からとりあえず12時まで?
で、うちの母親に8時45分ぐらいに来てもらって、
Speaker 3
めっちゃ大変そうやったんですけど、
Speaker 2
早いし。
うちに来てもらって、
ほんでうちで遊んでもらってる横で
私が在宅ワークするみたいな感じでしたね。
なんかそれも意外とできたんですよ。
なんかもっとおっぱいーみたいな、
常に膝のとこにいるみたいな感じかと思いきや、
意外とおばあちゃんと遊んでて、
楽しそうやったし、
私も結構ちゃんと会議とかもできたし、
意外と仕事になったなーって感じでした。
Speaker 1
良かったですね。
昨日はそんな大した仕事しなかったんですけど、
Speaker 2
とりあえず、顔合わせみたいな。
お久しぶりです。
初めましての日と思い合ったし、
挨拶して、ですね。
Speaker 1
良かった。
Speaker 3
1ヶ月は家でってことですね。
Speaker 2
そうですね、1ヶ月は。
週2日だけですけど、
母親に来てもらって、
Speaker 1
すごいですね。
お母さんをばあばあっていう感じなんですかね。
Speaker 2
ばあばあ、ばあばあですね。
ばあばあ、ばあばあ、呼び方。
母が、うちの母をばあばあで、
夫のお母さんをおばあちゃんにしてます。
Speaker 1
ばあばあにとっても、
すごい思い入り深い1ヶ月ですよね。
Speaker 2
ですかね、喜んでくれたらいいですけど、
まあね、大変だから。
Speaker 3
起きてはるんでしょ、さすがに。
洗濯と日常生活
Speaker 3
朝、起きてはるんですけど。
Speaker 2
起きてはるんですけど、
うちのお母は、洗濯をすごいこだわる人で、
私、洗濯おばけって呼んでるんですけど、
洗濯をすごい丁寧にしてはるんですよ。
丁寧にちゃんと、
ほして、今も毎日してるし、
それをほしてから出るっていうと、
なかなか、8時半に出るのは結構大変。
車で15分なんですけど。
Speaker 1
めっちゃ衣類を大事にしてはる。
Speaker 2
そうです、そうです。
めっちゃ綺麗にとってはりますね。
なんか見なかったんですよね、私と。
ズカネは、そこが。
なんなんですかね。
Speaker 3
着物やったからとかでもないんですか?
Speaker 2
いやいや、全然、お母は着物全然着ないんですけど。
Speaker 1
でも長持ちします?
Speaker 2
めっちゃ長持ちします。
ずっと置いてはります。
私が子供の時の服とかも。
すごい。なんでしょうね。
綺麗にして置いてはる。
もうじゃあ、手洗いのものが多いってことですか?
いや、そういうわけでもないんですけど、
本当にユニクロのセーターとかでも、
きれいに洗ったりしてはりますね。
Speaker 1
なんか、ちゃんと分けて洗うとか?
Speaker 2
分けて洗うとか、なんかその、
ほし方とか。
Speaker 1
結構ほし方ですね、じゃあ。
Speaker 2
ほし方とか、洗剤の量とか、
水の量とか。
Speaker 1
すごい。
Speaker 2
こだわってるんですよね。
Speaker 1
完全に適当にしますね、私。
Speaker 2
ですよね。
種類とかはね、またあれですけどね。
自動で水の量を測られると、
ちょっと水が少ない気がするから、
なんか自分で出したり。
すごい。
Speaker 1
すごい。
そんなか。
Speaker 3
それは、なんなん?
