1. ゲームなんとか
  2. Lv.78|ボスをなんとか
2023-10-30 1:23:36

Lv.78|ボスをなんとか

spotify

Lv.78配信です。

//// 出演 ///////////////

こへいHARU

//// キーワード ///////////////

還願-DEVOTION/Vampire Survivors(ヴァンパイアサバイバーズ)/スターフォックス64/エースコンバット/ドラクエビルダーズ/テイルズオブデスティニー/ラスアスパート2/FF6/地球防衛軍

//// チャプター ///////////////

()|OP「還願-Devotion/Vampire Survivors」
()|本編「ボスをなんとか」
()|ED

//// 番組へのおたより ///////////////

番組へのおたより・メッセージは番組ウェブサイト( https://gamenantoka.com/ )または gamenantoka@gmail.com へお送りください。

//// 番組YouTubeチャンネル ///////////////

ゲームなんとかの今後の活動の幅を広げるため、さらなる番組リスナーさん増加を目指してYouTubeチャンネルを開設しました。ポッドキャストと同じ音源を配信だけではなく、動画ならではの取り組みも挑戦していこうかと思いますので、ぜひともチャンネル登録をお願いいたします。
https://www.youtube.com/c/gamenantoka

//// その他 ///////////////

■ハッシュタグ
番組の感想やリスナーさん同士の交流には #ゲームなんとか をお気軽にお使いください!

■番組twitter:

Summary

はるさんは最近プレイしているホラーゲーム「カンガンデボーション」について話しています。ゲームのストーリーと演出について説明し、一周目と二周目の違いにも触れています。ホラーゲームをする際には、自分の好みや感覚に合った演出を選ぶことが重要です。また、ヴァンパイアサバイバーとマイクラのワンブロックは、気軽にプレイできるゲームであり、プレイヤーの成長を楽しむことができます。本編では、スターフォックス64で登場するスターウルフとのボスバトルが取り上げられます。スターウルフとの戦いにおいて、自分がリーダーとして仲間を助けながら戦う忙しい戦闘が印象的だと語られています。今回の話では、スターボックス64のルート分岐もあり、スターウルフとの共闘エンドがあるかもしれません。また、エースコンバットやドラクエビルダーズのボスバトルも特別感があり、町が壊される場面で戦う気持ちになります。テイルズオブディスティニーに登場するキャラクターであるリオンが敵として出てきて倒す場面も印象深いです。ゲームの流れやキャラクターの立ち位置を考えると、意外な展開であり、プレイヤーに強い印象を残します。エリーの強力なボスバトルにも注目です。エリーは非常に強く、メタ的な要素も含まれており、最後のボスバトルやイベント戦も印象的です。また、デスストのギャップやFF6、地球防衛軍のラストボス戦についても話し、ボス戦の特別感や個体について考察します。最後に、提携の読み上げをして番組を終了します。この番組では、「ゲームなんとか」という名前で皆様からのお便りを募集しています。

