1. wptv podcast
  2. #2 WordCamp Kansai 2024 前日..
2024-02-12 11:29

#2 WordCamp Kansai 2024 前日(2/23)のコントリビューターデイについて

1 Star

Summary

WordCamp Kansai 2024は、2月24日に開催されるカンファレンスです。このイベントは、コミュニティの参加と貢献を促すためのものです。また、その前日に開催されるコントリビューターデイでは、wordpress.tvのチームであるTVチームなどに参加することができます。そこで、動画の公開や字幕付けについて学ぶことができます。コントリビューターデイとは、WordCamp関西2024の一環として行われるイベントです。

Table of Contents

WordCamp Kansai 2024について
みなさんこんにちは、はやしです。
wptv podcast 第2回…
今回は、2024年2月24日の土曜日に、
三宮コンベンションセンターで開かれる WordCamp Kansai 2024 に関連して、
開催されるコントリビューターデイのテーブルリードになりました、
というようなことを中心にお話ししようと思っています。
WordCamp Kansai 2024 自体は、2月24日に行われますが、
その前日、2月23日の13時から、
コントリビューターデイというのが開催されます。
コントリビューターデイは、
WordPress というオープンソフトウェアのコミュニティのイベントになるわけですが、
WordPress は、コミュニティのみんな力を出し合って、
作ったり、改善したり、バージョンアップしたりしているものになりますので、
使っている人も作っている人もみんなで力を合わせて、
WordPress というのを盛り上げていくということが、
すごく重要なわけですけれども、
そういった形で WordCamp というイベントも行われますが、
よりコントリビュート、貢献とか言ったりしますけれども、
WordPress の中の人になっていくというか、
近づいていくというか、そういうことができるイベントとして、
コントリビューターデイというのがあるかと思います。
コントリビューターデイの話をする前に、
もうちょっと WordCamp 関西 2024 の話をしたいと思います。
WordCamp 関西 2024 は、
三宮コンベンションセンターというところで、
2月24日の土曜日に開催されます。
WordCamp は、これ WordCamp 関西 2024 の公式サイトですね。
後で概要欄の方に貼っておくようにしますけれども、
書いてある内容を見ながら喋っております。
WordCamp は、ローカルコミュニティが運営する、
カジュアルなスタイルのカンファレンスです。
今回は WordCamp 関西という形ですけれども、
以前、私は WordCamp 神戸というので、
2013年に開催されたのに参加したのが、
WordCamp に参加した初めての体験だったんですね。
それはすごい印象深い体験だったんですけれども、
それ以降、WordPressのコミュニティとか、
WordPressというものに関わるようになりました。
もう10年になりますね。
今回の WordCamp 関西 2024 では、
セットセール、共に学び、共有し、
新しい旅に備えようというテーマなのだそうです。
WordCamp 関西自体は、参加が1000円となっていますが、
多分、参加登録は締め切られちゃっているのかなと思います。
ソールドアウトですね。
ソールドアウトとなっているようです。残念。
今から参加するということは難しそうですけれども、
そして、会場となる三宮コンベンションセンターというのは、
三宮駅から徒歩で約8分、
貿易センター駅から徒歩約1分の場所にあるそうです。
三宮駅から南の方、海の方にちょっと歩いていったところですね。
東遊園地のあったりとも言えますけれども、
もうちょっと東側にあるみたいです。
WordCamp 関西 2024 は、2月24日の土曜日に、
10時会場、10時30分開始ということです。
WordCamp 関西 2024 のタイムテーブルは、
すでに発表されて公開されているみたいですね。
こちらのタイトルを見ていくと、
小さく始めるWordPress翻訳、
WordPressのコミュニティに参加して変化したこと、
WordPressをビジネスパートナーとして夢を叶え続けている話、
AI 時代のアウトプット、
2人合わせてブログ歴35年、ブロガーの勧め、
ブロックエディターでウェブサイトの制作がどう変わったのか、
実装事例から見る現在のWordPressの設計と構築、
WordPressサイトに関わるキャッシュを理解する、
小さな開発会社でもできたWordPress新ビジネスの可能性、
ちょっと全部のセッションは言えなかったですけれども、
いくつかセッションタイトルなどを挙げさせていただきました。
もし興味があるセッションなどあれば、
ぜひ視聴いただくといいんじゃないかなと思うわけなんですが、
多分ですね、今ちょっと見ている感じだと、
ライブ配信も今はあるという情報は見つけられないので、
ないのかなという感じですね。
そうなるとですね、ちょっと興味あるのに見れないという、
残念という感じに思われるかもしれないですけれども、
そこでですね、今回このポッドキャストのテーマであるWPTVは、
そういったWordCampのセッションの内容が公開されることが多い。
おそらく今回のWordCampも公開されると思いますので、
それで公開されたら、今お聞きになられて興味があるセッションがあれば、
ぜひですね、見ていただくといいんじゃないかなと思います。
コントリビューターデイとwordpress.tv
そのwordpress.tvですね、
こちらの方のこちらについてコントリビュートしようというのが、
先ほどのコントリビューターデーの中で、
いろんなチームがあるんですけれども、
その中のTVというTVのチームがあります。
この日はですね、wordpress.tvに動画を公開したり、
字幕をつけたりする方法を学ぶことができます。
動画に字幕をつけてみんなが視聴しやすくすることは重要な貢献です。
という説明になってますね。
結構書いてある内容、幅広いんですけれども、