Speaker 1
全自動が逆にもう。
Speaker 2
かかってるはずやもん。
楽しい。
Speaker 1
最近あれらしいですね、
新しい洗濯機は、
その都度洗剤を入れるとかじゃなくて、
Speaker 2
洗濯機の中にも入れて、
あれいいですよね。
ちいち履かんのめっちゃいい。
買い換えたいなと思ってる。
どんどん、ほんまに、
ねえ、人間って。
Speaker 1
でも一周回ってくるかもしれないですけどね、
Speaker 2
洗濯機も。
Speaker 1
なんかもう、そうやって、
Speaker 3
手洗いが。
Speaker 1
洗剤をずっと洗濯機で管理してるよりも、
自分で手洗いでやった方が、
節約とか、ゴミが少ないとかになるとか、
っていう時代とか。
暇やったらもう。
Speaker 2
日記を書かしてくるかもしれないですね。
Speaker 1
日記を書かせるかもしれないですね。
Speaker 2
川で洗濯行く人とか。
一周回って自然破壊
Speaker 1
もう、それ、なんか逆に、
Speaker 2
ちょっと自然破壊につながってし、
Speaker 1
あの、無害な存在とかでですかね。
半年ぐらい、手洗いやってましたけど。
アフリカで?
アフリカ時代。
Speaker 2
めっちゃ適当でしたよね。
洗剤残ってるのじゃん。
Speaker 3
すすぎをやってもやっても、
Speaker 2
泡が出てくる。
Speaker 3
で、バケツにいっぱい入れて、
Speaker 2
水がもったいないから。
Speaker 3
ずっと暑いといっちゃったんで、
Speaker 2
もうシャツみたいなばっかりやったから、
Speaker 3
そんな大変ではないんですけど。
Speaker 1
もうね、みんなで一緒に作ったあの、
Tシャツあるじゃないですか。
帽子。
Speaker 2
帽子Tシャツ。
Speaker 1
帽子Tシャツというものを、
みんなお揃いで作ったんですけど、
アフリカから帰ってきた時の、
帽子Tシャツの様子の違い具合は、
Speaker 2
すごかったですからね。
Speaker 3
ドロドロというか、ボロボロというか。
Speaker 2
真っ白やったもん。
Speaker 1
色とか全然違う。
Speaker 2
全然くたびれて、落ちないんですかね。
Speaker 1
半年でそんなにした。
子供の性格と空気読み能力
Speaker 2
いい味が出たんですね。
Speaker 1
じゃあ、あれですね、
えしりさんの最近は、
すごく順調な感じ。
Speaker 2
春に向けて、
着々とって感じですね。
準備が。
ですね。
仕事もまあ、
無事に始まりましたね。
Speaker 1
良かった、良かった。
Speaker 2
なんかパソコンを、
その前日に取りに行ったんですよ。
会社まで。
で、結構遠くて、
で、なんか子供連れで行ったんで、
会社の人が、
応接室みたいなのを用意してくれたって、
その会社の、
その子供が、
めっちゃなんか、
見たことないジャンルのおじさんたちが、
Speaker 1
はいはいはいはい。
Speaker 2
あって、もうすっごい大人しくて、
帰りてきた猫みたいな感じで、
めっちゃ大人しい子ですね、
とか言われて、
いやいや違うです、
違うです、
普段こんなんじゃないです。
怖がってる。
警戒してる。
びっくりしました。
Speaker 1
でもやっぱね、
あのすごい人を、
うかがうというかね、
観察すごいね。
Speaker 2
バーっと、
人をめっちゃ見てますね。
Speaker 3
そんな感じですね。
Speaker 1
今はっていうか、
多分、
Speaker 2
そういう性質なんですかね。
Speaker 1
性質だと思う。
Speaker 2
自分の子しか、
わからへんから、
こんなもんなんかなって思うけど、
Speaker 1
全然構わへん。
Speaker 2
バーってすぐ走り出すタイプじゃないですね。
走るとこいっても。
Speaker 1
ちゃんと、
最初にまず様子をうかがうみたいな。
Speaker 2
めっちゃうかがってる。
なんか鋭い目つきで、
Speaker 1
周りを観察してる。
一番最初に会った時に、
はじめましての赤ちゃんとかが、
自分のことをうかがう感じの表情っていうのは、
まあまあ、
大体そんな感じはあるけど、
もうCさんの子は、
ほんまにずっと様子を、
その空間の様子をひとしきに、
Speaker 2
空気を、
Speaker 1
空気を読んでから自由にし始めるみたいな。
Speaker 2
ほんまそんな感じです。
だからすごい空気を、
Speaker 1
空気読む子になる。
空気読まんでいいよ、そんな。
疲れちゃうねん。
Speaker 3
空気読んでんのかな、
