1. Zumba天国 / ながらcast
  2. ながらcast2/284 LISTEN使い始..
2023-05-13 18:04

ながらcast2/284 LISTEN使い始めました

話題のポッドキャスト文字起こしサービスLISTENに登録しました。ユーザー登録後、ダッシュボードでRSSを登録して、認証コードを概要欄に貼り付けるだけ。【ながらcastのLISTENページ】https://listen.style/p/nagara ()-オープニング()-ポッドキャストの音声を文字起こしするサービス()-SNS的な側面も()-ポッドキャスト番組のホームページ代りになるかも()-文字編集もできます
リッスンの紹介
はい、sasayukiです。 「ながらcast」を始めます。
この番組は、自分大好き、59歳の私、 sasayukiの「声のブログ」「声の日記」です。
通勤途中に歩きながら収録してますので、 息がハァハァ上がったり、周りの雑音・騒音、風切音などが入ったりしますが、何卒ご容赦下さい。
はい、今日は晴れてます。 気温は最高気温21度っていうことで、ここのところ本当に22度、21度っていうのが続いていて、
一回25度を超えてくるようなポカポカした天気が続いてからのこの気温なんで、ちょっと最近寒いなと思ったりしています。
布団も薄くしちゃったもので、ちょっと寒くなって、 昨日はパジャマをまた暖かいパジャマに変えたりして、何とか調整してます。
今日はですね、
そうだな、ポッドキャスト関係の話になっちゃうので、 ちょっと興味ない方はごめんなさいって感じなんですけども、
LISTEN っていう新しいサービスについて、
それ以外もお話ししようかなと思います。 この LISTEN っていうサービス、
僕はポッドキャストの師匠であるポトフさんのツイートか何かで知ったんですけども、
このポッドキャストの音声を文字起こしするサービスなんですね。 で、僕も登録して文字起こししてもらってます。
結構これ画期的で、 途中で、「あのー」とか「えー」とかって入れちゃうことが多いんですが、
このサービスではですね、その辺がちゃんとカットされているんですよ。
で、文字変換もかなり精度が高いので、
読みやすい文章が生成されてますね。 これがどうもウィスパーっていう、
AI を使った文字変換のサービスを使っているそうです。
これでね、あのー 一回登録すると、
つまりユーザー登録をした上で、
自分のポッドキャストの RSS とかを登録したりして、
所定の手続きをすると、 自動的にどんどこどんどこ文字起こしをしてくれるというね、すごいサービスです。
リッスンの特徴
もうね、かなりのポッドキャスターさんたちがこれに登録していて、
このLISTEN の、 これは web サービスなんで、そこのサイトで
自分以外の他のポッドキャストの番組も聞くことができますね。
なので、普段僕は Spotify で聞いているわけですけども、このLISTEN の
web ページ上でも聞くことができて、ちょっと知らない番組に出会ったりもできるし、 あとフォローするっていう機能もありますのでね。
ちょっと新しい繋がりの場所的な使われ方をしているかなと思います。
特徴としてはですね、この文字起こししたテキストがバッと
書いてあるわけですけども、そこで音声を再生するとですね、
今読んでいる部分のテキストがハイライトされるんですね。 今読んでいる、今話しているところのテキストが
こうわかるようになって、どんどん下にずれていくっていう感じで、 僕はまだやってないんですが、そこにリンクを貼ることができる。
つまり特定の話題に触れている部分にリンクが貼れるんですよ。
これが結構画期的で、なんていうのかな、
ある場所を聞いてほしい、ある特定の話題にアクセスしてほしいと思っても、今までだと
ポッドキャスト全体に対するリンクになっちゃうんですけど、 このLISTEN ではピンポイントで
その話題のところにリンクが貼れるっていうのがね、 かなり画期的だなと思います。
このリッスンのSNS的な使われ方
僕が聞いているポッドキャスターさんたちは結構このLISTEN を使ってますね。
なので、普通にSpotifyでもフォローしつつ、 こちらでもフォローしてるんですが、こちらの方が