この辺りの部分に興味がある方がいらっしゃれば、
このテーブルにご参加いただいたら、
その興味があるところを中心に、
私が今回このTVのチーム、テーブルリードを担当してますので、
そこについて説明していければなと思っています。
どうでしょうか、皆さん。
今の部分でこの部分に興味があるというのがもしあれば、
コメントなどいただけると嬉しいなと思います。
動画を公開するとなった時に、
この間も言いましたけれども、
撮影するというところもありますし、
編集するというところもある。
編集したやつをwordpress.tvに投稿するんですけれども、
投稿するという時の手順みたいなのもあるし、
投稿して公開された後に、
それに字幕をつける。
字幕のデータはどんなふうに作るのかなとか、
それをどうやってアップロードするのかなとか、
そんな感じですね。
WordCamp関西2024のコントリビューターデイ
そんなこと、あたりについて関わっていければなと思っています。
あとはですね、今回ちょっとあるのかどうか、
私の方で把握できていないですけれども、
UDTalkというアプリを使って、
喋っている内容がリアルタイムで文字起こししたりとか、
そのリアルタイムで文字起こしたものを、
リアルタイムに修正していくというようなことができるアプリとかもありますね。
そのあたりですね、すごい面白いんですけれども、
それをみんなでわーってやることができれば、
字幕ですね、文字起こしですね。
文字起こしなかなか地道な作業になりますので、
みんなでわーってやれると結構いいなとは思います。
なので、そういったあたりにご興味ある方がいらっしゃってですね、
この動画がアップされて字幕がつくみたいなところを、
より盛り上げて充実した感じになっていくといいなと思っています。
あとですね、大きな要因としては、翻訳というのがあるんですね。
英語のセッションを日本語で知りたいなというのは、
ニーズとしてはかなり大きい部分があるんじゃないかなと思うんですけれども、
文字起こしと翻訳って、どっちも結果的に字幕にするというところは一緒だったとして、
やる作業とか、そこでの品質感とかはだいぶ違うんですよね。
文字起こしは基本的に答えがあるというか、
しゃべった内容をそのままテキストにする。
ただそこでそのテキストにする時のスタイルとか流儀とか、
考え方とかもいろいろありますけれども、
翻訳はさらにそれの比じゃないぐらいですね。
どういう風に翻訳するかっていうね、答えが、正解がある程度の、
8割9割みたいなところだとある程度はあるかもわからないですけれども、
完全にってなるとすごい深い世界がそこには待ってて、
やっぱり難しいんですよね。そこまでちゃんとやろう。
完璧にというかしっかりやろうみたいな気持ちになればなるほど、
翻訳ってハードルが上がるとは思うんですよね。
そのあたりはやっぱり今ニーズとそこに関わるのっていうボランティアですからね。
自主的な気持ちでこういうところを良くしたりとか字幕つけたりとかっていうところで、
関わっていただく方のエネルギーというか、
熱量というか層量のバランスを見ていく必要があるのかなと思っています。
なのでちょっと回りくどい言い方をしたかもしれないですね。
要するに完璧を目指すより終わらせるっていうことがすごく、
品質をどんどん妥協してというよりも進んでいくっていう、
進めるっていうことの比重の方が現状のニーズと集まる熱量の比率からすると、
多くなることが多い状況ではあると思うんですよね。
ただその熱量がどんどん集まれば集まるほど、
品質も上げていける可能性も広がりますので、
そういったところが盛り上げていけるといいなと思っております。
Contributor Dayでもいろいろご説明したいと思いますし、
このPodcastの中でもその内容についてはお話しできる範囲でお話ししていけるといいかなと思っています。
あと一つ私の課題としましては、
私もContributor Dayのテーブルリードということで仰せつかっておりますけれども、
WPTVのことについて何でも知っているかっていうと、
実は全然そんなことはないですね。
WordPressTVのこととかも、
もちろんWordPressのサイトでいろいろ話し合われてますし、
今だとSlackとかでも話し合われてますけれども、
基本的に英語の情報が多くあります。
それの私の英語力とか英語理解速度とかいうところで、
やっぱりだいぶ最新の情報っていうのはキャッチアップできてないなって思うことも少なからずあります。
なので、このポッドキャスト自体も皆さんに完璧な答え、
完璧な情報だけを提供できるという品質は、
残念ながらちょっと難しいところがありまして、
私の方で学んだこととかしたこと自体をお伝えするとともに、
場合によっては周りの方から、
いやいやそこはもう今はこうなってますよとかっていうフィードバックとかがある中で、
ある中で私の知識とかもアップデートしていけるといいなというふうに思っています。
はい、ということでWordCamp関西2024のコントリビューターデーですね。
チームとしては8あるみたいですね。
コア、コアエディター、コミュニティ、トレーニング、メタ、ポリグロッツ、サポート、TVの8つがあるみたいです。
2月23日は祝日なんですね。
なので祝日に開催されます。
コントリビューターデーのチケットはもう売り切れみたいですね。
コントリビューターデーの流れとしては、
まず12時30分に入場受付開始で、13時から開会式となっています。
ランチが配布ってなっているので、参加者するとフリーランチなのかもわからないですね。
コントリビューターデイのスケジュール
13時15分から17時30分までがコントリビューションタイムで、
17時30分から閉会式となります。
18時には終了というようなスケジュールになっています。
というわけで今回はWordCamp関西2024のコントリビューターデーあたりについてお話しさせていただきました。
是非このPodcastのチャンネル登録、じゃなくてフォローというんですかね。
Podcastのサブスクなんですかね。
お願いします。
コメントなどもListenの方で配信していますので、
Listenの方にコメント機能もありますのでお待ちしています。
では今回のエピソードは以上です。
ではまた次回。
11:29
1 Star

Comments

Scroll