1. パラレルワーカーの本音
  2. #10 パラレルすぎる仕事のさな..
2024-05-28 37:47

#10 パラレルすぎる仕事のさなか、集中力を持続させるにはどうしたらいいのか

spotify

パラレルワーカーであるユウスケ氏とアヤコ氏が語る本音トークへようこそ!

仕事のすべては集中力のコントロール。ではどうコントロールすればいい?


ユウスケ氏

関西学院大学卒業後、大手ビール会社に入社。洋酒の営業として都内100軒以上のBARを担当、ウイスキーブランドの講師として年間50回程度のセミナーを開催。

続いて、同ブランドのマーケティングを経験した後、クラフトビール専門店の店舗責任者としてマーケティングおよびセミナー講師を担当。2022年、複業としてプロコーチ活動を開始。

現在はクラフトビールを含めた酒類全般の営業に加え、Podcast番組 ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠“teabreak & dialogue「自分らしさ」を言語化するラジオ” ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠を配信しながら、⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠自己理解コーチ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠としても活動中。


アヤコ氏

早稲田大学卒業後、2001年就職氷河期のどん底に大手情報通信会社に入社。バンキングサービスの構築から、製造業向けの貿易コンプライアンスサービスを発案し事業化。マネジメント職に従事後、2022年8月から独立。 

事業コンサル・営業支援・PMなど複数のクライアントと契約するパラレルワーカーでありつつ、事業法人経営も同時並行。

生粋のPodcast Crazy。Podcast番組「⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠無限塔の秘密⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠」を配信しながら、ニュースレター「⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠リベルタス⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠」を配布中。

Summary

パラレルワーカーの本音を語る2人が、仕事と副業の並行に集中力を持続させる方法について話し合います。 「体力」と「集中力」の関係性について考察しながら、仕事の集中力を持続させる方法を探ります。 仕事に集中するためには、目的を明確にし、タスク量を減らすことが重要です。人の目があると食べ物の摂取量が制限される一方、チームの目的に共感できない人や阻害的な態度を持つ人は集中を妨げることがあります。そのため、適切な目的設定とチームのすり合わせが必要です。 パラレルすぎる仕事のさなか、集中力を持続させるにはどうしたら良いでしょうか。

