1. ミドらじ
  2. #23 「 秋アニメおすすめ作品 」
2022-10-16 1:15:38

#23 「 秋アニメおすすめ作品 」

【パーソナリティ】 美堂 恭二(みどう きょうじ)

【番組概要】

当番組は「1日の中で1つだけ明るいニュースを届けたい」をコンセプトに美堂恭二がゆるりと雑談する番組です。

【配信スケジュール】

毎週土曜日のに投稿しています。

[よく取り上げるテーマ]

・映画・ドラマ作品紹介

・アニメ作品紹介

・ガジェットニュース紹介

エンタメ系の話題が多めです。

________________________

【放送内容】

 [OPトーク]  お知らせ

【 私のエンタメっ!!】2022年秋アニメおすすめ紹介

【ハイパーコメント返し】前回までの放送に頂いたコメントのご紹介。

→ アクアさん、Woki Dokiさん、あみーごさん、えいちゃんさん、ゆめみよさん、コメントありがとうございました!


ついに当番組も公式twitter、問い合わせフォームが出来ました(^^)/

今回のエンタメ作品紹介は秋アニメについてダラダラと喋ってます。

今年の秋アニメは大豊作すぎて今から楽しみですね!

  

___________________________________

【募集中のコーナー】

1.「何でも質問・ふつおた」コーナー

→ 美堂に聞いてみたいこと、取り上げて欲しいテーマ、あなたの聞いてほしい近況等々、お気軽に送ってください!

2.「この人、ちょっと変わってます?」コーナー

→ あなたの身の回りで「ん?」と少し気になる、変わってるなぁ~って人をお見かけしたら教えてください。

[具体例]私の会社のとても偉い人が難しい顔してパソコンと睨めっこ。実はぷよぷよで遊んでました。

3.「あなたのおすすめの配信者さんを教えて!!」コーナー

→ あなたが普段から聴いている、又は最近ハマってる配信者さんをこっそり教えてください!

4.「私のエンタメ!!」コーナー

→ 最近、あなたがハマっていること・趣味・エンタメ作品を教えてください!!

あなたの好きなことを存分に語ってください~!!

_________________________________

また次回の放送でお会いしましょう!

