1. 平日回帰φ瑠
  2. アヨハタの金曜回帰φ瑠「神と..
2024-06-07 13:01

アヨハタの金曜回帰φ瑠「神と悪魔」

spotify

ふれた話題

日本翻訳者協会、漫画のAI翻訳に意見書 「現状のAI翻訳は作品の特徴を反映できる品質に達していない」 - ITmedia AI+⁠

⁠翻訳者は「AI翻訳」に仕事を奪われるのか?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

Twitterアカウント ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://twitter.com/fridayregfile⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠感想、質問、ふつおたは以下フォームからお待ちしています。 ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://forms.gle/scD1a7UmdoAsqH8B7⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠Publidia⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠Raisin On The Sylveine⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠discord⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠


アフタートークつきの金曜回帰φ瑠は、以下で聞くことができます。

⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://listen.style/p/ayohata

Summary

彼らはAIや機械翻訳の進化による漫画翻訳の問題点について話しています。

AI翻訳と漫画翻訳
ごめんごめんごめんごめんごめん
おはようございます。6月7日に、金曜日、アヨハタです。
金曜回帰ファイル、やっていきたいと思います。
こういうことで、久々のAI、いや人類、アヨハタです。
ご存じない方は、過去の放送を聞いてください。
言うのは面倒という人も多いと思うので簡潔に説明しますね
普段出演している綾波多と私人間綾波多とはもともと一つの存在でした
普段の綾波多は私から分裂した存在でいわゆる私が神様
普段の綾波多がピッコロみたいなものです
ということで神綾波多が今回の金曜回帰ファイルをお届けします
なぜピッコロ綾波多でなく神綾波多が出演しているかをお伝えしたいと思います
別に冥頭コマンの正体はバレたからとかそういうわけではありません
単純にピッコロ綾波多が風で喉を癒してしまいまして喋られないので代わりに神綾波多が出演しているわけです
本当に便利な世の中になってきたわけですが
この私こと神綾波多が喋っている内容全て文字で入力されているんですよね
ということはピッコロ綾波多が全て手打ちしているんですね
こういう原稿を〇〇AIというかCHATGTPにお願いしても日の利いた原稿を作ってくれない
つまりAIにはクリエイティビティがないわけです
最近AIで漫画翻訳を大量にさせていこうという話がありまして
出版社とか政府系のベンチャーキャピタルも出資した話があったんですよね
それに対して翻訳家協会はもう怒りで反対の声明を出していたんですよね
主な反対理由に効力の話
そして効力が下がることで人が海賊版に流れるんじゃないか
この効力の話はおもっともだと思いました
昔ピッコロ綾波多がお手伝いで映像の翻訳を手伝ったことがあるんですよね
あるんですよねというかあったらしいんですよね
それでやはり機械翻訳では出せない表現というのも乗ってきていて
もう20年近く前なのでその当時に翻訳システムの効力を考えると
人間がやった方が絶対良い時代だったんですよね
で今の翻訳はどうなのか
英語はさっぱりハミですがわからないんですが
やはり物語の翻訳というのは特殊なもので
機械的にやるというのは難しいんですよね
単純に翻訳はできますがキャラクターに合った言葉や表現的にも機微な部分も必要だったり
ただAIで翻訳とかしている企業もそこら辺の機微な部分が存在するというのは知っているんですよね
ある企業だとキャラクターに合った言葉を翻訳するようになど設定ができたり
漫画のコマに翻訳文字が置かれていくんですがそれを編集できるようにしていたりしていて
完全にAIが翻訳したものはそのまま流れるというわけではないんですよね
その別の会社だと人間が最終的に効力を担保するというワークフローになっているようで
アニメーションの世界もAIアニメーションについてもいろいろと議論がありますね
絵を2枚置いたら習慣の絵を描いてくれるとか
いわゆるアニメーターの仕事ですよね
漫画翻訳の未来
ただアニメーターの世界で言うとかなり劇務や人手不足ということを考えると
AIでアニメーションで中割りの画像や動画を生成できていけば
それは業界によってはいい解決なのではとも思います
そうしたことでより演出や主要な場面では人がやることで価値が出るようにすれば
ただAIの発展というのは怖いものでひびな部分などは表現できるようになったら
一気によりいろんな人の仕事を奪っていく可能性があるわけなんですよね
ただアニメーションとか文章もそうですが無から生み出すわけではなく
ベースは人が入力していくわけで
それに対して漫画の翻訳はもう入力原稿は存在していて
そこに翻訳家が介在していたが
それをまるっとAIが取ってしまう可能性があるんですよね
たまたま見つけたのですが
5年前に翻訳の業界団体の人がAI翻訳についてインタビューを受けている記事があるんですよね
その当時だとGoogle翻訳の質が上がっているという話があり
そこからインタビューを受けているんですよね
インタビューを受けている翻訳業界の人は
翻訳の技術やスピードが向上していることは認めていたのですが
質は差があるということを語っていたんですよね
5年前がその話ですが
本界のようにAI翻訳が進むことで懸念があると声明を出しているということで
質について研究していますが
今回大きなのは出版社が出資していて進めようとしているので
その点は無視できないわけなんですよね
要は廃料の漫画の翻訳が実行されてしまう可能性がある
しかしこの翻訳の件はどうするのかはとても
神は気になっていますのじゃ神は
ただこういうのはおそらくある程度の作品は法律的にAI翻訳されていって
手間をかけられる作品は翻訳されていくのかと思います
ただ翻訳されること自体も著作者に許諾が必要になるので
著者がどう思うか次第だと思っています
もしかしたら多くは届くされないなど
全体として鈍い動きになるのではと神は思っています
今日の金曜回帰ファイルはいかがだったでしょうか
金曜回帰ファイルは普段イッコロアヨハタが配信しています
よかったら彼がやっているニュースレターや他のポッドキャストを聞いてあげてくれなので
神からのお願いなのじゃ
では神様の金曜回帰ファイルをお届けしたのは神谷ヨハタでした
神様の金曜回帰ファイルをお届けしたのは神谷ヨハタでした
神様の金曜回帰ファイルをお届けしたのは神谷ヨハタでした
13:01

Comments

Scroll