2024-06-13 1:27:27

#227 Broken Hill 旅行記

【補足】 1時間半あります。

録音時に不具合があったのか、何箇所か音声が飛び飛びになっています。


【今回の内容】

タイムスタンプはSummary fmを使って作成しました

旅行記

1日目出発

家族の歴史

子供と車での遠出

オーストラリアの高速道路

道路での死んだ動物の存在

野生動物との遭遇

結婚制度の制約

ブロークンヒルの歴史

日記での旅行体験と子供の出来事

旅行の疲れ

ヘリテッジウォーク

ブロークンヒルの歴史と町

睡眠と子供の朝の出来事

公園の遊びと博物館への訪れ

博物館での体験と展示物

博物館の詳細と展示物の種類

墓を見つけること

宗教の宗派による墓の分け方

展望台の訪れと展示物の説明の不足

鉱山作業中に亡くなった人々のメモリアルについて

旅行の準備と出発時の出来事

旅の途中での給油と食事

果物の持ち込みと検査

風力発電とそれに関連する体験

映画「プリシラ」

モーテルの断熱効率と暖房設備



【8番による他のポッドキャストもよろしくお願いします】 "Ramen, gyoza and a bit of chaos" By 8番(Hachiban)⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://anchor.fm/hachiban-chaos⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

「8番のうろ覚え昔話」 By 8番(Hachiban) ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://anchor.fm/urobana⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ 「ドロヘドロについて延々と語るポッドキャスト」 By 8番 (Hachiban) ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://anchor.fm/hedocas⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

オカンクラシック ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://podcasters.spotify.com/pod/show/okan-classic⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠



【ポッドキャストの書き起こしサービス「LISTEN」による文字起こしはこちら】

⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://listen.style/p/ramengyozahanchaos?T1PKpuwt⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠


【8番にアマゾンギフト券を送りつけて応援しよう!】

8番のほしいものリスト ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/3BVVKVFXXQ7UQ?ref_=wl_share⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠



【ご意見ご感想お待ちしております】 Twitter: ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://twitter.com/Hachiban5⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

Eメール: 8ban.hanchaos@gmail.com お便り投稿フォーム ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd4wkQ8hMo6ez98M5fxApFCxFbg6zvZtvp4ERhnOhjvZPcC1Q/viewform?usp=sf_link⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠                                                                         

収録時期: 2024年6月12日

#樋口塾  #半カオス #旅行記

Summary

ブロークンヒル旅行記では、オーストラリアのアデレイドからブロークンヒルまで7時間のドライブをして、途中で子供の車酔いに悩まされながらも、野生のヤギやカンガルーを見かけながらモーテルに到着しています。 旅行者は初めてのモーテルでの宿泊や、ブロークンヒルのパブでの夕食、ヘリテッジウォークに参加し、鉱山の町の面白い話を聞いています。 また、博物館や墓地の訪れ、パブでの食事、子供たちとの公園での遊びなど、様々なアクティビティを楽しんでいる様子が伝わってきます。 最終日にはガソリンを給油し、スーパーマーケットでおやつを購入して旅を締めくくっています。 車での移動や町の中心部の移動は手間がかかりましたが、街の宿泊施設は断熱効果が高く、快適に過ごしているようです。また、夏と冬の温度差や寒暖差に関する情報も話題に上がっています。

