1. 朝の散歩
  2. 11/13 おだじんさん100回おめ..
2023-11-13 26:51

11/13 おだじんさん100回おめでとう!・にゃにゃにゃラジオ復活?・多聞スタート!?

ご紹介したポッドキャストとお店

#声日記

Summary

おだじんさんは公園日記100回目を達成し、継続することの素晴らしさを感じます。また、ポッドキャストの収録はDiscordで行われ、にゃにゃにゃラジオの復活や、豪さんの深夜喫茶店の開業計画について話し合われます。豪君の喫茶スペースと近藤さんのリスンが話題となり、にゃにゃにゃラジオが復活することが決まります。ゆずさんと豪さんも豪華ゲストとして参加し、喫茶スペースについて話し合うことになりました。にゃにゃにゃラジオ復活の話や、多聞の新プロジェクトについてお話しいただきました。

おだじんさんの公園日記100回目の達成
おはようございます。
11月13日、月曜日、週明けの朝です。
また1週間が始まりましたね。
まず最初に、おだじんさん、公園日記100回おめでとうございます。
1日も欠かさずですかね。
100回、いち早く達成ということで、素晴らしいですね。
本当におめでとうございます。
おだじんさんが100回かと思って、自分の公園日記は今何回なんだろうと見てみたんですけど、
66回、今回のこれで67回目でした。
なので、3分の2ということで、僕の場合は3日に1回ぐらい休んでるっていう平均すると、
そういうペースだったんだなっていうことが分かりましたけど、
そんな中休まずに、いち早く100回ということで、本当におめでとうございます。
すごいです。継続できるのがすごいですね。
おだじんさんの公園日記1日1杯に、僕が一番受けている影響としては、
やっぱり毎日続けられてるっていうことが支えになって、
僕もその3分の2ぐらいの日は続けていられる気がします。
多分おだじんさんがいなかったら、こんなに日数やってないだろうなって思うんですよね。
それは僕よりもたくさん毎日淡々とやってる人がいるんで、
僕も毎日とは言わなくても、思いついたらやろうかなくらいの気持ちになれてるのは、
おだじんさんがいるからだと思いますし、
あとは具体的にね、なんかその続けるコツみたいなお話を今回もされてましたけど、
基本は今日は何を喋ろうかってあんまり思わずに、
今日は何があったかなって考えて、そこまで決め切らずに話すようにしてますみたいなことを今回おっしゃってましたけど、
なんかそういうのもすごい実際参考になるなと思ってまして、
まずそれでいいんだよっていうところですよね。
ポッドキャスト、なんかやっぱりちょっと面白い話を用意して喋んなきゃなみたいなことを思い始めると、
今日はネタがないな、話せないなってなっていくと思うんですけど、
普通に今日あったことを話せばいいだけですよっていう、
そのスタイルを確立してずっと続けていらっしゃる方がいるおかげで、
それでもいいんだみたいなことで自分も話せだせてる。
今日も一旦今日あった出来事を振り返ってお散歩しながらちょっと喋ろうかなみたいな気になってるっていう部分がすごい大きくて、
本当に影響力、影響を僕は受けてますし、
そうやってご自身で最初にそういうスタイルを作られて、
堂々とというかされてるのが本当にすごいなと思って、
ついていってます。どうぞこれからもついていかせてください。
Discordでの収録とにゃにゃにゃラジオの復活計画
そしてDiscordで収録をされてたということで、
そういう収録されるっていうのはお昼ぐらいに気づいて、
あ、今晩やるんだって思ってたんですけど、
ちょっと夜顔を出せずで申し訳ありませんでした。
いや、ちょっと聞きたかったです。すいません。
なんかいいですね、あえてDiscordでちょっと記念になるときに収録するっていうのが。
時間帯も遅かったんですけど、それもあるかもしれないですけど、
なんかバーみたいだなと思いましたね。
今日は小田陣さんがホストのバーがお店開いてるんで、
夜にちょっと寄ろうかどうかみたいな、なんかそういう感じで、
今日夜ちょっと立ち寄るかどうかどうしようかなみたいな選択肢が
