2023-08-04 49:34

第176回「日記に感想書くのは禁止です」#427

第176回「日記に感想を書くのは禁止です」#427投稿! ▼お台場冒険王から出られなくなりませんか? ▽フルカウント千葉 ▼Ms.三田寺理紗の古参だったカブト あばらや204号室Rは皆さんからの声をお待ちしています。 メ...

投稿 第176回「日記に感想書くのは禁止です」#427あばらや204号室R に最初に表示されました。

Summary

9日後、イベント『冒険王』が開催されます。そのイベントに関連して、千井河さんや冒険王に関するトピックが展開されます。また、日記についての対談動画も紹介され、日記の書き方や内容について話し合われます。日記の書き方については異なる意見が交わされ、温存するか使い切るかについても議論がなされます。 さらに、握力を競う企画「サッカー100人!いけてます?」や、仙台駅内の観光チェックポイントを回る企画「水素の音」なども取り上げられます。さらに、松本さんがカイゴンの関西弁を真似して遊ぶ場面や、AD時代の遅刻エピソード、そしてエンディングまで、さまざまなトークが展開されます。 イベント中、客席がへーッとなる中で、2回で終わるボンボンのコーナーや、アバレアの男女比の話題もあります。男女比については、聞いている人々の間で知識が共有されますか?男女比はどのくらいですか?

冒険王イベントの話題
Speaker 2
8月の11日?
Speaker 1
はいはい。
Speaker 2
9日後、収録日から9日後。
あれだな。
ポッドキャストにおいて何日後とか言うのは野暮だな。
Speaker 1
そうか、リアルタイム性がないもんね。
Speaker 2
ないもんね。で、しかも収録日で言うのが一番意味ないもんね。
そう、俺らが楽しめるだけだから、2人で。
僕らからしたら9日後なわけですよ、皆さん。飲み込んでくださいよ。
Speaker 1
そうそう、そのテンション、はい。
Speaker 2
金曜日ですよ、8月11日、金曜日。
お題は、冒険を知ってます?皆さん。
Speaker 1
僕は知ってます。あのめちゃイケとめちゃくちゃ神話性が高いイベント。
Speaker 2
そうそうそう、神話性というか、まあ、担ってたという感じがありますね。
背負ってたというか。
Speaker 1
サンちゃん食堂みたいな、あれでしょ。
Speaker 2
サンちゃんそこまで背負えないよ、あの青ジャージのサンちゃん。
Speaker 1
青ジャージ、俺そのイメージなんか勝手にあったな。
Speaker 2
食堂は加藤一家が背負ってましたからね、加藤浩二一家が毎回。
微妙な味の焼きそばとか毎回やってましたけど。
お題は冒険に行くんですよね。
Speaker 1
はいはいはい。
Speaker 2
行くというか、出るんですよね。
Speaker 1
むむむ。
Speaker 2
出るんじゃないか。出るんじゃないんですよね。
閉じ込められるんですよね。
Speaker 1
やば。事件ありなんだ、冒険を。
Speaker 2
だから、出るんじゃなくて出たいんですよね、たぶん。
まあまあまあ、複雑な言葉になっちゃうけどそうだね。
10時から12時までの間、閉じ込められるんですよ、おそらくね。
Speaker 1
いや、恐ろしいね。
Speaker 2
お話があったのが、業務提携取引先のUUUM株式会社さんっていうんですか?
Speaker 1
はいはいはい。あんまり馴染みない、業務提携。
Speaker 2
あんまり馴染みないですね、UUUMさんって初めて聞いたんですけど。
Speaker 1
言い過ぎ言い過ぎ。みんな知ってるよ、UUUMは。
Speaker 2
こちらからお話いただいて、このお題は冒険に出られなくなりませんか?っていうお話がありまして。
はいはいはい。
よかったら来てほしいんですけど、そのクリエイタークリアハウスっていうのがあって、
これが言ったら、なんでしょうね、透明な部屋っていうのかな?
Speaker 1
うん、見せ物小屋みたいな。
Speaker 2
だからそのマジックミラー号のマジックミラーじゃない版みたいなね。
Speaker 1
いや、伝わりやすいね。
Speaker 2
伝わりやすいですよね。ちょっと男女で比率変わってきそうですけど。
そんな感じのがあって、中は結構でも快適な部屋なんですよね、どうやら。
で、そこに2時間閉じ込められるっていうことらしいんです。
これがだから、写真とかはあったけどさ、実際そのUUUMのクリエイターの人とか、
UUUMじゃないクリエイター?北海道の吉本の人とかも。
あ、違うか。遺跡してホリプロとかになったのか。
いや、ちょっとこれ奇跡があってさ、出演者一覧みたいなのホームページで見てたのよ。
はいはい。
で、そのシルクロードのシルクさんとかね、Tobyとか。
Speaker 1
シルクロードの、はいはい。
Speaker 2
あれ?シルクロード?違う間違えたわ。
フィッシャーズのシルクロードさんね。
そうそうそう、そう言ったよ俺は。
Speaker 1
言ってないよ。確かに個人チャンネル名はシルクロードかもしれないけど。
Speaker 2
そうそう、シルクロードのシルクさん、もといフィッシャーズのシルクロードのシルクさんとかね、
なんとなくひまわりチャンネルさんもやってましたね。
Speaker 1
あーはいはい、仲良し。
Speaker 2
そう、そん中に芸人さんとかもちょいちょいいて、
うん。
そん中に、えーって、なんかその高校の時に会ったことある人がいて。
Speaker 1
え?何?誰?
Speaker 2
それがフルカウント千葉っていう人なんだけど。
Speaker 1
はいはい。
Speaker 2
この人がね、僕ハイスクール漫才っていう高校生が出る漫才大会出たっていう話をちょくちょくしてるじゃん。
Speaker 1
はいはい、3回認解してる暴れ屋で。
Speaker 2
うん。で、3年目には準決勝に行けたみたいな話してるんですけど、
この話は1年目の話なんですけど、
まあ、割と大滑りしたと思って降りたんです、舞台をね。
したらなんか、席の、この客席の後ろの方で、ちょっとよろしいですか?って話しかけられて、
うん、何ですか?って言ったら、
オフィスセブンのフルカウント千葉というものなんですけど、
こういう事務所やってまして、入りませんか?みたいな、スカウトされたのよ。
Speaker 1
え?その滑った年に?
Speaker 2
滑った年に。
Speaker 1
えーすごい。
Speaker 2
あ、なんか、あ、協会の反応は良かったんだなーって思って。
Speaker 1
あ、なるほど、クロート受けましたんだ。
Speaker 2
そうそうそう。で、フルカウント千葉さんが出てきたでしょ?