00:17
Speaker 1
みなさん、こんにちは。こへいです。HARUです。
Speaker 2
ゲームなんとか第78回です。
この番組、ゲームなんとかは、ゲームが上手くもなければ詳しいわけでもないけれど、
ゲームの話がしたくてたまらない3人が、とにかくゲームの話をするポッドキャスト番組です。
毎週月曜日、0時配信です。今日も元気に話していきましょう。
はい。本日は、こへいとHARUの鬼名でお送りします。
そして、今日も頭から長めのオープニングトークが始まるわけではあるんですけれども。
Speaker 3
例によって。
Speaker 2
例によって始まるんですけども、一個ご案内というかで、この番組ね、毎回チャプターみたいなものを書いてるんですよ。
はい。
チャプター分けというか。なので、オープニングトークこれからするんですけども、いきなり本編聞きたいよって方がいらっしゃる場合は、
ポッドキャストの概要欄とかに、このチャプター何分から本編始まるよとか書いてますんでね。
こちら、ぜひ使ってもらえればなと思います。
Speaker 3
便利に使ってやってください。
Speaker 2
過去のエピソードも漏れなく書いてるんでね。本編いきなり聞きたいよってときは概要欄のリンクをクリック。
Speaker 3
そうですね。すんげー昔のやつとかだとあれかもしれないですけど。
あーそうだね。シーズン1とかはないかな。
今のシーズンになってからはね、全部ついてますんで少なくとも。
Speaker 2
使いやすいように使っていただければなと思いますよ。
Speaker 3
お願いします。
Speaker 2
そんなわけで今日もオープニングトークしていきたいなと思うんですけれども、
前回僕が話しすぎたんでね、今回はるさんに聞きたいんだけども、はるさん最近何やってます?
はるさんのホラーゲームプレイ
Speaker 3
これですね。これ前回話した話で、コヘイさんもやってたっていう、コクーンね。
コクーン終わった後に、ホライゾンのDLCに本当は行こうと思ってて、
実際今やってるんだけど、その間に1本ゲームを挟みまして。
何?
Speaker 1
っていうのが、前にゲーミングPC買ったらこれやりたいなーって言ってたやつの中にあげてたんですけど、
Speaker 3
変更ってホラーゲーム、インディーのホラーゲームなんですけど、を作ったとこが次の作品として出した。
カンガンデボーションっていう。
Speaker 2
カンガンデボーション。
Speaker 3
カエルに願うでカンガンですね。
Speaker 2
もう単語が不穏だよね。
Speaker 3
そうかな。そんなことないんじゃないかな。でもバキバキホラーですけどね。
Speaker 2
ビジュアル見ちゃったからかな。すげえ怖そうだねこれ。
Speaker 1
いやまあ、はい。ホラーです。かなりジャパニーズホラーに近いのかな。
Speaker 3
西洋のチェーンソーを持った人が追っかけてくるみたいなタイプのホラーじゃなくて、雰囲気怖いタイプの。
Speaker 2
一番怖い。
Speaker 3
前作の変更もね、まあ2Dではあったんですけど、比較的そのジトッとしたホラー演出みたいのが割と多め。
Speaker 1
うわここなんか起こりそうみたいな。ここからなんか物を取り出さなきゃいけないの。なんか起こりそう起こんないって。
Speaker 3
起こんないと思って他のとこ歩いてたらいきなりドーンって出てきて。
変だったりとかね。
何何何って思ったら別に何も起こってないみたいな。
Speaker 2
変だりーみたいな。変な音するとかね。
Speaker 3
そういうタイプ。
で、あのー、カンガンの方は、前ゲーミングPCの時にもちらっと話しましたけど、
まあスチームで一回発売されて、まあいろいろね、ごたごたゲーミングPCの回聞いてもらうとわかるんですけど、
中国の偉い人をディスった文章を隠してゲームの中に忍ばせてたらそれがバレて大問題になって、
すべてのプラットフォームから消え去るというね。
すべてっつってもスチームくらいだったのかな、当時わかんないけどね。
まあ、なぜやってしもうたんだーって思うね。
そうそうそう。っていうので、まあ今はその自社のね、サイトで直接こうデータ売りをしてるんですけど、
でまあそれがWindowsだけでしか遊べなくて、でそれをまあ、
あ、そういえば俺あれ遊びたいと思ってたのに全然触ってなかった、なんで気づかなかったんだって、スチームにねえからだっていう。
Speaker 2
どこのストアにもねえからだ、そりゃ思い出せないわけだよ。
そらね、目につかないとね。
Speaker 3
気になってるソフトとかウィッシュリストに入れがちだけど、ウィッシュリストに入れることすらできないからね。
Speaker 2
そうだよね。ウィッシュリストに入れれないものは忘れちゃうよね。
Speaker 3
ただ俺の心のウィッシュリストからふと降りてきたんだよ。
ああ、やらなきゃ。どうせセールとかもまあそろそろないだろうしなみたいな。
Speaker 2
そうだよね。
Speaker 3
まあホラーっつってもねえ、でもねえ、基本的にはアウトラストとかで例えちゃうとちょっとまあゲームの方向性自体が若干違うような気がするんだけど、
まあでも戦ったりとかはないホラー。
基本的にはその一人称視点でゲームを進めていくみたいな。
Speaker 2
そうよね。
Speaker 1
どちらかっていうとねえ、ゲーム性はねえ、アウトラストみたいに逃げ回るっていうよりかは根本的には、あのウォーキングシミュレーターってわかります?
Speaker 3
わかるわかる。
基本歩いて何かを見つけてそれをどうこうするみたいなのだったりとか、
そういう一人称視点でここで何があったのかを探っていくみたいな感じのゲーム性ね。
Speaker 2
まあそうだよね、アウトラストは露骨に敵みたいなキャラがいて、それに見つかったら逃げなきゃっていう場面が多いっちゃ多いからね。
まあそうじゃないってことだよね。
ある種、脱出ゲームっていうとまた言い方は違うのかもしれないけども、
いろいろインタラクトして掴んでいくというか、次に進めるようにやっていくっていうタイプの趣が強いってことよね。
Speaker 3
そうだね。
Speaker 2
これあれよね、前回の変更、どっちもやってないんだけども、変更が2Dだったじゃない。
今回3Dだから言うてしまえばアウトラスト的な怖さをちょっと加わってしまったなと思ってきて。
まあそうよね、後ろ振り向くっていう動作があったりとかね。できるわけじゃなくて。
視界が狭いっていう怖さが出てきたよね。
Speaker 3
それはね、うまく取り入れられてますよ、ちゃんと。
で、一人称視点っていうのもちゃんとミソになってて、そもそもこの視点誰なの?っていう。
Speaker 2
ほうほうほう。
Speaker 3
いきなりもうだってスタートからニューゲームスタートってなるじゃない。
ゲーム自体はね、たぶんそんな長くはない。10時間もかかってない。
下手したらあれかもしれない、コクンと同じくらいかもしれない。
時間かかってるかかってないかわかんないけど。
Speaker 1
そんなにね、めちゃくちゃ長いっていうわけじゃない。
Speaker 3
そのシチュエーションもそんなにいっぱいあるっていうわけではない。
けども、一番最初にスタートし始めると、1987年の台湾のとある異質から始まって。
カンガンデボーションのゲーム性
Speaker 3
隣のキッチンみたいなところから、おそらく奥さんなんだろうなっていう声が聞こえてきて。
Speaker 1
娘がどうのこうのみたいな。娘が学校でどうのこうのみたいな。
こういうことがあってね、みたいなことをしながらおそらく料理をしてるんだろうなっていう感じで。
Speaker 3
自分は今のテーブルに料理みたいなのが置いてあって、なぜかよくわかんないけどその下にテーブルに新聞が敷いてあるのよ。
Speaker 2
で、よく分かんないけどその新聞がバタバタだったんだ。
Speaker 3
ちょっと待って、別に不穏じゃない会話と、よくわかんない料理の下の新聞がブルブルブルしてる。
なんなのみたいな。
それ怖い っていうところからもう謎しかないわけ最初
なるほどなるほど で何なんだこれと思ってたらなんか
そのブルブルブルみたいなのが だんだん激しくなってきて
Speaker 1
えー なんかで会話の中で会話っていう
Speaker 3
かまあ自分は声発してないんだけど その奥さんの方が喋ってる中で
Speaker 1
でその娘がいてでその娘があれ そういえば娘は娘はどこみたいな
Speaker 3
こと言ってる間になんか画面が だんだんガタガタガタってなって
きてその後ボンって言って気づく と暗い部屋に一人えーその同じ
