1. BOOTUP RADIO
  2. #65 2024年のBOOTUP RADIO企画..
2024-01-15 34:14

#65 2024年のBOOTUP RADIO企画会議

お便りは⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠こちら⁠⁠⁠

・半年後にリスナー数1000人

・他のPodcastとのコラボ

・ライブ配信/オンラインオフ会

・渋谷スタートアップオアシスのBGM

・Vision Pro発売の瞬間を中継する

・シリコンバレーでのインタビュー

00:08
BOOTUP RADIO、ポッドキャスターの伊藤です。
この番組は、ペライチ創業者でエンジェル投資家の橋田一秀さんと
スタートアップを立ち上げる上での疑問や企業に関するトピックを取り上げ
SEED企業家や企業界部群の方に役立つ情報をお届けします。
おはようございます。
おはようございます。
明けましておめでとうございます。
伊藤さんとは明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
リスナーの方もよろしくお願いします。
よろしくお願いします。
伊藤さん、ついにアメリカに移住されたそうなんですが、どうですか今。
結構順調な滑り出しをしていまして、
学校始まってるんで。
今学生として来てるんですけれども、ちゃんと授業を受けたりとか、
友達もできたりとか、銀行を作ったりとか、
いろいろ生活面のやつが整ってきた感じですね。
ちなみに語学学校っていうのは、どういう人がどういう目的で来ることが多いんですか。
伊藤さんはもちろん向こうに住んで、ゆくゆくスタートアップやりたいなとか思ってると思うんですけど、
どんな感じの人が多いんですか。
僕は今語学学校じゃなくて、2年生の大学に行ってるんです。
日本で言うと短大みたいな感じなんですかね。
ユニバーシティとカレッジみたいな違いだと思うんですけど、僕はカレッジに入ってます。
結構ローカルと地元の学生も多いんですけど、
僕はやっぱり留学生として来てるんで、やっぱり出会う人は留学生が多くて、
日本人は1人ぐらいしか会ってなくて、他、今できてる友達も全員海外の人で、
アジア系ミャンマーとか中国の人も多いですし、メキシコとか南米の人とか中南米の人も多かったりはしてて、
どういう人が来てるかっていうと、たまたまかもしれないんですけど、
僕の会う人は海外から来てる人が多いんで、かつこの場所がシリコンバレーなんで、
こっち来てホームネタサイエンス勉強して、大学卒業してこっちのソフトウェアのエンジニアとして働きたいみたいな、
よくよくはいつか自分のビジネスもやれたらいいなみたいな人が多かったりしますね。
来てる人でいうと。
なるほど。
そんな感じですね。
なるほどな。
県地の人とかが多いっていう感じだと思うんで、そこはすごくいい環境なのかなというふうに思いますし、
実際あれですね、だからそれを求めていってると思うんで、
まずはいい環境に入れたかなっていうところだと思うんですけど、どうですか?生活としてはどんな感じですか?
03:02
生活としては今、
県地の生活。
そうですね。今は3週間、入国してから3週間はAirbnbっていうかホテルみたいなところに今いるんですけど、
そうですね、結構なんていうんだろう、あったかい、日本よりあったかいので、
で、4日後から僕は家なし生活が始まるんですけど、なんとかやっていけそうだなっていう結構自信が今は。
いやー、マジ大丈夫かよって。
これはだから、ポッドキャストの収録も、じゃあ今テントからお送りしてますみたいになるんですか?
本当よく分かってないですけど。場所大丈夫ですか?
場所は大学のそういうコワーキングというか、作業スペースみたいなところで多分寄っておると思うんで、
さすがにそのテントの中からお届けしますはないと思うんですけど。
テントの中から。
でもずっとこの生活続けるつもりはなくて、ちゃんと春ぐらいになったらちゃんと家を借りようかなっていうふうには思っています。
なるほど、なんかそうなんですね。
3、4ヶ月ぐらいする感じですかね。
なるほど、分かりました。ちょっと頑張ってください。
はい、頑張ります。
リスナーの皆さんにはあんまりお勧めはしないんですけど、まあ頑張ってくださいということで。
いやーそうですか。ということで、じゃあちょっと今日のテーマいきましょうか。伊藤さんお願いします。
今日のテーマは、2024年始まったということで、この1年どうしていきたいかみたいなところと、
あとはBoot App Radioも含めて、どういうふうな1年にしたいかっていうことを話していければなと思います。
ちょっとそれぞれ個人的な今年の展望を話す感じでいいですか?
