1. 営農とサブカル
  2. 服選びの外注、岸辺露伴ルーヴ..
2023-10-07 34:59

服選びの外注、岸辺露伴ルーヴルへ行く、FF16体験版の話

今週も雑談回という名の虚空への独り言回です。

服選びを自分でやらなくなったよ報告と、岸辺露伴ルーヴルへ行く、FF 16をやったよ、というお話をしています。

よろしかったらお聴きください。


今回扱っているキーワード

あなスタ / D-collection / 岸辺露伴 ルーヴルへ行く / バンド・デシネ / ファイナルファンタジー16


告知

12月16日に下北沢のBonus Trackにて、イベントに出ます。

https://podcastweekend.jp/

会いにきてね。

Summary

米野岡は自動服選びサービスを利用して自分のファッションを諦めることにしました。彼はユニクロっぽいノームコア服が安くて便利だと話しました。また、彼はAIのサービスを使っていい格好になっているとも話しています。一方、岸辺露伴はビジネスカジュアルの服選びを外注しました。そして、彼はキシベロハンの魅力を描きます。このポッドキャストでは、FF16体験版についても話し合われます。それは久々に面白そうなファイナルファンタジー作品です。また、岸辺露伴はポッドキャストのイベントに出展するために、他の3つの番組と協力して商品を販売することが発表されました。岸辺露伴はお米を販売し、他の番組はみかんのジュースや農薬のグッズ、本を販売する予定です。