夜にあるっていうのもなかなかいいなと思ったんで、
なんか行く行かないよね、その時に皆さんの都合でいいと思うんですけど、
ちょこちょこあえて夜のDiscordで収録やってる人がいるみたいなのとか、
なんかそういうのもっとあっても面白いかもなって感じました。
あとはまあ、あれですね、聞いてる方の声とかも取れる方法とかあると面白いかもっていう。
確かヒロヒロシさんでしたっけ、なんかどうやって収録してるんですかみたいな話をされてましたけど、
なんかうまく他の参加者の方の話とかもちょこっと入ったりするのもなんか面白いのかもしれないですけどね。
小田陣さんの100回記念の中で、この前の雨の朝の散歩のことを話してくださって、
今随分聞き入っちゃいましたみたいなことを言っていただいて、
そんなね、テキストで読んだ後にさらにもう一回聞いてくださったんだっていうことで嬉しかったです。
ありがとうございます。
僕もちょっと3桁大台目指して、ぼちぼちと続けていけたらなって思ってます。
で、この昨日の出来事ですけど、
昨日日曜日だったんですが、
家にお客さんがちょっと遊びに来てくれまして、
たまにクリプトラジオとかで出てくるベッチ君っていう男性がいるんですけど、
ベッチ君がゆずちゃんっていう女性と豪さんっていう男性の方とお二人連れてきてくれました。
ちょっと家でね、お茶を飲みながら話してるっていうことだったんですけど、
なんとですね、リッスン的なサプライズトピックとしては、
このゆずちゃん、かつてアップルポッドキャストで総合ランキングで日本全体の2位まで行ったことがあるっていう、
ポッドキャスターさんだったっていうことがわかりまして、
そもそもポッドキャスター、ポッドキャストをやってること自体知らなかったんですけれども、
マジかっていう。
一度この前、いぶきステーションでスポーツカテゴリーで一瞬1位まで行きましたみたいなことがあって喜んでたんですけど、
その時で総合だと93位かなんかで、100位入ってすごいとか言って喜んでたんですけど、
なんと全体の2位ってすごいじゃないですか。
それが2016年だったかな。ちょっと前のことだったんで、
そのことはまだポッドキャストも少なかったんでっておっしゃってましたけど、
にしてもね、総合にいてっていう、そんな方だったっていうことがわかって、
マジかって言って早速ちょっとポッドキャストを聞いたりしてたんですけど、
名前がにゃにゃにゃラジオっていう、にゃにゃにゃラジオっていう名前で、
ゆずさんっていうのは大手IT企業でソフトウェアエンジニアをされてるっていう職業ですけども、
女性のエンジニアさんって結構珍しいんで、
かつそういうシリコンバレーのIT大手で仕事されてるみたいなところもあって、
なのに話が面白いみたいなところで人気が出てたんだなっていうのはちょっと聞いてみて思ったんですけど、
そういう方だったっていうことがわかって、必然的な流れでポッドキャストの話題でちょっと盛り上がったりとかしましたね。
リスの話とかしてたら、にゃにゃにゃラジオを復活させようかなみたいな話をされてたんで、
もしかしたらまた聞けるようになるのかもしれないです。楽しみですね。
豪さんの深夜喫茶店開業計画
そしてもう一方、豪さんですけど、
彼は今京都で深夜喫茶っていう夜に開く喫茶店を100万弁の近くで運営をされていて、
そこが結構軌道に乗ってきて、さらに大きなイベントとかもできるようなお店を京都の街中に出そうとしているっていうお話を教えてもらいまして、
多聞っていう名前らしくて、もう店はまだ物件も決まってないんですけど、
お店の名前は多聞、多く聞くって書いて多聞っていうらしいんですけど、
なんかそういう名前がもう既に決まっているお店をこれから開こうとしているということで、
ちょっとね、いろいろそのお店の構想なんかを聞かせてもらいました。
なんかすごい考えていることが近いなと思って、なんかうまく絡めたらなと思ってるんですけど、
夜はその深夜喫茶と同じように夜の喫茶店、お酒も飲める喫茶店ということで、
今のお店と同じような感じで運営されるみたいなんですけど、