その人が出るっていうのを見て、
あ、で、もともとそのオフィスセブンだったけど、事務所も変わってコンビになってて、
うわー懐かしいって、勝手に一人で感動してたんですよ。
Speaker 1
うーん、いや、するよ全然。
Speaker 2
ねー、びっくりしたんですけど、まあその人とは違う日にちなんだけどね。
Speaker 1
あ、はい。え?フルカウント千葉さんって今何歳ぐらいの人?
Speaker 2
86年生まれって書いてたよ。
Speaker 1
あ、びっくりした。
Speaker 2
おじいちゃん芸人かと思うでしょ、そりゃ。
えーそうか、ごめんごめんごめん。82歳とか言うと思ったってこと?
Speaker 1
思った思った。
まあ10年前は72でスカウトやってんのか、なるほどなるほどって思って。
Speaker 2
1900から始めるべきだったね、86年。
Speaker 1
なるほど、10個上ぐらいか。
Speaker 2
そうそう、そうだね、そうそう、そんな感じの人。
で、まあ言ったらその小屋というか部屋の中で、
まあいろんなそれぞれ企画やったりして、それをお客さんに見てもらうみたいな感じなのかな。
でマイクとかもあるから、たぶん中で喋ってることが外にも聞こえるんかな。
Speaker 1
うん、と思う。俺も思った。
Speaker 2
ね、そんな感じなんで、まあ冒険王に初めて行くわけですよ、そんなこんなでね。
Speaker 1
いや、ほんとそう。
Speaker 2
いや、そうそっちなんですよね、どっちかというと。
すごいですよね、なんか。
冒険王といえばまあさっきも出たけどめちゃ池じゃん、我々は。
Speaker 1
はい、そうです。
Speaker 2
ね、もうめちゃ池の屋台がいっぱいあって、他の番組がちょこちょこあるみたいなイメージだったけど、
まあ今、もちろんめちゃ池の枠はないじゃん、お笑い枠が。
千井河の人気
Speaker 2
で、まあどうなんだ、冒険王の様子を知りたいからYouTubeで冒険王って言って調べたんだけどさ、
千井河ばっかり出てくるね。
Speaker 1
え、いいね。
Speaker 2
すごいね、千井河縁日ね。
Speaker 1
あ、見た見た見た、めちゃくちゃいいバナーだったわ。
Speaker 2
ああ、いや、だからほんとほぼほぼ千井河、千井河、千井河行ってみた、千井河遊んできたVlogみたいなのやってきて。
Speaker 1
ああ、なるほどね、はいはい。
Speaker 2
あれなんだよ、俺千井河よく知らんけど千井河ってすごいんですね。
Speaker 1
いや、ほんとそうですよ。
Speaker 2
もうだから、沙瀬さんのお店もあるんだけどさ、冒険王には。
沙瀬さんより出てくるからさ、もう沙瀬さんなんて言ったら我々の時代で言う国民的アニメでしょ。
Speaker 1
まあ今でもそうですよ。
Speaker 2
そう、でも千井河もそうなってるってことですよね。
Speaker 1
え、そうなってるってこと?
Speaker 2
イエーイ!ってなりますよ、今の日本だったら、今ので。
Speaker 1
はいはい、千井河の言い方ね。
Speaker 2
すごいですよ。
もう、一個も出てこなかった、沙瀬さんのやったやった話。
Speaker 1
えー、悔しい。まあ確かにその、ムービーに撮ろうとはあまり思わないか。
Speaker 2
うーん、だからもう千井河は国民的アニメになっちゃったわけですよね。
Speaker 1
はいはいはい、いやいや、いいこといいこと。
Speaker 2
だから千井河の作者の街とかに、もう千井河の像とかもできます。
Speaker 1
え、発表?あばら屋発表のことあるんだ、千井河に関して。
Speaker 2
いやそうそうそう、仙台にはアンパンマンの像がありますし、長谷川町子先生の出身のところには沙瀬さんの像もありますし、千井河の作者出身はどこですか?三重あたりですか?なんとなく。
Speaker 1
わかんないな、永野さん。
Speaker 2
鳥取って言ってたっけな。
Speaker 1
えーすごいね、やっぱ才能は地方から出るんだな。
Speaker 2
46個あるからね、地方は。地方は46個ありますから。
Speaker 1
いやいや、京都とかは抜いてね。
Speaker 2
あーはいはいはい、35個ありますから地方は。
Speaker 1
まあおおむねね、はいはい。
Speaker 2
千井河の像もできますし、だから千井河を題材にした漫才をやる人とかも出てきますよ。
Speaker 1
いやーそうですね、出ててもおかしくないけどな。
Speaker 2
未来の霜降り明星みたいな人がM-1でやってますよ。
Speaker 1
確かに、あれが優勝は若すぎるって言われてそうですね。
Speaker 2
そうそうそうそう、いやでもそうはなってないからね、千井河はもう共通のツッコミみたくなってるからさ。
あーそうかそうか。
アンパンマンのシステムじゃねえかみたいなの言ったらみんな一発で下がりますけど、千井河の展開じゃねえかっていうのでドッってなるようになりますからみんな、老若男女。
Speaker 1
まあまあまあ、あるかもしれないか、あまり無限にもできないな。
Speaker 2
ないよ、高橋です。
高橋です。
Speaker 1
ないんかい、いやある、まあそうですか。
Speaker 2
あ、ごねてるな、名前言ってくれないってことは。
Speaker 1
あーごめんごめん、ちょうど書き切れてました。
かぶとです。
Speaker 2
ごねてんなー。
Speaker 1
かぶとです。
よろしくお願いします。
よろしくお願いします。
Speaker 2
えーまあ何やってるか知らねえですけど、8月11日金曜日、これ山の日ですか?
Speaker 1
祝日です。
Speaker 2
山の日に入れると思わなかったね。
この平日のさ、なんか静かな時とかならあり得るかなと思ったけど。
Speaker 1
そうだね、人気そうな日に。
Speaker 2
これ僕と、あーたろさんって人?が13時からって書いてあったな、かわいらしい人ですよ。
Speaker 1
へー、ドキドキするね、俺らの後にあーたろさんが座ると思うと。
Speaker 2
でもだからそれを踏まえてちゃんと12時から13時の間空きがあるから。
Speaker 1
そっか、嫌がられないようにね。
Speaker 2
お尻の熱を冷ます時間がありますから。
Speaker 1
はいはい、たしかに。
コミケとの関連
Speaker 2
で、まあそのブースでは宣伝できないから先言っとくと、次の日はコミケに行きますからね。
Speaker 1
はいはい、そうですね。急に2日連続でお台場に行くことあんまないですよ、人生で。
Speaker 2
そうそうそうそう。だからブースの中で次の日のコミケの衣装を作ろうかと思ったけど、さすがにタイ弁との宣伝すぎるかと思って。
Speaker 1
あーまあまあ、なるほどね。
Speaker 2
絶対ライバルだもんね、あんな近い会場で。
たしかに、取り合う。
っていうことなんで、良ければ是非。
Speaker 1
はい、チケットがね、必要なんですよね。一応行っとこうと。
Speaker 2
そうですそうです、手ぶらで来ないでください。
Speaker 1
手ぶらでね、ポッケにも何も入れないで来て帰るのかわいそうだから。
Speaker 2
かわいそうだから。お願いします。
Speaker 1
お願いしまーす。
Speaker 2
アパラヤ!