出発から到着まで
はいどうも、こんにちは。8番のポッドキャスト、ラーメン、餃子、半カオスのお時間でございます。今日は2024年12月…じゃねえよ、6月でござるぞ。6月12日ですよ、水曜日。
今回はですね、先日、ブロークンヒルっていうところにね、旅行してきましたので、それの旅行記的な記録をやっていこうかと思います。
まずね、ブロークンヒルってどこやねんという話の前に、まず私はオーストラリアのアデレイドというところに住んでいるんですがね、アデレイルですね、英語っぽく発音すると。
アデレイドの方に住んどるんですけども、一番小さいシュート。シュートの中で一番小さい奴。シドニーが一番強い。そして次にメルボルンみたいな。アデレイドは弱いやつみたいな感じで、まあどうでもいいんですけど。
アデレイドからブロークンヒルというところに行きましてですね、ブロークンヒルがどこにあるかと言いますと、アデレイドのある南オーストラリア州の、南オーストラリア州とシドニーがあるニューサウスウェールズ州の境、県境じゃなくて州境、州境の近くにあって、
ニューサウスウェルズの方にある。シドニーのある州の方側にあるけど、アデレイドの方が近い。シドニーからブロークンヒル行くよりアデレイドからブロークンヒル行った方が近いという感じの距離でございます。
だいたい500キロぐらいあります。アデレイドからブロークンヒルに車で行ったら、500キロ以上ありましたね。私の家からね。
そういうわけで、車で行ったんだが、行きはね7時間ぐらいかかりましたよ。途中何回か休憩したからね。
で、まず時系列順に行っていくか。日記を書いたから、日記を振り返っていきますぞ。
そのね、1日目出発の日なんですけれども、朝の10時頃の出発を目指しとったんですよね。
しかし、子供2人いるということもあり、結局10時半頃に出発しました。
そしてなんでそんなわざわざ、そんな遠くのブロークンヒルまで行くねんということなんですけれど、
夫のお母さんとおじいちゃんおばあちゃんの、母方のおじいちゃんおばあちゃんの出身地でございまして、
お母さんに話し聞いたところによると、おじいちゃんおばあちゃんはそこで生まれ育って、結婚して、
それで子供たちを産んで、多分4人兄弟やったと思いますけど子供たちは。
その中の子供たちの一人が夫のお母さんなんですけれど、
夫のお母さんは大学行くためにアデレードに引っ越すまでブロークンヒルにいたらしいですね。
夫の両親じゃなくて、夫のお母さんの両親、夫のおじいちゃんおばあちゃんね、つまり。
その2人はその後しばらくブロークンヒルにいたけど、数年後メルボルンに移住したらしいですね。
で、去年だったか一昨年だったか定かではないんだが、夫のおばあさんが亡くなりまして、
その遺骨をね、お墓に納骨、納骨でいいのか、とにかく遺骨をお墓に収めるためにさ、
親戚たち一同がブロークンヒルに集まって、その遺骨を納める儀式的なやつをやったんですけど、
ただそれが土曜日の、土曜日のなんかお昼頃でさ、アデレードからブロークンヒルまで7時間かかるから、
めちゃ早く行かないと無理だよ、間に合わねえよ、ということで私たちは諦めて、それに出席するのは諦めてですね。
なんでそんな土曜日とかにするね、日曜日にしろよ、みたいなこともありますけれども、なんでかというと、
そういう、そのね、お墓とかも店とかも土曜日のお昼頃までしかやってないんですよ、アデレードというかオーストラリアとかは。
大体の店は、いや、大体は店でねえな、田舎の方ね、田舎の方だから、店とか公的なサービスとかはね、
土曜日のお昼頃までしかやってなくて、日曜日やってねえんですよ、だからその時間帯であったと。
だから夫の両親は、たぶん木曜日にも出発しとったんちゃうかな、それで結構長めに滞在しとったようですけど、
私たちは土曜日に出発して火曜日に帰ってきたわよ。
そういうわけで、そういう理由があってブロークンヘオに行くことになったということです。
何の用もなかったらたぶん行ってない、行ってないです。
車で7時間かけてどこか行きたくないです、私は。せいぜい2、3時間が良いです。
なぜかというと私は運転がクソほど嫌いですから、クソほどでもねえけど、なるべく運転せずに生きていきたい人間なのです。
もう早く早く自動操縦技術が確立してほしい、早く確立してほしい。
まあそれは良いとしてだな。
とにかく10時半頃にね、10時頃出発目指していたが10時半頃に出発しましたよ、ということで。
もう6分ぐらい喋っているのに、日記の3行目ぐらいまでしか読んでない、どういうことだ。
車酔いと動物たち
前置きが長かったからね、ここからサクサク行けるといいですね。
出発してからさ、しばらくしてさ、車の中で食べるおやつとか旅行中に食べるおやつとかをね、一応持ってきていたんだが、
それで果物を置いていったら旅行行っている間に腐るかもしれないから、持っていっておいた方がいいよな、全部持っていくか言って計画していたんだが、
もううっかり忘れてきた。果物全部忘れてきてしまってね。
おやつとかお菓子とか入っている袋と果物を、果物にその袋を入れればよかったよ、忘れとったから、もう忘れてしまって。
出発してからしばらくしてから、あ、果物忘れた!ってなりましたね。
私たちだいたい旅行行くとき何かしら一つ忘れがちなんですよね、こういう感じで。
次回は何も忘れずに行きたいところでございますなぁ。
そんで、2時間後ぐらいね、12時半頃にブラという町で お昼ご飯食べて、
ガソリンを給油して、 その時食べたお昼ご飯はパン屋のパイとかでしたね。
そんで、そこから、そこまで夫が運転してて、 その後私が交代して運転しとったんですけど、
高速道路怖ぇ!って思いつつ運転したけど、 まあ、スピードが出とること以外は、
町を運転するより高速道路の方が楽と思いますけど、
マニュアルだから、我らの車マニュアルだから、 夫の意向で、なんでいう、私の運転クソ苦手なのになんでいう感じなんですけど、
夫の方が大幅に運転するから、マニュアルの車しかねーんですよ、我が家。
もう運転クソ嫌いなんですけど、それはいいとして、 大部分は夫が運転したが、私が4分の1ぐらい運転したよという感じですね。
というわけで私が運転交代したんだが、 1時間ぐらい運転したところで、
子供2人おるんですけどね、5歳児と2歳児がおるんですけどね、 下の子がねゲロを吐いてしまいましたね、車酔いで。
その前にも何かしら止まっとったんですよね。 上の子がなんかどっか痛いって言うて、
言うとったのに止まったり、 その下の子がゲロを吐いたので、
後始末のために止まったり。 高速道路を乗るのめちゃ久しぶりやったからさ、
一時停止するとき怖ぇーって言って、夫に。 いやまだめっちゃスピード出とるのに、ロカタ行ってあかんよ、言ってめっちゃ怒られてさ、
めっちゃでもないけど、もっと、もっと、もっと継続して! 言われて、めっちゃ手間取ったんですけど、
ごめーんって感じ。 運転苦手勢でごめーんって感じでね。
そんで、 1回目のゲロの後やったかな。
夫に運転を代わってもらったのかな。 私はその時点で1.5時間、1時間半ぐらい、
休憩挟みつつ運転しつつで1時間半ぐらいやったと思うので、 1回目のゲロの後やったか2回目のゲロの後やったかわからんな。
そうなんですよ。下の子がまた2回目のゲロを吐きましてね、 また止まって、また後始末をして。
もう、3泊の旅行だったので、
ガソリンスタンドとモーテル
子供の服をね、
小さい子なので汚すこともあるだろうと思って、 セットライト取ったか持ってきたか予感ですが、
旅に帰り、めけろつら、エロいで、ふーして、 エナクで、でもゲロが浮いて、脱がして着せてという、
運転、そんなに、今までね、そんなね、
長いこと運転しとったのがね、最大で2時間ぐらいかな。 だから、それまでにそんな吐いたことなかったんですけど、今回はね、長い上に、
長いから言って、車の中で子供たちにタブレットで動画を見せとったわけで、 そのせいで余計にね、車を用意したんでしょうね。
悲しみですね。 そして、
そっからどうでしたかなぁ。
何かしら、車の中で喋った話題のことを書いてあるが、 そんなのはどうでもよくて、
で、オーストラリアのね、 高速道路、田舎の方の高速道路を言うて、