お昼とかね、夜の時間、営業時間以外はイベントスペースとして使えるということで、
ライブをやったりとか、なんかトークイベントをやったりとか、そういうこともできるようにしたいみたいな話をされてて、
で、ちょうど僕も、なんかそういう人が喋って話が聞けて、
しかもそれがポッドキャストで配信できるみたいな、
なんかそういうスタジオというかイベントスペースみたいなのとかあったら面白いのになぁみたいなことをちょっと思ってたところもあるんで、
なんか絡めたら面白そうですねみたいな話をして、こちらもちょっと盛り上がっていました。
まあね、なんか物件、まだ物件探しをしてるってことで、そこも今からってことでしょうし、
決まったら決まったでね、なんかその回送費とか、いろいろ集めないといけないでしょうし、
まあどうなっていくかなってところだと思いますけど、
また京都にちょっと面白い場所ができるかもしれないということで、
はい、面白そうだなって思ってます。
いいですね、なんかそういう新しいことに向かって何かやろうとしている人の方とお会いするのはすごいワクワクしますし、
なんか楽しいなって思った日曜日でした。
ちょっとその、皆さん来てくれた方々とお話している録音がありますので、後半はそちらをお聴きください。
始まりました。さっき豪さんからねリクエストがあって、取ったらどうですかっていう、そういう意味でしょ?
今取ればいいんじゃないですかっていう意味だったんでしょ?
豪君の喫茶スペース
そこまで限ってなかった。
めちゃめちゃ詰められてる人みたいになってるけど大丈夫ですか?
今日はね、豪君の多聞っていうね、次やる喫茶スペースと、
近藤さんが今やっているリスンっていうのがね、聞くっていうのがね、どちらも入っていて。
そして、にゃにゃにゃラジオのゆずちんです。
お久しぶりです。
あのゆずちんってなる人結構いるんですか?
いや、そんなにいないと思う。
たまにすごい熱量のDMが届くときがあるんですよ。
あの時にすごい救われてましたみたいな。
言ってくれる女の子ね。
救ってたの?
いや、そのつもりはなかった。
でも確かに結構心理的なローの生の部分を出すようにっていうのはめっちゃ思ってたんで。
でもそういうのはやっぱりあれだよね。
インクルーシブデザインじゃないけど、
自分の本当の気持ちを発露させると、
それに悩んでいる人のところにダイレクトに届く瞬間っていうのがあるからね。
結果それが一番近かったりするんだよね。自分がトロしていくことっていうのがね。
そのトロがみんなできないわけじゃん。
いろんな社会性の靴は、かぶり物をかぶってたり。
けどやっぱり人は自分ができない時に、
自分じゃない他者が励んでいる姿に勇気をもらう瞬間っていうのがあるんじゃないかな。
スポーツ学生とかもそうだよね。
頑張ってるっていうのを見るだけでさ、こっちも勝手に頑張りたい。
自己投影。
公支援とかね。
はい、ということで今日はゆずちんさんと豪さんとべっちさん。
遊びに来てくれてます。
よろしくお願いします。
豪華ゲストですね。
棒さんもちょっとあんまり喋ってないじゃないですか。
あ、豪です。
喋り下手やから。
違うGOが今出てきました。
豪です。
あれ、何になるの?
ジャパン。
そんな豪華?わからなかった。
6千万。
うるさいうるさい。ちゃんと自己紹介して。聞きづらいからちゃんと自己紹介して。
京都でシンシンシンっていう深夜喫茶をやってるんですけど、
これからもう少しイベントとかもできるようなリンゴ店を作ろうと思ってて、
その話、相談させていただいてるんですけど、
そのいろいろ店でもこういう、多聞って店なんですけど、
多くを聞くで、そこでいろんな空間に満ちていく音とか、
かすかな声とか、そういうのをいろいろ耳を傾けられる場所になったらなと思ってて、
そこで起きてきた声とか音とか会話とか、
こういうのをこうやって今撮って、発信したりとかみんなと共有したりっていう可能性もあるんじゃないかっていうのを、
今近藤さんに伺って勉強中です。
にゃにゃにゃラジオの復活
素晴らしい。テスト配信中。
いいですよね。それを受けて近藤さんどうですか?