部屋なんだけど明らかに暗くて テレビしかついてないみたいな
Speaker 1
部屋にボンっているみたいでどう なってんだこれみたいなちょっと
Speaker 2
その中うろつくわけじゃないですか うろつくんだやっぱり
Speaker 1
そうするとまあいろいろアイテム があってあれなんか茶碗とかある
ぞみたいな茶碗はキッチンのところ に置くんだなみたいなそういうこと
そういろんなものがあるわけよ なんかこんなもん取れるもの見つけ
Speaker 3
たじゃあこれはどっかにきっと 置くんだろうなみたいなのをやって
Speaker 1
くとゲームが進んでいくみたい なねでその中でまあ文章とかも
多少あるのよその基本的にはその 家族の中で一体何があったのか
みたいな話がメインでしかも時代 を行き来するのよだからちょっと
非現実的な演出がまあ結構ある ちゃうだろうねで自分の部屋から
Speaker 3
出るじゃない部屋から出ることが あるのよでガチャって出るじゃん
Speaker 1
でよくわかんないけど窓のない 廊下があるわけよどうやらその
日本でいうところの団地みたいな ところに住んでるっぽいんだけど
Speaker 3
その廊下をたたたって歩いていく と正面にドアが見えてくるわけ
よでそのドアを開けると別の時代 の自分の家っていう
Speaker 2
はあはあはあなるほど
Speaker 1
でそこでまあいろいろあってまた そこの部屋から出るとまた違う
Speaker 2
廊下があって別の時代の自分の 家に繋がってたりするみたいな
時系列変わって場面変わってで 家族に何かみたいなのが進んで
いくってことね
Speaker 3
だからそこで一体何があったのか っていうようなのがまあホラー
Speaker 2
的な演出で進められてる
一周目と二周目の違い
Speaker 2
興味はあるがそうだなそのホラー 演出の類によってはうーん怖い
Speaker 1
Speaker 3
でしかも結構その割と現実のその 台湾の歴史というかその時代背景
Speaker 1
みたいのをベースにしてるらしく てある意味ちょっとね生々しい
じゃ生々しいかもしれない
Speaker 3
その時代背景みたいのもちゃんと ゲーム内でまあこういう風習が
Speaker 1
ありましてだとかこういうことが ありましてみたいなの説明はまあ
前の変更もそうだったんだけど そういう説明は一応ちゃんとゲーム
内でもある程度されてみたいな なるほどねっていうようなとこ
がある
Speaker 3
ただ一周目は本当にねあのまあ ホラーってそうあるべきだなと思う
けど
訳もわからない理不尽なことが 起きまくる
Speaker 1
ということってなるんだけどでも 俺このゲームすごいなと思った
のが
Speaker 3
一周目終わって二週目にやると 割とほぼすべてのことに納得が
いく
Speaker 1
一周目の時ひたすら理不尽だな っていうかこれ何だったんだよ
Speaker 3
みたいな
Speaker 1
ことは結構あるんだけどそういうこと かみたいな
Speaker 2
その理不尽なことに何か画点が 行くってことなの
意味があったなみたいな
面白いねそれは
Speaker 3
多分これだけ聞いててもやっぱり 理不尽な目にあったら理不尽だって
Speaker 1
思うと思うの一周目
Speaker 3
なんかそこのゲーム全体として 一周目遊んでから二周目
まあ二周目までやれってわけでも ないんだけど
別にちゃんと一周目であった出来事 を覚えてれば別に一周で完結するん
Speaker 2
と思う
Speaker 3
俺は割とその一周目の最初の出来事 とかもうあの一周目の最後まで
行った時点で忘れがちだったんで
Speaker 2
もうから見とこうと
そうそうそう二周目はやり始めて あそうこんな演出あったあった
Speaker 1
ああそういうことか
Speaker 3
へえ
Speaker 1
へえ
Speaker 3
感じになってすごいななんか株 足ねえなこのゲームと
Speaker 1
それはすごい体験だねへえ
Speaker 3
結構ねそんなに長くないけどしっかり ホラーだしグラフィックも結構
一応インディーのゲームスタジオ っていう扱いにはなるんだろう
けど
うん
結構グラフィックも頑張ってます
うんうん
あとはホラーが絶対無理っていう 人には勧めないけど
そうじゃない人には俺は結構名 作のホラーなのではって
へえ
ではあったかなっていうかまあ 俺が好み
ホラーゲームを楽しむための演出の選び方
Speaker 2
なるほどなあ
毎度僕こうホラー怖い怖い言い ながらこうふと遊びたくなって
突っ込んでこうやっぱ怖かった とか言ってる時あるんだけども
これやっぱ怖そうなんだよな
Speaker 1
いや怖い
Speaker 2
これ怖そうなんだよな
Speaker 3
どうなんだろうな俺の感覚は僕 壊れてるからもう分かんないです
けど
でもかなり嫌な演出は途中である ね
Speaker 1
うーわって俺がうーわって思う ぐらいの演出はあるんで
Speaker 3
ただグロかって言われるとグロ 方向ではないとは思う
Speaker 2
難しいよな単純に僕の好みでもない なもうなんか性格の問題で言えば
さあのバイオハザードみたいな 最初こえーとか言えばもう楽し
Speaker 3
むけど
Speaker 2
それはもうまあそういうものなの であのアウトラストとかはギリ
いけんのギリ
Speaker 1
でサイレントヒルみたいなの嫌 なのよねシンプルに嫌なのよ
じゃあダメかもしんない
Speaker 2
これ試さなきゃいけないんだよね これ
Speaker 3
そうなのよあのね産地削る方向 なのよねそのバイオレンスみたいな
タイプじゃなくて
Speaker 1
確かに産地削ってくるタイプでは あるからな
まあゲームの全体の尺で言えば アウトラストとかよりは全然短い
んで
Speaker 3
まあ耐えられるかどうかみたいな
Speaker 2
ああそうよねいやなんか
飛び込んでみればできるのかもしんない けどもなんか嗅覚的にはやめとけ
って言われてる感じがするよね
Speaker 3
なんかねこううー怖いって言う ならね
Speaker 1
まあでもその辺の攻め合いをしながら やってもらうぐらいがまあホラー
Speaker 3
として
Speaker 2
一番楽しめてて
そうよねそうまあホラーを楽しむ っていう意味ではそれが正しい
気がするんだよななんか
Speaker 3
そうなんだよね俺なんかちょっと したホラーエイスって追うぐらい
Speaker 1
しか驚かないときあるから大丈夫 か俺って思うときあるからね
まあでも個人的にはいい
Speaker 3
ホラーゲームっていうか単純に ゲームとしてすごいか不足なく
できてるな
Speaker 2
まあでもその2周目で画点が行く っていうのはなんかいい表現だな
Speaker 1
と思うな
あんなに怖い演出だったのにそういう ことかみたいにあれってそういうこと
Speaker 2
ああそれは
Speaker 1
ちゃんとその1周目でそれの振り がしてあるというか点と点をつなげ
ていくとなるほどこの演出はそういう ことだったみたいな画点は少なく
Speaker 2
とも自分の中ではほとんどのこと に画点が行ったんだよああなるほど
ヴァンパイアサバイバーズとマイクラのワンブロック
Speaker 3
みたいな
Speaker 2
ああそうですかその話を聞くと 面白そうだなって思いながらそうだ
ながら剣拭い切れないっていう この感じね
Speaker 3
そうでしょうねでもいつかそれを こう思い出していやちょっと気になって
Speaker 2
来たーになってもらえると面白い ですね
Speaker 3
その時は楽しみですよ
Speaker 2
ホラー需要が高まった時に突っ込ん でみるしかないな
Speaker 3
リスナーさんとかでも遊んだ人が いたら嬉しいなと思うけどね
Speaker 2
そうよね言いそうなもんだけどな
Speaker 3
すでに遊んでる方もいらっしゃる かもしれないけどね全然ね
いい作品でしょ
肝眼デボーション
間に挟むのにはちょうどいい衝撃 になる
Speaker 2
確かに10時間くらいその長さは ちょうどいいよね
Speaker 1
うん10時間も多分ないと思うん だよね今年から2週目なんかも
Speaker 3
リミック分かってる状態でやったら サクサク進むとは思う
なるほどねいいじゃないの
Speaker 1
まああとは最近やってるので言う とヨメさんとマイクラのワンブロック
Speaker 3
って分かりますか
Speaker 2
え分かんない
Speaker 3
マイクラのモッドみたいなやつ で完全に1ブロックの状態から
