1. 水道,電気,ガス,乃木坂46
  2. 【5期生】イワクラと吉住の番..

映画「乃木坂46」予告編


本日は乃木坂46の5期生を紹介する番組をご紹介します。


//////////今回の配信に関する各種リンク//////////


▼TVerの配信サイト▼

https://tver.jp/episodes/epeclockgg

▼テレ朝動画の配信サイト▼

https://douga.tv-asahi.co.jp/catchup/32424-32423/47561

▼イワクラと吉住の番組の公式Twitter▼

https://twitter.com/iwakurayosizumi

▼真空ジェシカのガクさんの公式Twitter▼

https://twitter.com/gakegakegake

▼鈴木新彩アナの公式Twitter▼

https://twitter.com/sarasasuzuki_ex


//////////乃木坂はアイドルだから電話中にハンマー投げががきないに関する各種リンク//////////


▼Youtubeはこちら▼

https://www.youtube.com/@nogizakaiitoko

▼各種Podcastなど全てのリンクはこちら▼

https://linktr.ee/nogizakaiitoko

▼おたよりはこちら(匿名でもOKです!)▼

https://forms.gle/pH3pkMncRgkZ21sV7

▼Twitterはこちら▼

https://twitter.com/NogizakaIitoko

ハッシュタグは「乃木坂ハンマー」でツイートお願いします!