高速道路さ、もう普通に道なのよね。 日本の高速道路、
高いところにある、ありがちなんやけど、 高いところにありがちで、さらに、
なんか柵みたいのついてるやん、横に。 オーストラリアの高速道路も普通に道なんですよね。
地面に普通にあるんですよね。
柵とかもねーし、長すぎるから、 そんなもんに柵とかつけとる暇ねーから、金もねーから、みたいな。
そんな感じか知らねーけども。 適当に言うとるけどもね。
普通に道なんで、 道の横とかにさ、
道の横とかに、まあ道の横なんだが、道の脇の方に、 車に跳ねられて死んだカンガルーの死体がいっぱい落ちとるのよね。
そんなめっちゃいっぱい言うわけでもないけど、 ちょいちょい見かけるなーいう感じのノリでありますよ。
日本、日本であんま運転してねーからわからんけど、 日本の山にそんなに死んどる動物落ちてないよねー。
私のおばあちゃんの家が山にあるんだが、 道の途中にそんないっぱい死んだ狸とかおらんけど、
オーストラリアの道めっちゃちょいちょいおりますよ、死んどる動物が。 まあ主にカンガルーなんですけど、でけーのよねーカンガルー。
でっけー死体落ちとるんですよ。 割と初見だと結構ビビると思いますけど、なんかでかい死体おるぞーってなるいますけどねー。
たまに真ん中にあったりするから怖えーのよねー。 でかいものが道の上にあるんですよ。
だいたいは横の方に避けてあるんやけど、避けてあるんか知らんけど、 避けてあるんか誰かが避けるんかな。
道の真ん中にあったり、もうやめてほしい。怖えーから。
はい、まあしょうがない。そんな高速道路怖えーからね。
そんなわざわざ避けてくれる優しい人少ないんでしょうね。 怖えーし。車来たら怖えーしみたいなね。
だってオーストラリアの高速道路110キロですよ。 日本の知らんけど多分同じぐらいでしょうが、怖えーわ。
そんな110キロの車ビュンビュン通っとるとこに、通っとるとこの死んだカンガルーの死体動かすの怖えーわ。
そう言うとる間にもう14分経っとるよ。どうすんの?どうすんの? まだ1日経ってないわよ。やべーな。まだブロークンヒューに着いてないわよ。
はい。 で、カンガルーが死んどったのはいいんですけど、
ブロークンヒューに着くちょっと前らへん、 1時間2時間ぐらい?ブロークンヒュー着く1、2時間前ぐらいにね、
結構野生のヤギがいましたね。 もうあとはその前の塔らへんでは羊が、
羊、なんて言うんですか、放牧、放牧されとっから。
羊飼っとるところはちゃんと柵ついてるからね。 羊が道に出んように、高速道路に出んようになっとるけど、
野生のヤギはね、もうどんどん高速道路来ますからね。 ほっといたらね、カンガルーもやけど。
ヤギとか羊とか見れて面白いけどもさ、
ただ、途中、ヤギの一段がさ、ヤギ3頭ぐらいがさ、 高速道路渡ってきとってさ、
止まらん、うちらの車止めんなんいかんかったよ。 待たんなんいかんかったよ。
あとですね、オーストラリアの高速道路ね、 カンガルー出てくるよ、いう標識あるからね。
あの有名なやつ、カンガルーの標識あるからね。 ほんまに出てくるから気をつけてください。
言うても、カンガルー出がちな時間帯は、夕方とか朝方とか、 薄暗い時らしいですね。
あとねー、アドレイドから離れてちょっとしたところに馬もおりましたね。
馬も見かけましたね。 あと牛もちょっと見ましたね。
動物いろいろ見れて楽しいですわ。
そういうわけで、 あとね、ブロークンヒルカン200キロぐらいのところにね、
看板あってさ、ガソリンスタンドあって看板あってさ、 こっから200キロガソリンスタンドありません、言うて書いてあってさ、
ここで給油しましょう、みたいなこと書いてあって、 すげーとこに来てしまったなぁと私は思ったわけですよ。
そんでねー、午後5時半頃についに モーテルに到着しましたね。宿泊先のモーテルに。
初めてのモーテルとブロークンヒル
モーテルに泊まるのは私初めてやったのでね、 割とテンションが上がりましたよ。
ブロークンヒルも初めてやし、モーテルも初めてやし、 ふひひ、やったー!みたいな感じでね。
楽しいですね。 そういうわけで10時半に出発して、
17時半に、17時半に到着したから7時間かかったと。
これは昼食、お昼ご飯食べるために泊まったのと、 ゲロの始末するために泊まったりということがあり、結構時間がかかったよねと。
泊まらんかったら6時間未満で行けたりするでしょうが、 2時間おきぐらいに休憩した方がいいからね。
それが運転変わったりとかさ、一人で6時間するのやべぇから、 ちゃんと休憩しましょう。
もしくは交代しましょう。
えっと、そこからですね。
あ、そうそう、モーテルに到着して車から出たところで、 上の子がゲロを吐きましてね。
幸いその地面に吐いたから、服とかにかからんかったから良かったんですけど。
そのゲロに関しては、 モーテルには夫の両親とも一緒に泊まるんで、泊まっとったんですけど。
夫のお父さんが掃除してくれたゲロ。ありがたい。
モーテルなんですけどね。
あんま説明しがたい。まあホテルみたいなもんだが、 だいたい平屋でさ、平屋でもないやつもあるか、
2階建てとかのやつもあるが、 ホテルは結構さ、建物の中に入って、
それぞれの部屋にエレベーターとかで移動してさ、みたいなのがあるけど、 モーテルは部屋のそれぞれに外から入れるドアがついていがちなんだよね。
あと、その部屋の真ん前に車を停めることができがち。
私が泊まったモーテルは夫の両親が手配してくれたやつなんですが、 寝室が2つあって、
それぞれに、一つの寝室には夫の両親が寝て、もう一つの寝室には私たち家族が寝て、
その間にリビングとキッチンとダイニングがあるみたいな、 結構でかいやつ、でかい部屋だった。
良い部屋でしたね、割とね。
パブでの夕食
そんで6時頃に、午後6時頃に、 夕食を食べるためにパブに行ったんですよね。
そのブロークンヒルにあるパブ。 しかしたらパブさ、日本語でパブと聞くと、
オッパブとかショーパブとかなんかエッチなやつを想像しがちなんですけど、そういうわけではなく本来のパブ。
多分日本語で言うところのバルみたいなノリやと思いますけど。 バルとか言ったことねえから知らんけど。
知らんけど、どんながなんでしょうね。 居酒屋みたいなノリやと思うけど、オーストラリア民的には。
結構混んでましたな、このパブはね。 パブね、だいたいバーとかあって、レストラン的にお食事できるところもあって、
あとポーキーズっていうパチンコみたいなね、 ノリ的にはパチンコみたいなスロットマシンディナーゲームみたいな設置があるんですよ。
そういうマスチステアヘアアリーチェリーとかですね。 このポーキーズっていうのは、なかなか宅内に乗れそうに困っちゃう機関ね。
まあ結構混んでたんですけど、なんとか。 予約してなかったけど、大人数で行ったけど。
私たち家族と夫の両親と夫のお兄ちゃん家族も来てたので、 結構な大人数で予約なしだったのだが、なんとか席がありまして、
座れましたね。パブにね、オーストラリアのパブにありがちな、 もうどこのパブ行ってもありがちなメニューがいくつかありまして、まずフィッシャーのチップス。
フィッシャーのチップス。 まあ魚のフライとポテトフライみたいな。
あとサラダついてるやつもあるけどついてないやつもあるよーみたいな。 あとねチキンシュネツオ。これはチキンカツみたいなやつ。
それにポテト、フライドポテトとサラダついてるよーいうやつ。 そのビーフ版、ビーフシュネツオ。ビーフカツですね。
あとステーキとか、だいたい、だいたい何にでもポテトとサラダがついていがちです。
あとハンバーガー。ちょっとゴージャスなハンバーガー。 ゴージャスな豪華なハンバーガーでね。
私はハンバーガーを注文したんだが、デカかった。 ハンバーガーデカかったわー。
食べにくかったわー。うまかったけど。めっちゃ手べちゃべちゃになったわー。 卵焼きとかパイナップルとか入っとったわー。うまかったわー。
適当に注文したからさー。なんか急いで注文してしまったから。 何入っとるかよくわからず、あ、まあこれ安いから注文しよいで。
夫の両親が払ってくれたんですけど、悪いからちょっと安めのもん注文しとくか言うて。 そんなこと夫の両親は気にしないんですけど。