集中力の維持
Speaker 1
始まりました。パラレルワーカーの本音。
2人のパラレルワーカーによる、異なる仕事と並行する副業に対する疑問・発見・哲学を本音で話し合う番組です。
各週火曜日の朝に配信をしています。
おはようございます。ユウスケです。
Speaker 2
おはようございます。アヤコPです。
Speaker 1
アヤコ氏、今日のテーマはどんなお話しましょうか。
Speaker 2
前回、体力をつけるにはみたいな。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
なんかね、本当に。
大丈夫かっていうテーマにしましたけど、その中で。
Speaker 1
2人とも体力がやばいんじゃないか説がね、ありました。
Speaker 2
ユウスケ氏はね、もうヒョロヒョロしてますからね、本当に。
しょうがないよね、体格、生まれ持った体格だからね。
Speaker 1
はい、そうですね。
Speaker 2
体力をつけると集中もできるのかもしれないみたいな話にもなって。
それはいいことだから、集中というテーマでさらに何かできることとかやってることとか話してみようという回です、今日は。
Speaker 1
我々副業をパラレルワークをやってて、
私もビール業の仕事の後に帰ってきてからコーチ業の仕事をやるってことも普通にあるんですけど、
そこは切り替えてそれぞれに集中しないと成り立たないなと思っている中で、
パラレルワークやってる方はどうやってその気持ちを切り替えて集中するのかみたいなことって、
皆さんそれぞれノウハウがあるんじゃないかなと思って、
あの話してみたいなと思いました。
タスク管理の重要性
Speaker 2
そうですよね。
なんかね、私一時期ね、本当新聞紙のテレビ欄のガテ欄って言うじゃない?
あんな感じになってて、なんかもう全然ニュースの次にお笑い番組、お笑い番組の次に映画みたいな。
ほんとね、もうジャンルごちゃ混ぜみたいな時がやっぱ一時期あって、
今もその毛はなんかあるんだけど、ちょっとね、ちょっとその辺もよくなってきはしたんですけど、
その時はね、本当に集中するのがね、大変っていうかね、
頭の切り替えが大変だったんですよ、ものすごい。
モードチェンジっていうか。
Speaker 1
はいはいはい。
Speaker 2
気持ちはすごい切り替わるんだけど、
なんかね、この案件ってなんだったっけなっていう復習する時間がそもそもないんですよ、その打ち合わせの前に。
だから1日の始まる前にそういう、今日はなんとなんとABCがあって、Aはこれ、Bはこれみたいなふうにやればいいんだけど、
まあ先週お話した通り、前回かお話した通り、朝が弱いんで、わりとねギリギリ、ギリギリがあるんですね、私ね。
ゆえに、わりとそのまんま突入することがあって、いろいろ進んだら。
そうすると、こんにちはとか言って会議のお疲れ様ですとか言って会議の前に言うじゃないですか、初めに。
それを言いながら思い出すみたいな感じで、
集中、その後それで集中できるみたいなね。
だからアップする時間がないと集中できないなっていうのが1つありますよね。
Speaker 1
それはありますよね。
うん。
それで言うと、私も完全にそんな感じ。
そもそも副業関係なく、本業の方のアウトロックとか見るともう30分刻みで自分で詰め込んでしまうタイプなんで。
Speaker 2
打ち合わせとか?
Speaker 1
打ち合わせもあるし、その間にタスクを細分化して30分ずつ刻んで入れていく。
1時間とか1時間半取る時もありますけど、大体のことを30分刻みで入れていくんですけど。
そうすると、そのいちいちそこで考えてからやってたら時間がもったいないんで、
Speaker 2
そのタスクを入れる時に、このメモを見たら何のことだっけ、何をするんだっけっていうのを思い出せるメモを30分の予定のとこに入れて保存している。
偉いじゃん。それだからタスク入れる時にもうそれをあらかじめ書いてあげば、
その時パッと読めばもう分かるように自分への伝言をしてるわけですよね。
Speaker 1
そうなんですよ。共有のアウトロックを使って自分への伝言をしまってるっていう感じですね。
Speaker 2
それはさ、いつそれ入れてんのアウトロックに、じゃあそもそも。
Speaker 1
タスク生まれた時に適当に直近で空いてるとこに30分パンって入れるんですよ。
それが当日とかになってくると、こっちから今日先にやった方がいいなってことでパズルで組み替えて優先度高いやつからやっていくっていう。
だからとりあえずタスク化する時にもうそれを忘れないうちに入れてタスク化しちゃうっていう感じです。
Speaker 2
そうなんだ。じゃあこれぶっちゃけ今月中にやればいいなって月の初めに思っても直近で入れちゃうのそれ。
Speaker 1
でも明確に納期が決まってるやつは例えば今月中だったら3週目に着手するかって言って3週目の頭とかにポンって入れとくって感じですね。
Speaker 2
それすごい興味深い。集中の話じゃなくてタスク管理の話だよね。
Speaker 1
いちいち打線していっていいですね。
でもタスク管理をすると集中しやすくなるよっていうことだったんでいいんじゃないですか。
午前中の集中力
Speaker 2