Speaker 1
204号室、アール!
当ポッドキャストでは、ファイヤー高橋とオカブトが生きる上で特に必要のないことを話していきます。
日記の書き方について
Speaker 1
毎週土曜日、夜9時配信。
ちょっと文化的な話で失礼しますよ。
Speaker 2
おー、文化的な始まりですね。ネットミームから始まりまして。
Speaker 1
最近、藤原麻里那氏のYouTube、無駄作りの人のYouTubeで、
Speaker 2
はいはい、メガネの女の人だ。
Speaker 1
最近結婚された人。おめでとうございます。
Speaker 2
そっち知らん。イヤワン知らないから。
Speaker 1
と、小画地下腰の対談の動画がYouTubeに上がってて、
Speaker 2
ちゃんと断り通り文化的ですね。
Speaker 1
その人は、デイリーポータルZのライターの女の人ね。
Speaker 2
はいはいはい。その、無駄作りの人は、あれですよね。
ネット会議をフリーズしたフリして抜ける方法みたいな、
この読み込み中みたいなやつが物理的にウェーって出てくる装置を作ったりする人ですね。
Speaker 1
あ、そうそう。無駄を定期的に作ってバズってる人。
Speaker 2
はいはいはい。最近ちょっと荒削りになってきてるけど。
Speaker 1
毎日投稿してたから。
その動画の中で日記の書き方について2人で話してて、めちゃくちゃ良かったから共有します。
Speaker 2
ちょっと構えましょう、皆さん。文化的かもしれない、今回。
これをわからない人はセンスがないという風になってきちゃいますよ。
怖いですね。
そういう覚悟で。
Speaker 1
怖い怖い。
そこまで言ってない。日記は、日記書いたことある?なんかその大人になってから。
Speaker 2
大人になってからか。いやー、だからないですけど近いのは、このラジオで話すことのメモかもね。
Speaker 1
あー、そうかそうか。確かに。それがあるのか。
で、なんかその動画の序盤の方は、毎日誰かが待ってるかもと思って書いてみましょうとか、好きに書いていいんですよとかちょっと弱い内容だったんですよ。
それはわかってるよっていう内容。
Speaker 2
確かに多様性について喋ってるだけだ。
Speaker 1
途中からその無駄作りの方が、その日記書くためになんかネタを探したりしてみたいなことを言ったら、それは絶対ダメ。
Speaker 2
あー対立。
Speaker 1
そう。だから今回はその無駄作りさんは。
Speaker 2
藤原さんがそうしてるのに、あーどうぞどうぞ。
Speaker 1
藤原さんはそうしてるんだけど、あ、てか日記を上手くなりたいんだけど上手くないからその日記のプロである小賀さんに教えをこうてる状態ね。
Speaker 2
なるほどはいはいはい。
Speaker 1
で、その私はよくその日記に書くことを探したいからいろいろ歩いちゃうんですけどって言うと、そういうのはダメ。日記にそこまではいらない。
あー結構強い言葉で非難されたね。
Speaker 2
非難というか、ここから流れ変わったなと思った俺の中で。
Speaker 1
確かに。
この次のが一番俺が感銘を受けたんですけど、乾燥禁止って言ってて。
これめっちゃ目からウロコじゃない?
Speaker 2
あーいや書くよ乾燥。
Speaker 1
それを一旦やめてみようって言ってて、その見たものを見たまま書いていこうって言ってて。
いや良くない?俺の口からじゃ感動してないか?
Speaker 2
あーいや今ウロコ出てる最中です。
Speaker 1
あーそうなんだ。
Speaker 2
いいよね。いやただいまいちまだピンとこないっちゃこないけどね、なんか具体例が出てこないというか。
Speaker 1
だから例えばそのおにぎりが転がっていたの後にそのついついボンニッキかき人はそのこのおにぎり食べれるかどうかついつい悩んでしまうが食べるほどの勇気はないみたいなこういう感じになるじゃん。
Speaker 2
いやそうですよそれが面白いんだから。
Speaker 1
けどこれはつまんなくて五賀さんは転がっているそのゴマがゴマ粒が右側に多いから落ちるときは左から落ちたのだろうと推測される。
そのおにぎりにカラスが近づいてきたみたいなことを書くことでこう世界を俯瞰しているような感覚になれるみたいなことを言っててね。
Speaker 2
なるほどね推測まではセーフなのね。
Speaker 1
まあちょっと俺も今推測行った時にああ推測行っちゃったって思いましたけど。
Speaker 2
まあでも推測はセーフなんじゃないそのそれに関するヒントが出てたっていうことですから。
それをのまあ言い換えとも取れるからね。
Speaker 1
そうでこれに感銘を受けて日記を始めようと思ったんですよこの動画は皆さんそれぞれ見てくださいね。
確かにそのまあお笑い芸人の人とかも感想込みでやるからさ。
Speaker 2
我々ももうそのように書くんだけどそう聞くとお笑い芸人の人とかのそういうネタメモと日記は全く違うもんなんだなって今思ったね。
温存するか使い切るか
Speaker 2
俺がやってたのはネタ調だったんだなと思ったブログとか書いてたけど。
Speaker 1
いやそうそうそう思った俺も。
あら日記じゃないし確かに用途も違うのかな。
Speaker 2
大丈夫こんなに喋ってもしかして今真実を言おうとしてる俺この世の今から。
Speaker 1
いやいやいや言ってくれるなら言った方がいいしみんなのためにも。
Speaker 2
だからなんか日記は振り返るために書くというかね。
Speaker 1
はいはい。
Speaker 2
この日何あったかなのためにやるのが日記だからもう起きたことをとどめるだけでよくて。
だけどそういうネタ日記とかはそれをエピソードとして喋ったりするからもうそこで完成させておかなきゃいけないから感想とかも足すみたいなね。
Speaker 1
あーはいはいそうかもね。
Speaker 2
いやそれなんかほぼ似たことをねなんかの漫画で見たわ。
Speaker 1
えー何スーパーマリオくんとか?デンジャラス爺さんとか?