ではでは~(^^)/

00:01
こんにちは、こんばんは、おはようございます。 ミド恭二です。
本日はですね、ちょっとお知らせがあります。 2つお知らせがあるんですけれども、
1つ目、この番組の公式ツイッターと、 公式お問い合わせフォームが完成しました。
はい、作ってみました。ということで、 前回ですね、
公式のね、ツイッターだとか、なんか作ろうかなと、 ちょっと予定していますみたいな話をしたと思うんですけれども、
ついにですね、思い越しを挙げまして作りました。 で、ちょっとお知らせしますと、
公式ツイッターのアドレスかな、アカウントが、
ミドラディオなので、
で、公式のタグもちょっと作りまして、
タップ、カタカナでミドラジとつけてつぶやいてくれたら、
音速でリプライを返しに行くので、 ぜひね、つぶやいてみてください。
あとですね、お問い合わせフォームなんですけれども、 こちらは構想の概要欄の方に記載をしています。
こちらはですね、文字数制限がないっていうのと、 あとメールアドレスもですね、非公開ですので、
ぜひね、ツイッターをやっていないっていう人がいらっしゃいましたら、 こちらからね、お気軽にメールで送ってください。
文字数制限ないので、いろいろとなんかですね、 ツイッターとかの文字数だとちょっと制限かかっちゃいますし、
あといろいろな音声配信の媒体によっては、ちょっと文字数制限もあったりするので、
なかなかちょっと書きづらいと言いますか、 まとめられないみたいな時もあると思うので、
どちらかというとね、こっちの方から気軽に送っていただけるとわかりやすいので、よろしくお願いいたします。
お知らせ2つ目、募集中のコーナーを作りました。
はい、ということで、コーナーをですね、ちょっと作りまして、
どの方からもですね、初見さんも含めて、 たまたまね、フラッと聞いていただいた方も含めて、
03:09
何か参加できるようなコーナーみたいなのをね、ちょっと作っていきたいと思って、
4つほど作りました。4つも作ったのかよっていう話なんですけれども、
どのコーナーもね、あなたからいただいたそのメールを番組内で取り上げさせていただきますので、
お気軽に参加してくださいということで、軽くご紹介していきますと、
1つ目、何でも質問ふつおたコーナー。
こちらは私、水道教授に聞いてみたいこと、また取り上げてほしいテーマ、
またあなたの聞いてほしい何か、近況、トーク等々ですかね、
何かですね、何でもいいので、お気軽に送ってください。
2つ目、この人ちょっと変わってます?のコーナーですね。
こちらは、あなたの身の回りで、うん?と少しね、気になる、変わってるなーっていう人をね、
お見かけしたらちょっと教えてください。
具体例で言うと、私が前回話した会社でね、いらっしゃったとっても偉い人がいるんですけれども、
その方がですね、難しい顔してパソコンとね、にらめっこされていたんですね。
で、実は何をされていたかというと、ゲームのぷよぷよに熱中して難しい顔をされていたということで、
っていうね、ちょっと変な人だったということが分かったという話があったんですけれども、
そんな感じで、何かね、こう、ちょっとおかしいなみたいな、
ちょっと、ん?って思うようなこととか人を見かけたら、ちょっとね、教えていただけたら嬉しいです。
3つ目、あなたのおすすめの配信者さんを教えて!のコーナーですね。
こちらは、あなたが普段から聞いている、または最近ね、ちょっとハマってきた配信者さんを、
ちょっとね、こっそりと教えていただけたら嬉しいです。
結構ね、本当にいろんな配信者さんいて、本当に面白トークだとか、
なんかこう、ためになるね、配信をされている方がいっぱいいらっしゃいますので、
結構ね、その方たちも私もね、聞いてみたいなと思っているので、
ぜひね、あなたの一押しの方がいらっしゃいましたら、ちょっとね、教えていただけたら嬉しいです。
4つ目、私のエンタメのコーナーですね。
最近、あなたがハマっている趣味だとか、エンタメ作品、漫画だったりとか、映画、ドラマ、いろんな作品ありますけれども、
06:10
そういうのをね、教えてください。
あとは、こちらはですね、エンタメ作品だけじゃなくて、
あなたがね、好きなことですね、今ハマっている、ちょっとこれ今ハマってるんですよ、みたいなね、こととかありましたら、
存分にね、語ってください。
私もね、なんか新しい趣味ちょっと作ってみたいなと最近思っているので、
あと面白いね、作品いろんなのあるので、それもね、チェックしていきたいなと思っています。
はい、といったところでですね、本日もそろそろ始めていきましょう。
みどらじ第23回目の放送を始めていきます。
この番組は、1日の中で1つだけアクレイニュースを届けたいおコンセプトに、
私、みどー教授がスタンドFM、スプーン、スポティファイ、グーグルポッドキャスト、アマゾンミュージックからお送りしている番組です。
よかったらですね、本日も最後まで聴いていただけたら嬉しいです。
はい、といったところで、今日のですね、1曲目ですかね、今日の曲ですね、をちょっと紹介したいと思います。
こちらもね、フリー楽曲ということで、ちょっと素敵な楽曲だったので、ご紹介させていただきます。
ハイウェイマーメイド 音夏レイ 恵比奈めぐみ フィート フレーマン どうぞ
ヒカペ 星影の浮かべ 午後9時のハイウェイ 溢れキラシンジュみたい
お願い ドキドキを止めないで もう海には帰らない
狭い水槽の中の人を 楽しくできるの 見ててほら
09:01
じゅわり 弾け ハイウェイマーメイド 回れ 追われ ガラス越し 地平を走り
浮かべ 騒ぎ 桜街のダンスを踊れ 踊れ ハイウェイマーメイド 回れ 回れ ピトネを舞うよ
走り 回れ 右から左まで 浮かべ 騒ぎ メーカーアクアリウム
キミがいつまでも私を掴んで 話そうとしないなら私にもできる
ほらキッス 驚いた顔も好きよ
忘れた 焼けの人を 笑った
ハイウェイマーメイド 回れ 回れ 海打ち鳴らせ プー
はしげ 踊れ ヒルセキ 跳ね上げて 浮かべ 騒ぎ 大袈裟なホントに
踊れ 踊れ ハイウェイマーメイド 回れ 回れ クマの実は大きい
走り 泳ぐ 今日は誰と踊ろう 浮かべ 騒ぎ 夢のスチマ
誘い 染まる 生きてる場所よりも 千切り 踏んで 吐息 ルカじゃない
触れて 絡む キミの体 歌を寄せて 飾る 結局 キミ次第
しゅわり 弾け ハイウェイマーメイド 回れ 回れ 人で飲まう 結局
走り 泳げ 右から左まで 浮かべ 騒ぎ リンマイアクアリウム
はい、お聴きいただきましたのは音夏レイ、エビの女神フィットフレーマンで
ハイウェイマーメイドでした
はい、ということでですね、本日のお品書きなんですけれども
はい、本日ね、ちょっといろいろと何しようかなと思ったんですけれども
12:02
やっぱりちょっと秋になってきたので、秋といえばね、秋アニメ作品語らなくてはと思いましたので
一つ目はですね、私のエンタメですね
これは最近私が見た映画、ドラマ、マンガ、小説など
面白かったエンタメ情報を紹介していくコーナーです
