1. 個人ラジオ『No-MAD』
  2. 個人ラジオ『No-MAD(ノマド)..
2023-10-09 1:01:00

個人ラジオ『No-MAD(ノマド)』2023/10/07公開収録

みなさん、こんにちは!

今回は東中野雑談さんのスタジオをお借りして、憧れの公開収録をしてきました

お客さんたちのざわざわ感も含めてお楽しみください!


皆様のスキマ時間にふらっと立ち寄る

個人ネットラジオ番組『No-MAD(のまど)』

Podcast,Youtubeをはじめとする各種媒体で配信中!


▼番組MC▼

柳楽芽生 @Yagira_Meeee

安倍野べこ @nomad_beco


▼SpecialThanks▼

東中野雑談さん @zatsudan_co_jp https://linktr.ee/zatsudan

劣化大残党@レツさん @retsu_zero2

現地/スペース/今聴いてくれているドットのみなさん


▼コーナースケジュール▼

CM

Opening

ふつおた・フリートーク

今週のピン留め 【10/7 盗難防止の日】

NextPerches 【お酒を飲みながら聴きたい曲】

ウソの狐とホントの狸 【FMラジオ】

ふつおた・フリートーク

GORI推し!PickUP 【いつでも始められる趣味】

OneDirection 【みなさんからのお悩みお答えします】

ふつおた・フリートーク

Ending


▼各種リンク▼

各媒体の配信情報などはTwitterでご確認ください↓↓

番組公式Twitter https://twitter.com/nomad_radioinfo

@NoMAD_radioinfo

感想をつぶやく時は、『#のまらじ』をつけてつぶやいてください!


他媒体へのアクセスはホームページから↓↓

番組公式ホームページ https://nomad-radiolinks.fensi.plus/a/blink


コーナーへのおたよりはメールアドレスまたはメールフォームまで↓↓

番組メールアドレス nomad.otegami@gmail.com

番組メールフォーム https://forms.gle/dLStz3vsZ2avqKmn9


#nomad #ラジオ #バラエティ #のまらじ #音楽紹介 #お悩み相談 #東中野雑談



【CM提供】

〇おいでよ!あるスタジオ(ポッドキャスト,YouTube)

https://lit.link/alstudio2022


〇三つ穴コンセント(ポッドキャスト)

https://linktr.ee/3pin_radio


〇華金トランジットラジオ(ポッドキャスト)

https://lit.link/triadfm

49

〇かずかめFM(Spoon,Youtube)

https://kzkm-fm.hp.peraichi.com


〇ミドらじ(ポッドキャスト)

https://midouradio.fensi.plus/a/blink/


〇ボンクラ映画館(ポッドキャスト)

https://lit.link/BonkuraTheater


〇特撮のスルメ(ポッドキャスト)

https://open.spotify.com/show/5jobr18IL4Tni4dRqgKhmp?si=1fb58e3f3c8b4199


〇JAM(ポッドキャスト)

coming soon...


---

Song: NIVIRO - Get My Love [NCS Release]