そうですね、まずはそれからお願いします。
じゃあ伊藤さんからいきましょうよ。伊藤さん今年はどういう1年にしますか?
そうですね、なんか僕はあんまりその1年の目標とかあんまり立てないタイプなんですけど、
でもやっぱり橋田さん冒頭おっしゃってた通り、やっぱり自分もこっちにスタートアップやりに来ていて、
今は学生ですけど、少なからずいろいろ検証できることはたくさんあると思っているので、
なのでまずはなんか自分がその現地の人と仲良くなったりとか、
今は移民って感じですけど、ローカルの人としてどういうものを欲しがるのかというか、
なんか自分がまず顧客になるみたいな感じじゃないですけど、
まずは自分が生活してどういうものが欲しくなるのかなとかをいろいろ探っていきたい。
探りながらいろいろ行動していきたいなっていう感じですね。
なんか去年はBoot App Radioで最初、企業準備中の伊藤ですみたいに言ってたのに、
全然動いてなかったので、今年はちょっといろいろ、やっとUSに来てという感じなので、
いろいろアクションしていきたいなっていうところですかね。
あとはやっぱり、そうですね、やっぱり友達作るってさっきも言ってましたけど、
やっぱりこっちに来て、いつかスタートアップするときに、
共同創業者とかも必要だと思うので、
06:00
英語での本当の信頼関係みたいなのが掴めるといいなみたいなのは思いますね。
今はざっくりそんな感じのことを考えてます。
テーマ探しも含めて、やっぱり現地で生活してみて、
こういうテーマ気になるなとか、ちょっとやってみようみたいなところが見つけられるといいですよね。
とはいえ中長期的に考えているので、
焦る必要もないと思うので、じっくり現地の人たちと仲良くなりながら考えようかなって感じですかね。
僕なんですけど、僕もあんまり目標立てるタイプではないんですけど、
そうですね、なんかやることはいっぱいあるんで、ちょっとそれはっていうところで、
やっぱり一番は直近のね、ブータープレリオでも言ってますけど、
直近の放送会でもありましたけど、渋谷スタートアップオアシスをまず立ち上げるっていうところが、
今、今年立ち上げてPMFさせるっていうのが今年の目標ですかね。
PMFまで、すごい。
そう、一応スタートアップオアシスの話は第62回、
さえさんと一緒に喋ったスタートアップオアシスの全体像という回を聞いていただきたいのですが、
ものすごいざっくり言うと、渋谷にスタートアップが無料で使える
コミュニティスペースみたいなものを作りますと、液と保護粉の物件、
ついに契約申し込みが通りまして、やっと準備できてる、今始められたっていうところなんですけど、
詳しくはその回を聞いてほしいんですけど、それを立ち上げて、
このビルがですね、実は来年の4月までの契約になっていて、
これは地区60年のですね、すごい古いビルで取り壊し予定という感じになってます。
なので、やっぱり1年ぐらいのプロジェクトっていうふうに僕も考えていて、
まずそれをやってみて、もちろんうまくいけば次の物件を借りて、
でも少なくとも年内ぐらいには判断しないといけないんで、
PMFさせるというところまで持っていければいいかなというふうに思っています。
ちょうどスタートアップのシード期の気持ちで僕はそれに取り組んでいて、
コミュニティスペースがしっかりピボット。
ピボットもするかもしれないですけど、PMFさせて次に行きたいなというのが今年の目標ですね。
他にもやることはいろいろあるんですけど、もちろんエンジェル投資も続けていきたいし、
他にもやることいろいろあるんですけど、直近でかいプロジェクトはそれですね。
って感じですかね。
なんかプライベートの方の目標とかもあったりするんですか?