今回は秋アニメおすすめ作品のご紹介
二つ目はハイパーコメント返しのコーナーですね
こちらは前回の放送にいただいたコメントだったりレターだったり
お問い合わせですね、を紹介して回答させていただきますコーナーになっております
今回もよろしくお願いいたします
一つ目、私のエンタメですね、秋アニメおすすめ作品なんですけれども
今作、秋クールは本当に大放送でチェックしてる作品っていうか
見たい作品が山のようにあって、時間が足りねえなっていう感じなんですよ
プライベートの時間がほとんどエンタメオンリーに侵されてきてるんですけれども
ちょっとね、おすすめ作品っていう風に言ってますけれども
全部がチェックできてるわけじゃなくて、個人的に今期見ていこうとしていて
一、二は放送も始まってる作品もありますので
それを見た感想も踏まえてご紹介していけたらなと思っています
今期どれ見ようかまだ迷ってるとかね
面白い作品探してる方は参考にしていただけたら嬉しいです
では行きましょう
一つ目はですね
秋場メイド戦争という作品になります
こちらはもう第一話が放送されましたので視聴済みの作品になっています
秋クールの中で今回一番ね、ダークホース的な作品だと思います
めちゃくちゃ面白かったですね
一話を見た感想としては
で、あの何ですかね
癖がね、もうめちゃくちゃ強いですよ
こちらの作品も
私ね結構ね毎回ね、癖強な作品が結構好きですって話をしてると思うんですけども
今回の秋場メイド戦争はですね
なんかその癖が強いと言いつつも
なんかもうその中でもトップレベルの癖の強さで
食べ物で言ったらブルーチーズみたいなね
癖の強さですね
はい、もうね明らかにね
あの見た瞬間ね
これは食べてはいけない食べ物だっていう危険な雰囲気があるんですけれども
15:03
一度ね口にしてしまったらもうやめられないですよね
このね秋場メイド戦争って作品もね
本当にそういう感じで
一回見たらねやめられないですね
そんな面白さがある作品です
コンセプトですかね
あのこの作品のコンセプトは
メイドとヤクザの構想をテーマにした作品でした
これねあの放送が始まるまでは
なんかあまりテーマとかコンセプトでどういう作品なのかっていうのはね
あんましね具体的に発表されてなかった作品なので
ちょっとねよくわからないなって思いながら
試し見で見た作品なんですけども
いや面白いですね
であんましねネタバレしないように話すと
1985年と1995年の秋葉原を舞台にした
主人公はね女の子で上京してきて
憧れのメイドさんになるっていう
お仕事でアルバイトでね
メイドさんになるっていうところから始まっていく作品になります
でまぁね
なんですかね
アクションシーンがねあったんですよ
全然予想してなくて
まあいわゆるオタク系のね
あの平和な作品かと思いきや
いやもう蓋を開けてみたらね
まあ人が死ぬ死ぬ
本当にね盛大に人がなんかね
死んでいくんですよ
ガンアクションですかね
銃で結構戦うシーンみたいなのがあって
そのねガンアクションのシーンが個人的には見てて思い出したのが
ブラックラグーンっていうね作品がね
昔あったんですけれども
それ結構ハードボイルド系の作品で
まあねそういう戦う系の作品だったんですけれども
そのね作品みたいななんか雰囲気が
後半の方で出てきて
結構個人的に好きだしたね
こういう感じは
ただガンアクションって言いながら
あのね本当ネタバレで申し訳ないんですけれども
その銃を乱射するシーンで
オタクダンスみたいなねあるんですよ
なんかね
踊りながら銃を乱射していくっていうシーンがあるんですけども
それがねまあカオスの一言につきますね
何を見せられてるんだって思うぐらいですね
見た瞬間吹き出しそうになって
何これ映像として成り立ってるのみたいな
そういう作品でしたね
18:02
個人的には1995年頃の秋葉原の街の様子が
作品の中で描かれてはいるんですけれども
その中でサッカー場が出てきたんですよ
これは当時秋葉原でも確かサッカー場大きいのがあったんですよね
今ほど秋葉原って綺麗な街じゃないんですよね
当時はそれこそカオスの街の雰囲気だったんですよね
オタクが行く聖地みたいな感じもあったんですけれども
それよりもなんか
ヤバい奴がいる街みたいな
言い方が本当におかしいんですけれども
外国人もいたんですよいっぱい
マニアな人
特にパソコン系のマニアな人もいれば
そういうちょっと危険な感じの人もいっぱいいたような街だったんですよね
当時は
そんなような感じの雰囲気の街だったんですけど
最近だと秋葉原綺麗になって
なんかでかいビルも建ってますし
イケメンな男の子と女の子が街をデートするみたいな街になってて
すごいなって思ってますね
最近行った時にこんなにも変わったのかと思いましたね
この作品はどちらかというと
今のオシャレな秋葉原ではなくて
まさに危険渦巻くカオスな世界観の秋葉原の街並みなので
ちょっと懐かしさもありながら
その当時のことを知っている人は
こんな感じだったなと思いながら見れるような作品だと思います
配信はですね
これ結構尖った配信されてるなと思ったんですけども
フールとDアニメとアベマとツイキャスで放送されてるんですよ
これね
ツイキャスで配信するってなかなかじゃないですかね
ちょっと私今までいろんなエンタメ作品で見てきた中で
配信結構チェックしてるんですけれども
アニメ作品をツイキャスで放送するってなかなか斬新な試みですよね
なんかちょっと面白いなと思っていて
そういう意味でもかなり尖った作品だと思います
アマプラとかで見れないっていうのがちょっと残念ですよね
地上波でビデオ録画とかするしかない感じがあるので
ちょっと気になってる方は見てみてください
かなり大化けする作品になると思います
21:02
二つ目
ボッチザロックですね
こちらは大人気アニメ
慶恩の再来と言われていますね
本当に面白いですね
女の子が楽器を演奏してバンド活動をするっていう
王道中ですよね
この作品もPV見た段階から面白いなと思っていて
ちなみに慶恩を知らない人はね
検索するとすぐ出てきてどのくらいすごい作品だったのかって分かると思うんですけども
このブームの時に私楽器屋さんでちょっと働いてたんですよ
慶恩も女の子が楽器を演奏してバンド活動をするっていう作品だったんですけど
この人気がすごくて
学生の子が結構楽器を始めるのが増えたんですよこの時
女の子も楽器を初めて買いに来るみたいな女の子がいっぱいいて
完全にそのブームに乗って
私が働いてた会社の売上が前年比10倍に伸びるっていう
めちゃくちゃバンドブームが大爆発した時期だったんですよ
今回のボッチザロックもそのぐらい大人気作品になるかもしれないなと思っていて
ちょっとこれは期待高いですね私の中では
いいなって思ったのが
この作品は一人ぼっちな小みしょうで
友達が少ないというかいない主人公の女の子がいるんですよ
その子があることをきっかけにライブハウスで活動していくことになるんですね
ギターを弾くんですけども
ちなみにこの主人公の子は一人ぼっちで友達がいないんだけれども