世界がスタートする
Speaker 2
完全に1ブロックの状態って本当 には1ブロックってこと
1ブロックでその1ブロックを掘る とそのブロックは消えずに土とか
Speaker 3
石とかその素材的なものがポコ ポコそのブロックから湧いてくる
でその1ブロックから世界を広げ ていく
Speaker 2
へえなるほどね
っていうモッドがあって
Speaker 1
面白いね
Speaker 3
それをネットで見かけたことがあ ってでもそれなんかそのアイデア
Speaker 1
としては面白いなとヨメさんと それやってたり
Speaker 3
最近はちょこっと始めてみたり あとヴァンパイアサバイバー
を最近ヨメさんとちょっとやります ね
Speaker 2
ヴァンパイアサバイバーあれ協力 プレイあるかあるね
Speaker 1
そうあれ今年かなかなんかに追加 されたっぽいですね
Speaker 2
そうなんだ
Speaker 3
2人プレイ
うんうん
元々なかったみたいな
Speaker 2
ヴァンパイアサバイバー僕もたまたま やってまして僕先週ねFF16がアーダ
コーダーの話をしましたけども その後ねその後FF16のサブクエを
一通りやってあとあの指名手配 モンスターがいるぞ的なやつを
一通り倒してみて一週目でやれる ことはとりあえずやりきったかな
って思ってもう一回最後にエンディング 見ようって言って
協力プレイでの成長
Speaker 2
ラスボス倒し直して終わったやり きったって思ってFF16がおしまい
ってなったんですよ
Speaker 3
気になるけどね
なんでも
気になるけどまあその話はきっと どっかでするんだろうな
おしまいおしまいって思ってね ここはね
Speaker 2
であのじゃあ次何やろうかなスター フィールドをやる気持ちにはもう
ならんぜ
Speaker 3
なんでなんで
Speaker 1
正直ねFF16で疲れたのね何かが 疲れたの
重かった
Speaker 3
そう僕のMPがなくなったのよね 完全にゼロになったの
Speaker 2
ちょっとスターフィールドをやる のはちょっと今もう体力がない
というか何かがないっていう
Speaker 1
まあね分かる分かる分かる重い の続けるのちょっとね間になんか
Speaker 3
挟みたくなるけど俺も実際スター フィールド終わってね
黒雲とさっきのカンカンとか挟ん で
Speaker 2
そうそうそうそうそうそうそう そういうの行くじゃない
まさしくその気持ちでねこうスパイダーマン2が出たよってあれ
Speaker 3
でもちょっとそれも今無理かなあ って
Speaker 2
無理すかねえって思ってね
であのじゃあもうほんとこう気分 転換になんかこうすごく軽いやつ
やりたいって
こうふとふとゲームパスのラインナップ を見たときにこうバンバンやさば
やばわーっす
Speaker 3
これだーってこれをやり始めて いやそうでぴったりかもね
あの頭空っぽにするタイプ
Speaker 1
そうそうそうなーもう考えずゲーム 選ぼうみたいな感じでね
Speaker 3
なんなら左手一本でもできちゃう もんねーっていうゲームだからね
Speaker 2
でこうなんかこう意外とこうあれ 死ぬともう一回って思うからさ
Speaker 1
いやそうなの
Speaker 2
なんか結果的にこう土深夜まで やっちゃうみたいなことが昨日
Speaker 1
あったの
Speaker 3
いやーそうなのよでワンプレイ その最後まで行くと1ステージ30
分かかるからね
そう結構やってた
実は結構吸われるっていう
Speaker 1
いやーでもなんかもうちょっと でいけそうなんだよなーっていう
Speaker 2
そうなのよそうなのよもう1セット やってみようって言ってその1セット
かを20分30分普通に行くっていう ね
でもあれ面白いね
Speaker 3
あのなんか最初侮ってるけどやり 始めるとさ結構あの普通に何だろう
Speaker 1
徐々にそのやれることが増えて くるじゃないけどその武器とかも
Speaker 3
増えていったりとかさアイテム 使えるアイテムとかも増えていく
じゃないアイテムとか拾えるアイテム が増えていったりするからなんか
そこでローグライク的にどうこう キャラクターを成長させていくか
Speaker 2
そうなのよなんか立ち回りこう 立ち回りたいみたいな欲が出て
くるんだよね
Speaker 1
うんうんあるあるこの装備取っと きたいんだよなーみたいなねこの
Speaker 3
武器みたいな
Speaker 2
上手い具合に出ないんだそれもう 出て欲しかったなーって言われて
Speaker 3
この中で言われてたら妥協のこれ みたいなことに今出るんかーい
とかね
Speaker 2
でそれをねやってると死んでも スコア的なものでいろいろ解放
されるようになってくるじゃない 新キャラが使えるようになった
ぞーみたいなのがあるよね新キャラ 出たらとりあえず一回使ってみよう
かなーみたいなこと思ってなんか 悪くないんじゃないかなーって
どのキャラクターでやるのが僕の やりやすいやり方なのかなーみたいな
こと思うと選択肢が増えると試したい ことがどんどん増えてくるね
Speaker 3
まあそうね武器が増えるとこういう この武器の進化どうすんだとかね
Speaker 2
そうこの反射のやつ楽しいなー みたいなこと思いながら
Speaker 3
あとこのニンニクいいなーみたいな こと思う
Speaker 2
ニンニクはねあの嫁さんが愛用 してます
Speaker 3
とりあえずとりあえずニンニク みたいな
いやまあそうなニンニクは強い からねニンニク
生存率跳ね上がるなって思いながら
身の回りで全体バリア的な攻撃 だからね
Speaker 2
そう攻防一体のあれ最高だなって 思いながらね
Speaker 3
進化させると相手のライフ吸収 しますみたいな
Speaker 2
ゾンビゾンビ
Speaker 3
普通に強くないみたいな
Speaker 2
そうヴァンパイアサバイバーズ あれもやめ時が自分で定める系
Speaker 3
だなと思ったりもするんだけども とかねふと思い立った時にちょっと
だけやるみたいなね
そう感覚のゲーム
Speaker 2
今xboxやってるとこうしょっちゅう ポコポコ実績解除しましたって
Speaker 3
出るからちょっと楽しくなっちゃ ってさ
Speaker 1
アドゲームなんかあれだよね
Speaker 3
ゲーム全体としてもそうなんだけど
マイプレイマイプレイさあのゲーム の序盤からこうキャラクター強く
Speaker 3
する段階ってあるじゃない一番 こうおいしいところゲーム
そうだね成長を楽しむ時間
Speaker 1
色んなゾンビが集まってきたぜ 強くなってきたぜって
Speaker 3
おー敵を蹂躙できるぜみたいな さあの感じを短時間で味わえる
ゲームだなって思ったり
Speaker 2
そうね
Speaker 3
でもう一回30分まで行ってクリア したらそれリセットされてもう
一回そこからやり直し
おー楽しいって強くなっていく みたいな
Speaker 2
そうなんだよね
あれお手軽で楽しいよね
あれはゲームパスだとあんまり だけどもともと数百円なんだよね
Speaker 3
そうそうあれすごいよね
でもなんか作った本人もなんで あんなに売れたのか分かんない
って言ってるらしいですけどね
確かにすげークオリティ高いゲーム かって言われると違うんだけど
Speaker 2
でもなんか
Speaker 1
なんだろうね
Speaker 3
なんだろうな昔あったシンプル シリーズとかに繋がるような
Speaker 2
あーまあまあ分かる分かるよ
Speaker 3
うん分かるねお値段抑えめだけど でもなんか面白いでしょっていう
Speaker 2
あれちなみにさその協力プレイ だと単純に画面上に2人いてっていう
Speaker 3
で画面引っ張り合っちゃうんだけど
だから画面分割じゃないんで同じ 画面に2人いるんで
両方が違う方向行ったらお前そっち 行くなよってなるんだけど
Speaker 2
そうだよねちなみにレベルアップ とかってバラバラに起きるってこと
Speaker 3
あれはねレベルアップはある種 強要になってて
1レベルごとにその最初の1レベル から2レベルになったときは1P側
がそのアイテムもらえます
で2レベルから3レベルになった ときは2P側がもらえますっていう
Speaker 2
ちなみにそのとき1Pが選んだら 2Pは何も成長しないってこと
Speaker 3
成長しない
Speaker 1
あーなるほど
そうだから成長速度が遅くなる のよ
Speaker 2
なるほどねまあでも単純に手数 が2倍あると思えばまあまあまあ