子育てと母親の生活
Speaker 3
あんまりわからないですけど。
Speaker 2
なんでしょう、
なんかうかがってますよね、
最初ちょっと。
Speaker 1
なんかすごい、
だから頭良さそうに見える。
Speaker 2
またはいいんですかね。
Speaker 1
下手なことしないぞ、
みたいな感じが、
すごいある。
Speaker 2
用心深そう。
慎重かもしれないですね。
Speaker 1
でも安心やって思ったら、
Speaker 2
もうすごい自由になる感じ。
いけるってなったら。
そうそうそう。
保育園にも早く、
されてくれること。
Speaker 1
それでも全然性格変わったりしますしね。
Speaker 3
だいぶちっちゃい時に比べたっていうか、
去年やけど、
だいぶ落ち着いたなっていうのはすごい。
Speaker 2
落ち着いた。
Speaker 3
なんかその、
Speaker 2
はしゃいでる時でも落ち着いてる。
Speaker 3
今は。
Speaker 2
ギャーって。
昔に比べたら、
Speaker 1
すごい大丈夫っていうぐらい
Speaker 2
はしゃいでましたもん。
なんかね、
県の説明会の時も、
めっちゃオシャレなご夫婦が居たんですよ。
アパリル系なのかしら、
みたいな。分からんけど。
Speaker 1
なるほど。
知らんけど。
Speaker 2
なんかその、
質問が全部服装に関する人がいる。
すごいすごい。
Speaker 3
どんなのを着ていっていいかとか。
Speaker 2
そうそうそう、そういう。
Speaker 3
着てみたいなやつですね、多分。
Speaker 2
なんか、
履いていく靴も汚れるんですかとか、
上着、アウタって持ってた方がいいですかみたいな。
オシャレな人や。
Speaker 1
オシャレな人や。
入院式ってどんな格好で皆さん行かれるんですかとか。
大事なんですよね。
ご夫婦揃ってやったら余計にそうなんでしょう。
Speaker 3
どうしたらいいんでしょうね。
Speaker 2
入院式やっぱりどんな格好でいけばいいのか、
私も着たかったんで、
Speaker 1
ちょっと分かったんですけど。
Speaker 3
スーツみたいなの。
Speaker 2
なんかそこまでね、
カチッてした感じじゃないんですよね。
Speaker 3
小っちゃいからね。
Speaker 2
育園やし、
人によるっぽいんですけど。
Speaker 3
自分がってことか。
Speaker 2
あ、そうです。
子供がってことか。
こっちです。親です。
子供はまあまあそこそこ可愛い服で、
かな。
そんな選択してないし。
Speaker 1
そうそう。
Speaker 3
服がね、
普段着ていいんじゃないですか。
Speaker 2
一応写真撮る。
入院式って看板の前で写真撮るから、
きれいな格好かな。
でも別に私一人で行くし、
母乳と甘いものの話題
Speaker 2
どうやって写真撮るんやろうみたいな。
確かに。
Speaker 1
行って写真撮りましょうか。
Speaker 2
カメラマン連れてきたあの人となる。
近いし。
Speaker 3
近いもん、近いし。
Speaker 1
そういう時間帯だけちょっと見ていて。
Speaker 2
通りすがりの写真撮りますよ。
みんなに頼まれたりしたら、
じゃあうちも。
Speaker 1
絶対に頼まれそう、そんな。
Speaker 3
そんな、だって持ってるやろ。
Speaker 1
帽子、写真上手そうな風貌ですもん。
そうそう、この人なんなんて。
Speaker 3
おかしい。
Speaker 1
メガの人じゃないんやみたいな。
Speaker 2
頼まへんやろ。
Speaker 1
怪しい。
Speaker 2
楽しかったです。
Speaker 1
よーい。
でもその説明会中もめっちゃおっぱい飲みに来てて、
あの人まだおっぱい開けたかんやみたいな。
でも同じような人いないんですかね。
Speaker 2
あんなに寝る人はいいんかった。
Speaker 1
あんなですか。
Speaker 2
夜寝る前だけっていう人はいるんかもしれへんけど、
さすがに日中たった1時間半ぐらいの説明会で。
Speaker 3
みんな同じ年齢なんすよね、多分。
Speaker 2
月齢は若干前後すると思うんですけど、
もっとちっちゃい子もいてるし、
1歳、2歳クラスで。
でも人によっては5歳ぐらいまでは普通に飲ませてるみたいなお母さんもいはりますしね。
Speaker 1
小学校って人も結構いますよね。
Speaker 2
小学校?すごい。
Speaker 1
はっきりコミュニケーション取れるけど、
Speaker 2
私、美容師さんの子供さんが、って言いましたっけ?
