1. LISTEN NEWS
  2. 6/26 LISTENがIVS2023 KYOTOの..

LISTEN、国内最大級のスタートアップカンファレンス「IVS2023 KYOTO」のイベントパートナーとして、セッション内容を文字と音声で配信するサービスを参加者向けに提供することになりました! 

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000112516.html

Summary

LISTENはIVS2023京都のイベントパートナーとなり、カンファレンスのセッションの音声を文字起こしして聞くことができるようにしています。現在、LISTENはIVS2023 KYOTOのイベントパートナーであり、IVSのセッションの文字起こしを提供しています。

Table of Contents

IVS2023京都の概要とLISTENの役割
桑原佑輔
近藤です。 桑原です。
近藤淳也
LISTEN NEWSです。
今日、また新たにLISTENからプレスリリースを発表させていただきました。
内容は、今週行われるIVS2023京都。
これは国内で最大規模のスタートアップのカンファレンスですけれども、
このIVSのイベントパートナーということで、
LISTENがイベントパートナーになりまして、
カンファレンスの中のセッションの音声を全部文字起こしして、
聞けるようにするということで発表させていただいております。
ようやく発表できましたね。
桑原佑輔
ようやくですね。
近藤淳也
かなりギリギリになりましたけれども、
あさって開催ですけれども、ようやく発表ができました。
IVSですけれども、
僕自身、私近藤自身は実はかなり初期から参加しておりまして、
昔は本当数百人とかっていう規模で、
国内のIT系の経営者が集まるカンファレンスだったんですけれども、
当時は2個か3個ぐらいのセッションしかなかった記憶があります。
一応複数だった気もしますが、
それぐらいの規模だったんですけれども、
近年ずっと成長続けられていて、
去年のNahaにも参加させてもらったんですけど、
その時は確か2000人とかって言ってた気がするんですが、
桑原佑輔
今年はなんと1万人規模にするということで、
近藤淳也
とんでもない拡大を遂げられていて、
からくりとしてはというか、
今までは招待制で経営者とかで
招待された人しかそもそも申し込めないっていう、
ちょっとクローズドなカンファレンスだったんですけれども、
今年はその招待制のような部分がプロという形で残りつつも、
そのネクストっていうところは、
誰でも申し込めば参加できるということで、
一般に公開されたんですよね。
ということもありまして、
どんと規模が拡大しており、
その拡大版のIVSが初めて行われるのがこの京都ということで、
私たちリッスンのチームも、
主に株式会社オンドは京都に拠点を置いてますので、
その京都で国内最大の規模のスタートアップカンファレンスが開かれる
カンファレンス参加者のためのリスニング機能
近藤淳也
ということ自体がすごく嬉しく感じております。
そして京都っていうこともありまして、
いろいろなつながりがあって、
このカンファレンスの文字起こしに入らせてもらうということになりました。
桑原佑輔
嬉しいですね。
近藤淳也
IVSさんありがとうございます。
ありがとうございます。
経緯としましては、
京都府の方、中原さん。
普段からお付き合いさせていただいているんですけれども、
リッスンの紹介をさせていただいたときに、
ポッドキャストがこんな風に自動的に文字起こしできるんですよ、
みたいなことをお伝えしていたら、
IVSさんの方でもいつも結構文字起こしに苦労されているみたいなこともあり、
そういうところからいろいろお話が進んでいったということですけれども、
ご縁ですね。
桑原佑輔
ご縁ですね、本当に。
近藤淳也
今回のIVSですが、
なんとセッション数というか、
同時にセッションが行われるステージの数が17あるんですよ。
桑原佑輔
17もあるんですか。
近藤淳也
17。
合計のセッション数が250。
桑原佑輔
250。
近藤淳也
あるんですね。
だからその3日間のイベントなんですけれども、
全部合わせると250コマというかセッションがある状態でして、
さっき言ったように、
昔は3ステージとかだったのが、
今や17ということですよね。
17あるということは、
桑原佑輔
16は同時には聞けないということですよね。
体一つしかないわけですね。
近藤淳也
体一つしかないので、
どれだけチケットを購入して、
京都までやってきて、
会場に来て、
どれだけ気合を入れても、
同時に聞けるのは一つなので、体一個で。
ということは、裏番組の16個というのは聞けないので、
どれだけ頑張っても、17分の16は聞けないわけですよ。
もちろんはしごをしたら、
部分部分で顔を複数出すことはできるかもしれないですが、
ちゃんとそのセッション内容を最初から最後まで聞けるのは、
同時には一個なので、
という意味では、
ほぼというか、
17分の16って何パーセントだ?
かなりの割合のセッションが聞けないぐらいの規模になっている。
IVS参加される皆さんの目的というのも色々だと思いますし、
中にはネットワーキングというか、
人との出会いとか、
色々な人との出会いからお話をすることを主にされている方もいらっしゃると思うので、
そういう方はあまり関係ないかもしれないですけど、
やっぱりセッションをメインに、
数々の行われるセッションで、
最新動向とか、
新しい情報をキャッチアップしたい、
収集したいという目的で参加されている方というのもたくさんいらっしゃるかと思います。
そういう方にとっては、
本当にすごくいい機能になるんじゃないかなというふうに思っていまして、
各セッションの音声データをリスンの方に登録して、
音声でも聞くことができますし、
それらのセッションについては、
自動的に文字起こしされていて、
