1. 亀山の日々お多福
  2. ハンバーガーとポテト
2024-03-06 12:15

ハンバーガーとポテト

フェイブルマンズを観た
00:06
こんにちは、亀山です。
なんやかんや続いてますね。
いい感じです。
アウトプットを1日10分ほどできるっていうのがすごくいいなと思ってます。
昨日はですね、休みだったんですけど、
友達が来る約束をしてたので、朝からめっちゃ片付けして掃除して、
で、昼前に友達が来てくれて、それでですね、お昼はハンバーガーを作りました。
そう、というのも、私の友達、別の友達が、夜ご飯に時々ハンバーガー作って、
あとポテトと出したりして、イエーイみたいな日があるみたいなことを聞いて、
それいいなと思って、ハンバーガー作りたいなってちょっと思ってたんで、
で、昨日晴れて作ることができたんですけど、映画も見るし、
ハンバーガーとじゃがいも揚げてポテトしようと思って、
それがめっちゃおいしかったんですよ。
普段作るハンバーグをちょっと小さめに作ってパンのサイズにして、
あとトマトとレタスとスライスチーズか、あとクリームチーズも冷蔵庫にあったので、
それときゅうりぐらいかな、
をなんかもう自由に挟みましょうみたいな感じのスタイルでお互い作って、
初めて作ったから、めっちゃハンバーグが思ったより厚みがあって、
めちゃめちゃボリューミーになったんですけど、それはそれでめっちゃ見た目も豪華やったし、
で、めっちゃ食べてもおいしくって、夕飯はそのままもうそれをスライドさせて、
もうめっちゃ楽ちんやったんですよね。
全然おいしかったです。おすすめです。
っていうのが昨日、あ、そうそうランチの話で、
そのハンバーガー食べた後に映画を見る約束してたので、
昨日はフェイブルマンズっていう映画をサブスクで見ました、我が家で。
スティーブン・スピルバーグの幼少期から映画界入りするまでの自伝的映画みたいな、
03:07
そこだけは知ってたんですけど、全然内容とかは知らずに見て、
全然想像してたのと違って、私はすごく見てよかったなと思います。
なんかね、ジュラシック・パークとかETとかすごく有名な映画をたくさん4人送り出した、
みんなが知るスピルバーグ監督なんですけど、
てっきり成功物語というか、サクセスストーリーなんかなって思ってたら、
全然そんな感じじゃなくて、
家族で起こったこととか、家族が最終的にバラバラになっちゃうんですけどね、
その流れとかを結構時間かけてゆっくりゆっくり家族が変わっていく感じを、
すごい丁寧に撮られてたなって思ったのと、
あとは引っ越し先の学校でいじめを受けたり、
まあまあないじめをやったり、バーンって殴られたりね、
本当に全然納得できひん、意味のわからんことで殴ってきたりするのは、
今もそんな人おったんやろうし、今もそんな人おるんやろうけどね。
なに?めっちゃ勝手みたいな感じで。
ほんまに腹取ってきた、また。
なんか好きな女の子が自分に振り向いてくれないからって、
お前のせいだ!みたいな感じで、
なんかね、イチャモンつけられて、
なんでもイチャモンつけてっていうのがいじめなんかする人のアレなんかもせんけど、
だからまあまあ、とぜつな、とぜつないじめを受けてたり、とかね。
で、まあその想像してたより全然普通の人、
普通の少年やってんなーっていう感じで、
だから改めて、なんかすごいなーって、
私が今出会って知り合って喋ってて、すごいなーあの人は、とか、
あの人ってすごいなーとか、
逆にあんまり悩みとかなさそうやなーとか、
すごくいつも元気で明るいなーとか、
06:01
そういう、どんな人でもやっぱりその本当に、
やっぱり普通の人みんな変わらないというか、
悩み事があったり、傷ついたり、
同じようにやっぱり生きてるんだなーっていうのも思えたし、
なんか特にその自分がつらい目にあったり、
なんかつらい状況だったりすると、
なんかもう世界で一番自分が不幸だとか、
もう一番しんどい今、自分が一番しんどいとか、
思っちゃったりする時もあったけど、
やっぱりそうじゃないよなーっていうのも感じたし、
私はねすごく好きな映画ですね、になりましたね。
なんかオマージュがすごい入ってたと思って、
私はETがめっちゃ好きやから、
なんかね3カ所くらいETのオマージュが入ってたと思うんですけど、
なんか答え合わせしたくて、
ネットでフェイブルマンズETオマージュとか、
そのシーンを検索しても全然ヒットしなくて、
なんか私だけそう感じただけなかもしれないんですけどね。
一番最初は驚いて壁の壁面にある棚が崩れて、
なだれのように物が落ちるシーンがあるんですけどね。
結構早めに出てきたんですけど、
それもETに出てくるって私も大好きなシーンなんですよ。
エリオットがびっくりして壁にゴンってぶつかって、
ダラダラって全部落ちるシーンがあって、
そこもすごいEDや、全く一緒やって思ったし、
自転車で少年がETを助けに走るシーンも、
自転車のシーンもあったし、
あと誰と誰がキスしたのかな。
映画を見た後に、
こっちの方です。
フェイブルマンズの方で、
主人公が学校の休暇みたいなのを撮影して、
映画にするっていう、頼まれて撮るんですけどね。
それをみんなの生徒の前でパーティーの後に流そうと見てるときに、
自分の作った映画がすごいみんな盛り上がって、
09:01
その映画が流れた後に、
とあるカップル2人が、
そのカップルやと思うんですけど、
キスするシーンが、
それもね、
あのETにも出てきた、
カエルの実験してるところの後と、
すごい撮り方とかも似てたと思うんですよ。
下からグイッてあげるカメラのアングルとか。
なので私はすごく、
うわっ!みたいな。
もしかしたらマジで出てくるんちゃうかって思ってたから、
めちゃめちゃテンションが上がりましたね。
まだまだあるかもしれない。
私が気づいてないだけで。
なんかその海に行く休暇のところを撮影してるのも、
海でのシーンもなんかめっちゃ上手のアミティって感じだったし、
なんかどうなんやろう。
私が思い込んでるだけかもしれんけど。
良かったです。
なんか全然本当に成功物語みたいなのを期待してみると、
全然違うと思うんですけど、
淡々と少年が大きくなるまでの葛藤だったり、
進路どうするかみたいな。
自分は映画の世界に行きたいけど、
お父さんが大学に行きなさいみたいな感じの考え方の人やって、
好きなものから頑張って離れようとするけど、
大学に行くのにパニック発作が起きたりとか、
いろいろあって、
最終的にお父さんが、
映画の道に進みなさいみたいなことを言ってくれて、
映画の世界に入るきっかけが、
舞い込んでくるぐらいのところまでなので、
それから先のことは、出てこないのでね。
そこまでの話なんですけど、
でもすごく魅力的な絵があって、
もう一回見たいなと思います。
はい、そんな映画でした。
では今日は、ハンバーガーいいよっていう話と、
12:01
フェイブルマウンツの感想のラジオになりました。
はい、ではさよなら。
12:15

Comments

Scroll