お父さんがギターをやっていたのでギターをお父さんから借りて
ギターができるようになれば学校で私にも友達ができるようになるはずだみたいな
イケイケ青春生活がギターを始めることでやってくるんだって思って
そのためにはギターを猛練習して
私はライブでバンドガールみたいな夢を思って
夜な夜な深夜押し入れの中で練習するっていう生活を送っていくんですよ
中学生の頃から
けど気づいたら中学生活終わってて高校生になってて
ただギターが上手くてただのぼっちっていうね
24:04
そういう子なんですよ
でもねこの子のぼっちあるあるっていうのは
リアルすぎて心に響きましたね私は
私もね基本的にぼっちなんで
本当にあるあるあるって思いながらね見てました
いやなんかね
どうですか皆さん
この配信聞いてる方でぼっちの人っていますかね
すげー質問だなと思うんですけども
アニメの中の作品って結構なんかなんだかんだでみんな人気者じゃないですか
ドラマでもそうですよね映画でもそうだし
でもこのね友達がねなかなかできないとか
コミュニケーション能力があるないとかっていうのもあると思うんですけども
なんかね
どちらかというと私は
みんなに人気者な人ってよりかは
この一人で自分の趣味で没頭してて
ちょっとね友達少ない系
今でいうか陰キャですかね
陽キャ陰キャでいったところの陰キャ
キャラの方が私はね好きなんですよ
こういうのこういう価格わかりますかね
あと音楽が純粋にねやったことがある
ギター演奏したことがあるとかピアノ弾いたことがあるとか
そういう人にもねすごくおすすめの作品になっています
配信はnetflix amapura you next fool
まぁだいたいどの媒体でも配信されていますね
ってか異常な作品
高校生のフォワード
フォワードサイズの
まぁ高級フォワード チャイロン・ミスキー
えーと
高級フォワード うううっ
高級フォワードの
メインのフォワード
うっうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ
高校生のフォワード、日本全国から有名な高校生のフォワードばかりをある東京の施設に集めて、そこで最強の日本代表のフォワードを作るっていうコンセプトの下、集められるっていうところから始まる作品なんですよ。
サッカー漫画って結構いろんな作品有名なところがあるじゃないですか。キャプテン翼から始まって、青足だとか、いろんなものがありましたよね。
見てて、サッカーの漫画ってイケメンが多いじゃないですか。思いっきしかっこいいですよね。サッカーできるっていうだけですごく人気ですよね。
27:06
なんですけども、この作品は青春系じゃなくて、バトルロワイヤルで弱肉強者が生き残るみたいな。どれだけ相手を落とし込めて自分が勝ち上がっていくかっていうね。
そういう作品です。それをサッカーでやるっていうね。この発想、ネタは斬新だなって思いましたね。
週刊少年マガジンですかね。今連載されているんですよね。連載中で、どの方もYouTubeとかも含めてですけど、アニメ化されるであろうという人気の作品でした。
本当に映像化されてよかったなって思いますね。見てて映像もすごく綺麗で、このアニメだからこそ伝わるなんとも言えない息遣い。
スポーツ漫画って、呼吸のこの感じ、緊張しているこの一瞬みたいな、ああいうのを上手く描写するのが、原作の漫画で読むよりもアニメ作品の方が声優さんが上手く当ててくれるので、
ちょっとそういう意味だと、スポーツ漫画、アニメってね、ここの作品は特に合ってるなと思いました。
作品の中で、あるキャラクターがいて、日本サッカーの中で、日本のサッカーって世界でどういう立ち位置なのかみたいなことを語るシーンがあるんですよ。
その中で、日本はズバ抜けて結束力が高い。協調性も高いし、みんなで助け合うみたいなね。そういうところはどの国よりも強い。
ただ、ただね、点を決められない国なんだと思う。サッカーにおいて。これほど点を決められないサッカーをやっている国っていうのもなかなかないと言うんですよ。
だから、日本のサッカーは世界のワールドカップとかで戦った時に、どうしても優勝なんて夢のまた夢ですよ。ワールドカップ優勝なんて。
っていう風に話をされるんですね。そういうシーンがあるんですけども。
これって、私も結構ね、昔から思ってて、日本のサッカー界で超有名なフワードって、世界レベルであんまりいないなーって思ってたんですよ。
いわゆる、俺が決めるみたいな。すべての球を俺に回してくれれば、俺が全部点決めるから勝てるよみたいな。そういうスター選手って日本にいないなーってちょっと思ってたんですよ。
30:16
サッカー詳しい人から言ったら、お前何言ってんだったらしいと思うんですけれども、私素人なんで、庭科ファンなんですけど、昔はよく見てたんですけど、最近は全然ハマらなくて。
ハマらない理由っていうのが、結構この作品で言われてることにピンときたところがあって、1点を取って守り勝つみたいな、っていうのが日本のサッカーのスタイルだなーって前から思ってたんですよ。
1点取られたからじゃあ2点取りゃいいじゃんっていう風に思っちゃうんですね、私は。なんだけれども日本のサッカー見てると、1点をどれだけ支出するかみたいな、っていう戦い方をしてて、あんまり盛り上がらないというか、自分の中でね。
っていうことだったので、この作品はすごくそういうところを捉えてきた作品で、面白いね、着想、発想でね、コンセプトで描いてる作品だなと思います。
フォワード、サッカーをやってた方だったらもちろん面白いと思いますし、サッカーのルールとかよくわからないっていう方でも、そんなにサッカーのルールをチームスポーツっていう面でやる描き方をされてる作品ではないので、結構面白いと思います。
何ですかね、本当にサッカー漫画として見るべき作品ではないかなみたいなぐらいの感じの作品ですね。なんか面白いなみたいな。とにかくこの作品からは人気なので、もっとこれから盛り上がってくると思います。
次の作品は、影の実力者になりたくてですね。12秒最後まで貫き通した男の物語。ここに極まるって感じですね。こういうのね、私嫌いじゃないんですよね。
いわゆる転生物ですね。主人公が事故で死んじゃって、死んだ先である転生してある別世界で生き返ってやっていくみたいな、そういう作品ですね。
コミックはかなり人気で、ツークール放送がすでに決まっているので、どっちかというと3話目以降ぐらいから一気に面白くなってくるんじゃないかなというふうに期待しています。
あまりこの原作は私読んだことがなくて、よくわかってはいないんですけれども、なんかね、ファンタジー物でありながら、12秒をどこまでも貫いていったらどこまで行くのかっていうね、ありがちでありながら今までになかったような作品ですね。
33:18
結構長丁場になる作品だと思いますので、今からチェックしていきたいなと思っています。
配信はディズニープラス、ネットフリックス、フール、アマプラ、ユーネクストですね。どの媒体でも入れますね。
次の作品は、機動戦士ガンダム 彗星の魔女ですね。ガンダム作品ね、ついに来ましたね。