なくはないか
Speaker 1
でもでも1人のプレイヤーあたり 持てる武器とアイテムねが本来
Speaker 2
は1人プレイだと6個持てるじゃない 両方
そうだね
Speaker 1
それが2人プレイだと4個ずつしか 持てない
だから1つのプレイヤーあたりの 火力は1人プレイの時よりは最終
的には少ない
Speaker 2
なるほどなるほど
Speaker 3
仕様になっててしかも成長速度 も遅いから
Speaker 2
そうだね
Speaker 3
実際ね1人でやるよりも2人でも むずい
Speaker 2
そんな感じするのに火力が上げ づらいんだもんね
Speaker 3
そうまあでも最大まで行くと武器 8個分になるわけだからまあまあ
強いっていう感じはあるけど
でも武器の枠が4つしかないと やりづらくなる面も結構あったり
とかで
Speaker 2
その辺のやり取りは結構難しい
そうよね
まあだからこそやりがいあって 面白くはあるんだけどね
まあそうだななんか声掛け合って どれ取るみたいなことを話しながら
やりたい気はするななんかな
Speaker 3
そうそうそうそうそうだしまあ 1人だと割とクリアできちゃうん
だよねっていうところでも2人で やるとわーとか言いながら
Speaker 2
あー楽しそうだな
敵死なねーとか言いながら
Speaker 3
それ楽しそう
Speaker 2
火力足りねーみたいなさ
確かにな
Speaker 3
あと10秒とかね
あと10秒何とか耐えてーとか言って
Speaker 2
やるやる
あーでも楽しそうだな
Speaker 1
すごいな
Speaker 3
でまあステージ数とかねキャラクター 数も結構いるから
まだ全部やり尽くしてはいない 感じっぽいので
Speaker 2
上手いバランス取れてそうだな 面白そう
Speaker 3
そうですね
まあなんか上手いこと落とし込んだな って感じはしますね
Speaker 2
なんかすごく簡単になっちゃうとかが ありそうなもんだなと思ったけど
そんなことはないよね
Speaker 3
むしろ難しくなってる印象だから 逆にこうやりごたえあって
Speaker 1
最初2人プレイで本当に一番最初から 始めたんすけど
Speaker 3
その状態の時あまりにも10分くらいで 死んでどうしようかと思ったけどね
全然進めないんですけどっていうか 敵固くね?みたいなさ
Speaker 2
確かにねあれ火力が足らない状態だと きついもんな
Speaker 3
最初初期に使えるキャラクターって 武器微妙みたいなさ
Speaker 1
若干レゴルソクじゃないですかみたいな
Speaker 3
後半になると割と初期持ってる 武器から強いみたいな
Speaker 2
なるほどねいいじゃないの
2人でならではの楽しみ方があるとはな
Speaker 3
嫁さん曰くヴァンパイアサバイバーのこと タイトル分かってないから
30分逃げ回るやつって言ってて なるほどみたいな
そういう感覚なので確かに間違っちゃいないから 逃げ回ってるは確かにみたいな
そうだねあってる
Speaker 2
あってる
Speaker 3
なるほどねー
ああいうコンパクトなゲームというか
Speaker 2
まあでも本当にお気軽に遊べる
つまみ食いにちょうどいいゲームというのはね
いいよねー
Speaker 3
よきよきですよ
見た目的にはこう
え?このゲームそんな売れてんの? みたいな感じだけどね
Speaker 2
いや本当よね
Speaker 3
思うけど実際遊んでみるとなるほどなーと思う
Speaker 2
何が売れるかわかんないよね
遊んではないんだけどもヴァンパイアサバイバーズ やろうかなっていう一瞬前に
話題のスイカゲーム買ってやろうかなって思ったりもしたんだけども
Speaker 3
いやまああれもね
Speaker 2
なんかこう世の中何当たるかわかんないよね
Speaker 3
わかんないよねー
わかんなすぎるよね
Speaker 1
いやまあでも今のネット文化だとこうやっぱね みんなが手に出しやすいシンプルなシステムが
Speaker 3
一球にドーンって受けることがあるんだなー っていうのはなんか改めて思うけどね
Speaker 2
そういうことよね
そうだよねヴァンパイア
お手頃な値段でね
ちょろっと触ってみたいって思わせたら 十分なのかもしんないよね
Speaker 3
なんかある意味シンプルゲームにちょっと回帰してるというか
Speaker 2
感はちょっと重たい
そうよね
シンプルシリーズとかでPS1とか2だったよね
あれもなんかすげー楽しく感じる時期あったからなー
どんどん出してほしいって思ってた時期というかね
確かにな
ちょっとバカゲーみたいなのをバンバン出してくれてもいいもんな
気づいてないだけであるんだろうなインディーだとな
Speaker 3
すごい人がすごいシンプルですごいゲームを作るとかっていう文化あってもいいよね
最近プラチナやめられましたけど神谷さんがね
ネオクラシックゲームみたいなシューティングを出したりとかさ
ああいう流れとかもあるわけだね
ああいうのももうちょっとあって面白いなと思った気がしますけど
Speaker 2
対策志向な強めの僕が言うのもあれだけど
対策が全てではないからね
Speaker 3
なんか結構ローグライクシューターみたいな
割とすぐ死ぬんだけどもう一回リプレイして
毎回出てくる敵が違うみたいなシューズ結構好きだったりする
Speaker 2
そうよね
ちょっと前に遊んだ同列に語るのはちょっと失礼になって聞こえちゃうかもしれないけど
ネバーウェイクとかもすごくワンセット短めで遊びやすいゲームだったから
ああいうのもいいよなと思ったんだよね
Speaker 3
そうですね
あれもすごい丁寧に救済とかも考えられてるから
本当にいろんな人が遊びやすい
Speaker 2
チャレンジモードみたいなのも結構多彩だったしね
あれも結構永遠と遊べるタイプのゲームなんだろうなと思いながら
Speaker 1
ストーリーもキャッチですしね
Speaker 3
いやーまあこんなとこっすかね
時間見るとちょっと焦るね
Speaker 2
雑談があちゃこちゃとどこまでも行きそうになったんだけどもね
今日もそろそろ本編に行こうかと思いますけども
今日タイトルどうしようか今だ悩んでるんだけども
Speaker 3
ボス的に関する話をしようかなと思ってますよ
Speaker 2
ボスの話っていうね
Speaker 3
すごくざっくりとした
Speaker 2
本編話してみてね
そこからタイトルどうしようかな
改めて考えてみようかなと思いますけども
とにもかくにも今日はボスの話をします
ボス的ボスキャラそういう話をします
Speaker 1
そんなわけで早速本編入っていこうかと思います
Speaker 2
本編でーす
ボスの話です
冒頭で話したチャプターを使った人がいたら
いきなりここ聞いてるかもしれませんけど
どうもこんにちは
今日はオープニングトーク30分もしちゃいましたよ
Speaker 3
馬鹿野郎
しょうがないじゃん止まんないんだお前
それはいいとして
今回ボスの話をしようっていう
それこそシーズン1のゲームなんとかの時みたいな
結構ざっくりしたテーマ性でしゃべってみようっていうのをね
久々にこうある種
最近ハイアツーで肩の力抜いてやってみようじゃないけどさ
そんなノリでちょっとゲームなんとかも
ラフなテーマ設定があってもいいんじゃないかっていうのと
Speaker 1
あと先日10月の16日にボスの日っていう
Speaker 3
ハッシュタグを俺がちょっと見つけたんですよ
ちょっとゲーム界隈の人はこんなボスあったよねみたいなのを
Speaker 1
あげてるっていうのをちょこちょこ見かけたんですね
Speaker 3
なのでそれを見かけたんで今回の収録テーマ何するっていうと
ボスの話とかどうすかっていう
すごいざっくりしたね
Speaker 2
テーマ振りをしたっていうのがきっかけだったんですけどね
全然起点としてはちょうどいいんだけどね
ゲームしてればボスっていうのもあるし付き物ではあるからね
その中でね思い出深いだったりとか
単純に好きだよねとか
いろんなタイプのボスがいると思うんでね
今日はそういう話をできればなぁと思うんですけども
どうしようかね最初取っ掛かりみたいなので話すので
軽めのやつというか僕ボスの話をしようって思った中で
真っ先に思い出したやつというか
多分昔のゲームでもどっかでチラッと話してるような気はするんだけども
ボスの話という括りではなかったはずというところで
スターフォックス64のスターウルフ戦
Speaker 2
スターフォックス64でスターウルフっていうボスがいたんですよ
Speaker 1
聞いたことある気もする
