1. BASEで月5万稼ぐ HAPPYネットショップ副業
  2. 052.【3ヶ月で半自動化。副業..
2022-10-27 12:26

052.【3ヶ月で半自動化。副業で100万貯める仕組みと貯金を作る】実証実験中

まず最初に、●●することから始めよう!

◆ご質問、ご感想はこちら
https://forms.gle/6LVsQp1dYdEx6sPXA

◆バーチャルオフィスNAWABARI
https://nawabari.net

◆参考書籍:『BASEで月5万稼ぐ HAPPYネットショップ副業』
https://amzn.to/3FvkDNm
00:04
NAWABARIプレゼンツ、BASEで月5万稼ぐ、HAPPYネットショップ副業!
こんにちは、声ラボの岡田です。
こんにちは、可能性を広げるネットショップアドバイザーのおじろです。
おじろさん、今回もよろしくお願いします。
よろしくお願いします。
おじろさんのTwitterをちょっと拝見させていただいたんですけど、
新しい取り組みを始められているようなんですけど、
これ何なのか、ちょっと今日聞きたいなと思って。
ありがとうございます。興味を持っていただいて。
そうですね、今新しい取り組みが、3ヶ月で半自動化、
副業で100万円貯める仕組みと貯金を作るっていう企画を始めました。
どういうことかっていうと、全く本当にゼロの状態で、
ノウハウもない、知識もない、あるのはスマホだけみたいな感じでも、
半自からじゃあ3ヶ月でちょっと仕組み化をして、
ちょっとお金も貯めて、そこの道をちょっと作りましょうっていう企画を、
私自身も全くちょっと小難しいことは一体頭の隅に置いて、
ちょっとゼロから取り組んでるっていうような企画です。
そうなんですね。じゃあこれ同じように真似すれば、
本当に今何もない、本当に始めたばっかりっていう人でも、
同じようにやっていけばいけるんじゃないかっていう、
そういった実験的な取り組みってことですか?
そうです。もちろん私は1回同じことを昔もして100万円作って、
そこから作った資金で1個新しい事業始めてるので、
やり方は分かるんですけど、
効率の上げ方はもうそこでマスターして分かるので、
だいたいそれと同じようなことをすれば、
同じ結果にはなるんじゃないかなっていう人が増えるといいなと思って始めた企画です。
だからそのあたりを再現性のあるような取り組みにしていってるっていうことですかね?
そうです。
なるほど。これじゃあどんどんこれやっていく人を増やしていきたいっていう思いもあるんですかね?
そうですね。増やして、このやつを増やしていきたい。
あとは、これを私は100日も毎日毎日続けるので、
100日続けたら、それを今ブログとかにも書いてるんですけど、
本にしたい。本にして出版社が嫌って言ったら誰かに漫画書いてもらって、
03:05
漫画にしたい。漫画にしたら面白そうじゃないですか。
全くゼロの何もない人が嫌しいとか言って、ちょっと頑張る漫画とか面白そうだなとか。
本当スマホだけでこうやってやっていくだけでお金が貯まっていったらすごいですよね。
そうなんですよ。それはあくまでゴールじゃなくて、この100万円貯まりました。
100万円貯まりました。
そこが100万円貯まったからゴールじゃなくて、それを資金にして何か新しい仕事というか、
事業を始める。そのための資金をまず稼ぎながら、やりながら、経験しながら、
お金と経験を一緒に貯めていこうっていう企画です。
そうなんですよね。できたお金を使うじゃなくて、そこからさらに自分の事業というか、
お金をさらに増やせるような取り組みにしていくためのステップなんですね。
ステップを踏んで、例えば起業したい人がいるとして、
全然ゼロ円からでも今起業できるけど、できますし、どっかでお金借りてきてもいいけど、
どうせ何か起業したくて何かをしようと思ってやってるんだったら、
経験とお金両方を貯めた方が、いろんなことがいざ事業をやったときのスタートが、
すごく早いというかスピーディーになると思うので、
そういう人たちを増やしたいという純粋な思いと、
あとは私も今いろんなことを取り組んでて、
まず海外市場を少し開拓していきたいんですよ。
やっぱり海外のことって全然、ちょっと昔やったことはありますけど、
ただ人に教えれるだけ。海外輸出ですね。農家もないし、
そこを自分は勉強したり経験を積んでいくためには、
お金も必要になるし、そのノウハウはやっぱりまた学んだら、
いろんな人に共有していきたいから、
まず自分が学ぶためのお金が欲しいですよ。
私はもう100万っていうものを自分の学ぶためのお金に設定して、
そこから海外にちょっと売って出ようかなみたいな。
全部ついでっていうか、自分のお金貯めたいんだったら、
これをノウハウ化しちゃっていいじゃんみたいな。
誰かが真似して、同じことをやって、それでちょっとでもお金になればいいし、
それをきっかけに自分の事業とかが何かができる人が増えると面白いなと思います。
