1. Zumba天国 / ながらcast
  2. ながらcast3/050 しまむらの「..
2023-08-26 17:09

ながらcast3/050 しまむらの「FIBER DRY スリッパ」は便利で愉快

昨年から我が家で愛用しているしまむらの「FIBER DRY スリッパ」。足の裏が触れる部分がハニカム状になっていて、夏でも気持ちよいのが嬉しい☺️さらに、個人的に気に入っているのが、甲ベルト部分のデザイン。正直センスはないんですが、ないなりに頑張っていて、それがそこはかとない面白みを(偶然)生み出すことがあります。今度しまむらに行ったら要チェックだぞ❗️【今年春のしまむらのプレスリリース(PR Times)】https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000090.000066095.html ()-オープニング()-足裏がサラッとして快適()-甲ベルトのデザインの面白味()-面白がれるのは多分オレだけ?()-誰のデザインなのか気になる🤭

Summary

しまむらの「FIBER DRY スリッパ」は便利で愉快です。特徴的なデザインも魅力的で、面白さが伝わります。今回のエピソードでは、「FIBER DRY スリッパ」のデザインと価格について話しています。履き心地も良く、面白みのあるデザインもありますので、商品の魅力が高まっています。

シマムラのスリッパの機能性
はい、sasayukiです。ながらcastを始めます。 この番組は、自分大好き、59歳の私、sasayukiの声のブログ、声の日記です。
通勤途中に歩きながら収録してますので、息がハーハー上がったり、周りの雑音、騒音、風切り音などが入ったりしますが、何卒ご容赦ください。
今日は変な天気。朝からざーっと降ったかと思えば止んで、今なんか日が差してきましたね。
これをね、キツネ雨とか、キツネ天気って呼ぶらしいですね。
キツネの嫁入りっていうね、日が差してるのに雨が降るっていうね。 人をばかすっていうことらしいんですけどね。そんな天気らしいです。
暑い。
相変わらず日が差で通勤しております。 さて今日はね、すげー小ネタで申し訳ないんだけど、
えーっとねー、 シマムラのスリッパの話をしようと思います。
えーっとね、今我が家で結構愛用して、去年ぐらいから、
徐々に勢力を伸ばしているのが、シマムラのスリッパでございます。
あのねー、結構これ、コスパが良いと思うんだけど、
特徴は、 足が触れる底の部分っていうのかな。
が、あのメッシュなんですよね。 まあ目の細かい網になってて、
一個一個はひし形みたいな感じかな。 マジマジと見てないんでわかんないんだけど。
そういう、あの、 メッシュなんだけど、その
網が、 えーっとねー、
5ミリはないな。 3ミリぐらい、その網の形が上にズルズルズルって立ち上がったって思ってください。
なので、 メッシュなんだけど、蜂の巣みたいな感じ。
あの空間が一個一個あるのよ。 なのでそこが、
クッションも兼ねているのね。それがまあ凹みながら、 って言いながら、あの、
足に触れる面積そのものは少ないのよ。 だからなんて言ったらいいのかな。割と
ベタベタせず、 極端な話さ、よく病院のスリッパみたいなさ、
あの底の部分が本当に平らでペターっとしてるとさ、 まあペタペタするじゃんね。肌と触れ合いすぎて。
ペタペタというか。 そういうのに比べると、
さっき言ったように、 蜂の巣みたいな感じで、
あの、ほぼ空間なのよ。 なので接触面積が少ない分、ちょっとこう、
サラッとするっていう、 履き心地の良さがあります。
さっき言ったように、そこがちょっとクッション的にも働いている。 そこだけじゃないけどね。
スリッパの底の部分全体だと思うんだけど、 そういうちょっとクッション性もあって、割とね、
夏、履いてて心地よい。 夏の定番って言うと逆にイグサっていうのかな?あの畳っぽいやつ。
ああいう感じも、昔よく履いてたんですけど、あれはあれで良いんですが、
ちょっと高いっていうのと、あとね、 なんかしばらく履いてるとやっぱりね、結構くたびれてきちゃうっていうのもあって、
ちょっと割高で長持ちしないっていう弱点があるんだけど、 こっちのね、シマムラのは