00:00
皆さんこんにちは。この番組を配信しております北海道在住の米野岡にして、個々のポッドキャスター、ジョンと申します。よろしくお願いします。
本日は2023年10月3日火曜日となっております。本当だったら、今回はですね、アーマードコア6の農業描写探偵会をやる予定ではあったんですけれども、
先ほど収録をしたところですね、全然説明がうまくいかねえなっていう風なところがよくわかりましたので、
諦めて営農とサブカル会を収録しているような状況となっております。やれどもやれども思うことなんですけれども、
私はいつまで経っても説明をするのがうまくならねえなっていう風なことをね、自分で喋りながらも絶望を思いながらね、いろいろとやってたりする作梱でございます。
そんな感じでですね、今回もなかなかに難航しておりますのでね、今回は諦めて気軽に撮れる営農とサブカル会の方を収録していこうかなと思っております。
まあね、こうやって自分に負荷をかけて自分でいろいろとやって、それで皆さんに聞いていただけるので大変ありがたい部分ではあったりするわけなんですね。
そう、結局のところ、おじさんの話なんて苦労したものとか、あと何かしらのものしか聞いてもらえないようなものになってるんだなっていう風なのをね、
自分の体とかそういう風なものに染み込ませていかなければならないなっていう風なことをね、ここ最近はよく思ってたりするわけなんです。
で、そんなような状況ですね。ここ最近、おじさんとして、結局のところ、おじさんに期待されているものといえばですね、いろんな人の目を汚さないことと、
あとは人を不機嫌にさせないことと、あとはそれなりに面白い話をするという風なことぐらいしかないかなと思いますので、
今回ちょっと話すようなこととしてはですね、私ここ最近、自分のファッションを自分で選ぶという風なのを諦めたという風な話をしてですね、
ここ最近利用しているお洋服を自動で選んでくれるサービスのお話と、あとここ最近見た映画、今現在Amazonプライムで配信されております
キシベロハンルーブルへ行くのお話と、あとここ最近になってようやっとファイナルファンタジー16の体験版を遊んだよという風な話をですね、
今更ながらにしていこうと思います。というわけで、そんなところで今回も参りましょう。
栄能とサブカル。この番組は北海道在住の米農家にして、ここのポッドキャスターであるジョンがお送りするオーディオSA番組です。
日々の生活と栄能を通して思ったこと、触れたサブカル作品について、種々雑多にいろいろとお話をしていこうと思います。
聞けば新たな知見が得られたり得られなかったりすることでおなじみのオーディオSAコーナーとなっております。
最初にですね、ここ最近の生活とかその辺の部分についていろいろとお話をしていこうかなと思っております。
異常気象の話についてはですね、前回私のひどい目にあっておりますよという風な話をさせていただきましたので、
今回はその辺の栄能部分についてはさっくりと終わらせていただこうと思っております。
今現在はですね、雨がとにかく降ってきておりまして、その雨の影響でですね、大豆が収穫前に腐り始めているという風な状況となっております。
今までこんなことなかったんですけども、サヤの中に入っている大豆がですね、雨をたくさん当たることによってですね、中でカビが生えてきているような状況になっているんですね。
で、ちょっと前の方が収穫的期のような豆の状態ではあったんですけども、その頃にはですね、葉っぱがまだ枯れ落ちていないような状況だったので収穫ができなかったんですよね。
大豆って葉っぱが全部枯れ落ちてからじゃないと、どうしても大豆を汚すと言いまして、
緑色の部分とか、樹液が残っているような部分と、あとはそれがコンバインの中で擦れてしまうことによってですね、大豆が汚れてしまって商品価値が落ちるという風なことがあるんですよね。
で、そういう風なのがあって、基本的に大豆を収穫する際には葉っぱが全部落ちるように色々とやっていったりするという風なのがあるんです。
それこそね、アメリカとかの遺伝子組み替え作物に関してはですね、葉っぱを枯らすのに除草剤をかけるなんていう風なピーキーなことをやっていたという風な話は聞きますけどね。
今現在はどうなっているんでしょうね。遺伝子組み替え大豆、ちょっと最近の状況とかは調べてないんですけども。
昨今ではですね、重炭酸刈りとかだったかな、そういう風なのを散布することによって葉っぱを落とすようにするよという風なことはやられてたりするそうなんですけども。
そっちの方もですね、うちの方ではなかなかうまくいっておらず、葉っぱが残っていてもうちょっとで枯れるねという風なのを待っていたらですね、ここ最近の派手な大網にいくつか当たりまして、
人さやの中についている枝豆というか大豆がですね、中で腐り始めているよという風な状況になっていたりしております。
まあ今年大豆に関しても大損失でございますねという風な状況になるのでですね、本当にうちで良かったのは米と麦だけかな。
スイートコーンも結構健闘した方だったんですけどね。今年はスイートコーンに関してもひどい目にあってたりしておりましたね。
結構頑張った方なんですけども、頑張って平年作よりちょっとしたという風な状況なんで、丸奥でもなかったかなと思っております。