//////////タグ//////////


#5期生

#イワクラ吉住

#イワクラと吉住の番組

#真空ジェシカ

#ガク

#鈴木新彩

#イワクラ

#吉住

#乃木坂

#乃木坂46

#Podcast

#ポッドキャスト

#乃木坂工事中

#乃木坂配信中

00:00
Speaker 1
さあ、今回も始まりました。【乃木坂はハンマー】。この番組は、乃木坂を応援して12年の僕、ゆめさきが批判ゼロ、割り口ゼロで、【乃木坂46】について語っていきます。
今回は、【イワクラと住吉】というトーク番組の【乃木坂会】をご紹介していこうと思います。
乃木坂を新しく好きになってもらったりとか、もっと好きになってもらうっていうためにすごくいい番組だと思いますので、今回ご紹介させていただこうと思いました。
瞬きせず、最後までお聴きください。CMの後すぐ本編が始まります。
Speaker 2
あの、さらばの森田さんですよね。僕、ラジオネーム変態侍です。
おー、変態侍?お前の送ってくるネタ、いつもおもろいよなぁ。
実は僕、放送作家目指してて。
あ、そうなんよ。そうやったら、いっぺんスタジオ来てみるか。
いいんですか?
単独ライブの手伝いも頼もう。
ありがとうございます。
変態侍、こんなやつなんや。イメージしてたんと違うなぁ。
Speaker 1
それ、ハガキ職人を装った詐欺かもしれません。
怪しい素人に、あなたの番組の作家のポジションが狙われているかも。
ストップ!ハガキ職人詐欺。
というわけでですね、今回は岩倉と住吉の番組っていうゆったりトーク番組があるんですけれども、
今回はですね、乃木坂46の5期生回というのをやっているので、それを紹介していこうと思います。
なので今回は、乃木坂を紹介する番組を紹介する番組になっています。
まあ17分間ぐらいでね、おしまいにしようかなと思います。
今回ネタバレはあるんですけど、この回の配信を見ていただきたいと思って収録をしているので、
ここは先に聞いちゃうとつまんないだろうなぁみたいなところは話さないようにしようと思います。
で、あとこの配信ですね、実はあと数日しか見れないので、
ぶっちゃけ僕の話はここで切っちゃってですね、
ティーバーなりテレ朝動画なりに行って見てもらうのが本当は一番いいんじゃないかなと思います。
はい、ただそれでも僕の番組を聞いてくれるっていう既得な方向けにですね、ちょっとお話をし始めたいんですけど、
この岩倉と住吉の番組っていう番組はですね、女性芸人の岩倉さんと住吉さんが毎回ゲストを呼んで、あるテーマを紹介してもらうっていう形になっています。
今回はその2人に加えて、コアな乃木坂ファンである真空ジェシカのガクさんと、
あとテレ朝アナウンサーの鈴木さらささんが出演されています。
この回がね、本当にいいんですよ。最初でも言ったと思うんですけど、
乃木坂46っていう映画があるとしたら、この番組はね、予告編っていうぐらい乃木坂のいいとこはギュッと詰まってるし、
乃木坂に興味を持ってもらえるような番組になっています。
03:03
Speaker 1
もちろんね、既に好きな方、僕の番組を聞いている方ほとんどそうだと思うんですけれども、そういう方も楽しめるっていう番組になっています。
番組が始まってですね、まずお話したいのはガクさんですよ。
ガクさんって本当に乃木坂ガチ勢なんですよね。
僕もともとガクさんがですね、乃木坂が好きだっていうのは知ってたんですよ。
なんで知ってたかっていうとですね、これこの番組では多分初出し情報だと思うんですけど、
僕久保しおりちゃんがやってる番組のですね、公開収録に行ったことがあるんですよ。
久保チャンネルっていう乃木動画の番組があるんですけど、僕運よくその抽選に当たって久保チャンネルの公開収録に参加してきたんですね。
で、たまたま僕が行った回ではM1の話をしていて、
真空ジェシカさんっていう方がM1で3年連続決勝を進出してるっていうすごい方なんですよみたいな話をしていて、
僕はへーと思いながら聞いてたわけなんですけど、その時に久保しおりちゃんが言ってて結構印象に残ってるのが、
そのガクさんっていうのはガチのファンだと。
で、今公開収録に来てるファンの方と同じぐらいの熱量を持って乃木坂を応援してくれるっていうふうな話をしていてですね。
まあ公開収録に来てるようなファンって相当熱量を持ったファンですよ。そうじゃなきゃね応募しないし、そもそも乃木堂が入ってないしね。