値段ね、ちょっともう一回調べるけど、
何百円だっけかな? 俺のイメージでは7,800円
なんですけどね。 今年も履いてて2年目なんですけどね、まだまだあの
元気で使えています。 値段を調べようと思って、ちょっとネットで検索したんですが、ちょっとね、
シマムラスリッパーとか、シマムラルームサンダルでパッとは出てこなかったんですね。 まあね、写真をまたサムネイルにして貼っておきますので、興味のある方はぜひ見てください。
で、あの、 そう、俺が言いたいのはね、
この、 機能性はいいよ。
で、今日俺がね、 話したかったのは、そのデザインが結構地味に面白いよっていう話で、
まあ割とこういう、何だろう? スリッパのデザインって、まあ当たり障りのない感じ。
ただ、何にもないとちょっとつまんないから、ワンポイントを入れるっていう感じが多いと思うんですよ。
で、別にね、そこに、まあ俺もこだわってるわけじゃないんで、
まあ、本当、何でもいいかなとは思うんだけど、なんかね、どうしても気になるやつが我が家にあるんですよ。
今ね、4,5足、その島村の スリッパが並んでるんですが、一番気になっているのが、
面白いデザインのスリッパ
GIVE & TAKEっていう デザインのやつね。
右と左を並べられるじゃん。で、左右非対称なんだけど、
割とさ、同じものを、同じデザイン両方に施すってことは多いんですが、これはね、何だろう。
青い感じのデニム地に、四角く枠があって、その中にGIVEって書いてあるんですよ。
で、隣の左の方には、やっぱり四角に同じデザインでTAKEって書いてあるのね。
GIVEとTAKEって書いてあるんですよ。
で、親友ってよく見ると、GIVEの枠の下の方に、ちょっと違う色で赤い、デニム地のコンの上に、ちょっと濃いめの赤でANDって書いてあるんですね。
GIVE &って書いてあって、隣にはTAKEって書いてあるんですよ。
これ、地味にね、面白いなって。これを面白いと思うのは俺ぐらいかもしれないんだけど、なんかね、そこはかとなく、たまらなく面白い。
あのさ、なんでかなぁ、そのGIVE & TAKEってどっちかっていうと、否定的なニュアンス。
おはようございます。
GIVE & TAKEしていこうぜ!ヘイヘイ!よーし!みたいな感じじゃなくて、俺たちの関係ってGIVE & TAKEだよね。みたいな。
おはようございます。なんとなくさ、冷めた関係、ダサン的な関係みたいな時に使われる、ちょっと否定的なニュアンスがあるんじゃないかなと俺は思ってたんだけど、
それがスリッパになってるっていうのがね、たぶん地味に俺面白いと思ってるんだよな。
この面白さがね、どうやったら伝わるのか。面白いと思うのは俺ぐらいかもしれないんだけど、とにかくさ、スリッパの左右にGIVE & TAKEってね、
ゴシック帯の大文字で書いてあるっていうのがね、何かね、
そこはかとなく面白みが深いというか、
これ伝われーって感じなんですけどね。 それは一つ目のデザインで、もう一個、それは俺のじゃなくて、俺が履いてるやつも微妙に面白くて、
やっぱりそれもね、デニム系の生地なんですよ。
ちょっとデニムというか、青い紺の、浅めの紺なんだけど、
スリッパの甲の部分が青くて、そこにね、黒い感じで、
犬の輪郭が刺繍してあって、要はワンちゃんですよね。ワンちゃんがいるんですよ。
ちょっと表情も微妙な、ほんと下手馬な感じの犬の横の姿で、こっちを見てるって感じなんですけど、
それはね左右線対称で、要はあれだね、親指側に顔があって、
小指側にお尻と尻尾があるって感じで、犬の絵が描いてあって、その背中の上あたりに、
英語でマイドッグって書いてあるんですね。これがまたね、
そこはかとなく面白い。
面白くないか?
なんでマイドッグなんだろう?ドッグでもいいじゃんね。
そこに何かマイドッグ、私のワンちゃん、私の犬、
何かこう、いつか飼ってみたいなって思っているような憧れの存在象徴としての犬なのか、
あるいはかつて、少年時代、子供の頃に飼っていたあの犬の思い出としてのメタファーなのか、わからないんですけども、
「FIBER DRY スリッパ」のデザイン
マイドッグって書いてあって、これはね、さっき言ったように、真ん中で対称になってるんで、