リスンの機能である自動的に見出しがついたりとか、
サマリーがつけられたりとか、
目次がついたりとか、
あとは出演者で発言が分けられるという機能が、
各機能をすべて総動員して、
なるべく分かりやすく、聞きやすく、読みやすく、
カンファレンスを体験していただけるような、
参加者の方に限りますけれども、
この機能も使って、
iVSで語られる、すごく国内外のトップスピーカーの方の
面白いお話が聞けますので、
その内容を吸収していただけたらと思っています。
はい。
では次に、
次のステージに入ります。
次のステージに入ります。
次のステージに入ります。
次のステージに入ります。
吸収していただけたらと思ってます
桑原佑輔
はい 楽しみですね
近藤淳也
はい このアクセス方法なんですけれども
有料のカンファレンスになりますので
基本的には有料のチケットを
ご購入された方のみが
閲覧できるっていうふうになっていまして
さらに今回 プロとネクストということで
先ほどの招待制部門と
一般参加可能部門っていうのがあって
招待制のほうがプロ
一般参加可能なほうがネクストっていうふうになってますので
ちょっと2種類 こちらでもイベントページというか
IVS用のページをご用意する予定でして
リッスンがイベントパートナー
近藤淳也
ネクスト用のところにはネクスト用のアクセスコード
それからプロ用のところには
プロ用のアクセスコードをご用意するんで
それぞれ事務局のほうから
共有があると思いますので
そのアクセスコードを入手していただいて
リッスンのIVSのページにアクセスしていただいて
アクセスコードを入れていただくと
見ていただけるという仕組みになっておりますので
また運営の方からご案内があるかと思いますが
参加される方 チケットをお持ちの方は
アクセスコードを入手して
リッスンのほうをまた見て
情報をキャッチアップしていただければと思います
これタイミング どれぐらいの
桑原佑輔
そうなんですよ 気になるところですよね
近藤淳也
タイミングで上がるんでしょうかっていうのは
多分気になるところかと思うんですが
ここはちょっと確実なことが
実は言えなくてですね
若干まだ流動的なところがあるんですけども
できるだけリアルタイムに近い状態で
追いついていきたいというか
配信を心がけたいなと思ってまして
リアルタイムと言いましても
ライブストリーミングではないので
セッション中に生で聞けるってことはないです
一旦セッションの音声を収録して
その収録した音声を
いかに早くリッスンにアップして
AIの文字起こしの作業が追いつくかっていうような
タイミングにはなるんですけれども
ただ一応その期間中に各セッションが終われば
順次そのファイルを集めて
順次アップロードしていくっていうふうに
やりたいと思ってますので
少なくとも
それから一応お断りをしておくと
セッションによっては非公開セッションですとか
オフレコセッションなどもありますので
全てのセッションが
全部文字起こしで読めるというわけではないので
そこはあらかじめご了承いただきたいので
そういういろいろな事情がありますので
ちょっと全部じゃないですし
タイミングもステージによってはいろいろあるかもしれないですけども
できる限り早いタイミングで
リッスンの方に音声をアップしていきたいとは思うので
少なくとも期間中に何かしらは
聞けるようにはできるんじゃないかなというふうに
思っておりますので
ぜひお期待いただければと思ってます
何か質問ありました?
桑原佑輔
そうですね
僕が言っちゃいました?
基本的にもう近藤さんがおっしゃってるので
やっぱり音と文字で追えるのって
すごい理解が深まるなと思うので
その部分を皆さんに体験いただくというか
近藤淳也
見ていただければなというふうには思いました
それからもう一個言い忘れてましたけど
英語のセッション結構多いんですよ
もちろん海外のスピーカーの方もたくさんいらっしゃるんで
それもいいですよね
桑原佑輔
そうですね
近藤淳也
リッスンは実は英語の方がどっちかっていうと得意でして
文字起こしの精度も高いので
英語のセッションも割と綺麗に文字起こしができると思うんですけれども
英語のセッションって得意だったらいいんですけど
僕なんかはそんなに得意じゃないんで
やっぱり耳だけだとなかなか追いかけきれない時もあるんですが
やっぱ文字がくっついてくるとかなり理解もしやすいので
日本語だけじゃなくて
英語のセッションも結構吸収しやすくなるかなと思ってます
桑原佑輔
楽しみですね
近藤淳也
そうですね
私はですね
私というか近藤はですね
会場入りするんですけれども
基本的にはこのリッスンの音声ファイルを走り回って回収しているか
あるいはバークリプトが同時に会場に出展していまして
そのバーのカウンターのところで音声ファイルを編集したり
アップロード作業をしているか
あるいはバーテンダーをやっていますので
桑原佑輔
すごいですね
近藤淳也
主にバークリプトの近辺にいるかと思いますので
もし会場にいらっしゃる方がいたらぜひお声掛けいただければと思いますし
リッスンの方ではこれからもこういうカンファレンスとか
講演会の文字起こしということにもご活用いただけるかなと思ってますので
もしそのようなご相談があればちょっとお立ち寄りいただいて
お声掛けいただければと思っております
桑原佑輔
基本的に近藤さんは張り付けというか
そこにいらっしゃる可能性が高そうですね
近藤淳也
ちなみに夜もバークリプトの方でサイドイベントがあって
そちらにも顔を出すと思うので
3日間終わるとちょっとどうなっているかなという感じではありますけれども
ちょっとお祭りみたいな感じに今週は京都になるかもしれないですね
ということで
IVSのリッスンの文字起こし
ぜひ関係者の方は見ていただければと思います
以上どうもありがとうございました
桑原佑輔
ありがとうございました
12:46
11 Stars

Comments

Scroll