プライベートですか?プライベート。
プライベートなんすかね。
プライベートの目標はなんだろう、あんまなかったんですけど、
年始に最近ちょっと、ほんと直近のトピックで言うと、
09:03
なんか家建てよっかなとかそういう風に思ってます。
橋田ハウス、ニュー橋田ハウス。
これ別に緊急度は低いんですけど、
別に今の家で不自由してるわけでも全然ないんですけど、
家の近くの土地がちょっと空き始めていて、
結構ね、家の同じ町内を見ても、
古い家が取り壊されて新しい土地ができて、そこに家ができる。
それがすぐ売れるみたいな現象がすごい起きてるんですよ。
なので、もうちょっと広い家建てよっかなとか。
ちょっと分かんないです。それはまだ決まってないんですけど。
なんかそういうプライベートで言うと住環境をもう少し整えよっかなとか。
理想的には、投資先の人が合宿に来れる家とか超よくないですか。
全部スタートアップに繋がっちゃうんですけど。
理想は元Yahoo社長の小澤さんの家ですよね。
地下室でしたっけ。
知ってます?小澤さんの家。
そう、地下室、地下室。
あの物件はもうなくなっちゃった。
確か青山かなんかにあったんですけど、
あの物件はもう売っちゃったらしいんですけど、
青山にどでかい小澤さんの家がありまして、
そこの地下室がスタートアップの根城になっていた。
小澤さんが主にエンジェル投資してた先の会社が、
その地下室に入り立ってシードキーやるみたいなのを、
彼がね、僕は言ったことないですけど噂は聞いていて、
なんだっけ、クロステックベンチャーズのポッドキャストに
小澤さんが出てたときにその話をしてて。
そうそうそうそう。
直近は北斗、北斗社が入ってたっていう話を言ってたんですけど。
そこまで広いものはもちろん無理なんだけど、
地下室とか憧れるなとか思いながら妄想してます。
確かに、めっちゃいいですね。
実際作れるかどうかっていうのは色々あるんですけど、
地下室ある家欲しいって最近思い始めました。
地下室、全然使い難い。
色んな用途に使える地下室。
普通にね、僕今二階建ての建て売りの家買って住んでるんですけど、
二階建てで住んでるんですけど、
地下室あったら色々できるよねとかって
ちょっと考えたり妄想したりしてるって感じですね。
いいですね。確かに音楽とかもできますよね。
別に、なんかバンドとかできるみたいな。
それは本当にごめんなさい、これ妄想の話なんですけど、
ちょっとそういうのができたらいいなとかは思ってますね。
いい物件が、いい土地があれば。
というのが最近のプライベートの目標でも何でもないですよ。
12:02
ただの妄想なんですけど。
確かに確かに。
やるかもしれないこと。
あとはですね、今日のテーマはどっちかっていうと
Boot Up Radioの今年どうする問題について話したいなと思ってて。
じゃっくり去年振り返ると時系列で言うと、
このラジオを5月からやってますよね。
5月スタートです。
5月からやってて、
初回配信が2023年5月24日なんですよ。
これ第1回。
伊藤さんとトッドキャストやりたいねって話を僕が言って、
それで伊藤さんも一緒にやるってことになり、
この第1回から伊藤さんと二人で喋るっていうスタイルで
週1回配信をしてきました。
途中から週2回配信になって、これいつ頃からだっけ。
週2回があったんですね。
ゲストを呼び始めてから週2回になったのかな。
多分1回目のゲスト坂本達夫さんだと思うんですけど、
これが8月2日ですね。
スタートから2ヶ月半ぐらいで、
ゲストを呼んで週2回に増やしてるんですよ。
なるほど。
10月ぐらいに年末までに300フォロワーっていう目標を立て、
そのタイミングで伊藤さんがアメリカに行く前に
オフ会をやりたいからそうなったんですけど、
フォロワーを300人になったらオフ会やりましょうと。
っていう目標を立てて、そのための施策として、
まずはでもやったことが大きく2つで、
配信回数を増やすっていうことと、
Bダッシュキャンプとか行って、なんだかんだ言うても、
草の根で増やさないとねみたいな話をして、
BダッシュキャンプにTシャツ着て行ったじゃないですか、
ブートアップレディオって書いてある。
あれとかやったりとか、