Speaker 2
はるさんって確かスターフォックスってスターフォックス64って確か遊んでないよね
Speaker 3
スファミしか遊んでないかな
Speaker 2
でもスターフォックスだいたいざっくりイメージがつけば
64だからとかスファミだからとかであんまり変わらないとは思ってるんだけどね
大きなゲーム性というかね
3DのTPS視点というかのシューティングゲームになってます
その64のやつではスターウルフっていう
敵のある種ライバルキャラみたいなボスが登場したんだよね
Speaker 3
ってことだよねスターフォックスはフォックスかそっか狐か
Speaker 2
そうそうそうスターフォックスはスターフォックス以外にも
カエルのスリッピーとかうさぎのペッピーとか仲間がいいんだよね
4人招待の舞台がスターフォックスっていうものなんだけども
ライバルのスターウルフに関しても同じく4人招待
4人招待だったと思うんだよな
全く同じ人数構成でボスとして登場するっていうやつがいたのよ
なんでそれが印象的だって言われるかと
スターフォックスは通常のボスってある意味
画面結構埋め尽くすのは大型ボスと真正面から戦うみたいなのが
報道のよくあるボスの戦い方なんだけども
スターウルフに関しては敵も味方側のフォックス達と同じで
戦闘機に乗ってて戦闘機同士で戦うっていう
しかも4対4で戦うっていう状況になるんだよね
なのである種航空機バトル戦闘機バトルみたいになるんだよ
Speaker 3
通常のボス戦だとあんまない後ろ取った方が強いんだよね
そうそうだよねケツの追っかけ合いになるわけ
Speaker 2
言い方は極端かもしれないけどちょっとゲーム性変わった気がするよね
しかもね4対4になる中でそういう風に設定されてるんだろうけども
我が味方たちが若干不利になるようになってるのよ
自分はある種スターフォックスをプレイヤーとして使ってるんだけども
基本はスターウルフと戦うとライバルキャラになる
でも周りでスリッピーが他のスターウルフのやつに
やられかけてるみたいな場面とか
Speaker 3
助けてフォックスとかって通信が入ってくるみたいな場面がまあまああるのよ
Speaker 2
助けてケロケロとかのイメージがあるわ
まさしくそれでやべえってほっとくとほんとにやられちゃうんだよね
だから自分はスターウルフに追っかけ回されてるんだけども
まずはスリッピーを助けていかねばならんみたいな状況とかっていうのがあって
他のボス的よりもなんか忙しい場面があるのがスターウルフ戦なんだよね
だと状況的に熱いっていう
Speaker 3
そうねライバルとついに対面みたいな
Speaker 2
そうライバルと戦っていて
自分はある種しょうがないから後ろを取られた状態をあまんじて受け入れて
後ろから撃たれている状況なんだけれども
仲間を助けにまず仲間が一番前にいて
その仲間の後ろを狙っている敵のスターウルフ部隊を自分が追っかけて
そのさらに後ろにスターウルフがいててこういう四人こうずらっと並んだ光景みたいなね
でこうまずは自分の仲間を助けて
忙しい戦闘と舞台リーダーとしての感じ
Speaker 2
助かったよフォックスとか言われて
よしお前また戦えって
今度はペッピーがやばいみたいなことを
今度はそっち狙いに行ってみたいなことをやってこう
Speaker 1
なんだかんだ言ってこう
Speaker 2
自分が一通りの仲間を救った後にようやくスターウルフと
よし最後はお前だみたいな場面になるっていうボス戦になるわけで
めっちゃ忙しいんですよ
Speaker 3
それテンション上がる系の忙しさよな
Speaker 2
そうあのなんか他のボス戦と違ってこう
すごい自分がなんかこう舞台のリーダーとして頑張ってますっていう感じが
すごい出るのよね
スターウルフ戦の繰り返し
Speaker 2
ていうボス戦があったもんで
でまぁあのスターフォックス64の中で
そのスターウルフ戦って何回かあるんだよね
あ、へー
一回じゃなくて
初回にあってさっき話したようなバトルがあって
ほんとこうよくあるタイプのボス的というか
今回は見逃してやろうみたいな
スターウルフ隊
Speaker 3
覚えてるよ的な感じになる
Speaker 2
ちくしょうめーって言ってこう去っていって
またなんかこうストーリー中盤くらいになったらまた出てきて
今度は負けねえからなみたいな感じになって
なんかちょっと強くなってまた帰ってきてるというか
ていうのが何回かあって
スターウルフとのライバル関係みたいなものが
因縁が深まっていくみたいな感じがね
Speaker 1
それもしかして最後低下してくれちゃうやつなんじゃないの
Speaker 2
あのねあんまり覚えてないんだけど
あんまり覚えてないんだけど
3回くらいあった気がするのよ
ほんとに度終盤にもう1回出てくるみたいな場面があったはずなんだよね
でそこでね別に共闘はしなかった気がするんだよね
いやでもねマルチエンドだったから
Speaker 3
共闘パターンあったのかがわからないんだよなぐらいね
Speaker 2
そうあのスターボックス64ってね
こうルート分岐みたいなのがいくつかあるのよ
Speaker 3
なんかスーファミのスターボックスもなんかあったよね結構
Speaker 2
そうあるよね
あのミッション
例えばだけどミッションAでこういうクリアの仕方をしたら
ルート分岐してみたいな
こうなんかこう網打みたいなのがどんどん増えていくから
最終的にトゥルーエンド的なものがどれなのかって
僕ちょっと正直覚えてもいないんだけども
ひょっとしたらスターウルフと共闘エンドあったのかもしれんとは思ったりもすんだよね
Speaker 3
あっても面白そうだよねそれは
Speaker 2
そうあってもおかしくない
とりあえずスターウルフ戦は熱いっていうのがこう
今日ボスの話しよーってなった時に
いやーまぁボスっつったらこれだなーって思ったのがスターボックス64なんだよね
Speaker 3
いいですね
ソウルシリーズやドラクエビルダーズのボスバトル
Speaker 1
なんかそういう展開聞くと割とこう
Speaker 3
俺がやった中でそういう展開あったのはやっぱエースコンバットとか
Speaker 2
やっぱある?あります?
Speaker 3
あのーエースコンバットって
Speaker 1
ああいうゲームにしては珍しく
明確にボスらしいボス敵は出てくるのよ
Speaker 2
あー
Speaker 3
あのーでっかい飛行機とか
Speaker 2
あーなるほどね
Speaker 3
てか主にでっかい飛行機かな
すんげーでかいボス飛行機みたいなやつとか
すげーでかい人とか
すげーでかい砲台とか
そういうの出てくるんだけど
そういうのは分かりやすくボスとしてあるんだけど
結局一番熱いのは乱戦になっている時が一番熱いみたいな
Speaker 2
あーまあそうだよね
Speaker 3
なんかやってて
Speaker 1
どんどん打ち落としてくる
仲間たちもいっぱいいて
Speaker 3
敵もそれ以上にいっぱいいて
Speaker 1
なんか仲間たちが助けてーみたいな
いってどこに今行くぞーみたいな
Speaker 2
やっぱそうだよね
Speaker 1
そういうのはやっぱ熱いよね
Speaker 2
はいはいそうだよね
戦場をかけるお礼みたいな感じで
Speaker 3
あいつがいなかったら
俺たちはどうなってたか分かんないぜ
ありがとうみたいな感じで言われるみたいなさ
Speaker 2
そうなんだよな
別にリアルにコープしてるわけではなくても
NPCとかでも助けを求められるシーンで
助けに駆けつける俺みたいな
熱さってあるよなと思うんだよな
Speaker 3
そこの中にやっぱりドラマは生まれがちよね
助けに行きたいんだけど追っかけられてて助けに行けないとかさ
ちょっと距離的に無理とかさ
Speaker 2
そうよねなんか
仮に助けられなくてもなんか自分の中でドラマ生まれるよね
Speaker 3
っていうのはありがちよな
あーやっぱあるね
倒したら倒したで
まあそれこそエースコンバットとかもライバル的なね
敵のネームドッキーが出てきたりとかっていうのはありがちだからね
Speaker 2
うーんそうよね
Speaker 3
なんか敵の集団をとりあえず蹴散らしたら最後に
ネームドッキーが出てきてそいつらと
まあやっぱり乱戦とかね
Speaker 2
はいはいはい
Speaker 3
ネームドッキーっていうかネームドッキーの変態みたいなね
Speaker 2
あー
Speaker 3
なんとか部隊みたいなのが出てきて
あーつい
そいつらと戦うみたいな
Speaker 2
はいはいはい
Speaker 1
さっきまでの奴らと動きがちげーみたいな
Speaker 3
いいよね
Speaker 2