いや全然あのツイッターで人気の漫画家みたいな人なんですけど。
Speaker 2
あーなるほどね。
そうなんか海外に行って帰ってきてその感想を書くみたいな作文みたいな授業大学の授業かな。
で教授に提出したら途中まではめっちゃ評価されてたんだって。
Speaker 1
ただ最後の一行でこれ臭いですねって外国人さんから。
Speaker 2
あーなんか見たかも。はいはい。
言われてだからその仲良くなったあっちの国の友達とさよならしました。
そこまでめっちゃ良かったんだけど僕はまたきっと成長して彼に会いに行くのだろう。
ここいらないよねみたいな。
Speaker 1
ね確かに。
Speaker 2
言われてあー確かにこれは感想だもんなと思って今の話聞いてた。
いやそうなんですよ。
はーはーうろこうろこうろこ。
Speaker 1
で俺もこの教えに従って8月1日から日記を書こうとしたんですけど。
まあ書いたんですけどなんかそのやっぱ温存しちゃうんですよね。
Speaker 2
その俺の人生って毎日が相当一緒なんですよ。
Speaker 1
その通勤して会社で1日過ごして帰ってきてラジオを撮ったりするっていう1日。
Speaker 2
はいはいはいそうね。
Speaker 1
でまあこの俺の中で日々の変化があるところは業務内容と高橋のネタ合わせとかのとこだったりするんだけどこれを日記に書くわけにはいかないので。
Speaker 2
あーそう。
Speaker 1
いや俺嫌なのよ匂わせ。匂わせというかその事前にネタバレするみたいなことが好きくないので。
だから俺は本当に通勤と退勤の時に目から映るものに変化があってくれって毎日祈るしかない。
Speaker 2
それはネタ探しに行ってないぞ。
Speaker 1
でもいや探しに行っちゃだめだからね。その小賀さんの教えに従うと。
Speaker 2
そうそう目で追ってないネタを。
Speaker 1
あーそういうこと?
そこまでそんな小賀さんを脳内に置かないでよ早いよ上手になるのが。
Speaker 2
あーそう。
Speaker 1
だから今朝とかもさそのうちの会社の駐車場から営業その入り口に入るまでの通りがねめちゃくちゃその室外機があるんですよ。
室外機はいはいはい。
エアコンの室外機だからそこの前を通る時はめちゃくちゃ熱風が顔に当たるんですよね。
だからこれいいじゃんなんか素敵だなぁと思って。
でもこれって明日も明後日も同じことが起きるからとっとけちゃうなって思って。
Speaker 2
良くなさそうだなぁ。
Speaker 1
だからね今8月2日時点で限界来てる。
Speaker 2
使っちゃった方がいいよ室外機早めに。
その室外機使っちゃった日落ち込むよ多分。
Speaker 1
そうか絞り出した日見たくなるか。
Speaker 2
今日は何もなかったから今まで食べてた貯蓄を使うしかないなーってなっちゃうからホットなうちに使った方がいいって。
Speaker 1
そうなんだよなまぁ書いてみますか。
一緒に書く?
Speaker 2
いやその温存の話で言うとねちょっと僕小賀さんみたいなこと言いますけどね。
温存はしちゃダメですよ。
Speaker 1
小賀さんの言い方だ。
Speaker 2
温存してるとそれがあるからって言ってね探す触覚がねちょっと鈍くなるんですよ。
Speaker 1
あーなるほど。
Speaker 2
そうだからもう早めに使っちゃった方がいいですよそういうのは。経済と一緒ですよ。
Speaker 1
経済と一緒もまぁそうですけど。
Speaker 2
回ってきますから使ったらちゃんとね。
例えば室外機が撤去されちゃったら困りますからね兜は。
Speaker 1
まぁ確かに撤去されてしまったから入れなくなっちゃうもんね温存してたり。
Speaker 2
そうなった場合それも全部書かなきゃいけないからね。
実はこれより以前に室外機の話を書こう書こうと思って書かなかったというみたいなこれも感想かなーみたいな考え込んじゃったりして。
リトル小賀が頭の中うるさいなーと思っちゃったりして。
Speaker 1
いやいや小賀の顔も知らないのに出ないだろ。
Speaker 2
ポータルなんでしょ。
タイトルのフォーマットと変更の難しさ
Speaker 1
デイリーポータルZね。あんまポータルって略さないよ。
でそれを書くなら自分の手帳に書くかノートだなと思って。
ノートってあるじゃんブログサービスの。
あーそっちかはいはいはい。
そのノートで毎日書くとしてタイトルを悩むじゃん。
Speaker 2
タイトル大変ですよ。
Speaker 1
だから一応俺の中の本当に俺が生み出したフォーマットとしては2023年8月1日の日記で鍵括弧その日にあった印象的な出来事をちょっとだけ変えて鍵括弧閉じっていうフォーマットでいこうかなと思って。
Speaker 2
まあ無駄ないですよ。
Speaker 1
でこのフォーマットの人いるのかなと思って検索したら
あの何ですかダベンチョーソレザンとかいう人がね本当に全く同じフォーマットでやっててね。
あーついにちゃんと競り負けたか。
なんかそういうのってさ一回自分の中でいいと思ったフォーマットができたらさ一文字抜くでも一文字足すでもなんか嫌になっちゃうじゃん。
Speaker 2
はいはいはいもう完成してるもんだって変えたくないよ。
Speaker 1
だからねどうしよう困る。
Speaker 2
これはもうだから完璧なフォーマットができちゃってるからね。
それをマイナーチェンジは無理なんですよね。
Speaker 1
いやそうそうそうなんですよ。
Speaker 2
だからもう思いっきし違うことにしなきゃね。
Speaker 1
いや悔しいですね。順番。歳。俺が歳上だったらなあ。よかったんだけど。
まあだからスラッシュにしてあげれば2023スラッシュ08スラッシュ。
Speaker 2
鍵カッコを二重鍵カッコにしてあげれば。
Speaker 1
まあまあまあそういうことなんでしょうね。やるならね。
逆にしてねタイトルと日付の順番をね。
Speaker 2
でもそれ本人見た時にさふむふむ僕を参考にしているようですねって思うよね。さすがにね。
思うし見に来てくれたんかーって目頭熱くなりますよこっちは。
Speaker 1
なるけど。
まあということで日記をねちょっと気が向いたらやります。
Speaker 2
ああ一旦終わっちゃった。
ああねえちょっといい話し続けて。
Speaker 1
俺今日高橋と話し始めた瞬間に言おうとしたけど忘れてたから今言いますけど。
サッカー100人!いけてます?
Speaker 2
なんかさっきも一回言おうとしてまた忘れてなかった?
