1. 海猫沢めろんの寝起きdes声日記
  2. #014 めろん先生、なつかしの..
2024-04-04 08:40

#014 めろん先生、なつかしの阿佐ヶ谷を語る。

むかしの阿佐ヶ谷の家の思い出

00:01
今日の気象はやばいですね。
ぶっちゃけもうね、日が落ちてますね。
うさまじい。
でも寝たのが、あれだ、夕方、夕方じゃないな。
もうほぼ、昼やったんでね。
これはこれで、そんなもんかなとも思いますけど。
いやいやいやいや。
とりあえずね、今ね、仕事が落ち着いて、
同人誌の制作をしているわけですが、
これがですね、無限に終わらないんですよね。
なので、ひたすら、
まあ、終わりがない作業なんで、
終わるまで終わりがない作業なんで、
とりあえず、
スケジュールもクソもなく、
やれるまでやり続けて寝る。
そんな、めちゃくちゃスケジュールですね。
で、今、商店街で買い物をして、
歩いて帰るんですけど、
このね、阿佐ヶ谷の商店街、
いわゆる旧中杉通り沿いというのがありまして、
旧というからにはですね、
一応今は新中杉通りが表面に、
2車線、2車線じゃない、2車線か。
2車線、2車線であるわけですが、
これの前にあったのが、
この旧中杉通りなんですよ。
で、これ、結構僕ここがすごい好きで、
結構じゃないな、すげー好きで、
20年来すごい好きで、
ちょっと駅から北上するとですね、
商店街があって、
それ抜けるとですね、
ちょっとなだらかな赤道、下り坂になってですね、
そこにちょっとお墓か、
ちっちゃなお墓があったりしてですね、
その下り坂を抜けると、
また商店街が、
ゆるゆるとこう蛇行しながらあってですね、
ここが、車通りが少ないんですよ。
ほとんど歩行者ばっかりなんで、
割とのどかな感じで静かで、
ここを歩いて家に帰るのがめちゃくちゃ好きなんですよ。
20年前もここに僕住んでたんですけど、
20年前はこの途中の中華料理屋の角を曲がるとですね、
暗渠を埋め立てた道があるんです、UFO道が。
この暗渠を埋め立てたUFO道沿いにずっと
荻窪方面、西側に歩いていくと、
昔の僕の家があってですね、
そこは一軒家なんですけど、
めちゃくちゃちっちゃい一軒家で、
家賃10万とかでしたね、
10万切ってたかな、最後。
このぐらい安い一軒家で、
そんな一軒家ないよね、
10万切ってる一軒家今時ないでしょ。
このぐらい安かった、当時。
で、そこがね、実は今もあるんですよ。
狙ってるんですけどね。
だけど、これね、この一軒家がね、
一軒家とはいえども、
一人暮らし用の一軒家なんですよ。
中に入ると、いきなりうなぎの寝床状態で、
ダーッと真っ直ぐあるキッチンとかがあって、
03:01
で、突き当たりに階段があって、
階段上を上がると、
また部屋が連なってるから、
実質1D系とかですかね。
でもこれね、すごい古くて、
趣がある建物ですごい良かったんですよね。
で、ひとつこの家、不思議なところがあって、
いまだに不思議なんですけど、
トイレが臭くないんですよ。
トイレが突き当たりにある日陰にあるんだけど、
トイレに行くとね、毎日炎かな?
なんだろう、あれだ、えっと、
白断?白断がなんかちょっとお寺っぽい?
なんていうのかな?
白断とかいろいろあるじゃないですか。
なんだろう、定番のお香ってなんだっけ?
いろいろあるわけですけど、なんだっけ、
蛇香?とか白断とか?
なんかああいう感じの匂いがほのかにするんですよ。
で、別にずっと、
だってそこ俺6年くらい住んでたからね。
で、6年住んでてもするんですよ。
別に掃除普通にしてるんですよ。
放火剤置いてないんですけど、
なんかちょっといい匂いするんですよ。
それがめちゃくちゃ不思議で、