今回は初見さん向けガンダム作品だなと思っています。
主人公がですね、初めて女の子が主人公で、しかも舞台が学園もんなんですね。
今までガンダムシリーズでね、主人公女の子であったりとか、こういう学生生活を舞台にする作品って今までいなかったので、結構ね、割りかしありっちゃありかなみたいな作品ですね。
ガンダムってやっぱり男の子のね、見る作品みたいなね、結構印象が強いと思うんですけども、今回はかなり見やすいなと思いますね。
ストーリーがね、わかりやすいんですよ。ひねくれてない。もうシンプル、シンプルイズベストみたいな感じ。
ガンダム見たことがない人もね、本当に安心して見れる作品ですね。
もちろんね、ガンダムシリーズ好きだっていう人も、戦闘シーンなんかもね、絵の描き方だったり、戦闘シーンの、宇宙で戦う立体的に360度いろんな方向から戦うみたいな、
ああいう空間的な3次元4次元を使う戦い方みたいなのが、相変わらず上手い描き方をしてたので、それも面白いですね。
初見さも見れるし、今までガンダムシリーズ見てた人にも面白いんだって思える作品ですね。これは王道かなと思いますね。
配信はアマプラ、フール、ディズニープラス、ユーネクスト、他にもいろいろとね、Dアニメだったりバンダイナムコだったりで配信されています。
次の作品はゴーデンカムイ第4シーズンですね。
いやーもう安定の面白さですよね。
原作がこの間完結されたということで、アニメの方でも最終話までやっていただけたら嬉しいですね。
36:01
私が普段から聴いているラジオで、オードリーのオールナイトニッポンというのがありますけれども、その中でオードリーの若林さんもドハマリして最後まで読んだという作品で、その面白さを熱弁されていた作品でもあります。
いやー面白いんですよ。
金塊を探すというシンプルなストーリーなんですよ。お宝を探して一攫千金狙ってということを夢見る、それを目指して目標にして旅をしていくという作品なんですけれども、
北海道が舞台でカラフトとかアイヌラとか、時代的には第二次世界大戦後、明治とか大正とかそのぐらいの時代の作品なので、ちょっとそういう時代が好きだという人もハマれる作品だと思います。
出てくるキャラクターがシュールすぎて、シュールと癖が強いキャラクターばかりで、これが面白いんですよ。やりとりがいいですよね。笑っちゃう。笑えるんですよ。
笑えるのにストーリーはシンプルなんだけれども、シビアなストーリーなので、面白いですよね。ゴーデンカムイは誰もが知っている作品になってしまったので、もう語ることはないですね。とにかく見てくださいと言いたいですね。
配信はアマプラで配信されていて、第1シーズンから第3シーズンまでの過去のシリーズも今アマプラで一気に見れるので、ぜひこの機会に見に帰して、最新の第4シーズンに追いつくこともできますので、ぜひチェックしてみてください。
次の作品がジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン セカンドシーズンですね。ジョジョシリーズはなんだかんだで見てますね。ジャンプで週刊連載されていた大人気作品ですけれども、私はジャンプでは実は読んだことなくて、
なんかね、ジョジョの絵ですかね、作画ってかなり独特の絵なので、正直ね、あんま好きじゃなかったんですね。原作で連載してた頃にジャンプ読んでた時に、ジョジョのところだけ飛ばして読んでたんですよ。
なんでジョジョだけ飛ばしたのかなって今不思議なんですけれども、なんかね、絵の好みってあるじゃないですか、それは私はどちらかというとあんまり好きではなかったタイプの絵だったので、ちょっと好き嫌いと言いますか、なんか見たことないのにあんまり面白くなさそうだなって思ってた作品なんですけれども、アニメになって結構見てみたら意外と面白かったっていうのがジョジョシリーズですね。
39:25
で、今回の作品はセカンドシーズンなんですけれども、このストーンオーシャンっていうのが第5部ですかね。ジョジョシリーズはすごく長くて、それぞれね、主人公が世代を超えてね、第1部、第1世代、第2世代、第3世代みたいな感じでね、なってるんですけれども、今回のストーンオーシャンっていうのは、いわゆるシリーズの中での第5シーズン、第5部になっています。
主人公が女性で、なんかですね、死刑囚と言いますか、監獄の中でね、始まっていくストーリーなので、今までのジョジョシリーズの中でもだいぶね、異色な感じの作品ですね。
でまぁ、どちらかというとジョジョシリーズ好きな人にはもちろんね、今回の作品はおすすめなんですけれども、初見さんにはね、ちょっとね、難しいだろうなと思いますね。まず設定がよくわからないし、完全になんかもう男の子向けの作品なので、ちょっとね、うーん、みたいな感じですかね。
個人的にはジョジョシリーズの第3部、第3シーズンですかね、あれが一番好きでした。配信はアマプラで配信されています。過去の放送も見れるので、ぜひチェックしてみてください。
次はスパイファミリー第2シーズンですね。2022年、アニメ作品といえばもう間違いなくスパイファミリーの年だったなと思いますね。王道中の王道作品の2クール目ですね。
アーニャ役のタネサキ厚見さんという声優さんがいらっしゃいますけれども、タネサキさんが今やられているラジオ番組で寿司食いてっていう番組があるんですけれども、その中でアーニャ役のこの声をするために、はらりとんでもなく力をこもって演技をされているっていう、熱演されているということで、本当に天才だなと思いますね。
アーニャ役のあの声って誰もができない声といいますか、すごいなと思いますね。
タネサキさんのラジオもすごく面白いので、スパイファミリー見てアーニャの声がいいなと思った人はチェックしてみてはいかがでしょうか。
42:01
スパイファミリーはね、第1シーズンも思ったんですけども、家族で見れる作品ですよね。子供から大人まで楽しめる作品ってなかなかないので、本当にいい作品だなと思います。
アニメ、とりあえず何か見るんだったら、とりあえずスパイファミリーさえ見とけば間違いないですね。子供も家族で本当に見れるので、本当に安定している作品だなと感じます。
配信は各種媒体、いろんなところでやっていて、アマプラもやってます、ディズニープラスもやってるし、フールもやってるし、ネットフリックスもやってるということで、だいたいどの媒体でも見れますね。
次、転生したら剣でした。今作の、今期の転生物枠の中の1つなんですけれども、主人公が死んで転生したら今度は剣だったという設定ですね。
作画はすごく綺麗だったので、しかもストーリー的にも王道と言いますか、初見さんにわかりやすいストーリーだなと思いました。
ただね、ありがちな設定と言いますか、ストーリー展開になりそうだなと思っていて、今後面白くなるか、飽きてつまんなくなってしまうかというね、どっちに触れるか分かれる作品かなと思います。
最後まで見たいと思います。配信はアマプラでやってますね。