そうそうそうそう。ゲートシングスダウンっていう考え方あるじゃないですか。GTDっていう昔ながらのライフハック的な界隈でよくある。
Speaker 1
聞いたことない。
Speaker 2
すべてやらなきゃいけないことをとにかく出すと。まず机の上に。
もちろんメモでもいいし、机の上っていうのは比喩なんだけど。書いてもいいしパソコンのメモ帳でもいいしアウトロックのスケジュールでもいいんだけど。
それで一旦それ出しちゃうと一回ね。
頭がとにかくすっきりするじゃないですか。あと心のモヤモヤもなくなるじゃないですか。
で出したものをじゃあいつやるかっていうことにさっきおっしゃったように組み替えをしていくみたいなやり方が本当に基本的な考え方で。
意外にそれって意識しないとできなかったりして。仕事しながら新しい仕事が生まれるじゃないですか。どんどん。
あれもやらなきゃこれもやらなきゃって。それをじゃあいちいち書いてるかっていうと、結構ね脳内に抑えたまま。
私ねあげないこととかあるんでタスクにね。
Speaker 1
あーそうですか。
Speaker 2
あとででいいやみたいな。
てかもうこれできたらいいやだから一旦ちょっと無視みたいなとかやったりとかしちゃうんだよね私はね。
Speaker 1
いやでもそれ多分、なんでそれができるのかというと覚えてられるからなんですよ。
僕なんでアウトロックの今のやり方やり始めたかというと、もう仕事がいっぱいいっぱいになった時にもうぬけ漏れしまくってですね。
全部忘れていくんだなと思って。だから生まれた時にタスク化するということを始めたわけなんですよ。
Speaker 2
でももうそれ習慣というかもう基本動作なってるんでしょう。
Speaker 1
なりましたね。
Speaker 2
素晴らしい。
Speaker 1
会議中とかにもアウトロックに入れますもんね。タスクでとりあえず。
Speaker 2
偉いね。
Speaker 1
ポストイットみたいなもんですね。
Speaker 2
アウトロックにさ、細かい話だけどアウトロックにタスクっていう機能があるじゃん。
トゥードゥだっけ。なんかあるよね。
Speaker 1
それでは入れないですね。
Speaker 2
あっちじゃないってことだよね。ほんとスケジュールに入れちゃうってことですね。
Speaker 1
スケジュールですね。スケジュールにしておかないと、例えば先の方にトゥードゥの状態で入ってると、またその時にこのトゥードゥって何分かかるんだっけ。
午前中の方がいいんだっけ。午後の方がいいんだっけ。人が絡むんだっけ。自分一人で完結するんだっけみたいなことを考えなきゃいけないじゃないですか。
Speaker 2
トゥードゥリスワートってこと?
Speaker 1
そうそう。一方スケジュールだと、スケジュール入れるときに、これ1時間のタスクだから1時間集中してやりたいから午前中。
Speaker 2
人となんか話しながらでもできそうだから午後とか、そういうことをその場でも判断して、とりあえずそこに置いちゃうんですよ。
じゃああれですか。集中するのは午前中に寄せがちなの?
Speaker 1
割とはい、午前中に寄せますね。
Speaker 2
それはなんでですか。
Speaker 1
なんでしょうね。やっぱり昼ご飯食べた後はあんまり集中できない。
Speaker 2
なるほど。やっぱり午前中の方が集中する作業は向いてるって感じ?
Speaker 1
でもなんか物によるな。まず一人で完結するのか人が絡むのかっていう軸が一つと、
なんかその作業的なものなのか思考的な、集中して考える必要のあるものなのか。
で、4証言になってて、それがさらに重要なやつなのか、
まあでもそれはでもしっかり考えなきゃいけないか、作業なのかに近い気はするが、
なんか人と話すやつでも、重要なやつは午前中に入れる。
しっかり考えなきゃいけないやつは午前中に入れる嫌いがありますね。なんかわかんないけど。
ご自身が一番それがベストパフォーマンスってことだよね。
Speaker 2
でもなんでって言われたら答えられないな、今。
いやいや、そういう感じで思ってるからそうやってるんだろうね。なるほどね。
Speaker 1
でも1個理由があるとしたら、やっぱりその1日の終わりになっていけばなっていくほど疲れてくるんで脳が。
僕は結構その自分が疲れに敏感だっていう感覚があるんで、
できるだけその負荷が高い、脳に負荷が高いやつは午前中に入れたくなるっていう。
で、作業系は午後に回す。人の相談に乗るとか、コンサルするみたいなことも受け身でいいから。
それはもう、コーチングももちろんその集中力はいるんだけど、基本的に受け答えの相手起因、相手発のものなんで、全然夜でもいいみたいな、そんな考え方かもしれない。
Speaker 2
おー面白い。脳道的にやるものはやっぱり午前中ってことですね。
Speaker 1
そうかもですね。
Speaker 2
えー、そうかそうか。
Speaker 1
なんかあります?そういうの。
Speaker 2
ないですね、全然。ないっていうか、もっとちゃんとやれよって感じなんだよね。
今聞いてて、それ大事だなと思って。
だいたいね、締め切りに追われて力を発揮する、一番よろしくないタイプだから私。
締め切りはもう明確に意識してやるんだけど。