なんで回してるの?めっちゃイケてる。
ゲストが回してるの分かりづらい。
タモン、面白いんじゃないですか?
ありがとうございます。
よかったよ、アングロくん。
喋れる場所が欲しかったんですけど、なかなか目処が立てなかったんで、
乗っかってはいいかもしれない。
ぜひ乗っかってもらって。
リッスンスタジオ作りたいって言ってたけど、なかなかな。
めっちゃいいじゃん。
見に行って本当に物件を探してて、
何個かな?
何個か見に行ったんで。
見に行ったところで、普段の運営誰がやるのっていう。
逆にその場の運営ってそんなに片手前できないじゃないですか。
まさにでも場の運営をやりたいんだもんね。
そうですね。
深夜喫茶という場所を作りたいんだよね。
場所があれば使い方は無限なので。
いいかもな。
すごい需要が思った感がマッチしたよ。
家賃は一緒なんで、やりたいことやればやるだけ収益がいくらになるかみたいな。
やりたいですね。
やりましょう。
ポッドキャスト、私もまたやりたい。
すごい有名ポッドキャスターだった。
有名じゃないんですよ。
まだポッドキャストが流行る前。
日本の総合ランキングで2位まで行ったでしょ。
トップチャートを駆け上がった時期が7年前にね。
駆け上がれない人が大半だから駆け上がったっていう。
全体で2位はすごいでしょ。
山口ももみたいな。
もう数年間トップで。
急に引退した。
ももちゃんね。
マイク置いてきたからね。
もう一回持ち上げないといけない。
ずっとでもラジオをやりたかったんですよ私は。
やりたくてラジオのパーソナリティになりたいっていう夢がずっとあって。
なんで?
なんででしょうね。
うち父親がもともと落語家やってたっていうことがあったんで。
プロ中のプロやん。
喋る職業にすごい憧れがあって。
話か。
でも待ってたんですよオファーをずっと。
学生の頃から。
誰から?
誰から?
それで気づいた。
誰からも来ないやんこれってことに気づいて。
親からってこと?
分かんない。
誰かから。
そろそろ話してくださいって。
喋りが上手くなれば誰かからそろそろこの枠どうですかみたいな。
そのSOSをにゃにゃラジオで発信してたんやん。
自分が始めちゃえばなれるやんっていう。
やったらにゃにゃっていうのをにゃにゃラジオやってた。
それでにゃにゃラジオをやってたんで。
ちなみになんでにゃにゃラジオなんですか?
喫茶スペースの可能性
なんかちょっとナンセンスなものにすごい惹かれるところがあって。
にゃにゃにゃ。
そうでも猫が好きっていうのと、
すごいくだらない理由もあるんですけど、
にゃにゃにゃっていう作品が昔あって好きな。
ドキドキクラブっていうすごい好きなアーティストがいて、
にゃにゃにゃっていう作品があってそれから撮ってるんですけど。
どうでもいいです。どうでもいいです。
ガガガガスペシャルみたいな。
そうそうそうまあまあそういうことで。
なるほど。
分からんかった。
まあでも人側ですよね。
何かを想像するっていうのはやっぱりね。
いいじゃないですか。
なんでもまとめる。
ちょいちょい仕切り始めるのちょっとぶっ通し。
ベンチちょっとぶっ通してくんすよ。
ぶっ通してやるとふっこみが入ってくる。
いやもう羨ましいなって思う。
すごいな。
感情がね。
2位はすごいな。
再生数とかどれくらいかな?