Speaker 1
言いますけどそのちょっと芸能人の名前ばっかり出しますけど三田寺梨沙と会ってたでしょ。
Speaker 2
ああはいはい三田寺さんね会いましたね。
Speaker 1
俺初めて高橋がああいう相方した人の中で羨ましいと思ったわ。
Speaker 2
えーあそうなゲーム実況者のね。
Speaker 1
ゲーム実況者で古くはホリプロにいて。
あそうそうそう。
で俺がその中学生ぐらいの時に見たイジュインヒカルのDVDっていうバラエティ番組に出てて。
へー。
その唯一なんていうかその俺が俺になる前より先に好きになった人みたいな。
Speaker 2
あーなるほどね。かなり昔だね中学生って言ったら。
Speaker 1
そうそう有名なユーチューバーはなんていうかあったとしてもその根っこの人じゃないじゃん。
人格ができてから好きになった人だから感動の質が違うなぁと思うんだけど。
Speaker 2
自分から取りに行った感じがします。摂取しに行ってる感じがね。
Speaker 1
そうそうそうだからね。いいなーって思った。
Speaker 2
そうマジでフラーっと始めてあったね。
もえさんがそのご飯に誘ってくれてそこにちくのぼさんっていう実況者の人と三田寺さんはじめましてだったんだけど。
はいはい。
はじめましてーって言って。
いいなーって解散しました。
Speaker 1
言ってくれた?俺のこと。中学生の時にイジュインヒカルの番組で見ててーみたいな。
Speaker 2
言ってないですね。そのイジュインヒカルの番組に出てたことも知らないし。
かぶとか三田寺さんを知ってたことも知らないし。
唯一ギリギリ三田寺さんがホリプロにいたことは知ってるけど。
Speaker 1
あーよかったよかった。十分か。Mはもう通ってるからね。三田寺さんは。
Speaker 2
なんで出てたの?
Speaker 1
出てた。結構8年くらい前に同じようなタレントの方と組んで普通に1回戦確か突破してるはず。
Speaker 2
えーすごいね。
三田寺さんは芸能界長い人なんだっていうのを分かれる5分前くらいに知りましたね。
Speaker 1
わーもったいな。先にイジュインヒカルの番組見といたらよかったのに。
Speaker 2
声いいなーと思いながら雰囲気も。
あ!待てよワンチャンさー。
ちょっとこれは今回話す気なかったんだけどさー。
三田寺さんとはまあ普通に仲良くやったんだけどさー。
その唯一親密度が高くなった瞬間があってさー。
三田寺さん昔アッコにお任せのアシスタントやってたんですよ。
Speaker 1
あーはいはいはい。
あー知ってるそれも。追っかけてるね。
もちろん知ってますよ。
Speaker 2
追っかけてんなー大好きじゃん。
Speaker 1
そうそうそうだからいいなーと思って。
Speaker 2
そうそうそう。で三田寺さんも俺を多少調べてくれたらしくて。
なんかツイッターでそのアッコにお任せってこんなんなるのかなーみたいなつぶやいてるの見ましたーって言われて。
Speaker 1
そんなプーさんみたいだったっけ?
そんなプーさんだった?三田寺さん。
Speaker 2
もうちょっとあのプーさんって感じだったよ。
Speaker 1
あのとプーさん。
Speaker 2
だったーって感じで。
ニュースボード選手権の話ねと思って。
あのニュースボードのあのペラってやつがさ。
でだからそこでアッコにお任せの共通点が出たんですよ。
Speaker 1
あー良かったね最近その動画を作ったおかげで。
Speaker 2
ってことはカウトのことも見てんじゃねーって。
Speaker 1
うわーどうだろう。
えそれ何動画見てそうだった?それともツイートだけを遡ってそうだった?
Speaker 2
うんツイートだけを遡ってそうだった。
Speaker 1
んーじゃあちょっと無理。
Speaker 2
もう耐えきれない?無理?耐えきれない?
好きすぎて耐えきれないわけじゃないですよ。
まあまあまあ相互フォローになったからいつかチャンスあるかもね。
Speaker 1
あー良かった良かった貯金しとくわ。
Speaker 2
いやいやそういうなんかお金払ったらチェキ取れるみたいなのやってないよ多分。
Speaker 1
いやいやオファーを出すという意味ですよ。チェキ取ろうとしてねーから。
はいはい。
Speaker 2
コラボしようよーそんなスタティックに終わらないで。
Speaker 1
続いてはこちらのコーナー。
Speaker 2
サッカー100人!いけてます?
Speaker 1
いけてますいけてます。
仙台観光RTA
Speaker 2
あー良かった。怖いですねそこで手綱引いてくる?
Speaker 1
こっちのテンションに乗せられたみたいでありがたい。
Speaker 2
このコーナーはですね視聴者の方にサッカーになっていただきまして、
バイヤーたかしチャンネルでやるべき企画の企画書を送ってもらおうというコーナーです。
Speaker 1
じゃあまずは私から。
めぐみるくてぃさん。高橋資格を取ります。第1弾ボキサンキューということで。
ユーチューバーという仕事は夢がある素敵な仕事。
しかしながら世の中はどうなっていくかわからないので手堅く資格を取得してサラリーマンになるかもしれない未来に備えるという企画です。
高橋さんは間もなく30歳動画とインタビューをされていた動画を見て発談しました。
以前からスーツを着る仕事がしたいと言っていたことと逆翻訳が当たってなければという話があるので安心材料としてボキを取りませんか?
どんな会社に就職したとしても役立つと思うのでいかがでしょうか?
Speaker 2
勝手なこと言うなー。大変なんでしょ多分ボキサンキューってわからんけど。
役に立つってことは。
Speaker 1
サンキューはいけますよ。
Speaker 2
どんぐらい勉強したらいける?
Speaker 1
50時間ぐらいでいいんじゃないの?
Speaker 2
勝手なこと言うなって先から2人して。
Speaker 1
俺とMEGで?
Speaker 2
50時間あったら生きてける。もっと強く生きてける。
Speaker 1
ジムとか行ってね。
Speaker 2
ジムとか行ってねじゃなくて動画を作ってね。
手堅く資格を取得してボキってなんか生えませんね。
Speaker 1
まあ確かにね。
Speaker 2
まあでもそういうもんか。
そういうもんか。
Speaker 1
本当に役立つ資格ってそうか。
Speaker 2
まあでもそれこそさっき言った三田寺さんと会った回の話ですけど。
鼻息すごいな。
来年のホヤッホー祭の話が出てね。
やっぱり屋台とかインフルエンサーの誰か出してもいいんじゃない?みたいな。
物が全部売り切れたからの祭って。
Speaker 1
そうだね。需要がすごかった。
Speaker 2
来年に向けて全員で衛生管理士の資格取ろうよみたいな話出てさ。
Speaker 1
めちゃくちゃいいじゃん。俺取っちゃおうかな。
Speaker 2
いいんじゃないの?別にいいと思うんですよ。
取っちゃおうよ。そんな言ったら俺マジでどうする取ったら。
そっからじゃない?取ってからじゃない?きっと。
Speaker 1
そうですか。
Speaker 2
豊かになるかどうかは。
あれって割と講習を何時間か受ければ取れちゃうんですよね。
Speaker 1
そうなんだ。
Speaker 2
だからボキさんよりいけんじゃない?