次、僕のヒーローアカデミア第6シーズンですね。ヒーロー対ビラン。ヒーローものが大好きな人はドハマりする作品だと思いますね。
私はね、マーベルシリーズとかがあんまり好きじゃないので、意外だったんですけれども、僕のヒーローアカデミアは好きですよね。こっちは好きっていう不思議な作品ですね。
原作はね、週刊少年ジャンプで連載されていて、今ね、連載中のジャンプの中ではワンピースの次に人気な作品なんじゃないでしょうか。看板作品ですよね。
正直ね、ここまでヒーローをテーマにする王道作品ってないんじゃないですかね。マジで王道作品ですね。
アニメシリーズは今回シーズン6なので、その人気が間違いないということで、初見さんも最初から見てもハマっていく。展開がね、テンポがいいですよね、この作品は。
45:10
本当に面白い作品です。配信はハマプラでやっています。ぜひチェックしてみてください。
次、モブサイコ100シーズン3ですね。なんだかんだでシーズン3まで来た作品ですね。超能力を持っている主人公が成長していく物語ということで。
正直ね、これは最初はつまんないなって思ってたんですよ。絵を見た瞬間につまらそうな作品だなって思ったんですよ。
ネットで話題になってて、モブサイコ100のなんとも言えない魅力があるって言ってて、何がいいのかよくわからないけれどもハマっちゃうみたいな。
そういう作品で、アマゾンプライムでシーズン1から配信してて、今回シーズン3やるってことで、1から一気に見てみたんですよ。
試しに。そしたらハマっちゃって、ハマる人にはハマるなって思ったんですよ。
何がいいのかよくわからないけれども、次見ちゃうっていう作品ですね。不思議系作品ですね。超能力を持っている主人公が成長していく物語。
ただこれだけ言うと、うーんって感じだと思うんですよ。ありがちなテーマだよねって感じなんですけど、不思議ですね。面白いんですよ。
バトルシーンもあるので、そういう意味でも面白いと思うんですけど、成長物語もありつつ、全体的にシュールでバトルであって、よくわからない不思議な魅力を持っている作品ですね。
これも見る人を選ぶかもしれないです。ただ、クセ強系好きな人は面白い作品だと思います。配信はアマプラで配信されています。
次からはまだ放送が見れてない作品、これから放送が始まっていく作品なので、ちょっとまだ見れていないんですけども、間違いなく見るだろうという期待の作品をご紹介していきます。
1つ目、チェンソーマンですね。もう秋クールと言ったらもうこれでしょう。本当にナンバーワンの期待作品だと思いますね。
原作はウェブマンガで配信されている作品で、大人気の作品ですよね。スパイファミリーがウェブマンガ初でアニメ化されてヒットしたので、チェンソーマンも間違いなくヒットするだろうと言われてて。
48:15
声優陣もめちゃくちゃ豪華なので、かなり力入れてきている作品ですよね。これも絶対に見たいと思います。
2つ目、不滅のあなたへシーズン2ですね。シーズン1がかなり面白かったので、シーズン2も期待なんですけども。
不滅のあなたへシーズン2はかなり難しい設定なんですけど。
簡単に言うと、神様みたいな人がいて、その人がある石みたいな球体のものを地球に落とすんですね。
その球体の石っていうのが動物だったり物質だったり、とにかく触れたものをコピーしてその姿になることができるっていう不思議な球体なんですね。
いずれこの球体のことをキューブって呼ぶんですけども。最初は石だったり、雪になったりとかそういう無機質なものになってたんですけども。
ある日犬が近くに来て死んじゃって、その犬と触れることで初めて生物、犬に変身するんですね。
本物のオリジナルの犬は力尽きちゃって死んじゃうんですけども、コピーした犬の姿になったキューブは記憶とかもなんとなく死ぬ前のオリジナルの記憶とかを持っているので、
主のところに行くんですね。主が人間なので、まずその男の子と出会って、どんどん人間と初めて触れ合っていくことで世界を知っていくみたいな。
いずれそのキューブが意思を持って言葉を話して世界と関わっていくことで、世界のある秘密というものが謎解きになっていくっていう。
そして運命を、人生を変えられるかっていう、そういう作品です。結構難しい設定なので、最初に見た時によくわからないと思うんですよ。
この作品も見ていくうちにどんどん盛り上がっていく作品なので、シーズン2もね。シーズン1がすごくいいところで終わったので、シーズン2もすごく楽しみですね。
主題歌が宇多田ヒカルさんが歌っていて、自分は宇多田ヒカルさんの曲すごく好きなんですけども、このシーズン1のテーマ曲がすごくいい曲だったので、それを聞くためにシーズン1を見始めたんですけども。
51:10
今回も楽しみですね。
3つ目がうるせえ奴らですね。もう言わずと知り、もう誰もが知っている名作うるせえ奴らなんですけども、今回リメイク版ということで声優がね、今の新しい有名な声優さんが入っているということで、豪華ですよね。本当に。
最近のね、うるせえ奴らのノイタミナという枠で放送されるんですけども、最近のノイタミナや枠はいいですね。私結構好きな作品が揃ってきたので、やっぱりいいなと思うんですね。
最初のね、一番初期のうるせえ奴らを見知ってる人はね、もうストーリーも知ってるし、何を言いまさらって感じだと思うんですけども、そのね、描き方がどういう風になっていくのかなって、今から楽しみですね。
PV見る感じだとすごく絵が綺麗だったので、やっぱり今の最新技術を持ってこれをやるっていうね、綺麗なラムちゃんが見れるっていうだけでもね、今から楽しみですね。
4つ目が、山の進めNEXT SUMMER SUMMITですね。ごめんなさい。
これね、まだね、第4シーズンかな?なんですよ。シーズン1から追ってます。ごめんなさい。まだね、最新まで追いつけてなくて、今期中にね、最新のね、今放送してるやつまでね、追いつきたいと思います。
登山してる女の子たちがね、テーマの作品なんですけれども、シーズン1は1話、エピソード1ごとが3分とかの5分とかのすごく短い作品なので、一気にね、1時間かけたらシーズンは一気に見れちゃうぐらいの作品なので、なかなかね、そういう短編系の作品ですね。
人気になってきてて、シーズン1は1話5分とか3分とかだったんですけども、シーズン2からは15分の枠になって、どんどん放送時間が伸びてきて、今回のシーズンは30分枠ということでね、今から人気がどこまでいくのかなとちょっと気になってる作品です。
5つ目は、4人はそれぞれ嘘をつくんですね。これもダークホース枠2つ目ですね。何をやる作品なのかよくわからないんですけども、ギャグ系かな?
54:06
登場人物4人が女の子で学園モノの作品なんですけども、こちらはどちらかというと、それぞれの4人に実は嘘があって、それは人に話すことができない嘘ということで、1人目は宇宙人という女の子。
2人目は、もう滅んでしまった忍者、末裔の女の子。
3人目はエスパーですね。心を読むことができる、超能力を持っている3人目。