そういうのやってましたよね。
結果見事達成して今に至る、今300ね、
今数字見てたんですけど、377人フォロワーいますね。
というのが現状ですと。
ゲストの方というかレギュラーの方が今は、
1,2,3,4名ですかね。
レギュラー4名ですね。
伊藤さんが毎週やってて、
レギュラーメンバーの方が、
直近配信した神楽4AM堀さん、
それからトゥン杉山さん、
あとは、おっしーか。
電動のおしらさんと、
あのバカの巻原さん。
この4人がガルガル出ていただく。
月1レギュラーの皆さんと。
だから週2日はほとんど配信者が決まってるわけですよね。
僕伊藤さんで週1、
他レギュラーメンバーで週1、
残り週1が都度ゲスト呼んだりして、
15:00
もしくは僕と伊藤さんで埋めてる時もありますけど、
都度喋ったりしてるっていうのが今の現状ですよね。
なので引き続きこのペースで配信したいなとは思いつつも、
ちょっとどういう目標設定にしようかみたいなのが一応ありまして、
いやーちょっと分かんないんですけど、
とりあえずフォロワー1000人目指しましょうか。
やっぱ3倍3倍でいきますかね。
3倍3倍でいきましょう。
300人で目標設定した時も100人超えたぐらいだったと思うので、
3倍3倍でいきましょう。
はい、スタートアップなので。
これでもいつまでに達成すればいいんですかね。
だってあれ3倍の目標を設定して、
だからフォロワーを200人増やしたのが、
たぶん1.5ヶ月ぐらいで達成したんですよ。
なるほど、確かに。
2ヶ月はかからなかったはずなんですよね、あれ。
あと2ヶ月しかないとか言って設定し始めて、
1.5ヶ月ぐらいで達成したと思うんですけど、
今回どうしましょうかね。
そんな倍で増えるんですかね。
1.5ヶ月で達成できるとはとっても思えない目標なんですけど。
どうしようかな。
頑張ります。3ヶ月ぐらいとかにします?
3ヶ月すごい、確かに。
3ヶ月ぐらいで行くのかな。
どうなんすかね。
どっかで爆発的に伸びないと難しい気がしていて。
確かに。
渋谷スタートアップオアシスでずっと流しておくっていう
施策は多分できると思うんですけど。
オアシス内でずっと流しておいて、
聞いた人にみんなフォローしてねっていう。
それはでもすごいですね、その仕組みはできたら。
これはね、やりたいですね。
でもオアシスがオープンするのって最速3月、
たぶん4月とかになるんで。
そうなんですよ、だから3ヶ月っていうと、
今日収録日が1月11日なんで、
3ヶ月後4月11日ですよね。
オアシスオープンしてるかな、そんな感じです。
なるほど。
ちょっと難しいかもね。
3ヶ月はちょっと厳しそうですね。
厳しそうだよね。
そんな爆発的な感じじゃないですもんね、ポッドキャストは。
半年とかが現実的なんだろうね。
半年いいかもしれないですね。
半年にしましょうかね。
半年で1000人フォロワー。
でも他にやれること多分あって、
よくあるポッドキャストとか、
YouTubeとか見てても、
いわゆるコラボ配信とか、
ポッドキャストでも年末年始やってるの何個か見て、
なんだっけ、さっき出たクロステックベンチャーズのやつと、
それからレイヤーXNOWがコラボして。
知ってましたっけ。
レイヤーXの福島さん。
多分投資先だと思うんですけど、クロステックが。
投資してると思うんですけど、レイヤーX。
コラボチャンネルとかはありですよね。
なるほど。
18:00
コラボ配信。
コラボ配信は結構やった方がいい気がしてて。
確かに確かに。
僕ちょっと声かけしてみます。
コラボ配信したいなと思ってます。
そうですね。
あとは、前編後編みたいにして、前編をこっちで流して、
後編を向こうで流すみたいなのができるんですよね、コラボ配信。
両方聞くといい感じみたいな。
確かに。
別にこれポッドキャストじゃなくてもいいんですよ。
相手がYouTuberでもいいわけですよ。
だからそれこそ、坂本達夫さんじゃないけど、
坂本達夫のスタートアップ坂場とコラボするとか。
そっかそっかそっか。
YouTubeのが何ならコラボってあれですもんね。
一般的ですもんね。
確かに。
あとはスタートアップと推しTVとコラボするとか。
その2チャンネル僕も出演経験があるので、