Music provided by NoCopyrightSounds

Free Download/Stream: http://ncs.io/GetMyLove

Watch: http://youtu.be/c4-3WTBZC4I

---

00:00
Speaker 2
フォローをお願いいたします。
ご視聴ありがとうございました。
Speaker 1
柳楽芽生です。
皆さんこんばんは、安倍野べこです。
個人ラジオ『No-MAD』公開生放送、スタートです。
Speaker 2
皆様のスキマ時間にふらっと立ち寄る番組、個人ラジオ『No-MAD』パーソナリティの柳楽芽生です。
Speaker 1
同じく安倍野べこです。
Speaker 2
よろしくお願いします。
わー、みんなが手を振ってる。わー、嬉しい。大体知ってる人。
やめなさい。
ということで、個人ラジオ『No-MAD』3周年を迎えて、さらにそこから1ヶ月経って、ようやっとこういう風な形で公開収録ということでやらせてもらいますよ。
結構ね、意外と上がってない。
Speaker 1
嘘?
Speaker 2
上がってないよ。え、上がってる?
Speaker 1
もう今、小刻みに震えてる。
Speaker 2
震えてる?そんなに?
Speaker 1
震えてる、震えてる。こじかのように震えてる。
Speaker 2
こじか?腰なのに?
例えが合ってないですね。
Speaker 1
うるさいな。
Speaker 2
今日もコーナー色々ありますので、野べ子さんの方からコーナー紹介お願いします。
Speaker 1
はい、今日も盛りだくさんでお送りいたしますよ。
Speaker 2
はい。
Speaker 1
4分頃と30分頃と49分頃、細かいですね。からふつおたフリートークでやっていきたいと思います。
Speaker 2
はい、今日は間々に挟みますよ。
Speaker 1
16分頃からテーマに沿ったおすすめ曲を紹介するネクストパーチェス。
今回のテーマはせっかくなんでね、お酒を飲みながら聞きたい曲となっております。
23分頃からバキキツネに騙されるナウソのキツネとホントのタヌキというクイズコーナーです。
03:01
Speaker 1
はい、35分頃からテーマに沿った私たちの推しを紹介するGORI推し!PickUP。
今回のテーマはいつでも始められる趣味ということで、せっかくなんか公開収録なんでもの見せながらできればななんて思ってます。
はい、42分頃から世の中のお悩みに勝手にお答えするOneDirection。
Speaker 2
はい。
はい、皆さんからね、お悩みを募りましたので、時間が許す限り答えていきたいと思いますよ。
Speaker 1
スキマコーナーの今週のピン止めは14分頃からです。
Speaker 2
あなたが一番緊張するコーナーね。
そう、やばい。
今日はアベノべこ一発で今週のピン止めやりますからね。
Speaker 1
いつも何回撮り直してると思ってるんだろうね。
Speaker 2
15回ぐらい。
Speaker 1
はい。
Speaker 2
はい。
ということで、なんかあれだね、いつもスタジオで撮ってるとはいえさ、今日はスタジオが違うじゃない。
違う。
マイクも違うし。
そう。
今日いつも二人で撮ってるけど、今日ちょっとアシスタントの方も来てくださってますんでね。
ガチャアシスタント。
ちょっと雰囲気が違いますけども。
Speaker 1
そう、しかもさ、こっちからさ視点を感じるんだよ、すごい。
Speaker 2
うん、すごい見られている。
すごい見られている。
緊張はしないけど、まあはい。
はいはい。
ということで、いつも通りメールはですね、言っておきましょうかね。
何かメールを送りいただく場合はメールはですね、No-MAD.otegami.otegami.comですね。
はい。
No-MADお手紙のスペルはNo-MAD.otegamiです。
はい。
もう一回いきましょう。No-MAD.otegamiでございます。
うん。
あなたですよ。
Speaker 1
そうだったわ。
えー。
あのー、今回ね、やめなさいよ後ろでいろいろ言うの。
あのー、感想ツイート、ツイートって言っちゃいけないのか最近。
ポスト。
ポストを呟く場合はですね、ハッシュタグいつもだったらノマラ字なんですけど、今回公開収録ということで後ろに広録と、公開の広に収録のロックで広録とつけて呟いてください。
Speaker 2
はい、ハッシュタグノマラ字広録でお願いします。
Speaker 1
お願いします。
Speaker 2
ということで、まあ緊張の瞬間ですけどまあ、いきましょうか。とりあえず。
やってみましょう。
Speaker 1
やらないと始まらないから。
Speaker 2
はい、ということで。
はい。
本日も最後まで。
よろしくお願いします。
皆さまこんにちは。柳楽芽生と申します。
Speaker 1
ベノべこです。
Speaker 2
皆さまのスキマ時間にフラッと立ち寄る番組No-MADでございます。
雑談やら、音楽紹介やら、ゲームやら、マミ知識やら、いろいろ詰め込んだバラエティ番組をポッドキャストやYouTube、ニコニコ動画、スプーン、stand.FMで毎週月曜朝に配信中です。
はい、コーナー名どうぞ。
Speaker 1
ゾーターフリートーク、ネクストパーチ、スポンシューのピン止め、GORI推し!PickUP、嘘の狐と本当の目的、LIMIT MAN、口速爆裂ガール、色眼鏡ダービー、世の中の隅っこ、OneDirection。
Speaker 2
コーナー色々ありますので是非とも聞いてください。
Speaker 1
聞いてください。
Speaker 3
No-MAD。
Speaker 2
改めまして、ちょっと緊張してきた柳楽芽生ですよ。
06:03
Speaker 1
改めまして、今も刻みに震えています。アベノべこです。
Speaker 2
いやー、ね。
Speaker 1
バイブレーション機能が搭載されたらしい。
Speaker 2
マジで、バイブレーション機能ちゃんと、マイク乗らないようにしてもらってね。多少ちょっと机から離れてもらってね。
はい、ということで、我々個人ラジオNo-MADでございます。
はい。
まあ、こういう風にね、今回は3周年ということで聞いてくださっている方はほとんどの方がご存知かと思うんですけども、
今、こうやって喋っている子誰なんだっていうところもあると思いますので、一応自己紹介を軽くしてみましょうか。
そうですね。
我々個人ラジオNo-MADはですね、2020年の9月から配信を開始している番組です。
ただ、ポッドキャストに来たのは2021年の1月?
Speaker 1
そうね。
Speaker 2
なので、ちょっとね、ポッドキャスト歴と配信歴がまた微妙に違うんですけど、
あ、2022年の1月か。
そうですね。
はい。
Speaker 1
1年ちょいかな。
Speaker 2
うん。なんですけども、
つい先月ですね、3周年を迎えまして、我々はちょっとね、FMラジオ調なものを頑張っていこうということで、
なんとか3年間続けてきたということで、自分たちへのご褒美として今回はこういう風にやらせてもらったところでございます。
私、今喋っているのが柳楽芽生でございます。
Speaker 1
はい。で、今喋っているのがアベノべこです。
Speaker 2
はい。ということでございますよ。
Speaker 1
そしてね、場所の説明をしてないんだよ、ずっと。
Speaker 2
はい。
Speaker 1
今回はね、公開収録ということで、ポッドキャスターの方だったら結構知ってる方が多いと思うので、改めてになりますが、
東中野にある雑談さんのスタジオをお借りして、こうやって公開収録させてもらってます。
はい。
そしてね、現地に来てくださった方にはスピーカーの方から聞こえるようにしてますが、来れない方もいるっては聞いていたので、スペースの方でも同時で配信しています。
何した?
カンダー、カンダー、いまーす。
ね、カカさんがね、すでにね、スペース参戦しますって言って、ハッシュタグもつけて呟いてもらってますよ。
Speaker 2
スペースの方のコメントでも記載いただきましたら、こちらの読み上げますので、どしどしそちらにもいただければなと。
会場にいる皆々様はですね、外の方に紙がありますので、そちらで書いていただいて、こちらに向けていただくと、誰かしらが拾うと思います。