動きが違う
いいねそれ
Speaker 3
めっちゃ避けるやんみたいな
Speaker 2
そうよねそういうのいいよね
うーん
Speaker 1
なんだかんだでね
まあでかいボスもいいんだけどいいんだけど
Speaker 3
なんかやっぱり同じサイズ感というか
うーん
それこそソウルシリーズとかでもさ
散々こうでっかいドラゴンとかさ
Speaker 2
あーはいはいはい
Speaker 3
異形のモンスターみたいなのが出てくる割には最後は人型だったりしつつしがちじゃなくて
Speaker 2
あーそうねいやそうね
Speaker 3
デモンズソウルで
Speaker 2
確かに確かに
Speaker 3
オーラント王だっけとかね薪の王とかも
Speaker 1
最後は最後で人型みたいな
Speaker 2
そうね
Speaker 3
でもその厚さみたいなのもやっぱあるはあるよな
Speaker 2
分かる
Speaker 1
分かる
でもそれに関してはどっちも嬉しいんだけど
すげー死ぬほどでかいやつみたいな
なんじゃこりゃーっていう最後も
Speaker 2
まあ確かにね
Speaker 1
良かったかもなと思いつつ
まあでも人型は人型で味わいあるよなっていうか
Speaker 3
そのライバルじゃないけど同じサイズ感でやりあってる
そうよね
Speaker 2
みたいな
ソウルシリーズで言えばさ
ラスボスとかも確かにそうなんだけども
そこまでこうゲーム突き詰めてない頃に出会うあの
銀騎士みたいなやつとかさ
すげーひりつきない?なんか
Speaker 3
まあまあそうね
Speaker 2
ああああってなる
Speaker 3
そうなんだよな
Speaker 1
なんかちゃんとこう戦いやってる感は出るよね
Speaker 3
同じスケール感
Speaker 2
そうだねそうそうそう
ほどよくパリィ狙える相手みたいなレベルかサイズ感というかね
そうよね
Speaker 3
だからパリィ返してほしいよね
そういう
Speaker 2
ドゥーン
Speaker 1
ブシャーマジかよ
Speaker 3
そういうのもいいよね
Speaker 2
確かに分かるな
Speaker 3
うーん
Speaker 2
そうよねまあボス的というのか分かんないけど
ソウルシリーズだと乱入してくる
闇霊?闇霊だったっけ
ああいうのもまたちょっとボス感というかは特別感はあるもんなと思うな
Speaker 3
そうねそうね
Speaker 2
ボスっていう括りがどこまであるか分かんないけどな
強敵みたいな括りでいくといろいろそういう厚さはあるなと思うな
Speaker 3
そうだね確かにね
特別感はあるよね
ボスっていうとなんか大きいなんかボストロルみたいなさ
ああいうの想像しがちだけど
確かに同じサイズ感のボスってちょっとやっぱ特別感はあるか
Speaker 2
そうねまあでもね大きいのがいっぱいいるからこそなんだろうけどね
全部が同じサイズ感だったらあれなんだけどもね
Speaker 3
ああ確かに確かに
Speaker 2
ランキューがあるというかメリハリがあるというかね
そうよね
まあもう一個なんか思い出した中で言うとちょっと経路違うかもしれないけど
ドラクエビルダーズのボスバトルも結構好きでしてね
Speaker 1
ビルダーズのボス
Speaker 2
そうビルダーズね
ビルダーズ1,2とあるんだけども
ボスバトルっていうのかな
ゲーム的には竜王軍バトルっていうのがあるんだけども
2は竜王軍ではなかったかもな
でもストーリー上の節目節目にバトルがあるのね
それって敵大型モンスターなのか
敵の大きさは大きくはないんだけども
軍団みたいなのが攻めてくるみたいな場面があったりするんだよね
その時って主人公の自分がプレイするビルダーだけじゃなくて
街の住人たちも戦ってくれるっていう場面なのよ
で大体の場合自分たちを倒しに狙ってくるっていう側面もあるっちゃあるんだけども
意味合い的には僕たちが作った街を壊してくるみたいな側面が強いのよ
でそれを四方八方から来る敵をある種タワーディフェンス
それは言うと大げさかな
でもちょっと防衛戦みたいなところがあって
街の住人たちと一緒に魔物たちを僕たちみんなで倒すんだっていう場面になるんだよね
いいね共闘しとるね
で特に大型ボスが相手の時は
ビルダーズでの町の壊れ方と復旧
Speaker 2
大型ボスの攻撃が結構エリアが大きいというか攻撃範囲が広くて
どう頑張っても街に被害が出るんだよね大体ね
Speaker 3
ぶち壊される
Speaker 2
せっかく建てた宿やーみたいなドコーン壊されたりするんだよね
Speaker 1
いやでもそれはうまいこと作ってるね
Speaker 3
だからこそだもんね作ったものが壊されるからこそよっていう
そうなのよ
Speaker 2
うわーなんてことすんだーって感じになる
気持ちになるのよ
絶対に許すまじーみたいな気持ちになって
住人と一緒にうわーって大合戦のムードになって
絶対に許さないって戦うっていう気持ちになるんだよね
Speaker 3
その住人もある種作り上げたわけだもんね自分がね
Speaker 2
そうなのよ一緒に集めた仲間でもあるし絆を深めた仲間であって
なんならばこの建物住人たちと一緒に作った施設なんですけども
なんで壊すんですかみたいな気持ちになるよね
そうねいいね
ビルダーズはだいたいボス戦っていうとそういう作りになって
1、2も基本共通してストーリーが進むと
一旦このエリアは町作り終わって平和になったよねと
だから次の町に行こうみたいな
そこでまたゼロから作り直そうみたいなことになるから
Speaker 3
いいよねクラフト系というかサンドボックスっぽく見えてちゃんとステージ性を用意してる
そうなのようまいよな
Speaker 2
だいたいのボスバトルで新たなエリアで気づいた
新しい町、新しい住人との絆をあるし
踏みにじってくるやつらを許す町って毎ステージ思うというかね
そのボス戦で自分の町がぶっ壊されるっていうのがあるし
自分の町への愛着を高めるよなというのを毎回感じていて
ビルダーズ1ではボスバトルでぶっ壊された町は
自分で手で直すことになるのよ
ボスバトル終わった後に
Speaker 3
壊れちまったからなーって現状復帰
Speaker 2
チクショーガーって直すのよね
で、直すついでにここ故障かなとか言って
Speaker 3
こういう町の改築が始まったりするんだけど
Speaker 1
めっちゃわかる
Speaker 2
思いついちゃったみたいな
Speaker 3
そういうのあるなー
Speaker 2
だからボスバトル15分
復旧作業1時間みたいな感じになる
Speaker 3
絶対なるよね
ここ今だったらこうするなーみたいなね
Speaker 2
素材あるしなーとかね
ある種、町の修理が億劫でもあり楽しみでもありっていうのがビルダーズ1だったんだよね
で、ビルダーズ2においては
ボス戦終わったら町の住人たちが元に戻してやるやつって
オートで直してくれるのよ
で、そのシステムの改善を見た時に
ああ、そうなんだ、直してくれるんだ
なんかこう、何この
Speaker 3
いや、ゲーム的には確かに正しい気がするっていうか
そうね、そのめんどくささ、めんどくさいっていう声があったのかなーみたいな
Speaker 2
なんかね、ビルダーズ2ってね、ビルダーズ1と違って
住人たちもビルダーの素質を、才能を開花させているっていうストーリー的な裏付けもあったりして
まあそうだよね
僕たちもできるんやで
みんなできるから、町のみんなのことをビルダーズに、ビルダーの主人公に任せるんではなく
住人たちが自らの責任の芽生えを持って直している、なるほど、なあという気持ちの落とし所もあるんだよね
Speaker 3
ただ何かちょっとこう寂しい気持ちがどこかに残るというか
Speaker 2
やりたかった気もするというか
Speaker 1
なんか選択式でもよかったんじゃないとか
Speaker 3
でも選択式だったらまあ、直してもらうほうを選んじゃうんだよね
たぶん選んじゃうんだよね
Speaker 2
そのめんどくささ込みでちょっとやらせてほしかった感はあるか
すごく悩ましかったんだよね
直したかったのかと言われたら、まあめっちゃ時間かかるしなあっていう気持ちもあるし
まあそれが足るいという気持ちがないかと言われたら、ないわけでもない
おうとは、まあありだよなと思うというか
Speaker 3
まあ意味はわかるんだがっていう感じだね
でもなんかそれが楽になっちゃうと壊される重みが若干減らんみたいな
思うとこもあって確かに
Speaker 2
すげえ悩ましいな、このシステムの変わりっていうのはすごい悩んだね
Speaker 3
確かにね
でも本当にそのね、サンドボックスというかさ