だから相当な熱量なんだけど、ガクさんはまあそういうレベルでやってますということで、
僕もなんとなくねガクさんがガチ勢なんだろうなっていうのはこの番組始まる前から知ってたんですよね。
まあでもそれは話に聞いてただけなんで、まあどうなんだろうっていう思いもありつつですね、
番組を見始めると開始して割とすぐですね、この人はマジでガチなんだろうなと思いました。
っていうのもその久保しおりちゃんのグッズを全身に身につけてるんですよね。
お紙面タオルも肩にかけてるし、あとなんていうんだろう、羽織るタイプのフード付きのタオルみたいのが売ってるんですけど、
それを羽織ってたりとかですね、まあいろいろ身につけてて、この人すごい人なんだろうなと思ったんですけど、
まあでも言ってそういうグッズって番組側で用意しちゃえば何とでもなるし、
野木坂のこと好きじゃなくたってね、ネットのオフィシャルショップで買うことができるんで、
それだけだとまだガチのファンかどうかってわかんないんですよね。
でも僕がなんでガクスさんがガチなんだなって思ったかっていうとですね、
その着こなし用ですね、肩にお紙面タオルをかけるとかっていうのは誰でもできるんですけど、
ガクさんはですね、腰のところにお紙面タオルをかけてぶら下げてるんですよね。
06:05
Speaker 1
ライブ行く方はすぐイメージつくと思うんですけれども、この腰の右か左か忘れましたけど、
横のところにタオルが引っかかっていて、この足に沿ってですね、くぼし折りっていうのが出るっていう、
そういうかけ方をするんですけど、こういうね、お紙面タオルの使い方する人たちって、
まあガチ勢なんですよね。まあ僕はやったことないんですけど、
そもそもライブ行ったことない方って、そういう使い方するって知らないじゃないですか。
ライブでね、やってる方もいらっしゃるんですけど、僕の体感、体感ですよ。
昔よりね、ちょっと減ってる気がするんですよね、やってる方って。
だからガクさんって多分昔から乃木坂を応援してる方だし、
あとね、若い方が多いんですよね、それやってる方って。
配学生ぐらいの方が多いイメージなんですけど、ガクさんの年でやってる方ってあんまり見なくてですね、
でもそれでもやるぐらい多分熱い人なんだなっていうふうに思いました。
で番組の頭で、あーもうガクさんガチの人なんだなって思ったわけなんですけど、
番組が進むにつれてですね、あーやばいこの人っていうふうに思ってたんですよ。
番組の後半ですね、ガクさんが岩倉さんを連れてですね、バースデーライブに行ったんですよ。
多分ね、デイツーだと思うんですけど、デイツーのライブに行ってですね。
でガクさんが、岩倉さんあんまり乃木坂のこと知らないんで、説明をしながらですね、
あのセンターは誰誰っていう子でとか、この曲はこういう曲でそれを5期生がやってるんだよとか言いながらですね、
見てたんですけど、そのライブが終わった後ですよ。
ガクさんのところに5期生が来て挨拶をするんですけど、ガクさんがですね、
うわ本物だって言いながら崩れ落ちるところがあってですね、
あの本物だっていうのを芸能人の方が使うのは初めて見ましたね。
本物だってあれは一般人が芸能人を見た時に使うやつじゃないですか。
それをね、バッチバチの芸能人のね、ガクさんが使うっていう。
あそこちょっと笑っちゃいますけど、でもガクさんというかその乃木坂のポジション的には、
ガクさんですらそうさせてしまうほどのこうカリスマ性じゃないですけど、
ポジションみたいのを確立してるんだなあっていう風に思いました。
この後がね、多分番組最大のパンチラインだと思うんですけど、
5期生が挨拶した後にですね、くぼしおりちゃんが出てくるんですよ。
そのガクさんの推しのね、くぼしおりちゃんが出てきて、
で、くぼしおりちゃんとガクさんがまあいろいろ話をするんですけど、
その中でガクさんが言ったのがですね、元気をいただいておりますっていう話をまあするんですよ。
09:04
Speaker 1
これファンの方はまあ思ったことある方結構いらっしゃるんじゃないですかね。
元気をもらってるとか、それが楽しみで生きてるとか、そういう方いらっしゃると思うんですけど、
この後ですよ、ガクさんのパンチライン。
人間が美しいというだけで涙を流した経験ってなくてって言って涙を浮かべてるんですよね。