06:05
本当そうですね。これを今、いつから始められたんですか、この取り組みは。
5日、今日は6日前です。
はい。なので、今その結果をリアルタイムにツイッターとか、
あとブログとかで発信されていらっしゃるっていうことですね。
そうです、はい。
ぜひぜひこれチェックしていただいて、見ていただいて、
ぜひぜひこれチェックしていただいて、
皆さんもどんな感じになって進んでいるのかというのを興味がある方もいらっしゃると思うので、
ぜひそこもチェックいただきたいんですが、
じゃあ今後はこれですかね、どんどんこういった形で情報も発信していくので、
皆さんにも知っていただければいいということですね。
そうですね。知ってもらって、知ってもらって、
同じことをやる人が出だしたら面白いなと思って。
そうなんですね。
はじめこれ取り組む、一番最初って何をすればいいんですか?
何もない状態で。
まず家に帰って、3時間ぐらいちょっとゆっくりして、
まず掃除をしましょう、一旦。
自分の周り。
そこから始めます。
お部屋の掃除からがまず始めるところなんですね。
これだったらあれですよね、特に資金もいらず。
何もいらないです。
3時間ぐらいちょっと集中して掃除した方がいいと思うんですけど、やるなら。
はい。
掃除をするときからもう始まってます、この計画は。
そうなんですか。これ掃除したら何が生まれてくるんですかね。
まず不要品が生まれてくると思うんですけど、
不要品、ただ単にこれいらないものって出すだけじゃなくって、
ここがポイントで箱3つ用意します。
3つですね、はい。
1つは不要品出てきたら、これはメルカリ用、ヤフオクで売れる用って、
あと本当にゴミっていう3つに分けていくっていうことから始めます。
これちょっとメルカリ用とヤフオク用って、
これ2つに分けるっていうのは何か意味はあるんですか。
はい。
これは私はもうスピーディーに効率を上げてお金を稼ぐってことをしたいので、
もう無駄なことは一切しないくって、っていうことは、
もう商品見て、いやこれはヤフオクで売れるなと思ったら、
ヤフオクに出しちゃう。
ヤフオクは売れなくてメルカリの人が好きそうだと思ったら、
そっちに出しちゃうっていう振り分けをしていきます。
そうすることで商品の単価が上がる。
売れる単価が上がるっていうことになります。
09:01
じゃあそれぞれの特徴があるっていうことですね。
メルカリで売りやすいもの、売れやすいもの。
そうです。
ヤフオクで売れやすいもの。
売れやすいもの。
これ一般の人はどういうふうに見分けると、何か基準とかありそうですか。
基準がね、すごいざっくりとした基準で言うと、目的がちょっと違ってて、
ヤフオクの人は、ヤフオクよく使う人は、お得感とレアさとレアさを求める。
そうなんですね。
ヤフオクの人は、お得感はお得感だけど、そのレアさというよりは、
一般的に流通しているものに対してちょっと安いとか。
それがメルカリ?
メルカリ。
日常的に使うもので、ちょっと安く手に入れたいなと思う人がメルカリにいて、
レア感を求める人がヤフオクのほう。
なんとなくそういう分類になるってことですね。
分類になって。
一昔前、私たちがちょっと作ってた、友達と作ってた講座があって、
それが女のメルカリ、男のヤフオクみたいな講座を作ってて、商品を女、男に分けるんですよ。
この商品は女性が好きとかじゃなくて、それを振り分けをして、
女商品はメルカリに出す、男商品はヤフオクに出す、みたいなノウハウを作ってたりとか。
なるほど。
そこがうまくパパッと分けられるようになってくると、単価が上がって売れていくようになるっていうことですね。
そうなんです。効率を上げられるので。
これはあくまで副業でまず100万貯めて仕組み作るので、本業を邪魔しちゃダメなんですよ。
だからそんなに時間をかけられないってことですね。
時間をかけずにお金を稼いで、更に仕組みを作るために。
時間かければ別にいろんなことはいくかもしれない。
効率か。
効率も重視しないといけないので。
そうですよね。だからまずこっち試してみて、ヤフオク試してみてダメだからメルカリにしようとかっていうような何度もやっていくと、それだけでも無駄になってくるんですね。
そうなんですよ。無駄な時間になっちゃうので、効率ですね。
重視するってことですね。
私そんなに効率オタクみたいな感じじゃないけど、ここだけは効率を重視していきます。
これすごく今後の展開興味あると思うので、ぜひこのポッドキャストの説明欄にもツイッターのURLとブログのURLも記載させていただきますので、ぜひ今どうなっているのかなというのをチェックしたいなという方はそこから見ていただけると状況がわかると思いますので、ぜひお願いします。
12:06
藤野さん今回もありがとうございました。
ありがとうございました。
この番組はバーチャルオフィスナーバリの提供でお送りいたしました。
12:26

Comments

Scroll