Speaker 1
確かにそうだね。全然いいじゃん。
Speaker 2
だからちょっといいですか?衛生管理に変えてこれ。
Speaker 1
あ、いいです。
Speaker 2
あー、めぐさん初めまして。声高いですね。
初めまして。
高いなりに低いか。高いなりに低いか。
Speaker 1
高いなりに低いってよく言われます。
Speaker 2
あー、合ってた。弱いな、開始が。
めぐさんはこれぐらいよ。俺だったらもうちょっと言ってたけど。
Speaker 1
いきなりやっためぐさんはこれぐらいよ。
Speaker 2
ありがとうございます。
Speaker 1
ありがとうございました。
Speaker 2
続きまして、ラジオネームむなんだずんださん。
仙台特化型企画作家。
ずんだシェイクの罠を乗り越えよ!仙台観光RTA。
仙台駅観光RTA。
仙台駅内の観光チェックポイント、
例えば伊達正宗像と一緒に写真を撮るなどをめぐるタイムアタックを行います。
途中にずんだシェイクのお店があった場合、
プレイヤーはその魅力に負けてしまいます。
ずんだシェイクを飲み切るまでその場から動くことができません。
仙台駅内のずんだシェイクのお店は、
Speaker 1
ずんだ作料が3つ、菊水庵が3つあります。
Speaker 2
多分もっとあります。
Speaker 1
この企画は、ずんだシェイクの罠って互換がいいなと思ったところから考えてみました。
いいね、ずんだシェイクの罠。
子孫の不乳とババアの罠ですけど。
Speaker 2
ババア、有名なコントね。
YouTubeに公式のが確かありますけど。
Speaker 1
そうそう。
Speaker 2
いいね、このアホな考え方いいですよね。
この互換がいいなと思ったっていう。
ずんだシェイクの罠。
ちょっと俺、この互換あんまハマってないんですけど、まだ。
多分ババアの罠のコント知っちゃってるからかもしれない。
ババアの罠超えるものないから。
Speaker 1
仙台の中では一番なんじゃない?ずんだシェイクの罠。
Speaker 2
なんかでもね、ずんださんたまにちょっとだけサボるんだよね。
途中にずんだシェイクのお店があった場合、プレイヤーはその魅力に負けてしまいますっていう。
ここだけすごいサボってんだよね、ルールを。
Speaker 1
魅力がすごいからってことなんでしょうけど、ずんださん曰く。
Speaker 2
ずんださんの中で仙台駅といえば、ずんだシェイク売り場が多すぎで有名。
ちょっとディスり回りみたいな感じなんだろうね。
Speaker 1
なるほど。
水素の音
Speaker 2
ディスりポイントがあるとそれを軸に企画できますよね。
Speaker 1
はいはい、確かに。
定調にちょっとふざけて扱える。
Speaker 2
仙台駅内でやるっていうことか。
だからマップを見ながら上手いことゲームみたいに回避していくんでしょうね。
Speaker 1
やっぱり目線に入ったらって感じかな、ポケモンでトレーナーと戦う時のように。
Speaker 2
はいはいはい、その場合はビーコンみたいなのをつけといた方がいいかな。
Speaker 1
そうだね、俺らが言い訳できないように。
Speaker 2
結構難しいですけど、仙台JR完全協力の企画とかやってみたいけどな。
Speaker 1
確かにめちゃくちゃいいね。
Speaker 2
いいね、今のところそれが青春ジャチキップとか乗り放題犬とかの企画ですね。
Speaker 1
はいはい、確かにいいねいいね。
Speaker 2
この前の津軽弁謎々の時がそうです。
Speaker 1
はい。
Speaker 2
はい、ありがとうございます。
ラスト、これかぶってんのか、俺もかぶとも選んでんのか。
Speaker 1
そう。
Speaker 2
じゃあ俺2行目行きますよ。
Speaker 1
じゃあ俺1行目行きますよ。
Speaker 2
じゃあ名前についてお願いしますよ。
Speaker 1
あわゆきさんからいただきました作家100人コーナー当てです。
水素の音というタイトルで、ペットボトルの中の機体を開封した時の音のみで当てていく企画です。
Speaker 2
ここから私が行かせていただきます。
Speaker 1
手間だな。
Speaker 2
水素や酸素、二酸化炭素をはじめとする機体の音を当てて見ていく企画になります。
当てて見ていく。
Speaker 1
小学生の言葉使い。
Speaker 2
これはいいですよね、非常に素晴らしい。
だから要は水素の音ですよね。
Speaker 1
確かに、それがそこが盛り上がりで、それ以外の時も当てたい。
Speaker 2
ネットミームですけど、もちろん時期は終わってんだけど、
これが旬の時にやらないなら今やるべきだねっていうぐらいちょうどいい時期だよね。
機体をペットボトルに入れるってできるのかな。
関西弁と遅刻エピソード
Speaker 1
確かにちょっと理科すぎるか。
二酸化炭素は炭酸飲料でいいもんね。
Speaker 2
そうなんだよね。だから水素と二酸化炭素はいけて。
Speaker 1
あとがちょっと全二郎アシスト必要って感じ?
