1. アナタのお金の悩みを解決! 2020年の家計防衛
  2. 第14回 【38歳サラリーマン】..
All About『マネープランクリニック』でアドバイスをするFP深野康彦さんとマネーライターの清水京武さんが、All About『マネープランクリニック』に寄せられるリスナーからのボイスメールでの疑問・相談・リクエストにお答えします。
今回は現在38歳で、住宅ローンがあと33年残っているリスナーからのご質問で、繰り上げ返済をする適切なタイミング、なぜ繰り上げ返済が重要なのかということについてアドバイスをしていきます。 ※今回はリスナーから生声ではなく、スタッフにより代読させて頂いております。"

See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.

00:05
皆さんこんにちは、ファイナンシャルプランナーの金谷志夫です。
皆さんこんにちは、マネーライターの清水です。 福山先生、今回もよろしくお願いいたします。
よろしくお願いします。
今回のテーマは、住宅ローンということで、 いろんなお悩みを持っている方がいるんですけれども、
今回、こんなご相談をいただいていますので、お聞きください。
38歳のサラリーマンです。
現在3歳になる長男と、5つ年下の妻がいます。
2年前に3,000万円を借り入れ、新築マンションを購入しました。
しかし、返済期間が35年と長いため、 繰上げ返済で返済期間を縮めたいと考えているのですが、
どのタイミングが適切なのでしょうか?
というご相談なんですが、福山先生、いかがでしょうか?
シミュレーションさんとマーレーボランクリニックの長生きでやっていますが、
典型的な返済が70歳でいくパターンですよね。
この方の場合は、36歳で35年返済ですか、71歳ですか?
71歳になりますね。
そうなると、定年を迎える。
定年を迎える前にしても、60歳で再雇用になったとしても、
これからはボーナス西洋払いとかしてるか書いてないけども、
60歳以降で再雇用になってボーナスがなくなっちゃうケースが多いじゃないですか。
そうですね。
福山先生とよくお話しするんですけど、
昔は60歳を超えるとちょっと心配だというお話もあったんですけど、
今は65歳でもいいんじゃないかという。
だからね、シミュレーションさんと話してますけどね、
多少妥協してって感じですよね。
ただし、65歳まで残るんであったとしても、
ボーナス西洋払いだったら怖いですよね。
毎月払いだけで65歳になったらまだいいですよね。
救えるっていうのはちょっと誤弊あるかもしれませんけども、
ボーナス西洋で60歳を超えちゃったらきついですね。
今回の方それは分からないんですけども、
そうじゃなくても毎月の支払いが71歳までってやっぱりちょっと問題がある。
問題がありますよね。
この辺はどういうところが問題でどうしていこうかっていうところなんですけど。
いわゆるですね、なぜ60歳以降に住宅ローンを残すのかっていうのが怖いと、
単純に考えれば、今再雇用で65歳の働き方としても、
60歳のときに急激に収入って落ちるじゃないですか。
そうなんですよね。
さらに65歳から年金をもらった時は、その時にもう一段落ちてますから、
やっぱり住宅ローンなどに費用が残っていると、かなり労働生活が厳しい。
そうですよね。
ちょっと古い話ですけどね。
03:01
2019年の時に、労働者の2千万円問題ってあったじゃないですか。
ありましたね。
あれって、ざっくり言えば月々の赤字額って5万円くらいなんですよね。
それを30年間の累積にして2千万円足りないってものですから、
詳細に見ると、実は住居費は1万5千円前後くらいしかない。
なるほど、はいはい。
たぶん1万5千円って住居費って固定3年プラスアルファぐらいじゃないですか。
そうですよね。
例えば住宅ローン毎月10万円入っていれば。
もう15万ですよね。
その辺りも考えなきゃいけないってことを考えると、
労働で安心して暮らすためには、住宅ローンを残さないってことですね。
それで今回のご相談の内容なんですけども、
関西地域が長いので、住宅ローンのクリア減債はいつがいいかっていうところで
何か目安となるようなものってあるんでしょうね。
一番よく言われるのは、住宅ローンを組んで10年間の住宅ローン工場があるじゃないですか。
住宅ローン工場終わった後にやった方がいいと思われる人が非常に多いですよね。
これは多いですね。
でも実はですね、クリア減債っていうのは
早くやればやるほど、利息の軽減効果って大きいじゃないですか。
大きいですね。
だから住宅ローン工場の期間に関わらずできるんだったら、早めにやった方がいいわけですよ。
住宅ローン工場っていうのは、トータルの減債期間が10年以上あれば受けられるわけだから、