体調によって、やっぱり体調によって、今日はタフな作業でもできるなと思ったら、疲れててもやるみたいな感じで。
疲れてる日でもやるみたいなね。
Speaker 1
あー、そっかそっか。体調が良ければ、ちょっと過重労働だなと思ってもやり切るみたいなことですね。
Speaker 2
そう、あのね、ごめん、ちょっと違ったな。
頭を使わなくていい、すごい作業量のやつみたいなのあるじゃん。
Speaker 1
あー、はいはいはい。
集中力と体力の関係
Speaker 2
ああいうやつは大体体調の悪い日でもやっちゃうかな。
Speaker 1
うん、うん、そうですよね。
Speaker 2
やっぱり本当に絶好調の時もあるじゃん、体力とかが。
そういう時に、やっぱり質の高いものを出したいっていうような、アウトプットしたい時とか。
あと本当に、うーんって考えて、思考を働かせる、そういう哲学的な仕事の時は、やっぱり調子の良い時じゃないとできないね、なんかね。
Speaker 1
いやー、本当そうですよね。
だから、極論その、ずっと調子良い状態にお国はどうしたらいいのかみたいなことになってきますよね。
Speaker 2
なってきますね、結局ね。
Speaker 1
ねー、なんか経営者の方々とかみんなそうな意志決定が仕事だとしたら、結局ずっとそういう状態をキープしないとね。
Speaker 2
そうだよ、変な意志決定したら大変だもんね、なって。
Speaker 1
うーん。
Speaker 2
あの時調子悪かったからとか、眠かったからさーとか言って。
Speaker 1
本当そうですよね。
うん。
そうだよなー。
Speaker 2
ってことはやっぱり体力、集中力イコールやっぱ体力なんじゃないかね、やっぱりね。
Speaker 1
前のテーマにここで戻ってくるっていう。
集中力を高める方法
Speaker 2
戻りました、はい。
うーん、そうだよね。
いや、これもう本当我々自分たちでの戒めとしてね、体力つけろ体力つけろと。
うーん。
ちょっとでもいいから運動しようってこう言い聞かせてるわけですよ、集中したいから、できれば。
Speaker 1
まあ一方でその、ちょっとバーったり的というか逃げ的な発想ですけど、
うん。
体力がちょっとない時とかカツカツの時でも集中するそのやり方って何か持ってます?
Speaker 2
あーんとね、実行してるわけじゃないんだけどそんなに。
うん。
誰かと話すとやっぱりね、ちょっと集中力高まるかな。
Speaker 1
おー、いいですね。
Speaker 2
だるいなって思った時にずっと喋ってないとずっとだるいままなんですよ、やっぱり。
Speaker 1
あー。
Speaker 2
だからポッドキャスでもいいんだけど、わーって喋るとか自分一人でね。
か誰かとちょっとキャッチアップミーティングするとか。
なんかちょこっとそういうの入れると、やっぱりさっきの絵とじゃないけど血流がさ、巡るじゃない、やっぱり。
Speaker 1
うーん。
Speaker 2
なのでその後ちょっと調子が良くなったりするかな、集中力も高まったりするかな。
Speaker 1
なんか前、あやこ氏がとりあえずまず愚痴を誰かに吐いてからすっきりしたら何か望めるみたいなことを何かで言ってた気がするなー。
Speaker 2
あー。今ね、チャットGPTに吐き出したりするんだから。
効果的なタスク管理
Speaker 2
なるほど。文字で?
文字でうわーってこう打って、チャットGPT。
Speaker 1
えー、すごい。
Speaker 2
それは大変ですね、あやこPっていうのが最初に言ってくれるからさ、それで。
で、そういう場合はこういった考え方はどうでしょうか、みたいな感じでさ。
めっちゃいいよ。
Speaker 1
誰よりも親民になってくれる。
そうそう。
すごいな。家族でもそこまで親民になってくれないんですもんね。
Speaker 2
本当に、本当にね。うるさいとかね、今私は忙しいとか言われたりとかしてるね。
するじゃん、なんか。
Speaker 1
そうですね。
なんならもう聞いてるフリだけして、すぐ切り上げたりね。
Speaker 2
そう。全然聞いてないとかね、あるじゃん、人だとね。
そういうのもやっぱりこっちも申し訳ないからさ。
ほんとおすすめですよ。
Speaker 1
すげー。
Speaker 2
または、普通にチャットGPTじゃなくて、普通に紙に書き出すとかもね、やります。
Speaker 1
ジャーナリングっていうやつですね。
Speaker 2
ジャーナリングもするし、なんか普通にいきなりこうやっぱりパソコンに向かわずに、今からやることをぶわってこうタスクを手で書く、図を手で書くみたいなのを先にやって、
そうすると頭がまとまるから、アウトプットのプレゼン資料を作りますとか、何か資料を作りますっていうときも、その紙見ながらあと聖書するだけみたいなふうにすると、めちゃくちゃはかどったりする、なんか。
Speaker 1
いいですね、工程を分けるっていうやり方ですね。
Speaker 2
そうだね。パソコンばっかりポチポチやってるとね、ほんとね、これからやらなきゃいけない作業量の多さに圧倒されたりするから、
まずはなんか、まずはちょっと単純化しようとかね、作業を。まとまりをちょっと作って、頭整理しようとかね、そんなのやってるから。
Speaker 1