Speaker 2
元気ラボアシスト必要か。
Speaker 1
現実的にはね。
Speaker 2
時代はこっちですよ。
全二郎さんもなんか透析機の動画でバズってるか。
Speaker 1
定期的に怖い顔でバズるから、全二郎は。
Speaker 2
あの番組見たことないぞ、ツイッターの動画でしか。
実験の番組なんか知らないけど。
だから最悪水素と二酸化炭素しかないなってなった場合は、
10本横並びにして10本正解するまで終われませんみたいなことになっちゃいますけど。
でも水素によって多分音、水素によってじゃない、機体によって音変わるよね。
Speaker 1
違いそうマジで。圧縮率が違ったりするってことだもんね、多分。
そうね、だしヘリウムとかも普通に音変わるもんね。
Speaker 2
確かヘリウムをペットおとりに詰めれたらデカいけどな。
ありがとうございます。
Speaker 1
ありがとうございました。技術力のところでちょっと黙ってしまいました。
これ超えれたらちょっとこれに関するリサーチもお願いします。
Speaker 2
というわけでカオさん、今回の企画から採用ありますでしょうか。
Speaker 1
今回の採用は高橋、資格を取ります。MEGさんの企画です。
Speaker 2
勝手に採用すんなって。おい、モラルがないね。
Speaker 1
高橋さん、採用の企画はありますか。
Speaker 2
ありません。
Speaker 1
資格のみということですね。
Speaker 2
ちょっと手一杯です、そっちだけで。
だから企画のせいで申し訳ないけど他採用ありませんでした。
いいですね。でも内容がという次元じゃないです、このコーナーはね。
技術力がとかそういう。
Speaker 1
だから次の週に補足のが来て採用になるみたいなケースも出てくるかもね、そのうち。
それならできるみたいな。許可取りは私が行っておきましたとかあったら最高。
Speaker 2
ありがたい。事務所じゃん、本当に。
というわけで以上です。
Speaker 1
来週も募集しております、都道園。
会客クラブに行った話とレジの人に文句を言う話。
カブトです、お願いします。
Speaker 2
人生と呼ぶにはあまりに薄い人生。
高橋、お願いします。
Speaker 1
あ、バラヤ。
2割の本質、ある。
エンディングです。
ふつおた、ドーナツさん。
前回お二人が喋っていた関西弁の答え合わせになればいいなと思い送ります。
これはですね、前回なんか俺らが関西弁なら行ける気がするなと言って、関西弁を言ってたっていうやつに対してなんですけど、
もう違うもんな。
僕が住んでるならではこのイントネーションです。
ということでね、ちょっと聞こうや。
Speaker 2
あ、音源があるんだ。え、なんて言ったっけ、俺ら。
Speaker 1
えっと、バレへんゆうとるやないか。
Speaker 2
どういう流れで言ったの、そんなこと。
Speaker 1
わかんない。なんかかなりテープ回して変やろうなみたいな匂いするけど。
Speaker 2
なるほどね。ちょっと聞いてみますか。
Speaker 1
はい。バレへんゆうとるやないか.mp3を聞きますか。
いや、バレへんゆうとるやないか。
Speaker 2
あー、関西弁ですね。
Speaker 1
いや、バレへんゆうとるやないか。
Speaker 2
全然違う、全然違う。
Speaker 1
いや違う、似てる。俺ドーナツさんに似てる。
いや、バレへんゆうとるやないか。
Speaker 2
全然関西弁じゃないわ、それ。
Speaker 1
んー、じゃあドーナツさんもそうって感じかな。
Speaker 2
聞いたらわかるわ。前回はちょっと確かに違った。
いや、バレへんゆうとるやないか。
レがね、シャープなんですよ、たぶん。
半音上がるぐらい。いや、いやも違う気してきた。
ちょっと、全部違う気してきた。
Speaker 1
いやも、勝手に足してるからな、ドーナツさんが。
Speaker 2
どうですか、これ。バレなーくない、これ。なら。
Speaker 1
まあ、その一文だけではバレないかもしれません。
Speaker 2
秋葉原話。
Speaker 1
あー、出た。秋葉原話が出ましたわ。
ありがとうございました。
Speaker 2
違うな。
ありがとうございましたなんて言わないんじゃない、関西の人。
Speaker 1
お気に入りか、お気に入り。
Speaker 2
あ、そう。ほな、お気に入り。
え、お気に入りの丁寧なやつないの?
ほな、ほんまにお気に入りって言うんかな。
Speaker 1
大きにな、じゃない?
Speaker 2
あー、はいはいはい。ほな、大きにな。
大きに大きに大きに。ほなほなほな。
さいなら。
Speaker 1
回数。回数で。
Speaker 2
回数で。ほんまに大きに。
はいはい。
Speaker 1
はいはい。ありがとうございました。
Speaker 2
ありがとうございます。
Speaker 1
そらみみさんからふとたいただきました。
高橋さん、いつも楽しく視聴させていただいております。
突然ですが、なんで動画で死や殺すという字をまるで伏せているのでしょうか。
理由を教えてください。
Speaker 2
怖い。レール文章量に対して怖い感じ多いな。
俺が伏せてるっていう。俺伏せてました?結構。
Speaker 1
いや、俺もあんま見ないけど、高橋さんに聞いてる。
Speaker 2
いや、確かに何回か伏せたことあるけど、そんな言わないからさ、僕も。
Speaker 1
はいはいはい。
Speaker 2
なんで?一応、万対策ですよね。そういう人たちをよく見るから。
Speaker 1
そうそう。そういう人を見すぎて、都市伝説が真実になってるみたいな、本当に効果あるかわかんないけど。
Speaker 2
でも結局、えがちくび理論で、今はね。
Speaker 1
えがちくび理論っていうのは?
Speaker 2
家は説明しますから、そんな喋り出したタイミングで聞いてこない。
Speaker 1
気になっちゃって。
Speaker 2
だから、なんでえがちゃんちくび隠してるんだろうって思うじゃん。
他のYouTuberでちくび出したりしてる人いるのに。
っていうのは、僕の見解ですけど、やっぱYouTubeって規約どんどん変わってってるから、規約変わった瞬間にNGになるかもしれないじゃん。未来。
Speaker 1
はい。こわ。
Speaker 2
っていうのを踏まえての、っていうのはありますよね。
Speaker 1
そうかもね。確かに。
Speaker 2
私なんか、なんでこれがガイドライン違反で、なんでこれが政府なの?みたいなって結構あるじゃん。
結局動画内での違反ポイントの蓄積なんじゃない?っていうのもあるから。
だから、そういう違反ポイントを一つでも減らしておくっていうのはありますよね。
Speaker 1
うん。なるほど。
Speaker 2
だってガードワンもさ、ドアノブ壊すシーン、一瞬だけ黒ビ入れるじゃん。
Speaker 1
ああ、確かに。なんか破壊的シーン一瞬黒くなるね。
Speaker 2
あれで収益化を保てるんだからすごい発見ですよね。
Speaker 1
いや、確かに。あれでまあまあまあ。そうだね。
Speaker 2
で、俺、最近初めてガードワンを見たんだけどさ。
Speaker 1
え?あ、そうなんだ。
Speaker 2
そう。マジであの一瞬入るだけでさ、確かに全然違うシーンになってるかもなとも思えるもんね。
Speaker 1
はいはいはい。殴ってないかも。
Speaker 2
ほんとに壊したんか?っていう、そうそうそうそう。
思うから断定できなくなっちゃうわっていう、なんかすごいセクシーだなと思いました。
Speaker 1
ああ、映画的手法だと思ったね。
Speaker 2
うん。そうそう。素晴らしい。ガードワンのあれ黒ビは素晴らしい。
Speaker 1
はい。ありがとうございました。
ありがとうございます。
質問と最後、キヨさんからいただきました。
キヨ?