4人目は、実は男の子なのに女装をして学校に通っている女の子。この4人のキャラクターたちが関わってきて、学園でどう過ごしていくのか、それぞれの嘘が見破られないようにやっていく生活を、どういう風に学園生活を無事に終えられるかという作品になっています。
結構気楽に見れる作品だと思うので、今から楽しみです。
最後ですね、ブリーチ、千年決戦編ということで、もうね、週刊少年ジャンプで連載されていました、ブリーチという作品のアニメ化ですね、最終章ということで、原作がね、最高でしたね。
見ましたよ、私も。実は連載中、私ブリーチ、途中までしか読めていなくて、大人になってからコミックのレンタでブリーチを一気に借りて、60何巻とか80、そのくらい結構長くて、一気に読んだんです。
作画がね、めちゃくちゃ綺麗で、かっこいいんですよね。あの絵の描き方ってもう漫画じゃないじゃんって思ったんですけど、いやーめちゃくちゃかっこよくて、しかもなんかね、キャラクターたちもかなり後半になってくるにつれて、それぞれの過去、バック背景みたいなのが結構いろいろとあるのが、
なんか、いろいろと回収されてくるんですよ、伏線みたいなのが。後半になってくると。今回のこのアニメ化の千年決戦編ももうラストシーズンということで、そういったね、各登場人物のバックグラウンドだったり、今までの謎だった伏線みたいなところも回収されていくっていうところの立ち位置の作品になってますね。
アニメでね、どれだけ綺麗だった作画への描写を再現できるかっていうところですよね。なんかね、漫画読んでて、音とか息遣いとかが感じられる作品だったんですよ。
57:21
赤いわずかでこれ、いわゆる剣と剣で戦うみたいな王道の少年漫画なんですけども、それ以上の世界観を持った独特の世界観だったので、すごくハマったんですよね。
男の子向けっちゃ男の子向けなんですけれども、やっと待望のアニメでも完結するということでね、原作好きだった方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。
ネタバレというか、もうね、完結してからだいぶ経っているので、ラストがどうなるのかっていうのはね、皆さん知っている方多いと思うんですけども、それも含めてね、ぜひね、映像化でどういう風になっていくのかっていうのを見ていくのもいいんじゃないでしょうか。
はい、といったところでですね、今回の2つ目のお品書きですね、2つ目のコーナーいきます。ここまでだらだら喋ってたんですけれども、ハイパーコメント返しのコーナーですね。前回の放送にいただいたコメントを紹介して回答させていただきます。
本当にね、前回の放送にもね、たくさんコメントいただいたので、ありがとうございます皆さん。ではね、ちょっと順番に紹介していきたいと思います。
スタンドFMのコメントでいただきました、あくあさんですね。
例えがいちいち面白いという風にコメントをいただきました。コメントありがとうございます。
そうですね、これは前回の2022年夏アニメランキング、勝手にランキングみたいなね、話をした時のいただいたコメントなんですけれども。
何ですかね、本当に面白い作品をどれだけね、初見さんに知ってもらえるかってことをね、試行錯誤して毎回話してるんですよ。
その結果、こんな感じになってますね。なんか変な例えだとか、そういう風に捉えるのかっていうね、結構ね、ちょっと変わった感じの作品の紹介もしてるところもあると思うんですけども。
1:00:12
できればね、本当にね、どの作品も面白いので、ぜひ見てみてほしいなということを思って、毎回ね、いろんなことを考えながら放送させていただいております。
よかったらね、今回の秋アニメおすすめ作品も見ていただけたら、聞いていただけたら嬉しいです。コメントありがとうございました。
2つ目、こちらもスタンドFMでコメントいただきました。
ウォキドキさんってあってますかね。ちょっと読み方がわからないんですけれども。
あの黒い影の方たちをお世話する漫画、ちょっと最初の方を見ました。あれはそんなに話題だったんですね。説明は聞けて嬉しいです。とコメントいただきました。コメントありがとうございます。
こちらも2022年夏アニメ個人的勝手ランキングの配信にね、いただいたコメなんですけれども。
シャドウハウスという作品のことですね。あの作品は本当にね、謎解き要素が強い作品だったので、正直ね、最初の方だけ見ただけだとね、理解できない作品ですよね。
謎解き要素の伏線のね、回収の仕方ってのも結構後半の方とかになって、一気に怒涛の展開で回収していった作品だったので。
そこまでね、待ってられないっていう人は、シャドウハウスの面白さを知る意味でも、YouTubeでこのシャドウハウスの謎解きの要素の解説動画っていうのをね、されてるチャンネルがね、色々とあるので。
ぜひね、一回ね、それをチェックしてみてください。あの、そういう風な意味があったんだとか、あのセリフってそういう意味だったのとかっていうね、面白さ、シャドウハウスの魅力が一気に加速するので、ぜひね、チェックしてみてください。
コメントありがとうございました。
3つ目は、スタンドFMで、レターっていうね、あのメールみたいな機能があるんですけれども、こちらでいただいたコメントになります。
アミーゴさんですね。アミーゴと申します。私の配信にいいねしてくださってありがとうございます。コメントいただきました。ありがとうございます。
アミーゴさんの配信もね、あの聞かせていただきました。
毎日ね、朝の8時15分から8時半に配信されているということで、すごいですよね。
1:03:00
毎日放送、朝ね、大変だと思いますけれども、なんかすごいですよね。私は毎日放送できなかった、もう挫折した人間なので、すごいなと本当に思います。
先日のアミーゴさんの放送で、放送中にね、お風呂が沸きましたっていうね、音声が入っててすごくね、面白くて笑っちゃいました。なんかいいですよね、ああいうの。
最近ね、アミーゴさんの配信ってなんか結構ね、元気に出る系と言いますか、明るいニュースも多いですし、生活のなんかね、普段の感じがよく出てて、ほのぼのとした感じがしててすごくいいんですけれども、
最近の放送の方が聞いたら、ちょっとね、今体調崩されていたということでね、低気圧のせいだということでね、かなり辛い思いをされているということでした。
私もね、低気圧近づいてくるとね、結構ね、頭痛だったり、だるさも出てくるので、めちゃくちゃわかります、辛い気持ち。もう嫌になりますよね。
台風がね、最近結構立て続けに来てたじゃないですか、先月とか。あの日なんかも毎日毎日苦しくて。
この時期ね、毎週土日とかになるとね、雨降ったりするじゃないですか。秋雨ですよね。
結構ちょっと辛い時期でもあるので、本当にね、無理しないでね、休憩入れながらね、なんとかね、乗り切っていきましょう。
もうすぐしたらね、天気も安定してくる頃合いになってきますし、本当にね、無理しないで毎日の放送を楽しみにしています。
コメントありがとうございました。
次もスタンドFMのレターでいただきました、えいちゃんさんですね。
ミドーさん、この度はフォローありがとうございます。末永くよろしくお願いいたします。
