1. モックアップラジオ
  2. 12. 「まで」はいつまで?
2023-09-11 07:20

12. 「まで」はいつまで?

「●●まで」はいつまでなのか、について話しています。

【お知らせ】ゆるふわポットキャストにゲストで呼んでいただきました!

ゆるふわポッドキャスト EP210 3年ぶりの杉江さん回
https://yuru28.com/210

Summary

考察として、「まではいつまで」という時間に関して話されています。また、「〇〇まで」という言葉の意味についても述べられています。

00:00
はい、じゃあ今日も収録を始めていきます。よろしくお願いします。
今日はまずお知らせなんですけど、僕の方でロゴを作らせてもらったゆるふわポッドキャストっていうポッドキャストの番組があるんですけど、
それにゲストで呼んでいただきまして、いろいろとお話をしてきました。
多分、モックアップラジオのこのエピソードが公開されるタイミングと同じくらいで公開される予定なので、
間に合えばショーの音にエピソードのURLを貼っておきますし、
間に合わなくてもゆるふわポッドキャストのURLを貼っておきますので、もしよかったら聞いてみてください。
「まで」はいつまでなのか
今日は、「まではいつまで」っていうような話をしたいと思っています。
皆さんお仕事とか、仕事じゃなくてもプライベートとかでも、「いついつまでに」みたいな言い方をしたりとか、
そうされたときに困ったことはないかなというふうに思うんですけど、
例えば、書類とかそういうのを来週の金曜までに出してくださいとか言われたときに、
来週の金曜までっていうのは、来週の木曜日中に出さないといけないのか、
もしくは金曜日中に出せばいいのか、みたいなそういう話です。
僕は結構それいつも迷っちゃって、できるだけ早くに出さなきゃなと思うし、
実際に相手に確認をするっていうのがベストかなとは思っていて、
それでググってみると、同じような悩みを抱えている人はたくさんいて、ネット上で聞いている人がいて、
ビジネス的なテクニックとしては、さっき言ったように相手に確認をする、
ちゃんと時間を添えて、この時間までに出しますみたいなふうに伝えておく、
時間をつけるっていうのが一番いいのかなっていう感じで、
そういうふうに確認しましょうね、みたいなふうに書いてある記事が結構多かったりするんですけど、
個人的には、別にそういうテクニックは大事なんだけど、それを聞きたいんじゃなくて、
までにっていう言葉の意味として、実際どういうのが正式というか、
実際いつまでなのかっていうのはすごい知りたいなっていうふうにずっともやもやしているんですけど、
自分なりに考えて結論を一つ見出したので、ちょっと紹介をしたいなというふうに思っています。
自分なりに出した結論っていうのは、〇〇までっていうのは、
その〇〇の部分がいわゆる境界線なのか、もしくは幅のある言葉なのか、
っていうのでだいぶ変わってくるなというふうに思っています。
一つ目、境界線であればめちゃくちゃ明白かなと思っていて、
例えば11時までって言ったら、11時00分00秒っていうのが境界線なんですよね。
そのタイミングより前にやってくれっていうことですよね。
その境界線を1秒でも超えたら、タイミングとしては遅くなっていると。
あと時間じゃなくても、例えば何でしょうね、このミーティングが終わるまでって言ったら、
そのミーティングが終わる瞬間、ミーティング中にやってくれっていうことらしい。
あと余談ですけど、スラムダンクですね、最近映画もまた流行ってましたけど、
昔アニメでやってたときに、ワンズっていうバンドが
世界が終わるまではっていう曲をエンディングで流してて、
当時すごい好きだったんですけど、その歌詞のサビのところで
世界が終わるまでは離れることもない、みたいな歌詞が出てくるんですけど、
つまりそれは世界が終わるまで、つまり世界が継続している間はずっと一緒にいるよっていうこと。
なので逆に言うと、世界が終わったら離れちゃうかもねっていう言葉の意味としては
そういうことなのかなというふうに思っています。
〇〇までの境界線と幅のある期間
もう1個、境界線じゃなくて幅がある場合っていうんですかね。
例えばそれはどういうことかっていうと、さっき例に出た来週の金曜までって言ったときに、
来週の金曜っていうのは、つまり金曜日っていう1日なので幅があるんですよね。
1日が始まる瞬間があって、朝があって昼があって夜があってその1日が終わるっていうふうに
○○までっていうのの○○に幅があるっていうのがすごい悩む原因なのかなっていうところですよね。
あとは12月までにやりたいと言ったときに、12月までっていうのは12月1日なのか12月31日なのか大違いですよね。
あと来年の春までにっていうふうに言ったときに、そもそも春がいつからいつまでなのかっていうのも曖昧だし、
それが春が始まるまで、つまり冬の間なのか春が終わる、夏の前までなのかっていうのが
すごく人によって受けてる方が曖昧になってしまう可能性があるんですよね。
なので気をつけたいなって思うのは、○○までって言ったときに○○っていうのが境界線なのか、
そうじゃなくて幅のある期間なのかっていうのに応じて気をつけるポイントがあるのかなと思ってます。
境界線であればそのタイミングが来る瞬間っていうのが締め切りなので、その前にやるっていうことが大事だし、
幅のある言葉、金曜日までにとか11月までにとかって言ったときには、
それがその期間、幅のあるタイミングの一番先頭の時を指しているのか、その期間が終わるタイミングを指しているのか、
来週の金曜日までにであれば、来週の金曜日が始まるまでなのか、来週の金曜日が終わるまでなのか、
そこに注意して、具体的に言うと○○までにって言った人に対して、
それはどっちなのかっていうのを確認するとか気をつけるといいのかなって思ったりしました。
結構長くなるかなと思って要点をまとめて書いてたんですけど、
意外と早くしゃべり終わっちゃったな。
じゃあ今日はそれでいいか。
はい、じゃあ今日は、まではいつまでっていうような話で、
○○までにっていう風に呼ばれたときに、○○っていうのが境界線のようなものを指しているのか、
あるいは幅のある期間のことを指しているのかによって意味合いが少し変わるんじゃないかなっていう、
自分なりにまとめてみた内容のことを話しました。
なんかその考え方間違ってるんじゃないかとか、こういう場合どうなるんだろうみたいなことがもしあったら、
Xとかハッシュタグ、Mockupラジオとかつけてもらって教えてくれたらとっても嬉しいです。
はい、じゃあ今日はこれまでにします。
聞いていただいてありがとうございました。
ではではまた。
07:20

Comments

Scroll