はい、お願いします。
Speaker 1
気づかなかったら、めちゃめちゃアピールしてください。
Speaker 2
はい、という感じですね。
いやー、なんて言うんだろうね、なんかこう、やっぱね、こう喋ることいろいろ考えてきたんですよ。
こういうこと喋ろう、ああいうこと喋ろう、こういう風な感じで進めようなんていろいろ考えたんですけど、全部吹っ飛びましたね。
Speaker 1
やるね。
Speaker 2
やっぱこういうことなんだなって思いますけどね。
Speaker 1
でもさ、公開収録ってさ、見る側になることはあれどさ、喋る側になることなんてほぼないじゃん。
ないですね。
で、そっち側にいることはあるの。
こっち側にさ、入ってさ、さあ喋ってください。
そんなことある?
この間もちょうどね、3人で打ち合わせをした後に、公開収録を見に行こうって言って、見に行って、めっちゃ楽しいねって言って帰ったけど。
09:08
Speaker 2
でもあれ見れたのは結構でかかったと思いますね。
でかかったね。
わー、わー、外の人がすごい盛り上がって。
話がぶん倒される。
これ乗っかってたら終わらんぞ、これマジで。
そうだよ。
Speaker 1
そうだよ。
わかってる?
Speaker 2
進めなきゃいけないよ。
大丈夫か、大丈夫か。
大丈夫じゃないな。
はいはいはい。
ということでね。
うん。
まあでも、なんかね、一個夢だったっすね。
こういう、あのー、公録というか、皆さんの前でっていうのは、なかなかやれるあれないじゃないですか。
うん、ない。
まああるわけないんだけど、普段はね。
うん。
まあ結構こういう風な形で、一個ね。
皆様に対しての、例えば恩返しっていうのはもちろんあると思うんですけど、
私自身、我々自身のね、欲望のための公開生配信ということでもありますんでね。
そういう意味では、ちゃんと成功させていきたいなというふうに思いますけど。
あとオープニングでちょっと言いましたが、今日はですね、ふつおたフリートークが真ん中とケツにもあります。
Speaker 1
あります。
Speaker 2
はい、えっと間間に挟んでおりますので、えっとギリギリまでですね、皆さんからのお便りを紹介していきたいなというふうに思ってます。
Speaker 1
思ってます。
はいはい。
Speaker 2
今時点で来てるのもでも、紹介していきたいですが、今来てますか?なんか。
Speaker 1
今はですね、スペースにいるかかさんの方から、盛り上がりが伝わってきますねっていうコメントをいただいてます。
Speaker 2
盛り上がりが伝わってるそうですよ、皆さん。
Speaker 3
イェーイ。
Speaker 1
頑張って外は盛り上がってください。
Speaker 2
煽っても外の声が聞こえないっていうのかね。
Speaker 1
いやいや聞こえちゃう聞こえちゃう。
Speaker 2
開けちゃうかってね。
Speaker 1
そうそう。
やめて、大変なことになっちゃうから。
Speaker 2
はいはいはい、ということですね。
まあ中盤後半でもね、いろいろご紹介していきたいなというふうに思いますので、ここはまあフリートークがメインなのかな。
Speaker 1
でもさ、あの話しようよ。
Speaker 2
どの話ですか?
Speaker 1
リスナーさんのさ、呼び名をさ、
Speaker 2
はいはいはいはい。
Speaker 1
この公開収録の前に。
Speaker 2
一週前ぐらいにね。
Speaker 1
いろいろと3周年ってことで。
Speaker 2
企画はね。
外からですね、今カンペでイェーイと飛んできましたけども。
それをどうせ10年。
Speaker 1
進めるぞ。
はいはい、進みなさい。
そうそうそう、いろいろねやってきて、
ベースにもいるKUKAさんのほうから、
リスナーさんのことをノマダとその時は表記してもらって、
でもどう呼んでいいかなんて決めてなかったから、
はい。
コメントっていうか感想をね、もらって、
さあどうしよう。
そういえば決めてないね。
ノマダもいいけど、他もなんかあるんじゃないって言って、
4つ、4つじゃないね。
3つにプラスアルファその他で。
Speaker 2
遊牧民、ノマダ、ドド、その他。
Speaker 1
で、しました。
みなさん投票ありがとうございました。
Speaker 2
ありがとうございました。
Speaker 1
すごい接戦で。
12:01
Speaker 2
そうね、すごくばらけまして。
Speaker 1
その他も多い。
Speaker 2
そうそうそうそう。
ドットとその他が同票だったかな。
Speaker 1
結局最終ね、1週間ぐらいやらせてもらって、
結局ドットとその他で同票。
でもその他が分裂してたので、
ドットが1位?
Speaker 2
一応ドットが1位ということになりますかね。
うん。
Speaker 1
じゃあ。
いうことでいいですか?
よろしいですか?
Speaker 2
よろしいですか?
あのうちの番組のファンネームって言うんですか?
なんて言うんですか?
リスナーネームって言うんですか?
わかんないですけど。
イエーイ!ドット一同。
あ、もう浸透してるみたいなんで。
はい、じゃあドットということでお願いします。
Speaker 1
これからみんなのことまとめて呼ぶとき、天群って呼ぶね。
Speaker 2
やめてください。
Speaker 1
ドットの意味わかんない人たちもいっぱいいると思うんで、
さっきやったように、No-MADではお便りの説明をするとき、
メールアドレスの紹介をするときにね、
ドットが入ってるから2人で合わせて言うみたいなお決まりになってるわけですよ。
そうですね。
で、リスナーさんだったり、コラボで呼んだ配信者の皆さんだったりが
ドット言いたいとか、ドットやりたいみたいに言ってくれるの。
Speaker 2
みんな言うよね。
Speaker 1
そうそうそう。
でも耳に残ると思う、あれは。
うちらもやらないと気持ち悪いから。
だから、あれをそのまま名前にしてしまえばいいんじゃないっていう話になりまして、
みなさまのことをこれからドットさんと呼ばせていただきますので。
Speaker 2
ドットさんたちが今外にいっぱいいらっしゃるということでね。
Speaker 1
みなさまもぜひドットネームとか勝手に使ってください。
Speaker 2
飲んでますって書いてますか?
よかったよかった。
こちら書かれていただく場合は太めの文字にしていただけた方が読みやすいのでよろしくお願いします。
Speaker 1
東中野雑談さんでやってるということはみんな飲んでるんですよ。
私とヤギさんは、ヤギさん何飲んでるの?
水。
水?水もらったの?
Speaker 2
うん。お水をいただきましたよ。もう無くなりますからね。
Speaker 1
私はせっかくなのでピンクいレモネードを買ってもらって飲んでるんですよ。
Speaker 2
喉カラカラにしながら、口カラカラにしながらこの後も配信続けますよ。
Speaker 1
スペースのみなさんもぜひ飲みながら楽しんでくれればなと思います。
Speaker 2
はい、という感じでいきますかね。
よろしいですか?
いいんじゃないかな。
それでは以上、最初のふつおたふり読のコーナーでした。
でした。
No-MADをお聞きのみなさんこんにちは。あるスタジオのあるです。
けいです。僕らカメラマン2人が撮影スタジオ部隊に楽しい雑談をお送りするおいでよ!あるスタジオが
毎週月曜金曜にアップル、ポッドキャスト、スポティファイにて配信中です。
はい、突然お邪魔して大変恐縮ですが、僕らの方でも結構楽しい企画だったり配信してますので、
15:03
Speaker 2
ぜひ遊びに来ていただけたら嬉しいです。
はい、ぜひ遊びに来てください。
No-MAD。
Speaker 1
今週のピン留め。
毎週気になるトピックをご紹介する今週のピン留め。
ピン留め、今週というか今日ですね、10月7日は盗難防止の日です。
はい、まびき帽子を呼びかける警察官、違うこれはポスターですけど、
目が動くように見えるポスターとかが貼られたりして呼びかけがされていると思います。
盗難防止なんで選んだってエピソードがもいかんだからなんですけど、
盗難って聞いたらやっぱり出てくるのって自転車盗まれるっていうのがよくある話かなって思って、