今聞いて似たようなことやってるなと思ったのは、さっきのアウトロックの話じゃないですけど、割と大きめのタスクだったときは、細切れにしてなんか3つぐらいの予定にしちゃって入れてると。
Speaker 2
はいはいはいはい。いいね。
Speaker 1
なんかこのセミナーを成功させるみたいな大きいそのプロジェクトがあったときに、まずセミナーの目的を確認するための時間、30分。
誰々の電話みたいなタスク。はいはい。
それで次に資料の叩き、コッシュを作るみたいなタスク。それでコッシュに基づいて資料作成1時間。
Speaker 2
で、その資料を誰々に確認してフィードバックもらうっていうタスクみたいな、そんな感じで分けてるかもしれないですね。
Speaker 1
それナイス、ナイスアイディアだと思いますね、すっごい。
なんか分けると集中できますよね。
Speaker 2
あとさ、着手が早くなるじゃん、分けると。
一回悩むとさ、手が動かないんだよね。
これどうするんだっけみたいなさ。
だけどそのタスク立てるときにもあらかじめ、コンディションの良いときに考えといて。
分解して、分解したものをプロットしとくと、あとはもうやるだけみたいなね。
やるだけにもならないけど、ちょっとスッキリしてできますよね。
Speaker 1
いやー本当に。
今本当に思ったのは、人間って複雑なことはできないんだなって改めて思いました。
Speaker 2
なんかさ、人の仕事術ってさ、意外に見れないじゃないですか。
Speaker 1
他の人の仕事術っていうのは、こういう日常の。
うん、話さないですよね、わざわざね。
Speaker 2
こういうタスク管理の話好きな人結構いて、たまにポッドキャストとかでもあるんだけど、
話す人に限ってさ、めっちゃこだわってるから、なんか真似できないんだよね、なんか。
なんとかというツールを使ってとかさ、もうそのツールを理解する時点でめんどくせえみたいな。
Speaker 1
なんかね、AI使うとかね。
Speaker 2
そう、なんか最近のSaaSのツールがすごい良くてとか、なんだそれはみたいなさ。
だけど、こう普通の人でもできるのって意外に知れ渡ってないかもしれないっていうか、
誰でもできちゃうっていうのがさ。
で、そんなにこだわらなくても、わりと普通のレベル感でできるのも一番いいよね。続くのが。
Speaker 1
うん、ほんとそうですね。すぐ取り入れられるっていうのがいいですよね。
Speaker 2
そう。だからね、人のスケジュール表とか人のアウトロックとかすごい見たい。
あ、それでさ、一個思ったんだけど、スケジュール表に入れるじゃないですか、ゆうすけ氏。
はい。
私の今一緒に働いているクライアントさんのスケジュールも、タスクがね、タスクおかけになっている方がすごいいて。
Speaker 1
はい。
Speaker 2
その人とさ、打ち合わせしたい時に、あのね、どこにも空いてるとこないじゃんって。
Speaker 1
わかるわー、めっちゃ言われるもん。
そうでしょ。
1ヶ月先とかまで待ってるって。
Speaker 2
すいません、打ち合わせ時間いつ空いてますかっていちいち言わなきゃいけないのが、こっちは結構ストレスなんだけど、
それってさ、そこらへんってなんか気遣ってたりしてるの、ゆうすけ氏は。
Speaker 1
はい、一応色分けしてて、色ついてないとこもいいですよって言うようにしてます。
Speaker 2
なるほど。だからタスクが入ってても、このタスクが色付けじゃなかったら、一応そこは打ち合わせもOKと。
Speaker 1
被せていいっていう風に聞かれたら言ってますけど、聞いてくる人の、いやでも聞いてくる人の方が少ないんで、
多分こいつは打ち合わせできないやつって思われてると思う。
Speaker 2
そうそう、そういう風にね、誤解される可能性もあるんだよね、なんかね。
Speaker 1
そうなんですよ、それでも上手い解決法がまだ見つかってないんだよな。
自分の手帳でやれよって言われたらそれまでなんですけど、それで2つにしちゃうと急にこう、ばらけてできなくなっちゃう。
Speaker 2
できなくなっちゃう。やめたほうがいい、それ。
Speaker 1
1つで管理しないと。
Speaker 2
そうですね。
でも色分けはいいと思う。で、なんかみんなにそれ言っとくといいのかも。
Speaker 1
そうですね、確かに確かに。言っとけばいいんだな。
Speaker 2
とはいえ、絶対にここは作業の時間に割り当てたいとか言うときもあるじゃん、なんか。
Speaker 1
ありますありますあります。
Speaker 2
結構私の同僚っていうか一緒に働いてる人は、ここは集中、会議NGとか結構入れてる、なんか。
うん。
だからそれは分かりやすくていいなって、潔いなと思う。
Speaker 1
集中か。でも本当に物理的にはもう、チョコレート食べるってことに尽きるんですけどね、個人的には。
Speaker 2
ちなみになんか、どんな銘柄のやつ食べてるんですか?
Speaker 1
もう別に、そこにはこだわりがない、あの妻が買ってきてくれたチョコレートを、あの、漁って食べて、え、食べたの?って怒られるっていう、その繰り返し。
Speaker 2
なんかさ、あの、ギャバとかあるじゃん、なんか、ほらよく。
あ、はい。