でも途中でクリア減債しちゃって戻ってくるわけだから、
早めにやられるっていうのは良いですよね。
まあそうですよね。
早めにできないようであれば、子どもさんが学校に上がるとか、
あるいは人によっては5年ごとに定期的にやるとか、
または貯金額が一定になるとかね。
早めにやるっていうこと。
なぜ早めにやるかっていうのは、
例えばお子さんがいらっしゃる家庭であれば、
子どもの教育費っていうのはやっぱりですね、
高校とか大学とか行った時は一番かかるじゃないですか。
そうなんですね。
その時にクリア減債しようっていうのは難しいですよね。
やればこのまま小さい家の後に早めにやった方がいいっていうのが、
やっぱりポイントになってると思うんですよ。
そうですね。
クリア減債に関して言えば、
一度にまとまった金額ができなかったとしても、
ある程度できればそれなりに効果あるわけじゃないですか。
そうですね。
最近ではクリア減債の際の手数料なんかも結構無料増えてきましたよね。
増えてますね。
例えば通常の銀行でもネット経由で申し込めば無料とかってあるから。
ありますよね。
そう考えるんだったら、さっき言ったように金額にこだわらず、
タイミングで個性的にやっていくっていうのでいいと思うんですよ。
そうですよね。
ただし注意しなきゃいけないのは、
クリア減債には2つの方法があるってことをまず守っていただきたいんですよ。
2つの方法があるんですね。
守っていただいて、よく理解したより使い分けてくださいってのが正しいのかな。
そうですね。
06:00
いわゆるこれは期間短縮型と減債軽減型っていう感じで、
利息の軽減効果ですね。
効果が大きいのは期間短縮型の方なんですよ。
そうですね。
期間短縮型っていうのは、100万円だったら100万円まとまったお金を返せば、
その分返済期間が短くなりますよっていう形で。
これ以外にもう一つが返済軽減型っていうのは、
返済期間は変わらないけれども、
毎年返済額が少なくなっていくっていうパターンですよね。
はい。
この2つの方法があって、
これをそれぞれの家計の状況によって使い分けていただきたいというのかな。
そうですね。
さっき言ったように、期間短縮型の方が利息の軽減効果が高いけれども、
この先、少し先を見ると、
子どもの教育費とかいろんなイベント費を考えると、
今どちらかというとキャッシュフォローを圧縮した方がいいんじゃないかと思ったら、
そこは期間短縮じゃなくて返済や軽減型を使ってほしいんですよ。
そうですね。
もう一つ注意しなきゃいけないのは、
例えばクリエイン返済って人によってはハマっちゃう人がいるんですよね。
どんどんどんどん短くなるのが嬉しくなる人いますね。
そう、その通りです。
でも必ずクリエイン返済した場合には、
近視眼的なまとまった支出が必要なライフイベントを
賄えるようなお金は残しておくとダメじゃないですか。
そうですね。
そこまで手を付けちゃうと、
お金が足りなくなって、
それこそどこから借り入れるかというと本末転倒ですから、
必ず一定額を残した上で、
数年先のライフイベント用の資金を見た上で
返せるかというのをやっていただきたいですよね。
そうですね。
今お話が出ましたように、
クリエイン返済で支払い利息が50万、100万と得してしまうと、
どんどんクリエイン返済する方も少なくないんですよ。
大事なお金を手につけてしまうと、
後々困ってしまうということが可能性としてあるということですね。
また教育資金だけじゃなくて、
人によっては例えば転勤になるとか、
家計の収支が大きく変わるような人の場合は、
落ち着くまではやめたほうがいいですよ。
そうですね。
ただし一方では、今回のケースもそうだけども、
可能であれば60歳まで、
ダメだったら65歳までには何とかですね。
あともう一つ考えるのであれば、
特にボーナス併用払いをしている人、
この場合にはボーナス分だけ先に返すこともできるじゃないですか。
そうですね。
ですからその考えるのであれば、
どんなに頑張っても60歳以降に残っちゃうなという人だったら、
少なくても60歳以降は毎月払いにするような形のクリア減債をするとかね。
そうですね。
これを考えてやってもらいたいですよね。
わかりました。
純度プロのクリア減債は、
特に関西側の7歳を超える人なんかは、
特に積極的にやってほしいんですけども、
さっき一般説で言われたみたいに、
自分自身、家族のマネプランを考えた上で、
余ったお金を回していくような、
そういうマネプランをしっかり計画的にやっていただきたいと。
09:01
それで結果的に関西地域が短くなることが望ましいというところですね。
その通りですね。
はい。わかりました。
富川先生、今回もありがとうございました。
ありがとうございました。
09:17

Comments

Scroll