一番不思議なのは日本ってなぜか盗難でチャリ全部盗まれることもあるけどサドルだけ持ってかれるじゃないですか。
で、うちの後輩ちゃんがサドル盗まれちゃったんですって。
エラーくムカついたんでしょうね。
わざわざ生命神社ってツヨツヨの神社まで行ってお札買ってきて新しいサドルの下にパーンって貼ってあるらしいんですよ。
皆さんもね、こんだけ治安のいいと言われる日本であっても盗まれるものは盗まれますので、
しっかりとロック二つするとかね、気をつけて行ってもらえればなと思いますよ。
はい。
Speaker 3
さっさとこのコロナ締めちゃいましょうかね。
Speaker 1
はい、ということで以上。
私の地元ではサドルが盗まれてブロッコリー刺さってた気がするけど、
そういうのって地元以外でもあったんですかねと思ったアベノべこが、
今日10月7日盗難防止の日をご紹介いたしました。
この後も楽しみください。
ねえギンさん、ゾーって10回言って。
Speaker 2
ゾーゾーゾーゾーゾーゾーゾーゾーゾーゾー。
ゾーゾーゾーゾーゾーゾーゾーゾーゾーゾーゾーゾーゾーゾーゾーゾーゾーゾーゾー。
では問題。
パンはパンでも食べられないパンって、
フライパーンだはしごとかーんだ。
ずっと何言ってるよ、30秒しかないのよこれ。
はい、こんな感じでFUJI、入院、トヨ丸の、男3人での
フリートークラジオをPodcastので配信させていただいております。
是非一度ご視聴してきてください。
アナタのお耳に三穴まーすと、
三穴コンセントでした。
Next Party。
Speaker 1
毎回テーマに沿ったおすすめ曲を紹介するNextPerchesです。
今回は雑談さんでやるということで、テーマをお酒を飲みながら聴きたい曲としております。
18:04
Speaker 1
毎回一人ずつ紹介なので、今回はヤギさんに紹介してもらおうと思いますよ。
Speaker 2
いろんな曲、どういう曲を紹介しようかなと思ったんですけど、今回はお酒を飲みながら聴きたい曲ということで。
お酒を飲みながらって言うけどさ、お酒って言っても広いじゃないですか。
私はワインとか好きだから、そういうワイン系だったらこういう曲かなとか、
たまに飲みながら聴きたいのはこういうのかなとか、あるんですけど。
ここ東中野雑談さんはクラフトビールのお店ということもありますので、ビール系で考えていきたいなと思いまして、
今回持ってきましたはですね、これ有名な曲なので皆さんご存知だと思うんですけども、
決め石の君にバンプという曲でございます。
この曲はですね、決め石といえば有名な桜って曲があると思うんですけど、
あの曲が入ってたアルバムと同じアルバムに入って、
結ノポリス4というアルバムに入っていたものになるんですけども、
大丈夫ですか、外がちょっと騒がしいですけど大丈夫ですかね。
Speaker 1
いつも通りだよ。
Speaker 2
いつも通りではない。
Speaker 1
ずっとこんな感じきっと。
Speaker 2
拾っといて。
新潟から来ました、手を振ってわー。
Speaker 1
話が進まないよ。
Speaker 2
という感じでございますけども、すごくディスコナンバーというか、
ダンスナンバーかな、だけどテンポ的には結構ゆっくりめ。
だからせかせかする曲聞いちゃうとさ、せかされてるみたいで嫌じゃん。
Speaker 1
一気にしなきゃいけないのかなみたいなね。
Speaker 2
かといってスローリーな曲かかってもさ、うーんってなるじゃないですか。
Speaker 1
ビールはチビチビ飲むものじゃないからなあんまり。
Speaker 2
ガッとはいくけどそんなハイペースにはいかないという感じで考えますと、
君にバンプぐらいがちょうどいいんじゃないかなという風に思います。
このアルバム結構いいアルバムで、他の曲も結構、
たとえばノーレディーノーライフとかルイテクとかそばにいてとか、
有名曲も結構多いんですよ。
結名詞のアルバムの中でもかなり人気度の高い方のアルバムじゃないかなという風に思いますけども、
私が中学生ぐらいの時ですかね、千葉から来ました。
じゃんけんして、じゃんけん。
あいこでしょ。
Speaker 1
あ、だめですね。ずっとあいこです。
やめちゃった。
Speaker 2
ということなんですけども、
本当だから私が音楽をよく聞くようになってからぐらいですかね、
結名詞一番ハマってて、
中学校時代はずっと結名詞漬けみたいな感じの、
ちょっと前にね、みどられさんとかと出させてもらったときに話したデフテックとかって話もあるんですけど、
その後ぐらいかな、結名詞をずっとひたすら、その当時は1から4でしたけども、
かがさんから飲みながらだと、
結面サンバね、いい曲です。
Speaker 1
結面サンバって何?松剣サンバの親戚みたいなやつ?
21:00
Speaker 2
松剣サンバより前にあったんじゃないかな、わかんないけど、
だいたい同じぐらいの時期だと思うよ。
おしゃれなんだけど、ちょっとしぼね玉入ってちょっと軽い感じの、
いい抜き具合の曲が結名詞は多くてですね、
テンポ感的にもかなり聞きやすい楽曲となっておりますので、
皆さんぜひぜひね、お酒を飲めておくとか聞いてみてはいかがでしょうかというところでございます。
べこさんなんか聴いてる曲とかある?酒飲みながらこの曲聴きたいな、
Speaker 1
酒飲みながらか、酒でも飲んでるシチュエーション、
Speaker 2
特にビールとか飲んでるシチュエーションって、私キャンプだから、キャンプソングなのよ。
Speaker 1
またキャンプの話になっちゃう、またキャンプの話になっちゃう。
なんでヤギさんが恐れているかって、私が前回キャンプの話を言うとしたからなんだけど、
その前もキャンプソングを2回もやるっていう。
3周年の締めのコーナーだって言ってるのに、ずっとキャンプの話してるから、びっくりしちゃったもん。
青春だったんだもん、あれが。
Speaker 2
日本酒とかも飲むじゃん。
Speaker 1
なんかね、お酒ってお店で喋りながら飲んでるイメージの方が強くて、
一人でしっぽり飲んでますみたいな、曲を聴きながら飲んでますっていう感覚がないのね。
だから、お酒を飲みながら聴くものって、懐かしさを求めに行って、
自分たちが中学校とか高校の時に流行ってた曲を聴くとか、
いろいろかかってるじゃん。
ああいうのはイメージに浮かぶんだけど、
Speaker 2
J-POPって感じ?
そうそう、これ聴きたいっていうのが、あんまり今ピンと最初来なかったのね。
Speaker 1
でも確かに、ヤギさんの紹介してたこの曲は聴いたの。
情景がこういうバーみたいな、ちょっとゆったりしてるけどワイワイもしてるみたいなところだったり、
バーベキュー、ちょっと涼しくなってきたバーベキューの雰囲気に近いかなって思って、
ああいいなって思った。
Speaker 2
そのイメージが湧いたから、なるほどなって思ったよ。
はい、ということでございます。
私もね、本当によく聴く曲でございますんで、
普通に推しの曲なんで、ぜひ皆さんも聴いていただけたらなというふうに思います。
ということで今回私からご紹介だったのは、
決め石の君にパンプでございました。
次回はまたお手の連絡ということでよろしいですかね。
Speaker 1
今回の曲とか、聴いて知ってるよとか、
この放送に対する感想については、Xの方でぜひポストしてください。
ポストする時は、ハッシュタグノマラジ、今回はコー6、公開のコーに6音の6つけて、
ぜひつぶやいてください。
Speaker 2
よろしいですかね。
いいんじゃないかな。
それでは以上、NEXT PARTISUでした。
Speaker 3
でした。
24:18
Speaker 2
アイフルだったんじゃないの?
どうする?
アイフル?
違うんですよ。
これYouTubeでやるような企画。
戻ってきて。
今日は、ハナトラがあなたのハートをロックする。
ピース。
Speaker 1
なんだ?
Speaker 2
嘘のキツネと、
Speaker 1
はい、世の中は嘘だらけということで、
ヤギさんが出す選択肢の中から嘘を見抜いて本当を当てるクイズコーナーとなっております。
Speaker 2
はい、ということでございまして、このクイズね。
普段だったら2問やってとかっていう感じでやってますけど、
今日は一発取り、一発勝負でいきましょう。