今年のトウモロコシ何が悪かったかというとですね、あっという間に果実になってしまったという事なんですよね。
なんせ生育期間がとにかく早い。普段だったら9月の上旬まで植え付けて収穫するものがある予定で植え付けたものがですね、8月のそれこそ20日とかそのぐらいにはほぼ全部なくなってしまったというような状況になってたんですよ。
で、今年初めての特徴だったんですけども、万聖品種の恵みゴールドという風なのをうちでは作付けしてるんですけどね。
この恵みゴールドが、なんていうの、トウモロコシの緑色の部分から頭が黄色い部分が抜け出てしまうということがあるんですね。
で、これになってしまうとこの部分からどんどんどんどんかびたり腐ってしまうということが起こってしまうんですよ。
で、こうなる前にもっと前から、それこそね、普段だったら収穫しないようなちっちゃいサイズのフチから収穫をしていけばどうにかなってなるのかもしれないけども。
けれども、そんなことになるなんて思ってなかったわという風な感じでですね、それを収穫しなかったばっかりにちょっとうちの方では収穫できないトウモロコシというのが後半の方に大量に出てしまいましてですね。
結果してトータルしてみるとすごく取れた保存もある一方で全く取れなかった保存もあるので平均すると微妙な量だったねというような感じになっておりましたね。
来年からこの品種作るのやめようかなという風に思うぐらいにはまあひどい目にあってたような年となってたりしておりましたね。
まあそっちの方はね品種を切り替えすることでどうにかなるよというようなものだったりするし、あと大豆の方のまっ腐れが出てるっていう風な部分に関してはですね。
まあもうちょっとあの鞘を持ちを良くするような品種とかっていうのがどうもあるそうなのでそっちに切り替えざるを得ねえかもねっていう風なのでまあいろいろ話をしているような状況となっております。
一時期は干ばつで干ばつでくそ暑くてどうしようもならないぐらいずっと続いてた晴れの日がですねここ最近は本当にどか雨ばっかりでまあ困ったもんだなという風なのがねいろいろとやりながら思っている次第でございますね。
でそんな状況下でですねここ最近あのおじさんとしての生活でですね諦めてくるようなものという風ながいくつかあったのでその話をちょっとしようと思います。
まあここ最近あの自分のねことに関して期待したりあとは自分の判断について期待するのもダメだなという風なことがねいっぱいあるようになってきたなっていうのをね思ってきてたりしております。
自動服選びサービス
あのおじさんのルーキーとしてですねまあこれからの人生あの自分の感性とか自分の知性とかを信じちゃいけないなという風なことは頻発しております。
試作演算は間違えるし集中力も落ちて内容も面白くなくなってくるしとかっていう風なのもありますしねであと一番信用しちゃダメだなというふうに思っているのがファッションセンスですねもうこれはですねもうおじさんはアウトレットとか古着とかを買っちゃダメだなっていう風なのはね最近富に思うようになりまして
とにかくおじさんのファッションセンスって結局のところ自分が若かった頃に着てた服の段階で止まっちゃうんですよねで止まっちゃうのでそこから先はもう新しくアップデートしようという風にやれるのはですね
よっぽど昔からおしゃれだったおじさんしかできないような技術になってくるんですねで私はそんなにおしゃれなおじさんではなかったのでもうこの辺の部分は無理だなという風に最近思うようになりましてですね
今現在私あのDコレクションという風に呼ばれているなんか時々あのまあ私あのネットの広告で見るようになったのでそこで選んで使ってたりするわけなんですけどもこのDコレクションという風なやつ
まあアパレルメーカーというかまあそういう風なところはですね基本的にあのかっこいいユニクロというかまあユニクロみたいなノームコアっぽいような服を扱っているような場所なんですね
でここでは基本的にあのロゴとかそういう風なもの一切入ってなくてとにかくモノトーンの服を着ろという風なものとなっておりますでここのところの非常にいいなという風に思うのはですね
まず30代40代のおっさんになったらこれを着ろというねうむを言わさずこれを着とけば大丈夫だからっていう風なのがセットで売ってるっていうのがまあそれが結構良かったりするんですね
で縫製とかその辺とかも結構しっかりはしてるんですけどもお値段が結構お安かったりするんですよね
それこそ私あの20代後半とかは基本的にあのビームスとかジャーナルスタンダードとかでお洋服を買ってたりしてたんですけどね
お高いお値段をかけた割には結局のところうまく使いこなせずという風なことが頻発したところだったんですけれども
まあけれどもそこと遜色してもそんなに悪くないようなお洋服なんですけれどもジャケットとかのお値段がですね1万円を切るようなお値段で買えてたりするんですよね
それこそジャーナルスタンダードとかビームスとかでねアウトレットとかでもあの普通に2万3万とかいくような感じだからそれを考えると随分安上がりで
えーと服が買えるなっていう風なまあそんなような通販サイトとなってたりしております
でここのサイトではですねそんな感じであのこれをとりあえず着たらいいよっていう風なのをまず教えてくれるっていう風なのがありがたいっていうのと
あとアナスタというですね月額300円かけることによってですねスタイリストさんがそのDコレクションの中で扱っている服の中で