これはさすがにファンの方も思ったことないし、言ったことないんじゃないですかね。
人間が美しいというだけで涙を流した経験がないって。
なんかこの言葉を聞いた時、ガクさんって本当にくぼしおりちゃんのことを好きなんだなっていうふうに思いました。
なんかこうテレビ受け入れしようと思っててとか、そういうので出てくる言葉じゃないじゃないですか。
これめっちゃ笑っちゃいましたけど、でもファンとしてはめちゃくちゃ共感しましたねこの言葉。
僕はこのセリフ言ったことないですけど、くぼしおりちゃんが目の前にいて、自分に向かって挨拶してきてくれて話してくれたら言うかもしれないですね。
いやーなんかこのシーンだけじゃなくて、ガクさんがなんか触れながらなんか言ってる時とか、
急に声が大きくなってる時とか、急に早口になったりとか、
そういうのを見てると、オタクってこうだよなーとか思っちゃうんですよね。
なんかすごい素敵な世界だなと思います。
ガクさんに関して言うとですね、この番組の中でも他にすごいエピソードがたくさん出てくるので、ぜひ番組で確認していただきたいなと思います。
その次ですね、ゲストもう一方、テレ朝アナウンサーの鈴木さらささんですけど、
鈴木さらささんも本当に昔から乃木坂が好きだし、今も好きなんだろうなっていうのがびんびん伝わってくるんですよね。
鈴木さらささんって、元々イコマリナちゃんが好きで、元々っていうか今もずっと好きなんですけど、
イコマリナちゃんっていうのはこういう考え方をしていて、これを見た時からもう自分の人生の指針にしてるんですみたいな話をしたりとかですね。
あと川崎さくらちゃんの紹介をする時に、川崎さんは本当に横顔が綺麗なんですって言って、
このEラインのところがどうのこうのって言って説明するんですけど、そこもすごい熱があるなぁと思いました。
川崎さくらちゃんのことね、みんな好きだと思うんですけど、その最初に出てくるところがEラインっていうことってあんまりないじゃないですか。
本当によく見てるんだなと思いますね。
次ですね、これは鈴木さらささんのパンチラインだと思うんですけど、11thのバースデーライブですね。
だから去年のバースデーライブの5期生ライブの中でですね、5期生が太陽ノックをやったんですよ。
12:07
Speaker 1
太陽ノックといえばですね、鈴木さらささんが崇拝するイコマリナちゃんのセンター曲なんですけど、
そのセンター曲をですね、富里直ちゃんが歌ったんですよセンターとして。
で、その時の発言に注目してほしいんですけど、そのイコマリナちゃんのセンター曲を富里直ちゃんが歌ってくださったって言ったんですよね。
歌ってくださったって作曲家が言うセリフじゃないですか。
なかなかこれファンでも言わないなと思って、多分イコマリナちゃんに対してもそうだし、富里直ちゃんに対してもそうだし、
どっちもねリスペクトしないと出てこない言葉なんじゃないかなと思います。
で、これ別にね番組であんま拾われてないんですけど、この歌ってくださったっていうくだり、僕割と好きなんで、そこ出てくるところはね注目して見ていただきたいなと思います。
で、あとすごいなと思ったのがですね、その富里直ちゃんの話をしている時に、あ、身長高いんですねみたいな話が出てきた時に、鈴木さらささんが、
あ、何センチなんですよみたいな話をしていて、そんなとっさに身長って出てきますかね。
僕もメンバーの身長何人かは覚えてるんですけど、
梅澤みなみちゃんとか山下みずきちゃんとか久保しおりちゃんとか薬帽みおちゃんとか、
まあでも言って両方の手で数えられるぐらいですね。
あんまりわかんないしそんなとっさには出てこないんで、鈴木さらささんもね相当詳しいんだなっていうふうに思いましたね。
ということでね、ここまででゲストお二方のパンチラインとか見どころみたいなところをお伝えしてきたんですけれども、
まあそれぞれね個人の良さだけじゃなくて番組自体もねものすごい良くて、そこの良さも次に語っていこうと思うんですけど、
まず1個目ご紹介したいのがですね、その知識とかデータにですね、あんまり寄ってないんですよ。
で、どういうことかっていうとですね、まあどうしてもこういう乃木坂とかあるグループとかを紹介する番組って、
加入何ヶ月で何が起きたとか、ライブで何万人入ったとか、何万ブレたとか、このデータがすごいよみたいなゴリ押しじゃないですか。
で、話してる方もなんか詳しければ詳しいほど面白いし偉いみたいな、そういう雰囲気の番組って多いと思うんですよ。