もうガチンコでいきますよ。
ただね、これ結構悩んだのよ。
1問しかやらないっていうのだけさっき決まってたじゃない。
だからその1問っていうのをすごい考えましたが、
これにいきましょうということで、
さっきアシスタントの方ともお話をしましたしですね、
これにしましょうということで決めました。
我々はですね、こういうふうにFMラジオっぽいことをやってるわけじゃないですか。
Speaker 1
そうだね。大好きだからね。
Speaker 2
大好きだから。
ということで、じゃあFMラジオについても詳しいよねっていうことでございます。
Speaker 1
わからんわからんわからん。
Speaker 2
FM局って今FM局だけじゃなくて、FMワイドと言われるAMの電波をFMに乗っけてなんていうのもあるわけですけども。
それでは問題です。
総務省調べによるFM及びFMワイドのラジオ局は全部合わせて100を超えますでしょうか?超えないでしょうか?
どっちでしょうか?
どっちでしょうか?
Speaker 1
みなさん聞こえました?今回アベノべこは答えられる気がしないので、
オディエスの皆様に全力で頼っていきたいと思います。
みなさん考えてくださいよ。
FMプラスFMワイドですね。
いいねじゃない。
トヨ丸さんいいねじゃないし。
FMワイドの総数が100を超えるか超えないか。100を超えると思う人。
Speaker 2
FMとFMワイドを足して100局を超えていると思う方、手を挙げてください。
27:07
Speaker 1
じゃあ一回下ろして。
一応確認しないとね人いっぱいいすぎてよくわかんないから。
FMとFMワイドが100を超えないと思う人。
少なくね?
でも自信満々に挙げてるのはどうするかな。
ちなみにスペースの人たちも今からラグがあるのはわかっているので、
FMプラスFMワイドが100を超える。
超えると思う人はどれにしようかな。
超えないと思う人がグッド。
超えると思う人がグッド。超えないと思う人がバット。
で、挙げてください。
カカオさん全力でグッドだな。
Speaker 2
でも上が多いんだな多分。
Speaker 1
そういうこと?
分からない。
Speaker 2
謎の模様を今提示されましたけどね。
Speaker 1
フリータイムになっちゃったからね。
シンキングタイムすぎてフリータイムだからね。
みんな色々送ってくれるんだけどね。
ちょっと謎のコメントっていうかが多くてね。
処理しきれなかったよ。
でも今スペースの方を見ててもグッドの方が多い。
Speaker 2
なるほど。
Speaker 1
ということは100を超えると。
みんな100を超えてると思ってる。
でもFMワイドも入ってきちゃうんだと結構な量あるよね。
だって47都道府県あるでしょ?
そうだね。
Speaker 2
ワイドもプラスでございますよ。
でしょ?2つ3つありそうで。
Speaker 1
微妙かでも。
さあどちらでしょうか。
Speaker 2
47って思うとちょっと微妙だな。
でも別にね。
1個の例えば東京FMとJWaveは東京に2つあるわけですから。
広域いいところは2つある。
Speaker 1
広域いいところは2つあったりするのか。
そうだよ。
そうねそうね。
でもJFNKとか47ってちゃんとネットしてくれる?
あ、違うわ。
ありはするんだ。
あ、違う。ないないない。
こういう風になかったもん。
Speaker 2
あるところとないところがありますね。
Speaker 1
でもこれは多分信じるべきなんだよ。
これで裏切ってはいけない気がするから今回の答えは100を超えるでいこう。
Speaker 2
超えるで。
Speaker 1
みんなの総意の下100を超える。
でいきましょう。
Speaker 2
はい。大丈夫ですか?100を超えるという判断でした。
じゃあ正解発表でいきましょうか。
正解は100を超えません!
Speaker 1
あれ?
オーリエンス?
オーリエンス?
いいでしょいいでしょ。
Speaker 2
調べたところによりますと、FMラジオ局が51、ワイドが47で計98です。
30:01
Speaker 1
県に2つはないんだ。
政勤すると2つはあるけど、3つまで行くところが少ない。
Speaker 2
あんまりないのと、都市部は集中するんだけど、地方の方、例えば中部地方とか関東も関西も入ってくるじゃん。
だからあそこらへん薄かったりとかしますね。
あそこ薄いの?
中部だったり中国だったり。
全国的にだいたいばらけてはいましたけど、残念ながら今回は失敗ということで。
Speaker 1
まあまあまあ。
私だけの責任じゃないし今日。
Speaker 2
なすりつけたなお前。
Speaker 1
みんなが教えてくれた結果、納得はしたけど、不安になりきれなかったよね。
2倍以上あるなってことに気づいたときにとどまれなかったから、これは私の責任でありますよ。
Speaker 2
あなたの責任です。
Speaker 1
ありがとうございました皆さん協力していただき。
Speaker 2
ということで残念。
Speaker 1
もしみんなが100超えるって言ってたからスタンプとか送れなかったよ、でも俺当たったぞっていう人是非ポストでつぶやいてください。
ハッシュタグノマラジェ広録をつけてつぶやいてください。
Speaker 2
はい、ということで。
Speaker 1
それでは以上嘘のキスネと本当のたぬきのコーナーでした。
Speaker 2
No-MADをお聞きの皆様こんにちは。
ミドラジを運営しておりますミド教授です。
ミドラジでは1日の中で一つだけ明るいニュースをお届けしたいコンセプトにSpotify、AppleMusic、stand.FM他にミックス配信しているライフログ系雑談番組であります。
エンタメ情報やラジオ番組についてぼっちがダラダラとお話ししています。
たまに毒も吐きます。
毎週土曜8時に更新しております。
ラジオ好きな方はぜひ遊びに来てください。
はい、ということで改めての二つ振り解くでございます。
改めましてアゲラメです。
Speaker 1
アゲラメのベッコです。
Speaker 2
ということで早速お便りをいただきましたんで、お便りというか直書きで現地にいただきましたんでね。
そちらをご紹介していきたいと思うんですが、その前に。
Speaker 1
あ、そうそうそうそう。始まる前にですね、ハリートさんの方から、現地に今日ハリートさん親子が来てくれてるんですけど、ハリートさんの方からお花をいただきまして。
Speaker 2
お花をいただきました皆さん。
Speaker 1
拍手、拍手、拍手。ありがとうございます。
そう、ハリートさん親子からお花をいただいて、こんな公開収録とは言ってもある意味オフ会のようなところに花までもらえるなんて思ってもなくて。
これのおかげでより緊張したとも言います。
33:01
Speaker 1
嬉しかったと同時にね。
Speaker 2
1個ね、1個上がったよね。
Speaker 1
なんかね、自分たちすごいこと始めることになっちゃったんだなって途中で気づいたんだよね。
Speaker 2
そうね。私もね、だんだんだんだん実感が湧いてきましたよ。
Speaker 1
そうそうそうそう。本当にありがとうございます。
Speaker 2
いろいろね、いろいろ今こっちに来てますからね。
Speaker 1
じゃあ先にスペースの方読んでもいい?
どうぞどうぞ。
先ほどからスペースの方にもいただいてまして、
はい。
ひみのいとまのこうじさん、3周年おめでとうございますといただいてます。
Speaker 2
ありがとうございます。
Speaker 1
ありがとうございます。
あと、かかさんの方からドット決定承知しましたと。
さっきの。
Speaker 2
ドットね。
Speaker 1
リスナーの呼び方ドットで決定だよって話したのでね。
いただきました。ぜひこれからは自分たちはドットと名乗ってください。
Speaker 2
はい。我々はドットだと。
はい。
カチューンのハイフみたいなもの見せながらね。
Speaker 1
そうそうそうそう。
あとね、おのまとのビーメンヒラタさんですね。
当たりました。さっきね、現地でね。
Speaker 2
現地でね。
Speaker 1
一人高々とね、100を。
Speaker 2