SNS色が強いんじゃないかなっていう気はしています。まだね、あんまり見てないんだけど、
なんかコメントを書けたりとかするんじゃないかなぁと思います。そのフォローするだけじゃなくてね。
あと誰がフォローしてるかっていうのが見えるんですよ。 ここがちょっと今までにない画期的なところかなぁと思います。
なので例えばポトフさんなんかは結構やっぱり たくさんの人がフォローしてるなっていうのもバレバレになってしまうっていうね。
俺は別に気にしてないからいいんですけど、気にする人はちょっと嫌かもしれないですね。 フォロワーが少ないっていうことに対してはね。
あと、この文字起こしされたテキストを編集することもできそうです。
こないだねスマホで何度かやろうとしたんですが、 パッと見編集できたような気がしてるんですが、
なんかそれがねうまく保存できてなくて、 直したつもりが直ってないっていうのが四五回続いたので、ちょっととりあえず諦めてますが、
本当ね、誰かが編集できるって言ってたんだよなぁ。 カイさんだったかなぁ。
違うかなぁ。 男性2人のポッドキャストって言ったら、あと「ドングリ」ぐらいしか思いつかないけど。
まあそんな感じでね、今LISTEN は熱いサービスですね。 さてそれはそれで、僕としてはですね、その
編集機能が使えるといいなと思ってるんで、そこは今後パソコンで1回触ってみようかなと思ってます。
あと、なんか Discord で開発者の人たちが集まったり、ユーザーがね、
要望を出したりしてるらしいんですが、僕はちょっとそこには入りづらいんで、ただここでボソって言うんですけども、
この変換精度を上げて、上がっていくといいなぁと思っていて、それを何だろう、
語句登録をする、ユーザー辞書みたいなものを作るのがいいのか、あるいは
さっき言ったように、文字起こしされたものを編集して修正するでしょ。
その修正の履歴を学習してくれれば、わざわざ辞書なんか使わなくても、精度が上がっていくんじゃないかなぁと思うので、
もうそんなことはやってるよっていう話だったらいいんですけどね。
そうやって修正すればするほど精度が上がっていくみたいな仕組みになっているとすごくいいなぁと思います。
あとはこの文字起こししたテキストを、例えば自分の Substack とか自分の note なんかに貼り付けていいのかどうかっていうのが、
規約とか見れば載ってるんでしょうけどね。
コピペしていいのか、もしくは
埋め込みができるといいかなぁなんて思うんですけどね。
なんかね、何らかの形でそのリッスンから引っ張ってきたデータを表示するみたいな感じで、
より詳しく知りたい人はLISTENに流れるみたいな感じにして、多分LISTENに集まる人が増えることでマネタイズができるっていう
ビジネスモデルなのかなぁ。ちょっとわかりませんが。
でも、いずれにしても文字起こししたものがさらに活用できるといいなぁとは思いますね。
はい、今日はLISTEN っていう新しいサービスのお話をしております。
文字起こししたテキストの活用法とビジネスモデル
ポッドキャストの音声を文字起こしするっていうサービスですが、これが今無料で使えてるんでね、大変ありがたいと思っております。
今後の発展・展開も期待しているわけですけども、今私としてはこれが、
テキスト起こしされた、ポッドキャストのページを持ったようなイメージになるのかな。
だからここにリンクを貼れば、一応自分のポッドキャストが聞けるし、文字も読めるっていう
ページを持ったっていうことなんで、なかなか強力だなと思います。 ただ実際ね、この音声って今の僕もそうなんだけど、
ダラダラ喋ってるわけですよ。だから文字起こしされた時に無駄な部分が多いなとは思います。
まあここはどうしようもないね。 原稿を読んでるわけじゃないんで、その時思ったことをただ
雰囲気で話しているだけなので、たった今こうやって喋っていることも後で文字起こしされるわけですけども、
結構適当に喋ってるんでね。 それを文字になって読んでどうよっていうところはありますかね。
一部のポッドキャスターさんは文字起こしされたくないっていう方もいるようで、それはそれで