ちょっと上げてるんですけど。
とかとか。
確かに。
別にYouTubeでもいいんですよね。
だし、結構なんかネタはいっぱい作れそうな気がしますよね。
あと何ですかね。
僕、ジャストアイディアで生配信をやりたいっていうのがあって。
それは僕も打ち合わせで聞いてましたけど、
どういうことなんですか、生配信っていうのは。
いや、特になんかまだ全然具体のアイディアがないんですけど、
なんかよく、要はYouTubeライブとかやるじゃないですか。
インスタライブとか。
Twitterも、何だっけ。
昨日の名前忘れたけど。
ライブ配信の機能がありますよね。
何だ、ありますね。
Twitterスペース。
これ何ていう名前なんですか。
Xスペース、スペースしか多分名前ないですよね。
スペース、Xのスペース機能ですね。
スペース使ったことあるんですけど、
僕もこのブートアップレビューをやる前に。
わかんないですけど、
Spotifyでやる以外でいうと、
Xの生配信みたいなスペースの機能とかが一番相性良さそうな気がしますね。
確かに。
それいいかもしれないですね。
メディアミックスみたいな。
Spotifyでできるならやればいいかなとは思ってるんですけど、
もうすでにユーザーベースがあるんで。
ただ生配信何やるのがいいんだっけみたいなのは、
まだ全然ネタがないです。
イベントレポート、イベントの登壇とか。
わかんないけど。
なんかあれじゃない。
ブートアップレビューをリアルオフ会やったけどさ、
オンラインオフ会みたいなやつを、
生配信すればいいんじゃないかな。
オンラインオフ会っていうのはどういうことですか。
そうそうそう。
だって実際オフ会東京渋谷でやったんですけど、
来れない人もいるわけじゃないですか、このリスナーの中には。
そうですね。
そもそも東京にいませんとか、海外いますとか、
いろんな方いらっしゃると思うので。
そう考えると、
オンラインでライブ配信するっていうのは、
ちょっと面白いかもなって思ってます。
オフ会っぽく。
21:00
確かに。
いいかもしれないですね。
別にハイブリッドでやってもいいんですけど。
うんうんうん。
でもだってさ、伊藤さんしばらく日本に来ないわけじゃん。
まあ、はい。
日本帰ってこない。
そう考えると、
基本帰ってこないので、
オンラインオフ会をやったらいいんじゃないですかね、このノリで。
確かに。
いいかもしれないですね、めっちゃ。
全然オフじゃないけど、オンライン会。
オンラインイベントをやってもいいんじゃないですかね。
オンラインの方が質問とかしやすいかもしれないですね、意外と。
しやすいよね。
コロナ中に結構さ、そういうオンラインセミナーとかさ、
オンラインイベントとか結構いっぱい、
まあ、参加したことあるし、いっぱいやったけど、
まあそれそれいい体験でもあったんで。
Rooftop Radioのオンラインオフ会をなんかやりますか。
いいですね、確かに。
まあミックスでもいいけど。
うんうんうん。
いいんじゃないかな、これ。
いやすごいいいかなって今思ってます。
うんうんうん。
確かに。
それはちょっと近々企画しましょう。
はい、わかりました。
他にやりたいことありますか、なんかRooftop Radioで。
やりたいことで言うと、
なんか僕がせっかくこのシェリコンバレーにいるので、
なんかそういう現地の人のインタビューとかできたら面白いなって思ってましたね。
言うやっちゃいなよ。
そうですね。
言うやっちゃいなよ。
言うやっちゃいなはダメな人だと思うんですけど。
そうですね、なんかでも、
なんかあのポッドキャストで言うとシリオロとか、
シリコンバレーからよろしくリターンズとかで結構企業家の人とか出てると思うので、
まあ企業家でもいいですけど逆になんかシリコンバレーの、
なんかまあ分かんないけど、出てくるか分かんないですけど、
エンジェルとかもなんかいいかなとか思ったりしてました。
そういうのはなんかあんまり逆にパッと思いつかなくて。
シリコンバレーのエンジェルって要はアメリカ人ですよね。
そうですね、まあ英語でもいいし、日本人の人でもいいですし。
日本人の人で現地に住んでてエンジェルっているんですか?