みんなが100を超えると言っていた中で、一人だけがもう、俺は超えないと思うんだと。
Speaker 1
強く人をされてましたからね。
Speaker 2
カチューンたちを信じれればよかったね。
Speaker 1
はい。残念でした。
Speaker 2
あとね、今ね、FUJI山からお花素敵すぎる。
Speaker 1
本当に。
Speaker 2
もらってます。
Speaker 1
イエーイ。
Speaker 2
外からもらったやつ読んで。
その外からね、すごいウェーイで盛り上がってますけど、外からもね、いただいてますからそちらも読んでいきましょう。
お願いします。
えーと、ぼんくらい画館のザトイさんとおのまとのヒラタさんからです。
Speaker 1
3周年おめでとうございます。聖地での収録はどうですか?と来てますね。
Speaker 2
いやもう、楽しいよ。
Speaker 1
スーパー楽しいですね。
スーパー楽しいけど。
Speaker 2
めちゃくちゃ楽しい。
スーパー。
Speaker 1
定期的にやりたいくらい楽しい。
でもね、すごいまだ緊張してる。
Speaker 2
うんうんうん。
いや、緊張してるけど、でも。
テンションはバカがいいだよ。
緊張より、緊張よりやっぱね、面白いのが勝ってますね。
うん。
あー、よかったと思って。
Speaker 1
ね。もう30分過ぎてるのが怖い。
Speaker 2
そうね、もうあっという間だなと思ってますけどもね。
ね。
はい、という感じで、えっと、次行きましょうかね。
はいよ。
はい、次ですね。えっと、ローテナントラジオの笹野ピーノさんからです。
3周年おめでとうございます。
はい。
継続のコツは何ですか?1時間ピッタリ収めるコツとか知りたいということでございますけども。
えー、1時間に収めるコツは、気合と根性ですね。
はい。
あ、終わらないと思ったら、あの、勇気を持って切ってください。
もうもう話は終わりだ、ここで。
という風に切ってもらうと、終わるんじゃないでしょうか。
ちなみに今ですね、多分5分くらい押してるんじゃないかな。
え、うそ?
はい、ということでございますけども。
はい、えっと、ということで、あとね、オノマトの平田さんからね、おめって来てますね。
Speaker 1
あざ。
あざ。
Speaker 2
っていう感じでございまして、そう、なんかね、時間がね、多分ずれてるんですね、これね。
はい、ということでございまして。
Speaker 1
今ね、一応ね、カンペ作ったんだよ、うちら。
うん。
ずれてるって言われた。
Speaker 2
うん、まあ、いいでしょう、いいでしょう。
Speaker 1
大丈夫だよ。
Speaker 2
ということで、まあ、とりあえずここら辺で一旦しましょうかね。
36:01
Speaker 2
うん。
よろしいですか?
Speaker 1
うん。
Speaker 2
えー、じゃあ、ここまで、えー、以上、えー、ふとうたフリートーク2回目でした。
Speaker 1
でしたー。
Speaker 2
2020年に起こったスプーン革命、これ何だったっけなー。
1997年が京都議定書だから、
あ、カズカメFMだ。
本格ラジオ番組、カズカメFM。
GORI推し!PickUP。
はい、毎回テーマに合わせてご了承、ご了承、紹介するGORI推し!PickUPでございます。
まきまきでいきましょう。
はい。
めこさん、今回ご紹介ですね。
はい。
今回ご紹介何ですか?
Speaker 1
えーと、すぐにでも始、間違えそう。
いつでも始められる趣味ということでね。
はい。
なんで持ってきたかって、現地にいる人わかると思うんですけど、
今、皆さんに回してもらってるスキッチブックの一番表紙のところに、
ハンコが二つ押してあると思うんです。
はい。
あの、それね。
そうそうそう、それね。
急いで私が掘ってきた消しゴムハンコです。
Speaker 2
今、会場にいる皆さん、入り口のカウンターのところに二つありますので、
チケットと共にぜひぜひ見ていってください。
チケット持ってっていいので大丈夫ですよ。
うん。
Speaker 1
勝手に押してもらって大丈夫ですよ。
そう。で、これがですね、私の小さな趣味なんですよ。
で、消しゴムハンコやってるとか、掘れる、掘れるっていうかね、掘るんだみたいな話をすると、
すごい器用だね、すごいね、みたいなこと言われるの。
でも、これって一番、なんだろう、やってる感のある趣味、造作系の趣味だけど、
うんうんうん。
あの、簡単なのね。
Speaker 2
うんうんうん。
Speaker 1
雑談のビールおいしいはわかりますよ。
そう。で、あの、なんだろう、なんで、あの、簡単かっていうと、
そもそも材料が手元にある消しゴムでいいわけよ。
うんうんうん。
最近あの、消しゴムハンコもうブームになって、
はい。
プレバトとかでもやってるからね。
うんうんうん。
テレビとかでもやるから、ブームになってるんだけど、
うん。
で、百均とか行っても消しゴムハンコ用の消しゴムがあるのね。
はいはいはい。
でも、あんなのなくても、普通のみんなが使うまとまるくんだったり、
うん。
そう、ものだったりで、
うん。
全然作れるの。
うんうんうん。
そう。で、カッターがあればオッケーで、
うんうん。
カッターは普通に売ってるじゃん。
はい。
それはね、細かいの彫ろうと思ったらデザインナイフがいいとか、
うん。
彫刻刀使ったほうがいいとかあるけど、
うん。
全然カッターでできるわけよ。
うんうんうん。
なんならカッターでやる人たちいる。
うんうんうん。
すごい綺麗なのに。
うんうんうん。
そう。っていう風で、簡単に手に入るのね。
うんうん。
で、スタンプのインクだって、
うん。
あのー、百均でも売ってるし、最近。
うん。
うん。
ほんとにすぐ手に入るもので始められて、
うんうんうん。
絵が描けなくても、絵をコピーしてきて、写してあげれば、いけるぐらいのやつなのよ。
Speaker 2
うんうんうん。
39:00
Speaker 1
そう。だから、ほんとにすぐできるの。すぐできるけど、いろんなところに押せるし、
はい。
あのー、市販で売ってるものじゃなくて、
うん。
自分が欲しいものが入れられる。
うん。
そう。名前はんこだってすぐできるし。
そうね。
そう。自分で集んでる分には、
うん。
判件に関しても、
うん。
まあ多少緩いところがあるから、
はい。
そうそう。自分用ってしてしまえば、自分で作れるし。
はい。
そう。っていうことで、あのー、絵が描けなくても楽しめる趣味。
Speaker 2
うん。確かにね。
Speaker 1
っていうことで、そうそうそうそう。
何だったらね、丸作るだけで、
うん。
あのー、スタンプ台いっぱい用意すれば、絵になるわけよ。
うんうん。
Speaker 2
芋はんはまた一番。
Speaker 1
芋はんは、えっと、腐っていっちゃうから。
あ、そうか。はいはいはい。
生物だから。
あれは子供と遊ぶときとかに、
うん。
やってみればいいけど、ちょっと固いのもあるのね。
うんうん。
岸ごまはんこめちゃめちゃ掘りやすいから、
はい。
私はもともと木版やってた人なので、
うんうんうん。
そう、それに比べたら、めっちゃ簡単。
うんうんうん。
さくさく刺さりすぎて、結構切り落とすけど、
うん。
でもめっちゃ簡単なので、
うんうん。
あのー、絵描けないんだよとか、
はいはいはい。
あと、教える、えっとね、教師とか、塾講とかやってる人、
Speaker 2
うんうんうん。
Speaker 1
自分のOKはんこ作れるから、
はい。
ぜひ試してみてほしいなと、
Speaker 2
なるほどね。
Speaker 1
思いますよ。
Speaker 2
はい。
うん。
Speaker 1
確かにね。
Speaker 3
うん。
Speaker 2
そうね、結構なんか自分でこうやってみる、やってみれるっていうのはね、
うんうんうん。
やっぱね、ものづくりもそうだけど、自分で作って自分でその成果が見れるとテンション上がるんで、
そうそうそうそう。
Speaker 1
うん。
出来上がった後、集中して作って出来上がった後のものが、
Speaker 2
うんうんうん。
Speaker 1
なんか形として出る。
うんうんうん。
で、めちゃめちゃ楽しいから、
はい。
あのー、30分くらいでね、1個掘れるんで全然。
はい。
うん、ちょうどいい集中の時間だと思うので、
うん。