いやでも再生数はそこまでだったと思うんですよね。
なんか正確な数字覚えてないですけど、
でもほんとやってて一番聞いてくれてる人が多かったのが2017年とか。
18年とかなんで。
そんな前にやってたんですね。
そうだから今からもう5年以上前なんで。
まだポッドキャストブーム。
日本のポッドキャストはまだブームになる前っていう感じだったから。
それで余計でしょうね。
集まったんでしょうね。
女の子が普通にやってるポッドキャストっていうのがレアだったから。
英会話とかそっち系のイメージだったの。
ポッドキャストとか。
確かに確かに。
勉強するためのみたいな。
ワールドニュース系。
確かに。
普通のね。
そういうVログ的なオーディオログ的なのはまだなかったからあんまり。
編集しないで出してたんでほとんど。
なんでそれも楽だったんですよね。
動画だとやっぱ大変じゃないですか。
確かに確かに。
オーディオは結構すぐ取って出しできるんで。
それが楽だったかな。
復活あるんですか?
復活ちょっとね。
せっかくこのポッドキャストの今流れがタモンとリッスンから来てるんで。
やろうかな。
ちょっとね。
せっかくやからもうちょっと喋ろうかな。
内容は変わらず大したことないですけど。
ちょっとやっていこうかなと。
今ちょっと募集いただきました。
熱烈なDMが。
確かにね。
1人はいると思うよ。
あの子たちの中の1人は。
まだ待ってると思うよ。
1人くらい待ってると思うよ。
ちょっとやります。
ゆうじちは女性をエンパワーメントするっていうのはライフワークでもある。
始めたきっかけもテクノロジー界隈にいる不可視化された女性たちっていうのを
1人が可視化されるだけでも違うだろうっていう
ある種のエンパワーメントっていうのも元々の裏テーマとしてはあったんで。
それは確かにまたやってもいいかもね。
にゃにゃにゃラジオ復活
エンジニアなんですよ。すみません。
ちゃんと自己紹介してないんですけど。
ソフトウェアエンジニアで女性が少ないっていうのをずっと問題意識抱えてやってるんで。
っていう話やね。
いいですね。それはどうするんですか?復活としたら。ニャニャニャで?
ニャニャニャでやろうかな。
せっかくまだ登録してくれてる人が多分数少ないですけどいるんで。
せっかくなのでちょっとまたそこを復活させる形で。
6年ぶりのニューエピソード。
ライフアップデートが。
てかまず今京都に住んでるんで。
その辺から色々。
確かに。
とか今週4で働いてるんですよ私。
週4なんですか?
はい。
パートタイム?
ビッグテックで働いてるんですけどパートタイムで週4。
ビッグテックで。
一応伏せるみたいな。
伏せてないんですけどオープンソースなんで。
私のポーズ全部オープンなんですけど。
水曜休みで週4で働いてる。
色々ちょっと特殊な働き方してるんで。
なんで週4にしてるんですか?
なんか女性の人生を考えた時に
例えば妊娠したいとか子供が欲しいとか思った時に
そっからかなり子供にデディケイトする。
5年10年とか始まる。急に始まってしまう。
考えた時にそこまでの一人の時間ってめっちゃ貴重だなって思って
仕事をしていない時間を増やしたいと思ったんですよね。
今の時期に。
っていうのでちょっとやりたいこと
ちょっと文章を書いたりするのも好きなんで
その辺もちょっと書こうっていうことで
週3休みっていうことにしてみました。
何か書いてるんですか?
じわじわ。
じわじわ?
じわじわ。
これはまた次回。
また別の機会。
にゃーにゃラジオのね。
にゃーにゃラジオ。
ここから先はにゃーにゃラジオの誘導をお願いします。
多聞の新プロジェクト
リンクもね。
リンクもお願いします。
誘導をお願いします。
すごい。じゃあ日本ランキング2位まで行ったにゃーにゃラジオが
にゃーにゃラジオが復活するかもしれない。
復活前夜です。
ちょっとやっていきましょう。
タモンの話もっとしな。
そうですね。
京都でイベントスペース兼喫茶?