いいと思うんですけどね。 文字起こしはされたいけど検索されたくないとかそういうニーズもあるみたいですね。
まあ俺も結構いい加減なこと言ってるんで、文字にされちゃうとなんか
いろんなところでほころびが出そうで、 まあ怖いんですが、それほど注目もされてないので、多分ね全然大丈夫だと思ってますけどね。
なので今こういうページがあるってことは、 僕としては「声のブログ」をやってるつもりなんですが、「文字のブログ」にこれは
なりうるっていうことで大変喜ばしい事態だと思ってます。
リッスンに関する足利キャストの機能紹介と登録状況
そんなわけで今日はLISTENの話をしてきました。 ちょうどね今帰りの電車の中で
サブスタックのNotesっていうね新しいサービス。 ちょっとツイッターぽい
サービスなんですけど、それを見ていたらアシカガキャストの
アシカガコウジさんがまさにリッスンの編集機能の話を投稿してくれてました。
該当のところのテキストを選択した後、 鉛筆ボタンで編集画面に入ります。
で文字を修正するんですね。 そこまではね俺もやってたんですけども、その後確定しなきゃいけないっていうね
確定しないと反映されないみたいです。 確定は、例えばiPhoneの場合は改行ボタンでいいみたいですね。
実際私もやってみましたらちゃんと確定されましたので、 アシカガさんありがとうございます。
今回のこのリッスンに関しては、 本当にいろんな方が
結構諸手を挙げて喜んでいて、 どんどん登録しているっていう状況ですね。
こういったノウハウもね、 ポッドキャストで話す方もいればこうやってね
Substack の Notes に書く方もいて、 いろんな方がいろんな場所でこのサービスについて発信していて
かなり本当に
多分4月の終わり下旬にリリースされたサービスなんですけども、 爆発的に広がっている感じがします。
僕もねそれに参加できたので大変ありがたい話なんですけどね。
あ、しまった。 今
このセクション、モフモフをつけるのを忘れましたね。ウインドジャマー。 あの手作りの。ちょっと風切り音が入っちゃってるかもしれませんが、逆に今はめました。
はい、今はめました。 これがあるとないとじゃねえらい違いなんですよね。
ちょっと前のね、録音を聞いたんですよ。あの 「おかえりモネ」の話をしている回を昨日ちょっと聞き直したんですけども
やっぱりね 聞き取りにくいですね。あの頃は
iPhoneの 普通に電話をかけるスタイルで録音してたんですよね。
なので、風切り音もしっかり入っちゃうし、多分 口に近すぎて
こもった感じになってたんですよね。 ちょっと理由はわかんないんだけどね。
今はこの SHOKZ っていうあの骨伝導イヤホンのマイクで話をしているので、前よりも
なんかね、ちょっと高域が 入っているような気がして
聞き取りやすいんじゃないかな。これはカミさんの印象だけど、その古いのを聞いた時に、なんかこもって聞きにくいねって感じで言ってたんでね。
ある意味一番 予備知識のない人が言う意見なのでね。逆に信用できるんですけども。
そんなわけでね、LISTEN めちゃくちゃ今流行っているので、もしお聞きの方で
ポッドキャストをやっていて、リッスンまだ使ってないよって方がいたらぜひ試してみてください。
ポッドキャスト編集とやり方
ユーザー登録をした後で自分のポッドキャストの概要欄ですね。
そこに特定のコードをコピペして貼っておくと、どうも
やってくれるみたいです。この文字起こしをね。 大変面白い
やり方だなぁと思うんですけども、 ぜひぜひお試しください。なので編集の仕方が私もわかったので
時間を作って編集していきたいなっていう気持ちも
ちょろちょろと沸き起こっております。 じゃあ今日はこんなところで終わりにしようと思います。
最後までお聞きいただきましてありがとうございました。
じゃあ またねー
ちゅーす
18:04

Comments

ご紹介ありがとうございます! スマホからの編集ですが、一度リターンを押していただくと編集が送信されるかもしれません。良かったらお試しください😊

ササユキ

教えていただき、ありがとうございます!早速、編集機能使ってます。聴きながらできるのもありがたいです。慣れたらめちゃくちゃ使いやすいですね〜(^o^)

Scroll