で、これは別に文句言うつもりはなくてしょうがないと思うんですよね。
短い時間の中でグッと視聴者をつかまないといけないんで、その時に数字として何万人ってバーンって出すっていうことはすごく効果的なんでしょうがないと思うんですけど、
15:11
Speaker 1
この番組はね、そうじゃないんですよね。この番組の雰囲気の良さっていうところだと思うんですけど、知識のね、押し売りみたいのがないんですよ。
だから知識を語る番組っていうよりは、語ったのがたまたま知識だったっていう感じなんですよ。
その語気性の良いところを話してたら、知識のこともあるし、自分の気持ちっていうこともあるし、思い出っていう時もあるし、
いろいろある中で別に無理してその知識のことを話してないっていうことでね、見ててすごいね気持ちいいんですよ。
だから楽しめるっていうところはね、大きいんじゃないかなと思います。
その次に良いところはですね、オズワルドさんのお二人の話ですね。
皆さんご存知の通りですね、オズワルドの伊藤さん、畑中さんといえばスター誕生で乃木坂の動き生と共演しているわけなんですけど、
その番組の中でですね、オズワルドのお二方にメンバー全員のそれぞれの良いところを紹介してもらうみたいな、ちょっとしたインタビューみたいなコーナーがあるんですよ。
そのね、内容を話しちゃうと面白くなくなっちゃうんで、ぜひ番組を見てもらいたいんですけど、
面白いなーと思ったのは、ファンの目線と結構違うんですよね。
ファン同士でメンバーのことを話すときって、誰々のここが好きなんだよねーみたいな話をすると、
うわーわかるわーとか、それめっちゃわかるーとか、大体そういうトークになるじゃないですか。
でもね、オズワルドのお二方は違うんですよね。
なんかここがすごいよくてーみたいな話をされると、あ、そこなんだって思っちゃうんですよね。
そのオズワルドさんのお二方が紹介している、そこがすごいっていうのは、
まあもちろんファンも知ってるし、別になんか隠れた出来事とかじゃないんですよ。
確かに、まあいいところではあるんだけど、それを番組で一番に紹介するんだーみたいな、そういう感覚があったんですよね。
まあこれね、聞いたというか、あの番組見た方それぞれによって違うと思うんですけど、
僕の個人的な感覚ですけど、半分以上のメンバーはそんな感じなんですよね。
だからファンもそのメンバーのことを知ったつもりではいたんだけど、
なんかそんなに大事なことだと気づいてなかったみたいなことが、オズワルドさんの話を聞けて、僕はここがすごい好きですね。
18:02
Speaker 1
なんか、あ、目から鱗だったとか、あ、そんなことあったんだ、全然知らなかったっていうのじゃないのに、
メンバーの良さをもう一度知れたみたいなところがあって、ここはね、他の番組ではなかなか見れないところなんじゃないかなと思います。
その次がですね、ファンじゃない方向けに作られているっていうことで、
あの名前をね、毎回表示してくれるんですよ。
で、そのメンバーのね、特徴とかも書いてくれるので、
例えば1回井上凪ちゃんが出てくるじゃないですか、でこの子が井上凪ですって出てきて、
まあ普通の番組だったらその後井上凪ちゃんが出てきたとしても別に何も出てこないんですけど、
出てくるたびにですね、下のとこに井上凪って出てくるわけですよ。
だからね、そうやってメンバーのことを覚えられるようになっていますし、
あれがね、あるのとないのと、じゃあ印象全然違うんじゃないかなと思います。
まあファンにとってはね、別に書かれなくたって、あの子が井上凪ちゃんっていうのは100%わかるし絶対に間違いないんですけど、
ファンじゃない方とか、ファンなんだけどちょっとね詳しくないよっていう方とかは、
あれ見るとね、覚えられる、それぞれのキャラクターがわかるのでめちゃくちゃいいと思いますね。
その次がですね、めちゃくちゃ丁寧にメンバーのことだったり、5期生とか、まあ乃木坂のことをですね、紹介してくれるんですよね。
例えば、ライブのここがいいんですみたいな話があるとですね、
ワンフレーズだけじゃなくて、サビ全体をね流したりとか、あとはね本当に長ければもうAメロBメロサビっていう感じで、
ほぼワンコーラス紹介してくれるんですよね。
MVも同じような話で、まあなかなかやっぱり番組って時間取れないんで、ここがいいんですみたいな話をしたときって、