Speaker 1
小学校まで飲んでたって。
Speaker 2
聞きました。
その人聞いてもめちゃくちゃびっくりしたけど、
それから何人か、うちの知り合いもみたいな人もいて。
Speaker 3
出ないんでしょ?
Speaker 2
おしゃぶり?みたいな。
Speaker 1
ずっと続くと出続けるとかないんですか?
Speaker 2
でもさすがに小学校ぐらいになると枯れるみたいな。
Speaker 1
さすがに。
Speaker 2
今みたいに定期的にずっと飲んでたら出続けるんですけど、
間が空くと、何時間とか空くと。
Speaker 1
逆に定期的にずっと吸い続けてたら、
Speaker 2
いつまで出てるんでしょうね。
Speaker 1
だって、もう普通に整理がある状態になって、
体が元に戻ろうとしてるけど、
ずっと乳作られるってあるんですかね?
Speaker 2
どうなんでしょう。
作られ続ける限り整理は止まるんかもしれないですね。
Speaker 1
うわっ!
Speaker 2
どうなんでしょう。
Speaker 1
でも何かを減らしてる気がする。
Speaker 2
骨とかなんか。
Speaker 1
そうですよね。
Speaker 2
大豆栄養素がすごい詰まってるから。
Speaker 3
水っぽいなんかあるじゃないですか?
Speaker 2
水になってくるんですかね。
Speaker 1
あ〜、そんなに成分が変わってくる。
Speaker 3
補水じゃないの?
Speaker 1
いや、母乳ってすごいよね。
最初はとてもすごいんですよ。
Speaker 2
まあもしかしたら薄いかもしれへんけど。
Speaker 1
だってそれで全部人間の体一人、
人によっては二人さんに
それで育てていくんで、
すごい、すごい削りながら。
Speaker 2
何かを削ってるんでしょうね。
私も今。
Speaker 3
食べてたら大丈夫ですか?
Speaker 2
めっちゃ食べてます。
板チョコ一枚とか。
朝から。
やばいですよね。
Speaker 1
それは食欲?
習慣としては全然よくわからない。
Speaker 2
どういう習慣?
Speaker 1
朝から板チョコ一枚。
Speaker 2
妊娠してから、すごい甘いもの食べるように。
もともと好きやったけど、
クリーム系とかコッテリ系の甘いものが
子育てについての雑談
Speaker 2
めっちゃ好きになっちゃって。
Speaker 3
しっかりこう、生成してるんじゃないですかね。
そのね、シュークリームとか。
Speaker 2
入手防具みたいなんでしょ?
そろそろそれもやめていきたいんですけど。
Speaker 1
でもそれをそんなに食べても、
やっぱり出続けてる限り
そんなに増えてないんじゃないですか?