たかわしさん。キヨっていうのはあのトップ4のね。
Speaker 2
えー!ゲーム実況したの?
Speaker 1
えー、そうですよ。ゲーム実況したで大人気のキヨさんだと思ってちょっと聞いててください。
Speaker 2
えー、最近なんか見ました。何か忘れたけど。
Speaker 1
えー、こんばんは。私は先日部活の大会前日の練習に大遅刻をしてしまいました。
Speaker 2
トップ4のキヨじゃねえじゃん。
Speaker 1
えー、8時に起きるつもりが12時に起きてしまい、4時間寝坊してしまい、
あまりに大幅な遅刻で顧問にも似顔笑いされました。
お二人の最長遅刻記録はどれくらいですか?
Speaker 2
うわー、でも多分AD時代なんだろうな。
うーん。
もう体が起きれなくて、そのメンタルで。
Speaker 1
はいはいはい、なるほどね。うつんぜんみたいな状態。
Speaker 2
かもねー。
でもなんか言われたもん、入社の2週間差の研修があるけど、
ガードワンと遅刻エピソード
Speaker 2
もう起きれないのは病気だから、それは言ってくださいって言われたもん。
Speaker 1
へー。病気に刺す自覚がちょっとあるんだ、やっぱり。
Speaker 2
うーん、まああるよね。
でも、言うてそんな寝坊で遅刻はないかもなー。
でも、ちっちゃい頃の方がだらしなかったな、結構。
Speaker 1
へー。
Speaker 2
マジ、心臓ギュッてなった記憶はいっぱいある。
Speaker 1
あー、ほんと。それ遅刻して?遅刻しそうになって?
Speaker 2
8時集合で8時半起きとか。
あ、1個あったな。
その出張で愛媛に行く飛行機の出発する5分前に起きたわ。
ただいろんな奇跡が重なって誰にもバレなかった。
出張先に俺一人だったっていうのと、飛行機の時間自分で帰れたっていうのと。
Speaker 1
へー、あ、そうなんだ。よかったね。
Speaker 2
そうそうそう。その日、誰からも日中連絡こなかったっていうところで、
しゅれーっと、ただちょっと仕事遅いだけの人になった。
はいはい、あ、よかったよかった。
4時間はすごい考えられないね。考えられへん。
Speaker 1
関西弁で言うとね。
Speaker 2
考えられへん。
Speaker 1
俺は、俺自分の悪かった点すぐ忘れるからかもしれないんですけど、
マジで遅刻した記憶ないですね。寝坊もないですよ。
Speaker 2
いやー、これありえますよ皆さん。だってね。
Speaker 1
俺は人の遅刻を叱るのが好きなんで、自分が遅刻するとそれできなくなっちゃうんですよ。
ライブと遅刻エピソード
Speaker 2
僕と歌舞踏君と鎌田君っていう僕大学時代の相方で単独ライブやるってなった時に、
鎌田君か?俺か?
鎌田君が遅刻してきたんかな?その時はビラ配りに。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
で、歌舞踏がちょっと怒って。
はい。
で、なぜかそれに対して俺がもうちょい怒って、歌舞踏に対して。
Speaker 1
はいはい。
Speaker 2
で、歌舞踏がガチ怒りしたんだ、俺に。なぜか鎌田君がいなかった、そこには。
Speaker 1
その話、100回に1回ぐらいはバラバラで話すけど、俺がガチ怒りした話ね。
Speaker 2
マジで全然覚えてないですね。
Speaker 1
確かに怒ったことしか覚えてないですね。
Speaker 2
私その昼休みのうちに仲直りしたことも覚えてるけど。
Speaker 1
確かに。本当にあれがデカかった。あれの有無で全部変わってる可能性あるから。
Speaker 2
いえいえ、そうそう。このままではちょっとライブうまくいかんからみたいなこと言ったような。そこはウロ覚えですね。
Speaker 1
はいはい。
Speaker 2
まあまあ、誰も悪くないですよ、あれは。
Speaker 1
ありがとうございました。
Speaker 2
ありがとうございました。
Speaker 1
ふつうのタワー以上です。
Speaker 2
アバレアニマリオンゴスではメールを募集しております。
各SNSのプロフィール欄にメッセージフォームのURLがペーストされておりますので、そこから没入お願いします。
Speaker 1
没入。いい言い方ですね。
Speaker 2
いやそうですね、没入。本当に13画ぐらいで書けますからね、没入。
Speaker 1
1、2、3、4、5、6、7、8、9。9ですが。
Speaker 2
9で書けると思います?皆さん。
Speaker 1
まあ確かにね。ニューがちょっとやっぱ活躍しすぎっていうのはあります。
Speaker 2
いや確かに盛り上がるよね。没入でさ、7使っちゃってて客席がへーってなってる中さ、2回でボンボンで終わらせてひえーい!だよね。
Speaker 1
スタンディングオベーション。
データの重要性
Speaker 1
アバレアのさ、聞いてる男女比何何か知ってる?
Speaker 2
男女比?
Speaker 1
俺最近Spotifyお久しぶりに解析画面見たらね、男女比が見れてね、こんなもんなんだと思ったんですけど。
Speaker 2
YouTuber男な女さんだから結局そうなんじゃないの?
正解、そうなんです。
データって大事ですよね、皆さんね。
そうなんだな。
今のが神様で、これに答えられなきゃ死ぬって言われてたら、やっぱり良かったってなりますからね。
Speaker 1
お便り送ったことない人も、送っていいんですよ週間に来週はしますので、ぜひ送ってみてください。
あーなるほどね、お便りが女の人多いんじゃないかとか。
そういう印象が俺はあって。
Speaker 2
確かに逆にだって、この人男だろうと思ってた人女だったっていうパターンもあるから、どんどん私立が俺の中で上がってきてるんだよな。
Speaker 1
なるほどね。
送ってみてください。お願いします。
Speaker 2
お盆ですからね、ぜひぜひ。
どうせドライブとか車移動が多くなって暇になりますからね、皆さん投資だと思って送ってくださいよ。
Speaker 1
確かに本当に自分が送ったお便りが紹介されるかもしれない回を聞く時のドキドキは意外と唯一無二ですよということだけお伝えしておきます。
Speaker 2
本人たちが言っても説得力ないとは思うんですけど、本当そうですよ。
お願いします。
Speaker 1
お願いします。
衛生管理のテキスト
Speaker 2
ちょっと衛生管理のテキスト買いに行ってきます。
Speaker 1
やったー、俺もブックオフで買います。
Speaker 2
衛生的に良くないよ、ブックオフは。
Speaker 1
そうか。
49:34

Comments

Scroll