左と右はね、2匹ワンちゃんがいるっていうデザインで、
これもなんとなくね、面白みがありますね。
これもね、一応サムネイルの方に貼っておくので、また良かったら見てみてください。
最初にね、底の部分の、足に触れる部分のデザインの話したけど、今写真見るとやっぱりね、
ハニカム構造に見えますね、六角形の。ただ、正六角形というよりは、ちょっと長細めの正六角形です。
そんなものも良かったらご覧くださいませ。
はい、そんなわけで今日は、
シマムランのスリッパについて、
厚く飾ってまいりました。
基本履き心地は良いです。そこがね、まず一番重要な点なんですが、その上でデザインがちょっと面白みがあるっていうとこなんですね。
実際このギブアンドテイクを見ると、なんとなくね、笑っちゃうんですよね。
マイドックは毎日自分が履いてるんで、さすがにね、毎日笑ってはいませんけど、でも改めて見ると、なんか笑える。
しかも絵がね、いい感じに下手なんですよね。
で、この価格帯もそんな高くない。
で、こういったものに
デザインって必要なんだろうかって疑問。ここで言ってるデザインって、
装飾的なっていう意味なんですけどね。
飾り立てる必要があるんだろうかって、まぁ、若干疑問はありますよね。
まあ、本当にシンプルに、ただの無地でも良いじゃんって思うんだけど、
価格とデザインのバランス
ただまぁ、おそらくなんだけど、
何もないと、
その質感が
モロに出ちゃって、ちょっと荒が出る。荒が見えちゃう。みたいな
ことを防ぐために、模様、絵が入っているのかなっていう気はしています。
あとはあれかなぁ、バリエーションある程度増やしたいのかもしれない。これはちょっと俺には理解できないんだけど。
1回前、売り場に行った時に、その商品、
置いてある場所を見たんだけど、結構たくさんのアイテムが
ぶら下がってるんですよね。
でまぁ、
そうやってちょっと色々ある感っていうのを、
島村としては出したい。とするならば、
いろんなデザインを用意しておくっていうのが一つの方法ですよね。デザインで、
模様みたいなもので
アピールするっていうのかな。 ただまぁ、そこにデザイン料っていうコストはかけたくないんじゃないかと思うんですよ。
もともとね、非常に安い。
なるべく安ければいいっていうようなものなので、そこでね、
クオリティを追求したり、 デザイン性を追求してもしょうがないと思うんでね。
もう俺はね、この辺のデザイン見てると、なんか社内でちょっとそういうのが得意な人がやってるんじゃないかなっていう気もします。
本当一体誰なんだろうね。このギブアンドテイクをデザインした人はね。 ちょっと話を聞いてみたい。
気持ちでいっぱいどういう気持ちなんだろうってね。 思うんですけども。
だからおそらく、俺の予想ですけどね。 社内でそういうのができる人がやってる。
犬の絵なんかもいい加減に下手なので、いい感じにというかな。
そういうのがちょっと絵が描ける人に頼んだりして、 やってんじゃないかなーなんて、勝手に妄想してるわけですけどね。
でも逆にそこにね、 そことはかとない味わいがあるので、なかなか
物事って単純じゃないなとは思いますね。 こんなところになんか面白みを感じている人間がね。
現に一人ここにいるのでね。 逆に島村頑張れって言いたいですね。
ただまぁこんだけね、俺も推してるわけなんだけど、 どこまでこうなんだろう。
今も売ってるかとか謎なんだよね。この辺りが。
オンラインショップサイトもしっかり見てはないんでね。 探せば出てくるのかもしれない。商品名が違うのかもしれないなぁとは思いますね。
俺が見たのは店舗で去年だったし。 ただね、カミさんは今年も追加で買ってきてるんですよね。同じシリーズを。
だからこの スリッパの底というか足が触れる部分。
ソウルの部分。 ソウルの部分?インソウル?
インソウルか。 の部分がハニーカム状になったシリーズっていうのは、これからも注目したいですね。どんなデザインが出てくるのか。
もし興味のある方ね、島村にお出かけの際には是非このおもろいデザインがないか漁ってみるのも一興だと思います。
はい、じゃあ今日はここまでです。 最後までお聞きいただきましてありがとうございました。
ではまたねー。
ちゅーす。
17:09

Comments

Scroll