まぁまぁ、ちょっと増えてる。
さすがに。
Speaker 2
でもそんなに、びっくりするぐらい増えてない。
Speaker 1
これがだから、完全に卒入して
出さんでもいいようになったら
その分蓄えられちゃいますよね。
Speaker 2
そうね、だから食欲もその分減らされるはず。
Speaker 1
でもその脳の指令というものは
麻痺ってたりするからね。
Speaker 2
まあね、口で食べる。
気持ちで食べるみたいなね。
ありますよね。
苦習感っていう。
でも一応予定では
もう決まってるんですよ。
団入いつするみたいなの。
5月の…
Speaker 1
どういうスケジュール?それ。
Speaker 3
保育園行ったらじゃなくて。
Speaker 2
保育園行って、
まあ慣れるまではちょっと
精神安定剤として守らせて
ゴールデンウィークの明けも
結構みんなね、ちょっと不安定になるみたいやから
それを乗り越えた5月末に
Speaker 1
退入するぞって思ってます。
あれですよね、積極的に上げるとかは
もう今でも全然してないはずやから
Speaker 2
全然してないんですけど。
Speaker 1
向こうが
Speaker 3
断るって。
Speaker 1
向こうがたまににも積極的なんで。
それがもしかしたらそれまでに
向こうが自然と別にいいやって
Speaker 2
なっていくかもしれない。
保育園入って
Speaker 3
言われたりとかして
Speaker 1
言われる?
Speaker 2
言われるかもしれへんし、変わるかもしれへんし
Speaker 1
まだそんな…
Speaker 2
赤ちゃんみたいとか言われて
言われるんかな?
Speaker 1
そんな点ではないかまだ。
Speaker 3
高級生に
Speaker 1
そんなまだそういう恥ずかしいが
生まれる歳じゃないでしょ?
Speaker 2
一応ね、0-3一クラスの子たちのものみたいな
Speaker 1
一切一クラスやから
お姉さんになったらもうそんなしない時だっていうのが
芽生えれば?
お酒についての雑談
Speaker 1
かもしれん。
Speaker 2
でもちょっと一足早くお酒解禁したんですよ。
Speaker 1
え~そっか!おめでとうございます!
Speaker 2
ありがとうございます。
Speaker 1
それはもう大丈夫なんですか?
Speaker 2
なんかもう行こうって
Speaker 1
いこうって
Speaker 3
れいちゃんその成分がとかっていうのは?
一応寝てから飲んでて
Speaker 2
で、夜中の受乳はもうほとんど飲んでないんで
もういっかと思って食わえる程度なんで
Speaker 1
ポージングだけみたいな感じですよね。
安心する。
それで本当に喉をうろうそうとは思ってないってことですよね。
Speaker 2
喉が乾いてるとかじゃないんですよね。
お腹空いてるとかでもないんですよね。
Speaker 1
単純に癖ですよね。
Speaker 2
ガム噛みたいと一緒ですよね多分。
恐ろしいですね。
癖って。
Speaker 1
なんかあれですよね
最近、夜な夜なエールがそういう記念セットみたいなの出したらしいですね。
Speaker 2
なんですかそれ?
Speaker 1
なんかね、お母さんお疲れ様みたいな感じなんで
Speaker 2
うわ~それちょっとうまいことやってる。
騙されてる。
Speaker 1
男竜卒乳記念のセットとか
Speaker 2
それすごい!
Speaker 1
あるみたいですよ。
Speaker 3
何が違う?
Speaker 1
何も別に違わへんけど
でもギフトとしてお母さんお疲れ様っていうので
Speaker 2
あんなさんに送るとか
Speaker 1
で、その他の入学とか
そういう子供の成長に合わせた段階での
そういうギフトセットが
うまいことやりましたね。
あったらしいです最近。
そういうのがホッシーって多分言う人の声を聞いて
それが生まれたみたいな記事だったような気がした。
面白い。
時代やなって思いました。
Speaker 2
めっちゃおいしくて白ワインが
白ワインと日本酒がやっぱね
すごいおいしいんですよね。
Speaker 1
この間まではだってビールぐらいでしたっけ?
Speaker 2
ビール、ちょこっと飲むのはビールぐらい
日本の終わりでやったんですけど
白ワインめっちゃおいしいですね。
Speaker 3
それは一緒に飲んだりしてるんですか?
Speaker 1
そうですそうです。
好きですもんね。
Speaker 2
好きですね。
私好きやったって思い出しました。
Speaker 1
ほんま新産と言えばお酒ぐらいの感じやったのに。
Speaker 2
そうですね。めっちゃ飲んでましたね。
Speaker 1
よーほんま飲ましましたね。
Speaker 3
全然酔わなかったんよね。
Speaker 2
そうですね。だからまた飲み始めて
またいけるっていう気持ちになりました。
また飲めるぞっていう。
Speaker 1
前ちょっと友達の結婚式に行った時に
お昼の間にクラフトビールを飲んで
ちょっとダメでしたもんね。
Speaker 2
そうなんですよ。
きつかったんですかね。
Speaker 3
久しぶりすぎたからです。
Speaker 2
かな?