あの、ほら、なんか書いてんじゃん、集中、集中できるとか書いてないけど。
Speaker 1
はい。
Speaker 2
あの、ありますよね、カカオが高いみたいな成分が、カカオ成分が高くて。
Speaker 1
なんかね、昔、それこそ、ほんとに、ずーっとそのパソコン仕事をやる5年間の時に、もう、いや、ほんとにやめたほうがいいんですけど、
1日1箱とか食べてて、チョコレート、その時に箱買いしてたのが、あの、カカオ高価だったっけ?
Speaker 2
はいはいはい、カカオ高価ね。
Speaker 1
の、あの、オレンジピールが入ったやつがあったんですよ、当時。
Speaker 2
へー。
Speaker 1
あの、オレンジピールのカカオ高価が味も好きで、ドハマリしてたんですけど、
それをもう食べ続けたら、もうニキビとか、鼻血とか、止まらなくて、もう肌も荒れまくって、大変だったのでやめました。
集中力維持のための基本
Speaker 2
中学生みたいだね、なんかね。
え、カカオ高価って結構なんか箱の中にさ、入ってるよね、量。
Speaker 1
入ってる、割と。
Speaker 2
一個一個あれだよね、破るタイプのやつでしょ?
Speaker 1
そうそうそうそうそう。
いやー、健康だったなーの時、本当に、ろくな食事もせず。
Speaker 2
わかるよ、わかる。そういう時期あります、本当に。
いや、私も人のこと言えないな。
たけのこの里とか普通に、バック、バック食いするからね、一箱。
で、気持ち悪くなるんですよ、やっぱね、あの、食べ過ぎると。
でも、食べてる時は本当止まんなくて。
Speaker 1
あれ、食べることに集中してるじゃないですか。
仕事に集中性。
Speaker 2
チョコレートだから、カカオの含有率が高いやつは本当に集中にはいいんだよね、適量を摂ると。
Speaker 1
そうなんですけどね、結局食べ過ぎちゃうっていうのが、人間の逆ですよね。
Speaker 2
それって何?会社にいた時の話?会社で仕事してる時の話?
Speaker 1
そう、会社で仕事してる時。
Speaker 2
会社で食べるのがすごいね。
Speaker 1
こいついつもなんか、こいついつもなんか食べてるなって言われてましたもんね。
Speaker 2
結構さ、人の目があるとさ、食べたくてもちょっとさ、セーブできるじゃん、なんか人がいると、なんかなんとなく。
Speaker 1
私、人の目の効果がゼロに近いので、本当に。
いつもその会社のお姉さまから、ゆぐすけ、いつも何か食べてるわねって。
あげるよって言って、お菓子をまたもらうって。
あー。
Speaker 2
お菓子も。
Speaker 1
そういうタイプね。
Speaker 2
集まってくる、はい。
あーはい、いるよね、集まってくるタイプね。
Speaker 1
ついつい映像消したくなるんだよ、なんか。
Speaker 2
わかる。
だからお茶はいいよね、ゆうすけ氏の。お茶はカフェインが入ってなければさ、ね。
Speaker 1
本当に本当にカフェインもね、適量であればやっぱりカドレナリンと同じように集中させてくれるので。
うん、でもそれあるな。
午後にちょっと集中しなきゃいけない時は濃いめの紅茶を入れて、在宅の時はね、飲んだりしてますね。
Speaker 2
いやもうね、私たちがあんまり語るに値しないんじゃないですか、このテーマ。
Speaker 1
どうやって仕事に集中する。
Speaker 2
まあね、もちろん人並みに頑張ってるつもりだけど、やっぱりそんな完璧にはできないし。
Speaker 1
そうだね、本当に。
Speaker 2
やっぱこう緩急つけながら、やっぱサボる時には、サボるというか手を抜く、なんていうのかな。
全てにね、もうずっと全集中してると、ちょっとな。
Speaker 1
だからどうやって仕事に集中するかっていうと、タスク量を減らすっていう。
Speaker 2
それあるね、それありますよ。
Speaker 1
集中するものを決める、選択と集中っていうことを、選択の方が大事なのかもしれないね。
Speaker 2
いや、ほんとそうですもん。やらないことを決めるってやつですよね、要は。
Speaker 1
ねえ、よく言われるあれですけど。
Speaker 2
よく言われるあれですよ。
Speaker 1
その前提を結構飛ばして集中しようとしてしまいますよね。
Speaker 2
しまいますね。
Speaker 1
ああ、やば、やってるわ。
Speaker 2
なんか、ハッとかこうやってタスク上げるとさ、全部必要に見えるじゃん、でもやっぱり。
Speaker 1
てか、全部必要なんですよね、ある意味はね。
Speaker 2
ある意味ね。
Speaker 1
でもそれをこううまくその判断、取捨選択していくための基準がどう作れるかってことですよね。
Speaker 2
うん。あのね、ゆうすけ氏、ほんとにね、40過ぎるとさらに作業もこなせなくなってきたりするんですよ、なぜか。
なるほど。
なんか今のうちにその技を身につけた方がいいかも、その選択と集中みたいな。
Speaker 1
選択と集中っていうテーマはなんか深いな。
Speaker 2
ね、例えばさ、なんか作業をこれ必要そうだなと思ってやらなきゃなってタスクに上げる。