ユニクロっぽいノームコア服
てめーはこれを着た方がいいぞっていう風なのをコーディネートして出してくれるという風なサービスがあるんですね
でここ最近は写真を撮るとその人の骨格とかあとあの似合いそうな服の色とかそういう風なのを選んでくれるようなAIのサービスみたいなものはあって
でそのAIのサービスにプラスしてスタイリストさんがコメントやら何やらを書いてくれて
であと困ったことがあったら相談ができるよっていう風なまあLINEアカウントとかもあったりしてっていう風なのがあって
まあ非常に便利になっておりましてですね私あの今年の3月ぐらいからこのサービスを使い始めておりまして
いいダクダクとスタイリストさんに言われるがままに服を買い続けてた結果ですね
まあそれなりに見れるような格好にはなったかなと思っております
でこの間の蔡氏がいないタイミングでですねこちらで買った服を着て札幌の方を歩いてたりしてたわけなんですけども
まあ街中にうまく溶け込むことはできたかなとは思ってたりしておりますね
ただ鏡に映る自分の姿を見て思ったのがですねこういうおじさんいっぱいいるなーっていう感じになっておりましたですね
まあ別の形の量産型のおじさんにはなったんですけれども
けれどもここはもともとビジネスカジュラルとかそういうのが得意なところでございましてですね
普通にこの間出張で関東に行くことがあったんですね
市場に挨拶回りをするっていう風なのはですね部会の役員としてやらざるを得なくなりましてて
私はスイートコーナー役員としてですねちょっと関東の方に8月の下旬ぐらいに行ってたりしてたんですけども
その際にここで購入したビジネスカジュアルのジャケットとパンツとあとは中にサマーセーターみたいなのを買って行ってたんですけどね
とりあえず応対してた市場の方からはですね
農家とは思えないほどおしゃれなおじさんが来たっていうふうなことを言われてたりしてたのでね
農家のおじさんよりはおしゃれになれたんだなっていうふうに思うと
まあいいようなサービスを使えてよかったかなというふうに思っておりますのでね
まあ何着ていいかもうわかんないから全部外注したいっていうふうなおじさんはこういうふうなところを使うといいんじゃないでしょうかねっていうふうなのをね
ちょっとまあやりながらやってて思ってたところです
キシベロハンの魅力
ただ注意点としてはですね基本的に着る服がモノトーンになることっていうのがありますね
まあ私あの本当にあの黒白黒白みたいな服装になってるんですけどね
まあそれでもいいかなっていうふうにここ最近思っておりまして
まあノームコアだっていうふうなことを言い聞かせてこれからもこんな感じで頑張ってやっていこうかなというふうに思っております
またユニクロで同じようなことができるよっていうふうに思われる方はですね
まあユニクロで全部同じようなことすりゃいいんじゃないかなとはねちょっと思ったりするけど
まあでもその辺のもね装備を選べないよっていうふうなおじさんは是非ともこちらを利用するといいんじゃねえでしょうかねっていうふうに思いますね
まあただ利用して私と会うとですね同じ服を着ているねっていうふうな形になるかなと思いますからね
なるべくあの同じところには会いたくねえなっていうふうなのがまあこういうふうなサービスのね差がではあるかなというふうなのはねちょっと思ってたりしておりますね
でそんな感じでですねこういうふうにあの人にファッションを害虫したりなんだりするようになってくるとですね
まとたんにあの一般的にちゃんとおしゃれだなっていうふうなのを木念寺にも分からせるようなおしゃれさんの服装をしていることでおなじみの映画といえばですね
ここ最近見ておりましたアマゾンプライムで最近配信されまして去年の映画となっております
キシベロハンルーブルへ行くというふうな作品となっております
こちらはですねジョジョの奇妙な冒険のスピンオフ作品
キシベロハンは動かないの実写ドラマシリーズの劇場版となっております
このキシベロハンは動かないはですねNHKでドラマ化されてたんですね
でNHKでドラマ化されてたものがですねなぜか知らないけど劇場公開されてアマゾンプライムで全部見れるようになるという
よくわかんないような状況なんですけどねあのおい国営放送というかまあそんなようなことをちょっと思っちゃったりはするわけなんですけれども
まあけれどもあの本当に見れて面白いように作品になっているかなと思っております
で私はのキシベロハンは動かないのドラマシリーズかなり好きですね
あの一番幸福な実写シリーズかなってそれは思ってたりしております
でジョジョの奇妙な冒険の第4部に出てきてたキシベロハンというですね漫画家でもありスタンド使いでもあるという非常に性格の悪い人なんですけどね
これを俳優の高橋一生さんがですね本当にかっこよく演じられております
でジョジョの奇妙な冒険シリーズまあ読まれたことがあったりアニメ見られたことがある方だったらわかると思うんですけども
まあパリコレのモデルが出てきたのかなっていう風なぐらい奇抜なファッションをしている登場人物がいっぱい出てくるんですけどね
で実際にあのキシベロハンもですねこのそんな感じで結構奇抜なファッションをしてたりしております