そのいいんですって言った瞬間だけを静止画で紹介するみたいなことって多いと思うんですけど、
そこだけじゃなくてですね、その前の何フレーズかも含めてMVを紹介してくれるんで、すごいいいんですよね。
メンバーもね、同じような話なんですけど、こういうすごい経歴があるんですっていう話をすると、
その途中途中にですね、その時の映像を差し込むんですよ。
さすがにね、イチノセミクちゃんのザ・タイムは多曲だから映像ないんですけど、
それ以外のメンバーはですね、ちゃんと映像が差し込まれているので、
このメンバーがこういう経歴の子なんだとか、
池田テレサちゃんは芸大の子なんだとか、そういうのをですね丁寧に紹介してくれているので、
メンバーの特性とか個性とかも見れてね、すごいいいんじゃないかなと思います。
21:02
Speaker 1
で最後ですね、これも最初から最後まで全編を通して感じるんですけど、
メンバーへのね、リスペクトを感じられるんですよね。
あのメンバーのことを話す時も、誰々さんがとか、何々されていてとか、
さんづけをするし、敬語を使うんですよね。
たぶん普通の番組で乃木坂を扱う時って、誰々っていう子がいて、何々してみたいな感じで、
その語る方と乃木坂のメンバーがあんまりこう対等っていう感じで話すことってないと思うんですよね。
なんかこう年上の人が年下の子を語るみたいな、そういう位置づけが多いと思うんですけど、
なんかそういう上下関係とか距離感とかって感じると思うんですけど、
この番組はね、そういうのがなくて、僕はすごい番組のいいところだなっていうふうに思いました。
はい、ということでですね、今日はがくさん、鈴木さらささんというですね、紹介したお二方と、
あと番組のいとこをね、ご紹介してきました。
語ろうと思えばですね、もっともっと語れるんですけど、
早くこの音源をですね、世に出して、あともう3日ぐらいしかないんですよ。配信が見れる期間が。
なんでちょっと短めに切り上げてね、ここまでにしておきたいと思います。
というわけで今回は岩倉と住吉の番組というトーク番組について語ってきました。
続いて乃木坂ニュースのコーナーです。
Speaker 2
あの、さらばの森田さんですよね。僕、ラジオネーム変態侍です。
おお、変態侍?お前の送ってくるネタいつもおもろいよな。
実は僕、放送作家目指してて。
あ、そうなんよ。そうやったら一度スタジオ来てみるか?
いいんですか?
単独ライブの手伝いも頼むわ。
ありがとうございます。
変態侍、こんなやつなんよ。イメージしてたのと違うな。
Speaker 1
それ、葉書職人を装った詐欺かもしれません。
怪しい素人にあなたの番組の作家のポジションが狙われているかも。
ストップ!葉書職人詐欺。
まずはグループ関係のニュースいきましょう。
アンダー関連ですね、いくつかありますけど。
46分TVでですね、いろいろ発表されまして。
まずですね、シャドウ側っていうアンダー楽曲があるんですけれども。
アンダーセンターはですね、つついあやめちゃんがセンターを務めるということになりました。
おめでとうございます。
合わせてですね、MVももう公開されていて。
なんていうんだろうな。青春系というかエモい系ですね。
24:04
Speaker 1
なんか結構ストーリーがある系のお話なんですけれども。
つついあやめちゃんがね、カメラを持っていろんなクラスメイトなのかなっていうところを回るっていうストーリーになってます。
監督はですね、伊藤修斗監督で、乃木坂関連のですね映像の制作って相当たくさんやってきた方なんですけど。
意外にもですね、アンダー楽曲をやるのはですね、1曲目か、確かに2曲目って言ってたと思います。
なので今回のMVを見てね、面白いなーとかいいMVだなーって見た方は、伊藤修斗監督のね、他の作品も見ていただけると面白いんじゃないかなと思います。
たぶん乃木坂のクリエイティブっていう意味ではレジェンドの一人なんじゃないですかね。
それでもう一個アンダー関連で発表があってですね、アンダーライブ開催決定ということで。
6月7日からですね、3日間東京有明アリーナで開催されるという形になっています。
有明アリーナはですね、乃木坂としては初めて立つそうですね。
めっちゃ楽しみではあるんですけど、6月といえばですね、香港でのライブもあるので、どうなんですかね。
もう選抜とアンダーで完全に2つに分かれて活動する感じなんですかね。