夜はカフェバーで、それ以外の時間はイベントスペースとか
そうですね、いろいろ。
音楽ライブとかワークショップとか展示会とか
公演会とか
出版記念のトークライブとかもやりたいんですけど
そういう100人くらいは入れるような場所を作ってみたいなと思って。
100人?
100人くらい。
結構大きいホールなんですよ。
結構大きかった。
100人ってどれくらい?アバンギルドで何人くらい?
アバンギルドで立ちとか入れたら100人入るかな。
あれくらいですか?
そうですね、今のところは40坪くらい。
じゃあちょっとゆとり持って座れば数十人とか。
一応ね、今資料の鬼になってるんで
古い資料なのか。
めちゃめちゃ考えてきてるんですよ。
だからもしかしたら、ここをボードギャストブースみたいなのを
ステージ上に作って
作ったり外したりできるようなシステム作れば
スタジオっぽくできるかなみたいな。
ここは客席にもできるってことですね。
イベントの時は全部動かして
カフェの間取りを変えて
椅子だけにするってことですね。
そういうので公開収録とかもできたらいいよね。
すごい、この間取り図は物件がないのに
これはね、前の物件で考えて
一応元のやつを一応ベースに考えてるんですね。
すごいですね。っていうのが今は物件探し中。
そうですね。
エリアとしては京都の
京都の真ん中辺。
真ん中辺、河原町近辺を探してると。
2人ともまだ起こしになってないんですけど
深夜喫茶シンシンシンは全然違うお店なんですよ。
めっちゃちっちゃいし
地下って言うと隠れ家みたいな。
隠れ家みたいな感じ。
そこで言うとすごいビッグチェンジだよね。
全然違うものをやろうとしてるっていう。
ちょっと地下から上がってこようかと。
地上へ。
すごい大きく出る感じですね。
そうですね。
もうバカになって。
バカになって。
恐れ知らずやっぱり。
頭のイメージを外して飛び込んでいくと。
資本主義社会に若い。
確かに。
大丈夫なのか?
心配やそれ。
陸に上がろうかと。
深海旅行。
すごい感じでやってますけどね。
楽しみです。
ありがとうございます。
じゃあちょっと多聞もね。
どうなっていくか。
そうですね。
楽しみということで。
これのプロセスもできたら皆さんに。
共有しながらね。
ぜひ追いかけて応援してくださいと。
頑張って追いかけないと。
面白い。
いろいろ新しいものが始まりそうな。
じゃあ今日楽しかったです。
ありがとうございました。
26:51

Comments

odajinさんの毎日配信に対する基本姿勢は本当にいいですよね。肩の力を抜いた自然さがとてもいいと思います。 DiscordでのLISTENスタジオ(ボイスチャンネル)と録音botのCraigの設定、ありがとうございます。LISTENの楽しみ方が広がりますね。 ゆずちん、存じ上げなかったですが、面白いですね! にゃにゃにゃラジオがすごく気になってきました。ぜひ復活して欲しいです。 生の部分(個人の本当の気持ち)を発露させると、それで悩んでいる人のところにダイレクトに届く、というお話、なんだかタイムリーだなと感じました。 多聞(たもん)という名前のお店のお話。今後の展開が楽しみですし、「たもん」という短い語感がいいですね。 ゴウさんのノリの良さも面白い。 ちょっと調べましたら、X(Twitter)の深夜喫茶しんしんしんのアカウントは、なんとあの大作詞家・松本隆さんからフォローされているではありませんか。すごいですね。 べっちさんですか?お話の途中でまとめようとして周囲から突っ込まれるという。そういう和気あいあいとしたところも楽しそうでした。

言及していただきありがとうございます! スタートした直後からすぐに反応してくれたり、交換日記してくれたり、収録でいろんな工夫をされたり、近藤さんが一緒に遊んで楽しんでくれたことで私も続けることができたと思っています。ありがとうございます! ご一緒した人とその場で録音しちゃう近藤さんのこのやり方も、ゲスト回で誰かと一緒に喋るってこんな感じでも良いんだってハードルを下げてくれていると思います。オンラインLISTENスタジオもできたので、お喋り回が増えそうで楽しみです。

Scroll