とりあえず夫も注文しとし、これをもう私も頼もうって注文したら、やたらデカいやつ出てきて。
うまいけど。うん、ポテトを食べれんかったから他の人にあげたわ。 バーガーでいっぱいいっぱいですわ。あ、ベーコンも入っていたらしいですよ。
卵焼き、パイナップル、ベーコン。てんこ盛りバーガーうまいですねー。 フィシャンチップス食べ、頼めばよかったわって書いてあるわ。
そして
他には、あ、そうだ。 夫のお父さんがねパスタを頼んだんだが、あんま美味しくなかったらしくて。
パブでね、パブでね、そういうもんあんま頼まん方がいいよという、 そういうのがあるらしいですね。
パブではパブの定番のフィシャンチップスとか、チキンシュネツオとか、バーガーとか頼みなさい、頼むのが
安全だよというのがあるらしくてね。 あんまそういうちょっと洒落たもん食べん方がいいらしいです。
あんま美味しくないがちらしいです。 そして
えーっと、そこでそうそう、 ご飯食べながらだったのか、ご飯来るのを待ちながらだったのか、
夫のお母さんからちょっと話聞いてて
ブロークンヒュー。 ブロークンヒューではね、その
夫のおじいちゃんおばあちゃん住んどったんだが、 夫のおばあちゃんはねずっと主婦だったらしくて、なんでかというと
ブロークンヒューではね、当時、たぶん1980年代ぐらいまで
結婚している、寄婚者の女性は働くことができないというルールがあったらしいんですね。
腹立たしいですね。
やめてほしい。まあ亡くなったんですけど、それはもう。 ブロークンヒューの背景を説明しとくか、まだ1日目なのに。
まだ旅行期の1日目終わってねえというのに。 背景はね、ブロークンヒューはね、採掘、
鉱山、鉱山の町でさ、 いろんな鉱石が採掘できとって、今もまだ採掘されてるらしいんだが、
かつてはブロークンヒューっていう丘がありましてね、 なんでブロークンヒューっていう壊れた丘みたいな直訳なんだが、
なんでそんな名前かというと、そのヒューがね、なんか連なっとる。 たくさんの丘が連なったみたいな感じだったんだが、
でもその間にちょっと隙間があって、 要は知らんけど、もうないしね、そのヒュー。その隙間があって、その隙間があることがブロークン。
ちょっと隙間あるみたいな。 むずいなこれ。訳をするのがむずいな。 ブロークンって言ったらもう日本人は壊れたみたいな。
あれっ。 ごめん、今ちょっとちゃんと
録音されてるかよくわからなかったので変なことになったが、まあそれは気にせずに。 ブロークンヒューの丘の連なっとるところのあいまいまにちょっと隙間あるから、それが
ブロークンなんだが、日本人がブロークとかブレイク、ブロークンとかブレイクとか聞いたら壊れとるっていう意味に直訳しがちなんだが、隙間のあるとか。
途中、途中なんか、一直線になってないみたいな、それもブロークンなんですよね。
点線、点線あるじゃん。一直線。 一直線じゃない点線あるじゃん。
それをブロークンラインとか言いますからね。そういうブロークンね。 ブロークンヒューなんだが、そのブロークンヒューはね、その丘自体はね、もう採掘しまくって削りまくってもうないんですよね。
面白いことにね。どんだけ採掘するねんという感じなんですけど。 まあそれはいいとして、
他に何か書いてあるかな。この日の、この日の日記。
飯食ってからモテルに帰って寝ましたよと。 ただ旅行するときあるあるなんだが、1日目の夜なかなか寝れないがちって。
寝たんだが、変な夢見てちょいちょい起きたりしてましたよ私。 そんで隣に寝とる夫を起こしてしまったりしたりね。
すいませんって感じですね。 子供たちは寝言言ったりはぎしりしとったりして、その音で起きてしまったりしてましたね。
さらによ日をまたいで日曜日なんですが、 日曜日の深夜2時頃にね、下の子がね起きてきましてね。
なんか言うとるなぁと思ったけど、どうやら持ってきたぬいぐるみをね、 使ってね、人形劇的なことを繰り広げとってね。
かわいいなぁと思いながら聞いとったんですけど。 ちょっとドサみたいな大きい音して、何音だと思って私もちょっと
体を起こして様子を見てみるとね、 どうやらその下の子がうんちで取ったようで、だから起きとったんかなぁと思ってね。
おむつ交換をしてね。 そこから寝かしつけたいのだが寝る気配がないぞということで、
寝室からリビングに移動しましてね。 下の子のね、ベビーベッドのマットレスとか布団とか持ってきとって、
そのマットレスを動かして、 下の子まだ2歳やからさ、高いベッドで寝かせるの不安やん、そういうわけでマットレスを持ってきとったのよ。
マットレスで寝かしとったんだが、 そのマットレスを寝室からリビングに動かして、
リビングにテレビあったから、 なんか
ニュースチャンネルでも見せるか言って、 見せたけど、これ嫌だって言われたから。
よく見たら、よく見んでもなんだが、 ネットフリックスとか見れるじゃんということでね、ログインして、
ペッパーピックとか見せとったんですけど、見たい急から。 ペッパーピック見たり、他の見たり、あとポニョ見れてね。
オーストラリアのネットフリックスね、ジブリの映画見れて良いですよ。 ポニョを見とる間に
犬も連れて行ったんですよね。 私たちはボーダーコリー犬を飼っておりましてね、今11歳やったか、12歳やったか。
まぁそんぐらいの結構な老犬なんでございますが、 犬がね、ちょっと外行きたそうなので、
ちょっと外へ連れて行って、 でもおしっことがなかったらしいです。
それ、その後、文魚ハロに下の子が寝たんじゃないかなぁと思われますね。
私も寝落ちしててさ、ソファーで寝たんですよ。
5時頃に一目覚め、ということは4時半頃に寝たんだろうなと思いまして。
そういうわけで2時間半、2時間半夜中に起きとって、もう疲れたわい。
疲れましたよ。 そんでこの日曜日ですが、2日目ですが
ヘリテッジウォークと鉱山の町
9時頃にモーテルを出て、 ヘリテッジウォークっていうのがありまして
ヘリテッジウォーク何? ヘリテッジがそもそも何? ちょっと調べるから待って。
遺産かなと思ったら、遺産であっとりましたよ。
そういうわけで遺産的なものを巡るガイドツアーみたいなノリなんですけど。
ヘリテッジウォークというのがありますので、それの出発地点のインフォメーションセンターであっとるのか。
日本語でもインフォメーションセンターであっとるのか。 まあ知らんけど、そういうところに行きまして
その後、そのガイドツアーみたいなのに参加したんですね。
夫の両親と私たち家族と、夫の兄の家族でみんなで参加しましたよ。
いろいろね回ってね、お話聞いてめっちゃ面白かったんですけど、めっちゃ興味深かったんですけど
子供おるから。2歳児と5歳児おるからさ。 ちょいちょい子供の相手したりなどするから
もう飛び飛びで聞いとったから、聞き逃した部分も多くてね。 もっとちゃんと聞きたかったぜと思いましたけど
そのうち機会があったらまた次回という感じでね。 ブロックンヒルね鉱山の町であり
結構オーストラリア初とか世界初みたいなのが多くてね 興味深かったですね
これはね ブロックンヒルは町として
町全体がheritage listed だから遺産として登録されているであっとるのかな日本語やと
そういうらしい、そういう感じの町自体が遺産というのがオーストラリア初らしいですね
そして 鉱山の町ですので
労働組合が、鉱山で働いてる人たちの労働組合的なやつが強くて
それ故に そういうノリで世界初のものが何かあったらしいんですけどあんま覚えてねー
あと 鉱山の町というのでそれ関係の技術
パブでの昼食
技術で結構 新しい革新的な技術とかもあったらしいですね
で その後 そのheritage walk の後に
親戚一同が結構集まる感じのお昼ご飯が催されまして それがまたパブで他のパブでね
パブ多いね ブロックンヒル パブ多いよ
まあ 鉱山で働いてる男たちがよく行っとったんでしょうね パブとかね
そういうわけでね パブへ行きました
で 夫の母のいとこたちも来てましたね あと夫の母の
弟さんかな 弟さん家族 その娘さんたち家族とかも来てましたね
だからまた大人数で そこでは私は
この前の晩にフィッシャーンチップス食べればよかったぜと思っとったんで フィッシャーンチップスを頼んで美味しかった良かったですね