もし両方出るメンバーがいるとするとね、ちょっと体調は不安ですけど、みんなね元気でやっててもらいたいなと思います。
次のグループ関連のお仕事はですね、TMネットワークのトリビュートアルバムにですね、乃木坂メンバーが参加するということになりました。
全員じゃなくてですね、6人とか多分そんなぐらいだったと思うんですけど、Be Togetherっていう曲に参加するということで、
具体的に誰がやるかっていうのはですね、ホームページ等を見ていただきたいなと思います。
僕ちょっとね、正直TMネットワークさんの世代ではないんで、あんまりこうすげーとかはわかんないんですけど、
でも逆に言うと今までですね、乃木坂の曲を聴かなかったような上の世代の方たちが聴くっていうことになると思いますので、
そういう方たちがね、ファンに乗ってもらうきっかけになったらいいなというふうに思います。
続いて個人に関するニュースをご紹介していきます。
ラビットのですね、曜日レギュラー、シーズンレギュラーにですね、菅原さつきちゃんが選ばれましたということで、
今回ですね、4月から6月期のラビットファミリーに呼ばれてるっていう感じになっていますね。
27:03
Speaker 1
乃木坂って結構シーズンレギュラー続いてましたけど、1回途絶えてね、そっからまた戻ってきてるので、
1回切れちゃったものをもう1回盛り返すっていうのはすごいと思いますね。
弓木直ちゃんの貢献が相当大きいんだと思うんですけど、それで乃木坂との縁が続いたっていうことで本当に良かったと思いますし、
菅原さつきちゃん合ってますよね、ラビットね。めちゃくちゃいいと思います。
菅原さつきちゃんあれですね、最近ここに来てですね、運営が割とプッシュしてるようなイメージがあります。
バラエティだったら菅原さつきちゃんに任すときは間違いないだろうみたいな感じは感じますね。
あとラストですね、秋元真夏ちゃんのニュースですけど、夜のブランチという番組にですね、レギュラーとして加入が決まりましたということで、
バラエティ番組なんですけど、乃木坂時代かな、かなんかで単発で出たことはあるんですよね。
それが今回レギュラーメンバーとして入ったっていうことなんで、その単発の出演がね、結構評価されたっていうことなんじゃないかなと思います。
この間ですね、1回目の放送があったんですけど、なんかネット見る限り結構評判良かったですね。
レギュラーっていうことなんでね、当面やると思いますので、この番組でも活躍してほしいなと思います。
秋元真夏ちゃんすごいいろんなところに出てますね、JAのお仕事なんかもやってますしね。
乃木坂卒業1周年ですかね、1年ぐらい経ったところでまだまだ勢いがあるもんなということで。
こういう秋元真夏ちゃんみたいなメンバーがいると、現役メンバーもやっぱり勇気づけられるというか、
乃木坂卒業してからも活躍の道ってあるんだなっていうふうに思えると思うんで、
まあ卒業してからも貢献してるって言えるんじゃないですかね。
はい、これからも応援していきたいなと思います。
以上、乃木坂ニュースのコーナーでした。
この後はですね、リスナーさんからのメッセージコーナーなんですけど、前回配信からですね、まだ時間が経ってないし、
まだアンケートの締め切りとかも来てないんで、また次回お伝えしようかなと思います。
はい、本日も最後まで聞いていただきましてありがとうございました。
乃木坂はハンマー、この番組は批判ゼロ、悪口ゼロの乃木坂46広報ラジオです。
この回がいいと思っていただけましたでしょうか。
いいと思っていただいた方は、お友達への紹介、番組登録、通知の応用、ぜひよろしくお願いします。
次回もお楽しみください。
Speaker 2
あの、さらばの森田さんですよね。
僕、ラジオネーム変態侍です。
30:01
Speaker 2
おお、変態侍?
お前の送ってくるネタ、いつもおもろいよな。
実は僕、放送作家目指してて。
あ、そうなんや。
そうやったら、いっぺんスタジオ来てみるか。
いいんですか?
単独ライブの手伝いも頼もう。
ありがとうございます。
変態侍、こんなやつなんや。
イメージしてたのと違うな。
Speaker 1
それ、葉書職人を装った詐欺かもしれません。
怪しい素人に、あなたの番組の作家のポジションが狙われているかも。
ストップ!葉書職人詐欺。
30:37

Comments

Scroll