なんかギザギザのね頭に巻くようなバンダナみたいなものを常につけているような人だったりするわけなんですけども
これをそのまま実写化してるんですけども
けれどもあの高橋一生がこれを着こなしているんですよね
その辺の部分に関してがかなりびっくりするぐらいかっこよく見れるようになっているっていうのがすごく素敵だと思います
で同じようにこのキシベロハンの担当編集についている人がいるんですけどもこの女性の服装もですねかなりおしゃれな感じの服装になっておりまして
ちゃんとあのこういう風な世界観に合わせたスタイリストさんがついているっていう風なところがですね
すごくいいなーっていう風なのをまあ映画を見ながらとかドラマを見ながら思ってた次第です
でこのドラマシリーズとか映画シリーズ本当にいいなというふうに思うのが
短編を1話1話1時間ぐらいの尺で映像化しているという風なところにあるかなと思います
で基本的に映画にできるような時間間隔の作品って短編しかないかなとは思うんですよね
まあそれこそねいろんな映像化作品であのいろいろと文句が出るのはですね
もともと何十巻と続いているような漫画のいいところを切り出して映画に捨てざるを得ないという風な部分があったりするんだよね
例えば恋愛ものとかだったら結局のところねあの一発やれば終わるような話をですね
なかなかなかなか30巻40巻と繰り返しちゃうような少女漫画とかはまあ映画にするとギュッとまとまって見れるから
いいよねっていう風な感じにはなるんですけどね
けれどもこれが例えばあの先期ものとかそういう風なものになってくると
途端にどこを切り出すのでいいのかが分からなくなっちゃってなかなか難しくなるっていうのがまあものとしてあったりするんですよね
まあねだからあのそういう風に長く続いているもので実写映画家でうまくいってるのって
私が見た中ではあのアイアムアヒーローが一番うまくいってたかなとは思います
キングダムはまだ見てないので何とも言えませんけれどもね
まあけれどもあとあれかなルローにケンシーもうまくやれてた方だなっていう風には思うんですけどね
まあけれどもこんな感じでですねなかなかの短くギュッとしていいところを抜き出して映像化するというのは難しかったりするんですけども
けれどもあのキシベロハンは動かないはですね短編なので一場一場結構きっちりとやられてたりするんですよね
であの映像化した際にうまいなって思ったのがジョジョの奇妙な冒険シリーズによく出てくるスタンド
スタンドはですね本来はの姿形を賜っていろいろ出てくるんですけども
これを出さないという風な判断をしているという風なところがすごくいいだって私は思ってるんですよね
で基本的にこのジョジョの奇妙な冒険の方ではですね
ヘブンズドアという風なスタンドをキシベロハン先生は持ってたりするわけなんですよ
でこのヘブンズドアのキャラクターもですねキシベロハン先生が書いている漫画のピンクダークの少年みたいな面をしているようなキャラクターなんですけれども
これをドラマの方ではですねただギフトという風に言われてた
まあそういう風な才能としておりまして一応技の名前としてヘブンズドアという風に言うんですけれども
ただその出てくる表彰としては漫画の本編と同じようにですね人を本にして読むことができる
そして本に書き込んだ命令をその人に従わせることができるという風なものとなってたりしております
でそのね顔に本ができるっていう風な気持ち悪い感じの描写っていうのはですね特集メイクみたいなもので上手いことやってたりするので
この辺の部分については面白いかなと思うんですけれども
そういう風なスタンドバトルとかそういう風なものをしないでジョジョっぽさを感じさせつつやるっていう風なシリーズ構成とかお話構成っていう風なのは非常にうまくできてるかなーって私は見ながら思っております
バンドレシリーズとルーブル美術館
本作はその作美でですねそれこそあのルーブル美術館をテーマにしたバンドレシリーズのっていう風なのがありまして
でこれの舞台一人なんか映像化するというか漫画化する一人として荒木博彦先生が選ばれて
それであのキシベロハンルーブルエイクという原作コミックっていう風なのがバンドレシリーズとして書かれてたりするんですよね
ちなみにバンドレシリーズの説明はしなくても大丈夫ですかね
フランスの漫画のことなんですけれどもフランスの漫画はですね基本的に全編フルカラーとなっております
でそれであの一人一人アーティストが時間をかけて短編のようなものをですねちょこちょこ書いていくっていう風な
アメコミとかとは違った形のねどっちかというと画集とかに近いような漫画って思ってもらえるとまあ間違いはないかなと思います
で私の番組でそういえば紹介したことってなかったかなと思うんですけども
私あの好きでも集めているバンドレシリーズにですねブラックサットという風なコミックシリーズがあります
でこれねあれです1920年代禁止法とかそういう風なのが広まってる頃のアメリカを舞台にしているような探偵ノワールの漫画なんですけれども
ただ登場人物のキャラクターをですね全部動物に置き換えているという
ズートピアみたいな感じのあのいろんな動物が出てくるんだけれどもけれども舞台はアメリカでそんなような状況になっているよっていう風な短編のお話だったりするんですね
これは結構面白いのでぜひ読んでもらいたいなと思うんですけれども