Speaker 3
素は知れてると思うんですよ。
Speaker 1
それでちょっと不安があってたけど
外飲みについての雑談
Speaker 1
全然大丈夫やったんですか?
Speaker 2
そうなんですよ。
でも家の中でやからとかもあるんかもしれませんけど
Speaker 3
落ち着いて外で染み付けられてたら
Speaker 2
確かにね。
安心してのびのび飲んでます。
Speaker 1
よかったよかった。
またみんなでのびてきてね。
Speaker 2
ほんまに。
Speaker 1
ちょうどコロナ的にも落ち着いてきたしですよね。
そうやってのびに行ってもいいやろうって。
Speaker 2
そりゃあ単入したら
私じゃなくてもいいわけじゃないですかね。
貸し付けが。
Speaker 1
そうですね。
Speaker 3
夜にとか。
Speaker 1
そりゃそうだね。
Speaker 2
うんです。
保育園は昼まで、夕方までそうね。
Speaker 1
保育園預けて昼飲むっていうのもね。
Speaker 2
お母さんお酒臭い。
何してる人なんや。
Speaker 1
夜ね。
夜がいいですよ。
Speaker 2
夜のびがいいですよね。
Speaker 3
アンノーンも行ってなかった?
Speaker 2
そうなんです。アンノーンもまだ行ったことないし。
春の雑談回
Speaker 1
あそこ行ったら、
Speaker 2
あそこの芯のご飯は絶対お酒がないと
Speaker 1
我慢できないですよ。
Speaker 3
すごいニンニクがすごい。
Speaker 2
そうなんですね。
お昼もニンニク聞いてます?
Speaker 1
お昼はガッツリらしい。
Speaker 3
選んでる。
Speaker 2
ちょっと一回コワーキングしに行きたいなと思ったんですけど、
仕事始まった。
Speaker 3
よくなんか、
近藤さんとかがその場でご飯食べたりとか、
誰かに捕まってか、
お客さんが来てたりとかして、
一緒に飲んだかったりとか。
Speaker 1
夜とかもね、そういうので飲み会が始まる。
そういうのに混ざると結局閉店まで行ったりとか。
Speaker 3
もう閉めるって。
Speaker 1
でもなんかやっぱアンノーンも、
タイミングによると思いますけど、
コワーキングとかも混んでる状態になってるんじゃないかなって思います。
Speaker 2
そんなに人気なんですね。
Speaker 1
なんか一時期、去年の秋がすごい混んでて、
なんかその宿泊してるけど、
すごい席がなくて、なかなかみたいな感じ。
Speaker 2
あ、そうですか。
Speaker 3
時期があったし、
あれはでもその、紅葉の時期やったからとかも。
Speaker 1
でも今からやったら春ね、桜のいい時期は、
鴨川と鷹瀬川の桜で絶対人が増えるはずなんで、
割と人多いかもしれないですね。
Speaker 2
マンスリーとかも全然取れへんって。
すごいですね。
そんなに人気ないな。
Speaker 1
いや、よかったですよね。
Speaker 2
本当に。
Speaker 1
オープン当時にそれやったら本当よかったんやけど。
Speaker 2
オープンですぐね、
Speaker 1
こんな時期があって。
Speaker 2
ちょっと楽しみでしたから、春。
Speaker 1
そうですね。
お便り募集中
Speaker 2
この配信ではお便りを募集しています。
Speaker 3
番組の詳細にある質問箱までお寄せください。
Speaker 1
またTwitterで#HiroNan
Hiroはカタカナ、Nanはひらがなでツイートしてください。
ではでは、次回の配信、
なんなんやろう!
Speaker 2
(終了)
ご視聴ありがとうございました
33:22

Comments

Scroll