あとパブに到着した時に
パブのスタッフの人がね
子供向けのクレヨンとか
アクティビティブックなんていうか知らんのだけど日本語で いろんな迷路とかさ
いろんなゲーム的な遊べる的なものとか塗り絵的なものとか書いてある本 そういうのを
そういうのをくれてありがたかったですよ そして
私とね下の子はちょっと早めにそのお昼ご飯を抜けましてね めちゃ眠かったから
夜中に2時間半起きとったからめちゃ眠くて疲れとって昼寝したかったのよ私は で下の子も昼寝の時間ですし
モーテルでの休憩と洗濯
そういうわけで他の人たちは多分お昼ご飯の後お茶とかしたり デザートとか食べとったかもしれんのですが私たちは抜けてモーテルに戻ったんですけど
下の子はベビーカーに乗せて歩いてたんだが 途中で寝ましたねー
そのままモーテルに行って 下の子を
マットレスに移して そのまま寝てくれてよかった
でさあモーテルとか泊まるとさ 毎回おむつの捨て場所に困るのよね日本旅行した時さ
うんちのおむつどうしようってなっとったからさ ただオーストラリアはだいたいどこにでもね
外にゴミ箱あるから公共のゴミ箱あるから そこに捨てに行っとりましたねたまにね
そういうわけで その下の子寝とるうちにすぐ近くにある外のゴミ箱に捨てたりしてましたね
シツイノスポシツみたいな その後
この前の日に ゲロがついた服それらをすすいて
あと コインランドリー行って
コインランドリーわけでもないが モーテルについてる洗濯所みたいなとこで
そこの洗濯機に入れて あと乾燥機もあったほうが良かったね
レスカー その後
上の子の両親も持ってきたね そうそう私が洗濯所行くところに戻ってきたんで 行く時に彼らは戻ってきたんだった
そんで その後
夫と夫の両親は 何かしら そうだった シルバトンに行ったんですね シルバトン
そのブロークンヒルから車で30分行ったところぐらいに シルバトンっていう町がありまして
これもまた シルバトン シルバタウンみたいな意味で シルバトンっていうの
だから銀 銀が採掘されるんだよね
その辺一帯が結構な 鉱石が埋まっているところらしくてですね ブロークンヒルもシルバトンもね
そういう町なんですが そこにはマットマックス2のミュージアムって 博物館ね
マットマックス2の 博物館 どうしてもミュージアムって言いそうになるなぁ
博物館がありまして それを見に行こうかなぁ みたいなこと言っとったんですが
閉まっとったと 日曜日だし
日曜日の多分3時ぐらいまでやっとったかもしれないが その行った時にはもう閉まっとったと
残念 そうマットマックス2がその辺で
その辺で撮影されたからね そういうわけで博物館があるらしいですね
その後 おやつ食べたりして
博物館の探索と子供たちとの公園での遊び
午後5時ごろに 夫と夫の両親が帰ってきたようですね
そこから 夕食食べに
中華料理屋へ向かったんですけど
最初に夫の両親と子供たちがモーテルから出て 私と夫が出て
そのモーテルは なんていうんだ あの鍵は トイレの鍵みたい トイレの鍵でもねーな
ドアに ちょっとしたノブみたいのついとって それを
それを縦方向にして そのまま扉を閉めたら鍵閉まるタイプ
私たちはもう夫の両親が鍵持って出たと思い込んで
夫が最後に部屋から出て 鍵閉めて 鍵閉めた直後に私
誰か鍵持ってるみたいな感じになって
鍵持ってねー 鍵モーテルの中にあるーってなって
モーテルの人に連絡しに行ってね 夫のお父さんが連絡しに行ってね
スペアの鍵もらってきたんですけど
レストラン このレストラン概要 まだ見つかりにくい場所にありましてね
コンフォートインっていう コンフォートイン あるよね コンフォートホテルあるよね 日本にも
その系列やと思うんだが コンフォートインっていう
またモーテル的な ホテル的な モーテル的なものがありまして
そのその中の2階にあって 分かりにくいなーって感じだった
そんで飯を食べまして そうそうパブの食べ物はもう
もうゴリゴリだよみたいな もう十分だよみたいになっててみんな
2回連続でパブのもの食べたから 他のもの食べてーよってなってて中華料理屋に行ったんですね
なんかよわからんものを頼んだけど
よわからんものってなんだよ チョウサンシーみたいな名前の
食べ物を頼んだけど 中国語で書いてあったらまだわかるけど
ローマ字ローマ字というか英語で書いてあるから アルファベットで書いてあるから何が何やらわからんけど一応書いてあったけど
なんか麺のなんちゃらみたいに買ってあったけど でも出てきたのはなんかね麺が
麺料理って聞いたら焼きそばみたいなもんを連想したんですけれど サクサクした短い
短い5センチぐらいの麺がいっぱい入っとる いっぱい入っとって野菜と豚肉牛肉とかちょっとやめてあげたいな
そう言ったけどね
あとなんかカモのカモの料理食べたわ カモと野菜の炒め物
そしてハニーチキン ハニーチキン日本にあるんかねありそうやけどね
鶏肉を
なんか包んであげ包んで言うわけでもない衣つけてあげて 蜂蜜かけたやつ
子供たちが食べがちなのでねー あとワンタンをあげたやつ
そういうものを頼みましたけど その時はスープとか飲みたかった言って書いてありますね日記にね
揚げ物揚げ物というか炒め物つらいよね 油分が高くて
もうもっとヘルシーなもの食べてーぜーってなってた 野菜食べれるのは嬉しいんだがもっとスープとか飲みてーぜーって書いてあるわ
そして そうそう
このモーテルはシャワーしかなかったんだよね 湯船がなかった 湯船あればよかったんですけどね
でその日は わりと子供たちは早めに寝た
その前の晩は結構遅くまで起きとったんだよね そもそも夕飯が遅かったからさ
いつもは5時半頃にもう夕飯食べとるんですけど その日は7時頃とかに食べとったもんね
そりゃ遅いぜ 私はその日は結構よく寝れたようです
次の日月曜日 あそうだ
私はたぶんねその前の晩の午後10時半ぐらいに 就寝したんですけどね
たぶん上の子が 上の子が朝5時半ぐらいになんか起きて
お気に入りのぬいぐるみが見当たらん言うて言うから 探したんですけど探したいうかベッドの方すぐ横に落ちとったからすぐ見つかってよかったよ
でまたそれを手伝ってから寝て で7時頃に
下の子に下の子が起きたから 私は起きたんけ言うて聞いたらなんか下の子寝たふりしとって
それは面白かったと書いてありますね その後
そう公園に行ったんだ 公園というかオーストラリアではプレイグラウンドって言うんですけどその遊具のある公園のことを
プレイグラウンドって言うんですけどね 公園へ向かって結構大きめの
遊具がいっぱいあって良い感じの公園でしたね 他の子供連れもいっぱいおりましたね
いっぱい言うほどでもないが 何だろう5組ぐらいおったかな
そこでひとまず20分ぐらい遊んで なぜかというと博物館に行きたかったんですが博物館が10時から
開くから
でも今から行ったら微妙に 10時前に着きそうだなということで
まあ行ったんだが結局さあ歩いて行ったらもうもうあと10分ぐらいで10時じゃんいうとこに
陶器に 着いたから別に公園行かんでもよかったなってなったけど子供たちはまあ楽しんどった
からいいんですよそれは 公園で20分30分ぐらい遊んでから
博物館へ行きましたねー というわけで10時半頃に博物館に
入りまして でさあ犬連れてってさ
犬も 一緒に入っていいですかねーって聞いたらいいよって言われてえーじゃあいいんかいって
ゆるいなぁと思ったんですけどね良かったですね犬も入れてね まあ土足文化ですからねオーストラリア
ああよかった普通の博物館では多分入れられないですねいいの ブロックンヒューのたまたまその係の人がゆるい人やったのかもしれんけど
その博物館はねなんていう博物館だったんだ忘れたが 一番有名な博物館ねブロックンヒューで一番有名なやつで
でこの月曜日が祝日やったんですよね
祝日 やったのだが
祝日にある開いとるもんあんまねーんですよね あと日曜日にもあんま何も開いてないんだがこの博物館は日曜日も祝日も
やっとる 良い博物館でしたね良い博物館というか
本当は平日に来れればよかったんだ これが3連休だったので行ったというのもありますが
とにかくねその博物館 いろいろな
ものその電車電車じゃねーや機関車の博物館と