なんなんだろうこれとずっと思ったんですよね。
で、こないだなんか友達と喋ってて、
なんかお香の素がどっかに置いてあったり
埋めてあったりするんじゃないですか。
あるいはそのお香の素の工具みたいなものを
使ってんじゃないですか。
確かに香木みたいなものって
すげー匂いが取れにくいんですよ。
ずっとあるんですよね。
でもそうだとしても、
なんであそこにそんなものがあったんだろうと。
すごい不思議なんですよ、いまだに。
それを確かめるためにもね、
今のまだその家壊されてないんで、
そこに行って確かめてみたいっていうのは
ちょっとね、願望として
死ぬまでにやりたいことのリストの一つとして
僕の中にはあるんですけれども。
あの家良かったなぁ。
懐かしい。
で、そう言ってる間にそこの商店街は抜け。
スズラン、スズランじゃない。
松山商店街って言うのかなここ。
ここはですね、
一回降りて下ってゆるやかに下って、
またちょっと上がっていくんですよね。
またちょっと上がっていくと、
だんだんだんだんだん
早稲田通りっていうふうに近づいていて、
そこに近づくにつれてまた
寒散としてくるんですよちょっと。
でですね、
昔はねもうこの先でちょっと
家賃安かったんですよ。
なぜかというと駅から遠いし、
ちょっと寂しい感じやから。
だけど20年ぶりぐらいに
僕戻ってきて気づいたのがですね、
この突き当たりの方の
06:00
滝の宮と
阿佐ヶ谷の間ぐらいの
南北の駅の間の中心ぐらいが
ちょうどその早稲田通りなんですけど、
案外店ができてるってことですね。
特にねびっくりしたのがね、
カフェができてて、
クロチェットカフェっていうのができてて、
猫の譲渡会とかやってるんですけど、
ここが配信イベントとかもやってて、
ライブハウスが地下にあったりするんですけど、
ライブハウスじゃない、スタジオなの。
デザイン会社が経営してるみたいなんですねここ。
で、この配信がですね、
なんつーのかな、
僕あんまり知らないんですけど、
存じ上げてないんですけど、
ジョー横溝さんっていう人がやってるみたいで、
いろんなゲストを呼んで、
ページだのなんだの話をしてて、
その中に、
僕の知ってる
島田雅彦先生とか、
白井さとしさん、
学者のね、
そういう方を呼んで、
ページトークイベントとかやってて、
滝の近所にこんなものができてるとは。
たまに昼間そこのカフェで仕事してるんですけど、
そこがですね、
いいですね。
この位置にこのカフェがあるのは、
非常にいい。とてもいい。
しかもギターの練習もできる。
でね、でもギターの練習は前からできた。
もう一個ね、ゾットっていう、
あのーあれだ、
ライブハウスじゃねえや。
あれあれ。
スタジオね、スタジオがあって。
そこは昔からあるんで。
で、そこマンションの1階に
昔からすごい不思議なのが、
マンションの1階で
夜中の1時ぐらいまでやってるの。
よく許されるなと。
だいぶこれうるさいはずなんですけど。
今救急車が。
これ、
中杉通り近づいてくると救急車が増えるんだよ。
なぜかというとね、
阿佐ヶ谷には
川北病院っていう病院があって、
そこが救急があるから、
通るんだよね。
で、
通るんだよね。
わ、すげえ。
警視庁24時みたいになっとる。
あ、でもこれ、
中杉通りと逆や。
逆側に行くわ、これ。
最近これね、この
朝の、もはや朝じゃないんだけど。
このね、コーナーでも
言ったけどね、
家の前で工事してるからね、うるさいんですよ。
うるさい上に救急車も走る。
ダブルうるさいでね。
なかなかすごいことになってるんですけど。
走行するうちに家に着いたんでね。
また明日。
よろしくお願いします。
08:40

Comments

Scroll