ところで、ミドーさんは何とお呼びしたら良いでしょうか?というコメントをいただきました。コメントありがとうございます。
こちらこそね、末永くよろしくお願いします。
何とお呼びしたらいいですか?ということなんですけれども、ミドーと呼んでくださったらいいですね。
私のこのね、ハンドルネームと言いますか、漢字なんですよね。ちょっと読み方がわからない方も結構いらっしゃるみたいで、プロフィール欄にもね、今回ね、ふりがなを記載いたしました。
美しいにお堂の堂と書いて、ミドーと呼びます。よかったらね、覚えていってくださると嬉しいです。
1:06:03
えいちゃんさんの放送も聞かせていただきました。先日無事にね、面接、お仕事の面接の結果が出まして、無事に合格されたということで、本当におめでとうございます。
いやーおめでとう。すごい大変だったということでしたよね。色々と聞かせていただきました。
なかなかね、面接の結果ってね、正直どうなるかわかんないですよね。あれは何なんでしょうね。なんか変な感じですよね。
新しい職場、これから環境は変わっていくということなので、慣れるまでにすごく時間もかかると思いますし、うまくいかなかったりだとか、体調を崩したりすることもある時期かなと思います。
本当にね、まずはね、お仕事に慣れることが第一なので、無理せずね、体に気をつけて頑張ってください。応援してます。本当に今回ね、合格おめでとうございました。
おめでとうございました。
次、最後のコメントになりますかね。スタンドFMでコメントいただきました。ユミヨメさんですね。コメントありがとうございます。
初めまして。配信聞きに来てくださってありがとうございました。よろしくお願いします。コメントいただきました。ありがとうございます。
オーストラリア在住で、オーストラリアから配信されているということなんですよね。海外ラジオですよね。すごいですね。スタンドFMって海外からも配信できるんですね。すごいですね。
本物のラジオ番組みたいですよね。そういうのって。お仕事がね、プロフィールもなんとかチェックさせていただいたら、看護師というお仕事をされていて、麻酔科ということらしいですね。なんかすごいですよね。
なんか全然想像がつかないというか、麻酔科の看護師さんってね、すごく専門知識とか必要そうで、すごそうだなと思います。
ちょうどね、私今ね、ディズニープラスで、医療ドラマにはまってるんですよ。で、どれだけね、大変なのかっていうのはね、なんとなくね、想像がつきます。
毎日ね、医療ドラマ見てると、こんなにも大変な職場ってあるのかっていうくらいね、毎日大波乱な感じなんですけれども、現実はね、そんなにね、毎日大変な事件だとか事故だとか起きるというわけじゃないと思うんですけれども、
1:09:02
ただね、そうは言ってもね、すごく大変なお仕事だと思うので、ぜひね、頑張ってください。
なんかね、最新のエピソードを聞かせていただきまして、内容というかテーマがね、人に合わせるっていうことをね、テーマにお話しされていた回を聞きました。
で、その中で、自分ルールだとかね、自分の仕事をする上でね、型みたいなものがある人と一緒にね、お仕事をする機会があるということで、その方がちょっと気難しいと言いますか、
ちょっとね、思い通りにならなかったりとかしちゃうと、ちょっと機嫌が悪くなっちゃうタイプの人みたいなことで、この話聞いてて、私自身もどちらかというとそっちのタイプなので、
本当にね、気をつけないといけないなって思いました。
いや、分かってるんですよ。そういうのは良くないと。
前回の話もしてるんですけれども、やっぱなんかね、難しいんですよね。
本当にそういう人と一緒に仕事をされていて、このね、ゆめみよさんのこのね、フォローの仕方っていうね、絶妙だなと思って、そういう風にしてくれたら確かにね、やりやすいな、仕事やりやすいなと思いました。
ただね、周りの人がね、そういう風に大変な思いをされて、接してくれてるってことを改めて知ったので、私も気をつけないといけないんですよね、本当に。
いや、なんかね、大変な仕事の上にね、そういうなんかね、人間関係だったりとか、そういうテーマでお話しされてることも多いので、ぜひね、これからも聞かせていただきます。
コメントありがとうございました。
はい、というところで、今回もだらだらと喋ってまいりましたが、本日の振り返りやっていきたいと思います。
1つ目、私のエンタメで、今回の秋アニメのおすすめ作品をご紹介いたしました。
2つ目が、ハイパーコメント返しですね。前回の放送にいただきましたコメントをご紹介、ご回答させていただきました。
皆様、本当にコメントありがとうございました。
聞いてくださっているとね、本当に嬉しいです。前回も来週も頑張ろうという気になるので、ありがとうございます。
1:12:08
お知らせですね。冒頭でも話したんですけども、ちょっとお知らせで、当番組ではね、現在4つのコーナーで皆様からのコメントレターを募集していますということで、ちょっとご紹介していきます。
1つ目、何でも質問不通ったコーナーですね。何でも聞いてみたいことを取り上げて欲しいテーマ、何でも送ってください。
こちらのフリーテーマですね。
2つ目、この人ちょっと変わってますのコーナー。あなたの身の回りでちょっと気になっている、ちょっと変わっているなという人をお見かけしたら教えてください。
3つ目、あなたのおすすめ配信者さんを教えてのコーナーですね。あなたが普段から聞いている、または最近ハマっている配信者さんをこっそり教えてください。
4つ目、私のエンタメのコーナー。最近ハマっている趣味だったりエンタメ作品を教えてください。
あなたの好きなこととかもし変わっていましたら、いろいろと自由に語ってくださいということです。
いろいろと今回も長々といろいろと喋ってまいりましたが、秋ね、どうですか?三連休も終わって、皆さんそろそろ下半期忙しくなってきてませんかね?
前回も私話しましたけれども、仕事も忙しいし、大変だよみたいな感じなんですけれども、そうはいつも秋の楽しみをこうやってエンタメを見たいだとかして、
あとは何ですかね、秋の味覚ですかね。この間モンブラン食べて結構美味しかったので、まだまだ食べてない食べ物とかもちょうど秋の時期って美味しいものがいっぱい出てくるので、今から楽しみだなと思っています。
はい、といったところで今回もいろいろとお話しいたしました。
あとね、私が普段聞いてて好きだなと思った配信者さんにこの間メールとか送ったことがあるんですよ。
あれば番組で取り上げていただけたんで、ちょっとすごくテンション上がってて、やっぱりいいですよね、こういうやりとりですかね。
ラジオで音声配信されている方ってすごく優しい方多いので、本当に嬉しかったです。
次回とか今度私が聴いている、ハマっている配信者さんをご紹介できたらいいなと思っています。
1:15:04
よかったら次回も聴いていただけたら嬉しいです。
ということでまた次回の放送でお会いいたしましょう。ではでは。
01:15:38

Comments

Scroll