お祭りというかカーニバル的なやつに使うものがある博物館と
病院関連のものが集めてある博物館と 鉱石が集まっとる博物館とみたいな
あと移民関連の話 話というかものが集まっとる博物館とというのが
なんか いろんな建物がいろんな建物が一つの場所に集約されているみたいな
博物館でございましたな 機関車関連のものがね一番大規模でね
機関車が丸ごと5台ぐらい入っとったね で中に入れるという
めっちゃ面白かった 機関車面白いねー
運転席とかもねなんか見れたんですけど いろいろなケーキとかケーキであの食べるケーキじゃなくて測る
測る器と書いてケーキ あるけど何が何やらわからん
あんま説明とか書いてないからあんまわからんかったけどね 説明とか書いてほしいわ
そういうとこ緩くて面白かったですね 今思うとね
で機関車関連のものを見てから そうあのカーニバル的なものの展示があるとこに入って
それはそんなに大きくなかったけど メリーゴーランドが丸ごと入っとったわその建物の中に
昔のメリーゴーランドが あとローラースケート関連のものがありましてね
その昔はローラースケートはおしゃれな何かしらの
流行っとったんですかね ローラースケート大会みたいなのがちょいちょいあったらしい
ですけど ローラースケート用の衣装とかね
ローラースケート用のワンピースみたいなのがあったらしいですけどね 興味深いですね
さあその次に病院関連の ものが展示されているとこに行ったんですけどね
シンガポールやったかで日本軍に虐殺された オーストラリア人の看護師たちがおったらしくて
日本人である私としましてはすいません みたいな感じだったけど
そのその生き残りの その中の生き残りの看護師さんの
話とかが載ってました 移民関連移民関連そのブローカンヒューに移住してきた
外国の人たちのそういう人たちの話とか そういう文化にちなんだ
民族衣装とかあったけどあんまじっくり見れなかったですね あとは鉱石鉱石その
石ね石発掘された発掘でいいのか 採掘された石とか展示されとってこれももっとゆっくり見たかったんだが
さらっと見ました下の子が抱っこしてほしい言って 抱っこしとったから腕つらいって思いながらさらっと見ましたね
本当にもっとちゃんと見たかったかな また次回またそのうち
で お昼ご飯その後食べよう言うて行く前によ
今日記がごちゃごちゃしとって その前の話もあってさ
お土産も一応売っとりまして 売っとりましてそんで上の子が
欲しがったおもちゃありまして でそれ
それね値札ついてなくてさ いくらなんですか言って係の人に聞いたんですけど
ブロークンヒューの観光
てか係の人一人しかおらんの博物館に居る人を博物館の人一人しかおらんの その人が
その入場してくる人の 入場料を徴収したり
お土産の売る係もやっとって大変やなぁと思いましたけど そんなあんま人混からいいのかなそんな感じで
でその人にいくらなんですか言うて聞いたけど あんまよくわかってなくてその人を把握してなくて
でよく見たらカウンターにその 値段表みたいなのがありまして
でこれこのこのおもちゃは何ドルとか書いてあってでも そのおもちゃが見当たらんぞって
ないぞってねよく見たらこういう こういうカテゴリーで書いてあったんかみたいな
なるほどみたいな そういうのがありましてそれとあと下の子が
チョロQみたいな機関車のおもちゃ欲しがったんだが それもまだ値段わからんぞってこれかーみたいな
これだったら15ドルもするけどやめとけみたいな感じでね 結局下の子は
このこのなんかキラキラしたペンドがどうって言ったらこれでいいってめっちゃ 気に入ってくれたからそれ4ドルやったからよかったみたいな
15ドルより4ドルの方がいいわーみたいなね そんな感じでございました
そんでお昼その後お昼ごはん 食べようと思ってねその前にお昼ごはんに移る前に前にもう一つちょっとネタが
ございまして ブロークンヒューに来たらさ
ポストカード買おうと思ったのよ 絵はがきというかポストカードというか
それを買おうと思ったんですがなんでかというと私が大好きなポッドキャストに 旅のラジオ
元旅のラジオというタイトルだったが現在は超旅ラジオになっとるんですけど 超旅ラジオに送ろうと思ってさ
絵はがきやらポストカードやらをさ でも思っとったんけど買い忘れた
せっかく旅行したのにポストカード買い忘れて悲しみーってなっとったわ 博物館でお土産屋さんになかったかな
なかった気がするよ見当たらなかった気がするけど多分売っとったんじゃないかな うっかり忘れてましてね悲しいですね
そういうわけでその後お昼ご飯食べに行こう言って インフォメーションセンターの
横にカフェがありましてね そのカフェインフォメーションセンターの横にあったからやっとるやろうと思って
祝日でもやっとるやろうと思って行ってみたけどしまっとって残念みたいな感じで で
じゃあマクドナルド行きますかねー そのねー
アドレイドからブロックヒューに到着してそこからモーテルに行くまでの道にそのマクドナルド マクドナルドをマクドナルド
マクドナルドもうわかんねーよ日本語でマクドナルドみたいな発音で言いそう言ってしまったけど まあそれはいいとしてマクドナルドの
見かけましてねでマクドナルドに結構大きめの遊び場があったからさ マクドナルドありがちじゃん遊べるとこついていがちじゃん子供が遊べるとこ
だから 子供楽しいんじゃないかなぁと思って行ってみようかと思っとったけど
じゃあもうこのカフェしまっとったから行きますか言ってマクドナルド行きまして で
子供たちにはねハッピーセットを買ったんですけどハッピーセットはね オーストラリアだとハッピーミュウって言うんですよねミュウは食事みたいな意味なんですけど
ハッピーミュウを買ったら
遊戯王と 遊戯王とサンリオのコラボしとるやつ
がおまけのおもちゃみたいなのであってさ めっちゃね面白いんですけどそれはもう何
子供向けなのかこれはみたいな 一応遊戯王ねこっちでも放送しとったんだが今も放送しとか謎なんですよね
どちらかというと私たち世代をターゲットにしているのではないかという感じなんですけど どんなんか忘れた
ブルーアイズホワイトドラゴンと キティちゃんがコラボっとるみたいなやつとか
マイメロディーとか黒みちゃんとか けろけろけろっぴとかねそういうもん
ポムポムプリンとかねー そういうもんが遊戯王の何かしらとコラボっとるやつなんですけど
キティちゃんはあれでしたかねぇ マジシャンブラックマジシャンでしたかねぇ
まあそれはどうでもいいとして 私たちがもらったのは
上の子と下の子2つと2人とも2人とも買ったんですけどどっちもタキシードサムやった タキシードサムと何かしらの何かしらのコラボっとるやつでした
で もう2つ買うんやから別々のくれればいいのになぁと思ったけど他の人もタキシードサムもらっとったから
他の私の家族以外で他にも買っとる人ってその人たちのテーブルの上にタキシードサム置いてあったから
タキシードサムしか残ってねーのかなぁと思いましたねー でも子供たちめっちゃ嬉しがっとったから
よしとしましょうねー
私はそこでチキンラップを食べたらしいなぁ その後
本来ならば土曜日に他の親族たちが 親戚たちが行った墓参りなんですけれど
その墓参りに 私たち見逃したから
行きましたね 墓に行きました さあ墓面白いですね日本とだいぶ違うからね
海苔がねぇ まあそもそも土曹というか冠桶
使いがちだものねぇ ゆうて
私の 私のじゃねーけど夫のおばあちゃんは
何でしたっけあれ焼くのなんて言うんでしたっけ 火葬火葬ですね火葬したから
骨なんですけど 遺廃なんですけれど
だから別にそんなそんなでかい でかい
面積必要じゃあないんだ そうか
でも おじいちゃんがおじいちゃんが土曹やったかもしれないですね知らんけど
おじいちゃんだいぶ前に亡くなられたらしいので 夫が生まれる前に亡くなったのではないかな
おじいちゃん結構若くしてしなかったからね 60代で亡くなられたらしいですね
で墓の上にさ ちょっとなんだろうこの大きさはヘルメットぐらいの大きさの
ドーム型のガラスケースみたいのに入った 陶器の陶器でできた花とかが入っとる奴が
そういうのが置いてある墓が結構あって 興味深かったんだが
墓地と見晴らし台