ちょっとこう僕全然解像度低くて分かんないんですけど。
ああ、いや分かんない。いや全然いないのかな。
いないんですかね、ちょっと分かんないですけど。
ちょっと僕出会ったことなくて分かんないですけど。
うん。
いやでもなんか、でも伊藤は分かります。
なんか伊藤さんがせっかく現地にいるので、
現地の人をゲストに呼んで喋りたいっていうのはアリだし、
いやめちゃめちゃアリだと思います、それ。
はい。うん、なんでそういうのは結構いいかなと思ったり。
うん。
してますね。
いいっすね、めっちゃいいっすね。
うん、なんかあの箱舟のアソシエイトの方かな、分かんないですけどが、
なんかあのYC、This Week in YCかな。
なんかYCの、YCに入っている起業家の方をインタビューするみたいなやつがあって、
まあなんかそういう感じで。
あれですよ、えっと、ロードトゥーYC。
あ、そうですそうです、ロードトゥーYC。
ロードトゥーYCです。
とかみたいな、そういうYCに入っている人でもいいですし、
もう少しこう、なんていうんですかね、敷居が低めというか、
あの、割となんていうんですかね、もっとプレシート的な感じの、
24:00
別に有名じゃないんだけれどもみたいな、現地の起業家にあるみたいなのもアリだなとか思いますし、
ちょっとどういう人にインタビューすべきなのかはちょっと分かんないんですけど、
そうですね。
まあなんかそういう系はちょっとやってみたいな。
ロードトゥーYCはそうっすね、はい。
あ、いいっすね、いやすごい分かります。
ちなみにロードトゥーYCやってる箱舟のインターンの人なんですけど、
あ、インターンの方?
彼に会った、僕それが気になりすぎて会ったんですよ、この前。
へー。
去年渋谷で。
はいはい。
で、話聞いたんですけど、はい。
いまだにまだ2話しかアップされてなくて、
うん。
エピソード2までしかないんですよね。
で、早く続きを聞きたいって僕はめちゃくちゃリクエストして、
あの、一応はい予定はありますって言ってたんで。
へー、すごい。
まだね、これ2本しか出てないんですよ。
うんうん、そうですよね、2本。
箱舟の有村さんっていう方なんですけど、
うんうん。
そう、あの、がやってるロードトゥーYC。
そうそうそうそう。
いや、めっちゃ良くて、なんか僕もめっちゃ知りたいし、
うんうん。
YCのこと。YC大好きなんで。
うん。
ちょっとね、そういうのとかベンチマークしつつ、
ちょっとこっちは更新されないんで、あの、
ぜひ伊藤さんがやっちゃえばいいかなって思いますけどね。
はい、ちょっと頑張ってみます。
どんどんやりましょうよー。
はい。
とかですかね。
はい。
なんで、ちょっと企画、企画してください、それ。
はい、企画してみます。
あとなんかあります?