誰かとここ、この日までやるねって合意するけど、どうにかしてやらなくていい方法はないかって一回考えるみたいなね。
Speaker 1
ああ、ほんとにやらなきゃいけないのかとかね。
Speaker 2
誰か他の空いてる人にお願いできないかとか。
分散っていう意味で。
それをね、私あんまりやらなかったんだよな、今まで。
Speaker 1
自分で抱え込むタイプって言ってましたもんね。
Speaker 2
抱え込むタイプだね。
だってみんな忙しいでしょって思ってたから、私がお願いして私が楽になって、他の人が苦しむって、なんか違くないみたいな。
って思わない?なんか。
Speaker 1
まあ、そう思いますけど。
まあでもそうですね、一方でなんか、自分が苦手だなっていう認識のあるやつとかは、やっぱり自分がやるよりその得意な人がやってもらった方が相手的にもいいんじゃないのとか。
Speaker 2
都合よく解釈して言ったりしますけどね。
その時にさ、大抵、私ももちろん全部抱え込むわけじゃなくて、お願いしてることもあるんですけど、その時にこれできる余裕ありますかって言ってさ、
あーみたいな、辛い顔されるんだよ大体ね。
えーみたいな。
これもーみたいな顔するわけ必ず。
はい。
もうそれ見たくないんだよね、なんか。
そうですよねーみたいな。あなたも忙しいですよねーみたいな。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 2
いやーだからね、向いてないんだなー。何回も言うけど、マネージャーにね。
だからみんな暇で暇でしょうがないみたいな人がいっぱいいたらさ、全然いいんだけど。
とにかくみんなが忙しい状態のマネージャーってほんとつらい。
目的に合わない手段の選択
Speaker 1
えーだから振られる側の方が綾子氏の気質に合ってるのかしら。
Speaker 2
めっちゃ合ってるね。だから。
Speaker 1
うーん。なるほど。
Speaker 2
私なんかほんといい部下だと思いますよ。
Speaker 1
うーん。
Speaker 2
断らないから。
Speaker 1
優秀なプレイヤー。
Speaker 2
断らないって意味でね。
Speaker 1
うーん。断らないのすごいなー。
Speaker 2
ねー断ったら負けーみたいなさ、ほんとどこ以上昭和女ですから私。
Speaker 1
選択と集中の選択の背の字もないじゃないですか。
Speaker 2
ないない。はい。
Speaker 1
すごいなー。
Speaker 2
まあ昔の話だけどね。
Speaker 1
はい。
Speaker 2
だからそうね、みんなが気持ちよく仕事をお願いしお願いされるみたいなのって結構集中に大事だよね。
大事ですね。それぞれが集中するためにも。
その仕事の量もなるべく少なく済むように事前のそのさばきというか考え方とかをちゃんとやってからやるみたいなね。
Speaker 1
そうですね。なんかそこを考えると、なんか突き詰めると目的論になってくるような気が。
何のためにやるの?それを達成するためには最低限何がいるの?みたいな思考な気がしますよね。
する。
そこがクリアにどうできるのかみたいなね。
Speaker 2
よくさ、これは一体何の意味があってやるんですか?みたいな議論をしてるさ、チームとかよくいたなと思って。
だいたい殺伐としてんだよね、そういうチームってなんか。
Speaker 1
てかもうその声が上がってくる時点で遅いですよね。結構。
Speaker 2
遅い。遅いというかそのね、なんか何ていうのかな。
Speaker 1
開始前に。
Speaker 2
目的に合わない作業をそんなに振らないと思うんだよね、なんか。そもそも。
だけどもう絶対にお前の依頼は受けてやりたくないみたいなスタンスの人とか結構いるじゃん、なんか。
Speaker 1
あーなるほどね。
Speaker 2
どういうふうにその目的を達成できるからこれをやるのか、ちょっと教えてくださいよみたいな。
喧嘩越しでよくチームとかいて怖いなと思って。
Speaker 1
なんか目的ファーストじゃない人っていうことですよね。
Speaker 2
絶対にリターンがないとやらないみたいな。
Speaker 1
そうだしなんか俺の得意なことだけはやりたい、手段ファーストというか。
Speaker 2
そうそうそう。
もちろんそういう考え方絶対必要なんだけど、そればっかりも成功するかどうかわからないけどとりあえずやってみようってやつもあるじゃん、なんか。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
あそこら辺のさ、さじ影みたいなのがさ、みんな理解しながらやるのがやっぱりチームだなと思うんだけど。
Speaker 1
とりあえずやってみるっていうのも一つ目的ですからね、テストマーケティングみたいな。
集中を妨げる要因
Speaker 2
そうなの、そうなの。失敗をフィードバックにしてみたいなさ、あるじゃないですか。
Speaker 1
立派な目的ですよね、それってね。
Speaker 2
そうなの、そうなの。
でもね、ほんとそういう人いてさ、そういえばいたわ、怖かったー。
Speaker 1
めっちゃ思い出してるね。
Speaker 2
怖かったー。
Speaker 1
