1. クリエイターエコノミーニュース
  2. iPadが好きなクリエイターはな..
2023-09-22 09:17

iPadが好きなクリエイターはなぜ収益化できているのか?

【2023年9月22日配信】好きなことで生きていく、というのはユーチューバーのキャッチフレーズでしたが、今やそう甘くないのが現状です。しかし、自分の好きなこと、仕事で使っている得意なガジェットに関する情報発信を行うことでマネタイズしているクリエイターがいます。

五藤晴菜さんのプロフィール
https://bit.ly/3LtlqTK

Calendly
https://calendly.com/

★今日の一言
わたしはtheLetterというメルマガプラットフォームを使っています

★無料ニュースレター
https://creator.theletter.jp/

★ハイレゾ配信
https://kagua.fanbox.cc/

★公式Twitter
https://twitter.com/creator_enews

VOICEVOX:雀松朱司・猫使アル
https://voicevox.hiroshiba.jp/dormitory/

BGM by OtoLogic(CC BY 4.0)
https://otologic.jp/

#iPad #好きなことで生きていく #ニュースレター #サブスク収益 #得意なことで食っていく #ガジェット系 #有料メルマガ #clendly
#TASCAM #DR07X #ハイレゾ #ひとり語り #男性トーカー #クリエイターエコノミー #毎日配信 #クリエコニュース202309 #AI読み上げ #AI #仕事術

Summary

後藤はるなさんはデザイナーであり、サブスタックというニュースレターのプラットフォームを活用してクリエイターエコノミーの収益を得ています。彼女のニュースレター『iPad Workers Pro』では、iPadを活用したい人向けに役立つ情報を提供し、有料プランによる収益化も行っています。