なんか現地っぽいね、あの、なんて言うんですかね、
手触り感のあるコンテンツとかすごく大歓迎ですし。
現地っぽいやつで言うと、
あの、Vision Proが2月2日に発売されるじゃないですか。
あの、Appleに。
あー、ニュース出てた。
で、今僕がその柱さんとお席で、
はい、Apple。
はい、あの、働いてるというか出向というか働いてる会社がARの会社で、
で、そのARのゴーグルを買ってきてほしいみたいな、
はい。
言われてて、まあなんかそういうのとか、映像じゃない。
インターンの仕事?すげー。
Vision Proを買いに行くっていうタスクすげー。
はい。
それとかなんかあの、前日から何なら。
確かに、それだ。
取り込みしてやろうかと思ってますね。
並ぼう、並ぼう、並ぼう。
あの、Appleショップ、Appleストアの前並ぼうぜ。
それだよー。
それとかいいかもしれないですね。
それめっちゃいいじゃん。
それでさ、それ生放送しなよ。
それ生放送しようよ。
いいかもしれない。
今並んでますみたいな。
そうですね。
それ1個目のコンテンツとしてめちゃくちゃ面白い。
世界初の商品を並んで買うっていう。
確かに、いいかもしれないですね。
え、めっちゃやってほしいそれ。
えーと、予約、1月19日午前5時から予約開始で、2月2日発売決定。
はい。
予約して店に、え、予約し、予約して店に並ぶ。
もうなんか俺並んだことないかわかんないけど。
予約するけど並ぶんだ。
なんかわかんないですけどやっぱ。
これ並ぶのはネタなんで、並ばなくても買えるわけじゃないですかこれ。
予約できるから。
でも多分並んでるApple信者の皆さんは、もう世界で1秒でも早く手にしたいと思ってるんですよ。
27:02
そうなんですよ。だからやっぱり。
だから並ぶんですよね。
どんな人なのか気になるし。
やっぱ一番Appleの。
並んでる人にインタビューしよう。
そうですそうです。だからそういうのをやってみたいですね。
で、いく。
やろう。それやろう。決定。
おめでとうございます。
これまあ生放送か、全然収録でもいいんですけど。
生放送もやるとライブ感が出てちょっといいっすね。
そうですね。
短くていいから。
確かに確かに。
生放送をやりつつ、収録、それもちろんアーカイブ配信してもいいと思うんですけど。
生放送めっちゃライブ感あっていいなそれ。
いいですね。
取材する人いっぱいいるじゃん絶対それ。
確かに。
Appleのヘッドフォトで一番。
いやこれは伊藤さんいけるならぜひ。
近いAppleストアなんで多分めっちゃ熱量高いと思いますもん。
AppleのヘッドクォーターにあるAppleストアで、いや最高だね。
めっちゃ熱量高い。
いやーそれはいいわ。熱量高いWorldwideのApple信者の方が、主にアメリカ在住の方がいらっしゃるってことですよね。
そうですね。だからめっちゃ楽しみですね。
すげー。え、すげー。なんかすごい企画が。これは熱い。
面白そうですよね。
なんか一番楽しみにしてます今。伊藤さんちょっと取材の企画作って。
頑張ります。
自分で、しかも並びながらね。並びつつインタビューすると。
ちなみにこのboot up radioは主に日本のリスナーの方が聞いてるんで、通訳とかもお願いできますか。
はい、もちろんです。
簡単に。
簡単にですけど、僕もそんな英語めっちゃうまくないんで。だいたいできると思います。
まあまあでも何か何喋ってるかぐらいはね、多分わかると思うんで、ちょっとそれをお願いします。
やばいね。で、いや超面白いそれ。それもう見えた。面白い。
どうなるんですかね。
それはやりましょう。
じゃあちょっと2月に向けて準備をしましょう。
そうですね。確かに。
これだからさ、でもさ、買ってさ、みんなどうするんだろうね。
家持って帰って体験するんですかね。その場でやり始めるやつとかいそうじゃん。
ああ、確かに。僕は、
危ない、危ないよね。危ないけど。
僕は会社のお金なんで、もちろん開けないしそのまま郵送するんですけど、確かに使ってる人とか、
ていうかなんかポッドキャストもあれですよね。動画のファイルで置いたら動画付属されたりしますよね、最近。スポッティファイ。
あ、スポッティファイ。動画もいけます。
だからそういうのとかもなんか乗っけちゃったら面白いかもしれないですね。
全然動画乗っけちゃっていいと思います。動画でやっても臨場感伝わっていいと思います。
確かに、確かに。いいですね。