ブローカンヘルねー 夏と冬の寒暖差激しいし日中と夜間の気温の差も激しいからね
もうすぐ割れる 多分すぐ割れると思うのよね だから割れとるやつばかりあったわ
ガラスが割れとるやつ めっちゃなんか荒れとる
もう大丈夫かみたいな 壊れまくっとるぞみたいな墓とか
墓石ないんだが 上にその墓の部分の地面の上に織りみたいなものが
ケージというか織りみたいなものがのっとる墓が結構あって そのケージに電球ついとってね何やったんでしょうかねあれは
土層の場合に 動物たちが掘り起こすのを防ぐためなんかなぁとか思ったけど
何なんでしょうね
墓参りした後 あっというか墓ね 親族が
親族の墓が何箇所かにあったんだが 3箇所ぐらいにあったんだが
だいたい結構離れとって
途中どこかわからんくなってた あんまわかりにくいから
その墓地がね結構広くていっぱい墓あるから そしてあんまり
標識とかもないからね 看板とかもないので
最初迷っとった 夫のお母さんがちょい迷ったけどようやく墓を見つけることができました
あとあれですわ 墓ね
宗教の宗派によって分かれとりがちでした キリスト教だいたいキリスト教の人が多いと思うが
キリスト教にもいろいろな派閥あるから派閥ごとに分かれていた 興味深いですねそういうところ
はい 墓参りの後またモーテルに戻ってちょびっと休んだ後
私と夫と夫のお父さんが
見晴らし台みたいなのでいいのか たぶんねそのブロークヘルの丘はほとんどないんだがちょっとまだ残っとって
その丘の上に 見晴らし台みたいのあるからそこに行ってきましたね
丘のその上にはねまぁ車で行けてよかったの 歩いて行ったらめちゃかかるから
車でてっぺんまで行けたんですけど そのてっぺんには
鉱山の採掘に使われていたであろう機械とか道具とか結構 展示してあるようなノリで置いてあるんだが
特に何の説明もなくてさ 何に使われとったんこれみたいな
ちょっと説明の看板書いてくれよと思いましたね 割と謎でしたねちょびっと書いてあるとこもあったがほとんど何も書いてなくて
そういうとこなんかしてくれりゃいいのになぁと思った まあそういうことするのにも金がかかるからね大変ですね
見晴らし台的なとこって展望台か展望台ですか 日本語が曖昧でございますよ
でそこ行く直前に メモリアル メモリアル何よ
ときめきメモリアルが思い浮かばれましたが メモリアルなんですかね
死んだ人たちを忍ぶ場所なんですけど メモリアルとかがありまして
その鉱山のブロックヒルの鉱山の採掘作業中に死んだというか亡くなった人たちの リストが
ありましてね その名前と
何年何月何日に死亡したということと 所属している
会社の名前とあと死因が書いてありましたね その中でも最年少で亡くなられた方が12歳
12歳 悲しい子供死ぬの悲しい若い人死ぬのより悲しい
死は悲しいが子供だとより悲しいって言って もう悲しかったですね
ちょいちょい若い人の 亡くなってましてねリストの中でね
でリストが リストは何年から始まったかな
最新のもので多分2019年やったから割と最近でも結構死んどるという
初期の方は 鉱山の地下に降りるための
エレベーター的なやつの落下事故で死んどる人が多かったんですけど あとは鉛レールって鉛か鉛中毒とか
落石とか そういうのは結構ありましたねあとは爆発とかですね
恐ろしいですねほんと 展望台からは街が一望できまして
最終日の活動
それはまあよいや あとね駐車場の近くにその丘のてっぺんの駐車場の近くに
美術作品だと思うのだが特に何の説明も書いてなかったけど バカでかいベンチがありまして
そこに夫と座って写真撮ったりしましたね 本当は座ったらあかんらしいけど
だいたいみんな策で過言であってさ 撮ったらあかんらしいけどみんな無視して撮っとったわ
ごめん私も撮ったわ でモーテルに戻って
で 夕飯何にするみたいな感じでさ
で祝日やからあんまね あんま店やってねーから
限られとるんですよ 選択肢が
そういうわけでサブウェイかピザにしようかないう話になって 子供はピザの方いいかなと思ってピザを頼んだんですけど
でさあ google にのっとったメニューを頼りにして注文したんだが ピザねー
サイズあるんですけどね スモーラージファミリー
パーティーみたいな 店によってサイズ違うんだよね大きさがねピザの大きさが私の近くの店だと
ファミリーが何だあれはあれは何何インチだ 知らんけど
だいたいドミノーズとかドミドミノピザとかで出てくるやつが 12インチらしいですね
あれがラージってだいたいラージって言われるサイズ でメニュー見たらさファミリーサイズが12インチって書いてあったから
だから3枚頼んだんですけど実のところ15インチでさ 2枚で良かったじゃーんってなって
もうめっちゃ食べためっちゃピザを食べた で
1枚分ぐらい残りましたねだから2枚で良かったんだが私はその翌日に翌日の朝に その残った半分ぐらい食べましたね朝ごはんにピザ食べるの
割ときついね食べれたけど ピザはまあうまかったじゃん
食べ過ぎたじゃん
そんで その夜も結構ちゃんと寝れたはずです
あーついに最終日ようやく最終日もう1時間経っとるんですけど 1時間10分経っとるんですよやべーな
早寝ろよという感じなんですが続ける 終わらしたい早終わらしたい
えっと あそうか帰ってから
グーグルグググ もう
google カレンダーですよ google カレンダーに日記を書いていたのだった 紙じゃなくて
そういうわけでそっちを見ていこうそっちもなげーなーこりゃ
えっと よく寝れたと書いてありますね
また深夜に上の子が寝言で起きて 寝言だったのかなんなのかわからんけど起きて何か言っとったので
それの対応をしたりなど
その日は火曜日ですね火曜日の9時半過ぎに モーテルを出たと書いてありますね
でガソリンスタンドで給油して200キロないから 200キロぐらいガソリンスタンドないから
ガソリン満タンにしていかんといかんのですよ その後
スーパーマーケットに行ってちょっとおやつ買って あと夫がコーヒー欲しい言うて
車での長距離移動と町の中の移動
それを買ってで10時過ぎに多分出発したんかなぁ しかし
上の子が何かしら不調なったのかなんかよくわからんけど 泊まりたい言うので2回泊まってますね
で12時前ぐらいに どの町か忘れたが
プレイグラウンド公園公園というか遊具あるとこがあったのでそこで泊まって ちょっとトイレ行きつつ子供ちょっと遊びつつ
で そこまでは夫が運転しててそこから私が後退して運転
して それでも12時頃だったから次の町で何か食べるかって言って
で町があるんだ町に入るたびに 今度は何か食べ物屋あるかなみたいな
ガソリンスタンドあったら吸収しようかみたいな 期待して入るんだが特に何もなーいというのはね
すごいちっちゃい町で
もう 家とか家とか数軒しかないみたいな町とかもあるからそういうことが2,3回ありました
で あとね最初の最初のその
プレイグラウンド 離れてから最初の町
がね フルチェッキングステーションというやつがありまして何かというと果物をね
オーストラリアオーストラリアじゃねーよ南オーストラリアオーストラリア州の田舎の方は結構果物の栽培が盛んでございまして
ただ その果物に
ハエが小映えみたいなのが 繁殖してしまうと大量の果物がダメになってしまうんですね
だから 果物を
他のとこから持ってきてくれる持ってくるのが禁止されとって だから
州をまたぐ時というかその果物を栽培する
のが盛んな地域に行く前にそのフルチェッキングステーションがあって そこで果物全部廃棄してくださいって言われるんですね
野菜もやったかな 私たちはそれを知っとったから
バナナ1本だけあったからそれを渡して かかりの人に
渡しましてね それで行けたんですけどね
あと帰りの車の中ではもう 車用意するから上の子がタブレットは見たくないと言って
タブレットなしで行ったんですけど そうするとあんま
娯楽がないもんですからね 結構ね子供たちが早く降りたいみたいなことを言ってましたね
なんか2,3個ぐらい 街だー食べ物買うかーみたいな感じだったけど
それを2,3回繰り返してからのようやくガソリンスタンドがある街に到着して でガソリンスタンドに泊まって車を止めて
パイとかソーセージロールとか買って 駐車場で食べたりなどして