こんなような感じでですねフルカラーのまあそういう風な欧版コミックで出ているやつっていう風なのを
荒木裕彦先生が選ばれてそれで漫画にしましたよっていう風なものとなっております
でこれもルーブル美術館をテーマにしたものとなっておりますのでね
他にあのプロジェクトで描いてたのはニコラド・クレシーとかあとあのメビウスとかが入ってたと思うんですよね
あと他の作家さんちょっと度忘れしましたけれどもねそうそうニコラド
いろいろ話し始めると面倒くさいのでちょっとこの辺は割愛しますけれども
まあそんな感じで荒木裕彦先生選ばれてそれであのまあ今回の原作のコミックを描かれておりましたと
でそれで描かれてた内容という風なのもあの元々のお話とほぼほとんど同じような感じで映像化されております
原作コミックと違うのはですねこの原作コミックの方にはジョジョの第4部で出てきたオクヤスっていう
あのガオンっていう空間を削り取るスタンド使いがいるんですけども
彼が出ていたんですけどそれが真っ向から消されてしまって
まあ岸辺隆瀚先生一人でいろいろと行動してどうにかしていくよという風な映像化となっておりました
で私は美術に関してはこの辺のことはあんまり詳しくなくて
でちょっとその辺の部分についての改造というのはさっぱりわからなかったんですけども
まあいろんな絵を出しつつ描かれておりましてその辺が非常に面白かったかなというのを見てて思いました
で劇場で見て価値があったかどうかっていう風なのがちょっと判断がつかなくてですね
映画館でやってるのは知ってたんですけど結局見に行かなくて
それでアマプラ落ちしたものを見てるという風なものとなっておりましたね
NHKが制作に関わっておりますから本当はルーブル美術館を4Kで撮りました
でそれを大画面でご覧くださいみたいな
まあそんなようなテーマあったのかもしれないなとは思うんですけどね
けれどもアマプラで全然見てても普通に面白かったなというのはね
もうちょっとやってて思いました
で本作どういう風なお話なのかというと
最も邪悪な黒い絵をルーブル美術館で見に行くという風なプロットのお話となってたりするわけなんですけどね
まあでも作品の内容とかその辺の部分に関してはですね
なかなか説明が難しかったりしますのでね
まあこの辺の部分までの説明を聞いてちょっと面白そうだなと思ったら
普通にアマプラでいきなり見てみてもそれなりに楽しめるんじゃねえかっていう風なところで
ここ最近ちょっと触れておりました
楽しみなファイナルファンタジー16
今更触れたファイナルファンタジー16の話をちょっとしようかなと思います
でねファイナルファンタジー16もですねそうそう
私あのファイナルファンタジーについてはですね
離れてた時期が結構長くありまして
それで今回ファイナルファンタジー16はですね
久々に面白そうだなと思って自分から自分の意思で触れることになった作品となってたりしております
なんかねこれはあの世評と逆だったりするんですね
今多分世評的にはですねファイナルファンタジー7のリメイクが大盛り上がりしてるかなと思うんですけども
私あのファイナルファンタジー7が苦手だなっていうか
あんまり触りたくねえなーって思ってたりしてたものですからね
リメイクもそんなにあのやるチャンスではあったんですけども
わざわざやりたくねえなーっていう風に思ってたりするのはこの辺の部分で
ちょっと違うなっていう風に思ってたりする部分だったりするんですよね
でファイナルファンタジーってあのこれね今ではFFという風な呼び方が一般的になっておりますけれども
私あの子供の頃はですねファイナルファンタジーのことをファイファンと呼んでおりました
私あの中でのファイナルファンタジーというかがファイファンだったのはですね
1から6まではファイファンだったなって私は思うんです
でFFとなったのは7からだなっていう風に思っておりまして
7以降のFFはあんまりやる気がしないんですけれども
ただ今回のFF16に関してはファイファン16っていう風に呼ぶのが正しいような作品になってるんじゃないかなとは思うんですね
もしかしたらあのFF14も似たような世界観の作品となっておりますので
FF14もファイファンっていう風に言ってもいいのかもしれないんですけれどもね
けれども私はちょっとあのそもそもオンラインゲームがあんまりやりたくないっていうね
あの基本的にゲームの中でまで人と触れ合いたくないっていう風に思いましてね
それであのネットワークゲームだからやりたくないっていう風なのがあって
食わず嫌いがすごかったりするのでちょっとずらしたりしてるんですけども
けれども久しぶりにそういう風に感じられるようなゲームになってるかなって思ってます
でこのFF16がファイファン16だなっていう風に感じる一番のポイントっていう風なのが
まず久しぶりさにあのクリスタルを巡るお話になっているっていう風なところと
あとシリーズで今まで出てきてた召喚獣と呼ばれている
あのまあ普通に強い攻撃魔法だったりしておりますね
大体全体攻撃をしたりとかそんな風な感じなんですけどっていう風なものなんですけども
これがあの大怪獣バトルをやらかしているっていう風なものになっていると
あと舞台になっているのが魔法が一般的に使われているファンタジー世界が舞台になっているっていう風なところで
非常に昔やってきてたFFみたいな雰囲気の今現在の最新アップデート版だなっていう風な感じがするんですよね