ちなみに、このですね、今収録に使ってるリバーサイドも配信の機能があるので、
この辺はちょっと調べておくといいと思います。
だからどのメディアに配信、これだからTwitterとかYouTubeとか接続して、
この今出てる画面を配信することができるんですよ。
え、そうなんですね。なるほど。
で、ちょっと多分ね、分かんない。料金上乗せかもしれないけど、全然そこはちょっと調べておいて。
30:03
分かりました。はいはい。
なんかどういう配信の仕方をするのが一番いいのかとか含めて、生放送僕らもなんかノウハウがないので。
確かに確かに。
いやー、マジで楽しみだなー。この企画はいいよ。めちゃくちゃいい。
まさかのホームレスがふっかりすぎて可能になるっていう。
ホームレスふっかりすぎて。
しかも一番近いAppleストアがAppleのヘッドクォーターの前っていう。めちゃくちゃすごいなそれ。
前っていうか一番近いそのやつですね。ヘッドクォーターから距離的に言ったらみたいな感じですけど。
まあ前って言ったら前。一番近いとこ。
でもだって祭りじゃんこれ。
全然僕知らないんでそのAppleが日本で発売された頃の祭りみたいな。だからめっちゃ楽しみですね。
え、なんか多分動画検索したら出てくるよ。
毎回少なくとも今でもiPhoneの新しいやつが出ると
出る日にAppleストアに並ぶ人っていうのはいるわけで。今でもいるんですよ。
ただ今って別にいわゆるコモディティ化しちゃってるし。
だってiPhoneなんてもう15とかでしょ。
だから最初の方で、例えば15年前に日本で初めてiPhoneが出た時とかの
ネットミームになってる乗るしかないこのビッグウェーブにみたいなやつあるじゃないですか。
あれってモヒカンの人が喋ってるやつ。
あれってiPhone並んでる時に言ってたセリフなんですよね。
そうなんですね。なるほど。
多分最初のiPhoneがソフトバンクから出るってなって
そのiPhoneを手に入れるべく並んでた人たちのうちの一人なんですよね。
なるほど。
そうそうそう。だから当時の熱狂たるやっていう話で。
これちょっとごめんなさい。アメリカの話わかんないですけど、日本だと特に日本でもそうなっていて。
でもアメリカでも当然Apple信者の方々がいらっしゃってそういう風に並ぶ人もいるんだろうなって感じですね。
今でもやってるっていうのはもうシンプルに祭りというかイベントなんですよね。
別に当時の熱狂ほどはないけれども、もうAppleが好きすぎて1秒でも早く手にしたいから並んでいて。
しかも要は毎年それを楽しみにしてる信者の人たちがいて、そこでしか出会わないみたいな人たちがいるわけですよ。
コミュニティができてるわけですよ。
なるほど。
1年ぶりですねって顔を合わせる人たちがいるわけですよね。
なるほど。
フェスなんですよだから、01の。
理解しました理解しました。
そうそうそう。好きでやってんのよみんなそれ。
いや面白そう確かに。
そうめっちゃ面白い。僕もそういう人たちは直接認識はないけど、
僕のCIでやっぱりApple好きな人とかは毎年9月10月ぐらいに発売すると思うんだけど、
なんかもう毎年買い替えてるっていう人がいて、今年買ったみたいな話とかをちょっと聞いたりしたんですよ。
毎年買ってんすか?みたいな。好きすぎる人たちがちょっといるんですよ。
並ぶほどじゃないけど、必ず注文するみたいな人がいて。
33:00
その熱狂ぶりをぜひ現地取材をお願いします。
わかりました頑張ります。
いやー一個いいコンテンツできましたね。
確かに。
企画会議、企画会議が垂れ流してるようなもんなんですけどこれ。
いやほんとそうですね。
それ楽しみにしてます。
で、あとぜひリスナーの皆さんにもネタ提供お願いします。
これやってくれみたいなやつは、結構なんでもお便り欄に投稿していただければ、こういうの聞きたいんですけどとか。
確かに確かに確かに。
ぜひぜひ、ちょっとジャストアイディアでもいいので出してくれれば僕らも検討しますので。
よろしくお願いします。
よろしくお願いします。
BOOT UP RADIOは番組に対する質問や取り扱ってほしいテーマを募集しています。
番組概要欄にあるこちらのリンクからぜひ送信してください。
よろしくお願いします。
はい、ぜひこの番組聞いて聞いた方はフォローもしていただけると幸いです。
ということで今年もよろしくお願いいたします。
よろしくお願いします。
34:14

Comments

Scroll