遊んでみてほしいとか、やってみてほしいなって思いまーす。
Speaker 2
はい。
Speaker 1
はい。
もうかな?
Speaker 2
そんなもんですか?
Speaker 1
うん。
じゃないかな?
Speaker 2
はい。
Speaker 3
なに?
Speaker 2
沈黙?
Speaker 1
え?
あれ?
Speaker 2
時間負けかなと思って。
Speaker 1
うん。
ということで。
あ、そうね。
はい。
ということで、以上コリオシピックアップじゃなかった。
Speaker 2
ご紹介いただいたのは、
ごめんなさい。
Speaker 1
はい。
もうトンチンパっちゃったよ時間負けとか言うから。
ははははは。
ははははは。
どこ見てるか分かんなくなってんだよ。
はいはいはい。
はいはい。
ということでね、あの、紹介したのは、
いつでも始められる趣味ということで、
うん。
消しゴムハンコでした。
はい。
Speaker 2
うん。
Speaker 1
じゃあ、インツンのいくかな。
Speaker 2
よろしいですかね。
Speaker 1
次進もうかな。
Speaker 2
はい。
Speaker 1
はい。
ということで、以上コリオシピックアップでした。
Speaker 2
でした。
月曜日のオノマトペの平田順です。
おいでよ、あるスタジオのあるです。
個人ラジオの窓の矢嬌芽衣です。
3人が新たに挑戦するポッドキャスト番組、ジャム。
どんな番組でしょうか。
配信者3人が番組作りをする上で、
疑問に思ったことや気になったことを、
私たちなりの観点でお話ししています。
MCは毎回持ち回り、
それぞれ全く形と違う番組を配信する、
42:02
Speaker 2
私たち3人の進行の違いにも注目して聞いてみてください。
配信する上で疑問に感じたことがある人も、
編集の裏側が気になる人も、
お楽しみいただける内容になっております。
番組はスポティファイ、アップル、ポッドキャストをはじめ、
複数媒体で配信予定の不定期更新になります。
ご意見ご感想はXにてどしどしお送りください。
それではまた本編でお会いしましょう。
Speaker 3
バイバーイ。
Speaker 2
なんだと?
Speaker 3
OneDirection。
Speaker 1
世の中のお悩みに対して我々が勝手にお答えする
OneDirectionのコーナーです。
Speaker 2
今回はね、いろいろいただいてますから、
めこさんの方からご紹介をいただきたいんですが、
よろしいですか?
ちょっと待ってね。
Speaker 1
ちょっと待ちます。
はい。
今週ね、ツイッターの方、違う、Xの方で
させていただきましたのでね。
いつまで間違えるん?
間違えるでしょ、長年言ってきたの。
だからもらった順にね、紹介していきたいと思いますよ。
はい、1個目。
さわらぎさんから。
Speaker 2
はい、ありがとうございます。
Speaker 1
ありがとうございます。
年々胃腸が弱くなってきていて困っています。
揚げ物はもちろんのこと、ラーメン等の中華料理も
食後は芋たれを引き起こします。
さらには深酒をすると翌日お腹がゆるくなる始末です。
このままでは精進料理しか喉を通らないまんになって
しまうのではないかと危惧しています。
何か良い方法はないでしょうか?といただいてます。
Speaker 2
いやー、これねー、分かるよ。
すっごい分かる。
Speaker 1
芋たれするの?あんなに食べる人じゃん。
Speaker 2
私はね、死ぬほど食う人なので大丈夫だけど、
やっぱ、世代、私の同級生とかも
全然食べられなくなってきてる人もいる。
私は好きなカレーめが森を一人でペロッと食べてる人だから
別になんでもないですけど。
Speaker 1
え、深酒しても次の日やばいとかはない?
Speaker 2
あ、でもね、酔う。2日酔うするようになった。
あー。
あと胸焼けもするようになった。
けど、食えるは食える。
あのね、これね、気持ちの問題じゃないのよ。
Speaker 1
そう。
あ、じゃあ予備動作がやっぱ必要?
Speaker 2
うん。ただ、ま、強いて言うんだったら
常に食べてちょっとずつ慣らしていけばいいじゃないですか。
むしろ。
Speaker 1
そんなことできるかな。
Speaker 2
多分、こういうのは浴水して浴水して
たまに食べるってやると、慣れてないからびっくりしちゃうんで。
Speaker 1
なるほどね。
Speaker 2
どっちかっていうとちょっとずつ食べるようにしておいた方が
そう、体を慣らすっていうね。
結果不当るってことになりますけども。
Speaker 1
うっこん飲んだら酔わないって聞いたよ。
あー、そういうね。
Speaker 2
自分にこう、暗示をかけていくっていうのがね、重要ですね。
うんうん。
Speaker 1
そんな感じですかね。
はい。
ぜひ、あの、予備動作をしてください。
はい。
はい、次。
はい、かかさんからいただいてます。
ありがとうございます。
えー、さい、あ、こっちよりは。
ま、いいか。
えーと、最近暑かったり寒かったりで
毎日服のコーディネートに悩んでいます。
失敗しないコーディネート方法があれば教えてください。
Speaker 2
あー、汗をかいてもいいように、えーと、精神を鍛えるじゃないですかね。
45:02
Speaker 1
違う違う違う違う、コーディネートの話なんだよ。
Speaker 2
ファッションなんてね、ファッションなんてね、洋服のね、ちょっと暑い寒いは我慢なんですよ。
そうじゃん。
えー。
いや、ま、でも。
脱ぎ着できる服がね、この時期はね。
Speaker 1
一番じゃないって思うよね。
うん。
Speaker 2
もう昼夜の寒、ね、もう寒暖差がすごいですからね、最近はほんとに。
そう。
Speaker 1
で、ちょっと暑くなるとさ、結局まださ、建物内はクーラーがんがん効いてて寒いとかさ、
うんうんうん。
するから、あのー、ほんとに寒かった時はね、ちょい、あのー、薄手のレインメアみたいな、
はいはい。
シャカシャカのやつ、持ってると、ま、コーディネートがうまくいってるかわからん。
はいはい。
けど、あのー、絶対にやばくなった時に助けになるから持ってるべき。
Speaker 2
うんうんうん。
Speaker 1
その上で、やりたいコーディネート、んー、ま、でも今の時期だったら、
なんか、シャツにカーディガンとか、
うん。
が一番いい気がするけどね。
うん。
Speaker 2
そんな感じですかね。
Speaker 1
はい。
はい。
ほいじゃあ、解決ってことで次。
えー、ハリートさんからいただいてます。
ありがとうございます。
これ自分で読むんか。
えこさんのかわいいお声に憧れてます。明るくしゃべることを教えてください。
と、いただいてるんですか。
Speaker 2
あー、かわいいお声だそうですよ。
Speaker 1
かわいいの、ね。
うん。
のね、とか言うけど。
そう。
Speaker 2
明るくしゃべるコツの方ですか。
Speaker 1
あ、そうね、そうね。
はい。
明るくしゃべるコツ、えーと、完全に、完全にワントーン、えー、電話に出る時のように上げてます。
あー。
そうそうそう。上げてるし、上げてるし、
うん。
なんだったら、あの、それこそヤギさん時々しゃ、言ってたけど、
うん。
口先でしゃべってる。
うんうんうんうんうん。
かわいいの定義的には、重たい声はいらないから、
うんうん。
そうそうそうそう。
あと、ちょっと息は多めかも。
うんうんうん。
の方が、なんか不安とした感じかなって思って、べことしてしゃべるときはそれをやってる気がする。
Speaker 2
なるほどね。
Speaker 1
ね。
Speaker 2
ま、収、そうね、なんか収録は電話だってことですね。
Speaker 1
そうそう、え、だって、一回、ほんとに、うちらは収録始まるまでだべってるわけよ。
Speaker 2
はいはいはいはいはい。
Speaker 1
そう、だべってて、いつもの字声でちょっと低めの声でしゃべってたのに、
うん。
始めるよーの瞬間に、
うん。
あの、キッてあげて、
うんうんうん。
そう、電話出るかのように対応した覚えがある。
Speaker 2
そうね。
ね。
なんかね、こう、パッと一気にスイッチが切り替わるっていうか、
そうそう。
