1. wptv podcast
  2. #5 WordCamp Kansai 2024 その1
2024-02-25 05:05

#5 WordCamp Kansai 2024 その1

Summary

ツイートを見ながら、2月23日の金曜日のContributor Dayについて話しています。セッションデーでは、ライブ配信されたセッションの模様が素晴らしく、アーカイブとして引き続き視聴できる可能性もあるため、チェックしていただければと思います。

WordCamp Kansai 2024について
はい、こんにちは。wptv podcastです。 今回のエピソードでは、先日行われました
WordCamp Kansai 2024 について話そうと思います。 今回、ツイッターのハッシュタグが
WC Kansai っていう形になってましたけども、 それのツイートを見ながら、ちょっと思い出しつつ
喋っていこうかなと思います。 さっきざっと、Together とかを使って確認した感じだと、
多分600から700ツイートぐらい、 2日間であったのかなという感じです。
では、見ていきましょう。 まず、2月23日の金曜日は、Contributor Day がありました。
今回のContributor Day は、午後1時からのスタートでしたけれども、 お弁当が出るという形になっていました。
今回、Contributor Day のお弁当とか、 当日のセッションデーのお昼とか、
懇親会とか、そのあたりの飲食については かなり提供されている形になっていたので、
ありがたいなと思いました。 英語でツイートをされている方もいらっしゃいますね。
Excited to visit Kobe for the first time and do it with Contributor Day という形で英語で喋られる方は、
今回あまりコミュニケーションできなかったですけれども、 いろんな世界中から参加されているのかなという感じです。
WordPress界最大の黙々かいこと Contributor Day 始まりました というコメントがあります。
これ、つぶさんですね。いいですね。黙々かい。
私はTVチームのテーブルリードというのを担当させていただいて、 WordCamp Tokyo 2023 の動画に字幕をつけるという作業をやったりしていました。
元々当日にUDトークでの字幕というか、 文字でその内容が多分表示されるというような対応が行われていたと思うので、
その時のデータをラッキーなことに入手することができたので、 それをチェックしていくみたいな、そういう感じの作業になりました。
私はその後、スピーカーディナーにも参加させていただいておりました。
で、翌日がセッションデーでした。「 WordCamp 参加のために4時起きして無事に新幹線に乗車」ということで、
結構遠方から、早朝からいらっしゃっている方もいらっしゃるみたいですね。
セッションデー当日のライブ配信のご案内というのが公開されています。
今回結構急遽だったのかなという感じもありますけども、 YouTube でセッションの模様が配信されていました。
非常に画質も音質も素晴らしくて、 さすがという感じだったんですけども、
これはどうなのかな。
現時点ではアーカイブというか、 YouTube ってライブ配信してそれ止めたら、
基本的にはそのままそれがアーカイブとして同じ URL で見れると思うんですけども、
現時点ではまだ公開されてますね。 これが今後もずっと公開されているかわからないですけども、
もし当日見れなかったセッションとかあったら、 YouTube の方でもある程度チェックできるんじゃないかなと現時点では思います。
私のポジショントーク的には wordpress.tv で見ていただけると嬉しい気持ちがなくはないですけども、
でも YouTube でも wordpress.tv でもセッションがいっぱい見てもらえるということが一番大事だと思っています。
今がチャンス!なので見ていただくといいんじゃないかなと思います。
こういうのってイベントとかあるとかなり非日常で楽しいんですけども、
時間が経ったり日が経ったりしていくと、 やっぱりまただんだん良くも悪くも日常に戻っていくことになると思うんですけれども、
今の盛り上がっている気持ちでどんどん見ていただいたりとか、 感想をツイートしていただいたりとかするといいんじゃないかなと思います。
ということで、そろそろセッションデーのスタートって感じですけども、
ちょっとだいぶ時間が喋ってしまって、 喋った時間はあんまりなかったかもわかんないですけども、
ツイートを見てたらどんどん時間が経ってしまったんで、 一旦ここでストップしようかなと思います。
続きはまた時間があるときに見ようかなと思います。 もしかしたらまた第2回のこういう内容でエピソードを作るかもしれないです。
では今回は以上にします。
05:05

Comments

Scroll