2024-05-14 07:13

訪問診療とは。

訪問診療について、簡単にお話ししました。


#毎日配信 #介護#訪問診療
---
stand.fmでは、この放送にいいね・コメント・レター送信ができます。
https://stand.fm/channels/6000ee07fc3475e2c85bbcc3
00:06
おはようございます。ケアマネージャーのTAKUです。今日は5月14日火曜日、今日もですね、長男、長女、2人の子供を保育園と小学校に送ってきまして、自宅に戻ってきて仕事の前に収録してます。
昨日はですね、東京地方すごい雨で風も強くてですね、私、保育園に送る途中にですね、自転車で送ってるんですけども、自転車にカバーをつけてましてですね、カバーが結構高さがありまして、ビニール製のものなんですけども、ちょっと強度のあるビニールなんですけど、
それがですね、高さがあるので風に煽られてですね、倒れそうに毎回なってるんですよね。風の強い日はですね。なので、そういった形で皆さんね、使ってる方は注意してほしいなと思ってます。何回か駐車してる間にも倒れたりしたこともあったので、周りの車とかその他の自転車に傷つけたりしないように注意する必要があるのかなと思ってます。
本編の方、撮っていきたいと思います。今日はですね、訪問ドクター、訪問診療のお医者さんのどんな感じなのかとか、どんな感じのお医者さんがいるのかとか、なかなか皆さん接することがないと思いますので、簡単にお伝えしたいなと思います。
一応ですね、このサービスですね、居宅療養管理指導といってですね、家にですね、月に2回まで来てもらえます。そうですね、介護保険で居宅療養管理指導という呼び方になります。一般的には訪問診療といったほうが伝わりやすいかなと思います。
介護保険使ってない方は、一応医療保険でも利用可能ですので、わからない方近くのクリニック、訪問をやっているクリニックにご相談いただければなと思います。
これ使える方としてはですね、介護であれば介護保険申請している方で、あとご本人、利用者さんが通院が難しい方、家族がですね、通院させるのが、連れて行くのがですね、難しい方が対象になります。
実際に来てくれる先生なんですけど、先生もですね、お医者さんですね、専門の科がありますので、専門の科によって違ったりとか、性格とかもありますので、タイプによっていろいろっていう感じになりますね。
接しやすい先生もいらっしゃれば、ちょっと気難しそうな先生もいらっしゃるので、事前にクリニックの雰囲気を調べたりとか、することも大事なのかなと思います。
03:12
結局ですね、先生との相性になりますので、始めてみてどうかなと、ちょっと気に合うかどうかっていうのが大事かなと思います。
でもですね、皆さんそんな悪い先生いらっしゃらないので、徐々にですね、相談できる時間がですね、例えば、相談できる関係が構築できていけると思いますので、ちょっと通院が難しいですね。
例えば、認知症の方を抱えている家族とか、ちょっと通院ができない方ですね。それとか、男の末期になってしまったという方が利用されることが多いので、そういった方はですね、早めに相談していただければと思います。
ちょっと相談するところが難しい。どうしたらいいかわからない方は、ケアマネージャーをつけてもらって相談していただければと思います。
訪問診療でできないこととしてはですね、輸血とかですね、あとレントゲンを取ったりとか、専門的なことはできないので、そういったことは訪問診療の先生に相談して、近くの大きな病院に紹介書を書いてもらったりして、
通院につなげて、それで大きな病院と訪問のお医者さんと連携を取ってもらって、治療していくということになりますね。
あとは夜間にもですね、緊急の時にもクリニックの方に電話すれば、先生も駆けつけてくれるというクリニックもありますので、緊急対応が必要な場合はできるかどうかということも大事なので、その辺もクリニック選びの重要な点になるかなと思っています。
緊急の時には駆けつけてくれますので、そういったところは対応可能なところはですね、その辺はちょっと不安がですね、ご家族ご本人の不安が取り除けるのかなと思います。
こまめにですね、薬の調整とかも行ってくれますので、非常に助かるなと思いますね。あとはですね、必要な時には入院の段取りとかも、その大きな病院と連携を取ってくれますので、本当に助かってますね、私もですね。
お値段ですけども、だいたい月に一般の方ですから7000円から8000円ぐらいですかね、1割負担ですね、医療保険とか介護保険がってなりますね。で、あとはその負担割合によって利用料金違いますので、あの、まあ、電話で問い合わせるなり、ちょっとケアマリザさんに相談するなりしてください。
06:08
特にですね、ご自宅で最後を迎えたいという方には、訪問員はこれから必要になってくるのかなと思いますので、選ぶのはご本人様、ご家族様です。
あとわからない方はですね、ちょっとケアマリザさんに相談しながら、これからどういった病気と付き合って、そのどういった最後を迎えたいのかとか、そういった方もこともケアマリザさん、訪問のお医者さんと含めて相談していくことが大事かなと思います。
はい、いかがだったでしょうか。今日はですね、訪問診療についてちょっと簡単なんですけども、ご説明させていただきました。この放送が皆さんの少しでもお役に立てればと思います。ありがとうございました。では、またの放送でお会いしましょう。失礼します。
07:13

Comments

Scroll