別になんか、オンオフ的なことでもないんだけど、勝手にね、切り替わるって感じですね。
Speaker 1
そう、なので、あの、かわいいお声を目指してる場合は、ちょっと電話口だと思ってずっとしゃべってください。
へー。
Speaker 3
ふふふふふ。
Speaker 1
大変だなー。
Speaker 2
そうですね、はい。
もう相手にこう、かわいく伝えようという意思がまず最初はね、大切ですね。
Speaker 1
はい。
そして次。
えー、肉じゃがを家庭料理にできないさん。
Speaker 2
はい、ありがとうございます。
いただきます。
Speaker 1
お風呂上がりのアイスがやめられません。
うん。
やめなきゃいけない気持ちはあるんです。
うん。
ただ、気づくとアイスを食べているのです。
うん。
かっここわい。
どうすればいいですか?
Speaker 2
やめなくていい。
Speaker 1
ははははは。
ははははは。
ははははは。
やめなきゃいけないと思ってるんだよ。
Speaker 2
あー、やっぱ太るのかな、それも。
うん。
Speaker 1
やめたいって気持ちがあるってことは、
体冷やしちゃいけないのかな、どっちかっていうと。
Speaker 2
うん。
Speaker 1
とか、悪いことっていう感覚があるんだよね。
うんうんうんうん。
まあ、確かに、あの、やめなくていい、これはご褒美だと思うことも大事かもしれんけども。
48:02
Speaker 1
うん。
はいはいはい。
なるほどね。
Speaker 2
途中で挫折しそうじゃない?
なるほどね。
アイスまでの道のりをものすごく厳しくしてあげると。
そうそうそうそう。
あー。
で、どんどんそこに、もうたどり着く前に諦めてしまうと。
そう。
Speaker 1
あー。
え、なんか、それのたどり着く前を筋トレとかにしちゃったら、
うん。
ご褒美にできるじゃん。
Speaker 2
なるほどね。
Speaker 1
そう、罪悪感も減るじゃん。
Speaker 2
でも、風呂入った後、筋トレしたくないけどね。汗かくやん。
Speaker 1
風呂入る前に筋トレするか。
Speaker 2
そうしたら結局、風呂上がってまたアイス食べるじゃないか。
Speaker 1
えー。
Speaker 2
変わらず。未解決。
Speaker 1
未解決?嘘じゃん。迷宮入りしちゃったよ。そんなことある?
解決、解決、解決、未解決ってそんなことないでしょ。
Speaker 2
まあ、あのー、例えばアイスの種類を変えてみるとかね。
あー、なるほどね。
あと重要なのはアイスを買わないってことです。
あー、確かにそう。
常備しないってことがね、一番重要ですからね。
Speaker 1
それは大事。
Speaker 2
うん。それで、風呂上がりにコンビニ行くよだったら、
それはもう本物なので認めてあげましょう。自分のアイス好きをね。
そうだね。良いと思う。
Speaker 1
はい、という感じじゃないですかね。
Speaker 2
うん、いいんじゃないかな。
Speaker 1
はい、よろしいですか?
Speaker 2
いいと思います。
はい、ということで、いいですかね。
それでは、以上、ONE DIRECTIONでした。
毎度、トライアドFM場所です。
皆さん、こんにちは。個人ラジオの窓、ヤギラです。
我々二人がお送りする、特撮特化のラジオ番組。
その名も、特撮のスルメ。
特撮に詳しい方も、そうでない方も、日常のおつまみとして、
ぜひ、ご賞味ください。
はい、三度、普通のフリートークでございます。
Speaker 1
うん。皆さんからね、いっぱいね、もらってるよ。
Speaker 2
お、どんどん紹介していきましょう。
Speaker 1
はい、えっと、三穴コンセントのフジさんから、
現地行きたかった。3周年おめでとうです、と。
Speaker 2
ありがとうございます。
Speaker 1
ありがとうございます。
Speaker 2
ね。
Speaker 1
来れない方々もいるかなと思って、
こっちでね、スペースやっといてよかったなって、本当に思いますよ。
Speaker 2
本当にね、なんか今回はね、えっと、もちろん現地もそうだし、スペースもそうだし、
あとこの後、ちゃんとこれがね、配信もされますので。
Speaker 1
そうそうそうそう。
知らなかった人たちも聞けるようにはしたいなと思ってます。
Speaker 2
朝の8時にさ、ラジオとしてさ、外に向かってウェーってやってんのどうなん?
Speaker 1
ちょっと早めにか、ちょっと遅くするか。
でもほら、三連休やから。
Speaker 2
確かに。
Speaker 1
そう、いいじゃんいいじゃん。
Speaker 2
確かになのかな、わかんないけど。
Speaker 1
はい。
そして次、えっと、こっちかな、こっち行こうかな。
えっと、メルボルンさんからいただいてます。
はい。
3周年おめでとうございます。
Speaker 2
ありがとうございます。
Speaker 1
消しゴムハンコかわいい。
うん。
ハリートさんのポストに写真が載ってましたということで、
51:00
Speaker 1
ハリートさんが載せてくれたんだ。
ありがとうございます。
ありがとうございます。
そう、あれはね、あの、絵から全部起こしました。
うん。
今回は。
素晴らしい。
頑張った。
そう、かわいい感じのべこちゃんとかっこいい感じのヤギさんにしたくって、
うん。
ついにはなってるんだけどなってないっていう。
Speaker 2
そうね。
Speaker 1
やつにしました。
ね、あの、これでできたので、
はい。
あの、リアルイベントのときは持って歩くんでしょう。
うん。
Speaker 2
なんかあったらあの、ハンコをえいって。
Speaker 1
そう、ハンコ食ったさいって言ったらハンコをします。
はい。
Speaker 2
はい。
なのでこの後のWeekエンドなり、
うんうんうん。
フリークスなり持ってくでしょう、きっと。
Speaker 1
きっと。
はい。
はい。
あと、かかさんからいろいろもらってるんだけど、さっきのワンリレーに関して。
うん。
そう、回答ありがとうございます。
おしゃれはガマンとカーディガンといただいてます。
Speaker 2
間違ってない。
Speaker 1
間違ってない。
Speaker 2
解決。
Speaker 1
きれいにまとめていただいて。
解決。
解決。
あと、来てるかな。
そう、スペースのほうもいっぱいいます。
あ、こうじさんから、
仕事中ですが聞いてますよ。配信も楽しみといただいてます。
Speaker 2
いやー、もうほんとこのまんまお届けしますからね。
Speaker 1
えー。
切らないです。
はい。
あの、さっき私がとっちいってたところも全部乗っかります。
Speaker 2
はい。
Speaker 1
全部乗っかりますよ。
Speaker 2
なんてことでしょう。
全部乗っかりますよ。
えー、もうノーカットでこのまんまあげますからね。
Speaker 1
お楽しみに。
はい。
Speaker 2
はい。
Speaker 1
そんな感じですか。
こんな感じかな、とりあえずは。
はい。
ちょっとハッシュタグのほうも調べるかな。
Speaker 2
うーん、いやでもね、これさ、もう意外とね、もう50分経ったんすよ。
Speaker 1
おー。
Speaker 2
えっ。
そう。
Speaker 1
まあ、そりゃそうなんだよ。
だってこれが終わったら、あともうエンディングですから。
そう。
ふつおたフリートークやってるということは、もう終わっちゃうのよ。
Speaker 2
なんかさ、いつもはやっぱふつおたフリートークって一番最初のコーナーだからさ、
こっから行くぞぐらいの気持ちあるんだけど、
Speaker 1
うんうん。
Speaker 2
これで終わりっていうね。
ね。
うん。
Speaker 1
そうそうそうそう。
これはこれでね、あのリアルタイムだからこそ、
こんだけコメントが来るからこそできると思ってる。
みんなの反応も見れるし、
そうね。
今ツイート見てるけど、
うん。
あのー、スペースへのコメント以外にも素敵な番組とか、
はい。
今の状況をね、あのー、ポストしてくれる人たちがいたりとか、
うん。
で、そう、みんなで楽しんでくれてる感が見れるからこそ、
うん。