00:03
Speaker 2
クリエイターエコノミーニュース
Speaker 1
この部屋は、ネット大好き3人が、ネットで活躍するクリエイターやインフルエンサーの話題をやいやい語る部屋であーる。
どうも、カグアです。
Speaker 2
あるだよー。
あかしです。
Speaker 1
好きなことで生きていこうっていうYouTuberのフレーズあるじゃん?
Speaker 2
あー、ありますで。
Speaker 1
でもさ、最近YouTubeってさ、なかなかさ、チャンネル登録者数が増えなかったり、再生数が増えなかったり、結構厳しいよな。
Speaker 2
もう、好きなことで生きていく、難しいわよね。
Speaker 1
でも、そんな自分の好きなこと、それから普段仕事で使っているもの、得意なものを生かして、ある方法で稼いでいるクリエイターがいる。
今日はそんな、はるなさんを紹介しようと思う。
Speaker 2
そんじゃ、いってみよ。
ハッシュタグ、クリエイコ。
Speaker 1
じゃあまず、こちらのプロフィール読んでもらえる?
後藤はるなさんのプロフィール
Speaker 2
後藤はるなさんのプロフィールです。
イラストを使ってわかりやすく情報を伝える、ビジュアル制作が得意です。
Speaker 1
はるなさん、私、最初知ったのはゴルゴキャストといって、ポッドキャストなんだよね。
音声配信でゴルゴキャストという番組があって、結構テック系とか、あとアップル製品が好きな人とかに人気の番組があったんだよね。
その番組、よく聞いていて、そこのゴルゴさんのパートナーで、はるなさんという方がいて、そこで初めて知ったんだよね。
このはるなさん、デザイナーさんとして活躍する傍ら、筆筆、デザイン、イラスト、動画編集などのデザインワークをする傍ら、実はある方法でクリエイターエコノミーの収益を出している。
それがニュースレターなんだよね。
Speaker 2
ニュースレター、メルマガのことだっけ?
Speaker 1
そう、実際に使っているプラットフォームはサブスタックといって、海外では超人気のニュースレターのプラットフォーム。
今、SNSとかブログとかYouTubeとか、とにかく情報が爆発してるじゃん。
なので海外だと、そういうのを追ったりとか、何か情報を検索したりするより、本当に自分がこの人だって思った人のニュースレターやポッドキャストを聞いて、情報収集するっていうことが増えてるらしいんだよね。
特にネットでもちろん有用な情報も出てるんだけど、実は結構、ペイウォールといって、サブスクで料金払わないと有益な情報がもらえないとか、結構増えてるんだよね。
そんな中、注目を浴びているのがこのサブスタックというニュースレターで、一応日本語対応もしている。
なので、結構いわゆるアーリーアダプターと呼ばれる海外の人たちには結構使われているサービスなんだよね。
サブスタックを使った収益化
Speaker 1
決済プラットフォームとしては、ストライプという日本だと音声配信の大手のスタンドFMとか、結構いろんなところが使っているサービスなんだけど、そのサービスを使って月額課金も実現してるんだよね。
このニュースレター、内容としてはiPadを活用したい人向けの内容なんだよね。
その名も、iPad Workers Proというニュースレター。これが無料で読めるんだけども、Proという有料のプランを作っていて、ここが収益を出しているということなんだよね。
加入している人数は分からないんだけども、無料版のiPad Workersというニュースレター、メルマガは1000人以上の人は加入しているという1000オーバーという数字だけは出ているので、やっぱりかなり読まれていると思う。
Speaker 2
これ、そもそも集客とかはどうするのですか?
Speaker 1
サブスタッフはブログのようにニュースレターを公開して、ブログのように運営することもできるので、このiPad Workersというニュースレターも一見すると何かブログのサイトのように見えるんだよね。
でもこれを使って集客をして、そしてよしんばニュースレターを読んでくださいという方法で読者を集めている。
もちろん春名さん自身、YouTube、Instagram、XというSNSを活用して、もちろんそういったものでも集客はしているんだけども、このサブスタッフ、SEOといって検索にも非常に強いというような機能もあるので、メールマガジン、ニュースレターを書けば書くほど集客にもいい影響が出るということなんだよね。
でも普段からデザイナーとしてiPadを駆使されているだけあって、iPadのいろんな使い方を丁寧に、そしてデザイン力を使って分かりやすい図版と共に解説してくれているので、本当にファンが多いんだよね。
なので、プロ版を申し込んでいる人は毎月1回のiPadの使いこなしのセミナーやZoomを使ったiPad Meetupに参加できると、そして有料の記事が読めるという特典がつくんだけども、やっぱり自分が普段仕事で使っていたり、好きなものだったりするということでは、本当にネタも豊富で、何よりメールマガも楽しんで書いているなというのが伝わってくるので、
本当に好きを仕事にっていうところが伝わってくる。また、こういったIT機器は常にアップデートもあるし、IT機器で使えるアプリのアップデートなどもあるので、やっぱりネタも比較的豊富にある。
もちろん、取捨選択をしたり、ネタとして使えるかどうかもあると思うんだけども、それでも定期的に情報が出てくるジャンルとしては、やっぱり続けやすいというのもあると思うな。
ちなみに、はるなさんのクリエイターエコノミーで、私もぜひ使ってみたいと思ったツールがある。それがカレンドリー。
iPad の相談ごとをお申し込みできる。その日程を申し込むのに、カレンダーをうまく選ぶ画面が出てきて申し込めるんだよね。
それがカレンドリーというサービスで、私初めて知った。なんかむちゃくちゃ便利そう。興味ある人は見てほしいな。
何より、iPad 愛が伝わってくるんだよね。
Apple 製品が好きな人は、まずは無料のニュースレター。読んでて毎回楽しいので、オススメなんだよな。
Speaker 2
iPad だけにPad があるということですね。そこは愛だろう。
クリエイターエコノミーニュース
Speaker 1
というわけで、アフタートークです。
この前のライブ配信でお伝えしましたが、ついに国内音声配信大手のスタンド FM が音声広告導入だね。
YouTube ポッドキャストが本格稼働する前に、ギリギリ間に合った感じだね。
一昨日、ボイシーに関する投稿を上げたけども、にわかに音声配信。
ボイシーは若干ネガティブなトピックになってしまっていたけど、それでも若干音声配信に日が当たっているときに、
いいタイミングでリリースできたよなぁとは思った。
だから運も味方してるんじゃないかな。
音声広告はリリース当初からずっと導入する導入するって言っていて、
満を持してと。
かつ多分ここまでプラットフォームが大々的に実装したというのは国内でも初めてだと思うので、
国内初、それから競合他社も本格実装する前にっていうことでは、
ポッドキャストの参入自体は遅かったけども、なんかギリギリ間に合ったという感じだよね。
これは結構注目されるんじゃないかな。
広告収入も審査制ではなくて、本当全員が始められるということなので、
還元率はやっぱりかなり低いとは思うんだけど、
それでもなんかSPPという収益化プログラムを一番最初に実装したところという
プラットフォームのブランディングは維持できてるかなって気がする。
これでまた音声配信が盛り上がって、
ドリームをつかむクリエイターが出てくると、
なんか面白くなっていきそうだよな。
興味ある人はこの1個前の配信の
スタンドFMの広告申し込みをライブ中継したという配信を聞いてみてください。
ゆるいながらも一時操作をちゃんと確認するメディアクリエイターエコノミーニュースでは
Kaguyaが毎日クリエイターエコノミーに関するニュースをブックマークしていく中で
心急がれたものをお届けしています。
毎日の収録配信と週に1回の無料のニュースレター
2つの媒体で情報発信をしていますので、ぜひフォロー登録よろしくお願いします。
私もニュースレターをやっています。
私が使っているニュースレターのプラットフォームは国産のザ・レターです。
ぜひ皆さん、購読お願いします。
というわけで、今日過ぎれば週末ですね。
頑張っていきましょう。
ポッドキャストアワードのみに俺はなる。
また明日もこの部屋で待ってるぜ。
ではでは、バイバイ。
09:17

Comments

Scroll