クラフト系のゲームのシステムとボス戦というのがすごいうまく交わってますなあ
Speaker 2
そうなんだよ
前ビルダーズの話したのは、たぶんダンさんと2人で話したときなんだけども
ビルダーズはなんなら精子より好きかもしれんって思うぐらいの
いいストーリーだったりするんだよな
ビルダーズはそのゲームシステムも含めてめちゃいいゲームだなと個人的には思っていて
Speaker 3
なぜ3が出ないみたいな
Speaker 2
なぜ3を出してくれんのじゃーみたいな気持ちとかね
Speaker 3
いやそれをやってない俺が言うのはおかしな話なんだけど
お前のせいだよって言われてはいそうですっていう感じではあるんだけど
Speaker 2
でもなんかそのビルダーズの良さってある意味ボスバトルとかでもちゃんと演出されてるなあという気はしているのよね
Speaker 3
話してるぐらいめちゃくちゃいいソフトな感じするんだよね
Speaker 2
めっちゃいいゲームだと思う
Speaker 3
そうよね
Speaker 2
今でもマイクラしてる人いっぱいいるんだから3も需要あるんじゃないかなって思うんだけどもな
Speaker 3
そうだよね
まあでももうビルダーズ2人でできねえからな
Speaker 1
マルチプレイできねえからなあそこかなあ
Speaker 2
そうだよなまあまあそう言われたらそうだよな
Speaker 3
じゃあビルダーズ3はマルチプレイ対応
Speaker 1
マルチプレイかあ
Speaker 2
できないだがなあ
Speaker 3
大変になっちゃうねえ
Speaker 2
でもビルダーズのボスバトルはいいボスバトルだったんですよ
Speaker 3
いいですね絡み合ってますねシステム
安易にねただ戦うだけじゃないっていうのがいい
Speaker 2
今でもオススメをみんな一生懸命作ってマルチぶっ壊されてほしいもんね
マルチぶっ壊されて体験してほしい
Speaker 3
体験したい感はあるわ
自分で直したいっていう気持ちはすげえわかるわ
Speaker 2
気づけば全面回収してるときあるから
Speaker 3
もはや別の
Speaker 2
床から張り直すかなみたいなこと思いながらね
そういうもんだよね復興ってみたいなのがある
壊されちゃったからもうしろグレードアップしていくみたいな気持ちになる
Speaker 3
日本の復興はそうやってなってきたみたいな感じすら
Speaker 2
そうそうボスバトル楽しいなよ
Speaker 1
俺もなんかあげようかな
Speaker 3
俺はねちょっとさっきの小平さんが言ってたスターフォックスにある意味被る部分はあるかもしれないけど
テイルズオブディスティニーのリオン
Speaker 3
テイルズオブディスティニー
若干ネタバレと言えばネタバレなんですけど
テイルズオブディスティニーに人気投票すると割と1位になりがちなリオンっていう
Speaker 2
はいはい有名ですよね
Speaker 3
そうそう男キャラがいまして
ちょっとあれなんていうんですかねクール系の
ちょっと中二ではないけどキャラクターというか
まあでもなんか言ってしまえば僕的に言ってしまえばなんかテイルズの代表みたいな感じが勝手にある
あいつ代表でいいのかみたいなところ
Speaker 2
これこれみたいなところちょっとあります僕の中ではね
Speaker 3
なんで代表にしていいのかっていう話になるとあいつ途中で死ぬんすよ
Speaker 2
ああそうなの知らなかった
Speaker 3
あいつ死ぬんすよ
Speaker 2
ああそうなんだ
Speaker 1
ディスティニー2とかでなんか復活したわけではないんだろうけど
Speaker 3
まあなんかいろいろあって出てきてるっぽいんですけど
Speaker 2
なるほど
Speaker 3
実はディスティニー2をやってないのでわからない
出てくるっていうリオンっぽいやつでいるなっていう話は出てくるっていうぐらいの話しかしないんですけど
Speaker 1
そのキャラクターが途中まではプレイアブルなんですよ
Speaker 3
で要は味方の戦力の一人なんですよ
っていうかまあまあまあ主戦力のメンバーの一人なんですよ
主人公の金髪のスタン君がいて
一応ビジネスパートナー的なルーティーっていう女のキャラがいて
でサンパンテぐらいにリオンがいるんですよ
割と感覚的には
そいつがいるんだけど
Speaker 1
そいつがまあ途中でいろいろありまして
まあ裏切るというか結果的にその主人公たちと
Speaker 3
敵同士になってしまうというか
結果戦うというね
Speaker 2
あ戦うんだ
Speaker 3
戦うの
Speaker 2
ボスとして出てくるの
Speaker 1
だから味方として戦ってたやつだからまんま
Speaker 3
その味方として使ってた時と同じ技とかガンガン打ってくるの
Speaker 2
いやだー
でもまあまあ
俺こいつ倒すしかねえのみたいな
Speaker 3
結果倒すしかないんだけど
向こうももう決意バキバキの状態で来るんで
Speaker 2
殺すぎてくるのね
Speaker 1
そうそうそう完全に
俺もね記憶が遠すぎて若干あれなんだけどね
それこそ将来プレステの頃だったから
Speaker 3
その立ち位置的には確かそういう立ち位置だったと思うの
Speaker 2
何か意見というか相違があって
Speaker 3
完全に敵として出てきてそいつを倒して
そのリオンは死んでしまうのよ
Speaker 1
だからもうプレイヤーキャラとしても
Speaker 3
完全にそこでダーンって使えなくなるわけ
Speaker 2
その戦う場面でそのまま死ぬの
Speaker 3
そのままだったか
Speaker 1
でもその近辺で死ぬ
Speaker 3
なんかイベントでは最終的になんかで死んじゃうみたいなのがあったかもしれないけど
まあでもきっかけはまあまあ戦ったことって考えて
まあまあおおむね間違いではないわけさ
いやきついよねあれね
Speaker 1
そういうパターンなんかありそうで
Speaker 3
意外にないんじゃねえかなって思ったりする
Speaker 2
いやそうねある種完全に敵対するって
えー思いつかないなないんかもな
Speaker 3
あんまりない気がするのよね
Speaker 2
そのまま離脱してしまう仲間とかはいるけど
倒しちゃうか
Speaker 1
敵として倒してそのまま離脱って結構エグめの
Speaker 2
そうねやまさしくね
Speaker 1
他のテイルズシリーズ全然やってないの多いから
Speaker 3
あったりするのかなと思わんではない
なかなか奥の手だよねと思って
それこそソウルシリーズとかでやってても別にまあまあ
あるよねっていう感じというか
あそこの世界だいぶ殺伐としてるんで
意味違うよねっていう感じはあるけど
Speaker 1
そのパーティーとしてちゃんとしっかり仲間を組んでる中で
Speaker 3
そいつが裏切って敵として出てきて倒して
そのままさよならってなるのは結構エグい
そうなんですよ
しかもただのモブっていうかキャラクターじゃなくて
Speaker 1
そのテイルズでソーディアンっていう
Speaker 3
ちょっとまあ選ばれた人間みたいのがいて
Speaker 1
そのソーディアンっていう人が
Speaker 3
いやソーディアンは違うのかな
武器が喋るのよ
主人公たちの持ってる武器って
人格が雇ってる武器みたいのをそれぞれ装備してて
その武器ごと成長していくんだけどキャラクターと一緒に
Speaker 1
それを装備できる人間っていうのが
Speaker 3
まあちょっとした選ばれた人間みたいな設定がある
その選ばれた人間の一人がリオンだったりするわけ
Speaker 1
だからすげえ特別なキャラだと思うじゃん
でも途中で敵になっちゃって
敵で武器ごと死んでいくっていう
Speaker 3
マジかよ
Speaker 2
意外というか
そうなんだ
Speaker 3
あれはよっぽどラスボスよりも印象深い
Speaker 2
それでもまあ初見プレイ衝撃だね
Speaker 3
普通にマジか
Speaker 2
衝撃だよね
Speaker 3
人によってはトラウマみたいな感じになる
Speaker 2
本当だよね
一番好きってなってるパターンあるよね
そうそう
味方としてね
Speaker 1
しかも好きになられやすいというか
Speaker 3
一定量こういうキャラ好きだよねっていう人がいるタイプのキャラじゃない
こういうファクションでいうとこのヒゲみたいなさ
ああいう感じですよポジション
そのキャラクターをそうかそうするかみたいなね
Speaker 2
一時敵対して最終的にまた仲間にみたいな