で体験版をやっただけの感想で恐縮なんですけどね
それこそねこれ多分あの体験版やったよっていう風な感想いっぱいみんな出してるかな
話さなくてもいいかなと思うのであれなんですけども
やっぱりあのFFがFFだった頃のね
そんなようなテイストっていう風なものがすごく感じられるんですよね
例えばゲームの中に出てくるあの龍騎士って呼ばれているものが
あの作中の中で敵ボスとしてちょっと出てきたりするんですけども
その龍騎士がですねこんな風に飛んでたんだっていう風なのが
まあ敵と戦っていたりして出てきたのが私はすごく興奮したというか嬉しくなったんですよね
そうあの今まで頭の中では出てこなかったけれども
ドット絵の中で動いてた世界観という風なのが
こんなような壮大な世界観だったんだっていう風なのを保管してくれるような作りになってるんですよね
だから今まで弱い弱いなっていう風な扱い
あの普通にあの召喚獣ってあの昔のねJRPGの頃なんて
あの攻撃魔法とかじゅんぐりじゅんぐりに覚えてたら
昔の魔法とか使うことなかったじゃないですか
なんですけどもそれがですねうまいこと現代版アップデートで
例えばあのいくら最初に覚えるような小さな弱いような魔法でも
コンボの中に組み込むと強いよねっていう風な感じで使われてたりするっていう風なのも非常にいいし
あと召喚獣と呼ばれているあのまあキャラクターとかそういう風な魔法だったんですけども
今までそれこそあの順番に覚えていったら召喚獣の魔法それこそあのバハムートとか覚えたら
最初の方に手に入れてたタイタンとか使わなくなるよねっていう風なやつがですね
普通にタイタン強えじゃんとかね
えーとシファとタイタンの大バトルとか
人間が立ち打ちできねえなっていう風な感じの動きをしてて
まあそういう風なのを見せてくれるっていう風なだけでもですね
ファイファンをやっていた頃の記憶を呼び起こされて
すごくこの辺の部分は体験版で見れて嬉しかったなって私は思ったんですよね
でそれで体験版をですね一応2時間ぐらいあのスクにわーっとやって
わーっと楽しかったなという風に思ってるんですけどね
ちょっと買うのがちょっとどうしようかなという風に思ってるのが
ゲームとしてはすごく簡単っていう風なところがですね
簡単過ぎるゲームバランス
すごく不安な部分だったりするんですよね
まあこれは体験版だからとかっていう風なのもあるとは思うんですけども
まあ基本的にねボタン連打したら勝ててしまうっていう風な
まあバランスになっちゃってるっていう風なのが残念な部分かなと思うんです
で実際にゲームをちょっと簡単にするようなサポートアイテムみたいなものっていう風なのが
いきなり使えるようになってるっていう風なのでもあるんですけども
けれどもそれを使わなくても普通に戦って勝てるようなバランスになっちゃってるっていう風なところがですね
少し不安だなっていう風なところがあって
今現在買うかどうかっていう風なのを悩んだりしてる部分だったりするんですね
であとあの今回あのどっちかというとアクションRPGみたいな感じでですね
プレイヤーキャラクターを操作して色々と戦わせられるっていう風な感じではあったりするんですけどね
ただそのアクションの仕方っていう風なのが若干単調に感じられるなっていう風な部分があるんですね
ただこれあの出だしの装備があんまりないような状態とか
あとスキルとか技とかそういう風なものがないような状態だからっていう風なのもあるんですけども
でもこれが多分増えてったらもうちょっと色々やれて楽しめるんじゃないかなっていう風な気もします
気もしますけれどもこれをやるのか俺は1万円ぐらいをかけてっていう風にちょっと思うとですね
少し悩んじゃう部分があるんですよね
それだったら今フルプライスじゃなくてセールになり
セール終わっちゃったんだよな
買おうと思ってたやつがあれだったなとかっていう風なのもあるし
あとどっちかというとエイリアンのゲームがやりたいなとかね
そんなことを考えちゃってるよっていう風な状況を考えるとですね
えーと今手を出すのが正しいのかなっていうのがちょっとよくわかんなくなっておりまして
なんか体験版やったんですけどすぐ買いたいかっていう風に言われるとちょっと微妙だなっていう風な状況になってるんですよね
けれどもファイファンをやってた頃の自分としてはですね
すごく楽しめそうだなっていう風な感じはしておりました
ちなみに私FFになってから何が苦手かというとですね
そうFFってキャラゲーなんですよね
やっぱりファイファンとFFの中間地点はいつからだ
フォーカラーって言ってもいいのかな
そうフォーカラーのキャラクターに名前が付くようになってしまったおかげでですね
色々とキャラクターのドラマみたいなものっていうのをやるようになってたんですけども
456に関してはファイファンとFFの中間地点で決定的だったのは7からだったかなと思うんですね
でそっから先になってくるとですね
私はなんとなく世界観よりもキャラクター同士のイチャコラを楽しんでくださいねっていう風な世界観になってきてしまってですね
ホストとか夜食の兄ちゃん姉ちゃんを操作するようなゲームになってきたなという風な印象を覚えてしまって
なんとなく手を出しづらかったという風なのがありますね
であと中学生ぐらいのね多感な時期に私あの逆張り精神が働いてしまってですね
