1. 日常のおと
  2. 【ゲーム】家族で楽しむ!ゲー..
2024-06-07 09:14

【ゲーム】家族で楽しむ!ゲーム初心者が『スプラトゥーン3』にハマった理由|78

スプラトゥーンの魅力はファッション性

『スプラトゥーン』は平和的でチームプレイが楽しいゲームであり、ファッション性も高く、初心者でも楽しめる。

要点

  • ゲームを始めたきっかけ
  • 最初にプレイしたゲーム
  • 『ゼルダの伝説 Tears of the Kingdom』に驚く
  • 『スプラトゥーン3』の平和的な内容とファッション性に魅了される
  • チームプレイの楽しさと初心者でも楽しめる要素がある
  • 子供の頃の水鉄砲遊びの楽しさを再現

話題に上がったエピソード

 

感想やメッセージお待ちしています。
https://listen.style/p/note
お便りフォーム 
https://forms.gle/evFQe6L5CyWmxY4P7 

#日常のおと #声だより
#スプラトゥーン #ゲーム #エンタメ 

Summary

最近始めたゲーム、スプラトゥーンの魅力はファッション性や協力プレイの面です。武器やアイテムをおしゃれに着こなしながら、チームと協力して塗り合いバトルを楽しんでいます。

スプラトゥーンの魅力
日常のおと、今日、明日とかなり暑くなりそうな天気ですけれども
先日、「オカンの話なんて誰が聞くん?」のすぎべさんに日常のおとのエピソードを言及していただきました。
すぎべさんはゲームとの接点というのがあまりなかったそうなんですけれども
私のエピソードを聞いて初めてスプラトゥーンに興味を持ってそれがきっかけで長男さんとちょっとコミュニケーションが深まったという話をされていました。
実はね私もゲーム始めたのは最近なんですね。
2022年の夏なので2年ちょっと前ですかね。
その頃大学生になってた息子が自分でスイッチ、任天堂のスイッチというゲーム機を買ってそれがきっかけですかね。
それまではむしろゲームはあまり好きじゃない、どっちかというと否定的な方だったと思います。
そのゲームを買ってきて、一人でゲームをしている息子がちょっとつまらなそうに見えまして
ある時、「It Takes Two」という2人で協力プレイするゲームを息子が買ってきて
それで「一緒にやってくれ」と言われまして、乗り気じゃなかったんですけどね渋々やり始めました。
始めはねゲーム酔い、画面酔いがとてもひどくてかなり辛かったんですけれどもね。
やっていくと結構面白いんじゃないかなというふうにも思い始めました。
協力してパズル解いたり、敵を倒したり。
一旦そのIt Takes Twoをクリアした後はもうゲームしないつもりでいたんですけれども、今度は
ゼルダの伝説Tears of the Kingdomというのを買ったようで、また息子に
これ「グラすごいから見て」と言われてちょっと見てみましたら、本当にねグラフィックすごい
完成度というかねグラフィックだけじゃなくて音、効果音、音楽
どれもねすごい完成度が高くてねちょっとびっくりしましたね。最近のゲームってこんなすごいんやと思いましたね。
ただの3Dじゃなくて絵なんですけどすごい。
何ですかねちょっと説明難しいんですけれども、ちょっと触らせてもらったんですけどね。
オープンワールドって言うんですかね。もうこうしなければいけないという型にはまったものじゃなくてかなり自由度があって自由にどこ行ってもいいし何やってもいいっていう。
一応ストーリーはあるんですけれども、それも関係なく自由に動き回ったりできるという。
なかなかカルチャーショックでしたね。ゲームってこんな世界になってるんだという。
でそのゼルダをやっているとね息子がまたどんどん新しいゲームねやるんですね。
それがスプラトゥーン3というゲームで、スプラトゥーンねご存知ない方おられるかと思いますけれどもどんなゲームかというと
街中とか工場とかね空港とか公園とかいろんな場所ステージというんですけれどもその作られてて
その中で水鉄砲を持ってね走り回って打ち合いをするという。
そんななんて言うんでしょう平和なゲーム。平和なんでしょうかね。ちょっとわかりませんけれども。
殺し合うという感じじゃなくてね。打ち合いして水鉄砲でね打ち合いしてでそのキャラクターもね人間じゃなくてイカとタコなんですね。
とても平和的というか。一応ねあのやっつけることを斬るって言ったりするんですけれども死ぬわけじゃなくて
昔のね遊びみたいに鬼ごっことかの遊びみたいにね
打たれたら1回戻る1回スタート地点に戻るっていう。死ぬわけじゃないっていうね。なんかそれもいいなぁと思います。
そんなゲームなんですけれども私はねゼルダの方でちょっとまだ終わってなかったんで忙しくて
スプラトゥーンまではやらへんとねずっと言い続けてたんですけれども。 そしたらなんかね妻が息子と一緒にスプラトゥーンを始めてて
2人でね楽しそうに やってたんですね。
なんか息子よりハマってたぐらいの勢いでやってましたね。
実はね ゲームはね興味なかったんですけれども私
スプラトゥーンにはね以前から興味がありまして ゲームの内容とかじゃなくてそのオシャレな世界観
キャラクターとかポーズとかね衣装とか持ち物ステージ あと音楽すべてにおいてねこれがねオシャレなんですよ
とてもオシャレで とても気になってたんですね
でスプラトゥーン3ですか息子が買いまして まあまたねある日息子がね「ちょっとやってみる?」と
言うんですけれどもまあ私はゼルダがあるんでね やってなかったんですけれども
気づいたらねいつの間にかスプラトゥーンにも参加してました まあでもねいざやってみるとやっぱり全く
ダメで動けないし画面用意するし やられっぱなしだし
全然面白くないわーという感じだったんですけれどもそのやっぱりそのファッション性 には興味があって
できたらいいなぁとは思ってたんですけれども スプラトゥーンの良いところはですね
協力プレイと楽しみ
孤独にならないというところですかね 4人でチーム組んでね協力しながら戦います
なので自分が下手 初心者でね何もできない状態でもね他のメンバーは助けてくれたり
それぞれ役割があったりして
相手を打つ だけが勝負を決めるわけじゃなくて
勝負を決めるのは塗り合いなんですけどインクの塗り合いで
塗った面積が多い方が勝ちというゲームなんですけれども なので塗るのが早い上手いという
人であれば別に敵をね シュート打たなくても勝てるという
それぞれに役割があったりしてね初心者でも楽しめるというゲームでそこがいいのかなぁ というふうにも思っています
まああとはさっきも言いましたけれどもファッション性ですかね 武器によって帽子メガネ服ズボンとかね
無限と思えるぐらいいろんなパーツがあってそれをねおしゃれに着こなすという楽しみが ありますアイテムごとに
機能が違うのでその戦術を考えつつおしゃれするというね ちょっと
どうなんでしょう他にもそういうゲームがあるのかどうかわからないですけれども私は このスプラトゥーン3でそれを知りました
なのでねまあすぎべさんもファッション好きという話もね以前してたと思いますけれども そういう人にもねきっと楽しんでもらえるんじゃないかなぁと思います
子供の頃ね水鉄砲を持って 走り回っていた人いますかね
最近の人たちはそういうこともなかったかもしれませんけれども 私はそういうことを思い出しました
まああの頃ねとても楽しかったなぁと今ねそんなことやったらね まあ怒られたりねちょっと補導されたりしますけれど
スプラトゥーンはそんな昔の遊びの楽しさをかなり再現できているような気がします ちなみに...
それではまた
09:14

Comments

Scroll