トイレ行ったりして でそっから
夫に運転交代してもらったんやったな その前やったか後やったか忘れたんで忘れたんですけど
道の結構近くのところに羊の群れがおったので車止めてちょっと見てみたり見に行ったりしましたね
子羊もいましたね 結構ね
で 帰り道は多分6時間半ぐらい
休憩も入れて6時間半ぐらいでアデレードの家に帰ることができました 帰りの道中に見かけた動物たちはまぁ
ヤギと カンガルーがね
高速道路の脇に座っとるところ私は目撃しましたけど他の家族たちは見逃してね だねーって感じだった
また再び馬とか牛とか見かけたけど あとねー
その道中で風力発電が盛んな街がありまして いっぱい風力発電用の風車を見かけたんだが
その その近くで
風力発電のその風車の羽を運搬しとるところに出くわしてさ それはすげー面白かったですねめっちゃでけーのよあの羽
でかい 面白い運搬するのも大変ですなぁ
あとは 帰り道で出くわした
恐ろしいことといえば反対車線の車がさ 疲れとったんか寝そうやったんかわからんけどね運転手の人がさ
こっちの車線に入ってきてめっちゃビビったわ 数秒こっちの車線に追ってさ
音がめっちゃクラクション鳴らして でそれに気づいて戻って行ったんですけど恐ろしいですね
高速道路を 運転しているとそういうことがございますからねその
中央分離帯とかないからね普通の道普通の道が高速道路やから オーストラリアの田舎の方
そんな感じ1車線やしね 片側1車線ずつやからね
そういうことがあった ってわけで午後4時半頃に家に到着しましたね
で旅行の記録がこんな感じなんだけど まとめ的な話題も書いてあるなんか
記録してあるからそれもやってしまおう 1時間17分喋っとくけど
いいんだよそんなことは そんなことはって知らんけど
私がいいんだよっていうことですね でブロックンヒュームめっちゃ良かったですよ
小さい町行くのいいなぁって思った しかし
しかしねー 3連休中とかに行くより平日に行った方いいですね
平日 平日がっつり1週間ぐらい
週末も込みでがっつり1週間ぐらい 滞在していなぁと思いました
なぜかというと祝日 日曜日土曜日の午後に店が閉まっていがちだから
平日なら開いているから でも平日は平日でね
なんか週3日とか開いてないとことか結構あったから だからねー
1週間全部月曜日から日曜日まで滞在したら 良い感じだなと思いますけどね次回行くのであれば
あとね私たちは車で行ったんですけど 車以外ではバスか飛行機で行けるようですね
電車はないです 悲しいです電車に乗りたかったです私は
バスでもバスでも バスでも6時間半ぐらいかかるよって書いてある
多分これ休憩入っとる 一番リーズナブルなのがまぁ車が一応楽ですけど
楽でもねーけど 車がねー
車はガソリン代かかるからねー バスやと大体一人当たり30ドルから50ドルで行けますよと
乗り的に3000円から5000円ぐらいで行けますよという感じで バスが経済的ですね
飛行機はね私がちょっと行く前に興味本位で検索したら 一人当たり
200ドル以上かかってるぽいから まあ2万ぐらいですよね
4人やと8万ぐらいかかりますね3万ぐらいやったら4人で12万かかりますねー 高いというわけで飛行機で行くのはリッチな人だけですね
でねー ブロックンヒル
日中と 日中と夜間の寒暖差がやばいという気温差がやばいという話もしたが
日中17度ぐらい 私たちが行ったのは最高気温1789
20ぐらいの 感じでで
最低気温が5度ぐらいやったんですけど だから
結構寒いんかなと思ってさあった回復を結構持って行ったんだよね ヒートテック的なやつをね
夏と冬の温度差と寒暖差について
あんま使わんかった しかし
私たちがいた6月ですね6月なのでまあ秋冬 入りそうな秋ぐらいのノリなんだが
夏はね40度超えとがあるからね恐ろしいですねまあアデレードも40度超える日あるん だかさ
6月でもよ
晴れの日ねー まあ私たちが行った時はずっと晴れとったんですけど日向やとめっちゃ
日光強くて結構あったかいんだむしろ暑いんだが 日陰に入ったら寒ってなるから
もう服装が難しくてねー まあ
半袖長ズボン上着ぐらいがいいんじゃないかでも 夕方とかに出歩くのであれば
ダウンとかあった方いいよねいう感じですね でもしオーストラリアの田舎の方へ行くんであれば
さっき言った通り日曜とかやっていないがチート 平日でも週3日とかしかやっていないがチートがあるから
これはこのこの施設は行きたいいう場合はね 事前にどの日にやってるかチェックしてから行ったほうがいいですね
いいですね さっきバスで行ったらいよいよ言っても話題が前後しまくっているが
ちっちゃかめっちゃかですが バスで行ったら良いんだが
バスで行ったら行ったで 町内を徒歩で町の中を徒歩で移動するの結構めんどくさいんじゃないかと思いますけど
まあ割と メインのものは町の中心部に密集しとるから何とかなるんじゃないのか
多分レンタカーとかもあると思いますけどね あとはねー
プリシラっていう映画があるんですけどだいぶ前の1990年代の映画で ドラッグクイーンがオーストラリアの
内陸部砂漠の方を旅するやつなんですけど旅する的な映画なんですけど
それそれ関連で プリシラ
プリシラの衣装とか飾ってあるのかわからんけどドラッグクイーン的な衣装飾ってある店が2軒ぐらいあって
店なのか博物館なんかわからんけどそれは行きたかったんだがしまっとったから行けなかったんだよね
悲しみだねー いつか行きたいねー
プリシラという映画はめっちゃ面白いので 見たことない方はぜひ
ただ子供と子供と一緒には見ないほうがいいタイプの 映画です
ただちょっとねちょっとちょっとセクシーなシーンがちょびっとあるので だいぶセクシーなシーンだいぶセクシー言うわけでもないけど
あれは何と形容すればいいのか とにかくちょっとちょっとキュアドイシーンがございますので
子供とは見ない方がいいかもしれないです でもおすすめですぜひ見てください
で長距離移動さ車で長距離移動する時さ 酔うね子供たちが酔うね私は大丈夫だったけど
子供たちが酔うので 着替えを準備していきましょう
ということを言いたいですねあとタブレットを使う方がいいかもねーという あとねー何かしらおもちゃを持っていけばよかったなぁと思いました
子供たちは特に上の子が絵描くの好きなので 紙というか
ノートと ペンとかを持っていったんだけど
それ以外に あとは下の子はぬいぐるみをお気に入りのやつを
3つ持ってきとったんですけど それ以外は特におもちゃ持ってきてなかったからさ
タブでもらった本とかしかなかったからさクレヨンと 何かしらおもちゃを持っておればよかったなぁと
日本にねこの間行った時東京で泊まった
エア bnb の 家さ
あれあった黒悲劇一発とかあったからそういうのがあるとねだいぶ良いんですよ ね
宿泊場所の断熱効率と快適さ
そういうわけで何かしらパズルとかでも持ってくればよかったなと思いました と
他にも多分 思い後で思いつきそうだこれで最後だな話題的には
モーテルね止まったモーテル まあ
それぞれの宿泊場所によるかもしれんけど
ブログインヒュー 夏と冬とか
夜と昼の温度差が激しいからか知らんけど 断熱効率良さげな
家が多いのかなぁとか思いましたねモーテル止まった私たち止まったモーテルも 効率良かったんか
だって アドレイドの我が家の方寒ってなっとったもん
まあ暖房あったけどエアコンあったからエアコンつけとったけども そうは言っても
エアコン消して エアコンの電源切ってしばらく結構
そんなにそんなに温度下がらんくてさ すげーなぁと思いました
断熱効率良い家良いですね
だから我が家寒いし私寒がりやからさ 年を取るごとにより寒がりになるからさ
あったかいも持って行ったんですけどあんま必要なかったですね ただ外行くときは日陰は寒いから
何かしらあった方が良いと そういうわけで
ブロークンヒルに旅行してきたよという話 こんな感じでございます
3泊の旅行で 車で6、7時間かけて片道
行ってきて帰ってきたよみたいな話 1時間半喋ったわ
長いわ どうでしたでしょうか
それでは最後まで聞いてくださりありがとうございました さようなら
01:27:27

Comments

Scroll