みんながやってるものをやりたくないという風なところになってしまって
それのおかげでちょっと離れてしまっててそれが今も働いてて
あのファイナルファンタジーの7ができないなというような状況になっちゃってるのかなというのはね少し思ったりしながらおりますね
でそんなようなことを考えているのもありまして
であと当時流行ったねあのヤサ男がでかい武器をぶん回すもののかっこよさみたいなものっていう風なのがやっぱりダセーなという風な感じが
あとクロムハーツつけてる感じとかねそういう風なのがなんかやだなという風なのがね思うようになっちゃってて
その辺で離れてたっていうのもあるんですけども
けれども今回ファイナルファンタジーに戻ってた感じがするので
やっぱりね主人公ヤサ男ではヤサ男ではあるんですけども
顔に傷がついたりとかあとは肌がちょっと汚くなるようなねグレーディングをかけてたりするとかっていう風なところもあって
その辺でちょっと期待はできる感じはするんですよね
魔法を日常使いする描写が面白い
なんせ今回あのゲームをしててちょっと面白いなって思ったのが魔法を日常使いしている描写が結構あるんですよね
で例えばタバコの火をつけるとかそういう風なので魔法を使ったりするしとかね
あと飲み物をくれよっていう風なところで奴隷に指示をする際にですね
奴隷が氷魔法みたいなものを使って冷たい水みたいなものをコップに注ぐシーンとかがあったりするし
あとは魔法で水を作り出すとか庭木の整備をするのにエアロの魔法を使ってるとか
その辺の描写とか非常に面白いなって思うんですよね
面白いなって思うんですけども説明方なんですよね
なんか近寄って話しかけたらこれは庭木を魔法で整備させているんですみたいなセリフが出てきて
その辺の部分は語りすぎない方が良いのではっていうような感じがしちゃってね
その辺の部分でなんかやっぱり面白そうだなって思う反面不安描写も多くてですね
なかなか買うのが手づが出づらいなという風な感じがしておりますね
けれどもなんかちょっとお安くなったらやってみようかなって思うな思ったところでですね
この辺でちょっとお話は締めさせていただこうかなと思っております
というわけで今回もなかなかと役体のないお話にお付き合いいただきまして誠にありがとうございました
当番組へのご感想はツイッターのハッシュタグ
ツイッターじゃないねXでございますね
XのハッシュタグAの上にサブからのサブAサブまでお寄せいただくか
あとはもう簡単にですね
いいよリツイートとかリプライとかでいろいろと送っていただけるとありがたいです
いただいたコメントは全部私の方で受け取っておりますのでね
まあどんなご感想いただいても構いませんけれども
何かしらの反応がありますと嬉しいなというふうに思っておりますね
あと番組継続の励みになりますのでですね
よかったらスポットファイですとか
アップルポッドキャストの方でレーティングの方にご協力いただけるとありがたいです
基本的に星5評価だけ受け付けておりますのでね
何かありましたらそちらの方お寄せいただけると嬉しいなというようなところで
あとちょっとお知らせ事がいくつかございます
ポッドキャストイベントへの参加と販売予定商品
ここ最近公表になったんですけども
今年の12月16日下北沢の場はボーナストラックという風な場所で開催予定となっております
ポッドキャストウィークエンドというポッドキャストのイベントにですね
私何を間違ったが出ることになってしまいました
私は今年の3月にですね
ポッドキャストフリークスという風なイベントの方に
ポッドキャスト番組夜の農家植物学ぶラジオという風な3方と一緒に出展したっていう風なのなんですけども
そこで得た縁が元にですね
この2番組と
あとさらにその時にお隣でやっておりました
道草をはむという風なポッドキャスト番組の方とですね
4番組合同で出展をすることになりました
で今現在私の番組だけが出てるような感じにはなってるんですけどね
まあ蓋を開けてみればこの4番組でいろいろとやっておりますよ
という風な形になると思います
で売るものはですね
多分その当時に売られてたのと同じような構成でですね
まず私がお米を出します
夜の農家のコウヘイさんがですね
多分みかんのジュースとか囲い品とかを出すんじゃねえかな
であとあの植物学ぶラジオのリョウヤンさんが
農薬のグッズやら何やらを持ってきてくださって
であと道草をはむの方が最近本を出されましたので
本を売るんじゃないかなとは思っております
なんでねえっと私に会いに来ると思って
ちょっといろいろと覗いてもらえると嬉しいかなと思っております
ポッドキャストイベントへの最後の参加
で私あの多分ポッドキャストのイベントに出るのはですね
本当に今回で最後にしようかなって思ってたりしております
なんでねあの最後の最後になるかと思いますのでね
まあよろしかったら会いに来ていただけると嬉しいです
で多分暇してると思うので話しかけてもらっても
お時間をとっていろいろと喋る時間とかってのは全然あると思いますのでね
よろしかったら下北沢の方まで12月16日に会いに来てもらえると嬉しいなっていう風なところで
今回はお開きとさせていただきます
というわけで今回も長々とお付き合いいただきまして
誠にありがとうございました
では次回もお楽しみに
34:59

Comments

Scroll