なんか今聞いてて、目的をより好みするっていう人がいるんだなということを感じましたね。
手段はより好みしてウェルカムだと思うんですけど、自分に合った手段とそうじゃない手段があるから、目的を選んだらまずいくねっていうのはちょっと思いましたね。
もちろん、みんなで合意した目的で自分の意思がそこに入ってる前提ですけどね。
その目的に共感できないんだったら参加しないほうがいいっていう。
Speaker 2
あとね、やっぱりそういう人ってだいたいね、言葉尻がね、きつい、ほんとに。
だからなんか、そうじゃなくて普通にフラットに話したらいいんだけどね。
昔の職場の愚痴になりましたが、すいません。
そういうのにいちいちやっぱりうってきて、それで集中できなくなり、ストレスでね、なんか。
Speaker 1
あー、でも、すごいなんかわかるかも。
目的に向かっていたはずなのに、そこからそれていたり、
なんかそれをこう、勝手にそれていく分にはいいんだけど、
阻害するようなスタンスとか発言を向けられると、
集中はそれは当然できなくなりますよね。
Speaker 2
できなくなる。ほんとに。
Speaker 1
いや、なんか気づきが。
どうやって仕事に集中するっていうテーマでしたけど、
何に集中するっていうことなのかなって、今。
自分が分かっていれば、どうやってっていうのは、自ずと見えてくるのかもしれないですね。
Speaker 2
そうだね。そこのすり合わせみたいなのって、やっぱ大事っちゃ大事だから。
Speaker 1
合わなかったとしても、それがね、自分の考えと。
Speaker 2
そこをひねり出すのって結構さ、上層部とかリーダーやってる人って頑張ってひねり出したりするから。
Speaker 1
それをね、変に否定したり、辛辣な言葉で疑問を掲げたりとかしても意味ないので。
自分の作業を軽くするとか、そのためにもこのすり合わせをちゃんとやるっていうのが結構いいかも。
その着手する前にってね。
Speaker 2
そうすると、納得した上で集中もできるかもしれない。
Speaker 1
そうだね。ほんとにそう。
それ別にチームの仕事だけじゃないなって聞いてて思いました。
自分で完結する仕事も、いろいろあってどうやってこれに集中しようって思ったら、
これ何に集中するんだっけとか、何のために集中するんだっけって思ったら、
なんか集中する的がちょっと見えてくるような感じがして。
Speaker 2
そうだね。いいかも。
なんかさ、自分の癖で、自分がこだわりたいところを変に集中しちゃったりとかする時ない?趣味みたいな。
むっちゃある。
あるでしょ。
むちゃくちゃありますね。
それで集中して、否定して、結構目的をちゃんと握って、がっつりグリップできてない時とかたまにない?
Speaker 1
自分のアウトプットで。
ガイド作ってる時とか、さっつなところに全集中して、やったぞって言って全然伝わらないみたいな。
Speaker 2
そうそう、あるよね。
あるある。
本当さ、脱力するだけだからさ、自分が。
自分のそういう変なこだわりの癖、いいんだけどね、楽しいから。
そこだけに体力使いすぎると、よろしくない?気をつけようって感じだね。
Speaker 1
ですね。
分かるわ。
Speaker 2
趣味だったらいいんだけどね。
そうですよね。
でも切り離せないもんな、好きでやってる仕事だとしたら。
そうだね。分かる。
そこやっぱメダ認知いるよね、たぶん。
Speaker 1
メダ認知ですね。
メダ認知の重要性
Speaker 2
俺楽しんじゃってるぞみたいなさ。
ここだけやってて、なんかこっち大阪なってるぞとかさ、なんか。
Speaker 1
このペースでこれ楽しんでたら2時になるぞ?
そうそう。
メダ認知。
じゃあ次はどうそのメダ認知をするのかみたいなことは。
Speaker 2
メダ認知行きますか、次。いいですね。
話せそうですね。
大事だよ、メダ認知本当大事だと思う。
Speaker 1
それが全てな気がする。
ただの客観視じゃないもんな。
じゃあ今日はね、こんなところで。
なんか面白かったですね、集中する。
Speaker 2
そうだね、作業集中の話からさ。
何に集中するかの話になんか移っていきましたね。
Speaker 1
集中の前提に選択をしなければならないとかね。
印象に残ったポイントありますか?
Speaker 2
いやもうちょっとね、なんか、もうちょっとちゃんと頭使ってやろうと思いました。
Speaker 1
仕事?
はい。
なるほど。
はい、ゆうすけ氏は。
タスク管理と目的意識
Speaker 1
私はなんか自分のタスク管理のことを言ったけど、
まだまだそのタスクをタスク化するときに、その目的意識みたいなことが漏れてる。
Speaker 2
ただの作業を入れてることも多そうだなって思ったので。
Speaker 1
もうちょっと目的もセットでタスク化するようになったら、
優先順位もつけやすくなるし、選択もしやすくなるし、
Speaker 2
誰かに触れるのかなとかも考えやすくなるかもなって思ったですね。
Speaker 1
ありがとうございます。
じゃあ今日のお相手はゆうすけと。
Speaker 2
はい、おぴーでございました。
Speaker 1
お疲れ様でございました。
お疲れ様でございます。
37:47

Comments

Scroll